Cisco 7600 シリーズ ルータ セッション ボーダ コン トローラ コンフィギュレーション ガイド
Cisco セッション ボーダ コントローラ コマ ンド
Cisco セッション ボーダ コントローラ コマンド
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/04/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

Cisco セッション ボーダ コントローラ コマンド

コマンド リファレンス

account

action (CAC)

action drop-msg

action (NA)

action (RTG)

action (SDP)

action (SIP)

action(パラメータ)

activate (dbe、sbe)

activate(課金)

activate (radius)

active-cac-policy-set

active-call-policy-set

address-default

address ipv4

adjacency

adjacency timeout

alias

allow private info

attach(隣接)

attach(課金)

attach-controllers

authentication

authentication endpoint

authentication-key

authentication mode

authentication nonce timeout

authentication-realm

averaging-period

batch-size

batch-time

billing

blacklist (sbe)

blacklist (sip-opt)

cache-lifetime

cache-limit

cac-policy-set

cac-table

callee-codec-list

callee-hold-setting

callee-inbound-policy

callee-outbound-policy

callee-privacy

callee-sig-qos-profile

callee-video-qos-profile

callee-voice-qos-profile

caller-codec-list

caller-hold-setting

caller-inbound-policy

caller-outbound-policy

caller-privacy

caller-sig-qos-profile

caller-video-qos-profile

caller-voice-qos-profile

call-policy-set

category

clear services sbc

clear services sbc sbe blacklist

clear services sbc blacklist all

clear services sbc sbe blacklist all

clear services sbc sbe blacklist ipv4

clear services sbc dbe media-stats

clear services sbc sbe cac-rejection-stats

clear services sbc sbe call

clear services sbc sbe call-rate-stats

clear services sbc sbe call-rejection-stats

clear services sbc sbe call-stats

clear services sbc sbe policy-failure-stats

clear services sbc sbe policy-rejection-stats

clear services sbc sbe radius-client

clear services sbc sbe radius-client-stats

clear services sbc sbe statistics

codec

codec-list

codec-list description

codec packetization-period

codec-restrict-to-list

codecs

complete

concurrent-requests

condition

congestion-cleared

congestion-threshold

control address aaa

control address h248 index

control-address h248 ipv4

control address h248 port

control address h248 transport

controller h248

copy logs

cost

dbe

dbe-location-id

deact-mode abort

deact-mode (billing)

deact-mode normal

deact-mode quiesce

deact-mode(dbe、sbe)

debug services sbc errors

debug services sbc events

debug services sbc ha

debug services sbc info

debug services sbc ips

debug services sbc logging

debug services sbc mem-trace dump

debug services sbc off

debug services sbc pd filter component

debug services sbc pd filter context

debug services sbc pd filter product

debug services sbc pd log-level

debug services sbc rsrcmon

default-port-limit

description

description (sip-opt)

dscp

dst-adjacency

dtmf-duration

early-media-deny

early-media-timeout

early-media-type

edit

edit-cic

edit-src

entry(プロファイル)

entry(テーブル)

fast-register disable

fast-register-interval

first-cac-prefix-len

first-cac-scope

first-cac-table

first-call-routing-table

first-number-analysis-table

first-reg-routing-table

force-signaling-peer

global

group

h225 timeout

h245-address-pass

h245-tunnel disable

h248 allow-all-mg

h248-profile

h248-profile-version

h248-version

h323

header

header-profile

hold-media-timeout

hunting-trigger

inherit profile

invite-timeout

ip host

ip precedence

ip TOS

ipv4(ブラックリスト)

ipv4 (SBE H.248)

key

ldr-check

local-address ipv4(パケットケーブル)

local-address ipv4

local-id host

local-port

location-id

mandatory-transport

map-status-code

marking

match-account

match-address

match-adjacency

match-category

match-cic

match-domain

match-number

match-prefix

match-prefix len

match-type

match-string

match-table

match-time

match-value

max-bandwidth

max-call-rate

max-channels

max-in-call-rate

max-num-calls

max-out-call-rate

max-regs

max-regs-rate

max-updates

media-address ipv4

media-address ipv4 port-range

media-address ipv4 vrf port-range

media-address pool ipv4

media-address pool ipv4 port-range

media-address pool ipv4 vrf

media-address pool ipv4 vrf port-range

media-bypass

media-bypass-forbid

media-gateway

media-late-to-early-iw

media-timeout

method

method packetcable-em

na-dst-number-table

na-dst-number-attr-table

na-dst-prefix-table

na-src-account-table

na-src-adjacency-table

nat

network-id

option

option-profile

outbound-flood-rate

overload-time-threshold

packetcable-em transport radius

parameter

parameter-profile

pass-body

passthrough

ping-enable

ping-fail-count

ping-interval

ping-lifetime

port(サーバ)

port (SBE H.248)

preferred-transport

precedence

prefix

priority

priority (rsrc-pri)

privacy restrict outbound

qos sig

qos video

qos voice

radius

range value

ras retry

ras rrq

ras timeout

reason

record-media-create-info

redirect-limit

redirect-mode

registration rewrite-register

registration target address

registration target port

reg-min-expiry

remote-address ipv4

remote-port

resource-priority

resource-priority-set

retry-interval

retry-limit (radius)

retry-limit(ルーティング テーブル)

rtg-carrier-id-table

rtg-category-table

rtg-dst-address-table

rtg-dst-domain-table

rtg-least-cost-table

rtg-round-robin-table

rtg-src-account-table

rtg-src-address-table

rtg-src-adjacency-table

rtg-src-domain-table

rtg-time-table

sbc

sbe

sdp-attribute-table

sdp-match-table

sdp origin-user-name

sdp-policy-table

secure-media

security

server

server mode

server-retry disable

service sbc sbe call-destroy

service sbc sbe radius accounting

show services sbc dbe addresses

show services sbc dbe controllers

show services sbc dbe h248-profile

show services sbc dbe media-flow-stats

show services sbc dbe media-flow-stats vrf

show services sbc dbe media-flow-stats vrf ipv4

show services sbc dbe media-flow-stats vrf ipv4 port

show services sbc dbe media-stats

show services sbc dbe signaling-flow-stats

show services sbc rsrcmon

show services sbc sbe aaa

show services sbc sbe addresses

show services sbc sbe adjacencies

show services sbc sbe adjacencies detail

show services sbc sbe adjacencies authentication-realms

show services sbc sbe all-authentication-realms

services sbc sbe billing instance

services sbc sbe billing instances

show services sbc sbe billing remote

show services sbc sbe blacklist configured-limits

show services sbc sbe blacklist current-blacklisting

show services sbc sbe blacklist ipv4

show services sbc sbe cac-policy-set

show services sbc sbe cac-policy-sets

show services sbc sbe cac-policy-set tables

show services sbc sbe cac-policy-set table entries

show services sbc sbe cac-policy-set table entry

show services sbc sbe call branches

show services sbc sbe call-policy-set

show services sbc sbe call-policy-set table entry

show services sbc sbe call-rate-stats

show services sbc sbe calls

show services sbc sbe call-stats

show services sbc sbe codec-list

show services sbc sbe gates

show services sbc sbe h323 timers

show services sbc sbe hold-media-timeout

show services sbc sbe hunting-trigger

show services sbc sbe media-gateway-associations

show services sbc sbe media-gateways

show services sbc sbe policy-failure-stats

show services sbc sbe policy-failure-stats dst-account

show services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency

show services sbc sbe policy-failure-stats src-account

show services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency

show services sbc sbe qos-profiles

show services sbc sbe radius-client-accounting acounting

show services sbc sbe radius-client-accounting authentication

show services sbc sbe radius-client-stats

show services sbc sbe radius-server-stats

show services sbc sbe redirect-limit

show services sbc sbe resource-priority-sets

show services sbc sbe sdp-h245-mapping

show services sbc sbe sdp-match-table

show services sbc sbe sdp-policy-table

show services sbc sbe sip essential-headers

show services sbc sbe sip essential-methods

show services sbc sbe sip essential-options

show services sbc sbe sip fast-register-stats

show services sbc sbe sip header-profile

show services sbc sbe sip header-profiles

show services sbc sbe sip method-profile

show services sbc sbe sip method-profiles

show services sbc sbe sip option-profile

show services sbc sbe sip-method-stats

show services sbc sbe sip option-profiles

show services sbc sbc sbe sip parameter-profile

show services sbc sbe sip subscribers

show services sbc sbe sip timers

show services sbc services

signaling-address ipv4

signaling-peer

signaling-peer-port

signaling-port

sip

sip dns

sip encryption key

sip header-profile

sip home network identifier

sip hunting-trigger

sipi

sip inherit profile

sip max-connections

sip method-profile

sip option-profile

sip parameter-profile

sip ping-support

sip timer

sip visited network identifier

snmp-server enable traps sbc

statistics-setting

tcp(ブラックリスト)

tcp-connect-timeout

tcp-idle-timeout

tech-prefix

time-offset

timeout

transcode-deny

transcoder

transport (SBE H.248)

transport tcp

transport udp

trigger-period

trigger-size

udp(ブラックリスト)

udp-first-retransmit-interval

udp-max-retransmit-interval

udp-response-linger-period

unexpected-source-alerting

use-any-local-port

use-time-offset

vdbe

vpn

vrf

weight

Cisco セッション ボーダ コントローラ コマンド

コマンド リファレンス

ここでは、Session Border Controller(SBC; セッション ボーダ コントローラ)および Data Border Element(DBE; データ ボーダ エレメント)の次のコマンドについて説明します。

