Cisco 7600 シリーズ ルータ SIP/SSC/SPA ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
索引
Index
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

Index

Symbols

? コマンド  1-9

Numerics

802.1D  6-11

A

AAL5CISCOPPP カプセル化  6-4

AAL5MUX カプセル化  6-4

AAL5NLPID カプセル化  6-4

AAL5SNAP カプセル化  6-4

ACL の拒否ポリシー拡張機能、設定  26-22

AES

設定例  26-23

AES、AES を参照

AES、設定例

設定  25-3, 26-2

設定例  25-24

AIS  8-17

Alarm Indication Signal、AIS を参照

aps reflector コマンド  6-15, 9-9

ATM

AIS  8-17

FERF  8-17

HCSE  8-17

LOF  8-17

RAI  8-17

SPA システム メッセージ  8-17

回線符号化エラー  8-17

カプセル化  6-4

サービス クラス  6-5

atm bridge-enable コマンド  6-15, 7-22

ATM SPA システム メッセージ  8-17

ATM-ACCOUNTING-INFORMATION-MIB  3-21

ATM-MIB  3-21

ATM-SOFT-PVC-MIB  3-21

ATM-TC-MIB  3-21

ATM-TRACE-MIB  3-21

AToM over GRE(設定例)  12-71

AToM(Any Transport over MPLS)

Cisco 7600 SIP-400 設定時の注意事項  4-48

SIP での設定  4-47

B

BFG

設定  29-22

設定例  29-37

BFG による IPSec ステートフル フェールオーバー

設定  29-22

設定例  29-37

BFG、BFG を参照

BFG(Blade Failure Group)

トラブルシューティング  31-33

BPDU パケットのフォーマット  6-13

bridge-domain コマンド  4-41, 12-60

bridge-domain(VC コンフィギュレーション)コマンド  4-27, 4-31, 4-33

Bridging Control Protocol

設定  17-18, 18-17, 19-21, 20-19, 21-20

BCP、Bridging Control Protocol を参照

Bridging Control Protocol(BCP)  12-15

C

CA サーバへの HTTP による直接登録

設定  27-18

設定例  27-56

CA への発信トラフィックの送信元インターフェイス選択

設定  27-48

設定例  27-63

トラブルシューティング  31-31

CAC

設定例  25-27

CAC、設定  25-14

CAC(コール アドミッション制御)

設定例  25-27

CAC(コール アドミッション制御)、設定  25-14

CBR  6-5

CCA

オプション  24-5

例  24-87

CEF  6-1, 7-1, 8-1, 9-1, 10-1

Cisco 7600 SIP-200

MLFR、設定  4-7‐4-12

MLPPP、設定  4-13‐4-18, 21-15‐21-18

SPA の互換性(表)  2-4, 2-5

機能  3-4‐3-9

サブスロットの番号  4-5

制約事項  3-16

説明  3-4

前面プレート(図)  4-5

Cisco 7600 SIP-400

SPA の互換性(表)  2-4, 2-5

機能  3-9‐3-13

制約事項  3-16

説明  3-4

Cisco 7600 SIP-600

SPA の互換性(表)  2-4, 2-5

機能  3-13‐3-15

説明  3-4

Cisco 7600 SSC-400

制約事項  3-20

Cisco 7609 ルータ(図)  4-4

Cisco Discovery Protocol(CDP)  12-13

Cisco IOS 設定変更の保存  1-13

Cisco MIB Locator  11-4

Cisco VRF 対応 IPSec の IPSec および IKE MIB サポート

設定  30-11

設定例  30-14

トラブルシューティング  31-33

CISCO-AAL5-MIB  3-21

CISCO-ATM TRAFFIC-MIB  3-21

CISCO-ATM-CONN-MIB  3-21

CISCO-ATM-RM-MIB  3-21

CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB  3-21

CISCO-ENTITY-ASSET-MIB  3-21

CISCO-ENTITY-EXT-MIB  3-21

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB  3-21

clear crypto sa コマンド  31-29

Common Part Convergence Sublayer  6-12

configure terminal コマンド  5-9, 12-3

Connectivity Fault Management(CFM)  12-24

copy コマンド  12-64

<cr>  1-9

create on-demand コマンド  6-15, 9-9

CRTP(Compressed Real-Time Protocol)

