Cisco 7600 シリーズ ルータ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 12.2SX
STPおよびIEEE 802.1s MSTの設定
STPおよびIEEE 802.1s MSTの設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

STPおよびIEEE 802.1s MSTの設定

STPの機能概要

STPの概要

ブリッジIDの概要

ブリッジ プライオリティ値

拡張システムID

STP MACアドレスの割り当て

BPDUの概要

ルート ブリッジの選定

STPプロトコル タイマー

スパニングツリー トポロジーの作成

STPポート ステート

STPポート ステートの概要

ブロッキング ステート

リスニング ステート

ラーニング ステート

フォワーディング ステート

ディセーブル ステート

STPおよびIEEE 802.1Qトランク

IEEE 802.1w RSTPの機能概要

IEEE 802.1w RSTPの概要

RSTPのポートの役割

RSTPポート ステート

Rapid PVST

IEEE 802.1s MSTの機能概要

IEEE 802.1s MSTの概要

MST/PVST間のインターオペラビリティ

CST

MSTI

MSTコンフィギュレーション パラメータ

MST領域

MST領域の概要

境界ポート

ISTマスター

エッジ ポート

リンク タイプ

メッセージ エージおよびホップ カウント

STPのデフォルト設定

STPとMSTの設定時の注意事項および制約事項

STPの設定

STPのイネーブル化

拡張システムIDのイネーブル化

ルート ブリッジの設定

セカンダリ ルート ブリッジの設定

STPポート プライオリティの設定

STPポート コストの設定

VLANのブリッジ プライオリティの設定

helloタイムの設定

VLANの転送遅延時間の設定

VLANの最大エージング タイムの設定

Rapid PVSTのイネーブル化

リンク タイプの指定

プロトコル移行の再起動

IEEE 802.1s MSTの設定

MSTのイネーブル化

MSTの設定の表示

MSTIパラメータの設定

MSTインスタンス ポートのパラメータの設定

プロトコル移行の再起動

STPおよびIEEE 802.1s MSTの設定

この章では、Cisco 7600シリーズ ルータにSpanning- Tree Protocol(STP;スパニングツリー プロトコル)およびIEEE 802.1s Multiple Spanning- Tree(MST)プロトコルを設定する手順について説明します。


) この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、『Cisco 7600 Series Router Cisco IOS Command Reference』を参照してください。


この章の構成は次のとおりです。

「STPの機能概要」

「IEEE 802.1w RSTPの機能概要」

「IEEE 802.1s MSTの機能概要」

「STPのデフォルト設定」

「STPとMSTの設定時の注意事項および制約事項」

「STPの設定」

「IEEE 802.1s MSTの設定」


) PortFast、UplinkFast、およびBackboneFast STP拡張機能の設定手順については、「オプションのSTP機能の設定」を参照してください。


STPの機能概要

ここでは、STPの機能について説明します。

「STPの概要」

「ブリッジIDの概要」

「BPDUの概要」

「ルート ブリッジの選定」

「STPプロトコル タイマー」

「スパニングツリー トポロジーの作成」

「STPポート ステート」

「STPおよびIEEE 802.1Qトランク」

STPの概要

STPは、ネットワークの不要なループを排除しながらパスの冗長性を提供する、レイヤ2リンク管理プロトコルです。レイヤ2イーサネット ネットワークが正常に動作するには、2つのステーション間で存在できるアクティブ パスは1つだけです。STPの動作は透過的なので、エンド ステーションが単一のLANセグメントに接続されているのか、それとも複数セグメントからなるスイッチドLANに接続されているのかを、エンド ステーションが検知することはできません。

Cisco 7600シリーズ ルータは、すべてのVLAN(仮想LAN)でSTP(IEEE 802.1Dブリッジ プロトコル)を使用します。デフォルトでは、(STPを手動でディセーブルにしないかぎり)設定されているVLANごとに1つのSTPインスタンスが動作します。STPは、VLAN単位でイネーブルおよびディセーブルにすることができます。

フォールトトレラントなインターネットワークを作成する場合、ネットワーク上のすべてのノード間にループフリー パスを形成する必要があります。STPアルゴリズムは、スイッチド レイヤ2ネットワーク上で最良のループフリー パスを算出します。レイヤ2 LANポートは定期的にSTPフレームを送受信します。ネットワーク装置はこれらのフレームを転送しないで、フレームを使用してループフリー パスを構築します。

エンド ステーション間に複数のアクティブ パスがあると、ネットワーク内でループが発生する原因になります。ネットワークにループが存在する場合、エンド ステーションが重複したメッセージを受信したり、ネットワーク装置が複数のレイヤ2 LANポート上のエンド ステーションMAC(メディア アクセス制御)アドレスを学習したりする可能性があります。このような状況が、不安定なネットワーク環境につながります。

STPは、ルート ブリッジおよびそのルートからレイヤ2ネットワーク上のすべてのネットワーク装置へのループフリー パスを備えたツリーを定義します。STPは冗長データ パスを強制的にスタンバイ(ブロック)ステートにします。スパニングツリーの1つのネットワーク セグメントで障害が発生し、冗長パスが存在する場合、STPアルゴリズムはスパニングツリー トポロジーを再計算し、スタンバイ パスをアクティブにします。

ネットワーク装置上の2つのレイヤ2 LANポートがループの一部になっている場合、どちらのポートがフォワーディング ステートになり、どちらのポートがブロッキング ステートになるかは、STPポート プライオリティおよびポート パス コストの設定によって決まります。STPポート プライオリティ値は、ネットワーク トポロジーにおけるポートの位置を表すとともに、ポートがトラフィックを渡すのに適した位置にあるかどうかを表します。STPポート パス コスト値は、メディア速度を表します。

ブリッジIDの概要

各ネットワーク装置上の各VLANには、一意の64ビットブリッジIDが設定されています。ブリッジIDはブリッジ プライオリティ値、拡張システムID、およびSTP MACアドレス割り当てで構成されています。

ここでは、次の内容について説明します。

「ブリッジ プライオリティ値」

「拡張システムID」

「STP MACアドレスの割り当て」

ブリッジ プライオリティ値

拡張システムIDがイネーブルの場合、ブリッジ プライオリティは4ビット値です(拡張システムIDがイネーブルの場合のブリッジ プライオリティ値および拡張システムIDおよびVLANのブリッジ プライオリティの設定を参照)。

拡張システムID

12ビット拡張システムIDフィールドは、ブリッジIDの一部です(拡張システムIDがイネーブルの場合のブリッジ プライオリティ値および拡張システムIDを参照)。64個のMACアドレスのみをサポートするシャーシは、常に12ビット拡張システムIDを使用します。1024個のMACアドレスをサポートするシャーシでは、拡張システムIDの使用をイネーブルにできます。STPは拡張システムIDとしてVLAN IDを使用します。「拡張システムIDのイネーブル化」を参照してください。

 

表 18-1 拡張システムIDがディセーブルの場合のブリッジ プライオリティ値

ブリッジ プライオリティ値
ビット16
ビット15
ビット14
ビット13
ビット12
ビット11
ビット10
ビット9
ビット8
ビット7
ビット6
ビット5
ビット4
ビット3
ビット2
ビット1

32768

16384

8192

4096

2048

1024

512

256

128

64

32

16

8

4

2

1

 

表 18-2 拡張システムIDがイネーブルの場合のブリッジ プライオリティ値および拡張システムID

ブリッジ プライオリティ値
拡張システムID(VLAN IDと同設定)
ビット16
ビット15
ビット14
ビット13
ビット12
ビット11
ビット10
ビット9
ビット8
ビット7
ビット6
ビット5
ビット4
ビット3
ビット2
ビット1

32768

16384

8192

4096

2048

1024

512

256

128

64

32

16

8

4

2

1

STP MACアドレスの割り当て

Cisco 7600シリーズ ルータ シャーシには、STPのようなソフトウェア機能をサポートするために使用可能な64個または1024個のMACアドレスがあります。シャーシのMACアドレスの範囲を表示するには、 show catalyst6000 chassis-mac-address コマンドを入力します。

64個のMACアドレスを持つシャーシの場合、STPは拡張システムIDとMACアドレスを使用して、VLANごとに一意のブリッジIDを作成します。

旧リリースは、1024個のMACアドレスを持つシャーシをサポートします。旧リリースでは、STPはVLANごとに1つのMACアドレスを使用して、VLANごとに一意のブリッジIDを作成します。

MACアドレス リダクションがイネーブルになっているネットワークにネットワーク装置がある場合、望ましくないルート ブリッジ選択やスパニングツリー トポロジー問題を回避するために、レイヤ2で接続されているその他すべてのネットワーク装置でも、MACアドレス リダクションをイネーブルにする必要があります。

MACアドレス リダクションをイネーブルにすると、ルート ブリッジ プライオリティは、4096+VLAN IDの倍数となります。MACアドレス リダクションがイネーブルの場合、ルータのブリッジID(スパニングツリー アルゴリズムで、ルート ブリッジのアイデンティティを判別するのに使用され、最小のものが優先される)に指定できるのは、4096の倍数のみです。0、4096、8192、12288、16384、20480、24576、28672、32768、36864、40960、45056、49152、53248、57344、および61440

同じスパニングツリー ドメイン内の別のブリッジがMACアドレス リダクション機能を実行しない場合、ブリッジIDの選択がより細かい粒度のために、そのブリッジがルート ブリッジの所有権を取得する可能性があります。

BPDUの概要

Bridge Protocol Data Unit(BPDU;ブリッジ プロトコル データ ユニット)はルート ブリッジから一方向に送信されます。各ネットワーク装置はコンフィギュレーションBPDUを送信して、スパニングツリー トポロジーを伝達および計算します。各コンフィギュレーションBPDUに含まれる最小限の情報は、次のとおりです。

送信側ネットワーク装置がルート ブリッジとみなしているネットワーク装置の固有のブリッジID

ルートまでのSTPパス コスト

送信側ブリッジのブリッジID

メッセージ エージ

送信側ポートのID

helloタイマー、転送遅延タイマー、およびmax-ageプロトコル タイマーの値

ネットワーク装置がBPDUフレームを伝送すると、そのフレームが伝送されるLANに接続されたすべてのネットワーク装置がBPDUを受信します。ネットワーク装置がBPDUを受信すると、スイッチはそのフレームを転送するのではなく、フレームに含まれる情報を使用してBPDUを計算し、トポロジーに変更があれば、BPDUの送信を開始します。

