Cisco 7600 シリーズ ルータ セッション ボーダ コン トローラ コンフィギュレーション ガイド
P-CSCF サポート
P-CSCF サポート
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/04/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

P-CSCF サポート

この章の構成

P-CSCF サポートの実装に関する制約事項

P-CSCF サポートについて

標準 Non-IMS プロファイル

P-CSCF アクセス プロファイル

P-CSCF コア プロファイル

P-CSCF サポートの実装

プロファイル継承の設定

P-CSCF サポート

Proxy-Call Session Control Function(P-CSCF)は、Information Management System(IMS)ユーザが最初にアクセスするポイントです。P-CSCF は、ユーザ機器のプロキシ サーバとして機能します。ユーザ機器で送受信される Session Initiation Protocol(SIP)シグナリング トラフィックはすべて、P-CSCF を経由する必要があります。P-CSCF は、ユーザ機器からの要求を検証して転送し、応答を処理してユーザ機器に転送します。

また、SIP 動作手順のコンテキストでは、P-CSCF はユーザ エージェントとしても機能します。セッション中に異常な条件が発生すると、P-CSCF はユーザ機器に対するセッションを一方的に解放できます。また、ユーザ エージェント ロールを使用すると、ユーザのパブリック ID およびプライベート ID の送信など、登録中に必要な独立した SIP メッセージを生成することもできます。運用ネットワークでは、存続可能性、ユーザ数、予測トラフィック、およびネットワーク トポロジに基づいて、複数の P-CSCF が使用されることがあります。P-CSCF は、SIP サーバと呼ばれることもあります。

Session Border Controller(SBC; セッション ボーダ コントローラ)で P-CSCF サポートを実装するには、SIP 隣接用の Inherit プロファイルを選択する必要があります。使用できる Inherit プロファイルは、次の 3 種類です。

標準 Non-IMS プロファイル

P-CSCF アクセス プロファイル

P-CSCF コア プロファイル

これらの各プロファイルには、複数の隣接に適用できる IMS 関連の設定フィールド セットが含まれています。

有効なプロファイルを設定すると、プロファイルが設定されていない隣接に対して、このプロファイルが適用されます。SIP 隣接用のプロファイルがすでに選択されている場合には、エンティティのプロファイルではなく、そのプロファイルが使用されます。


) ACE SBC Release 3.0.00 では、この機能は統合モデルに限りサポートされます。


P-CSCF サポート機能の履歴

 

リリース
変更内容

ACE SBC Release 3.0.00

この機能は、SBC 統合モデルのサポートとともに Cisco 7600 シリーズ ルータに追加されました。

この章の構成

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「P-CSCF サポートの実装に関する制約事項」

「P-CSCF サポートについて」

「P-CSCF サポートの実装」

P-CSCF サポートの実装に関する制約事項

P-CSCF サポートの実装には、次の制約および制限が適用されます。

Inherit プロファイルには Visited Network Identifier が含まれていないため、隣接単位で個別に設定する必要があります。

この機能は、IPSec または Network Attachment Subsystem(NASS)バンドル認証によるアクセス リンクの確保をサポートしていません。

この機能では、緊急コールはサポートされていません。

P-CSCF サポートについて

ここの構成は、次のとおりです。

「標準 Non-IMS プロファイル」

「P-CSCF アクセス プロファイル」

「P-CSCF コア プロファイル」

標準 Non-IMS プロファイル

このプロファイルは、既存の SBC 機能との互換性を提供し、IMS ネットワークで動作しない隣接に対して使用されます。このプロファイルを隣接に適用すると、SBC のプロパティは次のようになります。

