Cisco 7609 インターネット ルータ インストレーション ガイド
トラブルシューティング
トラブルシューティング
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

トラブルシューティング

はじめに

システム コンポーネント レベルの問題解決

起動時の問題の特定

電源装置のトラブルシューティング

ファン アセンブリのトラブルシューティング

モジュールのトラブルシューティング

代理店への連絡

トラブルシューティング


) このマニュアルでは、Cisco 7609インターネット ルータ(OSR-7609)について説明します。Cisco 7609インターネット ルータ(CISCO7609)は対象としていません。


この章では、Cisco 7609インターネット ルータ(OSR-7609)のハードウェア インストレーションのトラブルシューティングについて説明します。内容は次のとおりです。

「はじめに」

「システム コンポーネント レベルの問題解決」

「起動時の問題の特定」

「電源装置のトラブルシューティング」

「ファン アセンブリのトラブルシューティング」

「モジュールのトラブルシューティング」

「代理店への連絡」

システムの起動に問題が生じた場合は、この章の内容を参考にして原因を特定してください。初回の起動時に生じる問題の多くは、スイッチング モジュールがバックプレーンから外れていたり、電源装置が電源コード コネクタに接続されていないことが原因です。初回の起動時に動作温度が最大許容レベルを超えることはほとんどありません。このような状態が生じるのは、たいてい長時間にわたり作業を行った場合です。長期モニタリング機能には、DC出力電圧の問題を別個に報告する機能も含まれています。


) この章で取り上げるのは、シャーシ コンポーネントのハードウェアのトラブルシューティングだけです。モジュール別の詳細については、『Cisco 7600 Series Internet Router Module Installation Guide』を参照してください。


はじめに

システムの初回の起動が完了したあと、次のことを確認してください。

電源装置からシステムに電力が供給されている。

システム ファン アセンブリが作動している。

システム ソフトウェアが正常に起動している。

スーパバイザ エンジンおよびすべてのスイッチング モジュールが、各スロットに正しく搭載され、問題なく初期化されている。

以上の条件がすべて揃っており、ハードウェアのインストレーションに問題がない場合には、『 Cisco 7600 Series Internet Router Software Configuration Guide 』、
Cisco 7600 Series Internet Router IOS Software Configuration Guide 』、『 Cisco 7600 Internet Router IOS Command Reference 』または『 Cisco 7600 Series Internet Router IOS Command Reference 』を参照して、ソフトウェアのトラブルシューティングを行ってください。上記のいずれかに問題がある場合は、この章に記載されている手順で問題個所を特定し、可能な場合、その問題を解決してください。

システム コンポーネント レベルの問題解決

システムのトラブルシューティングで重要なのは、問題を特定のシステム コンポーネントに絞り込むことです。まず、システムの 現状 と、 本来あるべき状態 を比較します。起動時の問題は1つのコンポーネントが原因になっている場合が多いので、システムの各コンポーネントのトラブルシューティングを行う前に、問題のあるサブシステムを特定した方が効率的に問題を解決できます。

スイッチは次のサブシステムで構成されています。

電源装置 ― 電源装置および電源装置ファンが含まれます。

ファン アセンブリ ― シャーシ ファン アセンブリは、システム電源がオンのときは必ず作動していなければなりません。作動しているかどうかを判別するには、FAN LEDがグリーンで、ファン アセンブリの作動音が聞こえていることを確認します。FAN LEDがレッドで、ファン アセンブリのうち少なくとも1つが作動していない場合、すぐに購入された代理店に連絡してください(代理店への連絡を参照)。初回の起動時にファン アセンブリが正常に作動しなければ、ユーザ側でインストレーションの調整はできません。

スーパバイザ エンジン ― スーパバイザ エンジンにはシステム オペレーティング ソフトウェアが実装されているので、システム ソフトウェアに問題があるかどうかをここで確認します。スーパバイザ エンジンがスイッチング モジュールを初期化できるかどうかは、スーパバイザ エンジンのSTATUS LEDで確認できます。

