Cisco 7600 シリーズ ルータ モジュール ガイド
ATM モジュール
ATM モジュール
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

ATM モジュール

1 ポート OC-12 ATM モジュール(WS-X6101-OC12-MMF)

1 ポート OC-12 ATM モジュール(WS-X6101-OC12-SMF)

ATM モジュールの LED

ATM モジュール

この章では、ATM モジュールについて説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「1 ポート OC-12 ATM モジュール(WS-X6101-OC12-MMF)」

「1 ポート OC-12 ATM モジュール(WS-X6101-OC12-SMF)」

「ATM モジュールの LED」


) これらのモジュールはクラス 1 レーザー製品です。レーザーの取り扱いに関する注意事項は、『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco 7600 Series Routers』を参照してください。


1 ポート OC-12 ATM モジュール(WS-X6101-OC12-MMF)

1 ポート ATM モジュール(WS-X6101-OC12-MMF)により、2 つのマルチモード SC 光ファイバ コネクタを使用して、ATM ネットワークとスイッチの間に直接接続とスタンバイ接続を 1 つずつ行うことが可能です(図3-1 を参照)。

コンソール ポートは、(コンソール端末を使用して)ローカルに、または(モデムを使用して)リモートから、スイッチにアクセスすることができます。コンソール ポートは、ハードウェア フロー制御および RJ-45 コネクタを使用する、EIA/TIA-232 非同期シリアル ポートです。

コンソール ポート モード スイッチを使用すると、端末またはモデムをコンソール ポートに接続できます。


) コンソール ポート モード スイッチを押すには、ボールペンの先など、細く尖ったものを使用してください。


コンソール ポート モード スイッチは、次のように使用します。

モード 1 ― スイッチが in の位置(出荷時のデフォルト)。このモードは、コンソール ケーブルおよび DTE アダプタを使用してコンソール ポートに端末を接続する場合に使用します。コンソール ポートにモデムを接続する場合にも、このモードを使用できます。

モード 2 ― スイッチが out の位置。このモードは、Cisco 7600 シリーズ ルータではサポートされていません。

図3-1 ATM OC-12 モジュール(MMF)(WS-X6101-OC12-MMF)

 

前面パネルの LED については、表3-1を参照してください。

1 ポート OC-12 ATM モジュール(WS-X6101-OC12-SMF)

1 ポート ATM モジュール(WS-X6101-OC12-SMF)により、2 つのシングルモード SC 光ファイバ コネクタを使用して、ATM ネットワークとスイッチの間に直接接続とスタンバイ接続を 1 つずつ行うことが可能です(図3-2 を参照)。

コンソール ポートは、(コンソール端末を使用して)ローカルに、または(モデムを使用して)リモートから、スイッチにアクセスすることができます。コンソール ポートは、ハードウェア フロー制御および RJ-45 コネクタを使用する、EIA/TIA-232 非同期シリアル ポートです。

コンソール ポート モード スイッチを使用すると、端末またはモデムをコンソール ポートに接続できます。


) コンソール ポート モード スイッチを押すには、ボールペンの先など、細く尖ったものを使用してください。


コンソール ポート モード スイッチは、次のように使用します。

モード 1 ― スイッチが in の位置(出荷時のデフォルト)。このモードは、コンソール ケーブルおよび DTE アダプタを使用してコンソール ポートに端末を接続する場合に使用します。コンソール ポートにモデムを接続する場合にも、このモードを使用できます。

モード 2 ― スイッチが out の位置。このモードは、Catalyst 5000 ファミリー Supervisor Engine III のコンソール ケーブル(別売)を使用してコンソール ポートに端末を接続する場合に使用します。

図3-2 ATM OC-12 モジュール(SMF)(WS-X6101-OC12-SMF)

 

前面パネルの LED については、表3-1を参照してください。

ATM モジュールの LED

ATM モジュール前面パネルの LED については、 表3-1 を参照してください。

 

表3-1 ATM モジュールの LED

LED
色/状態
説明

STATUS

グリーン

すべての診断テストが正常に終了し、モジュールは動作可能

オレンジ

モジュールの起動中または診断テストの実行中

初期化シーケンス中にエラーが発生

過熱状態が発生(環境モニタリング中にマイナー温度しきい値を超過)

レッド

モジュールのリセット中(スイッチの電源を入れた直後またはホットスワップ方式でモジュールが搭載された状態)

過熱状態が発生(環境モニタリング中にメジャー温度しきい値を超過)

初期リセット時にモジュールがコードおよび設定情報を正常にダウンロードできなかった場合、LED はレッドのままで、モジュールはオンラインになりません。

消灯

モジュールに電力が供給されていません。

TX(送信)

グリーン

ポートはパケットを送信中(LED は約 50 ミリ秒間点灯)

RX(受信)

グリーン

ポートはパケットを受信中(LED は約 50 ミリ秒間点灯)

LINK

グリーン

ポートはアクティブ(リンクは接続されていて動作可能)

オレンジ

CLI コマンドによってモジュールまたはポートがディセーブルになっている、またはモジュールの初期化中

オレンジに点滅

ポートは障害があるためにディセーブルになっています。

消灯

ポートがアクティブではない、またはリンクが接続されていません。

ACTIVE

グリーン

ポートはアクティブ(リンクは接続されていて動作可能)

消灯

ポートはスタンバイ ポート

SIGNAL

グリーン

アクティブ ポートは光ファイバ ケーブルを介して有効な信号レベルを受信中。ただし、フレーミングの有効性を示すものではありません。