オプティカル サービス モジュール コンフィギュレーション ノート Cisco IOS Release 12.1E
12ポート チャネライズドCT3/T1 OSM の設定
12ポート チャネライズドCT3/T1 OSMの設定
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

12ポート チャネライズドCT3/T1 OSMの設定

チャネライズド/非チャネライズドCT3/T1モジュールの概要

チャネライズドDS3の概要

非チャネライズドDS3の概要

サポート対象の機能

一般的な機能

シリアル カプセル化プロトコル

DSUモード

T1設定オプション

E1設定オプション

DS3アラーム

ネットワーク管理

QoSプロトコル

インターフェイスの設定

T3コントローラの設定

非チャネライズドDS3インターフェイスの設定

チャネライズドDS3インターフェイスの設定

チャネライゼーションに関するT3コントローラの設定

T1/N×DS0回線の設定

E1回線の設定

dMLPPPの設定

マルチリンク バンドルの作成

マルチリンク バンドルへのインターフェイスの割り当て

PPPマルチリンク フラグメンテーションのイネーブル化

ML PPP最小リンク命令の設定

設定の確認

マルチリンク インターフェイス例の作成

12ポート チャネライズドCT3/T1 OSMの設定

この章では、12ポートのチャネライズド/非チャネライズドDS3 OSM(オプティカル サービス モジュール)を設定する方法について説明します(OSM-12CT3/T1)。

この章の内容は次のとおりです。

「チャネライズド/非チャネライズドCT3/T1モジュールの概要」

「サポート対象の機能」

「インターフェイスの設定」

チャネライズド/非チャネライズドCT3/T1モジュールの概要

OSM-12CT3/T1モジュールは、ミニSMBコネクタを使用する12DS3インターフェイス接続を可能にします。

各DS3ポートは、同一ポート上にそれぞれクリア チャネルDS3からDS1、E1、およびDS0接続まで幅広く設定できます。DS3ポートごとに、最大128チャネルを使用できます。

各OSM-12CT3/T1は、DS3/DS1/E1/T1の任意の組み合わせを最大1,023チャネルまでサポートできます。たとえば、各ポートは下記の組み合わせをサポートできます。

44.7 MbpsでのDS3×1

2.048 MbpsでのE1×21

1.5 MbpsでのDS1×28

64 KbpsでのDS0×1,023

非チャネライズドDS3接続は、シリアル インターフェイス データ チャネルを1つ提供します。このチャネルはDS3帯域幅をすべて使用するようにも、帯域幅のフラクショナル部分を使用するようにも設定できます。このモードは、フラクショナル(サブレート)DS3 DSU(データ サービス ユニット)の複数のベンダーと互換性があります。

帯域幅に応じて、コストはシリアル インターフェイスに対応します。12個のDS3ポートの最大総コストは、4,096です。すなわち、12個のDS3ポート上で設定されるすべてのシリアル インターフェイスの合計コストは、4,096である必要があります。show controller t3コマンドにより、VCコストが表示されます。これは、12個のDS3ポートで利用できるコストを表しています。 表 7-1 に、各リンク タイプに関連付けされたコストを示します。

 

表 7-1 シリアル インターフェイス コスト

リンク タイプ
コスト

DS3

336

非フレームドE1

16

1~6 DS/TS

4

7~9 DS0/TS

6

10~16 DS0/TS

8

17~24 DS0/TS

12

25~31 TS

16

チャネライズドDS3の概要

チャネライズド オペレーション モードでは、OSM-12CT3/T1リンクが、業界標準の多重化フォーマットである28本のDS1または21本のE1データ回線にチャネライズされます。

各DS1回線は、それぞれ64または56 kbpsのタイムスロットが24個で構成され、各E1回線は、それぞれ64または56 kbpsのタイムスロットが32個で構成されます。DS1およびE1回線は、1つまたは複数のユーザ データ チャネルをサポートできます。このようなデータ チャネルは、シリアル インターフェイスとしてシステムに認識されます。各シリアル インターフェイスには、シリアル インターフェイスにn×56 kbpsまたはn×64 kbpsの帯域幅を提供する1つまたは複数のタイムスロットが割り当てられます。この場合のnは、割り当てられるタイムスロットの数です。回線の未使用のタイムスロットは、アイドル チャネル パターンで充填されます。

