Cisco 7600 シリーズ ルータ SIP/SSC/SPA ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
シリアル SPA の概要
シリアル SPA の概要
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

シリアル SPA の概要

リリース履歴

サポートされる機能

制約事項

SPA の機能

サポートされる MIB

SPA ハードウェア タイプの表示

show interface コマンドの例

show controllers コマンドの例

シリアル SPA の概要

この章では、2 ポートおよび 4 ポート T3/E3 Shared Port Adapters(SPA; 共有ポート アダプタ)、8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA、 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA、および 2 ポートまたは 4 ポート CT3 SPA が搭載された Cisco 7600 SIP-200 のリリース履歴、機能、およびサポートされる MIB(管理情報ベース)の概要を示します。

この章の内容は次のとおりです。

「リリース履歴」

「サポートされる機能」

「制約事項」

「SPA の機能」

「サポートされる MIB」

「SPA ハードウェア タイプの表示」

リリース履歴

 

リリース
変更点

Cisco IOS Release 12.2(33)SRC

Cisco 7600 シリーズ ルータ上の Cisco 7600 SIP-200 に関して、次のソフトウェア機能のサポートが追加されました。

1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA、2 ポートおよび 4 ポート CT3 SPA のプログラマブル BERT パターンの拡張機能

Cisco IOS Release 12.2(33)SRA

Cisco 7600 シリーズ ルータ上の Cisco 7600 SIP-200 で、次のハードウェアのサポートが追加されました。

1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA

Cisco IOS Release 12.2(18)SXE

Cisco 7600 シリーズ ルータ および Catalyst 6500 シリーズ スイッチ上の Cisco 7600 SIP-200 に、次のハードウェアのサポートが追加されました。

2 ポート T3/E3 SPA(SPA-2XT3/E3)

4 ポート T3/E3 SPA(SPA-4XT3/E3)

8 ポート T1/E1 SPA(SPA-8XCHT1/E1)

2 ポート CT3 SPA (SPA-2XCT3/DS0)

4 ポート CT3 SPA (SPA-4XCT3/DS0)

サポートされる機能

ここでは、Cisco 7600 SIP-200 のハードウェアとソフトウェアでサポートされる主な機能の一部を示します。

活性挿抜(Online Insertion and Removal; OIR)

最大 4 つのシングルハイト SPA または 2 つのダブルハイト SPA のサポート

FPGA アップグレードのサポート

SIP-200 は Cisco 7600 シリーズ ルータの標準 FPGA アップグレード方法をサポートします。

制約事項

ここでは、Cisco 7600 SIP-200 設定の制約事項を示します。


) その他の SIP 固有の機能および制約事項について、このマニュアルの「SIP および SSC の概要」も参照してください。


2 ポートまたは 4 ポートチャネライズド T3 SPA で、1 つの T3 ポートが DS3 クリア チャネル インターフェイスとして設定され、その他の T3 ポートに多数(400 以上)の低帯域幅チャネル(NxDS0、N=1、2、3、または 4)が設定されている場合、これらの低帯域幅チャネルがアイドルであるときに(パケットを送受信していない場合)、DS3 クリア チャネル インターフェイスは 100% の DS3 回線速度で動作できません。これらの低帯域幅チャネルがアイドルでない場合は、この問題が発生しません。

2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA または 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA では、チャネルの最大数は SPA ごとに 1023 と制限されています。

2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA または 1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA では、FIFO バッファの最大数は 4096 です。FIFO バッファはインターフェイス間で共有されていて、共有方法は速度によって決定されます。すべての FIFO バッファが既存のインターフェイスに割り当てられている場合、新しいインターフェイスを作成することはできず、「%Insufficient FIFOs to create channel group」というエラー メッセージが表示されます。 表16-1 に、FIFO 割り当て情報を示します。使用可能な FIFO バッファ数を確認するには、 show controller t3 コマンドを使用します。

Router# show controller t3 3/0/0
 
T3 3/0/0 is up.
Hardware is SPA-4XCT3/DS0
IO FPGA version: 2.6, HDLC Framer version: 0
T3/T1 Framer(1) version: 2, T3/T1 Framer(2) version: 2
SUBRATE FPGA version: 1.4
HDLC controller available FIFO buffers 3112
 

 

表16-1 FIFO 割り当て情報

タイムスロットの数
FIFO バッファ数

1-6 DS0

4

7-8 DS0

6

9 DS0

6

10-12 DS0

8

13-23 DS0

12

1-6 E1 TS

4

7-9 E1 TS

6

11-16 E1 TS

8

17-31 E1 TS

16

T1

12

E1

16

DS3

336

SPA の機能

次に、2 および 4 ポート T3/E3 SPA、8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA、1 ポート チャネライズド OC-3/STM-1 SPA、2 および 4 ポート CT3 SPA でサポートされる重要なソフトウェア機能の一部を示します。

