Cisco 7600 FlexWAN/Enhanced FlexWAN モジュール コンフィギュレーション ガイド
索引
Index
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

Index

Numerics

802.1D  2-98

802.1q トンネリング  2-79

A

Any Transport over MPLS(AToM)

ATM AAL5 over MPLS  3-61

ATM Cell Relay over MPLS VC モード  3-64, 3-65

ATM Cell Relay over MPLS VP モード  3-5

Ethernet over MPLS(EoMPLS)  3-5, 3-36

Ethernet over MPLS(EoMPLS)ポート モード  3-5

experimental ビットの設定  4-56

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)  3-5, 3-74

Point-to-Point Protocol over MPLS(PPPoMPLS)  3-5

QoS  4-56

Single Cell Relay  3-5

概要  3-30

旧リリースとの互換性  3-34

制約事項  3-34

パケット伝送  3-31

ロードバランシング  3-33

ATM

Link Fragmentation and Interleaving(LFI)

概要  2-20

確認  2-32

設定  2-27

設定例  2-35

フラグメント サイズ  2-28

モニタリング  2-33

ATM AAL5 over MPLS  3-5

制約事項  3-61

設定  3-61

ATM Cell Loss Priority(CLP)  4-30

ATM Cell Relay

VP モード、サポート対象モジュール  3-68

ATM Cell Relay over MPLS

VC モード、設定  3-65

設定時の注意事項  3-64

ATM over MPLS、セル パッキング  3-71

ATM Packed Cell Relay over MPLS  3-71

ATM PVC Bundle Enhancement  3-5

ATM VC アクセス トランク エミュレーション  2-2

サポート対象の共有ポート アダプタ  2-2

サポート対象のポート アダプタ  2-2

設定時の注意事項  2-2

ATM VC 間ローカル スイッチング

AAL0 カプセル化  3-81

AAL5 カプセル化  3-79

l2transport キーワード  3-81

ATM VP 間ローカル スイッチング  3-83

ATM インターフェイス、show コマンド  2-88

B

bandwidth コマンド  2-30

BCP、Bridging Control Protocol を参照

Bridge Protocol Data Unit(BPDU)  2-98, 2-100

Bridged Routing Encapsulation(BRE)  2-93

bridge-domain コマンド、新しいキーワード  2-102

bridge-domain に名称変更された bridge-vlan コマンド  2-83

Bridging Control Protocol

over MLPPP  2-73‐2-75

設定  2-70

単一 VLAN モード  2-77

トランク モード  2-71

C

Cell Loss Priority(ATM CLP)、設定  4-30

Cisco トランク(専用回線)コール  2-48

Class Based Weighted Fair Queuing(CBWFQ)、QoS  4-11, 4-12

Common Part Convergence Sublayer  2-99

Compressed Real-Time Protocol(CRTP)  2-39

CRTP の設定  2-38

D

dCRTP  2-38, 2-40

DHCP Option 82、RBE で未サポート  2-65

distributed Link Fragmentation and Interleaving(dLFI)  2-20

bandwidth コマンド  2-30

MLP over ATM  2-26

MLP over Frame Relay  2-23

priority コマンド  2-31

service policy コマンド  2-31

関連テクノロジー  2-21

サポート対象の ATM ポート アダプタ  2-22

サポート対象のシリアル ポート アダプタ  2-22

情報の表示  2-32

制限事項  2-21

設定作業  2-22

設定例  2-33

専用線を介した MLP  2-28

チャネルグループ  2-30

必須条件  2-22

マルチリンク グループ  2-32

モニタリング  2-33

Distributed Network-Based Application Recognition(dNBAR)  2-6

DLCI(フレームリレー)

指定  3-75

ローカル スイッチング  3-84

dMLPPP

サポート対象のポート アダプタ  2-12

設定  2-11

分散 CEF スイッチング、イネーブル化  2-12

マルチリンク バンドル、作成  2-13

dNBAR  2-6

dot1q トンネリング  2-79

E

eBGP および iBGP に対応する BGP マルチパス ロードシェアリング  3-5

Ethernet over MPLS(EoMPLS)