非チャネライズドDS3の概要

非チャネライズのオペレーション モードでは、DS3リンクは、28本のDS1または21本のE1回線に多重化されるのではなく、単一の高速ユーザ データ チャネルを提供します。データ チャネルは、システムにシリアル インターフェイスとして認識され、DS3帯域幅をすべて使用するようにも、DS3帯域幅の一部分を使用するようにも設定できます。

非チャネライズドDS3モードでは、OSM-12CT3/T1がCビット パリティ フレーム同期とローカルおよびネットワーク ループバックを使用する場合に、Maintenance Data Link(MDL)チャネルをサポートします。

サポート対象の機能

12ポートのチャネライズド/非チャネライズドDS3 OSMでは、次の機能をサポートしています。

「一般的な機能」

「シリアル カプセル化プロトコル」

「DSUモード」

「T1設定オプション」

「E1設定オプション」

「DS3アラーム」

「ネットワーク管理」

「QoSプロトコル」

一般的な機能

一般的な機能は、次のとおりです。

1本のDS3回線に多重化された、28本のDS1回線または21本のE1回線によるチャネライズドDS3

Cビット パリティ、M23、および自動検出フレーム同期

設定可能な内部クロック

各DS3チャネルのBit Error Rate Test(BERT;ビット エラー レート テスト)診断

ローカル、回線、およびリモート ループバック

Cビット フレーム同期でのDS3 MDLの生成および終了

ANSI T1.231-1993、Bellcore GR820、ANSI T1.107、ANSI T1.403 1989、G.703 Section 2、G.704 Section 3、AT&T Pub.61411 1990、およびFacilities Data Link(ANSI T1.403およびAT&T 54016)に適合

シリアル カプセル化プロトコル

OSMでは、次のシリアル カプセル化プロトコルをサポートしています。

PPP(ポイントツーポイント プロトコル)

Distributed Multilink PPP(dMLPPP)

OSM-12CT3/T1モジュールは、dMLPPPをサポートしています。これは、MLPPPカプセル化がルータ プロセッサ上ではなく、OSM-12CT3/T1モジュール上で実行されることを意味します。次のdMLPPP機能がサポートされています。

モジュールあたり336バンドル

バンドルあたり最大12のDS1/E1チャネル

バンドルのすべてのリンクは、同一速度で動作する必要があります。

ディファレンシャル遅延の100ミリ秒

送信可能なフラグメント サイズは、128、256、または512バイトです。

High-Level Data Link Control(HDLC;ハイレベル データリンク制御)

フレーム リレー

フレーム リレー対応のOSM-12CT3/T1インターフェイスの設定については、次のURLにアクセスし、『Cisco IOS Wide-Area Networking Configuration Guide』Release 12.1の「Configuring Frame Relay」および『Cisco IOS Wide-Area Networking Command Reference』Release 12.1を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/wan_c/wcdfrely.htm

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/wan_r/wrdfrely.htm

フレーム リレーのトラフィック シェーピングの設定については、次のURLにアクセスし、『Cisco IOS Quality of Service Solutions Configuration Guide』の「Configuring Distributed Traffic Shaping」を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122/122cgcr/fqos_c/fqcprt4/qcfdts.htm

MPLS/VPN

MPLS/VPNの設定情報については、「OSM上でのMPLSの設定」を参照してください。

DSUモード

非チャネライズドDS3は、次のDSUに関するサブレートおよびスクランブリング フォーマットをサポートしています。

Digital Link

Verilink

Adtran

Larscom

Kentrox

T1設定オプション

T1回線には、次の設定オプションがあります。

ローカル、回線、およびリモート ループバック

Cビット フレーム同期でのDS3 MDLの生成および終了

T1モードでは、チャネライズドCT3/T1 OSMは、Extended Superframe(ESF;拡張スーパーフレーム)フレーム同期のFacilities Data Link(FDL)および各種ループバックをサポートします。また、各T1回線上のBERTもサポートされます。BERTを実行できるのは、フレームドまたは非フレームドDS-1信号の場合だけです。OSM-CHOC12C/T1モジュールには4つのフレーマーがあり、それぞれが3つの隣接するポートと接続しています。BERTは、フレーマーが接続する3つのポート上で設定された任意のDS3インターフェイスに加えて、6つのT1インターフェイスでも実行することができます。