BPDU交換によって次の処理が行われます。

1台のネットワーク装置がルート ブリッジとして選定されます。

パス コストに基づいて、各ネットワーク装置のルート ブリッジまでの最短距離が計算されます。

LANセグメントごとに指定ブリッジが選択されます。これはルート ブリッジにもっとも近いネットワーク装置であり、このネットワーク装置を経由してルートにフレームが転送されます。

ルート ポートが選択されます。これはブリッジからルート ブリッジまでの最適パスを提供するポートです。

スパニングツリーに含まれるポートが選択されます。

ルート ブリッジの選定

VLANごとに、最高のブリッジID(数値的に最小のID値)を持つネットワーク装置がルート ブリッジとして選定されます。すべてのネットワーク装置がデフォルト プライオリティ(32768)に設定されている場合は、VLAN内で最小のMACアドレスを持つネットワーク装置がルート ブリッジになります。ブリッジ プライオリティ値はブリッジIDの最上位ビットを占めます。

ブリッジ プライオリティ値を変更すると、ルータがルート ブリッジとして選定される確率が変わります。大きな値を設定するとその確率が高くなり、小さな値を設定すると低くなります。

STPルート ブリッジは、レイヤ2ネットワークにおけるスパニングツリー トポロジーの論理上の中心です。レイヤ2ネットワーク内のどの場所からでも、ルート ブリッジに到達するために必要でないパスは、すべてSTPブロッキング モードになります。

BPDUには、送信側ブリッジおよびそのポートについて、ブリッジおよびMACアドレス、ブリッジ プライオリティ、ポート プライオリティ、パス コストなどの情報が含まれます。STPはこの情報を使用してレイヤ2ネットワークのルート ブリッジを選定し、ルート ブリッジへのルート ポートを選定し、各レイヤ2セグメントのDesignated Port(DP;指定ポート)を判別します。

STPプロトコル タイマー

表 18-3 に、STPのパフォーマンスに影響するSTPプロトコル タイマーを示します。

 

表 18-3 STPプロトコル タイマー

タイマー
摘要

helloタイマー

ネットワーク装置から他のネットワーク装置へhelloメッセージをブロードキャストする間隔を決定します。

転送遅延タイマー

ポートが転送を開始するまでの、リスニング ステートおよびラーニング ステートが継続する時間を決定します。

最大エージング タイマー

ポートで受信したプロトコル情報がネットワーク装置によって保管される時間を決定します。

スパニングツリー トポロジーの作成

図 18-1では、スイッチAがルート ブリッジに選定されます。これは、すべてのネットワーク装置でブリッジ プライオリティがデフォルト(32768)に設定されており、スイッチAのMACアドレスが最小であるためです。ただし、トラフィック パターン、転送ポートの数、またはリンク タイプによっては、スイッチAが最適なルート ブリッジであるとは限りません。最適なネットワーク装置がルート ブリッジになるように、装置のプライオリティを上げる(数値を下げる)ことで、ルートとして最適なネットワーク装置を使用する、新しいSTPトポロジーを強制的に再計算させることができます。

図 18-1 スパニングツリー トポロジー

 

スパニングツリー トポロジーをデフォルトのパラメータに基づいて計算すると、スイッチド ネットワーク上の送信元から宛先エンド ステーションまでのパスが最適にならない可能性があります。たとえば、現在のルート ポートよりも数値の大きいポートに高速リンクを接続すると、ルート ポートが変更される場合があります。最高速のリンクをルート ポートにすることが重要です。

たとえば、スイッチBの1つのポートが光ファイバ リンクであり、同じスイッチの別のポート
(Unshielded Twisted-pair[UTP;シールドなしツイストペア]リンク)がルート ポートになっていると仮定します。ネットワーク トラフィックを高速の光ファイバ リンクに流した方が効率的です。光ファイバ ポートのSTPポート プライオリティをルート ポートよりも上げると(数値を下げる)、光ファイバ ポートが新しいルート ポートになります。

STPポート ステートの概要

プロトコル情報がスイッチドLANを通過するとき、伝播遅延が生じることがあります。その結果、スイッチド ネットワークのさまざまな時点および場所でトポロジーの変化が発生します。レイヤ2 LANポートがスパニングツリー トポロジーに含まれていない状態からフォワーディング ステートに直接移行すると、一時的にデータ ループが形成される可能性があります。ポートは新しいトポロジー情報がスイッチドLAN経由で伝播されるまで待機し、それからフレーム転送を開始する必要があります。さらに、古いトポロジーで転送されたフレームの存続時間を満了させることも必要です。

STPを使用するCisco 7600シリーズ ルータ上の各レイヤ2 LANポートは、次の5種類のステートのいずれかになります。

ブロッキング ― レイヤ2 LANポートがフレーム転送に参加していない状態です。

リスニング ― レイヤ2 LANポートがフレーム転送に参加すべきであるとSTPが判断した場合に、ブロッキング ステートのあとで最初に開始する移行ステートです。

ラーニング ― レイヤ2 LANポートがフレーム転送に参加する準備をしている状態です。

フォワーディング ― レイヤ2ポートはフレームを転送します。

ディセーブル ― レイヤ2 LANポートがSTPに参加せず、フレームを転送していない状態です。

レイヤ2 LANポートは、次のように5種類のステートを移行します。

初期化からブロッキング

ブロッキングからリスニングまたはディセーブル

リスニングからラーニングまたはディセーブル

ラーニングからフォワーディングまたはディセーブル

フォワーディングからディセーブル

図 18-2図 18-2に、レイヤ2 LANポートがどのように5種類のステートを移行するかを示します。

図 18-2 レイヤ2 LANインターフェイス ステート

 

STPをイネーブルにすると、Cisco 7600シリーズ ルータ、VLAN、およびネットワーク上の全てのポートは、電源投入時に必ずブロッキング ステートを経て、それからリスニングおよびラーニングという移行ステートに進みます。設定が適切であれば、各レイヤ2 LANポートはフォワーディング ステートまたはブロッキング ステートで安定します。

STPアルゴリズムによってレイヤ2 LANポートがフォワーディング ステートになると、次の処理が行われます。

1. レイヤ2 LANポートがリスニング ステートになり、ブロッキング ステートに移行するように指示するプロトコル情報を待ちます。

2. レイヤ2 LANポートが転送遅延タイマーの満了を待ち、その時点でラーニング ステートになり、転送遅延タイマーをリセットします。

3. ラーニング ステートで、レイヤ2 LANポートはフレーム転送を引き続きブロックしながら、転送データベースのエンド ステーションのロケーション情報を学習します。

4. レイヤ2 LANポートは、転送遅延タイマーの終了とともにフォワーディング ステートになり、学習およびフレーム転送が両方ともイネーブルになります。

ブロッキング ステート

ブロッキング ステートのレイヤ2 LANポートは、フレーム転送に参加しません(図 18-3を参照)。初期化後、各レイヤ2 LANポートにBPDUが送信されます。ネットワーク装置は、他のネットワーク装置とBPDUを交換するまでは、そのネットワーク装置をルートとみなします。このBPDU交換により、ネットワーク上のどのネットワーク装置がルートまたはルート ブリッジであるかが確定します。ネットワークにネットワーク装置が1台しか存在しない場合は、BPDU交換は行われず、転送遅延タイマーが終了し、ポートはリスニング ステートに移行します。初期化後、ポートは必ずブロッキング ステートになります。

図 18-3 ブロッキング ステートのインターフェイス2

 

ブロッキング ステートのレイヤ2 LANポートの動作は、次のとおりです。

接続セグメントから受信したフレームを廃棄します。

転送用に他のポートからスイッチングされたフレームを廃棄します。

アドレス データベースに、エンド ステーションのロケーション情報は組み込みません(ブロッキング状態のレイヤ2 LANポートに関する学習は行われないため、アドレス データベースは更新されません)。

BPDUを受信し、それをシステム モジュールに転送します。

システム モジュールから受信したBPDUを送信しません。

ネットワーク管理メッセージを受信して応答します。

リスニング ステート

リスニング ステートは、レイヤ2 LANポートがブロッキング ステートを経て最初に開始する移行ステートです。レイヤ2 LANポートがフレーム転送に参加すべきであるとSTPが判断した場合に、レイヤ2 LANポートはこのステートを開始します。図 18-4に、リスニング ステートのレイヤ2 LANポートを示します。

図 18-4 リスニング ステートのインターフェイス2

 

リスニング ステートのレイヤ2 LANポートの動作は、次のとおりです。

接続セグメントから受信したフレームを廃棄します。

転送用に他のLANポートからスイッチングされたフレームを廃棄します。

アドレス データベースに、エンド ステーションのロケーション情報は組み込みません(この時点で学習は行われないため、アドレス データベースは更新されません)。

BPDUを受信し、それをシステム モジュールに転送します。

システム モジュールから送られたBPDUを受信し、処理して送信します。

ネットワーク管理メッセージを受信して応答します。

ラーニング ステート

ラーニング ステートのレイヤ2 LANポートは、フレーム転送に参加するための準備を行います。レイヤ2 LANポートは、リスニング ステートからラーニング ステートを開始します。図 18-5に、ラーニング ステートのレイヤ2 LANポートを示します。

図 18-5 ラーニング ステートのインターフェイス2

 

ラーニング ステートのレイヤ2 LANポートの動作は、次のとおりです。

接続セグメントから受信したフレームを廃棄します。

転送用に他のポートからスイッチングされたフレームを廃棄します。

エンド ステーションのロケーション情報をアドレス データベースに組み込みます。

BPDUを受信し、それをシステム モジュールに転送します。

システム モジュールから送られたBPDUを受信し、処理して送信します。

ネットワーク管理メッセージを受信して応答します。

フォワーディング ステート

フォワーディング ステートのレイヤ2 LANポートは、フレームを転送します(図 18-6を参照)。レイヤ2 LANポートは、ラーニング ステートからフォワーディング ステートを開始します。

図 18-6 フォワーディング ステートのインターフェイス2

 