VLAN モード  3-38

制約事項  3-36

設定  3-36

ポート モード  3-5, 3-46

EXP ビット

ATM AAL5 over MPLS  4-59, 4-60

EoMPLS  4-56

FRoMPLS  4-60

パケット プライオリティの設定  4-60

F

Field-Programmable Device(FPD)「FPD」を参照

FlexWAN および拡張 FlexWAN

LED の説明  1-7

MPLS  3-1

MPLS QoS 機能  4-45

機能  1-2

サポートされていない機能  1-4

サポートされているポート アダプタ  1-3

サポートされる MPLS QoS 機能  4-50

前面パネル  1-7

ソフトウェアおよびハードウェアの要件  1-5

FPD

no upgrade fpd auto コマンド  5-8

SPA FPD イメージの自動アップグレード、再有効化  5-8

SPA FPD イメージの自動アップグレード、無効化  5-8

upgrade fpd auto コマンド  5-8

アップグレードが成功したかどうかを確認  5-6

イメージ パッケージ  5-3

クイック アップグレード  5-2

システムの互換性を確認  5-8

実稼働システムでのアップグレード  5-7

新規 IOS リリース起動後のアップグレード  5-6

非実稼働システムでのアップグレード  5-7

フラッシュ ディスクに FPD イメージを保存  5-5

ポート アダプタの非互換性  5-4

FPD イメージ

アップグレード障害のリカバリ(例)  5-21

アップグレードの進捗状況の確認  5-14

アップグレードのトラブルシューティング  5-20

最小要件および現在のバージョンの表示  5-13

成功したアップグレードの確認  5-22

FPD イメージ パッケージ

検出されない(例)  5-15

ダウンロード  5-9, 5-11

注意  5-12

デフォルト パスの変更  5-11

デフォルト情報の表示  5-14

バージョン番号の要件  5-4

FR12 フラグメンテーション  2-55

Frame Relay over MPLS(FRoMPLS)

DLCI 間接続  3-74

DLCI ローカル スイッチング  3-84

概要  3-74

制約事項  3-74

FRF.11 トランク コール  2-52

FTP サーバ、FPD イメージをダウンロード  5-9, 5-11

H

HDLC over MPLS  3-55

HSRP

MPLS VPN、サポート  3-4

I

ignore-bpdu-pid キーワード  2-102

ip rtp compression-connections コマンド  2-40

ip tcp compression-connections コマンド  2-40

IP マルチキャスト  2-6

IPv6 Switching Provider Edge Router over MPLS(6PE)  3-5

L

L2 プロトコル トンネリング  3-36

l2transport キーワード  3-81

LED  1-7

Link Fragmentation and Interleaving(LFI)