冗長スーパバイザ エンジンを使用している場合は、冗長スーパバイザ エンジンがオンラインになる状況およびソフトウェア イメージの操作について、『 Cisco 7600 Series Internet Router Software Configuration Guide 』または
Cisco 7600 Series Internet Router IOS Software Configuration Guide 』を参照してください。

スイッチング モジュール ― 各スイッチング モジュールのSTATUS LEDは、そのモジュールがスーパバイザ エンジンによって初期化されたかどうかを示します。バックプレーンに完全に取り付けられていないスイッチング モジュールがあると、システムの停止を引き起こす可能性があります。

起動時の問題の特定

起動シーケンスにおけるシステムの状態は、すべてLEDに表示されます。LEDを確認すれば、起動シーケンスのどの時点でどの個所に障害が発生したかを判断することができます。

次の手順で、起動時の問題を特定します。


ステップ 1 電源装置をオンにします。システム ファン アセンブリの作動音がすぐに聞こえます。聞こえない場合は、「電源装置のトラブルシューティング」を参照してください。電源装置は正常に作動していて、ファン アセンブリが故障していると判断される場合は、購入された代理店に連絡してください。初回の起動時にファン アセンブリが正常に作動しなければ、ユーザ側でインストレーションの調整はできません。ファン アセンブリを交換する際には、「ファン アセンブリの取り外しおよび取り付け」を参照してください。

ステップ 2 スーパバイザ エンジンの各LEDは、次のように点灯します。

STATUS LEDは1回オレンジに点滅し、起動診断テストの実行中はオレンジに点灯したままとなります。モジュールが動作状態(オンライン)になると、グリーンになります。システム ソフトウェアによる起動で障害が発生した場合、このLEDはオレンジのままになります。

SYSTEM LEDがグリーンの場合は、すべてのシャーシ環境モニタが、システムは正常であると報告しています。環境モニタが1つでも問題を報告すると、SYSTEM LEDはオレンジまたはレッドになります。

ACTIVE LEDがグリーンの場合は、スーパバイザ エンジンが動作可能で、アクティブであることを示しています。スーパバイザ エンジンがスタンバイ モードである場合、ACTIVE LEDはオレンジになります。

各LINK LEDは1回オレンジに点滅したあと、起動診断テストの実行中はオレンジに点灯したままとなります。モジュールが動作状態(オンライン)になると、グリーンになります。信号が検出されない場合、LINK LEDは消灯します。ポートに異常があると、LINK LEDはオレンジに点滅します。

スーパバイザ エンジンの前面パネル上のいずれかのLEDがレッドまたはオレンジである場合は、「モジュールのトラブルシューティング」を参照してください。

冗長スーパバイザ エンジンを使用している場合は、冗長スーパバイザ エンジンがオンラインになる状況およびソフトウェア イメージの操作について、『 Cisco 7600 Series Internet Router Software Configuration Guide 』または『 Cisco 7600 Series Internet Router IOS Software Configuration Guide 』を参照してください。

スーパバイザ エンジンのLEDに関する詳細は、『 Cisco 7600 Series Internet Router Module Installation Guide 』を参照してください。

ステップ 3 スーパバイザ エンジンの初期化が完了すると、スーパバイザ エンジンおよび各スイッチング モジュールのSTATUS LEDはグリーンになります。このLEDは、スーパバイザ エンジンまたはスイッチング モジュールが電力の供給を受けていること、スーパバイザ エンジンに認識されていること、および有効なフラッシュ コード バージョンが実装されていることを表します。このLEDは、スイッチング モジュールの個々のインターフェイスの状態を示すものではありません。STATUS LEDがレッドまたはオレンジの場合は、「モジュールのトラブルシューティング」を参照してください。

ステップ 4 起動情報およびシステム バナーが表示されない場合は、『 Cisco 7600 Series Internet Router Module Installation Guide 』を参照して、端末が正しく設定され、スーパバイザ エンジンのコンソール ポートに正しく接続されているかどうかを確認してください。


 

電源装置のトラブルシューティング

電源サブシステムの問題を特定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 電源装置のINPUT OK LEDがグリーンであることを確認します。