フォワーディング ステートのレイヤ2 LANポートの動作は、次のとおりです。

接続セグメントから受信したフレームを転送します。

転送用に他のポートからスイッチングされたフレームを転送します。

エンド ステーションのロケーション情報をアドレス データベースに組み込みます。

BPDUを受信し、それをシステム モジュールに転送します。

システム モジュールから受信したBPDUを処理します。

ネットワーク管理メッセージを受信して応答します。

ディセーブル ステート

ディセーブル ステートのレイヤ2 LANポートは、フレーム転送またはSTPに参加しません(図 18-7を参照)。ディセーブル ステートのレイヤ2 LANポートは事実上、動作することはありません。

図 18-7 ディセーブル ステートのインターフェイス2

 

ディセーブル ステートのレイヤ2 LANポートの動作は、次のとおりです。

接続セグメントから受信したフレームを廃棄します。

転送用に他のポートからスイッチングされたフレームを廃棄します。

アドレス データベースに、エンド ステーションのロケーション情報は組み込みません(学習は行われないため、アドレス データベースは更新されません)。

BPDUを受信しません。

システム モジュールから送信用のBPDUを受信しません。

STPおよびIEEE 802.1Qトランク

802.1Qトランクによって、ネットワークのSTPの構築方法に、いくつかの制約が課されます。802.1Qトランクを使用して接続しているシスコのネットワーク装置では、トランク上で許容されるVLANごとに1つのSTPインスタンスが維持されます。しかし、他社製の802.1Qネットワーク装置では、トランク上で許容されるすべてのVLANに対して1つのSTPインスタンスしか維持されません。

802.1Qトランクを使用してシスコのネットワーク装置を他社製のネットワーク装置に接続する場合、シスコのネットワーク装置は、トランクの802.1Q VLANのSTPインスタンスを、他社製の802.1Qネットワーク装置のインスタンスと統合します。ただし、VLAN別のSTP情報はすべて、他社製の802.1Qネットワーク装置のクラウドと切り離されて、シスコのネットワーク装置によって維持されます。シスコのネットワーク装置を隔てている他社製の802.1Q装置のクラウドは、ネットワーク装置間の単一トランク リンクとして処理されます。

802.1Qトランクの詳細については、「レイヤ2スイッチング用LANポートの設定」を参照してください。

IEEE 802.1w RSTPの機能概要


) RSTPはRapid per VLAN Spanning- Tree(Rapid PVST)モードのスタンドアロンのプロトコルとして利用できます。このモードでは、通常のPVST+のアプローチに続いて、ルータがVLANごとにRSTPインスタンスを実行します。


ここでは、Rapid Spanning- Tree Protocol(RSTP)について説明します。

「IEEE 802.1w RSTPの概要」

「RSTPのポートの役割」

「RSTPポート ステート」

「Rapid PVST」

IEEE 802.1w RSTPの概要

RSTPを使用すると、物理トポロジーまたはその設定パラメータが変更された場合に、ネットワークのアクティブなトポロジーの再構成に要する時間を大幅に短縮できます。RSTPは、スパニングツリーに接続されたアクティブ トポロジーのルートとしてルータを1つ選択し、ルータの個々のポートに、そのポートがアクティブ トポロジーに含まれるかどうかに応じて、ポートの役割を割り当てます。

RSTPはルータ、ルータポート、またはLANの障害発生後、短時間で接続できるようにします。新しいルート ポートとブリッジの反対側のDPの間の明示的なハンドシェイクを利用して、これらのポートがフォワーディング ステートに移行します。RSTPを使用すると、ルータの再初期化時にポートが直接フォワーディング ステートに移行できるように、ルータポートを設定できます。

802.1wで指定されたRSTPは、802.1Dで指定されたSTPよりも優先しますが、STPとの互換性は維持されます。

RSTPには、次のように802.1Dブリッジとの下位互換性があります。

RSTPは802.1Dで設定されたBPDU、およびTopology Change Notification(TCN;トポロジー変更通知)BPDUをポート単位で選択して送信します。

ポートを初期化すると、移行遅延タイマーが開始され、RSTP BPDUが送信されます。移行遅延タイマーがアクティブの間、ブリッジは目的のポートで受信されたすべてのBPDUを処理します。

ポートの移行遅延タイマーの期限が切れたあとに、ブリッジが802.1D BPDUを受信した場合、ブリッジは802.1Dブリッジに接続されたと認識し、802.1D BPDUのみの使用を開始します。

移行遅延タイマーの期限が切れたあとに、RSTPがポート上で802.1D BPDUを使用してRSTP BPDU を受信した場合、RSTPは移行遅延タイマーを再起動し、そのポート上でRSTP BPDUの使用を開始します。

RSTPのポートの役割

RSTPでは、ポートの役割は次のように定義されています。

ルート ― スパニングツリー トポロジーに対して選定された転送ポート

指定 ― 各スイッチドLANセグメントに対して選定された転送ポート

代替 ― 現在のルート ポートが提供するルート ブリッジへの代替パス

バックアップ ― DPが提供するパスのバックアップ(スパニングツリーのリーフ方向)。バックアップ ポートは、2つのポートがループバック内でポイントツーポイント リンクまたはブリッジによって接続され、共有LANセグメントとの複数の接続がある場合のみ、存在できます。

ディセーブル ― スパニングツリーの動作中の役割が指定されていないポート

ポートの役割は次のように割り当てられます。

ルート ポートまたはDPは、アクティブ トポロジーにポートを追加します。

代替ポートまたはバックアップ ポートは、アクティブ トポロジーからポートを除外します。

RSTPポート ステート

ポート ステートはフォワーディングおよびラーニング プロセスを制御し、廃棄、学習、およびフォワーディングの値を提供します。 表 18-4 に、STPポート ステートとRSTPポート ステートの比較を示します。

 

表 18-4 STPとRSTPのポート ステートの比較

動作ステータス
STPポート ステート
RSTPポート ステート
アクティブ トポロジーに含まれるポート

イネーブル

ブロッキング1

廃棄2

含まれない

イネーブル

リスニング

廃棄

含まれない

イネーブル

ラーニング

ラーニング

含まれる

イネーブル

フォワーディング

フォワーディング

含まれる

ディセーブル

ディセーブル

廃棄

含まれない

1.IEEE 802.1Dのポート ステート指定。

2.IEEE 802.1wのポート ステート指定。RSTPとMST内では廃棄はブロッキングと同じです。

安定したトポロジーでは、RSTPにより各ルート ポートおよびDPは必ずフォワーディングに移行し、すべての代替ポートおよびバックアップ ポートは必ず廃棄ステートになります。

Rapid PVST

Rapid PVSTは既存のPVST+用の設定を使用します。しかしながら、Rapid PVSTはRSTPを使用してより速いコンバージェンスを提供します。独立VLANは、独自のRSTPインスタンスを実行します。

ダイナミック エントリは、トポロジー変更を受信すると、ポート単位ですぐに消去されます。

UplinkFastおよびBackboneFastコンフィグレーションはRapid PVSTモードでは無視され、両機能はRSTPに含まれます。

IEEE 802.1s MSTの機能概要

ここでは、MSTについて説明します。

「IEEE 802.1s MSTの概要」

「MST/PVST間のインターオペラビリティ」

「CST」

「MSTI」

「MSTコンフィギュレーション パラメータ」

「MST領域」

「メッセージ エージおよびホップ カウント」

「STPのデフォルト設定」

IEEE 802.1s MSTの概要

このリリースのMSTは、IEEE規格のドラフト バージョンに基づいています。MSTの802.1sは、802.1Qを改正したものです。MSTは、IEEE 802.1w Rapid Spanning- Tree(RST)アルゴリズムを複数のスパニングツリーに拡張します。この拡張により、VLAN環境で高速コンバージェンスおよびロードバランスを実行できます。MSTのコンバージェンスは、PVST+よりも高速です。MSTは802.1D STP、802.1w(RSTP)、およびCisco PVST+アーキテクチャと下位互換性があります。

MSTを使用すると、トランク上に複数のスパニングツリーを作成できます。VLANをグループ化して、スパニングツリー インスタンスに関連付けることができます。インスタンスごとに、他のスパニングツリー インスタンスから独立しているトポロジーを設定できます。この新しいアーキテクチャはデータ トラフィック用の複数の転送パスを提供し、ロードバランスをイネーブルにします。1つのインスタンス(転送パス)で障害が発生しても他のインスタンス(転送パス)には影響しないため、ネットワークのフォールトトレランスが改善されます。

大規模ネットワークでは、ネットワークパスごとに異なるVLANおよびスパニングツリー インスタンスの割り当てを特定することにより、ネットワークの管理が容易になり、冗長パスを使用することができます。スパニングツリー インスタンスが存在できるのは、互換性のあるVLANインスタンスが割り当てられているブリッジ上のみです。同じMSTコンフィギュレーション情報によって、一連のブリッジを設定する必要があります。このようにすると、ブリッジを特定のスパニングツリー インスタンス セットに参加させることができます。同じMSTコンフィギュレーションを持つ相互接続されたブリッジは、 MST領域 といいます。

MSTは、MSTPという名前のRSTPの改訂バージョンを使用します。MST機能には次の特性があります。

MSTはInternal Spanning Tree(IST)という名前のスパニングツリーのバリエーションを実行します。ISTは、Common Spanning Tree(CST)情報にMST領域に関する内部情報を追加します。MST領域は、隣接するSingle Spanning Tree(SST)およびMST領域への単一のブリッジとして認識されます。

MSTが稼働しているブリッジは、次のように単一のスパニングツリー ブリッジとのインターオペラビリティを提供します。

MSTブリッジはISTを実行し、ISTはCST情報にMST領域に関する内部情報を追加します。

ISTは領域内のすべてのMSTブリッジを接続し、ブリッジ ドメイン全体を含むCST内のサブツリーとして認識されます。MST領域は、隣接するSSTブリッジおよびMST領域への仮想ブリッジとして認識されます。

Common and Internal Spanning Tree(CIST)は各MST領域内のIST、MST領域を相互接続するCST、およびSSTブリッジの集まりです。CISTはMST領域内ではISTと同じであり、MST領域外ではCSTと同じです。STP、RSTP、およびMSTPはともに、CISTのルートとしてブリッジを1つ選定します。

MSTは各MST領域内に追加スパニングツリーを確立し、維持します。これらのスパニングツリーはMST Instance(MSTI)といいます。ISTの番号は0で、MSTIの番号は1、2、3のようになります。MST領域が相互接続されている場合でも、すべてのMSTIは、別の領域内のMSTIから独立しているMST領域に対してローカルです。次のように、MSTインスタンスはMST領域の境界でISTと結合されてCSTになります。

