Cisco 7600 シリーズ イーサネット サービス Plus ラ イン カード コンフィギュレーション ガイド
自動レーザー遮断(ALS)の設定
自動レーザー遮断(ALS)の設定
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

自動レーザー遮断(ALS)の設定

自動レーザー遮断(ALS)の設定

制約事項および使用上のガイドライン

検証

自動レーザー遮断(ALS)の設定

この章では、Cisco 7600 シリーズ ルータの Cisco 7600 シリーズ Ethernet Services Plus(ES+; イーサネット サービス プラス)ラインカードで Automatic Laser Shutdown(ALS; 自動レーザー遮断)を設定する方法について説明します。

ALS は、次の Cisco 7600 シリーズ ES+ Extended Transport(ES+XT)ラインカードで設定できます。

76-ES+XT-2TG3CXL

76-ES+XT-4TG3CXL

この章で扱うコマンドの詳細については、 http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios122sr/cr/index.htm の『 Cisco IOS Release 12.2 SR Command References 』を参照してください。

自動レーザー遮断(ALS)の設定

Automatic Laser Shutdown(ALS; 自動レーザー遮断)は、光ファイバが切断された場合にトランスミッタの出力電力を自動的にシャットダウンするために使用する技術で、ITU-T G.664 に準拠します。ALS がファイバ ペアの両端にプロビジョニングされていれば、破損したファイバから危険なレベルのレーザー光が漏れるのを防ぐ安全機能になります。

イベントのシーケンスは次のとおりです。ファイバが切断されると、受信機が Loss Of Signal(LOS; 信号消失)を検出します。ALS エージェントがトランスミッタをオフにします。次に、遠端の受信機が LOS を検出し、その ALS エージェントがトランスミッタをオフにします。このようにして、ファイバ全体の信号が消えます。

ファイバが修復されたと見なされると、トランスミッタを再起動できます。再起動するには、プロビジョニング可能な時間でいずれかのトランスミッタ レーザーをオン(パルス)にします。遠端の受信機で LOS が解除されると、遠端のトランスミッタが再起動されます。近端の LOS が解除され、この時点で両方のトランスミッタがオンになり、両方の LOS アラームが解除されます。

ファイバが破損したままだと、いずれかまたは両方の LOS アラーム状態が残り、トランスミッタがディセーブルになります。近端のトランスミッタがパルスの終端でオフになります。

再起動には、手動と自動の 2 種類があります。手動再起動では、ALS エージェントから単一の再起動パルスを要求できます。自動再起動では、ALS エージェントが定期的に再起動パルスを送信します。送信期間は設定可能です。

制約事項および使用上のガイドライン

次のモードの ALS 機能があります。

ディセーブル モード:モードがディセーブルの場合、ALS がディセーブルになります。LOS はレーザー遮断の原因にはなりません。

手動再起動モード:ALS エージェントが LOS を 500 ms 間検出した場合、レーザーがオフになります。ALS を連動させると、手動コマンドが発行されてパルス幅の期間はレーザーがオンになります。LOS が 100 ms 間解除されていた場合、レーザーがオンになります。

自動再起動モード:ALS エージェントが LOS を 500 ms 間検出した場合、パルス間隔の期間はレーザーがシャットダウンされます。その後、選択したパルス幅の期間はレーザーが自動的にオンになります。LOS が依然として存在する場合、レーザーは再びシャットダウンされます。LOS が 100 ms 間解除されるまでこのパターンは継続し、100 ms 間解除されると、レーザーがオンのままになります。

手順概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface tengigabitethernet

4. als

5. als restart {mode | pulse}

6. als restart mode {automatic | manual}

7. als restart pulse {interval 100-20000 | width 2-200}

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 
Router# enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

パスワードを要求されたら入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface tengigabitethernet

 

Router(config)# interface tengigabitethernet 2/1

ステップ 4

als

 

Router(config-if)# als

ALS をイネーブルにします。

ステップ 5

als restart {mode | pulse}

 

Router(config-if)# als restart

ALS 再起動モードを要求します。

ステップ 6

als restart mode {automatic | manual}

 

Router(config-if)# als restart mode automatic

ALS 再起動モードを選択します。

ステップ 7

als restart pulse {interval 100-20000 | width 2-200}

 

Router(config-if)# als restart pulse interval 2000

ALS パルス モードを選択します。

検証

動作を検証するには、次のコマンドを使用します。

 

コマンド
目的

Router# show als {all | interface}

すべてのインターフェイスまたは選択したインターフェイスの ALS のシャットダウン状態を表示します。

ALS コンフィギュレーション コマンドの例は次のとおりです。

Router(config)# interface t2/1
Router(config-if)# als ?
<cr>
 
Router(config-if)# als
Router(config-if)# do show running inter t2/1
Building configuration...
 
Current configuration : 59 bytes
!
interface TenGigabitEthernet2/1
no ip address
als
end
 
Router(config-if)# als ?
restart Specify ALS parameters
<cr>
 
Router(config-if)# als restart ?
mode Specify ALS mode
pulse Specify the ALS PULSE
 
Router(config-if)# als restart mode ?
automatic Select automatic mode
manual Select manual mode
 
Router(config-if)# als restart mode manual ?
<cr>
 
Router(config-if)# als restart mode manual
Router(config-if)# als restart pulse ?
interval Specify the width of the ALS PULSE
width Specify the width of the ALS PULSE
 
Router(config-if)# als restart pulse interv ?
<100-20000> ALS pulse interval in seconds
 
Router(config-if)# als restart pulse interv 150
Router(config-if)# als restart pulse width ?
<2-200> ALS pulse width in seconds
 
Router(config-if)# als restart pulse width 100
Router(config-if)# do show runn inter t2/1
Building configuration...
 
Current configuration : 116 bytes
!
interface TenGigabitEthernet2/1
no ip address
als
als restart mode manual
als restart pulse interval 150
end
 
Router(config-if)# end
Router# show als ?
all ALS information for all interfaces
interface Interface
 
Router# show als interface t2/1 ?
| Output modifiers
<cr>
 
Router# show als interface t2/1
TenGigabitEthernet2/1
Mode ALS_MODE_MANUAL
Pulse Width 100 sec
Pulse Interval 150 sec
Current state ALS_STATE_NORMAL
Router# show als all
TenGigabitEthernet2/1
Mode ALS_MODE_MANUAL
Pulse Width 100 sec
Pulse Interval 150 sec
Current state ALS_STATE_NORMAL
 
TenGigabitEthernet2/2
Mode ALS_MODE_AUTOMATIC
Pulse Width 100 sec
Pulse Interval 300 sec
Current state ALS_STATE_NORMAL
 
Router#
Router# hw-module ?
interface Interface
module Apply command to a module component
subslot Control a component in a subslot
 
Router# hw-module inter t2/1 ?
als Automatic Laser Shutdown
 
Router# hw-module inter t2/1 als ?
restart restart ALS for the given inteface
 
Router# hw-module inter t2/1 als restart ?
<cr>
 
Router# hw-module inter t2/1 als restart
Router#