オプティカル サービス モジュール ソフトウェア コンフィギュレーション ノート Cisco IOS 12.2SR
索引
Numerics
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Numerics

7600 シャーシ

タイプ  1-2

802.1D  8-11

A

Any Transport over MPLS(AToM)  10-9

Ethernet over MPLS  10-13

QoS  10-12

QoS の設定  10-32

従来の AToM との互換性  10-12

制約  10-9

パケット送信  10-11

APS  3-12

コマンド  8-24

実行インターフェイス  8-19

単一ルータでの基本 APS  8-20

チャネライズド OC-12/T3 OSM  5-13

複数 APS インターフェイス  8-23

保護インターフェイス  8-20

例  3-14, 5-19

APS コマンド  8-23

B

BPDU のパケット形式  8-12

Bridge Protocol Data Unit(BPDU)  8-11

bridge-domain コマンド

新しいキーワード  8-14

C

Common Part Convergence Sublayer  8-12

E

EoMPLS の設定

OSM ベースのシステムでの EoMPLS VLAN モード  10-13

OSM ベースのシステムでの EoMPLS ポート モード  10-22

SUP720-3BXL ベース システムでの EoMPLS ポート モード  10-27

SUP720-3BXL ベースのシステムでの EoMPLS VLAN モード  10-16

Ethernet over MPLS

制約  10-9

設定  10-13

Ethernet over MPLS(EoMPLS)  10-13

EXP ビット

EoMPLS  10-32

パケットのプライオリティ設定  10-36

I

ignore-bpdu-pid キーワード  8-14

L

Label Switched Path(LSP)  10-12

Low Latency Queuing  3-21, 4-6

M

match vlan  9-20

MPLS QoS

サポート対象の機能  10-5

MPLS  10-2

制限事項および制約  10-5

mpls l2 transport route コマンド  10-12

MPLS VPN  10-6

サポート対象の OSM  10-6

制限事項および制約  10-6

メモリ要件  10-7

メモリ要件と推奨事項  10-7

O

OSM

MPLS VPN サポート  10-6

MPLS サポート  10-2

拡張  1-3

OSM、12 ポート チャネライズド/非チャネライズド CT3/T

一般的な機能  7-3

OSM、12 ポート チャネライズド/非チャネライズド CT3/T1  7-2

DS3 アラーム  7-6

DSU モード  7-4

E1 設定オプション  7-5

QoS  7-6

T1 設定オプション  7-4

機能  7-3

シリアル カプセル化プロトコル  7-3

ネットワーク管理  7-6

OSM、12 ポート チャネライズド/非チャネライズド CT3/T1 の設定

dMLPPP  7-12

E1 回線  7-11

Multilink PPP Minimum Links Mandatory  7-14

T1/N × DS0 回線  7-10

T3 コントローラ  7-7

チャネライズド DS3 インターフェイス  7-9

チャネライゼーションに関する T3 コントローラ  7-10

非チャネライズド DS3 インターフェイス  7-8

OSM、OC-12 ATM

APS  8-19

概要  8-1

機能  8-2

OSM、OC-12 ATM の設定

APS、実行インターフェイス  8-19

APS、単一ルータでの基本 APS  8-20

APS、複数 APS インターフェイス  8-23

APS、複数ルータ  8-22

APS、保護インターフェイス  8-20

ILMI との通信  8-8

NSAP アドレス  8-9

PVC  8-6

PVC トラフィック パラメータ  8-7

SVC  8-7, 8-10

各 VP の最大 VC 数  8-5

完全な NSAP アドレス  8-10

初期設定  8-4

有効な VCI および VPI 設定  8-5

OSM、POS

サポート対象の QoS 機能  3-5

OSM、POS/SDH

SONET/SDH 規格の適合性  3-2

SONET/SDH のエラー、アラーム、およびパフォーマンスのモニタリング  3-2

サポート対象の機能  3-1

OSM、POS/SDH の設定