MSTIのスパニングツリー情報は、MSTPレコード(Mレコード)に格納されます。

Mレコードは常にMST BPDU(MST BPDU)内でカプセル化されます。MSTPで計算された元のスパニングツリーは、Mツリーといいます。MツリーはMST領域内でのみアクティブです。MツリーはMST領域の境界でISTと結合され、CSTを形成します。

MSTはCST以外のVLAN用のPVST+ BPDUを生成して、PVST+とのインターオペラビリティを提供します。

MSTは、次のようなMSTP内のPVST+拡張機能を一部サポートします。

UplinkFastおよびBackboneFastはMSTモードでは使用できません。これらはRSTPの一部です。

PortFastはサポートされています。

BPDUフィルタリングおよびBPDUガードは、MSTモードではサポートされません。

ループ ガードおよびルート ガードはMSTでサポートされています。MSTはVLAN 1でディセーブル化された機能を維持します。ただし、例外的に、BPDUはVLAN 1内で送信されます。

MACリダクションがイネーブルであるかのように、MSTスイッチは動作します。

Private VLAN(PVLAN)の場合、セカンダリVLANをプライマリと同じインスタンスにマッピングする必要があります。

MST/PVST間のインターオペラビリティ

仮想ブリッジ接続されたLANには、SSTおよびMSTブリッジの相互接続された領域が含まれる場合があります。図 18-8にこの関係を示します。

図 18-8 相互接続されたSSTおよびMST領域を含むネットワーク

 

MST領域は、SST領域内で稼働するSTPに対して、単一のSSTまたは疑似ブリッジとして表れます。疑似ブリッジは次のように動作します。

ルートIDおよびルート パス コストと同じ値が、すべての疑似ブリッジ ポートのすべてのBPDU内で送信されます。疑似ブリッジと単一のSSTブリッジは、次の点で異なります。

疑似ブリッジBPDUには複数のブリッジIDがあります。近接するSST領域内では、この違いがSTP動作に影響することはありません。ルートIDおよびルート コストが同じであるためです。

疑似ブリッジ ポートから送信されたBPDUによっては、メッセージ エージが大幅に異なる場合があります。メッセージ エージは各ホップで1秒増加するため、メッセージ エージの差異は秒単位です。

疑似ブリッジの特定のポート(領域のエッジのポート)から別のポートへのデータ トラフィックは、疑似ブリッジまたはMST領域内に完全に含まれるパスを通ります。

異なるVLANに属するデータ トラフィックは、MSTによって確立されたMST領域内の異なるパスを経由することがあります。

ループ防止は次のいずれかの方法で実現します。

境界上の1つのフォワーディング ポートを許可し、その他のすべてのポートをブロックして、適切な疑似ブリッジ ポートをブロックします。

SST領域のポートをブロックするようにCSTパーティションを設定します。

疑似ブリッジのポートから送信されるBPDUには異なるブリッジIDが設定されているため、疑似ブリッジは単一のSSTブリッジと異なります。ルートIDおよびルート コストは両方のブリッジで同じです。

次に示す注意事項は、PVST+スイッチと相互作用するようにMSTスイッチ(すべてが同じ領域内にある)が設定されたトポロジーに適用されます。

MST領域内のすべてのVLANのルートを、この例のように設定します。

Router# show spanning-tree mst interface gigabitethernet 1/1
 
GigabitEthernet1/1 of MST00 is root forwarding
Edge port: no (trunk) port guard : none (default)
Link type: point-to-point (auto) bpdu filter: disable (default)
Boundary : boundary (PVST) bpdu guard : disable (default)
Bpdus sent 10, received 310
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
0 Root FWD 20000 128.1 1-2,4-2999,4000-4094
3 Boun FWD 20000 128.1 3,3000-3999
 

MST ルータに属す境界ポートは、PVST+をシミュレートし、すべてのVLANにPVST+ BPDUを送信します。

PVST+スイッチ上でループ ガードをイネーブルにした場合に、MSTスイッチの設定が変更されると、ポートがループに一貫性のないステートに変更される場合があります。ループ不整合ステートを解消するには、PVST+ ルータ上でループ ガードをディセーブルにしてから、改めてイネーブルにする必要があります。

MST ルータのPVST+サイドの内部にあるVLANの一部または全部に対して、ルートを配置しないでください。境界のMST ルータが指定ポート上のVLANの全部または一部に対するPVST+ BPDUを受信すると、ルート ガードによってそのポートがブロッキング ステートになります。低速CPUでPVST+を実行しているスイッチをMSTが稼働するルータとして指定しないでください。

PVST+ ルータを2つの異なるMSTリージョンに接続すると、PVST+ ルータからのトポロジー変更が最初のMSTリージョンから先へ伝達されません。この場合、トポロジー変更の伝播先は、VLANのマッピング先のインスタンス内に限定されます。このトポロジー変更は最初のMST領域に対してローカルのままであり、他の領域のCAMエントリは消去されません。他のMSTリージョンにもトポロジー変更が認識されるようにするには、ISTにVLANをマップするか、またはアクセス リンクを介して2つのリージョンにPVST+ ルータを接続します。

CST

CST(802.1Q)はすべてのVLANに対する単一のスパニングツリーです。PVST+が稼働しているCisco 7600シリーズ ルータでは、VLAN 1スパニングツリーがCSTに相当します。MSTが稼働しているCisco 7600シリーズ ルータでは、IST(インスタンス0)がCSTに相当します。

MSTI

このリリースでは、最大16個のインスタンスがサポートされています。各スパニングツリー インスタンスは、0~15のインスタンスIDで識別されます。インスタンス0は必須であり、常に存在します。インスタンス1~15は任意です。

MSTコンフィギュレーション パラメータ

MSTコンフィギュレーションは、次の3つからなります。

名前 ― MST領域を識別する32個の文字列(ヌルが埋め込まれる)

リビジョン番号 ― 現在のMSTコンフィギュレーションのリビジョンを識別する符号なしの16ビットの数値


) MSTコンフィギュレーションの一部として必要な場合は、リビジョン番号を設定する必要があります。MSTコンフィギュレーションをコミットするたびに、リビジョン番号が自動的に増えることはありません。


MSTコンフィギュレーション テーブル ― 4096バイトの配列。符号なし整数として解釈される各バイトは、VLANに対応しています。各値は、VLANが対応付けられているインスタンスの番号です。VLAN 0に対応する先頭バイト、およびVLAN 4095に対応する4096番めのバイトは使用されません。常に0に設定されます。

各バイトは手動で設定する必要があります。SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)またはCLI(コマンドライン インターフェイス)を使用して、設定することができます。

MST BPDUには、MSTコンフィギュレーションIDおよびチェックサムが含まれます。MST BPDUのコンフィギュレーションIDおよびチェックサムが自身のMST領域のコンフィギュレーションIDおよびチェックサムと一致する場合のみ、MSTブリッジはMST BPDUを受け付けます。1つの値が異なる場合、MST BPDUはSST BPDUであるとみなされます。

MST領域

ここでは、MST領域について説明します。

「MST領域の概要」

「境界ポート」

「ISTマスター」

「エッジ ポート」

「リンク タイプ」

MST領域の概要

同じMSTコンフィギュレーションを持つ相互接続されたブリッジは、MST領域といいます。ネットワーク内のMST領域数に制限はありません。

MST領域を形成する場合、ブリッジは次のいずれかとなります。

MST領域の唯一のメンバーであるMSTブリッジ

LANによって相互接続されたMSTブリッジ。LANの指定ブリッジのMSTコンフィギュレーションは、MSTブリッジと同じです。LAN上のすべてのブリッジは、MST BPDUを処理できます。

MSTコンフィギュレーションが異なる2つのMST領域を接続した場合、MST領域は次の作業を実行します。

ネットワーク内の冗長パス間のロードバランスを行います。2つのMST領域が冗長接続されている場合、すべてのトラフィックは、ネットワーク内のMST領域との1つの接続上を通過します。

RSTPハンドシェイクを行って、領域間の高速接続をイネーブルにします。ただし、2つのブリッジ間に比べて、ハンドシェイク速度は低下します。ループを防止するには、領域内のすべてのブリッジが他の領域との接続に関して合意する必要があります。この場合には、遅延が発生します。ネットワークを多数の領域に分割することは推奨しません。

境界ポート

境界ポートはLANに接続されているポートです。境界ポートの指定ブリッジは、SSTブリッジ、または異なるMSTコンフィギュレーションを持つブリッジのいずれかです。DPがSTPブリッジを検出するか、またはコンフィギュレーションが異なるRSTやMSTブリッジからアグリーメント メッセージを受信すると、DPは自身が境界ポート上に存在していることを認識します。

境界では、MSTポートの役割は重要ではありません。MSTポートのステートは強制的にISTポート ステートと同じになります。ポートに境界フラグが設定されている場合、MSTPポート役割選択プロセスは境界にポートの役割を割り当てて、ISTポートのステートと同じステートを割り当てます。境界のISTポートには、バックアップ ポートの役割以外のすべてのポート役割を設定できます。

ISTマスター

MST領域のISTマスターは、ブリッジIDが最小で、かつCSTルートまでのパス コストが最小であるブリッジです。MSTブリッジがCSTのルート ブリッジである場合、このMSTブリッジはMST領域のISTマスターです。CSTルートがMST領域の外にある場合、境界にあるMSTブリッジの1つがISTマスターとして選択されます。同じ領域に属する境界上の他のブリッジが、ルートへ続く境界ポートを最終的にブロックします。

領域の境界にある複数のブリッジのルートへのパスが同一である場合は、わずかに小さいブリッジ プライオリティを設定して、特定のブリッジをISTマスターにすることができます。

領域内のルート パス コストおよびメッセージ エージは一定ですが、ホップするごとにISTパス コストは増加し、残りのISTホップ数は減少します。ISTマスター、パス コスト、およびブリッジの残りのホップ情報を表示するには、 show spanning-tree mst コマンドを入力します。

エッジ ポート

エッジ ポートは、非ブリッジングの装置(ホストやルータなど)に接続されたポートです。ハブまたはハブで接続されているLANにブリッジが接続されていない場合、このハブに接続されたポートもエッジ ポートになります。エッジ ポートはリンクがアップした直後に転送を開始できます。