ATM と LFI、フレーム リレーと LFIも参照

概要  2-20

確認  2-32

設定  2-27

設定例  2-33

モニタリング  2-33

Local Management Interface(LMI)  3-87

Low Latency Queuing(LLQ)  4-15

M

MAC アドレス内の OUI  2-98

MC3810 Digital Voice Interface T1 カード  2-61

MLPPP

BCP が設定された  2-73‐2-75

分散  2-11

MPLS  3-2

PPP over MPLS  3-58

QoS  4-45

QoS 処理  3-3

RBE 上  3-9‐3-14

概要  3-2

スーパーバイザ エンジン処理  3-3

設定  3-2

注意事項および制約事項  3-7

モジュールでのサポート  3-3

ラベルに基づくロードバランシング  3-18

MPLS CoS  3-5

MPLS CoS Enhancements  3-5

MPLS DiffServ トンネル モード サポート  3-5

mpls l2 transport route コマンド  3-34

mpls l2transport route command  3-31

MPLS LDP  3-4

MPLS LDP MIB 通知  3-5

MPLS over MLPPP カプセル化のサポート  3-3

MPLS over RBE  3-9‐3-14

MPLS QoS

experimental(EXP)フィールド  4-50

MPLS パケットの分類  4-51

QoS 動作の確認  4-53

クラス ベースド マーキング、MPLS  4-51

クラス マップ、設定  4-51

トラブルシューティング用コマンド  3-86

ポリシー マップ、設定  4-52

MPLS QoS Enhancements  3-6

MPLS TE リンクおよびノード保護  3-7

MPLS Traceroute  3-3

MPLS Traffic Engineering - DiffServ Aware(DS-TE)  3-7

MPLS Traffic Engineering Forwarding Adjacency  3-7

MPLS VPN  3-4, 3-17

HSRP サポート  3-4

MPLS VPN の設定  3-17

RBE 上  3-14‐3-16

TE Interarea Tunnels  3-7

制限事項および制約事項  3-17

制約事項  3-17

設定  3-17

マルチキャスト サポート  3-6

マルチプロトコル BGP  3-6

メモリ要件  3-18

メモリ要件および推奨事項  3-18

MPLS VPN CSC  3-4

MPLS VPN CSC IPv4 BGP Label Distribution  3-4

MPLS VPN ID  3-6

MPLS VPN Inter-AS IPv4 BGP Label Distribution  3-4

MPLS VPN MIB Notifications  3-6

MPLS VPN OSPF PE-CE サポート  3-6

MPLS VPN 自律システム間サポート  3-4

MPLS サポート、DPT 上  3-6

MQC  4-2, 4-16

MQC police コマンド内での MPLS EXP 送信の設定  3-7

Multi-Protocol BGP(MP-BGP)  3-6

Multi-VRF CE  3-20

Multi-VRF for CE Routers(VRF Lite)  3-4

O

OSPF

Forwarding Adjacency  3-7

MPLS トラフィック処理トンネルにおける隣接転送  3-6

模造リンク  3-5

OSPF over RBE の設定要件  2-68

OSPF が設定された RBE の設定要件  2-68

P

PE および CE 間の EIGRP に関する MPLS VPN サポート  3-6

PE/CE ルーティング、設定  3-27

Per VLAN Spanning Tree(PVST)  2-98

PPP over MPLS  3-58

priority コマンド  2-23, 2-26, 2-29, 2-31

pseudowire-class

設定  3-32

pseudowire-class コマンド  3-32

PVST および PVST+ 相互運用性  2-98

802.1D  2-98

CLI の要約  2-101

Common Part Convergence Sublayer  2-99

ignore-bpdu-pid キーワード  2-102

L2PT トポロジ  2-102

pvst-tlv キーワード  2-102

サポート対象のラインカード  2-99

問題の概要  2-99

PVST+  2-98

pvst-tlv キーワード  2-102

Q

QoS

AToM  4-56

AToMPLS 入力  4-63

CBWFQ  4-11, 4-12

EoMPLS VLAN 上  4-63

EoMPLS トラフィック ポリシーの表示  4-62

EoMPLS の例  4-61

EXP マーキング  4-47

FRoMPLS 入力  4-64

Low Latency Queuing(LLQ)  4-15

MPLS  4-45, 4-49, 4-50, 4-51

MPLS VPN QoS の設定  4-55

MPLS コア  4-48

MPLS の出力側  4-48

MPLS の入力側  4-47

MQC  4-16

Weighted Random Early Detection(WRED)  4-20

サービス ポリシーの設定  4-52

信頼状態  4-45

設定  4-49

トラフィック シェーピング  4-58, 4-61

ブリッジングされたインターフェイス、サポート  4-31‐4-44

分類  4-45

ポリシング  4-46

マーキング  4-46

Quality of Service、QoS を参照

R

RBE、ルーテッド ブリッジド エンカプセレーションを参照

Routed Bridge Encapsulation(RBE)

MPLS VPN 設定  3-14‐3-16

MPLS 設定  3-9‐3-14

RTP ヘッダー圧縮  2-40

S

service policy コマンド  2-31

show hw-module subslot fpd コマンド  5-20

show hw-module subslot コマンド  5-13

show policy-map class コマンド  4-13

show policy-map interface コマンド  4-13

show policy-map コマンド  4-13

show queue コマンド  4-13

show running-config コマンド  5-10

show upgrade package default コマンド  5-14

show upgrade progress コマンド  5-14

Simple Symmetric Transmission Protocol(SSTP)  2-98

SPA FPD イメージの自動アップグレード(例)  5-15, 5-16

T

TCP ヘッダー圧縮  2-40

TFTP サーバ、FPD イメージをダウンロード  5-9, 5-11

U

upgrade fpd auto コマンド  5-10, 5-15, 5-16

upgrade fpd path コマンド  5-10, 5-12

upgrade hw-module subslot コマンド  5-9

V

VLAN モード(EoMPLS)  3-36

Voice over Frame Relay(VoFR)