設定  4-6

D

debug atm bundle errors コマンド  8-26

debug atm bundle events コマンド  8-26

debug atm errors コマンド  8-26

debug atm events コマンド  8-26

debug atm oam コマンド  8-27

debug atm packet コマンド  8-27

debug crypto ace b2b コマンド  31-33

debug crypto ipsec client ezvpn  31-31

debug crypto ipsec コマンド  31-30

debug crypto isakmp  31-31

debug crypto isakmp コマンド  31-30

debug crypto mib detail コマンド  31-33

debug crypto mib error コマンド  31-33

debug crypto pki transactions コマンド  31-31

debug hw-module subslot コマンド  13-2, 31-2

debug コマンド  13-2

DMVPN(Dynamic Multipoint VPN)

スポークの設定例  28-21, 28-22

設定  28-2

設定例でのハブ  28-19

DN ベースの暗号マップ

設定  26-20

設定例  26-30

トラブルシューティング  31-30

dot1q カプセル化  12-11

設定  12-13

設定例  12-70

DPD(Dead Peer Detection)  25-16

DSS(Destination Sensitive Services)  3-17

E

Easy VPN Remote RSA シグニチャ ストレージ、設定  28-17

Easy VPN Remote RSA シグニチャの設定

トラブルシューティング  31-31

Easy VPN サーバ

拡張機能、設定  28-15

設定  28-15

ルータ側の設定例  28-23

Easy VPN リモート、設定  28-16

encapsulation dot1q コマンド  12-13, 12-44, 12-60

encapsulation frame-relay ietf コマンド  4-29, 4-32, 12-54

encapsulation frame-relay mfr コマンド  4-11

encapsulation ppp コマンド  4-16, 4-42, 21-17

encapsulation コマンド  6-15

ENTITY-MIB  3-21

EoMPLS

設定例  12-73

EtherChannel

interface port-channel(コマンド)  4-97, 4-98, 4-99, 4-100

ethernet oam link-monitor frame window コマンド  12-32

ethernet oam link-monitor frame-period threshold high コマンド  12-33

ethernet oam link-monitor frame-period threshold low コマンド  12-33

ethernet oam link-monitor frame-period window コマンド  12-33

ethernet oam link-monitor frame-seconds threshold high コマンド  12-34

ethernet oam link-monitor frame-seconds threshold low コマンド  12-34

ethernet oam link-monitor frame-seconds window コマンド  12-34

ethernet oam link-monitor frame threshold high コマンド  12-33

ethernet oam link-monitor frame threshold low コマンド  12-32

ethernet oam link-monitor on コマンド  12-30

ethernet oam link-monitor receive-crc threshold high コマンド  12-35

ethernet oam link-monitor receive-crc threshold low コマンド  12-35

ethernet oam link-monitor receive-crc window コマンド  12-35

ethernet oam link-monitor supported コマンド  12-30

ethernet oam link-monitor symbol-period threshold high コマンド  12-32

ethernet oam link-monitor symbol-period threshold low コマンド  12-32

ethernet oam link-monitor symbol-period window コマンド  12-31

ethernet oam link-monitor transmit-crc threshold high コマンド  12-36

ethernet oam link-monitor transmit-crc threshold low コマンド  12-35

ethernet oam link-monitor transmit-crc window コマンド  12-35

ethernet oam remote-failure dying-gasp action error-disable-interface コマンド  12-38

ethernet oam コマンド  12-29

Event Tracer 機能  5-3, 8-27, 13-11, 22-18

F

Far-End Receive Failure、FERF を参照

FERF  8-17

flow control receive コマンド  12-22

flow control send コマンド  12-22

FPD イメージ

アップグレードが必要な例  32-4

アップグレード進行状況の確認  32-15

アップグレードの結果確認  32-22

アップグレードのトラブルシューティング  32-20‐32-22

現在のバージョンおよび最低限必要なバージョンの表示  32-12

実働システムでのアップグレード  32-5‐32-7

手動アップグレード  32-8

リカバリ アップグレード、出力例  32-20‐32-22

FPD イメージ パッケージ

概要  32-3

検出できない場合(例)  32-16

ダウンロード  32-8‐32-10

注意  32-4, 32-11

デフォルト パスの変更  32-10‐32-11

デフォルト情報の表示  32-14

バージョン番号の要件  32-3

FPD(Field-Programmable Device)