MSTの場合は、各ホストまたはルータのすべてのポートをユーザが設定する必要があります。障害発生後に高速接続を確立するには、中間ブリッジのエッジ以外のDPをブロックする必要があります。ポートが、アグリーメントを返信できる別のブリッジに接続されている場合、ポートはすぐに転送を開始します。それ以外の場合、ポートは転送遅延時間を2回分待機してから、転送を再開します。MSTを使用している場合は、ホストおよびルータに接続されたポートをエッジ ポートとして明示的に設定する必要があります。

設定ミスを防ぐために、ポートがBPDUを受信した場合は、PortFast動作はオフになります。PortFastの設定および動作ステータスを表示するには、 show spanning-tree mst interface コマンドを入力します。

リンク タイプ

高速接続は、ポイントツーポイント リンク上にのみ確立されます。ホストまたはルータにポートを明示的に設定する必要があります。ただし、ほとんどのネットワークのケーブル配線はこの要件を満たしています。 spanning-tree linktype コマンドを入力して、すべての全二重リンクをポイントツーポイント リンクとして処理すると、明示的な設定を行う必要がなくなります。

メッセージ エージおよびホップ カウント

ISTおよびMSTインスタンスは、BPDU内のメッセージ エージ、および最大エージング タイマーの設定を使用しません。ISTおよびMSTはIP TTLプロセスとよく似た別個のホップ カウント プロセスを使用します。MSTブリッジごとに最大ホップ数を設定できます。インスタンスのルート ブリッジは、残りのホップ数が最大ホップ数と等しいBPDU(またはMレコード)を送信します。BPDU(またはMレコード)を受信したブリッジは、受信した残りのホップ数を1減らします。ホップ数が減少して0になった場合、ブリッジはBPDU(Mレコード)を廃棄して、ポートに保持された情報を期限切れにします。ルート以外のブリッジは、減少したホップ数を、生成されたBPDU(Mレコード)の残りのホップ数として伝播します。

BPDUのRST部分のメッセージ エージおよび最大エージング タイマーの設定は、領域全体で同じままです。同じ値が、境界にある領域のDPによって伝播されます。

STPのデフォルト設定

表 18-5 に、STPのデフォルト設定を示します。

 

表 18-5 STPのデフォルト設定

機能
デフォルト値

イネーブル ステート

すべてのVLANでイネーブル化されたSTP

ブリッジ プライオリティ

32768

SPTポート プライオリティ(ポート単位で設定可能 ― レイヤ2アクセス ポートとして設定されたLANポートで使用される)

128

SPTポート コスト(ポート単位で設定可能 ― レイヤ2アクセス ポートとして設定されたLANポートで使用される)

10ギガビット イーサネット: 2

ギガビット イーサネット: 4

ファスト イーサネット: 19

イーサネット: 100

STP VLANポート プライオリティ(VLAN単位で設定可能 ― レイヤ2トランク ポートとして設定されたLANポートで使用される)

128

STP VLANポート コスト(VLAN単位で設定可能 ― レイヤ2トランク ポートとして設定されたLANポートで使用される)

10ギガビット イーサネット: 2

ギガビット イーサネット: 4

ファスト イーサネット: 19

イーサネット: 100

helloタイム

2秒

転送遅延時間

15秒

最大エージング タイム

20秒

モード

PVST

STPとMSTの設定時の注意事項および制約事項

MSTを設定する際、次の注意事項および制約事項に従ってください。

すべてのPVSTブリッジのすべてのVLAN上のスパニングツリーはディセーブルにしないでください。

PVSTブリッジをCSTのルートとして使用しないでください。

すべてのPVSTスパニングツリー ルート ブリッジのプライオリティが、CSTルート ブリッジよりも小さい(数値的に大きい)ことを確認してください。

トランクがインスタンスに対応付けられたすべてのVLANを伝送するか、このインスタンスにはVLANをまったく伝送しないことを確認してください。

スイッチにアクセス リンクを接続しないでください。アクセス リンクによってVLANが分割されることがあります。

既存または新規の論理VLANポートを多数含む任意のMSTコンフィギュレーションは、メンテナンス ウィンドウ内で完了する必要があります。差分変更(インスタンスへの新規VLANの追加やインスタンス間でのVLANの移動など)があった場合、完全なMSTデータベースは再初期化されるからです。

STPの設定

ここでは、VLAN上でのSTPの設定手順について説明します。

「STPのイネーブル化」

「拡張システムIDのイネーブル化」

「ルート ブリッジの設定」

「セカンダリ ルート ブリッジの設定」

「STPポート プライオリティの設定」

「STPポート コストの設定」

「VLANのブリッジ プライオリティの設定」

「helloタイムの設定」

「VLANの転送遅延時間の設定」

「VLANの最大エージング タイムの設定」

「Rapid PVSTのイネーブル化」


) この章で説明するSTPコマンドは任意のLANポートに設定できますが、これらのコマンドが有効になるのは、switchportキーワードを使用して設定したLANポートに限られます。



注意 物理的なループの存在しないトポロジーであっても、スパニングツリーをディセーブルにすることは推奨できません。スパニングツリーは、設定およびケーブル接続の誤りに対するセーフガードの役割を果たします。VLAN内に物理的なループが存在しないことを保証できる場合以外は、VLANでスパニングツリーをディセーブルにしないでください。

STPのイネーブル化


) STPは、VLAN 1および新たに作成されるすべてのVLANで、デフォルトでイネーブルに設定されています。


STPは、VLAN単位でイネーブルにすることができます。Cisco 7600シリーズ ルータはVLANごとに個別のSTPインスタンスを維持します(STPをディセーブルに設定したVLANを除きます)。

VLAN単位でSTPをイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# spanning-tree vlan vlan_ID

VLAN単位でSTPをイネーブルにします。 vlan_ID の値は1~4094です(予約済みVLANは除く。STPのデフォルト設定を参照)。

Router(config)# default spanning-tree vlan vlan_ID

すべてのSTPパラメータを、指定されたVLANのデフォルト値に戻します。

Router(config)# no spanning-tree vlan vlan_ID

指定されたVLANでSTPをディセーブルにします。このコマンドについては、次の「注意」を参照してください。

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID

STPがイネーブルになっていることを確認します。


注意 VLAN内のすべてのスイッチおよびブリッジでスパニングツリーがディセーブルになっている場合以外は、VLAN上でスパニングツリーをディセーブルにしないでください。VLAN内の一部のスイッチおよびブリッジでスパニングツリーをディセーブルに設定し、同じVLAN内の残りのスイッチおよびブリッジではイネーブルのままにしておくことはできません。このような設定にすると、スパニングツリーがイネーブルのスイッチおよびブリッジに与えられる、ネットワークの物理的トポロジーに関する情報が不完全になるので、予想外の結果が生じる可能性があります。


注意 物理的なループの存在しないトポロジーであっても、スパニングツリーをディセーブルにすることは推奨できません。スパニングツリーは、設定およびケーブル接続の誤りに対するセーフガードの役割を果たします。VLAN内に物理的なループが存在しないことを保証できる場合以外は、VLANでスパニングツリーをディセーブルにしないでください。

次に、VLAN 200でSTPをイネーブルにする例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# spanning-tree vlan 200
Router(config)# end
Router#

) STPはデフォルトでイネーブルに設定されているので、show runningコマンドを入力して設定の結果を表示しても、STPをイネーブルにするために入力したコマンドは表示されません。


次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree vlan 200
 
VLAN0200
Spanning tree enabled protocol ieee
Root ID Priority 32768
Address 00d0.00b8.14c8
This bridge is the root
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Bridge ID Priority 32768
Address 00d0.00b8.14c8
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
Aging Time 300
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Desg FWD 200000 128.196 P2p
Fa4/5 Back BLK 200000 128.197 P2p
 
Router#

) VLAN 200スパニングツリーを作成するには、VLAN 200にアクティブなインターフェイスが少なくとも1つ必要です。この例では、VLAN 200内の2つのインターフェイスがアクティブです。


拡張システムIDのイネーブル化


) 64個のMACアドレスをサポートするシャーシの拡張システムIDは、常にイネーブルになっています。


1024個のMACアドレスをサポートするシャーシの拡張システムIDをイネーブルにすることができます(ブリッジIDの概要を参照)。

拡張システムIDをイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# spanning-tree extend system-id

拡張システムIDをイネーブルにします。

Router(config)# no spanning-tree extend system-id

拡張システムIDをディセーブルにします。


) 64個のMACアドレスをサポートするシャーシの場合、または拡張範囲VLANを設定した場合は、拡張システムIDをディセーブルにできません(STPのデフォルト設定を参照)。


 

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID

設定を確認します。


) 拡張システムIDをイネーブルまたはディセーブルにすると、すべてのアクティブなSTPインスタンスのブリッジIDが更新され、これによってスパニングツリー トポロジーが変更される場合があります。


次に、拡張システムIDをイネーブルにする例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# spanning-tree extend system-id
Router(config)# end
Router#
 

次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree summary | include Extended
Extended system ID is enabled.