チャネライズド オペレーション モードでは、チャネライズドCT3/T1 OSMリンクを、業界標準多重化フォーマットである最大336本のT1データ回線にチャネライズすることができます。各T1回線は、それぞれ64または56 kbpsのタイムスロットが24個で構成されます。T1回線は、1つまたは複数のユーザ データ チャネルをサポートできます。このようなデータ チャネルは、シリアル インターフェイスとしてシステムに認識されます。各シリアル インターフェイスには、シリアル インターフェイスにn×56 kbpsまたはn×64 kbpsの帯域幅を提供する1つまたは複数のタイムスロットが割り当てられます。この場合のnは、割り当てられるタイムスロットの数です。T1の未使用のタイムスロットは、アイドル チャネル パターンで埋められます。

E1設定オプション

E1回線には、次の設定オプションがあります。

チャネライズドE1 ― 任意の21本のE1回線をチャネライズドE1回線として設定できます。ただし、合計で128の論理チャネルに制限されます。これらのE1回線のタイムスロットを複数の個別の論理チャネル グループにまとめ、各グループが異なるデータ リンク レイヤ プロトコルのカプセル化によりデータを伝送します。タイムスロット16は、データ チャネルとして設定できますが、通常共通チャネル信号として使用されます(音声チャネル用Channel Associated Signaling[CAS]、およびタイムスロットでのE1 FDLは、サポートされません)。

各論理チャネル グループは、個別の64 kbpsタイムスロットおよび範囲をもったタイムスロット、またはそのいずれかで構成できます(たとえば、1、9、12~14)。各論理チャネル グループには、最大で1~31のタイムスロットを含むことができます。同じタイムスロットを複数の論理チャネル グループには使用できません。未使用のタイムスロットは、プログラム可能なアイドルチャネル データで充填されます。

フラクショナルE1 ― 任意の21本のE1回線をフラクショナルE1回線として設定できます。各回線は、CCITT/ITU G.704およびG.706で規定されるE1フレーム、またはE1 Cyclic Redundancy Check(CRC;巡回冗長検査)マルチフレームにすることができます。フラクショナルE1回線は、E1の全帯域幅のサブセットで、 n×64 kbpsを使用します。この場合、nは1~31のタイムスロットです。

フラクショナルE1回線には、単一の論理チャネルグループしか含められません。このグループは、単一の64 kbpsタイムスロットまたは一定の範囲のタイムスロットのいずれかにすることができます(たとえば、タイムスロット1またはタイムスロット15~23)。未使用のタイムスロットは、プログラム可能なアイドルチャネル データで充填されます。


) E1回線に1つのチャネル グループしか割り当てない場合は、フラクショナルE1回線になります。E1回線に複数のチャネル グループを割り当てる場合は、チャネライズドE1回線になります。


非フレームドE1 ― 任意の21本のE1回線を非フレームドE1データ回線として設定できます。各非フレームドE1回線には、フレーム同期オーバーヘッドがなく、タイムスロットにも分割されません。


) チャネライズド、フラクショナル、および非フレームド設定の場合、各設定チャネル グループ(単一のタイムスロットおよび一定の範囲のタイムスロット、またはそのいずれかを含む)は、利用できる128の論理チャネルのうち1つしか使用できません。たとえば、チャネル グループにタイムスロット3~7を割り当てる場合、1つの論理チャネルしか使用されません。同様に、チャネル グループにタイムスロット3だけを割り当てる場合にも、1つの論理チャネルしか使用されません。