Cisco トランク コール  2-48

FRF.11 および FRF.12  2-41

FRF.11 トランク コール  2-52

使用上のガイドライン  2-41

スイッチド コール  2-46

スイッチド コールの音声接続  2-54

接続  2-44

接続タイプ  2-45

設定作業  2-42

設定例  2-55

ダイヤル ピアの番号操作  2-42

タンデム ノード  2-53

トラブルシューティングのヒント  2-54

トランク固定コール  2-51

トランク(専用回線)コール  2-52

ハント グループが設定された Cisco トランク コール  2-62

必須条件  2-41

マップ クラス、設定  2-43

VRF

VRF-Lite によるサポート  3-23

VRF-Lite

設定  3-25

設定時の注意事項  3-23

パケット転送処理  3-21

分割方法  3-21

マルチキャスト サポート  3-23

ルーティング プロトコル  3-24

論理分割  3-20

VRF、設定  3-25

W

Weighted Random Early Detection(WRED)  4-20

X

xconnect コマンド  3-31, 3-32, 3-34, 3-35

異常パケット  3-34

階層型 QoS

Ethernet over MPLS  4-76

拡張 FlexWAN、ソフトウェアおよびハードウェアの要件  1-6

機能

AAL5oMPLS  3-5

ATM PVC Bundle Enhancement  3-5

AToM  3-3

CRoMPLS  3-5

DiffServ-aware traffic engineering  3-7

eBGP および iBGP に対応する BGP マルチパス ロードシェアリング  3-5

EoMPLS  3-5

FRoMPLS  3-5

IPv6 スイッチング  3-5

MPLS CoS  3-5

MPLS CoS Enhancements  3-5

MPLS DiffServ トンネル モード サポート  3-5

MPLS LDP  3-4

MPLS LDP MIB 通知  3-5

MPLS QoS Enhancements  3-6

MPLS TE Interarea Tunnels  3-7

MPLS TE リンクおよびノード保護  3-7

MPLS Traceroute  3-3

MPLS Traffic Engineering Forwarding Adjacency  3-7

MPLS VPN  3-4

MPLS VPN CSC  3-4

MPLS VPN CSC IPv4 BGP Label Distribution  3-4

MPLS VPN ID  3-6

MPLS VPN Inter-AS IPv4 BGP Label Distribution  3-4

MPLS VPN MIB Notifications  3-6

MPLS VPN OSPF PE-CE サポート  3-6

MPLS VPN 自律システム間サポート  3-4

MPLS サポート、DPT 上  3-6

MPLS とともにサポート  3-3

MQC police コマンド内での MPLS EXP 送信の設定  3-7

Multi-Protocol BGP(MP-BGP)  3-6

PE および CE 間の EIGRP に関する MPLS VPN サポート  3-6

PPPoMPLS  3-5

VRF-Lite  3-4

シスコ ルータの MPLS  3-3

キュー

制限、設定  4-26

帯域幅の分配  4-17

高いプライオリティ、予約  2-23, 2-26, 2-29

クラス ポリシー、情報の表示  4-13

コマンド

bridge-domain(bridge-vlan と置換)  2-83

bandwidth  2-30

bridge-vlan(廃止)  2-83

class-map  4-52, 4-57, 4-58, 4-60, 4-61, 4-67, 4-68, 4-73, 4-74

connect  3-84

debug  3-63, 3-67, 3-86

debug acircuit  3-63, 3-86

debug cwan atom  3-63, 3-86

debug frame-relay event  3-86

debug mpls l2transport ipc  3-63, 3-86

debug mpls l2transport vc  3-63, 3-86

frame-relay intf-type  3-87

frame-relay route  3-84

map-class frame-relay  2-43

match any  4-57

match mpls experimental  4-45, 4-47, 4-48, 4-49

mpls l2 transport route  3-34

mpls l2transport route  3-31

mpls load-balance per-label  3-18

ping  3-85

pseudowire-class  3-32

set  4-46

set ip precedence  4-55

set mpls experimental  4-47, 4-51

show atm pvc  3-63, 3-67

show frame pvc  3-86

show mpls forwarding-table  3-45, 3-53

show mpls l2transport  3-66

