Cisco 7600 シリーズ ルータ セッション ボーダ コン トローラ コンフィギュレーション ガイド
データ ボーダ エレメント過負荷レポートの設 定
データ ボーダ エレメント過負荷レポートの設定
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/06/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

データ ボーダ エレメント過負荷レポートの設定

この章の構成

前提条件:DBE 過負荷の実装

DBE 過負荷レポート

DBE 過負荷レポートの設定

データ ボーダ エレメント過負荷レポートの設定

この章では、Session Border Controller(SBC; セッション ボーダ コントローラ)で Data Border Element(DBE; データ ボーダ エレメント)過負荷状況レポートを有効にするためのコンフィギュレーション コマンドについて説明します。DBE レポートの内容は、次のとおりです。

コントロール プレーンの過負荷

データ プレーンの過負荷

リソースの輻輳

過負荷および輻輳がレポートされ、SBC は原因を識別します。


) ACE SBC Release 3.0.00 では、この機能は統合モデルと分散モデルの両方でサポートされます。


この章で使用されているコマンドの詳細については、 第 39 章「Cisco セッション ボーダ コントローラ コマンド」 を参照してください。この章に記載されたその他のコマンドに関するマニュアルを特定するには、コマンド リファレンスのマスター インデックスを使用するか、オンラインで検索してください。

DBE 過負荷レポートの設定機能の履歴

 

リリース
変更内容

ACE SBC Release 3.0.00

SBC 統合モデルのサポートが追加されました。

ACE SBC Release 2.0.00

この機能が Cisco 7600 シリーズ ルータに追加されました。

この章の構成

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「前提条件:DBE 過負荷の実装」

「DBE 過負荷レポート」

「DBE 過負荷レポートの設定」

前提条件:DBE 過負荷の実装

次に、SBC 冗長性を実装するための前提条件を示します。

Application Control Engine(ACE)モジュールで SBC コマンドを入力するには、Admin ユーザである必要があります。詳細については、次の URL にある『 Application Control Engine Module Administration Guide 』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/hw/modules/ps2706/products_configuration_guide_book09186a00806838f4.html

インターワーキング DBE 過負荷を実装する前に、SBC を作成しておく必要があります。 第 2 章「SBC の ACE を設定するための前提条件」 に記載された手順に従ってください。

DBE 過負荷レポート

VoIP シグナリング プロトコルである H.248 プロトコル(または Megaco)は、分散 SBC システムで、Media Gateway Controller(MGC; メディア ゲートウェイ コントローラ)と DBE 間で通信する場合に使用されます。Megaco パッケージ H.248.11 を使用すると、新しい終端の追加要求数が定義済みしきい値を超えた場合、Media Gateway(MG; メディア ゲートウェイ)はイベントを生成できます。

DBE はこのパッケージをサポートするように拡張されています。

MGC はこのパッケージを使用するように拡張されていません。

H.248.11 パッケージは H.248 Gate Control プロファイルのオプションとして追加されています。

DBE 過負荷レポートの設定

ここでは、DBE 過負荷レポートの設定手順を示します。

手順概要

1. configure

2. sbc sbc-name

3. dbe

4. overload-time-threshold time

5. exit

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

host1/Admin# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc sbc-name

 

host1/Admin(config)# sbc mysbc

SBC サービス モードを開始します。

サービス名を定義するには、 sbc-name 引数を使用します。

ステップ 3

dbe

 

host1/Admin(config-sbc)# dbe

SBC の DBE 機能モードを開始します。

ステップ 4

overload-time-threshold time

 

host1/Admin(config-sbc-dbe )# sbc dbe overload-time-threshold 400

MG 過負荷制御検出のしきい値(ミリ秒)を設定します。

SBE が過負荷制御イベントに加入している場合、新規フロー追加要求の処理時間がこのしきい値を超過するたびに、DBE は過負荷イベント通知を送信します。

範囲は 0 ~ 2000000000 です。デフォルト値は 100 です。

ステップ 5

exit

 

host1/Admin(config-sbc-dbe)# exit

DBE モードを終了し、EXEC モードに戻ります。