SBC がシグナリング パスに存続できるように、Contact ヘッダーが書き換えられます。

不明なヘッダー、メソッド、およびオプションは、デフォルトではパススルーが拒否されます。

SBC は、発信信号に Path ヘッダーを付加しません。

SBC は、発信信号に Record-Route ヘッダーを付加しません。

非 REGISTER 要求を送受信するために、この隣接のエンドポイントを登録する必要はありません。

エンドポイントは、発信信号に Route ヘッダーを付加する必要はありません。

隣接は、発信信号用の P-Charging Vector ヘッダーを生成しません。

P-CSCF アクセス プロファイル

このプロファイルは、P-CSCF アクセス隣接機能の実行に必要な設定を提供します。このプロファイルを隣接に適用すると、SBC のプロパティは次のようになります。

Contact ヘッダーは書き換えられません。

非 REGISTER 要求を送受信するために、この隣接のエンドポイントを登録する必要があります。

エンドポイントは、レジストラからの Service-Route セットと一致する Route ヘッダーを発信信号に付加する必要があります。

SBC は、発信信号に Record-Route ヘッダーを付加します。

SBC は、発信信号に Path ヘッダーを付加しません。

隣接は、発信信号用の P-Charging Vector ヘッダーを生成しません。

SBC は、デフォルトでは P-Asserted Identity、Security-Client、Security-Verify、P-Charging-Function Addresses、P-Charging-Vector、および P-Media-Authorization を除き、すべての着信非必須ヘッダーのパススルーを許可します。

SBC は、デフォルトでは P-Charging-Function-Addresses、P-Charging-Vector、および P-Media-Authorization を除き、すべての発信非必須ヘッダーを許可します。

SBC は、すべての着信非必須メソッドのパススルーを許可します。

SBC は、すべての発信非必須メソッドのパススルーを許可します。UE のレジストラとしての動作は許可されません。

Supported、Require、Proxy-Require の各ヘッダーの Option タグは、両方向でパススルーが許可されます。

P-CSCF コア プロファイル

このプロファイルは、P-CSCF コア隣接機能の実行に必要な設定を提供します。このプロファイルを隣接に適用すると、SBC のプロパティは次のようになります。

Contact ヘッダーは書き換えられません。

SBC は、デフォルトでは P-Charging-Function-Addresses および P-Media-Authorization を除き、すべての着信不明ヘッダーを許可します。

SBC は、発信信号に Record-Route ヘッダーを付加します。

SBC は、P-CSCF からの発信 REGISTER 信号に Path ヘッダーを付加します。

隣接は、発信信号用の P-Charging Vector ヘッダーを生成します。

非 REGISTER 要求を送受信するために、この隣接のエンドポイントを登録する必要はありません。

SBC は、デフォルトでは P-Charging-Function-Addresses および P-Media-Authorization を除き、すべての発信非必須ヘッダーを許可します。

SBC は、すべての不明メソッドのパススルーを許可します。

Supported、Require、Proxy-Require の各ヘッダーの Option タグは、両方向でパススルーが許可されます。

P-CSCF サポートの実装

ここでは、プロファイル継承の設定方法について説明します。

プロファイル継承の設定

手順概要

1. configure

2. sbc service-name

3. sbe

4. sip inherit profile {preset-ibcf-ext-untrusted | preset-ibcf-external | preset-ibcf-internal | preset-p-cscf-access | preset-p-cscf-core | preset-standard-non-ims}

5. adjacency sip adjacency-name

6. inherit profile preset p-cscf-access

7. visited network identifier network-name

8. exit

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

host1/Admin# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

host1/Admin(config)# sbc mysbc

SBC サービス モードを開始します。

サービス名を定義するには、 service-name 引数を使用します。

ステップ 3

sbe

 

host1/Admin(config-sbc)# sbe

SBC サービス内で SBE エンティティ モードを開始します。

ステップ 4

sip inherit profile {preset-ibcf-ext-untrusted | preset-ibcf-external | preset-ibcf-internal | preset-p-cscf-access | preset-p-cscf-core | preset-standard-non-ims}

 

host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip inherit profile preset p-cscf-access

P-CSCF Access Inherit Profile をグローバル プロファイルとして設定します。

ステップ 5

adjacency sip adjacency-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe )# adjacency sip sipadj

SBE SIP 隣接モードを開始します。

SIP 隣接名を定義するには、 adjacency-name 引数を使用します。

ステップ 6

inherit profile preset p-cscf-access

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip )# inherit profile preset-p-cscf-access

P-CSCF-Access プロファイルを使用するように SIP 隣接を設定します。

ステップ 7

visited network identifier network-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip )# visited network identifier mynetwork.com

SIP 隣接に指定の Visited Network Identifier を設定します。

ステップ 8

exit

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# exit

SIP 隣接モードを終了して SBE モードに戻ります。