説明  32-1

frame-relay intf-type dce コマンド  4-10

frame-relay multilink ack コマンド  4-12

frame-relay multilink bid コマンド  4-10

frame-relay multilink hello コマンド  4-12

frame-relay multilink lid コマンド  4-11

frame-relay multilink retry コマンド  4-12

FRF.16、MLFR を参照

Front Door VRF(FVRF)、説明  24-25

FTP サーバ、FPD イメージのダウンロード  32-8‐32-10

FVRF、説明  24-25

G

GRE トンネリング

インターフェイスおよびサブインターフェイス、設定  12-17

設定  24-39

設定例  24-62

テイクオーバー基準  24-41

トラブルシューティング  31-29

Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)、GRE トンネリングを参照

GRE トンネルを介した IP マルチキャスト

設定  24-44

設定例  24-66, 24-68

GRE トンネルを介したマルチキャスト

設定  24-44

設定例  24-66, 24-68

H

HCSE  8-17

help コマンド  1-9

Hot Standby Router Protocol(HSRP)

設定の確認  12-6

HSRP および RRI を使用する IPSec ステートレス フェールオーバー、設定  29-3

HSRP および SSP を使用する IPSec ステートフル フェールオーバー

アクティブ シャーシの設定(例)  29-29

HSRP を使用する IPSec ステートレス フェールオーバー

アクティブ シャーシの設定(例)  29-26

設定  29-3

リモート ルータの設定例  29-28, 29-31, 29-36

hw-module reset コマンド  4-100

hw-module slot subslot only コマンド  24-67

hw-module subslot shutdown コマンド  5-8, 5-10

hw-module subslot コマンド  12-65

I

IEEE 802.1Q カプセル化  12-11

設定  12-13

設定例  12-70

IF-MIB  3-21

IKE アグレッシブ モードの開始

設定  25-12

設定例  25-26

トラブルシューティング  31-30

IKE アグレッシブ モードの開始、設定  25-12

IKE ポリシー

トラブルシューティング  31-29

Inside VRF(IVRF)、説明  24-25

interface atm コマンド  4-25

interface fastethernet コマンド  12-3, 12-13

interface gigabitethernet コマンド  12-3, 12-13, 12-60

interface mfr コマンド  4-10

interface multilink コマンド  4-15, 21-16

interface port-channel(コマンド)  4-97, 4-98, 4-99, 4-100

interface pos コマンド  4-29, 4-30, 4-37, 4-42

interface serial コマンド  4-11, 4-16, 4-29, 4-30, 4-32, 4-37, 4-42, 21-16

interface tengigabitethernet コマンド  12-3, 12-13

ip address コマンド  4-15, 12-3, 12-14, 21-16

ip cef distributed コマンド  4-14

ip pim smarse-mode コマンド  12-18

IPSec NAT 透過設定  25-22

IPSec SA アイドル タイマー

設定例  26-29

IPSec VPN SPA

HSRP RRI および SSP を使用する IPSec ステートフル フェールオーバー、設定  29-4

HSRP RRI を使用する IPSec ステートレス フェールオーバー、設定  29-3

VPN の動作状態、表示  24-24

シャーシ内の複数の SPA、設定  29-2

IPSec VPN アカウンティング

設定  30-7

設定例  30-12

IPSec VPN モニタリング

設定  30-3

設定例  30-12, 30-14

IPSec アイドル タイマー、設定  26-18

IPSec アンチリプレイ ウィンドウ サイズ

設定例  26-26

トラブルシューティング  31-30

IPSec アンチリプレイ ウィンドウ サイズ、設定  26-12

IPSec ステートフル フェールオーバー

トラブルシューティング  31-32

IPSec 優先ピア

設定例  26-29

IPSec 優先ピア、設定  26-14

ISAKMP キーリングおよびピア フィルタリング

設定  25-4

設定例  25-24

IVRF、説明  24-25

L

LAF(Look-Ahead-Fragmentation)、設定  26-3

LFI(Link Fragmentation and Interleaving)

