Cisco 7600 シリーズ ルータ モジュール ガイド
コンテンツ スイッチング モジュール
コンテンツ スイッチング モジュール
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

コンテンツ スイッチング モジュール

コンテンツ スイッチング モジュール

この章では、 コンテンツ スイッチング モジュール(WS-X6066-SLB-APC)について説明します。

コンテンツ スイッチング モジュールは、レイヤ 4 ~ 7 の情報パケットに基づいて、ネットワーク デバイスとサーバ ファーム(ネットワーク サーバのグループ)との間で高性能セッションを実現します(図10-1 このモジュールを使用すると、サーバのグループ(実サーバ)を単一のサーバ インスタンス(仮想サーバ)として表し、サーバへのトラフィックを均衡化させ、各サーバへのトラフィックを制限することができます。


) スーパーバイザ エンジンとモジュールの特定の組み合わせは、ご使用のシャーシでサポートされない場合があります。サポートされていないモジュールとスーパーバイザ エンジンに関する具体的な情報については、システムで稼働するソフトウェア バージョンのリリース ノートを参照してください。


図10-1 コンテンツ スイッチング モジュール(WS-X6066-SLB-APC)

 

STATUS LED には、コンテンツ スイッチング モジュールの状態が表示されます( 表10-1 )。

 

表10-1 コンテンツ スイッチング モジュールの STATUS LED

色/状態
説明

グリーン

すべての診断テストが正常に終了し、モジュールは動作可能

オレンジ

モジュールは起動中でセルフテスト診断シーケンス中、またはディセーブル状態

レッド

診断テストでエラーが発生

消灯

モジュールは電源がオフ