「account」

「action (CAC)」

「action drop-msg」

「action (NA)」

「action (RTG)」

「action (SDP)」

「action (SIP)」

「action(パラメータ)」

「activate (dbe、sbe)」

「activate(課金)」

「activate (radius)」

「active-cac-policy-set」

「active-call-policy-set」

「address-default」

「address ipv4」

「adjacency」

「adjacency timeout」

「alias」

「allow private info」

「attach(隣接)」

「attach(課金)」

「attach-controllers」

「authentication」

「authentication endpoint」

「authentication-key」

「authentication mode」

「authentication nonce timeout」

「authentication-realm」

「averaging-period」

「batch-size」

「batch-time」

「billing」

「blacklist (sbe)」

「blacklist (sip-opt)」

「cache-lifetime」

「cache-limit」

「cac-policy-set」

「cac-table」

「callee-codec-list」

「callee-hold-setting」

「callee-inbound-policy」

「callee-outbound-policy」

「callee-privacy」

「callee-sig-qos-profile」

「callee-video-qos-profile」

「callee-voice-qos-profile」

「caller-codec-list」

「caller-hold-setting」

「caller-inbound-policy」

「caller-outbound-policy」

「caller-privacy」

「caller-sig-qos-profile」

「caller-video-qos-profile」

「caller-voice-qos-profile」

「call-policy-set」

「category」

「clear services sbc」

「clear services sbc sbe blacklist」

「clear services sbc blacklist all」

「clear services sbc sbe blacklist all」

「clear services sbc sbe blacklist ipv4」

「clear services sbc dbe media-stats」

「clear services sbc sbe cac-rejection-stats」

「clear services sbc sbe call」

「clear services sbc sbe call-rejection-stats」

「clear services sbc sbe call-stats」

「clear services sbc sbe policy-failure-stats」

「clear services sbc sbe policy-rejection-stats」

「clear services sbc sbe radius-client」

「clear services sbc sbe radius-client-stats」

「clear services sbc sbe statistics」

「codec」

「codec-list」

「codec-list description」

「codec packetization-period」

「codec-restrict-to-list」

「codecs」

「complete」

「concurrent-requests」

「condition」

「congestion-cleared」

「congestion-threshold」

「control address aaa」

「control address h248 index」

「control-address h248 ipv4」

「control address h248 port」

「control address h248 transport」

「controller h248」

「copy logs」

「cost」

「dbe」

「dbe-location-id」

「deact-mode abort」

「deact-mode (billing)」

「deact-mode normal」

「deact-mode quiesce」

「deact-mode(dbe、sbe)」

「debug services sbc errors」

「debug services sbc events」

「debug services sbc ha」

「debug services sbc info」

「debug services sbc ips」

「debug services sbc logging」

「debug services sbc mem-trace dump」

「debug services sbc off」

「debug services sbc pd filter component」

「debug services sbc pd filter context」

「debug services sbc pd filter product」

「debug services sbc pd log-level」

「debug services sbc rsrcmon」

「default-port-limit」

「description」

「description (sip-opt)」

「dscp」

「dst-adjacency」

「dtmf-duration」

「early-media-deny」

「early-media-timeout」

「early-media-type」

「edit」

「edit-cic」

「edit-src」

「entry(プロファイル)」

「entry(テーブル)」

「fast-register disable」

「fast-register-interval」

「first-cac-prefix-len」

「first-cac-scope」

「first-cac-table」

「first-call-routing-table」

「first-number-analysis-table」

「first-reg-routing-table」

「force-signaling-peer」

「global」

「group」

「h225 timeout」

「h245-address-pass」

「h245-tunnel disable」

「h248 allow-all-mg」

「h248-profile」

「h248-profile-version」

「h248-version」

「h323」

「header」

「header-profile」

「hold-media-timeout」

「hunting-trigger」

「inherit profile」

「invite-timeout」

「ip host」

「ip precedence」

「ip TOS」

「ipv4(ブラックリスト)」

「ipv4 (SBE H.248)」

「key」

「ldr-check」

「local-address ipv4(パケットケーブル)」

「local-address ipv4」

「local-id host」

「local-port」

「location-id」

「mandatory-transport」

「map-status-code」

「marking」

「match-account」

「match-address」

「match-adjacency」

「match-category」

「match-cic」

「match-domain」

「match-number」

「match-prefix」

「match-prefix len」

「match-type」

「match-string」

「match-table」

「match-time」

「match-value」

「max-bandwidth」

「max-call-rate」

「max-channels」

「max-in-call-rate」

「max-num-calls」

「max-out-call-rate」

「max-regs」

「max-regs-rate」

「max-updates」

「media-address ipv4」

「media-address ipv4 port-range」

「media-address ipv4 vrf port-range」

「media-address pool ipv4」

「media-address pool ipv4 port-range」

「media-address pool ipv4 vrf」

「media-address pool ipv4 vrf port-range」

「media-bypass」

「media-bypass-forbid」

「media-gateway」

「media-late-to-early-iw」

「media-timeout」

「method」

「method packetcable-em」

「na-dst-number-table」

「na-dst-number-attr-table」

「na-dst-prefix-table」

「na-src-account-table」

「na-src-adjacency-table」

「nat」

「network-id」

「option」

「option-profile」

「outbound-flood-rate」

「overload-time-threshold」

「packetcable-em transport radius」

「parameter」

「parameter-profile」

「pass-body」

「passthrough」

「ping-enable」

「ping-fail-count」

「ping-interval」

「ping-lifetime」

「port(サーバ)」

「port (SBE H.248)」

「preferred-transport」

「precedence」

「prefix」

「priority」

「priority (rsrc-pri)」

「privacy restrict outbound」

「qos sig」

「qos video」

「qos voice」

「radius」

「range value」

「ras retry」

「ras rrq」

「ras timeout」

「reason」

「record-media-create-info」

「redirect-limit」

「redirect-mode」

「registration rewrite-register」

「registration target address」

「registration target port」

「reg-min-expiry」

「remote-address ipv4」

「remote-port」

「resource-priority」

「resource-priority-set」

「retry-interval」

「retry-limit (radius)」

「retry-limit(ルーティング テーブル)」

「rtg-carrier-id-table」

「rtg-category-table」

「rtg-dst-address-table」

「rtg-dst-domain-table」

「rtg-least-cost-table」

「rtg-round-robin-table」

「rtg-src-account-table」

「rtg-src-address-table」

「rtg-src-adjacency-table」

「rtg-src-domain-table」

「rtg-time-table」

「sbc」

「sbe」

「sdp-attribute-table」

「sdp-match-table」

「sdp origin-user-name」

「sdp-policy-table」

「secure-media」

「security」

「server」

「server mode」

「server-retry disable」

「service sbc sbe call-destroy」

「service sbc sbe radius accounting」

「show services sbc dbe addresses」

「show services sbc dbe controllers」

「show services sbc dbe h248-profile」

「show services sbc dbe media-flow-stats」

「show services sbc dbe media-flow-stats vrf」

「show services sbc dbe media-flow-stats vrf ipv4」

「show services sbc dbe media-flow-stats vrf ipv4 port」

「show services sbc dbe media-stats」

「show services sbc dbe signaling-flow-stats」

「show services sbc rsrcmon」

「show services sbc sbe aaa」

「show services sbc sbe addresses」

「show services sbc sbe adjacencies」

「show services sbc sbe adjacencies detail」

「show services sbc sbe adjacencies authentication-realms」

「show services sbc sbe all-authentication-realms」

「services sbc sbe billing instance」

「services sbc sbe billing instances」

「show services sbc sbe billing remote」

「show services sbc sbe blacklist configured-limits」

「show services sbc sbe blacklist current-blacklisting」

「show services sbc sbe blacklist ipv4」

「show services sbc sbe cac-policy-set」

「show services sbc sbe cac-policy-sets」

「show services sbc sbe cac-policy-set tables」

「show services sbc sbe cac-policy-set table entries」

「show services sbc sbe cac-policy-set table entry」

「show services sbc sbe call branches」

「show services sbc sbe call-policy-set」

「show services sbc sbe call-policy-set table entry」

「show services sbc sbe call-rate-stats」

「show services sbc sbe calls」

「show services sbc sbe call-stats」

「show services sbc sbe codec-list」

「show services sbc sbe gates」

「show services sbc sbe h323 timers」

「show services sbc sbe hold-media-timeout」

「show services sbc sbe hunting-trigger」

「show services sbc sbe media-gateway-associations」

「show services sbc sbe media-gateways」

「show services sbc sbe policy-failure-stats dst-account」

「show services sbc sbe policy-failure-stats dst-adjacency」

「show services sbc sbe policy-failure-stats src-account」

「show services sbc sbe policy-failure-stats src-adjacency」

「show services sbc sbe qos-profiles」

「show services sbc sbe radius-client-accounting acounting」

「show services sbc sbe radius-client-accounting authentication」

「show services sbc sbe radius-client-stats」

「show services sbc sbe radius-server-stats」

「show services sbc sbe redirect-limit」

「show services sbc sbe resource-priority-sets」

「show services sbc sbe sdp-h245-mapping」

「show services sbc sbe sdp-match-table」

「show services sbc sbe sdp-policy-table」

「show services sbc sbe sip essential-headers」

「show services sbc sbe sip essential-methods」

「show services sbc sbe sip essential-options」

「show services sbc sbe sip fast-register-stats」

「show services sbc sbe sip header-profile」

「show services sbc sbe sip header-profiles」

「show services sbc sbe sip method-profile」

「show services sbc sbe sip method-profiles」

「show services sbc sbe sip option-profile」

「show services sbc sbe sip-method-stats」

「show services sbc sbe sip option-profiles」

「show services sbc sbc sbe sip parameter-profile」

「show services sbc sbe sip timers」

「show services sbc services」

「signaling-address ipv4」

「signaling-peer」

「signaling-peer-port」

「signaling-port」

「sip」

「sip dns」

「sip encryption key」

「sip header-profile」

「sip home network identifier」

「sip hunting-trigger」

「sipi」

「sip inherit profile」

「sip max-connections」

「sip method-profile」

「sip option-profile」

「sip parameter-profile」

「sip ping-support」

「sip visited network identifier」

「snmp-server enable traps sbc」

「statistics-setting」

「tcp(ブラックリスト)」

「tcp-connect-timeout」

「tcp-idle-timeout」

「tech-prefix」

「time-offset」

「timeout」

「transcode-deny」

「transcoder」

「transport (SBE H.248)」

「transport tcp」

「transport udp」

「trigger-period」

「trigger-size」

「udp(ブラックリスト)」

「udp-first-retransmit-interval」

「udp-max-retransmit-interval」

「udp-response-linger-period」

「unexpected-source-alerting」

「use-any-local-port」

「use-time-offset」

「vdbe」

「vpn」

「vrf」

「weight」

account

SBE で SIP 隣接アカウントまたは H.323 隣接アカウントを定義するには、適切なコンフィギュレーション モードで account コマンドを使用します。この定義を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

account account-name

no account account-name

 
シンタックスの説明

account-name

SBE アカウント名を指定します。

 
コマンドのデフォルト

隣接には、アカウント名が関連付けられていません。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、H.323 隣接 h323ToIsp42 にアカウント isp42 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 SipToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# account isp42
 

次に、SIP 隣接 SipToIsp42 にアカウント isp42 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# account isp42
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

action (CAC)

このルーティング エントリが選択された場合に実行するアクションを指定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで action コマンドを使用します。

action [ cac-complete | next-table goto-table-name ]

no action [ cac-complete | next-table goto-table-name ]

 
シンタックスの説明

cac-complete

イベントが一致する場合に、この CAC ポリシーが完了します。

next-table

次の CAC テーブルの名前を指定します。最大文字数は 80 です。

goto-table-name

処理する次の CAC テーブルを識別するテーブル名を指定します(または、処理を停止する必要がある場合は、cac-complete)。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、新しいアドミッション制御テーブル MyCacTable のエントリに対して処理する次のテーブルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe)# first-cac-scope call
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type src-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete

 
関連コマンド

コマンド
説明

action (NA-)

アドミッション制御テーブルのエントリのあとに実行するアクションを設定します。

action (RTG-SRC)

ルーティング エントリが選択された場合に実行するアクションを設定します。

action drop-msg

SIP メッセージ プロファイルにメッセージのドロップ アクションを追加するには、SIP ヘッダー プロファイル コンフィギュレーション モードで action drop-msg コマンドを使用します。プロファイルからメソッドを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

action drop-msg

no action drop-msg

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SIP ヘッダー コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-sip-hdr)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、ヘッダー プロファイル MyProfile に対して、SIP メッセージ プロファイルにメッセージのドロップ アクションを追加する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip header-profile MyProfile
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr)# action drop-msg

 
関連コマンド

コマンド
説明

sip header-profile

ヘッダー プロファイルを設定します。

action (NA)

着信番号(プレフィクスまたは番号全体)あるいは送信元の隣接またはアカウントに一致するテーブル エントリがある番号分析テーブル内のエントリのアクションを設定するには、番号分析テーブル コンフィギュレーション モードで action (NA-) コマンドを使用します。アクションの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

action [next-table goto-table-name | accept | reject]

no action [next-table goto-table-name | accept | reject]

 
シンタックスの説明

next-table goto-table-name

イベントがこのエントリに一致する場合に処理する次の番号分析テーブルを指定します。

accept

テーブルのエントリに一致する場合に許可するコールを設定します。

reject

テーブルのエントリに一致する場合に拒否するコールを設定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

番号分析テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、新しい番号分析テーブル MyNaTable の送信元隣接エントリに一致する場合に許可するコールを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-src-adjacency-table MyNaTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# action accept

 
関連コマンド

コマンド
説明

action (NA-)

着信番号(プレフィクスまたは番号全体)あるいは送信元の隣接またはアカウントに一致するテーブル エントリがある番号分析テーブル内のエントリのアクションを設定します。

action (CAC)

アドミッション制御テーブルのエントリのあとに実行するアクションを設定します。

action (RTG)

このルーティング エントリが選択された場合に実行するアクションを指定するには、RTG ルーティング テーブル コンフィギュレーション モードで action コマンドを使用します。

action [next-table goto-table-name | complete | reject ]

no action [next-table goto-table-name | complete | reject ]

 
シンタックスの説明

next-table goto-table-name

イベントがこのエントリに一致する場合に処理する次の番号分析テーブルを指定します。

complete

エントリがこのポリシーに一致する場合に、ルーティングが完了します。

reject

テーブルのエントリに一致する場合に拒否するコールを設定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

RTG ルーティング テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの match-value を設定し、コールがこの基準に一致する場合に拒否されるように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-src-account-table MyRtgTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-account 1471
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action reject
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの match-value を設定し、コールがこの基準に一致する場合に拒否されるように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-round-robin-table MyRtgTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-address 1471
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action reject
 

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの match-value を設定し、コールがこの基準に一致する場合に拒否されるように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-dst-address-table MyRtgTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-address 1471
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action complete

 
関連コマンド

コマンド
説明

action (NA)

着信番号(プレフィクスまたは番号全体)あるいは送信元の隣接またはアカウントに一致するテーブル エントリがある番号分析テーブル内のエントリのアクションを設定します。

action (CAC)

アドミッション制御テーブルのエントリのあとに実行するアクションを設定します。

action (SDP)

SDP ポリシー テーブル アクションを設定するには、SDP アトリビュート テーブル コンフィギュレーション モードで action コマンドを使用します。プロファイルからメソッドを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

action {whitelist | blacklist)

no action {whitelist | blacklist}

 
シンタックスの説明

whitelist

定義したアトリビュート セットを許可し、残りをブロックします。

blacklist

定義したアトリビュート セットをブロックし、残りを許可します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SDP アトリビュート テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe- sdpmatchtable-sdpattributetable)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、ヘッダー プロファイル MyProfile に対して、SIP メッセージ プロファイルにメッセージのドロップ アクションを追加する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-match-table 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# action blacklist

 
関連コマンド

コマンド
説明

match-string

SDP アトリビュート照合ストリングを設定します。

sdp-attribute-table

追加または削除するアトリビュートをリストした SDP アトリビュート テーブルを設定します。

sdp-match-table

SDP 照合テーブルを作成します。

sdp-policy-table

SDP ポリシー テーブルを設定します。

action (SIP)

ヘッダー プロファイルまたはパラメータ プロファイル内のエレメント タイプに対して実行するアクションを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで action コマンドを使用します。エレメント タイプからアクションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

action {add-first-header| add-header | as-profile | drop-msg | pass | replace-name | replace-value | strip}

no action {add-first-header| add-header | as-profile | drop-msg | pass | replace-name | replace-value | strip}

 
シンタックスの説明

add-first-header

1 つ目のヘッダーを追加します(ヘッダーが存在する場合はアクションなし)。

add-header

ヘッダーを必ず追加します(ヘッダーがすでに存在するかどうかに関係なく)

as-profile

デフォルトのプロファイル アクション(whilelist/blacklist)を選択します。

drop-msg

メッセージをドロップします。

pass

ヘッダーを渡します。

replace-name

ヘッダー名を置換します。

replace-value

ヘッダー コンテンツ(値)を置換します。

strip

一致した本文、ヘッダー、またはパラメータ エレメントを無条件に除去します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの本文アクションは strip です。

デフォルトのパラメータ アクションは strip です。

デフォルトのヘッダー アクションは strip です。

 
コマンド モード

SBE ヘッダー プロファイルのヘッダー コンフィギュレーション

SBE パラメータ プロファイルのパラメータ コンフィギュレーション

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

アクティブ コンフィギュレーション上にコンフィギュレーションを上書きロードしようとすると、コンフィギュレーションを変更できないことを通知する警告が生成されます。新しいコンフィギュレーションをロードすることでコンフィギュレーション全体を変更する必要がある場合は、まず既存のコンフィギュレーションを削除してください。

次に、パラメータ プロファイル paramprof1 内のパラメータ エレメント タイプ user に対するアクションとして add-not-present を設定する例を示します。

host1/Admin# config
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip parameter-profile paramprof1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-prm)# parameter user

host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-prm-ele)# action add-not-present value phone

次に、パラメータ プロファイル headerprof1 内のヘッダー エレメント タイプ To に対するアクションとして as-profile を設定する例を示します。

host1/Admin# config
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip header-profile headerprof1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr)# header To

host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr-ele)# action as-profile

 
関連コマンド

コマンド
説明

header

ヘッダー プロファイル内のヘッダー エレメントを設定します。

parameter-profile

パラメータ プロファイル内のパラメータ エレメントを設定します。

action(パラメータ)

パラメータに対して実行するアクションを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで action コマンドを使用します。エレメント タイプからアクションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

action {add-not-present [value] {private-ip-address | public-ip-address | access-user-data} | add-or-replace [value] {private-ip-address | public-ip-address | access-user-data} | strip}

no action {add-not-present [value] {private-ip-address | public-ip-address | access-user-data} | add-or-replace [value] {private-ip-address | public-ip-address | access-user-data} | strip}

 
シンタックスの説明

add-not-present

パラメータを追加します(存在しない場合)。

value

追加または置換するパラメータの値です。

add-or-replace

パラメータを追加するか(存在しない場合)、またはパラメータを置換します(存在する場合)。

private-ip-address

パラメータをプライベート IP アドレスとして更新します。

public-ip-address

パラメータをパブリック IP アドレスとして更新します。

access-user-data

パラメータをアクセス ユーザ データとして更新します。

strip

パラメータを除去します(存在する場合)。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトのパラメータ アクションは strip です。