DS3アラーム

サポートされるDS3アラームは、次のとおりです。

Alarm Indication Signal(AIS;アラーム表示信号)

Out of Frame(OoF;フレーム同期外れ)

Far End Remote Failure(FERF;遠端側受信障害)

Loss of Signal(LOS;信号損失)

Far End Block Errors(FEBE)

Far-End Alarm and Control(FEAC;遠端アラームおよび制御)サポート

ネットワーク管理

サポートされるネットワーク管理機能は、次のとおりです。

ローカル ループバック

ネットワーク ループバック

RFC 1407 MIBサポート

QoSプロトコル

チャネライズドOSMに設定するQuality of Service(QoS;サービス品質)については、「OSM上でのQoSの設定」を参照してください。

チャネライズドOSMでは次のQoS機能がサポートされます。

フレーム リレーカプセル化の階層化トラフィック シェーピング

LANおよびWANポート上のPFC2 QoS

Differentiated Services Control Point(DSCP)

IP precedence分類

クラスに基づくマーキングの設定については、次のURLにアクセスし、『Class-Based Marking』フィーチャ モジュールを参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121newft/121t/121t5/cbpmark2.htm

分類およびプライオリティのマーキングは、下記に基づいて行われます。

Ethertype

IP Source Address(SA;送信元アドレス)

IP Destination Address(DA;宛先アドレス)

TCPポート番号

UDPポート番号

IP SA + TCP/UDPポート番号+ IP DA + TCP/UDPポート番号

WANポート上のClass-Based Weighted Fair Queuing(CBWFQ;クラスベース均等化キューイング)

WANポート上のLow Latency Queueing(LLQ)

IOSの分類、マーキング、およびキューイングに関する一般情報については、次のURLにアクセスし、『Cisco IOS Quality of Service Solutions Configuration Guide』Release 12.1の「Classification」を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/qos_c/index.htm

プラットフォームに依存しないIOS QoSコマンドについては、次のURLにアクセスし、『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』Release 12.1を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/qos_r/index.htm

インターフェイスの設定

この章の内容は、次のとおりです。

「T3コントローラの設定」

「非チャネライズドDS3インターフェイスの設定」

「チャネライズドDS3インターフェイスの設定」

「dMLPPPの設定」

「T1/N×DS0回線の設定」

「E1回線の設定」

T3コントローラの設定

コントローラの設定手順は、次のとおりです。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの入力元として、コンソール端末を指定します。

ステップ 2

Router(config)# controller t3 slot/port

ポートを選択して、コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

Router(config-controller)# [no] channelized [mode {t1 | e1}]

チャネライゼーション モードを指定します。

no channelized ― インターフェイスを非チャネライズドとして設定します。

channelized mode t1 ― インターフェイスをT1チャネライズド モード用に設定します。

channelized mode e1 ― インターフェイスをE1チャネライズド モード用に設定します。

デフォルトは、t1です。

ステップ 4

Router(config-controller)# [ no ] bert pattern
[2^11 | 2^15 | 2^20 O.153 | 2^20 QRSS | 2^23 | 0s | 1s | alt-0-1 ] interval [ 1-1440 ]

(任意)BERTを設定します。

ステップ 5

Router(config-controller)# [no] mdl string {eic | fic | generator | lic | pfi | port | unit}

(任意)MDLメッセージを指定します。

eic ― 装置IDコード
fic ― フレームIDコード
generator ― MDLテスト信号のジェネレータ番号
lic ― 位置IDコード
pfi ― MDLパス メッセージのファシリティIDコード
port ― MDLアイドル ストリング メッセージのポート番号
unit ― ユニット コード

デフォルトは、no mdl stringです。

ステップ 6

Router(config-controller)# [no] mdl transmit
{path | idle-signal | test-signal}

(任意)MDLメッセージの送信をイネーブルにします。

デフォルトは、no mdl transmitです。

ステップ 7

Router(config-controller)# t1 1 bert channel-group 0 pattern 2^11 interval 1

(任意)チャネルグループ0にBERTを設定します(チャネルグループ0の全タイムスロット)。

ステップ 8

Router(config-controller)# t1 1 bert timeslots 21,24 pattern 2^11 interval 1

(任意)タイムスロット21および24だけにBERTを設定します。

次に、コントローラを設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# controller T3 3/0
Router(config-controller)# no channelized
Router(config-controller)# exit
Router(config)#
 