ルート ブリッジの設定

Cisco 7600シリーズ ルータは、アクティブなVLANごとにSTPのインスタンスを個別に維持します。各インスタンスには、ブリッジ プライオリティおよびブリッジのMACアドレスで構成されるブリッジIDが対応付けられます。VLANごとに、最小のブリッジIDを持つネットワーク装置が、そのVLANのルート ブリッジになります。

VLANインスタンスがルート ブリッジになるように設定するには、 spanning-tree vlan vlan_ID root コマンドを入力して、ブリッジ プライオリティをデフォルト値(32768)から非常に小さな値へと変更します。

spanning-tree vlan vlan_ID root コマンドを入力すると、ルータは各VLANの現在のルート ブリッジのブリッジ プライオリティを確認します。拡張システムIDをディセーブルにすると、8192という値でルータが指定されたVLANのルートになる場合、そのVLANのブリッジ プライオリティは8192に設定されます。ルータ拡張システムIDをイネーブルにすると、24576という値でルータが指定されたVLANのルートになる場合、そのVLANのブリッジ プライオリティは24576に設定されます。

拡張システムIDがディセーブルで、指定されたVLANのルート ブリッジのブリッジ プライオリティが8192より小さい場合、ルータはそのVLANのブリッジ プライオリティを最小のブリッジ プライオリティより1小さい値に設定します。

拡張システムIDがイネーブルで、指定されたVLANのルート ブリッジのブリッジ プライオリティが24576より小さい場合、ルータはそのVLANのブリッジ プライオリティを最小のブリッジ プライオリティより4096小さい値に設定します(4096は4ビット ブリッジ プライオリティの最下位ビットの値です。拡張システムIDがイネーブルの場合のブリッジ プライオリティ値および拡張システムIDを参照)。


) ルート ブリッジになるために必要な値が1より小さい場合は、spanning-tree vlan vlan_ID rootコマンドは機能しません。


spanning-tree vlan vlan_ID root コマンドは次の影響を及ぼす可能性があります。

拡張システムIDがディセーブルで、VLAN 100のすべてのネットワーク デバイスでデフォルト プライオリティが32768に設定されている場合に、ルータ上で spanning-tree vlan 100 root primary コマンドを入力すると、VLAN 100のブリッジ プライオリティが8192に設定され、ルータがVLAN 100のルート ブリッジになります。

拡張システムIDがイネーブルで、VLAN 20のすべてのネットワーク デバイスでデフォルト プライオリティが32768に設定されている場合に、ルータ上で spanning-tree vlan 20 root primary コマンドを使用すると、ブリッジ プライオリティが24576に設定され、ルータがVLAN20のルート ブリッジになります。


注意 STPの各インスタンスのルート ブリッジは、バックボーンまたはディストリビューションルータでなければなりません。アクセスルータをSTPのプライマリ ルートとして設定しないでください。

レイヤ2ネットワークの直径(すなわち、レイヤ2ネットワーク上の任意の2つのエンド ステーション間における最大ブリッジ ホップ数)を指定するには、 diameter キーワードを指定します。ネットワーク直径を指定すると、Cisco 7600シリーズ ルータはその直径を持つネットワークに最適なhelloタイム、転送遅延時間、および最大エージング タイムを自動的に選びます。その結果、STPのコンバージェンスに要する時間が大幅に短縮されます。 hello キーワードを使用して、自動的に計算されるhelloタイムを上書きすることができます。


) STPトポロジーを安定した状態に保つには、Cisco 7600シリーズ ルータをルート ブリッジとして設定したあと、helloタイム、転送遅延時間、および最大エージング タイムを手動で設定しないでください。


Cisco 7600シリーズ ルータをルート ブリッジとして設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# spanning-tree vlan vlan_ID root primary [ diameter hops [ hello-time seconds ]]

Cisco 7600シリーズ ルータをルート ブリッジとして設定します。 vlan_ID の値は1~4094です(予約済みVLANは除く。STPのデフォルト設定を参照)。

Router(config)# no spanning-tree vlan vlan_ID root

ルート ブリッジ コンフィギュレーションを消去します。

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

次に、Cisco 7600シリーズ ルータをVLAN 10のルート ブリッジとして設定し、ネットワーク直径を4に設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# spanning-tree vlan 10 root primary diameter 4
Router(config)# end
Router#

セカンダリ ルート ブリッジの設定

Cisco 7600シリーズ ルータをセカンダリ ルートとして設定すると、STPブリッジ プライオリティはデフォルト値(32768)から変更されます。その結果、プライマリ ルート ブリッジに障害が発生した場合に(ネットワーク上の他のネットワーク装置がデフォルトのブリッジ プライオリティ32768を使用していると仮定して)、このルータが指定されたVLANのルート ブリッジになる可能性が高くなります。

拡張システムIDがイネーブルの場合、STPはブリッジ プライオリティを28672に設定します。拡張システムIDがディセーブルの場合は、16384に設定します。

このコマンドを複数のCisco 7600シリーズ ルータに対して実行すると、複数のバックアップ ルート ブリッジを設定できます。プライマリ ルート ブリッジを設定するときに使用したものと同じネットワーク直径およびhelloタイムを使用してください。

Cisco 7600シリーズ ルータをセカンダリ ルート ブリッジとして設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# [ no ] spanning-tree vlan vlan_ID root secondary [ diameter hops [ hello-time seconds ]]

Cisco 7600シリーズ ルータをセカンダリ ルート ブリッジとして設定します。 vlan_ID の値は1~4094です(予約済みVLANは除く。 VLANの範囲を参照)。

Router(config)# no spanning-tree vlan vlan_ID root

ルート ブリッジ設定を消去します。

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

次に、Cisco 7600シリーズ ルータをVLAN 10のセカンダリ ルート ブリッジとして設定し、ネットワーク直径を4に設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# spanning-tree vlan 10 root secondary diameter 4
Router(config)# end
Router#

STPポート プライオリティの設定

ループが発生すると、STPはポート プライオリティを考慮して、フォワーディング ステートにするLANポートを選択します。STPに最初に選択させたいLANポートには高いプライオリティ値を、最後に選択させたいLANポートには低いプライオリティ値を割り当てることができます。すべてのLANポートが同じプライオリティ値を使用している場合には、STPはLANポート番号が最も小さいLANポートをフォワーディング ステートにして、残りのLANポートをブロックします。指定できるプライオリティの範囲は0~240であり(デフォルトは128です)、16単位で設定できます。

Cisco IOSはLANポートがアクセス ポートとして設定されている場合にはポート プライオリティ値を使用し、LANポートがトランク ポートとして設定されている場合にはVLANポート プライオリティ値を使用します。

レイヤ2 LANインターフェイスのSTPポート プライオリティを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# interface {{ type 3 slot/port } | { port-channel port_channel_number }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# spanning-tree port-priority port_priority

LANインターフェイスのポート プライオリティを設定します。指定できる port_priority 値の範囲は4単位で、1~252です。

Router(config-if)# no spanning-tree port-priority

デフォルトのポート プライオリティ値に戻します。

ステップ 3

Router(config-if)# spanning-tree vlan vlan_ID port-priority port_priority

LANインターフェイスのVLANポート プライオリティを設定します。指定できる port_priority 値の範囲は4単位で、1~252です。 vlan_ID 値の範囲は1~4094です(予約済みVLANは除く。 VLANの範囲を参照)。

Router(config-if)# [ no ] spanning-tree vlan vlan_ID port-priority

デフォルトのVLANポート プライオリティ値に戻します。

ステップ 4

Router(config-if)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 5

Router# show spanning-tree interface { type 1 slot/port } | { port-channel port_channel_number }

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID

設定を確認します。

3.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、またはtengigabitethernet

次に、ポートFastEthernet 4/4のSTPポート プライオリティを設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# interface fastethernet 4/4
Router(config-if)# spanning-tree port-priority 160
Router(config-if)# end
Router#
 

次に、ポートFastEthernet 4/4の設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree interface fastethernet 4/4
Vlan Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
VLAN0001 Back BLK 200000 160.196 P2p
VLAN0006 Back BLK 200000 160.196 P2p
...
VLAN0198 Back BLK 200000 160.196 P2p
VLAN0199 Back BLK 200000 160.196 P2p
VLAN0200 Back BLK 200000 160.196 P2p
Router#
 

FastEthernet 4/4はトランクです。この例のように、複数のVLANが設定され、アクティブになっています。ポート プライオリティ設定は、このVLANインターフェイス上のすべてのVLANに適用されます。


show spanning-tree interfaceコマンドで情報が表示されるのは、ポートが接続され動作している場合に限られます。これらの条件が満たされていない場合は、show running-config interfaceコマンドを使用して設定を確認してください。


次に、ポートFastEthernet 4/4のVLANポート プライオリティを設定する例を示します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# interface fastEthernet 4/4
Router(config-if)# spanning-tree vlan 200 port-priority 64
Router(config-if)# ^Z
Router#
 

この例で入力した設定はVLAN 200にだけ適用されます。200以外のすべてのVLANのポート プライオリティは160のままです。

次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree interface fastethernet 4/4
Vlan Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
VLAN0001 Back BLK 200000 160.196 P2p
VLAN0006 Back BLK 200000 160.196 P2p
...
VLAN0199 Back BLK 200000 160.196 P2p
VLAN0200 Desg FWD 200000 64.196 P2p
 
Router#
 

VLAN 200のスパニングツリー情報を表示するには、次のコマンドを使用します。

Router# show spanning-tree vlan 200 interface fastEthernet 4/4
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Desg LRN 200000 64.196 P2p

STPポート コストの設定

STPポート パス コストのデフォルト値は、LANインターフェイスのメディア速度から決定されます。ループが発生すると、STPはポート コストを考慮して、フォワーディング ステートにするLANインターフェイスを選択します。STPに最初に選択させたいLANインターフェイスには低いコスト値を、最後に選択させたいLANインターフェイスには高いコスト値を割り当てることができます。すべてのLANインターフェイスが同じコスト値を使用している場合には、STPはLANインターフェイス番号が最も小さいLANインターフェイスをフォワーディング ステートにして、残りのLANインターフェイスをブロックします。指定できるコストの範囲は、0~200000000です(デフォルトは、メディアによって異なります)。

STPはLANインターフェイスがアクセス ポートとして設定されている場合にはポート コスト値を使用し、LANインターフェイスがトランク ポートとして設定されている場合にはVLANポート コスト値を使用します。

レイヤ2 LANインターフェイスのSTPポート コストを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# interface {{ type 4 slot/port } | { port-channel port_channel_number }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# spanning-tree cost port_cost

LANインターフェイスのポート コストを設定します。 port_cost 値は、1~200000000(Release 12.1(2)E以前のリリースの場合は1~65535)の範囲で指定します。

Router(config-if)# no spanning-tree cost

デフォルトのポート コストに戻します。

ステップ 3

Router(config-if)# [ no ] spanning-tree vlan vlan_ID cost port_cost

LANインターフェイスのVLANポート コストを設定します。指定できる port_cost 値の値は1~200000000です。 vlan_ID の範囲は1~4094です(予約済みVLANは除く。 VLANの範囲を参照)。

ステップ 4

Router(config-if)# no spanning-tree vlan vlan_ID cost

デフォルトのVLANポート コストに戻します。

ステップ 5

Router(config-if)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 6

Router# show spanning-tree interface { type 1 slot/port } | { port-channel port_channel_number }

show spanning-tree vlan vlan_ID

設定を確認します。

4.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、またはtengigabitethernet

次に、ポートFastEthernet 4/4のSTPポート コストを変更する例を示します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# interface fastEthernet 4/4
Router(config-if)# spanning-tree cost 1000
Router(config-if)# ^Z
Router#
 