デフォルトのヘッダー アクションは strip です。

 
コマンド モード

SBE ヘッダー プロファイルのヘッダー コンフィギュレーション

SBE パラメータ プロファイルのパラメータ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-sip-prm-ele)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

アクティブ コンフィギュレーション上にコンフィギュレーションを上書きロードしようとすると、コンフィギュレーションを変更できないことを通知する警告が生成されます。新しいコンフィギュレーションをロードすることでコンフィギュレーション全体を変更する必要がある場合は、まず既存のコンフィギュレーションを削除してください。

次に、パラメータ プロファイル paramprof1 内のパラメータ エレメント タイプ user に対するアクションとして add-not-present を設定する例を示します。

host1/Admin# config
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip parameter-profile paramprof1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-prm)# parameter user

host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-prm-ele)# action add-not-present value phone

次に、パラメータ プロファイル headerprof1 内のヘッダー エレメント タイプ To に対するアクションとして as-profile を設定する例を示します。

host1/Admin# config
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip header-profile headerprof1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr)# header To

host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr-ele)# action as-profile

 
関連コマンド

コマンド
説明

header

ヘッダー プロファイル内のヘッダー エレメントを設定します。

parameter

パラメータ プロファイル内のパラメータ エレメントを設定します。

activate (dbe、sbe)

すべての SBE またはデータ ボーダ エレメント(DBE)アドレス コンフィギュレーションが正常にコミットされた場合にセッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスを開始するには、適切なコンフィギュレーション モードで activate コマンドを使用します。SBC の SBE サービスを非アクティブ化するには、このコマンドの no 形式を使用します。

activate

no activate

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値はコマンドの no 形式です。

 
コマンド モード

DBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe)

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

Release 3.0.00

SBE サポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

コマンドは、CLI に戻った場合でも完了しません。進行中の非同期プロセス(アクティブ化または非アクティブ化)が存在し、最後の命令が完了するまで新しい命令は実行されません。

次に、サービス mySbc で DBE をアクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configur
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc)# dbe

host1/Admin (config-sbc-dbe)# activate

 

次に、サービス mySbc で SBE をアクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin (config-sbc-sbe)# activate

 
関連コマンド

コマンド
説明

deact-mode

SBE の非アクティブ化を実装する方法を指定します。

activate(課金)

設定済みの課金をアクティブ化するには、SBE 課金コンフィギュレーション モードで activate コマンドを使用します。

activate

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトでは、課金はアクティブ化されていません。

 
コマンド モード

SBE 課金コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-billing)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

アクティブ コンフィギュレーション上にコンフィギュレーションを上書きロードしようとすると、コンフィギュレーションを変更できないことを通知する警告が生成されます。新しいコンフィギュレーションをロードすることでコンフィギュレーション全体を変更する必要がある場合は、まず既存のコンフィギュレーションを削除してください。

課金をアクティブ化できるのは、RADIUS コンフィギュレーションがアクティブ化されている場合だけです。

次に、コンフィギュレーションがコミットされたあとで課金機能をアクティブ化する例を示します。

host1/Admin/Admin# configure
host1/Admin/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin/Admin(config-sbc-sbe)# billing

host1/Admin /Admin (config-sbc-sbe-billing)# activate

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

billing

課金を設定します。

ldr-check

Long Duration Check(LDR; 長時間チェック)の実行時刻(現地時間)を設定します。

local-address ipv4

CDR に表示されるローカル IPv4 アドレスを設定します。

method packetcable-em

パケットケーブル課金メソッドをイネーブルにします。

packetcable-em transport radius

パケットケーブル課金インスタンスを設定します。

show services sbc sbe billing remote

ローカル コンフィギュレーションと課金コンフィギュレーションを表示します。

activate (radius)

RADIUS クライアントをアクティブ化するには、適切なコンフィギュレーション モードで activate コマンドを使用します。このコマンドをディセーブルにするするには、このコマンドの no 形式を使用します。

activate

no activate

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値はコマンドの no 形式です。

 
コマンド モード

サーバ アカウンティング(config-sbc-sbe-acc)

サーバ認証(config-sbc-sbe-auth)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、RADIUS クライアントをアクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc uut105-1
host1/Admin/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin/Admin(config-sbc-sbe)# radius accounting SBC1-account-1
host1/Admin/Admin(config-sbc-sbe-acc)# activate
 

 
関連コマンド

 

retry-interval

RADIUS サーバに対する接続リトライ インターバルを設定します。

retry-limit

RADIUS サーバに対するリトライ インターバルを設定します。

concurrent-requests

RADIUS サーバに対する同時要求の最大数を設定します。

active-cac-policy-set

SBE エンティティ内のアクティブな CAC ポリシー セットを設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで active-cac-policy-set コマンドを使用します。アクティブなポリシー セットの設定を取り消して、アクティブなポリシー セットのない状態に SBE をしておくには、このコマンドの no 形式を使用します。

active-cac-policy-set policy-set-id

no active-cac-policy-set policy-set-id

 
シンタックスの説明

policy-set-id

アクティブ化する必要があるポリシー セットを識別する整数です。範囲は 1 ~ 2147483647 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc のポリシー セット 1 をアクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin (config-sbc-sbe)# active-cac-policy-set 1
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

active-call-policy

SBE エンティティ内のアクティブなルーティング ポリシー セットを設定します。

active-call-policy-set

SBE エンティティ内のアクティブなルーティング ポリシー セットを設定するには、 SBE コンフィギュレーション モードで active-call-policy-set コマンドを使用します。アクティブなルーティング ポリシー セットの設定を取り消して、アクティブなルーティング ポリシー セットのない状態に SBE をしておくには、このコマンドの no 形式を使用します。

active-call-policy-set policy-set-id

no active-call-policy-set

 
シンタックスの説明

policy-set-id

アクティブ化する必要があるポリシー セットを識別する整数です。
範囲は 1 ~ 2147483647 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

別のポリシー セットがアクティブの状態になっていた場合、このコマンドを実行するとそのポリシー セットがアクティブでなくなります。SBE は、アクティブなルーティング ポリシー セットがない状態で作成されます。そのため、このコマンドを使用してアクティブなルーティング ポリシー セットを明示的に設定する必要があります。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc のポリシー セット 1 をアクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin (config-sbc-sbe)# active-call-policy-set 1
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

active-cac-policy-set

SBE エンティティ内のアクティブな CAC ポリシー セットを設定します。

address-default

所定の VPN の送信元アドレスに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始するには、SBE ブラックリスト コンフィギュレーション モードで blacklist コマンドを使用します。グローバル アドレスと同じ値を VPN に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

address-default

no address-default

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

イベント制限は、すべての VPN で同じ値に設定されています。

 
コマンド モード

SBE ブラックリスト コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-blacklist)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 address-default コマンドを使用して、すべてのアドレスに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# address-default
 

VRF-name は、ブラックリストに対しては任意指定です。ただし、VRF-name を入力する場合は、次の例に示すように vpn トークンが必要になります。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# address-default ?
<cr> Carriage return.
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# address-default
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-addr-default)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# vpn vpnname
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-vpn)# address-default ?
<cr> Carriage return.
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-vpn)# address-default
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-vpn-addr-default)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

reason

送信元の特定のイベント タイプに制限を設定するサブモードを開始します。

timeout

制限を超過したときに送信元からのパケットをブロックする期間を定義します。

trigger-period

イベントの判定期間を定義します。

trigger-size

ブラックリストがトリガーされて指定の送信元からのすべてのパケットがブロックされるまでに、その送信元に対して許可する指定イベント数を定義します。

address ipv4

RADIUS サーバのアドレスを設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで address コマンドを使用します。アクティブなアカウンティング サーバ アドレスの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

address ipv4 A.B.C.D.

no address ipv4 A.B.C.D.

 
シンタックスの説明

A.B.C.D.

RADIUS サーバの IP アドレスです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

サーバ アカウンティング(config-sbc-sbe-acc-ser)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

アカウント サーバはいくつでも指定できます。コール終了時に、最もプライオリティの高いアカウンティング サーバにコール詳細レポートが送信されます。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、Remote Authentication Dial-In User Service(RADIUS)クライアント インスタンス radius1 用として、mySbc でアカウンティング サーバ castor および pollux を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin (config-sbc-sbe)# radius accounting radius1
(config-sbc-sbe-acc)# server castor
(config-sbc-sbe-acc-ser)# address ipv4 10.0.0.1
(config-sbc-sbe-acc-ser)# exit
(config-sbc-sbe-acc)# server pollux
(config-sbc-sbe-acc-ser)# address pollux
(config-sbc-sbe-acc-ser)# exit
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

radius

アカウンティングまたは認証用の RADIUS クライアントを設定します。

adjacency

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの隣接を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで adjacency コマンドを使用します。隣接の設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

adjacency { sip | h323 } adjacency-name

no adjacency { sip | h323 } adjacency-name

 
シンタックスの説明

sip

SBE SIP 隣接モードを開始します。

h323

SBE H.323 隣接モードを開始します。

adjacency-name

SBE SIP 隣接または H.323 隣接の名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。下記の「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 adjacency コマンドを使用して、sipGW という名前の SIP 隣接を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip sipGW
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)#
 

次に、 adjacency コマンドを使用して、H323ToIsp42 という名前の H.323 隣接を設定する例を示します。

 
host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 H323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe adjacencies

すべての隣接を表示します。

adjacency timeout

隣接リトライ タイムアウト インターバルを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで adjacency timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

adjacency timeout value

no adjacency timeout value

 
シンタックスの説明

value

タイムアウト期間をミリ秒単位で指定します。有効値は 10000 ~ 30000 です。デフォルト値は 30 秒です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は 30 秒です。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 adjacency timeout コマンドを使用して、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで隣接リトライ タイムアウトを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# adjacency timeout 10000
 

次に、 adjacency timeout コマンドを使用して、H.323 コンフィギュレーション モードで隣接リトライ タイムアウトを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# h323
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-h323)# adjacency timeout 10000

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

alias

H.323 隣接のエンドポイント エイリアスを設定するには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで alias コマンドを使用します。このコンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

alias alias-name

no alias

 
シンタックスの説明

alias-name

H.323 隣接のエンドポイント エイリアスを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、H.323 隣接 h323ToIsp42 にエンドポイント エイリアス end1 を設定する例を示します。

 
host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# alias end1

 
関連コマンド

コマンド
説明

attach-controller

コントローラに接続する DBE を設定します。

allow private info

H.323 隣接から送信されたメッセージのプライベート情報を許可するように設定するには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで allow private info コマンドを使用します。隣接から送信されたメッセージのプライベート情報を禁止するには、このコマンドの no 形式を使用します。

allow private info

no allow private info

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値はコマンドの no 形式です。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

プライベート情報を許可するように H.323 隣接を設定すると、プライバシー サービスを適用するように CAC ポリシーが設定されている場合またはユーザがプライバシー サービスを要求した場合でも、メッセージのプライベート情報が許可されます。

次に、 allow private info コマンドを使用して、H.323 隣接から送信されたメッセージのプライベート情報を許可するように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323ToIsp422
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# allow private info

 
関連コマンド

コマンド
説明

privacy restrict outbound

ユーザが要求した場合に発信メッセージにプライバシー制限を適用するように H.323 隣接を設定します。

 

attach(隣接)

SBE 上のアカウントに隣接を接続するには、適切なコンフィギュレーション モードで attach コマンドを使用します。SBE 上のアカウントから隣接を切断するには、このコマンドの no 形式を使用します。

attach force [abort | normal]

no attach force [abort | normal]

 
シンタックスの説明

force

強制的に切断します。

abort

エンドにシグナリングすることなくコールをティアダウンします。

normal

コールを通常の方法でティアダウンします。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値はコマンドの no 形式です。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

すべての SBE コールをティアダウンするには、 force 引数を使用します。

次に、h323ToIsp42 に H.323 隣接を接続する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# attach

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

attach(課金)

RADIUS クライアントに対する課金をアクティブ化するには、packetcable-em コンフィギュレーション モードで attach コマンドを使用します。RADIUS クライアントに対する課金をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

attach

no attach

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

packetcable-em コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、RADIUS クライアントに対する課金機能をアクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# billing
(config-sbc-sbe-billing)# method packetcable-em
(config-sbc-sbe-billing)# packetcable-em 4 transport radius test
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# batch-size 256
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# batch-time 22
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# attach
 
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

activate (radius)

コンフィギュレーションがコミットされたあとで課金機能をアクティブ化します。

attach

RADIUS クライアントの課金をアクティブ化します。

batch-size

RADIUS サーバに送信された RADIUS メッセージのバッチまたはグループを設定します。

batch-time

バッチが送信される前にバッチにレコードを保持する最大時間をミリ秒単位で設定します。

deact-mode

課金メソッドに非アクティブ化モードを設定します。

ldr-check

長時間チェック(LDR)の実行時刻(現地時間)を設定します。

local-address ipv4

CDR に表示されるローカル IPv4 アドレスを設定します。

local-address ipv4 (packet-cable)

パケットケーブル課金インスタンスのローカル アドレスを設定します。

method packetcable-em

パケットケーブル課金メソッドをイネーブルにします。

packetcable-em transport radius

パケットケーブル課金インスタンスを設定します。

show services sbc sbe billing remote

ローカル コンフィギュレーションと課金コンフィギュレーションを表示します。

attach-controllers

H.248 コントローラに接続するように DBE を設定するには、VDBE コンフィギュレーション モードで attach-controllers コマンドを使用します。DBE をコントローラから切断するには、このコマンドの no 形式を使用します。

attach-controllers

no attach-controllers

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトでは、コントローラは接続されていません。

 
コマンド モード

VDBE コンフィギュレーション モード(config-sbc-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DBE とコントローラの接続および切断は、すぐに実行されるとは限りません。現在の接続ステータスを表示するには、show sbc dbe controllers コマンドを使用します。

次に、DBE が作成され、コントローラが設定されているコンフィギュレーションで、VDBE コンフィギュレーション モードで DBE をコントローラに接続する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# vdbe
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# attach-controllers

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

vdbe

Virtual Data Border Element(vDBE; 仮想データ ボーダ エレメント)を設定し、VDBE コンフィギュレーション モードを開始します。

show sbc dbe controllers

各 vDBE に設定されているメディア ゲートウェイ コントローラとそのコントローラ アドレスをリストします。

authentication

H.323 隣接の認証を設定するには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで authentication コマンドを使用します。H.323 隣接の認証モードの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication auth-type

no authentication

 
シンタックスの説明

auth-type

認証タイプです。現在使用できるのは、endpoint だけです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値はコマンドの no 形式です。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドでは、SBC 自体がゲートキーパーで認証されるようにします。ゲートキーパーでは、エンドポイント認証が実行される必要があります。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、エンドポイント認証を使用するように H.323 隣接「h323ToIsp42」を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# isp42 adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# authentication endpoint
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

authentication endpoint

エンドポイント認証を使用するように H.323 隣接を設定するには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで authentication endpoint コマンドを使用します。このコンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication endpoint

no authentication endpoint

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトでは、認証手順は実行されません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、エンドポイント認証を使用するように H.323 隣接 h323ToIsp42 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# authentication endpoint