非チャネライズドDS3インターフェイスの設定

コントローラの設定を確認したあとで、関連DS3インターフェイスを設定できます。


) フレーム リレー用に設定したメイン インターフェイスにIPアドレスを割り当てることはできません。


非チャネライズドDS3インターフェイスを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの入力元として、コンソール端末を指定します。

ステップ 2

Router(config)# interface serial slot/port

設定するシリアル ポートを指定します。

ステップ 3

Router(config-if)# framing {c-bit | m23}

フレーム同期を指定します。

ステップ 4

Router(config-if)# [ no ] dsu bandwidth Kilobits/sec

DSUサブレート帯域幅を設定します。

 

Router(config-if)# [ no ] dsu mode {0 | 1 | 2 | 3 | 4}

DSUモードを指定します。

0 ― Digital-Link

1 ― Kentrox

2 ― Larscom

3 ― Adtran

4 ― Verilink

ステップ 5

Router(config-if)# [ no ] dsu remote [accept | fullrate]

ローカル(近端)インターフェイスがリモート(遠端)インターフェイスからの着信要求を受け付けるかどうか、またはローカル インターフェイスからリモート インターフェイスに対してフルレートの帯域幅設定を要求するかどうかを指定します。

ステップ 6

Router(config-if)# encapsulation hdlc | ppp

カプセル化タイプを指定します。HDLCがデフォルトのカプセル化です。

ステップ 7

Router(config-if)# [no] clock source {internal | line}

(任意)クロック ソースを指定します。

デフォルトは、lineです。

ステップ 8

Router(config-if)# [ no ] loopback { local | network | remote {line | payload }}

(任意)ループバック モードを設定します。

デフォルトは、no loopbackです。

ステップ 9

Router(config-if)# [no] cablelength feet

ケーブル長を指定します。デフォルトは、224です。

ステップ 10

Router(config-if)# [ no ] keepalive

キープアライブ メッセージをオンまたはオフにします。

ステップ 11

Router(config-if)# no shutdown

インターフェイスをイネーブルにします。

次に、非チャネライズドDS3インターフェイス設定の例を示します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# controller t3 3/0
Router (config-controller)# no channelized
Router (config-controller)# exit
Router (config)# interface serial 1/0
Router (config-if)# dsu bandwidth 16000
Router (config-if)# encapsulation ppp
Router (config-if)# no shutdown
Router (config-if)# exit
Router(config)#
 

チャネライズドDS3インターフェイスの設定

DS3インターフェイスは、T1およびE1リンクまでチャネライズすることができます。ここでは、T1およびE1リンク設定に関する設定情報について説明します。

「チャネライゼーションに関するT3コントローラの設定」

「T1/N×DS0回線の設定」

「E1回線の設定」


) 各T1およびE1回線上のBERTもサポートされます。BERTを実行できるのは、フレームドまたは非フレームドDS-1信号の場合だけです。OSM-12CT3/T1モジュールには4つのフレーマーがあり、それぞれが3つの隣接するポートと接続しています。BERTは、フレーマーが接続する3つのポート上で設定された任意のDS3インターフェイスに加えて、6つのT1またはE1インターフェイスでも実行することができます。



) BERTチャネルグループおよびタイムスロットもサポートされています。


チャネライゼーションに関するT3コントローラの設定

T1またはE1チャネライゼーションに関してT3コントローラを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの入力元として、コンソール端末を指定します。

ステップ 2

Router(config)# controller slot/port

コントローラを選択します。

ステップ 3

Router (config-controller)# [no] channelized [mode {t1 | e1}]