カードごとに T1、E1、T3、または E3 フレーミングをソフトウェアで選択可能(ポートはすべて T1、E1、T3、または E3 に設定されます)。この機能は、2 および 4 ポート T3/E3 SPA と 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA に適用されます。

レイヤ 2 カプセル化のサポート

PPP(ポイントツーポイント プロトコル)

High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク コントロール)

フレーム リレー

内部またはネットワーク クロック(ポート単位で選択可能)

活性挿抜

Hot Standby Router Protocol(HSRP)

すべてのエラーについて 15 分ごとに 24 時間のアラーム レポート履歴を保持

16 および 32 ビットの Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長検査)のサポート(デフォルトは 16 ビット)

ローカルおよびリモート ループバック

ポート単位の Bit Error Rate Testing(BERT)パターンの生成および検出


) 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA では、BERT はサポートされません。


プログラマブル BERT パターンの拡張機能


) 2 および 4 ポート T3/E3 SPA または 8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA では、プログラマブル BERT パターンの拡張機能はサポートされません。


ダイナミック プロビジョニング -- その他のカスタマーに影響を与えることなく、チャネライズド インターフェイス内に新しいカスタマー回線を追加できます。

Field Programmable Device(FPD)のアップグレード

エンドツーエンドの FRF.12 フラグメンテーションのサポート

Link Fragmentation and Interleaving(LFI)のサポート

Compressed Real-Time Protocol(CRTP) -- 8-Port Channelized T1/E1 SPA、2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA のみ。CRTP の設定手順については、「CRTP の設定」を参照してください。

T1 機能

すべてのポートは DS0 に完全にチャネライズ化可能

チャネルごとに 56 kbps または 64 kbps の倍数のデータ レート

T1 ポートごとに最大 1.536 Mbps

T1 ポートごとに D4 スーパーフレーム(SF)および Extended Superframe(ESF; 拡張スーパー フレーム) のサポート

ANSI T1.403 および AT&T TR54016 CI FDL のサポート

内部クロッキング モードおよびレシーバー回復クロッキング モード

短距離および長距離 Channel Service Unit(CSU; チャネル サービス ユニット)のサポート

Binary eight-zero substitution(B8ZS)および Alternate Mark Inversion(AMI; 交互マーク反転)回線符号化方式


) 2 ポートおよび 4 ポート チャネライズド T3 SPA の TW には、B8ZS および AMI 回線符号化方式を設定できません。


同じ SPA 上(ハードウェア ベース)および異なる SPA 上(ソフトウェア ベース)で、フル T1 のための Multilink Point to Point Protocol(MLPPP)をサポート

MLFR のサポート

E1 機能

フレーミング モードの場合は E1 ポートごとに最大 1.984 Mbps、非フレーミング E1 モードの場合は最大 2.048 Mbps

すべてのポートは DS0 に完全にチャネライズ化可能

ITU G7.03、G.704、ETSI、および ETS300156 に準拠

内部クロッキング モードおよびレシーバー回復クロッキング モード

Hi-Density Bipolar with three zones(HD3B)および AMI 回線符号化方式

同じ SPA 上(ハードウェア ベース)および異なる SPA 上(ソフトウェア ベース)で、フル E1 のための MLPPP をサポート

MLPPP のサポート

E3 機能

E3 レートでの全二重接続(34.368 MHz)

ITU-T G.751 または G.832 フレーミングのサポート(ソフトウェアで選択可能)

HD3B ライン コーディング

E3 パルス マスクに準拠

回線ビルドアウト:最大 450 フィート(135 m)のタイプ 728 A または同等の同軸ケーブルに設定

ループバック モード:Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)、ローカル、デュアル、およびネットワーク

E3 アラーム/イベント検知(1 秒間に 1 回のポーリング)

- AIS

- Loss of Frame(LOF; フレーム損失)

- Remote Alarm Indication(RAI; リモート アラーム表示)

次に示す Data Service Unit(DSU; データ サービス ユニット)のサブレートおよびスクランブリング機能

- デジタル リンク

- ADC Kentrox

T3 機能

B3ZS ライン コーディング

ANSI T1.102-1993 の DS3 パルス マスクに準拠

DS3 Far-End Alarm And Control(FEAC)チャネルのサポート

DS3 レートでの全二重接続(44.736 MHz)

T3 ごとに 672 の DS0

ループバック モード:DTE、ローカル、リモート、デュアル、およびネットワーク

C ビットまたは M23 フレーミング(ソフトウェアで選択可能)

回線ビルドアウト:最大 450 フィート(135 m)のタイプ 734 A または同等の同軸ケーブルに設定

DS3 アラーム/イベント検知(1 秒間に 1 回のポーリング)

- AIS

- Out of Frame(OoF; フレーム同期外れ)