 
関連コマンド

コマンド
説明

sipi

H.323 隣接の認証キーを設定します。

authentication-key

H.323 隣接の認証キーを設定するには、 隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで authentication-key コマンドを使用します。H.323 隣接の認証キーの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication-key key

no authentication-key

 
シンタックスの説明

key

認証キーを指定します (認証がオンの場合にだけ有効です)。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値はコマンドの no 形式です。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、認証キー FG56KJ を使用するように H.323 隣接 h323ToIsp42 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# authentication-key FG56KJ

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication endpoint

エンドポイント認証を使用するように H.323 隣接を設定します。

authentication mode

SIP 隣接の認証モードを設定するには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで authentication mode コマンドを使用します。認証モードの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication mode { local | remote }

no authentication mode { local | remote }

 
シンタックスの説明

local

SIP 隣接にローカル認証を設定します。

remote

SIP 隣接にリモート認証を設定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 authentication mode コマンドを使用して、SIP 隣接にローカル認証を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
host1/Admin(config-sbe-adj-sip)# authentication mode local

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication nonce timeout

SIP 隣接の認証ナンス タイムアウトを設定します。

 

authentication nonce timeout

SIP 隣接の認証ナンス タイムアウトを設定するには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで authentication nonce timeout コマンドを使用します。認証ナンス タイムアウトの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication nonce timeout value

no authentication nonce timeout

 
シンタックスの説明

value

タイムアウト値を秒単位で指定します。値の範囲は 0 ~ 65535 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトのタイムアウト値は 300 秒です。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 authentication nonce timeout コマンドを使用して、SIP 隣接の認証ナンス タイムアウトを秒単位で設定する例を示します。

 
host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
host1/Admin(config-sbe-adj-sip)# authentication nonce timeout 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication mode

SIP 隣接の認証モードを設定します。

 

authentication-realm

指定の SIP 隣接の指定のドメインに対する認証クレデンシャルのセットを設定するには、 隣接 SIP コンフィギュレーション モードで authentication-realm コマンドを使用します。指定した隣接の認証レルムの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication-realm { inbound domain | outbound domain username password}

no authentication-realm { inbound domain | outbound domain}

 
シンタックスの説明

inbound

着信認証レルムを指定します。

outbound

発信認証レルムを指定します。

domain

認証クレデンシャルが有効なドメインの名前です。

username

指定したドメインの SBC を識別するユーザ名です。

password

指定したドメインのユーザ名を認証するパスワードです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 authentication-realm コマンドを使用して、SIP 隣接 SipToISP42 のドメイン example.com の認証レルムを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SiptoISP42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# authentication-realm outbound example.com usersbc passwordsbc

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

averaging-period

CAC でレート計算に使用される平均期間のサイズを設定するには、CAC ポリシー セット コンフィギュレーション モードで averaging period コマンドを使用します。平均期間をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

averaging- period duration

no averaging- period

 
シンタックスの説明

duration

使用する平均期間のサイズ(秒単位)です。デフォルト値は 60 秒です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は 60 秒です。

 
コマンド モード

CAC ポリシー セット コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、「mySbc」のコンフィギュレーション セット 1 で平均期間を 5 秒に設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# averaging-period 5
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

cac-policy-set

Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

batch-size

RADIUS サーバに送信された RADIUS メッセージのバッチまたはグループを設定するには、packetcable-em コンフィギュレーション モードで batch コマンドを使用します。バッチをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

batch-size number

no batch-size

 
シンタックスの説明

 

number

バッチ サイズをバイト単位で指定します。範囲は 0 ~ 4096 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は 0 です。

 
コマンド モード

packetcable-em コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

値 0 は、バッチなしを意味します。プラットフォームで 0 以外のデフォルト値が設定される場合があります(これにより、パフォーマンスが向上します)。

次に、CDR のバッチの最大サイズを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# billing
(config-sbc-sbe-billing)# packetcable-em 4 transport radius test
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# batch-size 256

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

activate (radius)

コンフィギュレーションがコミットされたあとで課金機能をアクティブ化します。

attach

RADIUS クライアントの課金をアクティブ化します。

batch-size

RADIUS サーバに送信された RADIUS メッセージのバッチまたはグループを設定します。

batch-time

バッチが送信される前にバッチにレコードを保持する最大時間をミリ秒単位で設定します。

deact-mode

課金メソッドに非アクティブ化モードを設定します。

ldr-check

長時間チェック(LDR)の実行時刻(現地時間)を設定します。

local-address ipv4

CDR に表示されるローカル IPv4 アドレスを設定します。

local-address ipv4 (packet-cable)

パケットケーブル課金インスタンスのローカル アドレスを設定します。

method packetcable-em

パケットケーブル課金メソッドをイネーブルにします。

packetcable-em transport radius

パケットケーブル課金インスタンスを設定します。

show services sbc sbe billing remote

ローカル コンフィギュレーションと課金コンフィギュレーションを表示します。

 

batch-time

バッチが送信される前にレコードを保持する最大時間をミリ秒単位で設定するには、packetcable-em コンフィギュレーション モードで batch-time コマンドを使用します。待機期間をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

batch-time number

no batch-time

 
シンタックスの説明

 

number

バッチ時間をミリ秒単位で指定します。範囲は 1 ~ 3600000 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は 1000 ミリ秒です。

 
コマンド モード

packetcable-em コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、バッチが送信される前にレコードを保持する最大時間をミリ秒単位で設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# billing
(config-sbc-sbe-billing)# packetcable-em 4 transport radius test
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# batch-size 256
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# batch-time 22

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

activate (radius)

コンフィギュレーションがコミットされたあとで課金機能をアクティブ化します。

attach

RADIUS クライアントの課金をアクティブ化します。

batch-size

RADIUS サーバに送信された RADIUS メッセージのバッチまたはグループを設定します。

batch-time

バッチが送信される前にバッチにレコードを保持する最大時間をミリ秒単位で設定します。

deact-mode

課金メソッドに非アクティブ化モードを設定します。

ldr-check

長時間チェック(LDR)の実行時刻(現地時間)を設定します。

local-address ipv4

CDR に表示されるローカル IPv4 アドレスを設定します。

local-address ipv4 (packet-cable)

パケットケーブル課金インスタンスのローカル アドレスを設定します。

method packetcable-em

パケットケーブル課金メソッドをイネーブルにします。

packetcable-em transport radius

パケットケーブル課金インスタンスを設定します。

show services sbc sbe billing remote

ローカル コンフィギュレーションと課金コンフィギュレーションを表示します。

billing

課金を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで billing コマンドを使用します。すべての課金コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

billing

no billing

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

Release 3.1.00

remote キーワードが削除されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

課金は SBC ごとに 1 つに制限されています。

次に、mySbc に対して課金モードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# billing
host1/Admin(config-sbc-sbe-billng)#
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

activate (radius)

コンフィギュレーションがコミットされたあとで課金機能をアクティブ化します。

ldr-check

長時間チェック(LDR)の実行時刻(現地時間)を設定します。

local-address ipv4

CDR に表示されるローカル IPv4 アドレスを設定します。

method packetcable-em

パケットケーブル課金メソッドをイネーブルにします。

packetcable-em transport radius

パケットケーブル課金インスタンスを設定します。

show services sbc sbe billing remote

ローカル コンフィギュレーションと課金コンフィギュレーションを表示します。

 

blacklist (sbe)

所定の送信元のイベント制限を設定するモードを開始するには、SBE コンフィギュレーション モードで blacklist コマンドを使用します。イベント制限をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

blacklist

no blacklist

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、すべてのアドレスに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# address-default
 

VRF-name は、ブラックリストに対しては任意指定です。ただし、VRF-name を入力する場合は、次の例に示すように vpn トークンが必要になります。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# address-default ?
<cr> Carriage return.
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# address-default
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-addr-default)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# vpn vpnname
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-vpn)# address-default ?
<cr> Carriage return.
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-vpn)# address-default
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-vpn-addr-default)#
 

次に、 vpn コマンドを使用して、所定の VPN に対してイベント制限を設定するモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# vpn test
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-vpn)#
 

次に、ブラックリストをすべてのアドレスに適用するように設定するモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# global
 

次に、ブラックリスト オプションを 1 つの IP アドレスに適用するモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# ipv4 1.1.1.1
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-ipv4)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-default

所定の VPN の送信元アドレスに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始します。

clear services sbc sbe blacklist

指定した SBC サービスのブラックリストをクリアします。

global

ブラックリストをすべてのアドレスに適用するように設定するモードを開始します。

ipv4 (blacklist)

ブラックリスト オプションを 1 つの IP アドレスに適用するモードを開始します。

vpn

所定の VPN に対してイベント制限を設定するモードを開始します。

reason

送信元の特定のイベント タイプに制限を設定するサブモードを開始します。

show services sbc sbe blacklist configured-limits

明示的に設定されている制限をリストします(設定されている送信元だけを表示)。

show services sbc sbe blacklist current-blacklisting

送信元をブラックリストに掲載する原因となっている制限をリストします。

tcp

TCP プロトコルだけを対象としてブラックリストを設定するモードを開始します。

timeout

制限を超過したときに送信元からのパケットをブロックする期間を定義します。

trigger-period

イベントの判定期間を定義します。

default-port-limit

所定のアドレスのポートに対してデフォルト イベント制限を設定するサブモードを開始します。

trigger-size

ブラックリストがトリガーされて指定の送信元からのすべてのパケットがブロックされるまでに、その送信元に対して許可する指定イベント数を定義します。

udp

UDP プロトコルだけを対象としてブラックリストを設定するモードを開始します。

vpn

所定の VPN に対してイベント制限を設定するモードを開始します。

blacklist (sip-opt)

ブラックリストに掲載するプロファイルを設定するには、SIP オプション モードで blacklist コマンドを使用します。このプロファイルからブラックリストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

blacklist

no blacklist

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

global がデフォルト値として使用されます。

 
コマンド モード

SIP オプション(sip-opt)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、プロファイルにオプションを追加する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc sanity
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip option-profile optpr1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-opt)# blacklist

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

sip-option-profile

SIP オプション ホワイトリスト/ブラックリスト プロファイルに対して、SBE エンティティ モードでオプション プロファイルを設定します。

cache-lifetime

DNS エントリのライフタイムを設定するには、DNS コンフィギュレーション モードで cache-lifetime コマンドを使用します。ライフタイムをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cache-lifetime 0-1879048

no cache-lifetime

 
シンタックスの説明

0 ~ 1879048

DNS エントリのライフタイム(秒単位)です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

DNS コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-dns)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、DNS エントリのライフタイムを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip dns
host1/Admin(config-sbe-dns)# cache-lifetime 444

 
関連コマンド

コマンド
説明

cache-limit

DNS キャッシュの最大許容エントリ数を設定します。

sip dns

SIP DNS コンフィギュレーション モードを開始します。

cache-limit

DNS キャッシュの最大許容エントリ数を設定するには、DNS コンフィギュレーション モードで cache-limit コマンドを使用します。制限を 100 に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

cache-limit 0-4294967295

no cache-lifetime

 
シンタックスの説明

0 ~ 4294967295

DNS エントリの最大数です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は 100 です。

 
コマンド モード

DNS コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-dns)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、DNS エントリ数の制限を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip dns
host1/Admin(config-sbe-dns)# cache-limit 14

 
関連コマンド

コマンド
説明

cache-lifetime

DNS エントリのライフタイムを設定します。

sip dns

SIP DNS コンフィギュレーション モードを開始します。

cac-policy-set

SBE エンティティ内の CAC ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始するには、SBE コンフィギュレーション モードで cac-policy-set コマンドを使用します。必要に応じて、新しいポリシー セットが作成されます。アクティブなポリシー セットのコンフィギュレーションは変更できません。

ポリシー セットを破棄するには、このコマンドの no 形式を使用します。アクティブなポリシー セットは破棄できません。

cac-policy-set policy-set-id

no cac-policy-set policy-set-id

 
シンタックスの説明

policy-set-id

ポリシー セットを識別するためにユーザが指定する整数です。範囲は 1 ~ 2147483647 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc で空のポリシー セット 1 を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

active-cac-policy-set

SBE エンティティ内のアクティブな CAC ポリシー セットを設定します。

cac-table

アドミッション制御テーブルを作成または設定するには、CAC ポリシー セット コンフィギュレーション モードで cac-table コマンドを使用します。 アドミッション制御テーブルを削除する には、このコマンドの no 形式を使用します。

cac-table table-name

no cac-table table-name

 
シンタックスの説明

table-name

アドミッション制御テーブルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC ポリシー セット コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、アドミッション制御テーブル MyCacTable を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

first-cac-table

ポリシーのアドミッション制御段階の実行時に、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

first-cac-scope

ポリシーのアドミッション制御段階の実行時に、制限の定義を開始するスコープを設定します。

callee-codec-list

コール先コール レッグに使用が許可されているコーデックをリストするには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで callee- codec-list コマンドを使用します。コーデック リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-codec-list list-name

no callee-codec-list list-name

 
シンタックスの説明

list-name

コーデック リストの名前です。最大サイズは 30 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します

次に、my_codecs という名前のコーデック リストを作成するサブモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-codec-list test

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

caller-codec-list

コール元コール レッグで使用できるコーデックをリストします。

callee-hold-setting

サポートされているコール先保留設定を設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで callee-hold-setting コマンドを使用します。設定をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-hold-setting {hold-c0 | hold-c0-inactive | hold-c0-sendonly | hold-sendonly | standard}

no callee-hold-setting {hold-c0 | hold-c0-inactive | hold-c0-sendonly | hold-sendonly | standard}

 
シンタックスの説明

hold-c0

コール先は c=I 0.0.0.0 をサポートするか、要求します。

hold-c0-inactive

コール先は c=I 0.0.0.0 または a=inactive をサポートするか、要求します。

hold-c0-sendonly

コール先は c= 0.0.0.0 または a=sendonly をサポートするか、要求します。

hold-sendonly

コール先は a=sendonly をサポートするか、要求します。

standard

コール先は c= 0.0.0.0 および両方向の a=forward-direction 機能をサポートするか、要求します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、コール先保留設定を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value fairchild
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-hold-setting hold-sendonly
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# complete