次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree interface fastEthernet 4/4
Vlan Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
VLAN0001 Back BLK 1000 160.196 P2p
VLAN0006 Back BLK 1000 160.196 P2p
VLAN0007 Back BLK 1000 160.196 P2p
VLAN0008 Back BLK 1000 160.196 P2p
VLAN0009 Back BLK 1000 160.196 P2p
VLAN0010 Back BLK 1000 160.196 P2p
Router#
 

次に、VLAN 200の各ポートVLANコストにポート プライオリティを設定する例を示します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# interface fastEthernet 4/4
Router(config-if)# spanning-tree vlan 200 cost 2000
Router(config-if)# ^Z
Router#
 

次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree vlan 200 interface fastEthernet 4/4
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Desg FWD 2000 64.196 P2p

) 他のVLAN(VLAN 1など)では次に示す出力は、この設定の影響を受けていません。


Router# show spanning-tree vlan 1 interface fastEthernet 4/4
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 160.196 P2p
Router#

show spanning-treeコマンドで情報が表示されるのは、ポートがリンクアップ動作可能ステートで、かつDTP用に正しく設定されている場合に限られます。これらの条件が満たされていない場合は、show running-configコマンドを入力して設定を確認してください。


VLANのブリッジ プライオリティの設定


) このコマンドは、慎重に使用してください。ブリッジ プライオリティを変更するには、ほとんどの状況でspanning-tree vlan vlan_ID root primaryコマンドおよびspanning-tree vlan vlan_ID root secondaryコマンドを使用することを推奨します。


拡張システムIDがディセーブルの場合に、VLANのSTPブリッジ プライオリティを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# spanning-tree vlan vlan_ID priority bridge_priority

拡張システムIDがディセーブルの場合に、VLANのブリッジ プライオリティを設定します。指定できる bridge_priority 値の範囲は1~65535です。 vlan_ID の値は1~4094です(予約済みVLANは除く。 VLANの範囲を参照)。

Router(config)# no spanning-tree vlan vlan_ID priority

デフォルトのブリッジ プライオリティ値に戻します。

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID bridge [ detail ]

設定を確認します。

拡張システムIDがイネーブルの場合に、VLANのブリッジ プライオリティを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# [ no ] spanning-tree vlan vlan_ID priority { 0 | 4096 | 8192 | 12288 | 16384 | 20480 | 24576 | 28672 | 32768 | 36864 | 40960 | 45056 | 49152 | 53248 | 57344 | 61440 }

拡張システムIDがイネーブルの場合に、VLANのブリッジ プライオリティを設定します。 vlan_ID の値は1~4094です(予約済みVLANは除く。 VLANの範囲を参照)。

Router(config)# no spanning-tree vlan vlan_ID priority

デフォルトのブリッジ プライオリティ値に戻します。

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID bridge [ detail ]

設定を確認します。

次に、拡張システムIDがディセーブルの場合に、VLAN 200のブリッジ プライオリティを33792に設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# spanning-tree vlan 200 priority 33792
Router(config)# end
Router#
 

次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree vlan 200 bridge
Hello Max Fwd
Vlan Bridge ID Time Age Delay Protocol
---------------- -------------------- ---- ---- ----- --------
VLAN200 33792 0050.3e8d.64c8 2 20 15 ieee
Router#

helloタイムの設定


) このコマンドは、慎重に使用してください。helloタイムを変更するには、ほとんどの状況で
spanning-tree vlan
vlan_ID root primaryコマンドおよびspanning-tree vlan vlan_ID root secondaryコマンドを使用することを推奨します。


VLANのSTP helloタイムを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# spanning-tree vlan vlan_ID hello-time hello_time

VLANのhelloタイムを設定します。 hello_time 値は、1~10秒の範囲で指定します。 vlan_ID の値は1~4094です(予約済みVLANは除く。 VLANの範囲を参照)。

Router(config)# no spanning-tree vlan vlan_ID hello-time

デフォルトのhelloタイムに戻します。

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID bridge [ detail ]

設定を確認します。

次に、VLAN 200のhelloタイムを7秒に設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# spanning-tree vlan 200 hello-time 7
Router(config)# end
Router#
 

次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree vlan 200 bridge
Hello Max Fwd
Vlan Bridge ID Time Age Delay Protocol
---------------- -------------------- ---- ---- ----- --------
VLAN200 49152 0050.3e8d.64c8 7 20 15 ieee
Router#

VLANの転送遅延時間の設定

VLANのSTP転送遅延時間を設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# spanning-tree vlan vlan_ID forward-time forward_time

VLANの転送時間を設定します。 forward_time 値は、4~30秒の範囲で指定します。 vlan_ID の値は1~4094です(予約済みVLANは除く。 VLANの範囲を参照)。

Router(config)# no spanning-tree vlan vlan_ID forward-time

デフォルトの転送時間に戻します。

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID bridge [ detail ]

設定を確認します。

次に、VLAN 200の転送遅延時間を21秒に設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# spanning-tree vlan 200 forward-time 21
Router(config)# end
Router#
 

次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree vlan 200 bridge
Hello Max Fwd
Vlan Bridge ID Time Age Delay Protocol
---------------- -------------------- ---- ---- ----- --------
VLAN200 49152 0050.3e8d.64c8 2 20 21 ieee
Router#

VLANの最大エージング タイムの設定

VLANのSTP最大エージング タイムを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# spanning-tree vlan vlan_ID max-age max_age

VLANの最大エージング タイムを設定します。 max_age 値は、6~40秒の範囲で指定します。 vlan_ID の値は1~4094です(予約済みVLANは除く。 VLANの範囲を参照)。

Router(config)# no spanning-tree vlan vlan_ID max-age

デフォルトの最大エージング タイムに戻します。

ステップ 2

Router(config)# end

コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID bridge [ detail ]

設定を確認します。

次に、VLAN 200の最大エージング タイムを36秒に設定する例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# spanning-tree vlan 200 max-age 36
Router(config)# end
Router#

次に、設定を確認する例を示します。

Router# show spanning-tree vlan 200 bridge
Hello Max Fwd
Vlan Bridge ID Time Age Delay Protocol
---------------- -------------------- ---- ---- ----- --------
VLAN200 49152 0050.3e8d.64c8 2 36 15 ieee
Router#

Rapid PVSTのイネーブル化

Rapid PVSTは、既存のPVST+フレームワークを設定や他の機能との相互通信に利用します。また、MSTP内のPVST+拡張機能も一部サポートします。

ルータ上でRapid-PVSTモードをイネーブルにするには、イネーブル モードで spanning-tree mode rapid-pvst コマンドを入力します。Rapid-PVSTモードでのルータの設定手順については、「STPの設定」を参照してください。

リンク タイプの指定

高速接続は、ポイントツーポイント リンク上にのみ確立されます。スパニング ツリーはポイントツーポイント リンクを、スパニング ツリー アルゴリズムを実行する2つのスイッチのみを接続するセグメントとしてみなします。ルータでは、すべての全二重リンクをポイントツーポイントとして、また半二重リンクを共有リンクとしてみなすので、リンク タイプの明示的設定を回避できます。特定のリンク タイプを設定するには、 spanning-tree linktype コマンドを入力します。

プロトコル移行の再起動

MSTPおよびRSTPの両方が稼働するルータでは、ビルトインのプロトコル移行プロセスをサポートして、ルータがレガシー802.1Dスイッチと相互運用するのを可能にします。このルータが、レガシー802.1D設定のBPDU(プロトコル バージョンが0に設定されたBPDU)を受信した場合、そのポートでは802.1D BPDUだけが送信されます。また、MSTPルータは、レガシーBPDU、異なるリージョンに対応付けられたMST BPDU(バージョン3)、またはRST BPDU(バージョン2)を受信すると、ポートがリージョン境界にあることを検出できます。

ただし、ルータが802.1D BPDUを受信していない場合は、自動的にMSTPモードに戻りません。これはレガシールータが指定ルータでないかぎり、レガシールータがリンクから削除されたかどうか判別できないためです。また、接続するルータがリージョンに加入していると、ルータはポートに境界の役割を割り当て続ける場合があります。

ルータ全体で、プロトコル移行プロセスを再開するには(強制的に近接スイッチと再びネゴシエートするには)、 clear spanning-tree detected-protocols イネーブルEXECコマンドを使用します。特定のインターフェイスでプロトコル移行プロセスを再開するには、 clear spanning-tree
detected-protocols interface
interface-id イネーブルEXECコマンドを入力します。

IEEE 802.1s MSTの設定

Release 12.2SXでは、MSTがサポートされます。ここでは、MSTの設定手順について説明します。

「MSTのイネーブル化」

「MSTの設定の表示」

「MSTIパラメータの設定」

「MSTインスタンス ポートのパラメータの設定」

「プロトコル移行の再起動」

MSTのイネーブル化

MSTをイネーブルにして設定するには、イネーブル モードで次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# show spanning-tree mst configuration

現在のMSTの設定を表示します。

ステップ 2

Router(config)# spanning-tree mode mst

MSTモードを設定します。

ステップ 3

Router(config)# spanning-tree mst configuration

MSTのコンフィギュレーション サブモードを開始して、MST領域を設定します。

Router(config)# no spanning-tree mst configuration

MSTの設定を消去します。

ステップ 4

Router(config-mst)# show current

MSTコンフィギュレーション サブモードから、現在のMSTの設定を表示します。

ステップ 5

Router(config-mst)# name name revision revision_number instance instance_number vlan vlan_range

MSTの設定を開始します。

ステップ 6

Router(config-mst)# no instance instance_number

(任意)インスタンスにマッピングされているVLANのマッピングをすべて解除します。

ステップ 7

Router(config-mst)# no instance instance_number vlan vlan_number

(任意)インスタンスから特定のVLANのマッピングを解除します。

ステップ 8

Router(config-mst)# end

設定を適用して、コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 9

Router# show spanning-tree mst config

グローバル コンフィギュレーション モードから、MSTの設定を表示します。

次に、MSTをイネーブルにする例を示します。

Router# show spanning-tree mst configuration
% Switch is not in mst mode
Name []
Revision 0
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-4094
-------------------------------------------------------------------------------
Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# spanning-tree mode mst
 