show mpls l2transport vc  3-45, 3-54, 3-62

show mpls ldp discovery  3-44, 3-53

show mpls ldp neighbor  3-45, 3-53

show mpls ttfib  3-19

show policy-map interface  4-61

show running-config  3-62, 3-66

show vlan brief  3-44, 3-52

xconnect  3-31, 3-34, 3-75

ダイヤルピア  2-48

サービス ポリシー、情報の表示  4-13

信頼状態  4-45

スイッチド コールの音声接続  2-54

スイッチド コール、VoFR  2-46

ステータス LED  1-7

スパニング ツリー プロトコル(STP)  2-98

スパニングツリー  3-36

接続タイプ、VoFR  2-45

設定

VRF  3-25

設定例

AAL5 over MPLS  3-62

ATM Cell Relay over MPLS VC モード  3-66

AToMPLS 入力 QoS  4-63

EoMPLS QoS  4-61

EoMPLS QoS VLAN  4-63

EoMPLS VLAN モード(OSM)  3-39

EoMPLS VLAN モード(SUP720-3BXL)  3-41

EoMPLS ポート モード(OSM)  3-47

EoMPLS ポート モード(SUP720-3BXL)  3-50, 3-79‐3-83

Frame Relay over MPLS  3-75

FRoMPLS 入力 QoS  4-64

LLQ  4-16

OC-3 リンク上の CBWFQ  4-16

PVC での BRE  2-93

show policy map  4-14

WRED  4-21

シェーピング平均速度  4-59

タグ間トラフィックのロードバランシング  3-19

トラフィック ポリシーの表示  4-59, 4-62

ネストされたトラフィック ポリシー  4-26

プライオリティ キュー  4-16

フレームリレー DLCI ローカル スイッチング  3-84

ポリシー マップ  4-17

セル パッキング タイマー  3-72

前面パネル  1-7

帯域幅、キュー間での分配  4-17

ダイヤルピア コマンド

オプション  2-48

構文  2-48

番号を転送する番号操作  2-42

ハンティング  2-42

優先順位  2-50

単一 VLAN BCP モード  2-77

タンデム ノード  2-53

チャネルグループ  2-30

トラフィック シェーピング

EoMPLS  4-58

設定  4-23

ハーフブリッジング

サブインターフェイス上  2-5

設定  2-5

バンドル インターフェイス、マルチリンク フレーム リレー  2-15

バンドル リンク、マルチリンク フレーム リレー  2-15

プライオリティ照合(LLQ)  4-15

ブリッジングされたインターフェイス、QoS サポート  4-31‐4-44

フレーム リレー

DLCI ローカル スイッチング  3-84

Link Fragmentation and Interleaving(LFI)

概要  2-20

確認  2-32

設定  2-27

設定例  2-34

モニタリング  2-33

PVC バンドル  2-64

ブリッジング  2-96

マルチリンク  2-15, 2-18

フロー ベース WFQ  4-15

プロトコル トンネリング、確認  2-81

分散 CEF スイッチング、イネーブル化  2-12

分散マルチリンク フレーム リレー  2-15

バンドル インターフェイス、設定  2-16

モニタリング  2-19

ロードバランシング  2-16

分散低遅延キューイング(dLLQ)  2-23

分類  4-45

ヘッダー圧縮接続(CRTP)  2-39

ポート アダプタ

FlexWAN および拡張 FlexWAN によるサポート  1-3

ポート モード  3-36

ポリシー マップ、情報の表示  4-13

ポリシング  4-46

マーキング  4-46

マップ クラス、設定  2-43

マルチポイント ブリッジング

ATM インターフェイスの  2-84

概要  2-82

サポート対象のポート アダプタ インターフェイス  2-83

制限事項  2-82

フレーム リレー インターフェイス  2-88

マルチリンク グループ  2-32

マルチリンク バンドル、作成  2-13

マルチリンク フラグメンテーション  2-14

マルチリンク フレーム リレー  2-15, 2-18

ラベル スイッチド パス  3-34

リンク完全性プロトコル、マルチリンク フレーム リレー  2-15

ルータ ID の形式  3-34

ルーテッド ブリッジ エンカプセレーション  2-64

ATM ポート アダプタのサポート  2-66

DHCP Option 82、未サポート  2-65

SIP/SPA のサポート  2-66

設定手順  2-66

設定の確認  2-67

レイヤ 2 ローカル スイッチング、ATM 間  3-78

AAL0 による ATM VC 間ローカル スイッチング  3-81

AAL0 を使用する ATM VP 間ローカル スイッチング  3-83

ATM VC 間ローカル スイッチング  3-79

サポート対象モジュール  3-78

制約事項  3-78

ロードバランシング(AToM)  3-33

論理分割  3-20