 
関連コマンド

コマンド
説明

callee-inbound-policy

コール先の着信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

callee-outbound-policy

コール先の発信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

callee-inbound-policy

コール先の着信 SDP ポリシー テーブルを設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで callee-inbound-policy コマンドを使用します。コール先の着信 SDP ポリシー テーブルをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-inbound-policy WORD

no callee-inbound-policy WORD

 
シンタックスの説明

WORD

SDP ポリシー テーブルの名前です。最大サイズは 30 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、アドミッション制御テーブル MyCacTable を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-inbound-policy test
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

callee-hold-setting

サポートされているコール先保留設定を設定します。

callee-outbound-policy

コール先の発信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

callee-outbound-policy

コール先の発信 SDP ポリシー テーブルを設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで callee-outbound-policy コマンドを使用します。設定をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-outbound-policy WORD

no callee-outbound-policy WORD

 
シンタックスの説明

WORD

SDP ポリシー テーブルの名前です。最大サイズは 30 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、アドミッション制御テーブル MyCacTable を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-inbound-policy test

 
関連コマンド

コマンド
説明

callee-hold-setting

サポートされているコール先保留設定を設定します。

callee-inbound-policy

コール先の着信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

callee-privacy

コール先からコール元に送信されるメッセージで実行するプライバシー処理のレベルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで callee-privacy コマンドを使用します。アドミッション制御テーブル内の所定のエントリの最大チャネル数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-privacy [ callee_priv_setting ]

no callee-privacy

 
シンタックスの説明

callee_priv_setting

特定のコール先のプライバシー設定を指定します。値は次のとおりです。

never:ID を非表示にしません。

account-boundary:コール元がコール先のアカウントと異なる場合、ID を非表示にします。

always:ID を常に非表示にします。

 
コマンドのデフォルト

callee_priv_setting のデフォルト値 は never です。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、新しいアドミッション制御テーブル MyCacTable のコール先 ID を常に非表示にするようにエントリを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-prefix
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-privacy always

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

cac-table

アドミッション制御テーブルを設定します。

callee-sig-qos-profile

元のコール先に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを設定 するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで callee-sig-qos-profile コマンドを使用します。 QoS プロファイルの設定を取り消す には、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-sig-qos-profile profile-name

no callee-sig-qos-profile profile-name

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルの名前を指定します。ストリング「default」は予約されています。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 callee-sig-qos-profile コマンドを使用して、元のコール先に送信されるシグナリング パケットに使用する enterprise という名前の QoS プロファイルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-sig-qos-profile enterprise

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

callee-video-qos-profile

元のコール先に送信されるビデオ メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

callee-voice-qos-profile

元のコール先に送信される音声メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

callee-video-qos-profile

元のコール先に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで callee-video-qos-profile コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-video-qos-profile profile-name

no callee-video-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


callee-video-qos-profile は、コール単位スコープでだけ実行できます。このコマンドが他のスコープで設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブ化されません。


次に、acme アカウントからのコールが SBC から元のコール先に送信されるパケットに対してビデオ QoS プロファイル enterprise を使用するように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value acme
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-video-qos-profile enterprise
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

callee-sig-qos-profile

元のコール先に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

callee-voice-qos-profile

元のコール先に送信される音声メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

callee-voice-qos-profile

元のコール先に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで callee-voice-qos-profile コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

callee-voice-qos-profile profile-name

no callee-voice-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) このコマンドは、コール単位スコープでだけ実行できます。このコマンドが他のスコープで設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブ化されません。


次に、acme アカウントからのコールが SBC から元のコール先に送信されるパケットに対して音声 QoS プロファイル enterprise を使用するように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value acme
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-voice-qos-profile enterprise
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

callee-sig-qos-profile

元のコール先に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

callee-video-qos-profile

元のコール先に送信されるビデオ メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-codec-list

コール元コール レッグに使用が許可されているコーデックをリストするには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで caller- codec-list コマンドを使用します。コーデック リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-codec-list list-name

no caller-codec-list list-name

 
シンタックスの説明

list-name

コーデック リストの名前です。最大サイズは 30 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、my_codecs という名前のコーデック リストを作成するサブモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-codec-list test

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

callee-codec-list

コール先コール レッグで使用できるコーデックをリストします。

caller-hold-setting

サポートされているコール元保留設定を設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで caller-hold-setting コマンドを使用します。コール元保留設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-hold-setting {hold-c0 | hold-c0-inactive | hold-c0-sendonly | hold-sendonly | standard}

no caller-hold-setting {hold-c0 | hold-c0-inactive | hold-c0-sendonly | hold-sendonly | standard}

 
シンタックスの説明

hold-c0

コール先は c=I 0.0.0.0 をサポートするか、要求します。

hold-c0-inactive

コール先は c=I 0.0.0.0 または a=inactive をサポートするか、要求します。

hold-c0-sendonly

コール先は c= 0.0.0.0 または a=sendonly をサポートするか、要求します。

hold-sendonly

コール先は a=sendonly をサポートするか、要求します。

standard

コール先は c= 0.0.0.0 および両方向の a=forward-direction 機能をサポートするか、要求します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は standard です。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)#

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、コール元保留設定を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value fairchild
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-hold-setting hold-sendonly
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete

host1/Admin (config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# complete

 
関連コマンド

コマンド
説明

caller-outbound-policy

コール元の発信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

caller-inbound-policy

コール元の着信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

caller-inbound-policy

コール元の着信 SDP ポリシー テーブルを設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで caller-inbound-policy コマンドを使用します。コール元の着信 SDP ポリシー テーブルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-inbound-policy WORD

no caller-inbound-policy WORD

 
シンタックスの説明

WORD

SDP ポリシー テーブルの名前です。最大サイズは 30 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)#

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、コール元の着信 SDP ポリシー テーブルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-inbound-policy test

 
関連コマンド

コマンド
説明

caller-hold-setting

コール元保留設定を設定します。

caller-outbound-policy

コール元の発信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

caller-outbound-policy

コール元の発信 SDP ポリシー テーブルを設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで caller-outbound-policy コマンドを使用します。削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-outbound-policy table_name

no caller-outbound-policy table_name

 
シンタックスの説明

WORD

SDP ポリシー テーブルの名前を指定します。最大サイズは 30 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)#

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、コール元の発信 SDP ポリシー テーブルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-outbound-policy test

 
関連コマンド

コマンド
説明

caller-hold-setting

コール元保留設定を設定します。

caller-inbound-policy

コール元の着信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

caller-privacy

コール元からコール先に送信されるメッセージで実行するプライバシー処理のレベルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-privacy コマンドを使用します。アドミッション制御テーブル内の所定のエントリの最大チャネル数を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-privacy [ privacy-setting ]

no caller-privacy

 
シンタックスの説明

privacy_setting

特定のコール元のプライバシー設定を指定します。有効な値は次のとおりです。

never:ID を非表示にしません。

account-boundary:コール元がコール先のアカウントと異なる場合、ID を非表示にします。

always:ID を常に非表示にします。

 
コマンドのデフォルト

privacy_setting の値は never に設定されています。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、新しいアドミッション制御テーブル MyCacTable のコール元 ID を常に非表示にするようにエントリを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type dst-prefix
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-privacy always
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

cac-table

アドミッション制御テーブルを設定します。

caller-sig-qos-profile

元のコール元に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを 設定する には、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで caller-sig-qos-profile コマンドを使用します。 QoS プロファイルの設定を取り消す には、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-sig-qos-profile profile-name

no caller-sig-qos-profile profile-name

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルの名前を指定します。ストリング「default」は予約されています。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、コール単位のスコープでだけ実行できます。このコマンドが他のスコープで設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブ化されません。

CAC 決定プロセスを実行するまでパケット マーキングは適用されません。これは、コール元に送信される一部の初期シグナリング パケット(たとえば、SIP 100 暫定応答)が特定の DSCP マーキングを受信しないことを意味します。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、acme アカウントからのコールが SBC から元のコール元に送信されるシグナリング パケットに対して音声 QoS プロファイル enterprise を使用するように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type src-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value acme
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-sig-qos-profile enterprise
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

caller-video-cos-profile

元のコール元に送信されるビデオ メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-voice-cos-profile

元のコール元に送信される音声メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-video-qos-profile

元のコール元に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-video-qos-profile コマンドを使用します。このコンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-video-qos-profile profile-name

no caller-video-qos-profile profile-name

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


caller-video-qos-profile コマンドは、コール単位スコープでだけ実行できます。このコマンドが他のスコープで設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブ化されません。


次に、acme アカウントからのコールが SBC から元のコール元に送信されるパケットに対してビデオ QoS プロファイル enterprise を使用するように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type src-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value acme
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-video-qos-profile enterprise
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

caller-sig-cos-profile

元のコール元に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-voice-cos-profile

元のコール元に送信される音声メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-voice-qos-profile

元のコール元に送信されるメディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで caller-voice-qos-profile コマンドを使用します。このコンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

caller-voice-qos-profile profile-name

no caller-voice-qos-profile

 
シンタックスの説明

profile-name

QoS プロファイルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) このコマンドは、コール単位スコープでだけ実行できます。このコマンドが他のスコープで設定されている場合、CAC ポリシーはアクティブ化されません。


次に、acme アカウントからのコールが SBC から元のコール元に送信されるパケットに対して音声 QoS プロファイル enterprise を使用するように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope call
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type src-account
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value acme
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-voice-qos-profile enterprise
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

caller-sig-cos-profile

元のコール元に送信されるシグナリング パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

caller-video-cos-profile

元のコール元に送信されるビデオ メディア パケットに使用する QoS プロファイルを設定します。

call-policy-set

新しいポリシー セットを作成するには、 SBE コンフィギュレーション モードで call-policy-set コマンドを使用します。 ポリシー セットを削除する には、このコマンドの no 形式を使用します。

call-policy-set policy-set-id

no call-policy-set policy-set-id

 
シンタックスの説明

policy-set-id

ポリシー セットを識別する整数を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc に空のポリシー セット(1)を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

first-call-routing-table

新しいコール イベントに対してポリシーのルーティング段階を実行するときに、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

first-number-analysis-table

加入者登録イベントに対してポリシーのルーティング段階を実行するときに、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

category

着信番号の一部分または全体に一致するテーブル エントリがある番号分析テーブル内にエントリ カテゴリを設定するには、NA ルーティング テーブル コンフィギュレーション モードで category コマンドを使用します。エントリ カテゴリの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

category category-name

no category category-name

 
シンタックスの説明

category-name

イベントに割り当てるカテゴリを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

NA ルーティング テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、番号全体に一致する新しい番号分析テーブル MyNaTable のエントリ 1 のカテゴリを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-number-table MyNaTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# category external
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

na-dst-number-table

SBE ポリシー セットの中で番号分析テーブルのコンフィギュレーションのサブモードを開始します。

clear services sbc

DBE または SBE コンフィギュレーションをクリアするには、EXEC モードで clear services sbc コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name {dbe | sbe}

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前を指定します。

dbe

DBE コンフィギュレーションをクリアします。

sbe

SBE コンフィギュレーションをクリアします。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、DBE コンフィギュレーションをクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc dbe

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

dbe

SBC 上に DBE サービスを作成し、SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始します。

sbe

SBC 上に SBE サービスを作成し、SBC-SBE コンフィギュレーション モードを開始します。

clear services sbc sbe blacklist

指定したセッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスのブラックリストをクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe blacklist コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe blacklist [vrfname] [ipv4 addr [{udp | tcp} A.B.C.D]]

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

vrfname

ブラックリストに掲載されているエントリをクリアする VRF です。

ipv4 address

IPv4 アドレスです。

tcp

TCP プロトコルだけを対象としてブラックリストをクリアします。

udp

UDP プロトコルだけを対象としてブラックリストをクリアします。

A.B.C.D

IPv4 サブネット マスクです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、IPv4 アドレス 2.2.2.2 の VRF テストを対象とした TCP ポート 1 に対するすべてのブラックリストをクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc aa sbe blacklist test ipv4 2.2.2.2 tcp 1

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

blacklist

所定の送信元のイベント制限を設定するモードを開始します。

clear services sbc blacklist all

指定したセッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスに対して現在ブラックリストに掲載されているすべてのエントリをクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe blacklist all コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe blacklist all

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、SBC テストを対象としたすべてのブラックリスト エントリをクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc test sbe blacklist all
Command Accepted
host1/Admin#
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

blacklist

所定の送信元のイベント制限を設定するモードを開始します。

clear services sbc sbe blacklist all

所定の VPN に対して現在ブラックリストに掲載されているすべてのエントリをクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe blacklist all コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe blacklist [vrfname] [ipv4 addr [{udp | tcp} port]]

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

vrfname

ブラックリストに掲載されているエントリをクリアする VRF を指定します。

ipv4 address

IPv4 アドレスを指定します。

tcp

TCP プロトコルだけを対象としてブラックリストをクリアします。

udp

UDP プロトコルだけを対象としてブラックリストをクリアします。

port

ブラックリストをクリアする対象のポート番号です。範囲は 0 ~ 65535 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、IPv4 アドレス 2.2.2.2 の VRF テストを対象とした TCP ポート 1 に対するすべてのブラックリストをクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc aa sbe blacklist test ipv4 2.2.2.2 tcp 1

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

blacklist

所定の送信元のイベント制限を設定するモードを開始します。

clear services sbc sbe blacklist ipv4

所定のサブネットに対して現在ブラックリストに掲載されているすべてのエントリをクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe blacklist ipv4 コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe blacklist [vrfname] [ipv4 addr [{udp | tcp} port]]

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

vrfname

ブラックリストに掲載されているエントリをクリアする VRF を指定します。

ipv4 address

IPv4 アドレスを指定します。

tcp

TCP プロトコルだけを対象としてブラックリストをクリアします。

udp

UDP プロトコルだけを対象としてブラックリストをクリアします。

port

ブラックリストをクリアする対象のポート番号です。範囲は 0 ~ 65535 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、IPv4 アドレス 2.2.2.2 の VRF テストを対象とした TCP ポート 1 に対するすべてのブラックリストをクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc aa sbe blacklist test ipv4 2.2.2.2 tcp 1

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

blacklist

所定の送信元のイベント制限を設定するモードを開始します。

clear services sbc dbe media-stats

DBE のメディア ゲートウェイ マネージャによって収集されたすべての統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc dbe media-stats コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name dbe media-stats