over MLPPP、設定  4-17, 21-17

SIP での設定  4-18

LOF  8-17

loopback diagnostic コマンド  8-18, 8-21

loopback driver コマンド  13-9

loopback external コマンド  13-9

loopback internal コマンド  13-9

loopback line コマンド  8-22

loopback mac コマンド  13-9

loopback コマンド  8-18, 13-9

Loss Of Frame、LOF を参照

M

MAC アドレス

確認  12-5

設定例  12-67

変更  12-5

MAC アドレス アカウンティング

設定例  12-68

MAC アドレスの OUI  6-12

match as コマンド  3-18

match bgp-community コマンド  3-18

match class-map コマンド  3-17

match cos inner コマンド  3-17

match discard-class コマンド  3-17

match dscp コマンド  3-15

match fr-dlci コマンド  3-17

match input interface コマンド  6-16

match input vlan コマンド  3-15, 3-18

match input-interface コマンド  3-18

match ip precedence コマンド  3-15

match ip rtp コマンド  3-18

match mac コマンド  3-18

match mpls experimental コマンド  3-15

match packet length コマンド  3-18

match protocol コマンド  3-18

match qos-group コマンド  3-15, 3-18

match vlan inner コマンド  3-18

match vlan コマンド  3-15, 3-18

MBS  6-5

MIB(管理情報ベース)

Cisco 7600 SIP-200  3-21

Cisco 7600 SIP-400  3-21

SPA でサポート  11-4

ダウンロード  11-4

Minimum Burst Size、MBS を参照

MLFR(Multilink Frame Relay)

概要  4-8

設定作業  4-10

設定時の注意事項

ソフトウェアベース  4-9

ハードウェアベース  4-9

MLPPP(Multilink PPP)

LFI

設定  4-17, 21-17

注意事項、ソフトウェアベース  4-17

確認  4-18, 21-18

設定作業  4-14, 21-15

設定時の注意事項

ソフトウェアベース  4-14

ハードウェアベース  4-14

MPB(Multipoint Bridging)

Cisco 7600 SIP-200 ATM SPA  3-5

Cisco 7600 SIP-200 シリアル SPA  3-5

Cisco 7600 SIP-400  3-18

設定  4-23

mpls l2 transport route コマンド  3-17, 4-48

mpls mtu コマンド  12-9, 15-3

MPLS ラベル、インターフェイス MTU サイズ  12-9

MPLSoGRE および mVPNoGRE  12-17

設定例  12-71

mtu コマンド  12-4, 12-10

MTU(最大伝送ユニット)

IP MTU

説明  12-9

MPLS MTU

説明  12-9

インターフェイス MTU

MPLS ラベル  12-9

確認  12-10

設定  12-10

設定時の注意事項  12-9

説明  12-9

追加オーバーヘッド  12-9

最大サイズ  12-9

設定  26-6

設定例  12-70

タイプ  12-9

タグ MTU

説明  12-9

デフォルト サイズ  12-9

multicast Virtual Private Network over generic routing encapsulation(mVPNoGRE)  12-17

Multilink PPP(MLPPP)

LFI

注意事項、ハードウェアベース  4-17

multilink-group コマンド  4-17, 21-17

multiPoint bridging over Ethernet  12-58

Multipoint Bridging(MPB)  12-14

mVPNoGRE  12-71

N

NAT キープアライブ

設定例  25-28

negotiation auto コマンド  12-12, 12-13

no hw-module subslot shutdown コマンド  5-8, 5-10

no negotiation auto コマンド  12-12

no power enable module コマンド  5-5, 5-9

no shut コマンド  12-4

no shutdown コマンド  4-38, 4-42

no upgrade fpd auto コマンド  32-7

NVRAM(不揮発性 RAM)  12-64

O

OC ATM

概要  6-4

OCSP(Online Certificate Status Protocol)

