オプティカル サービス モジュール コンフィギュレーション ノート Cisco IOS Release 12.1E
基本設定
基本設定
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

基本設定

OSMの設定

設定のカスタマイズ

MTUサイズの設定

フレーム同期の設定

送信クロック ソースの設定

CRCの設定

SONETペイロード スクランブリングの設定

基本設定

この章では、OSM(オプティカル サービス モジュール)の基本的な設定手順について説明します。

この章の内容は次のとおりです。

「OSMの設定」

「設定のカスタマイズ」

設定の詳細および各種OSMでサポートされるプラットフォーム固有の機能の設定情報については、それぞれの章を参照してください。

Packet over SONET(POS)OSMの設定については、「OC-3c/STM-1、OC-12c/STM-4、およびOC-48c/STM-16 SONET/SDH OSMの設定」を参照してください。

4ポート ギガビット イーサネットWANモジュールの設定については、「4ポート ギガビット イーサネットWAN OSMの設定」を参照してください。

チャネライズドOC-12/OC-48モジュールの設定については、「チャネライズドOC-12/T3 SONET/SDH OSMの設定」を参照してください。

OC-12 ATMモジュールの設定方法については、「OC-12 ATM OSMの設定」を参照してください。

OSM上でのQuality of Service(QoS;サービス品質)およびトラフィック シェーピングの設定については、「OSM上でのQoSの設定」を参照してください。

Destination Sensitive Services(DSS)の設定については、「OSM上でのDSSの設定」を参照してください。

MPLSおよびEoMPLSの設定については、「OSM上でのMPLSの設定」を参照してください。

OSMの設定

ここでは、基本的な設定の手順について説明します。(no shutdownコマンドで)インターフェイスをイネーブルに設定し、IPルーティングを指定します。

システム コンフィギュレーションの要件やインターフェイスでルーティングを予定しているプロトコルによっては、他のコンフィギュレーション サブコマンドを入力しなければならない場合があります。

ここで紹介する手順では、特に明記されていないかぎり、各手順の最後にReturnキーを押します。次のようにプロンプトにdisableを入力すると、いつでもイネーブル レベルを終了してユーザ レベルに戻ることができます。

Router# disable
Router>
 

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの入力元として、コンソール端末を指定します。

ステップ 2

Router(config)# interface pos 7/1

設定する新しいインターフェイスを指定します。

ステップ 3

Router(config-if)# ip address 10.0.0.10 255.255.255.255

(システム上でIPルーティングがイネーブルの場合)この例のように、インターフェイスにIPアドレスおよびサブネット マスクを割り当てます。

ステップ 4

Router(config-if)# no shutdown

シャットダウン ステートをアップに変更し、インターフェイスをイネーブルにします。 no shutdown コマンドによってインターフェイスにenableコマンドが渡され、送信済みのコンフィギュレーション コマンドに基づいてOSMが自動的に設定されます。

ステップ 5

Router# copy running-config startup-config

新しい設定をNVRAMに書き込みます。

設定のカスタマイズ

ネットワーク環境に合わせて、あらゆるコンフィギュレーション パラメータのデフォルト値を変更できます。OSMの設定をカスタマイズする場合は、次に示すインターフェイス サブコマンドを使用します。


) ここで示すインターフェイス サブコマンドは、OSMを搭載したプラットフォームに関係なく同様に機能しますが、いずれも最初にinterface posコマンドを入力して、設定するインターフェイスを選択する必要があります。


MTUサイズの設定

デフォルトのMaximum Transmission Unit(MTU;最大伝送ユニット)サイズは4,470バイトです。MTUサイズを設定するには、 mtu bytes コマンドを入力します。 bytes は64~9,216の値です。

Router(config)# interface pos 7/1
Router(config-if)# mtu 3000
 

デフォルトの4,470バイトに戻すには、 no mtu コマンドを入力します。

フレーム同期の設定


) チャネライズドOC-12およびOC-48モジュールは、SDHフレーム同期をサポートしません。


デフォルトのフレーム同期の設定値はSONET STS-3cです。SDH STM-1として設定する場合は、 pos framing-sdh コマンドを入力します。

Router(config)# interface pos 7/1
Router(config-if)# pos framing-sdh
 

SONET STS-3cに戻す場合は、 no pos framing-sdh コマンドを入力します。

送信クロック ソースの設定

デフォルトのクロック設定では、OSMは回復したRX(受信)クロックを使用してTX(送信)クロックを提供します(ループ タイミング)。OSMが内部で送信クロックを生成するように設定するには、 clock source internal コマンドを入力します。

Router(config)# interface pos 7/1
Router(config-if)# clock source internal
 

ループ タイミングに戻す場合は、 no clock source internal コマンドまたはclock source lineコマンドを入力します。

CRCの設定

デフォルトのCyclic Redundancy Check(CRC;巡回冗長検査)は、16ビットのCRC(CRC-CITT)です。CRCは、計算した数値を使用して送信データの誤りを検出するエラー チェック技法です。OSMは32ビットのCRCにも対応します。データ フレームの送信側がFrame Check Sequence(FCS)を計算します。送信側で発信メッセージにそのFCS値を付加します。受信側はFCSを再計算し、送信側から届いたFCSと比較します。差異が生じた場合、受信側は送信エラーが発生したとみなし、フレームの再送信を送信側に要求します。

インターフェイスが32ビットのCRCを使用するように設定するには、 crc 32 コマンドを入力します。

Router(config)# interface pos 7/1
Router(config-if)# crc 32
 

32ビットのCRCをディセーブルにして、インターフェイスをデフォルトの16ビットCRCに戻す場合は、 no crc 32 コマンドを入力します。

SONETペイロード スクランブリングの設定

SONETペイロード スクランブリングは、デフォルトでディセーブルです。SONETペイロード スクランブリングでは、WANインターフェイスのSPEに自己同期スクランブラ(x^43+1)を適用して、十分なビット移行密度を保証します。


) 接続の両端で同じスクランブリング アルゴリズムを使用する必要があります。


SONETペイロード スクランブリングをイネーブルにするには、 pos scramble-atm コマンドを使用します(このコマンドにキーワードまたは引数はありません)。

SONETペイロード スクランブリングをイネーブルにするには、次のコマンド シーケンスを使用します。

Router(config)# interface pos 7/1
Router(config-if)# pos scramble-atm
Router(config-if)# no shutdown
Router(config-if)# end
 

インターフェイス上でSONETペイロード スクランブリングがイネーブルになっているかを確認するには、 show startup-config コマンドを入力します。スクランブリングがイネーブルになっている場合は、設定に次の行が表示されます。

pos scramble-atm
 

SONETペイロード スクランブリングをディセーブルにするには、 no pos scramble-atm コマンドを入力します。