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、 show services sbc dbe media-stats コマンドによって表示される統計情報がクリアされます。

次に、mySbc という名前の SBC 上で、DBE のメディア ゲートウェイ マネージャによって収集されたすべての統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin(config)# clear services sbc mySbc dbe media-stats

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc dbe media-stats

DBE 上で収集された 1 つまたは複数のメディア フローの統計情報をリストします。

 
 

clear services sbc sbe cac-rejection-stats

すべてのコール アドミッション制御ポリシー拒否の統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services cac-rejection-stats コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe cac-rejection-stats

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、SBE mySbc のすべてのコール アドミッション制御ポリシー拒否の統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe cac-rejection-stats

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe call-stats

指定した SBE のすべてのコールの統計情報をリストします。

clear services sbc sbe call

現在アクティブなコールをクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe call コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe call no

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

no

コール番号を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、SBE mySbc のすべてのコール レートの統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe call

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe call-rate-stats

短期間で 1 秒あたりに試行されたコール セットアップの現在のレートをすべてリストします。

clear services sbc sbe call-rate-stats

すべてのコール レートの統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services call-rate-stats コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe call-rate-stats

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、SBE mySbc のすべてのコール レートの統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe call-rate-stats

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe call-rate-stats

短期間で 1 秒あたりに試行されたコール セットアップの現在のレートをすべてリストします。

clear services sbc sbe call-rejection-stats

すべてのコール アドミッション制御ポリシー拒否の統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services call-rejection-stats コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe call-rejection-stats

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、SBE mySbc のすべてのコール アドミッション制御ポリシー拒否の統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe call-rejection-stats

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe call-stats

指定した SBE のすべてのコールの統計情報をリストします。

clear services sbc sbe call-stats

SBE によるすべてのコールの統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe call-stats コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe call-stats

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、SBE mySbc のすべてのコールの統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mysbc sbe call-stats

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe call-stats

指定した SBE のすべてのコールの統計情報をリストします。

clear services sbc sbe policy-failure-stats

指定した送信元隣接のすべてのコール セットアップ障害の統計情報をクリアするには、 EXEC モードで clear services sbc sbe policy-failure-stats コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe policy-failure-stats {src-adjacency | src-account | dst-adjacency | dst-sccount} name [cr]

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前を指定します。

src-adjacency

送信元隣接の統計情報をクリアします。

src-account

送信元アカウントの統計情報をクリアします。

dst-adjacency

宛先隣接の統計情報をクリアします。

dst-account

宛先アカウントの統計情報をクリアします。

name

隣接名またはアカウント名です。

cr

すべての統計情報をクリアします。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、YY という名前の隣接のすべてのポリシー障害の統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mysbc sbe policy-failure-stats src-adjacency YY

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe policy-failure-stats

特定の SBE のすべてのポリシー障害の統計情報をリストします。

clear services sbc sbe policy-rejection-stats

SBE によるすべてのポリシー拒否の統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe policy-rejection-stats コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe policy-rejection-stats

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、現在のインターバルおよび前のインターバルを含め、記録されたすべてのポリシー拒否の統計情報がクリアされます。

次に、SBE によるすべてのポリシー拒否の統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe policy-rejection-stats

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe policy-failure-stats

特定の SBE のすべてのポリシー障害の統計情報をリストします。

clear services sbc sbe radius-client

指定した RADIUS サーバのすべての統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe radius-client コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe radius-client {accounting word | authentication} radius-server-stats word}

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前を指定します。

accounting

アカウンティング クライアントの統計情報をクリアします。

authentication

認証クライアントの統計情報をクリアします。

radius-server-stats

RADIUS サーバ名を指定します。

word

accounting の場合、RADIUS クライアント名です。最大サイズは 80 文字です。

radius-server-stats の場合、RADIUS サーバ名です。最大サイズは 80 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、RADIUS サーバ svr のすべての認証統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe radius-client authentication radius-server-stats svr

次に、RADIUS サーバ svr に対するローカル RADIUS クライアントのすべてのアカウンティング クライアント統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe radius-client accounting acc radius-server-stats svr

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe radius-client-stats

すべてのアカウンティング クライアントの RADIUS アカウンティング クライアント統計情報をリストします。

clear services sbc sbe radius-client-stats

ローカル RADIUS クライアントのすべての統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe radius-client-stats コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe radius-client-stats {accounting word | authentication}

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前を指定します。

word

RADIUS クライアント名です。最大サイズは 80 文字です。

accounting

アカウンティング クライアントの統計情報をクリアします。

authentication

認証クライアントの統計情報をクリアします。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、すべての認証統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe radius-client-stats authentication
 

次に、ローカル RADIUS クライアント radius1 のすべてのアカウンティング統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc mySbc sbe radius-client-stats accounting radius1

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe radius-client-stats

すべてのアカウンティング クライアントの RADIUS アカウンティング クライアント統計情報をリストします。

clear services sbc sbe statistics

要約統計情報および詳細な応答コード統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear services sbc sbe statistics コマンドを使用します。

clear services sbc sbc-name sbe adj-name statistics

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

adj-name

RADIUS クライアント名です。最大サイズは 80 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、すべての要約統計情報および詳細な応答コード統計情報をクリアする例を示します。

host1/Admin# clear services sbc tet sbe ttt statistics

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe call-stats

指定した SBE のすべてのコールの統計情報をリストします。

codec

コーデック リストにコーデックを追加するには、コーデック リスト モードで codec コマンドを使用します。コーデック リストから名前付きコーデックを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec codec-name

no codec codec-name

 
シンタックスの説明

codec-name

コーデックの名前を指定します。この値は、SBE が認識用にハードコードされているコーデック リストのいずれかである必要があります。それ以外の場合、このコマンドを実行すると、SBE によってエラーが表示されます。

コーデック名の形式は、Session Description Protocol(SDP)内での表現に使用されるストリングと同じです。たとえば、PCMU または VDVI になります。コーデックは、各リストに 1 回だけ追加できます。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

コーデック リスト(sbe-codec-list)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、my_codecs コーデック リストに PCMU コーデックを割り当てる例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mysbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# codec-list my_codecs
host1/Admin(config-sbc-sbe-codec-list)# codec PCMU

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec-list

コーデック リストを作成します。

codec-list codec packetization-period

コーデックのパケット期間を指定します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付加します。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codec-list

コーデック リストを作成するには、SBE コンフィギュレーション モードで codec-list コマンドを使用します。コーデック リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec-list list-name

no codec-list list-name

 
シンタックスの説明

list-name

コーデック リストの名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、my_codecs という名前のコーデック リストを作成するサブモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mysbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# codec-list my_codecs

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

codec-list codec packetization-period

コーデックのパケット期間を指定します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付加します。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付加するには、コーデック リスト モードで codec-list description コマンドを使用します。コーデック リストの説明を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec-list description text

no description

 
シンタックスの説明

text

コーデック リストを説明する任意のテキスト ストリングです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

コーデック リスト(sbe-codec-list)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、my_codecs コーデック リストに説明(Legitimate codecs)を付加する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mysbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# codec-list my_codecs
host1/Admin(config-sbc-sbe-codec-list)# codec-list description Legitimate codecs

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

codec-list

コーデック リストを作成します。

codec-list codec packetization-period

コーデックのパケット期間を指定します。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codec packetization-period

コーデックの最小パケット期間を設定するには、コーデック リスト モードで codec packetization-period コマンドを使用します。コーデックからパケット期間を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec codec-name packetization-period packet-period

no codec codec-name packetization-period packet-period

 
シンタックスの説明

codec-name

コーデックの名前を指定します。この値は、SBE が認識用にハードコードされているコーデック リストのいずれかである必要があります。それ以外の場合、このコマンドを実行すると、SBE によってエラーが表示されます。

コーデック名の形式は、SDP 内での表現に使用されるストリングと同じです(PCMU、VDVI など)。

packet-period

コーデックの後ろには、 packetization-period で表示されるミリ秒の最小許容パケット期間を任意で設定できます。

たとえば、codec PCMU packetization-period 20 と指定すると、最小許容パケット期間 20 ミリ秒でリストにコーデック PCMU が追加されます。パケット期間の範囲は 0 ~ 1000 です。


) それぞれの最小パケット期間では、1 つのコーデックだけを各リストに 1 回だけ追加できます。


 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

コーデック リスト(sbe-codec-list)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、my_codecs コーデック リストにある PCMU および G729 コーデックの最小パケット期間を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mysbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# codec-list my_codecs
 
host1/Admin(config-sbc-sbe-codec-list)# codec PCMU packetization-period 20
host1/Admin(config-sbc-sbe-codec-list)# codec G729 packetization-period 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

codec-list

コーデック リストを作成します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付加します。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codec-restrict-to-list

コールのシグナリングに使用されるコーデックを名前付きリスト内の所定のコーデック セットに制限するように CAC を設定するには、CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで codec-restrict-to-list コマンドを使用します。CAC エントリで使用できるコーデックを制限しないようにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

codec-restrict-to-list list-name

no codec-restrict-to-list list-name

 
シンタックスの説明

list-name

コーデック リストの名前を指定します。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドを設定しない場合、またはコマンドの no 形式を発行した場合、CAC エントリによって使用可能なコーデックが制限されることはありません(ただし、これよりも前のエントリによって設定された制限が解除されることもありません)。

 
コマンド モード

CAC テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

CAC では、このリスト内の各コーデックに対して、それぞれのコーデックを使用するストリームのパケット期間が、該当コーデックとともにリストに設定されているパケット期間以上になるように制限されます。ストリームでリスト内の複数のコーデックが使用されている場合は、リスト内の各コーデックに設定されているすべてのパケット期間の中で最も長い期間がストリームに適用されます。

コーデック リストが空の場合、SBE で認識されるすべてのコーデックが許可されます。

前の CAC エントリによって設定されたすべての制限をクリアするには、codec-restrict-to-list list-name を設定する必要があります。list-name は、コーデックが 1 つも含まれていないリストの名前です。

テーブルがアクティブ ポリシー セットの一部となっている場合は、このコマンドを使用できません。codec-restrict-to-list コマンドは、コール単位スコープでだけ設定できます。このコマンドが他のスコープで設定されている場合、CAC ポリシー セット コンフィギュレーションで「complete」と入力したときに、エラー フラグが立てられます。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、コーデックをリスト my_codecs 内の名前付きコーデックに制限するようにエントリを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table Mycactable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type adjacency
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# codec-restrict-to-list my_codecs
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

codec-list codec packetization-period

コーデックのパケット期間を指定します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付加します。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

codecs

メディア ゲートウェイがサポートするコーデックを設定するには、メディア ゲートウェイ コンフィギュレーション モードで codecs コマンドを使用します。コーデック サポートをなしに設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

codecs codec-list

no codecs

 
シンタックスの説明

codec-list

サポート対象のコーデックを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

メディア ゲートウェイ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-mg)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、メディア ゲートウェイ 10.0.0.1 のサポート対象コーデックを m=audio 6000 RTP/AVP 4 および a=rtpmap:0 PCMU/8000 (RFC 1890 の定義に従って)に設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# media-gateway ipv4 10.0.0.1
host1/Admin(config-sbc-sbe-mg)# odecs m=audio 1234 RTP/AVP 0 18,a=rtpmap:=rtpmap:18 G729/80000 PCMU/8000,a=rtpmap:18 G729/8000

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

codec

コーデック リストにコーデックを追加します。

codec-list codec packetization-period

コーデックのパケット期間を指定します。

codec-list description

コーデック リストの説明を付加します。

show services sbc sbe codec-list

コーデック リストに関する情報を表示します。

complete

完全なセットをコミットしたあとに CAC ポリシー セットまたはコール ポリシー セットを完了するには、適切なコンフィギュレーション モードで complete コマンドを使用します。エントリを変更するには、このコマンドの no 形式を使用します。

complete

no complete

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC ポリシー セット コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy)

ルーティング ポリシー テーブル(config-sbc-sbe-rtgpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

SBC では、ルーティング ポリシーが一貫しており、アクティブ ポリシー セットとして設定できることが確認されます。このコマンドが発行されると、CAC ポリシー セットは変更できなくなります。

次に、mySbc で CAC ポリシー セット(1)を完了する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# complete
host1/Admin(config-sbc-sbe)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

cac-policy-set

Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

concurrent-requests

RADIUS サーバに対する同時要求の最大数を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで concurrent-request コマンドを使用します。デフォルト値を設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

concurrent-requests 0-4294967295

no concurrent-requests 0-4294967295

 
シンタックスの説明

 

0 ~ 4294967295

RADIUS サーバに対する同時要求の最大数です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は 25 です。

 
コマンド モード

サーバ アカウンティング(config-sbc-sbe-acc)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、RADIUS サーバに対する同時要求の最大数を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc uut105-1
host1/Admin/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin/Admin(config-sbc-sbe)# radius accounting SBC1-account-1
host1/Admin/Admin(config-sbc-sbe-acc)# concurrent-requests 34
 

 
関連コマンド

 

retry-interval

RADIUS サーバに対する接続リトライ インターバルを設定します。

retry-limit

RADIUS サーバに対するリトライ インターバルを設定します。

activate

RADIUS クライアントをアクティブ化します。

condition

SIP メッセージ プロファイルに対してアクションを実行する前に照合する条件を指定するには、SIP ヘッダー コンフィギュレーション モードで condition コマンドを使用します。プロファイルから条件を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

condition [and | header-name | header-value | or | status-code]

no condition [and | header-name | header-value | or | status-code]

 
シンタックスの説明

and

論理 AND により既存の条件に別の条件を追加します。

header-name

異なるヘッダー名のコンテンツを比較します。

header-value

対象のヘッダーのコンテンツを比較します。

または

論理 OR により既存の条件に別の条件を追加します。

status-code

SIP 応答コードを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SIP ヘッダー コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-sip-hdr-ele-act)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 header コマンドを使用して、ヘッダー プロファイル MyProfile にヘッダー「test」を追加する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip header-profile MyProfile
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr)# header test
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr-ele)# action drop-msg
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr-ele-act)# condition

 
関連コマンド

コマンド
説明

action drop-msg

SIP メッセージ プロファイルにメッセージのドロップ アクションを追加します。

congestion-cleared

システム リソースの利用率が輻輳クリアしきい値に到達した時点で輻輳がクリアされたことを通知するように設定するには、VDBE コンフィギュレーション モードで congestion-cleared コマンドを使用します。このコンフィギュレーションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

congestion-cleared [ percentage]

no congestion-cleared [ percentage]