設定  27-39

設定例  27-62

OLD-CISCO-CHASSIS-MIB  3-21

OSM、OC-12 ATM の設定

RFC 1483 RBE の設定  7-24

P

PCR  6-5

Per VLAN Spanning Tree(PVST)  6-11

PFC2 用 CEF

CEF を参照

PIM  24-44

ping コマンド  8-17

PKI

証明書失効チェック時の複数サーバのクエリー

設定  27-38

設定例  27-62

power enable module コマンド  5-6, 5-10

ppp authentication chap コマンド  4-16, 21-17

ppp chap hostname コマンド  4-17

ppp multilink fragment-delay コマンド  4-15, 21-16

ppp multilink interleave コマンド  4-15, 4-17, 21-16, 21-17

ppp multilink コマンド  4-16

priority コマンド  6-16

Provider Edge to Provider Edge(PE-to-PE)トンネリング  12-17

PVST および PVST+ のインターオペラビリティ  6-11

802.1D  6-11

Common Part Convergence Sublayer  6-12

L2PT トポロジ  7-16

サポートするラインカード  6-12

問題の概要  6-12

PVST+  6-12

Q

QoS  26-11

SIP での設定  4-79‐4-81

設定例  26-25

QoS、設定  26-11

R

RAI  8-17

Remote Alarm Indication、RAI を参照

rewrite ingress tag コマンド  12-60

RFC 1483『Multiprotocol Encapsulation over ATM Adaptation Layer 5, Multipoint Bridging』  3-5, 3-9, 3-18

RFC 1483『Multiprotocol Encapsulation over ATM Adaptation Layer 5』  3-9, 3-12

RFC 1490『Multiprotocol Interconnect over Frame Relay』  3-5, 3-9

RFC 1663『PPP Reliable Transmission』  3-16

RFC 1889『RTP

A Transport Protocol for Real-Time Applications』

A Transport Protocol for Real-Time Applications  4-6

RFC 3518『Point-to-Point Protocol (PPP) Bridging Control Protocol (BCP)』  3-9, 3-12, 4-33

ROM モニタ モード、概要  1-8

RRI

トラブルシューティング  31-30

RRI、設定  26-8

RSA シグニチャ ストレージ、設定  28-17

Rx Cell HCS Error、HCSE を参照

S

Safenet IPSec クライアントのサポート

設定  25-4

設定例  25-24

トラブルシューティング  31-29

SCR  6-5

service instance コマンド  12-60

set mpls experimental コマンド  4-49

shape adaptive コマンド  6-16

shape average コマンド  6-16

shape fecn-adapt コマンド  6-16

shape peak コマンド  6-16

shape コマンド  6-16

Shared Port Adapter(SPA)