チャネライゼーション モードを指定します。

デフォルトは、t1です。

この例では、T3コントローラをT1チャネライゼーション モード用に設定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# controller T3 2/0
Router(config-controller)# channelized mode t1
Router(config-controller)# CNTL/Z
Router#
 

T1/N×DS0回線の設定

T1/N×DS0回線を設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの入力元として、コンソール端末を指定します。

ステップ 2

Router(config)# controller t3 slot/port

コントローラ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

Router(config-controller)# [no] t1 t1-number channel-group channel-group-number timeslots list-of-timeslots [speed 56 | 64]

チャネル グループを設定します。

ステップ 4

Router (config-if)# [no] t1 t1-number framing {sf | esf}

フレーム同期を指定します。

ステップ 5

Router (config-controller)# [no] t1 t1-number fdl ansi

(任意)FDLによるリモート パフォーマンス レポートの1秒送信をイネーブルにします。

ステップ 6

Router (config-controller)# [no] t1 t1-number yellow {detection | generation}

(任意)T1イエロー アラームの検出および生成をイネーブルにします。

ステップ 7

Router (config-controller)# [no] t1 t1-number clock source {internal | line}

(任意)指定したT1回線に関するクロック ソースを定義します。

ステップ 8

Router (config-controller)# [no] t1 t1-number loopback { local | network | remote {line fdl {ansi | bellcore}| payload fdl ansi}}

(任意)ループバック モードを設定します。

ステップ 9

Router (config-controller)# [ no ] [e1 | t1] [e1-number | t1 number] bert pattern {2^11 | 2^15 | 2^20 O.153 | 2^20 QRSS | 2^23 | 0s | 1s | alt-0-1 } interval [ 1-1440 ]

(任意)BER(ビット エラー レート)テストを設定します。

ステップ 10

Router(config-controller)# exit

コントローラ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 11

Router(config)# [no] interface serial slot/port/t1 number: channel-group number

インターフェイスを選択して、チャネル グループを設定します。

この例では、T1/N×DS0回線を設定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# controller T3 3/1
Router(config-controller)# t1 6 channel-group 0 timeslots 1-5, 20-23
Router(config-controller)# t1 6 framing sf
Router(config-controller)# t1 6 clock source line
Router(config-controller)# t1 6 loopback remote line
Router(config-controller)# t1 6 bert pattern 2^23 interval 5 unframed
Router(config-controller)# exit
Router(config)# interface serial t1 3/1/6:0
Router (config-if)# CNTL/Z
Router#
 

E1回線の設定

E1回線を設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの入力元として、コンソール端末を指定します。

ステップ 2

Router(config)# controller slot/port

コントローラを選択します。

ステップ 3

Router (config-controller)# [no] channelized [mode {t1 | e1}]

チャネライゼーション モードを指定します。

デフォルトは、t1です。

ステップ 4

Router (config-controller)# [no] e1 e1number clock source {internal | line}

指定したE1回線に関するクロック ソースを定義します。

ステップ 5

Router (config-controller)# [no] e1 e1 number unframed

E1回線を非フレームドに設定します。

ステップ 6

Router (config-controller)# [no] e1 e1 number framing {crc4 | no-crc4}

フレーム同期を指定します。

ステップ 7

Router (config-controller)# [no] e1 e1 number national bits pattern

国固有の制御情報用に予約されているナショナル ビットを指定します。

ステップ 8

Router (config-controller)# [no] e1 e1 number channel-group channel-group number timeslots list-of-timeslots speed [56 | 64]

チャネル グループを設定します。

ステップ 9

Router (config-controller)# [no] e1 e1 number loopback { local | network}

(任意)ループバック モードを設定します。

ステップ 10

Router (config-controller)# [ no ] [e1 | t1] [e1 number | t1 number] bert pattern {2^11 | 2^15 | 2^20 O.153 | 2^20 QRSS | 2^23 | 0s | 1s | alt-0-1 } interval [ 1-1440 ]