- Far-End Receive Failure(FERF; 遠端側受信障害)

C ビット フレーミングでの DS3 Maintenance Data Link(MDL)の生成および終端

フル FDL のサポートおよび FDL パフォーマンスのモニタ

次に示す DSU のサブレートおよびスクランブリング機能

- デジタル リンク

- ADC Kentrox

- Adtran

- Verilink

- Larscom


) 2 ポートまたは 4 ポートチャネライズド T3 SPA で、1 つの T3 ポートが DS3 クリア チャネル インターフェイスとして設定され、その他の T3 ポートに多数(400 以上)の低帯域幅チャネル(NxDS0、N=1、2、3、または 4)が設定されている場合、これらの低帯域幅チャネルがアイドルであるときに(パケットを送受信していない場合)、DS3 クリア チャネル インターフェイスは 100% の DS3 回線速度で動作できません。これらの低帯域幅チャネルがアイドルでない場合は、この問題が発生しません。


サポートされる MIB

Cisco 7600 シリーズ ルータにシリアル SPA が搭載されている場合、Cisco IOS Release 12.2S では次の MIB がサポートされます。

すべてのシリアル SPA

CISCO-ENTITY-ALARM-MIB

CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB

CISCO-ENVMON-MIB(NPE[ネットワーク処理エンジン]、NSE[ネットワーク サービス エンジン]、ラインカード、および SIP 専用)

CISCO-ENTITY-ASSET-MIB

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB

CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB

ENTITY-MIB

IF-MIB

RMON-MIB

MPLS-LDP-MIB

MPLS-LSR-MIB

MPLS-TE-MIB

MPLS-VPN-MIB

2 および 4 ポート T3/E3 SPA:

DS3/E3 MIB

8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA:

DS1/E1 MIB

2 または 4 ポート CT3 SPA

DS1-MIB

DS3-MIB

CISCO-FRAME-RELAY-MIB

IANAifType-MIB

RFC1381-MIB

Cisco 7600 シリーズ ルータの MIB サポートの詳細については、次の URL にある『 Cisco 7600 Series Internet Router MIB Specifications Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/core/cis7600/7600mibs/index.htm

選択されたプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに対応する MIB を検索し、ダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://tools.cisco.com/ITDIT/MIBS/servlet/index

必要な MIB 情報が Cisco MIB Locator でサポートされていない場合は、次の URL にある Cisco MIB ページからサポート対象 MIB のリストを入手して、MIB をダウンロードすることもできます。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

Cisco MIB Locator にアクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウント情報を忘れたか、紛失した場合は、cco-locksmith@cisco.com に空の E メールを送信してください。送信された E メール アドレスが Cisco.com に登録されているかどうか確認されます。チェックが成功すると、アカウントの詳細と新規のランダム パスワードが E メールで通知されます。承認されたユーザは次の URL の指示に従って、Cisco.com のアカウントを確立できます。

http://www.cisco.com/register

SPA ハードウェア タイプの表示

ご使用のCisco 7600 シリーズ ルータに搭載されている SPA ハードウェア タイプを確認するには、(インターフェイスが設定されたあとで) show diagbus コマンドまたは show interface コマンドを使用します。Cisco 7600 シリーズ ルータのその他のコマンドを使用して、SPA ハードウェア情報を表示することもできます。

表16-2 に、Cisco 7600 シリーズ ルータでサポートされている SPA のタイプごとに、 show コマンド出力に表示されるハードウェアの記述を示します。

 

表16-2 show コマンドで表示される SPA ハードウェアの記述

SPA
show interfaces および show controllers コマンドの記述

4 ポート T3/E3 SPA

“Hardware is SPA-4XT3/E3”

2 ポート T3/E3 SPA

“Hardware is SPA-2XT3/E3”

8 ポート チャネライズド T1/E1 SPA

“Hardware is SPA-T1E1”

2 ポート CT3 SPA

“Hardware is 2 ports CT3 SPA”

4 ポート CT3 SPA

“Hardware is 4 ports CT3 SPA”

show interface コマンドの例

次に、スロット 5 に 4 ポート T3/E3 SPA が搭載された Cisco 7600 シリーズ ルータに show interface serial 5/0/0 コマンドを実行した場合の出力例を示します。

Serial5/0/0 is up, line protocol is up
Hardware is SPA-4XT3/E3[3/0]
MTU 4470 bytes, BW 44210 Kbit, DLY 200 usec,
reliability 248/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Last input 00:00:06, output 00:00:07, output hang never
Last clearing of ''show interface'' counters 00:00:01
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts (0 IP multicast)
0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 parity
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 applique, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions
 

次に、スロット 6 に 8 ポートチャネライズド T1/E1 SPA が搭載された Cisco 7600 シリーズ ルータに show interface serial 6/0/1 コマンドを実行した場合の出力例を示します。