 
シンタックスの説明

percentage

(任意)SBE に輻輳をシグナリングする時点のシステム リソースのパーセンテージです。範囲は 1 ~ 100 です。

 
コマンドのデフォルト

congestion-cleared コマンドを設定しない場合、または no congestion-cleared コマンドを設定した場合、システムのデフォルトのパーセンテージは 60 % です。

 
コマンド モード

VDBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DBE が SBE に対して前に輻輳イベントをシグナリングしていた場合、システム リソースの利用率が輻輳クリアしきい値に到達した時点で、DBE は輻輳がクリアされたことをシグナリングします。輻輳クリアは、しきい値未満またはしきい値と同じである必要があります。ただし、しきい値と同じ場合には MG と Media Gateway Controller(MGC; メディア ゲートウェイ コントローラ)間のメッセージ転送が過剰になる可能性があるため推奨しません。

次に、mySbc という SBC 上に DBE サービスを作成し、SBC-DBE コンフィギュレーション モードおよび VDBE コンフィギュレーション モードを開始したあと、システム リソースの利用率が 90 % に到達した時点で輻輳がクリアされたことを DBE がシグナリングするように設定する例を示します。

 
host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# vdbe
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# congestion-cleared 90

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

congestion-threshold

最大パーセンテージに到達した時点で、DBE が SBE に対して輻輳イベントをシグナリングするように設定します。

congestion-threshold

最大パーセンテージに到達した時点で、DBE が SBE に対して輻輳イベントをシグナリングするように設定するには、VDBE コンフィギュレーション モードで congestion-threshold コマンドを使用します。このコンフィギュレーションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

congestion-threshold [ percentage]

no congestion-threshold [ percentage]

 
シンタックスの説明

percentage

(任意)SBE に輻輳をシグナリングする時点のシステム リソースのパーセンテージです。範囲は ~ 100 です。

 
コマンドのデフォルト

輻輳しきい値を設定しない場合、 congestion-threshold コマンドでデフォルト値を設定した場合、または no congestion-threshold コマンドを設定した場合、システムのデフォルトのパーセンテージは 80 % です。

 
コマンド モード

VDBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DBE は、コール数またはメディア帯域幅のいずれかが設定済みの輻輳しきい値の最大パーセンテージに到達すると、SBE に対して輻輳メッセージを送信します。

次に、mySbc という SBC 上に DBE サービスを作成し、SBC-DBE コンフィギュレーション モードおよび VDBE コンフィギュレーション モードを開始したあと、利用率が 95 % に到達した時点で DBE が SBE に対して輻輳イベントをシグナリングするように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# vdbe
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# congestion-threshold 95

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

congestion-cleared

システム リソースの利用率が輻輳クリアしきい値に到達した時点で、輻輳がクリアされたことを通知するように設定します。

control address aaa

認証サーバまたは課金サーバに接続するときに所定の IPv4 AAA 制御アドレスを使用するように SBE を設定するには、 SBE コンフィギュレーション モードで control address aaa ipv4 コマンドを使用します。IPv4 AAA 制御アドレスの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

control address aaa ipv4 ip_address [ vrf vrf-name ]

no control address aaa ipv4 ip_address

 
シンタックスの説明

ipv4 ip_address

IPv4 AAA 制御アドレスを指定します。

vrf vrf-name

(任意)VRF 名を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、AAA 制御アドレスとしてアドレス 10.1.0.1 を使用するように SBE を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# control address aaa ipv4 10.1.0.1 vrf myvrf

 
関連コマンド

コマンド
説明

control address h248 index

IPv4 H.248 制御アドレスを設定します。

control address h248 index

メディア ゲートウェイ コントローラとして動作するときに H.248 通信に所定の IPv4 H.248 制御アドレス、ポート、またはトランスポートを使用するように SBE を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで control address h248 index コマンドを使用します。メディア ゲートウェイ コントローラとして動作するときの所定の IPv4 H.248 制御アドレスの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

control address h248 index index-number

no control address h248 index index-number

 
シンタックスの説明

index-number

設定する H.248 制御アドレスの一意の ID を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、H.248 制御アドレスとしてアドレス 10.1.0.1 を使用するように SBE を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# control address h248 index 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-ctrl-h248)# ipv4 10.1.0.1
host1/Admin(config-sbc-sbe-ctrl-h248)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv4 (SBE H.248)

所定の IPv4 H.248 制御アドレスを使用するように SBE を設定します。

port (SBE H.248)

所定の IPv4 H.248 ポートを使用するように SBE を設定します。

transport (SBE H.248)

H.248 通信に特定のトランスポートを使用するように SBE を設定します。

control-address h248 ipv4

特定の IPv4 H.248 制御アドレスを使用するように DBE を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで control-address h248 ipv4 コマンドを使用します。DBE が IPv4 H.248 制御アドレスを使用する設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

control-address h248 ipv4 { A.B.C.D}

no control-address h248 ipv4 { A.B.C.D}

 
シンタックスの説明

A.B.C.D

DBE の IPv4 H.248 制御アドレスの IP アドレスで、SBE との接続に使用されるローカル IP アドレスです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

VDBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

コントローラが存在する場合には、制御アドレスもローカル ポートも変更できません。これらのパラメータを変更するには、コントローラを削除する必要があります。コントローラを削除するには、no control-address h248 ipv4 コマンドを使用します。

次に、制御アドレスとしてアドレス 10.0.0.1 を使用するように DBE を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# vdbe
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# control address h248 ipv4 10.0.0.1
host1/Admin(config-sbc-sbe-vdbe)# controller h248 1
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

attach-controllers

H.248 コントローラに接続するように DBE を設定します。

control address h248 port

メディア ゲートウェイ コントローラとして動作するときに H.248 通信に所定のポートを使用するように SBE を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで control-address h248 port コマンドを使用します。h248 コントローラの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

control address h248 port port-number

no control address h248 port port-number

 
シンタックスの説明

port-number

割り当てられているポート番号です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコンフィギュレーションを変更または削除するには、no control address h248 コマンドを発行して h248 コントローラの設定を取り消してから、新しい h248 制御アドレスを設定します。

ポートが設定されていない場合、または値 0 で設定されている場合、H.248 のデフォルトのポート番号である 2944 が使用されます。

次に、H.248 ポートとしてポート 123 を使用するように SBE を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# control address h248 port 123
host1/Admin(config-sbc-sbe)# exit
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

control-address h248 transport

H.248 通信に所定のトランスポートを使用するように SBE を設定します。

control address h248 transport

メディア ゲートウェイ コントローラとして動作するときに H.248 通信に所定のトランスポートを使用するように SBE を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで control-address h248 transport コマンドを使用します。h248 コントローラの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

control address h248 transport [udp | tcp]

no control address h248 transport [udp | tcp]

 
シンタックスの説明

udp

基礎となるトランスポートとして UDP を選択します。

tcp

基礎となるトランスポートとして TCP を選択します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコンフィギュレーションを変更または削除するには、no control address h248 コマンドを発行して h248 コントローラの設定を取り消してから、新しい h248 制御アドレスを設定します。

次に、H.248 トランスポートとして TCP を使用するように SBE を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# control address h248 transport tcp
host1/Admin(config-sbc-sbe)# exit
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

control-address h248 port

H.248 通信に所定のポートを使用するように SBE を設定します。

controller h248

DBE 用の H.248 コントローラを設定するか、Controller H.248 コンフィギュレーション モードを開始するには、VDBE コンフィギュレーション モードで controller h248 コマンドを使用します。H.248 コントローラを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

controller h248 controller-index

no controller h248 controller-index

 
シンタックスの説明

controller-index

複数のコントローラを設定する場合に DBE 用の H.248 コントローラを識別する番号です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

VDBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

コントローラを設定して接続したあとは、no attach-controllers コマンドを使用してコントローラを切断しないと、コントローラの情報を変更できません。


) SBE および DBE の両方の論理エンティティが同じネットワーク エレメント上に共存する統合モデルの場合、このコマンドは無効です。Release 2.0.00 では、統合モデルはサポートされていません。


次に、mySbc という SBC 上に DBE サービスを作成し、SBC-DBE コンフィギュレーション モードおよび VDBE コンフィギュレーション モードを開始したあと、インデックス 1 の H.248 コントローラを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# vdbe
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# controller h248 1
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe-h248)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

dbe

SBC 上に DBE サービスを作成し、DBE-SBE コンフィギュレーション モードを開始します。

vdbe

仮想データ ボーダ エレメント(VDBE)を設定し、VDBE コンフィギュレーション モードを開始します。

copy logs

デバッグおよびシステム ログを分析用に ACE から転送するには、EXEC モードで copy logs uri コマンドを使用します。

copy logs uri

 
シンタックスの説明

uri

image:/filename.tar または disk0:/filename.tar を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファイル名を指定できますが、末尾に .tar を付ける必要があります。

次に、ログ ファイルを ku040708.tar ファイルにコピーする例を示します。

host1/Admin# copy logs image:/ku040708.tar

Copying logs to tar file image:/ku040708.tar...

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

cost

対象のルートにコストを割り当てるには、RTG ルーティング テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで cost コマンドを使用します。ルートに割り当てられたコストを破棄するには、このコマンドの no 形式を使用します。

cost cost

no cost cost

 
シンタックスの説明

cost

ルートにコストを割り当てます。

範囲は [1-0xFFFFFFFF] です。

値「0」は使用できません。代わりに、ユーザは「na」を入力する必要があります。これは、対象のエントリが適合しないことを意味します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は「na」です。

 
コマンド モード

RTG ルーティング テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、新しいアドミッション制御テーブル MyCacTable にエントリを作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-least-cost-table MyRtgTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# cost
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-entry)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

rtg-least-cost-table

最小コスト ルーティング テーブルを設定します。

dbe

SBC 上に DBE サービスを作成し、SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始するには、SBC コンフィギュレーション モードで dbe コマンドを使用します。DBE エンティティを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dbe

no dbe

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBC コンフィギュレーション(config-sbc)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

次に、DBE を作成し、SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

sbe

SBC インターフェイスを作成します。

dbe-location-id

メディアをルーティングするときに所定のメディア ゲートウェイ DBE ロケーションを使用するように隣接を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで dbe-location-id コマンドを使用します。このコンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dbe-location-id dbe-location-id

no dbe-location-id

 
シンタックスの説明

dbe-location-id

DBE の DBE ロケーション ID を指定します。値 0 は、隣接がローカル ネットワーク内にあることを示します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、DBE ロケーション ID 1 を使用するように H.323 隣接 h323ToIsp42 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# dbe-location-id 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

deact-mode abort

SBC の DBE がシグナリングなしですべてのコールをドロップするように指定するには、SBC-DBE コンフィギュレーション モードで deact-mode abort コマンドを使用します。非アクティブ化の動作をデフォルトの標準動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

deact-mode abort

no deact-mode abort

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

非アクティブ化モードを設定しない場合、またはデフォルトの deact-mode コマンドまたは no deact-mode コマンドを使用した場合、DBE サービスの状態は normal になります。

 
コマンド モード

SBC-DBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DBE サービスを非アクティブ化するには、no activate コマンドを使用します。

最初に SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始するには、dbe コマンドを使用します。

次に、SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始したあと、ハードウェア メンテナンス用にデバイスを準備するために、DBE を abort モードで非アクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# deact-mode abort
host1/Admin(config-sbc-dbe)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

dbe

SBC 上に DBE サービスを作成し、DBE-SBE コンフィギュレーション モードを開始します。

activate

セッション ボーダ コントローラ(SBC)の DBE サービスを開始します。

deact-mode (billing)

課金メソッドに非アクティブ化モードを設定するには、packetcable-em コンフィギュレーション モードで deact-mode コマンドを使用します。非アクティブ化モードをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

deact-mode {normal | abort | quiesce}

no deact-mode

 
シンタックスの説明

 

normal

CDR が送信されるように指定します。

abort

CDR がドロップされるように指定します。

quiesce

CDR の送信が許可されるように指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は normal です。

 
コマンド モード

packetcable-em コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、課金メソッドに normal の非アクティブ化モードを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# billing
(config-sbc-sbe-billing)# packetcable-em 4 transport radius test
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# batch-size 256
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# batch-time 22
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# attach
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# activate
(config-sbc-sbe-billing-packetcable-em)# deact-mode normal

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

activate (radius)

コンフィギュレーションがコミットされたあとで課金機能をアクティブ化します。

attach

RADIUS クライアントの課金をアクティブ化します。

batch-size

RADIUS サーバに送信された RADIUS メッセージのバッチまたはグループを設定します。

batch-time

バッチが送信される前にバッチにレコードを保持する最大時間をミリ秒単位で設定します。

deact-mode

課金メソッドに非アクティブ化モードを設定します。

ldr-check

長時間チェック(LDR)の実行時刻(現地時間)を設定します。

local-address ipv4

CDR に表示されるローカル IPv4 アドレスを設定します。

local-address ipv4 (packet-cable)

パケットケーブル課金インスタンスのローカル アドレスを設定します。

method packetcable-em

パケットケーブル課金メソッドをイネーブルにします。

packetcable-em transport radius

パケットケーブル課金インスタンスを設定します。

show services sbc sbe billing remote

ローカル コンフィギュレーションと課金コンフィギュレーションを表示します。

deact-mode normal

SBC の DBE がサービスの変更をシグナリングし、DBE サービスが非アクティブ化された時点ですべてのコールを終了するように指定するには、SBC-DBE コンフィギュレーション モードで deact-mode normal コマンドを使用します。非アクティブ化の動作をデフォルトの標準動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

deact-mode normal

no deact-mode normal

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

非アクティブ化モードを設定しない場合、またはデフォルトの deact-mode コマンドまたは no deact-mode コマンドを使用した場合、DBE サービスの状態は normal になります。

 
コマンド モード

SBC-DBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DBE サービスを非アクティブ化するには、no activate コマンドを使用します。

最初に SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始するには、dbe コマンドを使用します。

次に、SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始したあと、ハードウェア メンテナンス用にデバイスを準備するために、DBE を normal モードで非アクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# deact-mode normal
host1/Admin(config-sbc-dbe)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

dbe

SBC 上に DBE サービスを作成し、DBE-SBE コンフィギュレーション モードを開始します。

activate

セッション ボーダ コントローラ(SBC)の DBE サービスを開始します。

deact-mode quiesce

SBC の DBE が新しいコールを受け付けず、既存のコールがすべて終了したあとで非アクティブ化されるように指定するには、SBC-DBE コンフィギュレーション モードで deact-mode quiesce コマンドを使用します。非アクティブ化の動作をデフォルトの標準動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

deact-mode quiesce

no deact-mode quiesce

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

非アクティブ化モードを設定しない場合、またはデフォルトの deact-mode コマンドまたは no deact-mode コマンドを使用した場合、DBE サービスの状態は normal になります。