(任意)BERテストを設定します。

ステップ 11

Router(config-controller)# exit

コントローラ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 12

Router(config)# [no] interface serial slot/port/t1 number: channel-group number

インターフェイスを選択して、チャネル グループを設定します。

この例では、E1回線を設定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router)# controller T3 4/1
Router(config-controller)# channelized mode e1
Router(config-controller)# e1 10 channel-group 0 timeslots 1-5, 20-23
Router(config-controller)# e1 10 framing crc4
Router(config-controller)# e1 10 national bits
Router(config-controller)# e1 10 clock source line
Router(config-controller)# e1 10 loopback network line
Router(config-controller)# e1 10 bert pattern 2^23 interval 5 unframed
Router (config-controller)# exit
Router(config)# interface serial e1 4/0/10:0
Router(config-if)# CNTL/Z
Router#
 

dMLPPPの設定

dMLPPPによって、T1またはE1回線を、複数のT1またはE1回線の帯域幅を結合した1つのバンドルに束ねることができます。T1またはE1回線をバンドルすることで、単一のT1またはE1回線よりネットワーク リンクの帯域幅を増加させることができるため、T3回線を購入する必要がありません。dMLPPPは、DS0(64 kbps)から始まるフラクショナルT1またはE1回線のバンドルをサポートしています。

図 7-1に、MLPPPリンクを使用するネットワークを示します。Cisco 7600シリーズ ルータは、OSM-12CT3/T1モジュールでネットワークに接続しています。OSM-12CT3/DSインターフェイスは、MLPPPで設定されて、それぞれが4本のT1回線を持つ2つのバンドルを伝送します。これら2つのバンドルは、それぞれ別々のリモートCisco 7200シリーズ ルータに伝送されます。各ルータには、4本のT1回線を持つ1つのMLPPPバンドルがあります。もう一つのOSM-12CT3/DSインターフェイスは、MLPPPで設定されて、2本のT1回線を持つ2つのバンドルを伝送します。これらの2つのバンドルのうち1つは、Cisco 2500シリーズ ルータに伝送され、もう1つはCisco 3800シリーズ ルータに伝送されます。

図 7-1 MLPPPトポロジー

 

マルチリンク バンドルの作成

マルチリンク バンドルを作成するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを実行します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# interface multilink bundle-id

スタティックにリンク バンドルを設定します。


) MLPPPコマンドは、シリアル インターフェイスでのみ利用できます。


ステップ 2

Router(config-if)# ip address address mask

マルチリンク インターフェイスにIPアドレスを割り当てます。

ステップ 3

Router(config-if)# encapsulation ppp

PPPカプセル化をイネーブルにします。

ステップ 4

Router(config-if)# ppp multilink

(任意)MLPPPをイネーブルにします。

ステップ 5

Router(config-if)# [no] multilink-group bundle-id

(任意)インターフェイスをマルチリンク バンドルの一部として指定します。

bundle-idは、interface multilink bundle-idコマンドで作成されるバンドル番号です。

次に、マルチリンク バンドルを作成する例を示します。

Router(config)# interface multilink 1
Router(config-if)# ip address 10.0.0.0 10.255.255.255
Router(config-if)# encapsulation ppp
Router(config-if)# ppp multilink
Router(config-if)# multilink-group 1
Router(config-if)# CNTL/Z
Router#
 

マルチリンク バンドルへのインターフェイスの割り当て

マルチリンク バンドルにインターフェイスを割り当てるには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# interface serial slot/port/DS0 number: channel-group number

インターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# no ip address

任意の指定IPアドレスを削除します。

ステップ 3

Router(config-if)# encapsulation ppp

PPPカプセル化をイネーブルにします。

ステップ 4

Router(config-if)# multilink-group bundle-id

インターフェイスをマルチリンク バンドルの一部として指定します。

bundle-idは、interface multilink bundle-idコマンドで作成されるバンドル番号です。

ステップ 5

Router(config-if)# ppp authentication chap

(任意)Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)認証をイネーブルにします。

ステップ 6

Router(config-if)# ppp chap hostname name

(任意)2つのホスト間の複数のバンドルの表示をイネーブルにします。

次に、マルチリンク インターフェイスを作成し、これをマルチリンク バンドルに追加する例を示します。

Router(config)# interface serial 1/0/0:1
Router(config-if)# no ip address
Router(config-if)# encapsulation ppp
Router(config-if)# multilink-group 1
Router(config-if)# CNTL/Z
Router#