FPD イメージ パッケージ

概要  32-3

SIP の互換性(表)  2-4, 2-5

アクティブ化(例)  5-10

インターフェイス  2-3

再アクティブ化  5-8

サブスロット番号(図)  4-4

サポートされている高さ

(図)  2-3

説明  2-2

シャーシ スロットの向き(図)  2-3

シングルハイトの説明  2-2

ダブルハイトの説明  2-2

定義  2-2

非アクティブ化  5-7

非アクティブ化(例)  5-10

光モジュールの互換性(表)  2-6

show aps group コマンド  8-16

show aps コマンド  8-15

show atm class-link コマンド  8-14

show atm ilmi-status コマンド  8-11, 8-12

show atm interface atm コマンド  7-7, 8-8

show atm map コマンド  8-13

show atm pvc interface atm コマンド  8-10

show atm pvc コマンド  7-9, 8-10

show atm svc interface atm コマンド  8-11

show atm traffic shaping slot コマンド  8-13

show atm traffic コマンド  8-13

show atm vc interface atm コマンド  7-9

show atm vc コマンド  8-9, 8-10, 8-11

show atm vlan コマンド  8-14

show atm vp コマンド  8-9

show call admission statistics コマンド  31-17

show controllers atm コマンド  6-16, 8-5, 8-6

例  6-21

show controllers コマンド  6-20

show crypto ace redundancy  31-26

show crypto ace redundancy コマンド  31-26

show crypto call admission statistics コマンド  31-17

show crypto engine accelerator statistic コマンド  31-4

show crypto ipsec ha コマンド  31-22

show crypto ipsec sa standby コマンド  31-24

show crypto ipsec sa コマンド  31-14, 31-23

show crypto ipsec transform-set コマンド  31-17

show crypto isakmp policy コマンド  31-16

show crypto isakmp sa addr コマンド  31-22

show crypto isakmp sa コマンド  31-15

show crypto key mypubkey rsa コマンド  31-18

show crypto key pubkey-chain rsa コマンド  31-18

show crypto map コマンド  31-13

show crypto pki certificates  31-20

show crypto pki certificates storage コマンド  31-19

show crypto pki server コマンド  31-21

show crypto pki trustpoints コマンド  31-19

show crypto redundancy linecard-group コマンド  31-26

show crypto session コマンド  31-15

show crypto vlan コマンド  31-8, 31-12

show cwan mplsogre コマンド  12-20

show diag コマンド  6-20, 8-6, 9-11, 31-4

例  6-21

show diagbus コマンド  3-23, 4-4

show ethernet oam discovery コマンド  12-39

show ethernet oam statistics コマンド  12-39

show ethernet oam status コマンド  12-39

show ethernet oam summary コマンド  12-39

show frame-relay multilink コマンド  4-12

show history コマンド  1-7

show hw-module slot コマンド  4-4

show hw-module subslot fpd コマンド  8-4, 32-20

show hw-module subslot oir コマンド  5-9

show hw-module subslot コマンド  4-5, 32-12

show idprom module コマンド  4-4, 4-5, 8-5

show idprom コマンド  3-23

show interface atm コマンド  8-7

show interface コマンド  7-6

show interfaces atm コマンド  7-5

例  6-20, 9-11

show interfaces fastethernet  13-3

show interfaces fastethernet コマンド  11-6

show interfaces gigabit ethernet コマンド  12-10

show interfaces gigabitethernet コマンド  11-7, 12-5, 12-22, 13-3

show interfaces serial コマンド

シリアル回線のトラブルシューティング  22-5

show interfaces switchport コマンド  4-39

show interfaces tengigabitethernet コマンド  11-7, 13-3

show interfaces trunk コマンド  4-39, 31-8

show interfaces tunnel コマンド  31-9

show interfaces コマンド  6-20, 9-11, 11-6, 13-2

show ip interface コマンド  5-9, 7-6, 8-8

show ip mrouteコマンド  12-18, 31-13

show ip nhrp コマンド  31-21

show ip route コマンド  12-18, 31-9

show module コマンド  3-23, 4-4, 5-6

show mpls interface コマンド  7-6

show ppp multilink コマンド  4-18, 6-17, 21-18

show redundancy linecard-group コマンド  31-26

show running-config コマンド  32-9

show sip-disk コマンド  4-4

show ssp client コマンド  31-25

show ssp packet コマンド  31-25

show ssp peers コマンド  31-25

show ssp redundancy コマンド  31-25

show standby コマンド  12-6

show upgrade package default コマンド  32-14

show upgrade progress コマンド  32-15

show version コマンド  8-4

show vlan id コマンド  8-14

show vlans コマンド  12-14

show コマンド  13-2

IPSec VPN SPA  31-7

shutdown コマンド  4-37, 4-42, 12-65

Simple Symmetric Transmission Protocol(SSTP)  6-12

SIP(SPA Interface Processor)

SPA の互換性(表)  2-4, 2-5

アクティブ化(例)  5-10

一般的な特性  2-2

再アクティブ化  5-6

サブスロット

CLI での位置の指定  4-5

説明  2-2

番号  4-5

サポートされている機能  3-4

シャーシ スロットへの装着(図)  4-4

スーパーバイザ エンジンのサポート  4-3

定義  2-2

ハードウェア タイプ、表示  3-23

非アクティブ化  5-5

非アクティブ化(例)  5-9

ブランク フィラー プレート  2-2

リセット  4-100

リリース履歴  3-2

Small Form-factor Pluggable(SFP)光モジュール

SPA に対する互換性(表)  2-6

シスコシステムズの認定チェック  2-6

SONET MIB  3-21

SPA

自動回復  13-8

SPA FPD イメージの自動アップグレード

FPD イメージ パッケージを検出できない(例)  32-16

再イネーブル化  32-7

ディセーブル化  32-7

(例)  32-17

SPA アーキテクチャ

POS SPA の説明  14-7‐14-10

説明  11-5

SPA の設定

ギガビット イーサネット  12-1

ファスト イーサネット  12-1

SPA ハードウェア タイプ、表示  11-6

SSC(SPA Services Card)

一般的な特性  2-2

定義  2-2

ブランク フィラー プレート  2-2

Subnetwork Access Protocol(SNAP)カプセル化  12-9, 12-10

Sustained Cell Rate、SCR を参照

switchport trunk allowed vlan コマンド  4-38

switchport コマンド  4-26, 4-30, 4-37, 4-42

T

Tab キー、完全なコマンド名  1-9

TFTP サーバ、FPD イメージのダウンロード  32-8‐32-10

U

UBR  6-5

upgrade fpd auto コマンド  32-7, 32-9, 32-16, 32-17

upgrade fpd path コマンド  32-8, 32-11

upgrade hw-module subslot コマンド  32-8

V

Variable Bit Rate-non-real-time、VBR-nrt を参照

Variable Bit Rate-real-time、VBR-rt を参照

VBR-nrt  6-5

VBR-rt  6-5

Virtual Private LAN Service(VPLS)  12-24

vlan コマンド  4-41

VLAN(仮想 LAN)