APS  3-12

APS、実行インターフェイスの設定  3-13

APS、保護インターフェイスの設定  3-13

DPT プロトコル  3-18

POS SPE スクランブリング  3-9

show コマンドの使用  3-10

SONET オーバーヘッド  3-9

インターフェイスの設定  3-7

カスタマイズ  3-9

基本的な APS  3-14

複数 APS  3-15

フレーム同期  3-9

例  3-20

OSM、PWAN

アップグレード  4-2

OSM、ギガビット イーサネット WAN

QoS  4-9

サポート対象の機能  4-2

OSM、ギガビット イーサネット WAN の設定

基本インターフェイス  4-4

OSM、チャネライズド OC-12/T

OC-12 POS インターフェイス  6-8

OSM、チャネライズド OC-12/T1

DS0 回線  6-11

DS-3 機能  6-9

E1 回線  6-10

E3 回線  6-9

MIB サポート  6-8

QoS  6-11

SONET の適合性  6-4

SONET/SDH 障害回復サポート  6-8

T1 回線  6-9

WAN プロトコル  6-7

エラー、アラーム、およびパフォーマンスのモニタリング  6-4

機能  6-3

OSM、チャネライズド OC-12/T1 の設定

POS インターフェイス  6-15

SDH フレーム同期と AU-3 マッピング  6-19

SDH フレーム同期と AU-4 マッピング  6-21

SONET コントローラ  6-12

SONET フレーム同期での CT3 リンク  6-17

SONET フレーム同期での STS-1 パス アトリビュート  6-14

SONET フレーム同期での T3 リンク  6-15

SONET フレーム同期での VT-15 リンク  6-18

T1 回線  6-17

VT-1.5 マッピングでの T1 リンク  6-18

非チャネライズドおよびサブレート DS-3 シリアル インターフェイス  6-15

OSM、チャネライズド OC-12/T3

DS-3 サポート  5-5

DSU モード  5-5

QoS  5-5

SONET のエラー、アラーム、およびパフォーマンスのモニタリング  5-3

SONET の適合性  5-3

SONET の同期  5-4

機能  5-3

ネットワーク管理  5-4

フレームリレーの制限および制約  5-15

OSM、チャネライズド OC-12/T3 の設定

APS、実行インターフェイス  5-14

APS、保護インターフェイス  5-15

DS-3 シリアル インターフェイス  5-8

POS インターフェイス  5-7

SDH フレーム同期と AU-3 マッピングによるインターフェイス  5-9

SDH フレーム同期と AU-4 マッピングによるインターフェイス  5-12

SONET コントローラ  5-6

P

Per VLAN Spanning Tree(PVST)  8-11

PVST と PVST+ のインターオペラビリティ  8-11

802.1D  8-11

CLI の要約  8-14

Common Part Convergence Sublayer  8-12

ignore-bpdu-pid キーワード  8-14

L2PT トポロジー  8-15

pvst-tlv キーワード  8-14

サポート対象ライン カード  8-12

問題の要約  8-12

PVST+  8-11

pvst-tlv キーワード  8-14

Q

QinQ 変換

ギガビット イーサネット WAN  4-9

QoS

12 ポート チャネライズド/非チャネライズド CT3/T1 OSM  7-6

Any Transport over MPLS(AToM)  10-32

EoMPLS VLAN  10-40

EoMPLS トラフィック ポリシーの表示  10-39

EoMPLS の例  10-39

POS/SDH OSM  3-5

VPLS  10-85

VPLS、VLAN 単位のシェーピング  10-86

ギガビット イーサネット WAN  4-9

最低レート  9-6, 9-13

チャネライズド OC-12/T1 OSM  6-11

チャネライズド OC-12/T3 OSM  5-5

トラフィック シェーピング  10-34, 10-37

QoS の設定

LLQ  9-12

Weighted Random Early Detection(WRED)  9-15

キュー制限  9-18

サービス ポリシーのコンフィギュレーションの表示  9-10

トラフィック シェーピング  9-6

ポリシー マップのクラスのプライオリティ  9-13

ポリシー マップへのサービス ポリシーの設定  9-9

Quality of Service(QoS)