PPPマルチリンク フラグメンテーションのイネーブル化

デフォルトでは、PPPマルチリンク フラグメンテーションはイネーブルです。ディセーブルに設定されているPPPマルチリンク フラグメンテーションをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次の作業を実行します。

 

コマンド
説明

Router(config-if)# [no] ppp multilink fragmentation

フラグメンテーションをイネーブルにします。デフォルトでは、フラグメンテーションはイネーブルです。

Router(config-if)# [ no] multilink fragment-delay milliseconds

マルチリンク上のフラグメント送信における許容遅延差を指定します。この遅延差は、パケットのフラグメント サイズを算出するために使用されます。サポートされているフラグメント サイズは、128、256、512の3つです。デフォルトの遅延差は、30ミリ秒です。

フラグメンテーションのイネーブル化により、バンドル リンク間の遅延を低減することができますが、CPUへの負荷は多少増加します。フラグメンテーションをディセーブルにすると、スループットが向上する可能性があります。

データ トラフィックが一貫して同様のサイズの場合は、フラグメンテーションをディセーブルにすることを推奨します。この場合、フラグメンテーションによって得られる利点がCPUへの負荷の増加を上回る可能性があります。

ML PPP最小リンク命令の設定

ML PPP最小リンク命令機能を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config-if)# ppp multilink

MLPPPをイネーブルにします。

ステップ 2

Router(config-if)# multilink min-links links mandatory

ML PPPバンドル内のリンクの必要最小数を指定します。MLPバンドル内のリンクの最小数が、 links アトリビュートで指定される数を下回る場合には、MLPバンドルは、ディセーブルになります。

links ― リンクの最小数(0~12)

mandatoryキーワードは、OSM-12CT3/T1上で必要となります。

この例では、ML PPP最小リンク命令機能を設定する例を示します。

Router(config-if)# ppp multilink
Router(config-if)# multilink min-links 5 mandatory

ML PPP最小リンク命令機能の詳細については、次のURLにアクセスし、参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121newft/121limit/121e/121e11/12e_mlp.htm#xtocid0
 

このURLに示されているコマンドは、次のコマンドを除いて、すべてOSM-12CT3/T1でサポートされます。

multilink max-link

multilink load-threshold

multilink max-fragments

debug ppp multilink fragments

設定の確認

show ppp multilink コマンドを使用して、新たに作成したマルチリンク バンドルについての情報を表示します。

Router# show ppp multilink
 
Multilink1, bundle name is group1
Bundle is Distributed
0 lost fragments, 0 reordered, 0 unassigned, sequence 0x0/0x0 rcvd/sent
0 discarded, 0 lost received, 1/255 load
Member links:4 active, 0 inactive (max not set, min not set)
Serial1/0/0:1
 

マルチリンク インターフェイス例の作成

Interface multilink1
ip address 100.0.0.1 255.255.255.0
 
interface serial6/12/1:0
no ip address
encapsulation ppp
ppp chap hostname mul1
multilink-group 1
 
interface serial6/12/2:0
no ip address
encapsulation ppp
ppp chap hostname mul1
multilink-group 1
 
interface serial6/12/3:0
no ip address
encapsulation ppp
ppp chap hostname mul1
multilink-group 1
 
show ppp multilink
 
Multilink1, bundle name is mul1
Bundle up for 19:58:37
Bundle is Distributed
0 lost fragments, 0 reordered, 0 unassigned
0 discarded, 0 lost received, 1/255 load
0x0 received sequence, 0x0 sent sequence
Member links:3 active, 0 inactive (max not set, min not set)
Serial6/12/1:0, since 19:58:37, no frags rcvd 384 weight
Serial6/12/2:0, since 19:58:37, no frags rcvd 384 weight
Serial6/12/3:0, since 19:58:37, no frags rcvd 384 weight