サブインターフェイスの設定  12-13

設定の確認  12-14

設定例  12-70

VPN Routing and Forwarding(VRF)番号  12-17

VPN セッション、モニタリングおよび管理  30-3

VRF インスタンス、説明  24-25

VRF モード

Front Door VRF(FVRF)  24-25

Inside VRF(IVRF)  24-25

VRF インスタンス  24-25

VTI の設定  24-47

シャーシ間ステートレス フェールオーバー

設定  29-18

設定例  24-69

説明  24-25

注意事項および制約事項  24-27

トンネル保護あり  24-34

トンネル保護なし  24-29

VRF 対応 IPSec、VRF モードを参照

VTI

VLAN モードでの設定  24-47

説明  24-47

Virtual Tunnel Interface(VTI)、VTI を参照

W

WAN インターフェイス

ATM 設定例  24-59

POS 設定例  24-60

シリアル ポートの設定例  24-61

設定  24-23

X

xconnect コマンド  3-17, 4-48

アクセス ポート

設定  24-11

設定例  24-51

アクティブ化

SIP の確認  5-6

SPA の確認  5-9

暗号化事前共有キー

設定例  25-26

暗号化事前共有キー、設定  25-10

暗号条件別デバッグのサポート  31-34

暗号接続モード

説明  24-5

注意事項および制約事項  24-9

ポートの設定  24-8

アンチ リプレイウィンドウ サイズ、設定  26-12

インターフェイス

イネーブル化  12-4

基本的な設定例  12-67

再起動  12-65

シャットダウン  12-65

設定の確認  12-66

インターフェイス アドレス、指定  12-4

インターフェイス コンフィギュレーション モード、概要  1-8

インターフェイス ステータス行

状態、show interfaces serial コマンド  22-4

永続的自己署名証明書

設定  27-50

設定例  27-64

オーバーサブスクライブ

Cisco 7600 SIP-400  3-19, 5-4

オプションの OCSP ナンス

設定例  27-63

オプションの OCSP ナンス、設定  27-42

回線

インターフェイス ステータス

状態、show interfaces serial コマンド  22-4

シリアル

show interfaces serial コマンド  22-5

階層型 VPLS(H-VPLS)  12-24

外部ポート、設定  24-10

活性挿抜

SIP  2-2, 5-5

SPA  2-3, 5-7, 8-28, 13-11, 22-18, 31-36

SPA のイベント トレース  5-3, 8-27, 13-11, 22-18

SSC  2-2

インターフェイスのシャットダウンまたは再起動  12-65

トラブルシューティング  5-3, 8-27, 13-11, 22-18

カプセル化

ARPA  12-10

dot1q  12-11

設定  12-13

設定例  12-70

SNAP  12-9, 12-10

設定  12-10

カプセル化、ATM  6-4

管理上のダウン ステート  12-65

キーのロールオーバーによる証明書の更新

設定  27-33

設定例  27-61

キーボード ショートカット  1-7

疑問符(?)コマンド  1-9

逆ルート注入

トラブルシューティング  31-30

逆ルート注入、設定  26-8

拒否ポリシー拡張機能

設定例  26-30

グローバル コンフィギュレーション モード、概要  1-8

件名全体を使用する PKI AAA 許可

設定  27-46

設定例  27-63

トラブルシューティング  31-31

固定ビット レート、CBR を参照

コマンド

default 形式  1-12

no 形式  1-12

show interfaces serial

シリアル回線のトラブルシューティング  22-5

省略形のコンテキスト ヘルプ  1-9

コマンド モード、概要  1-8

コマンド構文

表記法  lvi

表示(例)  1-9

コマンドラインの処理  1-7

コンソール エラー メッセージ

Cisco 7600 SSC-400  31-2

IPSec VPN SPA  31-2

サブインターフェイス、設定  12-13‐12-14

サブスロット

CLI での位置の指定  4-5

説明  2-2

番号  4-5

シーケンス番号付き ACL、設定  26-22

システム エラー メッセージ

Cisco 7600 SSC-400  31-2

IPSec VPN SPA  31-2