INPUT OK LEDがグリーンに点灯している場合、AC電源またはDC電源は正常で、電源装置は動作しています。

INPUT OK LEDが点灯しない場合は、まず、電源装置がシャーシの奥まで完全に挿入されていることを確認します。電源スイッチをオフにし、非脱落型ネジ(単数または複数)を締めてから、電源スイッチをオンにします。

それでもINPUT OK LEDが点灯しない場合は、AC電源またはDC電源、もしくは電源コードに問題がある可能性があります。

スイッチの電源をオフにし、電源コードを別の電源(ある場合)に接続し、電源をオンにします。

INPUT OK LEDがグリーンになる場合、問題は最初の電源にあります。

新しい電源に電源装置を接続してもINPUT OK LEDが点灯しない場合は、電源コードを交換し、電源スイッチをオンにします。

これでINPUT OK LEDが点灯する場合は、最初の電源コードを返品し、交換してください。

この装置に複数の電源コードがある場合は、電源装置ごとにステップ 1を繰り返してください。

新しい電源コードを使用して別の電源にスイッチを接続してもINPUT OK LEDが点灯しない場合は、電源装置が故障していると考えられます。

2台めの電源装置が使用できる場合は、それを2番めの電源装置ベイに取り付け、購入された代理店に連絡してください。

ステップ 2 2台めの(冗長)電源装置を搭載している場合は、この電源装置に対してステップ 1を繰り返してください。


 

問題を解決できない場合、または電源装置かバックプレーン コネクタに問題があると判断される場合は、「代理店への連絡」を参照してください。

ファン アセンブリのトラブルシューティング

ファン アセンブリの問題を特定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ファン アセンブリ上のFAN LEDがグリーンであることを確認します。

グリーンに点灯しない場合は、「システム コンポーネント レベルの問題解決」を参照して、電源サブシステムが正しく機能しているかどうかを確認してください。

ステップ 2 FAN LEDがレッドであるかどうかを確認します。

レッドに点灯している場合、ファン アセンブリはバックプレーンに装着されていないか、または故障しています。

ファン アセンブリを正しく確実に装着するには、非脱落型ネジを緩めてファン アセンブリを取り外してから、もう一度取り付けます。

非脱落型ネジをすべて締めて、システムを再起動します。

FAN LEDがレッドのままである場合、システムがファン アセンブリの異常を検出しています。購入された代理店に連絡してください。


 

モジュールのトラブルシューティング

スーパバイザ エンジンまたはモジュールの問題を特定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 すべてのSTATUS LEDが点灯しているかどうかを確認します。

ステップ 2 スーパバイザ エンジンまたはモジュールのSTATUS LEDのなかに、レッドに点灯しているものや、消灯しているものがある場合は、モジュールがスロットから外れている可能性があります。両方のイジェクト レバーがシャーシの背面に対して90度になるようにモジュールを取り付け直してください。モジュール前面パネルの左右にある非脱落型ネジを締めて、システムを再起動します。


 

スイッチング モジュールのSTATUS LEDがオレンジの場合、モジュールはビジーまたはディセーブルになっています。『 Cisco 7600 Series Internet Router Software Configuration Guide』、『Cisco 7600 Series Internet Router IOS Software Configuration Guide』、『 Cisco 7600 Internet Router IOS Command Reference 』、または『 Cisco 7600 Series Internet Router IOS Command Reference 』を参照して、インターフェイスを設定するか、イネーブルにしてください。インターフェイスが再度初期化されると、モジュールのSTATUS LEDはグリーンになります。

起動時の問題が解消されない場合は、「代理店への連絡」を参照してください。

代理店への連絡

この章で紹介したトラブルシューティングを行っても起動時の問題を解決できない場合は、製品を購入された代理店に連絡してください。連絡する前に、問題を迅速に解決できるよう、あらかじめ次の情報を用意しておいてください。

スイッチの納品日

シャーシのシリアル番号(シャーシ背面パネルの右側に貼付されたラベルに記載)

ソフトウェアのタイプおよびリリース番号

保守契約または保証に関する事項

問題の簡単な説明

問題を特定し解決するためにすでに行った作業についての簡単な説明