Serial6/0/1:0 is up, line protocol is up
Hardware is SPA-T1E1
MTU 1500 bytes, BW 1536 Kbit, DLY 20000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation PPP, crc 16, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
LCP Open, multilink Open
Last input 00:00:03, output 00:00:03, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 5d17h
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 3194905708
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
30 second input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 second output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
74223 packets input, 1187584 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts (0 IP multicast)
0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
74227 packets output, 1187751 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
4 carrier transitions no alarm present
Timeslot(s) Used:1-24, subrate: 64Kb/s, transmit delay is 0 flags

show controllers コマンドの例

次に、スロット 5 に 4 ポート T3/E3 SPA が搭載された Cisco 7600 シリーズ ルータに show controller serial コマンドを実行した場合の出力例を示します。

Router# show controllers serial 5/0/2
Serial5/0/2 -
Framing is c-bit, Clock Source is Line
Bandwidth limit is 44210, DSU mode 0, Cable length is 10
rx FEBE since last clear counter 0, since reset 0
Data in current interval (807 seconds elapsed):
0 Line Code Violations, 0 P-bit Coding Violation
0 C-bit Coding Violation
0 P-bit Err Secs, 0 P-bit Sev Err Secs
0 Sev Err Framing Secs, 306 Unavailable Secs
500 Line Errored Secs, 0 C-bit Errored Secs, 0 C-bit Sev Err Secs
Data in Interval 1:
0 Line Code Violations, 0 P-bit Coding Violation
0 C-bit Coding Violation
0 P-bit Err Secs, 0 P-bit Sev Err Secs
0 Sev Err Framing Secs, 0 Unavailable Secs
564 Line Errored Secs, 0 C-bit Errored Secs, 0 C-bit Sev Err Secs
Data in Interval 2:
0 Line Code Violations, 0 P-bit Coding Violation
0 C-bit Coding Violation
0 P-bit Err Secs, 0 P-bit Sev Err Secs
0 Sev Err Framing Secs, 0 Unavailable Secs
564 Line Errored Secs, 0 C-bit Errored Secs, 0 C-bit Sev Err Secs
 
(テキスト出力は省略)
 

次に、スロット 6 に 8 ポートチャネライズド T1/E1 SPA が搭載された Cisco 7600 シリーズ ルータに show controllers コマンドを実行した場合の出力例を示します。

Router# show controllers t1
T1 6/0/0 is up.
Applique type is Channelized T1
Cablelength is long gain36 0db
No alarms detected.
alarm-trigger is not set
Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Line.
Data in current interval (394 seconds elapsed):
0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
Total Data (last 24 hours)
0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations,
0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins,
0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
T1 6/0/1 is up.
Applique type is Channelized T1
Cablelength is long gain36 0db
No alarms detected.
alarm-trigger is not set
Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Line.
Data in current interval (395 seconds elapsed):
0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
Total Data (last 24 hours)
0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations,
0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins,
0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs
 

次に、スロット 3 に 4 ポート CT3 SPA が搭載された Cisco 7600 シリーズ ルータに対する show controllers コマンドの出力例を示します。

Router# show controllers t3
T3 3/1/2 is up. Hardware is 4 ports CT3 SPA
ATLAS FPGA version: 0, FREEDM336 version: 0
TEMUX84(1) version: 0, TEMUX84(1) version: 0
SUBRATE FPGA version: 0
Applique type is Channelized T3
No alarms detected.
Framing is M23, Line Code is B3ZS, Clock Source is Internal
Equipment customer loopback
Data in current interval (146 seconds elapsed):
0 Line Code Violations, 0 P-bit Coding Violation
0 C-bit Coding Violation, 0 P-bit Err Secs
0 P-bit Severely Err Secs, 0 Severely Err Framing Secs
0 Unavailable Secs, 0 Line Errored Secs
0 C-bit Errored Secs, 0 C-bit Severely Errored Secs
0 Severely Errored Line Secs
0 Far-End Errored Secs, 0 Far-End Severely Errored Secs
0 CP-bit Far-end Unavailable Secs
0 Near-end path failures, 0 Far-end path failures
0 Far-end code violations, 0 FERF Defect Secs
0 AIS Defect Secs, 0 LOS Defect Secs
 
T1 1 is up
timeslots: 1-24
FDL per AT&T 54016 spec.
No alarms detected.
Framing is ESF, Clock Source is Internal
Data in current interval (104 seconds elapsed):
0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs
0 Unavail Secs, 0 Stuffed Secs
0 Near-end path failures, 0 Far-end path failures, 0 SEF/AIS Secs
Total Data (last 2 15 minute intervals):
0 Line Code Violations,0 Path Code Violations,
0 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins,
0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs
0 Unavail Secs, 0 Stuffed Secs
0 Near-end path failures, 0 Far-end path failures, 0 SEF/AIS Secs