実行コンフィギュレーション、NVRAM への保存  12-64

自動ネゴシエーション

設定  12-11‐12-12

ディセーブル化

光ファイバ インターフェイス  12-11

光ファイバ インターフェイスでのイネーブル化  12-12

シャーシ内の複数の SPA

設定例  29-24

シャーシ内の複数の SPA、設定  29-2

ジャイアント パケット  7-5

出力のフィルタリング、show および more コマンド  1-13

手動での証明書登録(TFTP およびカットアンドペースト)

設定  27-24

設定例  27-58

状態

show interfaces serial コマンドのステータス行  22-4

インターフェイス ステータス行、show interfaces serial コマンド  22-4

証明書/ISAKMP プロファイル マッピング

設定例  25-25

トラブルシューティング  31-30

証明書/ISAKMP プロファイル マッピング、設定  25-6

証明書失効チェック時の複数サーバのクエリー

設定  27-38

設定例  27-62

証明書チェーン検証

設定例  27-65

証明書チェーン検証、設定  27-54

証明書の自動登録

設定  27-29

設定例  27-61

証明書のセキュリティ アトリビュートに基づくアクセス制御

設定  27-43

設定例  27-63

シリアル回線

トラブルシューティング

show interfaces serial コマンド  22-5

スーパーバイザ エンジン

SIP でサポート  4-3

スパニングツリー プロトコル(STP)  6-11

セキュリティ アソシエーション

リセット  31-29

設定作業、必須

ギガビット イーサネット SPA  12-2

ファスト イーサネット SPA  12-2

設定の保存  1-13

設定例

PVC の BRE  7-24

ソフトウェア ベースの暗号化モード  23-14

帯域幅、変更  4-71

注釈、テキストでの使用法  lvii

特権 EXEC モード、概要  1-8

トラストポイント CA

設定  27-9

設定例  27-56

トラストポイント単位でのクエリー モード定義

設定  27-13

設定例  27-56

トラブルシューティング

ギガビット イーサネット SPA  13-1

ファスト イーサネット SPA  13-1

トランク ポート

設定  24-18

設定例  24-56

トランスフォーム セット

トラブルシューティング  31-29

トンネル/インターフェイス マッピング  12-20

内部ポート、設定  24-10

ハードウェア プラットフォーム

プラットフォーム、サポート情報を参照

ハードウェア ベースの暗号化モード  23-14

パケット フロー、ファスト イーサネットまたはギガビット イーサネット SPA  11-5

非アクティブ化

SIP の確認  5-6

SPA の確認  5-9

ピーク セル レート、PCR を参照

光モジュール

SPA に対する互換性(表)  2-6

ヒント、テキストでの使用法  lvii

ファスト イーサネット SPA の速度変更

設定例  12-75

複数の RSA キー ペア

設定  27-3

設定例  27-55

復帰(<cr>)  1-9

プラットフォーム、サポート情報

リリース ノート、識別に使用  1-14

ブランク フィラー プレート  8-28, 13-11, 22-18, 31-36

SIP 空のサブスロット  2-2

SPA のサイズ  2-3

SSC 空のサブスロット  2-2

ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)  6-11

プリフラグメンテーション、設定  26-3

フレーム リレー

機能、SIP での設定  4-7‐4-20

フロー制御

確認  12-21, 12-22

サポート  12-20

プロンプト、システム  1-8

平均セル レート  6-5

保護された秘密鍵ストレージ

設定  27-6

設定例  27-55

マルチキャスト ルート  12-18

未指定ビット レート、UBR を参照

モード

コマンド モードを参照

ユーザ EXEC モード、概要  1-8

ユニキャスト ルート  12-18

要注意、テキストでの使用法  lvii

リリース ノート

プラットフォーム、サポート情報を参照

リリース履歴

ギガビット イーサネット SPA  11-2

ファスト イーサネット SPA  11-2

ルーテッド ポート

設定  24-14

設定例  24-54

ループバック

外部  13-9

内部  13-9

ローカル証明書ストレージ場所

設定例  27-56

ローカル証明書ストレージ場所、設定  27-16