OSM 上  9-2

クラスベース トラフィック シェーピング  9-5

サポート対象外のフレームリレー固有の機能  9-24

S

Shared Spanning Tree Protocol(SSTP)  8-11

show policy-map interface コマンド  9-10

show policy-map コマンド  9-10

show コマンド  3-10

SONET および SDH コンフィギュレーション コマンド  8-25

Spaninng-Tree Protocol(STP)  8-11

V

Virtual Private LAN Service(VPLS)  10-64

CE への PE レイヤ 2 インターフェイスの設定  10-69

PE での MPLS WAN インターフェイスの設定  10-75

PE の MPLS の設定  10-76

PE の VFI の設定  10-77

QoS  10-85

概要  10-64

基本的な設定  10-69

サービス  10-67

サポート対象の機能  10-66

制約  10-66

接続回線と PE の VSI との関連付け  10-79

設定例  10-80

VLAN モード  10-13

W

Weighted Random Early Detection(WRED)  9-15

X

xconnect コマンド  10-11, 10-12

アップグレードの注意事項  10-12

カプセル化

dot1Q  10-17

関連資料  xiv

機能

カプセル化  1-4

ソフトウェア  1-4

トラフィック管理  1-6

ネットワーク管理  1-5

キュー制限  9-18

コマンド

APS  8-25

ATM  8-10

clock source  6-14

OSM-12CT3/T1 で非サポート  7-15

QoS  10-32

show  3-10

SONET および SDH  8-25

STS-1 パス コンフィギュレーション  6-14

インターフェイス サブコマンド  2-3

コンフィギュレーション サブコマンド  4-4

コンフィギュレーション ファイル  3-20

サポートされていないフレームリレーのコマンド  3-17

設定  2-2

プラットフォーム固有  3-16

資料、関連  xiv

設定例

ATM メイン インターフェイス上の ILMI PVC  8-8

BERT タイムスロット  6-18

CT3 動作のための T1  6-18

DS-3 インターフェイス  6-16

E1 回線  7-12

EoMPLS QoS  10-39

ILMI PVC  8-9

ILMI キープアライブ インターバル  8-8

LLQ  9-14

Multilink PPP Minimum Links Mandatory 機能  7-14

NSAP アドレス  8-10

OC-12/T3 の基本的な APS  5-19

OC-12/T3 の複数 APS インターフェイス  5-20

OC-3 リンクでの CBWFQ  9-12, 9-14

OSM ベースのシステムでの EoMPLS VLAN モード  10-15

OSM ベースのシステムでの EoMPLS ポート モード  10-24

PCR が 1,000 の VBR-NRT  8-7

POS/SHD OSM の複数 APS  3-15

PVC  8-7

SDH フレーム同期と AU-4 マッピングによるインターフェイスの設定  5-12

STS-1 のオペレーション モード  6-14

SUP720-3BXL ベース システムでの EoMPLS ポート モード  10-27

SUP720-3BXL ベースのシステムでの EoMPLS VLAN モード  10-17

SVC  8-11

T1 チャネライゼーション モード用 T3 コントローラ  7-10

T1/N × DS0 回線  7-11

VLAN での EoMPLS QoS  10-40

VPLS、CE デバイスからのタグ付きトラフィックのための 802.1Q トランク  10-70

VPLS、CE デバイスからのタグなしトラフィックのための 802.1Q アクセス ポート  10-71

VPLS、PE での L2 VLAN インスタンス  10-74

VPLS、PE での MPLS WAN インターフェイス  10-75

VPLS、PE の MPLS  10-77

VPLS、PE の VFI  10-78

VPLS、QinQ を使用してすべての VLAN を 1 つの VPLS に設定  10-73

VPLS、VLAN 単位のシェーピング  10-86

VPLS、接続回線と PE の VSI との関連付け  10-79

VT1.5 動作に T1 を設定  6-19

WRED  9-15

基本的な単一ルータの APS  8-21

基本的な複数ルータの APS  8-22

シェープ平均レート  10-35

シグナリング PVC  8-9

チャネライズド DS-3  5-18

チャネライズド OC-12/T3 OSM のためのフレームリレー トラフィック シェーピング  5-16

チャネライズド POS  5-18

トラフィック クラス  9-11

トラフィック ポリシーの表示  10-35, 10-39

ネスト化されたトラフィック ポリシー  9-18

非チャネライズド DS-3 インターフェイス  5-9

非チャネライズド DS3 インターフェイス  7-9

複数 APS インターフェイス  8-23

プライオリティ キュー  9-14

フレームリレー トラフィック シェーピング  3-17

ポート 6/1 に AU-4 の最初の TUG-3 を設定  6-21

ポリシー マップ  9-14

ポリシー マップの表示  9-10

マルチリンク インターフェイス  7-15

マルチリンク インターフェイスの作成とマルチリンク バンドルへの追加  7-14

マルチリンク バンドル  7-13

リンクを 12 T3 チャネルに設定  6-19

設定、基本

CRC  2-4

MTU サイズ  2-3

SONET ペイロード スクランブリング  2-4

カスタマイズ  2-3

送信クロック  2-3

フレーム同期  2-3

送信クロック  2-3

対象読者  xiii

着信順序が乱れたパケット  10-9

トラフィック シェーピング  10-34

フレームリレーの制限および制約  3-16

ポート モード  10-13

マニュアルの構成  xiv

メトロ イーサネット アドバンスト QinQ サービス マッピング

ギガビット イーサネット WAN  4-9

ルータ ID 形式  10-9

ロード バランシング  10-63, 10-85

AToM  10-63

注意事項  10-63