Cisco 7600 シリーズ ルータ モジュール ガイド
マルチレイヤ スイッチ モジュール
マルチレイヤ スイッチ モジュール
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

マルチレイヤ スイッチ モジュール

マルチレイヤ スイッチ モジュール

この章では、Multilayer Switch Module(MSM; マルチレイヤ スイッチ モジュール)(WS-X6302-MSM)について説明します。

MSM は、イーサネット インターフェイスに対してマルチプロトコル ルーティングを提供します。 表5-1 に、MSM で使用可能な Cisco IOS 機能を示します。

 

表5-1 MSM のCisco IOS機能

機能
説明

レイヤ3転送

VLAN 間におけるワイヤ スピードの IP、IP マルチキャスト、および IPX のルーティング

IP ネットワーク プレフィクス、IP ユニキャスト/マルチキャスト アドレス、IPX ネットワーク番号、および MAC アドレスを最大 64 K エントリまでサポート

IP 優先順位に基づく IP 転送

他のシスコ ルータに定義されている Forwarding Information Base(FIB; 転送情報ベース)および隣接データベースのサポート

等コスト パス間における宛先または宛先/送信元に基づいた負荷分散

レイヤ 3 ルーティング プロトコル

スタティック IP ルーティング

IP ルーティング プロトコル:Internet Group Management Protocol(IGMP)、Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)、Open Shortest Path First(OSPF)、Routing Information Protocol(RIP)、および RIP-2

IP マルチキャスト ルーティング プロトコル:Protocol Independent Multicast(PIM)(sparse[希薄]モードおよび dense[稠密]モード)および Distance Vector Multicast Routing Protocol(DVMRP)

IPX ルーティング プロトコル:RIP および EIGRP

レイヤ 3 関連プロトコル

IGMP v1 および v2

IGMP スヌーピング

Cisco Group Multicast Protocol(CGMP)サーバ サポート

フル ICMP サポート

Gateway Discovery Protocol(GDP)

Internet Control Message Protocol(ICMP)Router Discovery Protocol(IRDP)

拡張サービス

Integrated Routing and Bridging(IRB)

標準 Domain Naming System(DNS; ドメイン ネーミング システム)サポート

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)および Boot Protocol(BOOTP)のリレー

MSM の前面パネルの構成要素を図5-1に示し、 表5-2 で説明します。

図5-1 MSM(WS-X6302-MSM)

 

STATUS LED は、初期化およびスーパーバイザ エンジンとのダイアログの結果を示します。 表5-2 に、LED の表示と意味を示します。

 

表5-2 MSM の STATUS LED

色/状態
説明

グリーン

すべての診断テストが正常に終了し、モジュールは動作可能

オレンジ

モジュールの起動中または診断テストの実行中

過熱状態が発生(環境モニタリング中にマイナー温度しきい値を超過)

レッド

診断テスト エラーが発生し、モジュールは動作不能

過熱状態が発生(環境モニタリング中にメジャー温度しきい値を超過)

コンソール ポート モード スイッチを使用すると、ルータに付属するケーブルとアダプタを使用して、端末を MSM に接続することができます。また、ルータに付属するケーブルとアダプタを使用して、コンソール ポートにモデムを接続することもできます。


) コンソール ポート モード スイッチを押すには、ゼムクリップなど細く尖ったものを使用してください。


コンソール ポート モード スイッチは、次のように使用します。

モード 1 ― スイッチが in の位置(出荷時のデフォルト)。このモードは、ルータに付属しているコンソール ケーブルおよび DTE アダプタ([Terminal] のラベル)を使用して、コンソール ポートに端末を接続する場合に使用します。

付属のコンソール ケーブルと DCE アダプタ([Modem] のラベル)を使用して、コンソール ポートにモデムを接続する場合もこのモードにします。

モード 2 ― サポートされていません。