Router(config)# spanning-tree mst configuration
 
Router(config-mst)# show current
Current MST configuration
Name []
Revision 0
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-4094
-------------------------------------------------------------------------------
Router(config-mst)# name cisco
Router(config-mst)# revision 2
Router(config-mst)# instance 1 vlan 1
Router(config-mst)# instance 2 vlan 1-1000
Router(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [cisco]
Revision 2
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1001-4094
2 1-1000
-------------------------------------------------------------------------------
Router(config-mst)# no instance 2
Router(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [cisco]
Revision 2
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-4094
-------------------------------------------------------------------------------
Router(config-mst)# instance 1 vlan 2000-3000
Router(config-mst)# no instance 1 vlan 1500
Router(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [cisco]
Revision 2
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-1999,2500,3001-4094
1 2000-2499,2501-3000
-------------------------------------------------------------------------------
Router(config)# exit
Router(config)# no spanning-tree mst configuration
Router(config)# do show spanning-tree mst configuration
Name []
Revision 0
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-4094
-------------------------------------------------------------------------------

MSTの設定の表示

MSTの設定を表示するには、MSTモードで次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# show spanning-tree mst configuration

アクティブな設定を表示します。

ステップ 2

Router# show spanning-tree mst [ detail ]

現在動作中のMSTインスタンスに関する情報を表示します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree mst instance-id [ detail ]

特定のMSTインスタンスに関する情報を表示します。

ステップ 4

Router# show spanning-tree mst interface interface name [ detail ]

特定のポートの情報を表示します。

ステップ 5

Router# show spanning-tree mst number interface interface name [ detail ]

特定のポートおよび特定のインスタンスのMST情報を表示します。

ステップ 6

Router# show spanning-tree mst [ x ] [ interface Y ] detail

MSTの詳細を表示します。

ステップ 7

Router# show spanning-tree vlan vlan_ID

MSTモードでVLAN情報を表示します。

次に、MSTモードでスパニングツリーVLAN設定を表示する例を示します。

Router(config)# spanning-tree mst configuration
Router(config-mst)# instance 1 vlan 1-10
Router(config-mst)# name cisco
Router(config-mst)# revision 1
Router(config-mst)# ^Z
 
Router# show spanning-tree mst configuration
Name [cisco]
Revision 1
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 11-4094
1 1-10
-------------------------------------------------------------------------------
 
Router# show spanning-tree mst
 
###### MST00 vlans mapped: 11-4094
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32768 (32768 sysid 0)
Root address 00d0.004a.3c1c priority 32768 (32768 sysid 0)
port Fa4/48 path cost 203100
IST master this switch
Operational hello time 2, forward delay 15, max age 20, max hops 20
Configured hello time 2, forward delay 15, max age 20, max hops 20
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 160.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Root FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
###### MST01 vlans mapped: 1-10
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 (32768 sysid 1)
Root this switch for MST01
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 160.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Boun FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
 
Router# show spanning-tree mst 1
 
###### MST01 vlans mapped: 1-10
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 (32768 sysid 1)
Root this switch for MST01
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 160.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Boun FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
Router# show spanning-tree mst interface fastEthernet 4/4
 
FastEthernet4/4 of MST00 is backup blocking
Edge port:no (default) port guard :none (default)
Link type:point-to-point (auto) bpdu filter:disable (default)
Boundary :internal bpdu guard :disable (default)
Bpdus sent 2, received 368
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
0 Back BLK 1000 160.196 11-4094
1 Back BLK 1000 160.196 1-10
 
Router# show spanning-tree mst 1 interface fastEthernet 4/4
 
FastEthernet4/4 of MST01 is backup blocking
Edge port:no (default) port guard :none (default)
Link type:point-to-point (auto) bpdu filter:disable (default)
Boundary :internal bpdu guard :disable (default)
Bpdus (MRecords) sent 2, received 364
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
1 Back BLK 1000 160.196 1-10
 
Router# show spanning-tree mst 1 detail
 
###### MST01 vlans mapped: 1-10
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 (32768 sysid 1)
Root this switch for MST01
 
FastEthernet4/4 of MST01 is backup blocking
Port info port id 160.196 priority 160 cost 1000
Designated root address 00d0.00b8.1400 priority 32769 cost 0
Designated bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 port id 128.197
Timers:message expires in 5 sec, forward delay 0, forward transitions 0
Bpdus (MRecords) sent 123, received 1188
 
FastEthernet4/5 of MST01 is designated forwarding
Port info port id 128.197 priority 128 cost 200000
Designated root address 00d0.00b8.1400 priority 32769 cost 0
Designated bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 port id 128.197
Timers:message expires in 0 sec, forward delay 0, forward transitions 1
Bpdus (MRecords) sent 1188, received 123
 
FastEthernet4/48 of MST01 is boundary forwarding
Port info port id 128.240 priority 128 cost 200000
Designated root address 00d0.00b8.1400 priority 32769 cost 0
Designated bridge address 00d0.00b8.1400 priority 32769 port id 128.240
Timers:message expires in 0 sec, forward delay 0, forward transitions 1
Bpdus (MRecords) sent 78, received 0
 
Router# show spanning-tree vlan 10
 
MST01
Spanning tree enabled protocol mstp
Root ID Priority 32769
Address 00d0.00b8.1400
This bridge is the root
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Bridge ID Priority 32769 (priority 32768 sys-id-ext 1)
Address 00d0.00b8.1400
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 160.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
 
Router# show spanning-tree summary
Root bridge for:MST01
EtherChannel misconfiguration guard is enabled
Extended system ID is enabled
Portfast is disabled by default
PortFast BPDU Guard is disabled by default
Portfast BPDU Filter is disabled by default
Loopguard is disabled by default
UplinkFast is disabled
BackboneFast is disabled
Pathcost method used is long
 
Name Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
MST00 1 0 0 2 3
MST01 1 0 0 2 3
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
2 msts 2 0 0 4 6
Router#

MSTIパラメータの設定

MSTインスタンス パラメータを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config)# spanning-tree mst X priority Y

MSTインスタンスのプライオリティを設定します。

ステップ 2

Router(config)# spanning-tree mst X root [ primary | secondary ]

ブリッジをMSTインスタンスのルートとして設定します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree mst

設定を確認します。

次に、MSTインスタンス パラメータを設定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree mst 1 priority ?
<0-61440> bridge priority in increments of 4096
 
Router(config)# spanning-tree mst 1 priority 1
% Bridge Priority must be in increments of 4096.
% Allowed values are:
0 4096 8192 12288 16384 20480 24576 28672
32768 36864 40960 45056 49152 53248 57344 61440
 
Router(config)# spanning-tree mst 1 priority 49152
Router(config)#
 
Router(config)# spanning-tree mst 0 root primary
mst 0 bridge priority set to 24576
mst bridge max aging time unchanged at 20
mst bridge hello time unchanged at 2
mst bridge forward delay unchanged at 15
Router(config)# ^Z
Router#
 
Router# show spanning-tree mst
 
###### MST00 vlans mapped: 11-4094
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 24576 (24576 sysid 0)
Root this switch for CST and IST
Configured hello time 2, forward delay 15, max age 20, max hops 20
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 160.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Desg FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
###### MST01 vlans mapped: 1-10
Bridge address 00d0.00b8.1400 priority 49153 (49152 sysid 1)
Root this switch for MST01
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Status
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa4/4 Back BLK 1000 160.196 P2p
Fa4/5 Desg FWD 200000 128.197 P2p
Fa4/48 Boun FWD 200000 128.240 P2p Bound(STP)
 
Router#

MSTインスタンス ポートのパラメータの設定

MSTインスタンス ポートのパラメータを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config-if)# spanning-tree mst x cost y

MSTインスタンス ポートのコストを設定します。

ステップ 2

Router(config-if)# spanning-tree mst x port-priority y

MSTインスタンス ポートのプライオリティを設定します。

ステップ 3

Router# show spanning-tree mst x interface y

設定を確認します。

次に、MSTインスタンス ポートのパラメータを設定する例を示します。

Router(config)# interface fastEthernet 4/4
Router(config-if)# spanning-tree mst 1 ?
cost Change the interface spanning tree path cost for an instance
port-priority Change the spanning tree port priority for an instance
 
Router(config-if)# spanning-tree mst 1 cost 1234567
Router(config-if)# spanning-tree mst 1 port-priority 240
Router(config-if)# ^Z
 
Router# show spanning-tree mst 1 interface fastEthernet 4/4
 
FastEthernet4/4 of MST01 is backup blocking
Edge port:no (default) port guard :none (default)
Link type:point-to-point (auto) bpdu filter:disable (default)
Boundary :internal bpdu guard :disable (default)
Bpdus (MRecords) sent 125, received 1782
 
Instance Role Sts Cost Prio.Nbr Vlans mapped
-------- ---- --- --------- -------- -------------------------------
1 Back BLK 1234567 240.196 1-10
 
Router#

プロトコル移行の再起動

MSTPおよびRSTPの両方が稼働するルータでは、ビルトインのプロトコル移行メカニズムをサポートして、ルータがレガシー802.1Dスイッチと相互運用するのを可能にします。このルータが、レガシー802.1D設定のBPDU(プロトコル バージョンが0に設定されたBPDU)を受信した場合、そのポートでは802.1D BPDUだけが送信されます。また、MSTPルータは、レガシーBPDU、異なるリージョンに対応付けられたMST BPDU(バージョン3)、またはRST BPDU(バージョン2)を受信すると、ポートがリージョン境界にあることを検出できます。

ただし、ルータが802.1D BPDUを受信していない場合は、自動的にMSTPモードに戻りません。これはレガシールータが指定ルータでないかぎり、レガシールータがリンクから削除されたかどうか判別できないためです。また、接続するルータがリージョンに加入していると、ルータはポートに境界の役割を割り当て続ける場合があります。

ルータ全体で、プロトコル移行プロセスを再開するには(強制的に近接スイッチと再びネゴシエートするには)、 clear spanning-tree detected-protocols イネーブルEXECコマンドを使用します。特定のインターフェイス上でプロトコル移行プロセスを再開するには、 clear spanning-tree
detected-protocols interface
interface-id イネーブルEXECコマンドを入力してください。

次に、プロトコル移行を再起動する例を示します。

Router# clear spanning-tree detected-protocols interface fastEthernet 4/4
Router#