 
コマンド モード

SBC-DBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DBE サービスを非アクティブ化するには、no activate コマンドを使用します。deact-mode コマンドは、DBE を非アクティブ化したあとの DBE の動作または対応を指示します。

最初に SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始するには、dbe コマンドを使用します。

次に、mySbc という SBC 上に DBE サービスを作成し、SBC-DBE コンフィギュレーション モードを開始したあと、ハードウェア メンテナンス用にデバイスを準備するために、DBE を quiesce モードで非アクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# deact-mode quiesce
host1/Admin(config-sbc-dbe)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

dbe

SBC 上に DBE サービスを作成し、DBE-SBE コンフィギュレーション モードを開始します。

activate

セッション ボーダ コントローラ(SBC)の DBE サービスを開始します。

deact-mode(dbe、sbe)

DBE または SBE の非アクティブ化で実行するアクションを指定するには、適切なコンフィギュレーション モードで deact-mode コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

deact-mode deact-type

no deact-mode

 
シンタックスの説明

deact-type

DBE の非アクティブ化で実行するアクションを指定します。

abort :シグナリングなしですべてのコールがドロップされます。

normal :サービスの変更が SBE にシグナリングされるとすぐに、すべてのコールが終了します。

quiesce :新しいコールは受け付けられません。非アクティブ化は、既存のコールが自然に終了したあとに実行されます。

SBE の非アクティブ化で実行するアクションを指定します。

abort :シグナリングなしですべてのコールがドロップされます。

normal :既存のコールは正常にティアダウンされます。

quiesce :新しいコールは受け付けられません。既存のコールは終了できます。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトでは、 normal パラメータが想定されます。

 
コマンド モード

SBC-DBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe)

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、ハードウェア メンテナンス用にデバイスを準備するために、DBE を quiesce モードで非アクティブ化する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# deact-mode quiesce

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

dbe

SBC 上に DBE サービスを作成し、DBE-SBE コンフィギュレーション モードを開始します。

activate

セッション ボーダ コントローラ(SBC)の DBE サービスを開始します。

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグするには、EXEC モードで debug services sbc errors コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc errors

no debug services sbc errors

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、sbc エラーのデバッグを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc errors
host1/Admin# 2007 May 13 04:24:50.902717 sbc: (ctx:0)hmstub_proc_recv_hb_message:test_rcv_hb_failed = 1110000
2007 May 13 04:29:50.960623 sbc: (ctx:0)hmstub_proc_recv_hb_message:test_rcv_hb_failed = 1112000
2007 May 13 04:34:50.960631 sbc: (ctx:0)hmstub_proc_recv_hb_message:test_rcv_hb_failed = 1114000

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

Problem Determination(PD; 問題判別)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug services sbc events コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc events

no debug services sbc events

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、sbc イベントのデバッグを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc events

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc ha

SBC ハイ アベイラビリティ(HA)サービスをデバッグするには、EXEC モードで debug services sbc ha コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc ha

no debug services sbc ha

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、sbc ハイ アベイラビリティのデバッグを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc ha
host1/Admin#
host1/Admin# 2007 May 13 06:04:51.504671 sbc: (ctx:0)hmstub_send_hb: test_send_hb OK 1150000

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグするには、EXEC モードで debug services sbc info コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc info

no debug services sbc info

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、sbc 情報のデバッグを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc info
2007 May 13 06:07:42.071738 sbc: (ctx:0)Received debug msg
2007 May 13 06:07:42.071961 sbc: (ctx:0)Exit mts or debug msg recv
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレース(セッション ボーダ コントローラ(SBC)プロセスの内部コンポーネント間で転送されるコンポーネント間信号の詳細)を有効にするには、EXEC モードで debug services sbc ips コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc sbc-name ips {file | in-memory}

no debug services sbc sbc-name ips {file | in-memory}

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前です。

file

ファイルの IPS トレースを設定します。

in-memory

インメモリの IPS トレースを設定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

Release 3.1.0

file および in-memory キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、SBC プロセスの内部コンポーネント間で転送されるコンポーネント間信号の詳細を提供します。より詳しくデバッグするには、IPS トレース ファイルにイベントをロギングする必要があります。

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、IPS トレースを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc mySbc ips
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグするには、EXEC モードで debug services sbc logging コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc logging

no debug services sbc logging

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、sbc 情報のデバッグを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc logging
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプするには、EXEC モードで debug services sbc mem-trace dump コマンドを使用します。ターミナルへの出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc sbc-name mem-trace dump

no debug services sbc sbc-name mem-trace dump

 
シンタックスの説明

 

sbc-name

SBC サービスの名前です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.0

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc mysbc mem-trace dump.

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc off

すべての sbc フィルタを無効にし、ログレベルをデフォルト値(63)に戻すには、EXEC モードで debug services sbc off コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc sbc-name off

no debug services sbc sbc-name off

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前です。

 
コマンドのデフォルト

ログレベルは 63 に設定されています。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、sbc 情報のデバッグを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc test-sbc off
host1/Admin# 2008 May 20 14:55:51.410879 sbc: (ctx:0)This option will disable all SBC debugs
2008 May 20 14:55:51.410978 sbc: (ctx:0) SBC: Log filter removed.
2008 May 20 14:55:51.411014 sbc: (ctx:0) SBC: Log filter removed.
 

次に、デバッグ情報を表示する例を示します。

host1/Admin# show debug
SBC Daemon:
 
SBC inter-process logging is off
SBC log filter 0:
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にするには、EXEC モードで debug services sbc pd コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc sbc-name pd filter component [bm | cac | control | h323 | hm | icc | mgm | radius | routing | sip]

no debug services sbc sbc-namee pd filter component [bm | cac | control | h323 | hm | icc | mgm | radius | routing | sip]

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前です。

bm

bm コンポーネントからのログです。

cac

cac コンポーネントからのログです。

control

H.248 コントローラ コンポーネントからのログです。

h323

H.323 コンポーネントからのログです。

hm

hm コンポーネントからのログです。

icc

icc コンポーネントからのログです。

mgm

mgm コンポーネントからのログです。

radius

radius コンポーネントからのログです。

routing

ルーティング コンポーネントからのログです。

sip

sip コンポーネントからのログです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.0

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、SBC プロセスの内部コンポーネント間で転送されるコンポーネント間信号の詳細を提供します。より詳しくデバッグするには、IPS トレース ファイルにイベントをロギングする必要があります。

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、IPS トレースを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc mySbc ips
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にするには、EXEC モードで debug services sbc pd filter context コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc sbc-name pd filter context [adjacency name name| billing_id name | ipv4 name | number name]

no debug services sbc sbc-name pd filter context [adjacency name name| billing_id name | ipv4 name | number name]

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前です。

adjacency

adjacency フィルタからのログです。

billing_id

billing_id フィルタからのログです。

ipv4

ipv4 フィルタからのログです。

number

number フィルタからのログです。

name

特定のフィルタ コンテキストの名前です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.0

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、SBC プロセスの内部コンポーネント間で転送されるコンポーネント間信号の詳細を提供します。より詳しくデバッグするには、IPS トレース ファイルにイベントをロギングする必要があります。

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、adjacency ログ フィルタを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc pd filter context adjacency test
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にするには、EXEC モードで debug services sbc pd filter product コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc sbc-name pd filter context [billing | call | media | overview | protocol]

no debug services sbc sbc-name pd filter context [adjacency | billing_id | ipv4 | number]

 
シンタックスの説明

sbc-name

SBC サービスの名前です。

billing

課金製品グループからのログです。

call

コール製品グループからのログです。

media

メディア製品グループからのログです。

overview

概要製品グループからのログです。

protocol

プロトコル製品グループからのログです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.0

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、SBC プロセスの内部コンポーネント間で転送されるコンポーネント間信号の詳細を提供します。より詳しくデバッグするには、IPS トレース ファイルにイベントをロギングする必要があります。

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、プロトコル製品グループからのログを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc pd filter product protocol

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定するには、EXEC モードで debug services sbc pd log-level コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc sbc-name pd log-level {console level | file level | filter level}

no debug services sbc sbc-name pd log-level {console level | file level | filter level}

 
シンタックスの説明

sbc-name

セッション ボーダ コントローラ(SBC)サービスの名前です。

level

設定するレベルです。0 はすべての問題判別(pd)ロギング、100 はロギングなしです。

ログレベルの定義は次のとおりです。

90+ 重大エラー

80+ エラー

70+ 予期せぬ状態

60+ 運用イベント

50+ 監査可能イベント

40+ 統計情報

30+ 詳細な運用イベント

20+ 詳細な統計情報

10+ 内部診断ログ

特定のタイプのログを指定する場合、次の値を使用します。

55 コール ログ

63 設定エラー

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、最も重要なログをファイルに直接出力します。

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、ファイルのログレベルを 60 に設定する例を示します。

host1/Admin# debug services sbc mySbc pd log-level file 60

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグするには、EXEC モードで debug services sbc rsrcmon コマンドを使用します。このデバッグ形式をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug services sbc rsrcmon

no debug services sbc rsrcmon

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC (#)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバッグ情報を表示するには、show debug コマンドを使用します。

次に、SBC 情報のデバッグを有効にする例を示します。

host1/Admin# debug services sbc rsrcmon
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

debug services sbc errors

SBC サービス エラーをデバッグします。

debug services sbc events

SBC サービス イベントをデバッグします。

debug services sbc ha

SBC High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)サービスをデバッグします。

debug services sbc info

SBC サービス情報をデバッグします。

debug services sbc ips

IPS トレースを有効にします。

debug services sbc logging

SBC ログ情報をデバッグします。

debug services sbc mem-trace dump

現在のメモリ使用状況の統計情報をファイルにダンプします。

debug services sbc pd filter component

問題判別(PD)フィルタ コンポーネントを有効にします。

debug services sbc pd filter context

問題判別(PD)フィルタからの各種ログを有効にします。

debug services sbc pd filter product

問題判別(PD)フィルタ製品グループのログを有効にします。

debug services sbc pd log-level

ファイルのログレベルを設定します。

debug services sbc rsrcmon

スイッチオーバー時の SBC サービスの輻輳状態と統計情報をデバッグします。

default-port-limit

所定のアドレスのポートに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始するには、SBE ブラックリスト IPv4 コンフィギュレーション モードで default-port-limit コマンドを使用します。イベント制限の設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-port-limit

no default-port-limit

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

ポートには、イベント制限が定義されていません。

 
コマンド モード

SBE ブラックリスト IPv4 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-blacklist-ipv4)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 blacklist default-port-limit コマンドを使用して、送信元アドレス 123.123.2.2 のポートに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# ipv4 123.123.2.2
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-ipv4)# default-port-limit
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-ipv4-port-lmt)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

blacklist

所定の VPN の送信元アドレスに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始します。

ipv4 (blacklist)

ブラックリスト オプションを 1 つの IP アドレスに適用するモードを開始します。

reason

送信元の特定のイベント タイプに制限を設定するサブモードを開始します。

timeout

制限を超過したときに送信元からのパケットをブロックする期間を定義します。

trigger-period

イベントの判定期間を定義します。

trigger-size

ブラックリストがトリガーされて指定の送信元からのすべてのパケットがブロックされるまでに、その送信元に対して許可する指定イベント数を定義します。

description

ポリシー セット、隣接、送信元とそのイベント制限、または番号分析テーブルの説明文を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで description コマンドを使用します。このコンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

description description

no description description

 
シンタックスの説明

description

説明を設定するオブジェクトを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

ルーティング ポリシー テーブル(config-sbc-sbe-rtgpolicy)

CAC ポリシー セット コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy)

CAC テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)

NA ルーティング テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)

RTG ルーティング テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)

SBE ブラックリスト コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-blacklist)

SIP ヘッダー コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-sip-hdr)

SIP メソッド プロファイル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-sip-mth)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、説明 test adjacency を使用するように H.323 隣接 h323ToIsp42 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# description test adjacency
 

次に、説明 test adjacency を使用するように SIP 隣接 SipToIsp42 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# description test adjacency

 

次に、着信番号全体に一致するエントリがある番号分析テーブル MyNaTable の説明を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-number-table MyNaTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# description “My first number analysis table”
 

次に、mySbc に空のポリシー セット(1)を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# description “empty set”
 

次に、アドミッション制御テーブル MyCacTable の説明を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# description “My first CAC table”
 

次に、着信番号の先頭部分に一致するエントリがある番号分析テーブル MyNaTable の説明を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-prefix-table MyNaTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# description “My first number analysis table”
 

次に、特定の送信元 IP アドレスの説明を追加する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# ipv4
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# ipv4 125.12.12.15
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-ipv4)# description “test”
 

次に、mySbc に空のポリシー セット(1)を作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# description “empty set”

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

cac-policy-set

Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

call-policy-set

コール ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

description (sip-opt)

プロファイルの説明を設定するには、SIP オプション モードで description コマンドを使用します。このプロファイルから説明を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

description line

no description line

 
シンタックスの説明

 

line

プロファイルの説明です。最大文字数は 80 です。

 
コマンドのデフォルト

global がデフォルト値として使用されます。

 
コマンド モード

SIP オプション(sip-opt)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、プロファイルの説明を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc sanity
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip option-profile optpr1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-opt)# description test

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe sip option-profile

指定したオプション プロファイルの詳細を表示します。

dscp

所定の QoS プロファイルに所属する IP パケットのマーキングに使用する DSCP を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで dscp コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dscp value

no dscp

 
シンタックスの説明

value

パケットのマーキングに使用する DSCP 値を指定します。範囲は 0 ~ 63 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの DSCP 値は 0 です。

 
コマンド モード

QoS シグナリング コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-qos-sig)

QoS ビデオ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-qos-video)

QoS 音声コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-qos-voice)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、DSCP 10 を使用して IP パケットにマーキングするようにシグナリング用の QoS プロファイルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# qos sig residential
host1/Admin(config-sbc-sbe-qos-fax)# dscp 10
 

次に、DSCP 10 を使用して IP パケットにマーキングするようにビデオ用の QoS プロファイルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# qos video residential
host1/Admin(config-sbc-sbe-qos-video)# dscp 10
 

次に、DSCP 10 を使用して IP パケットにマーキングするように音声用の QoS プロファイルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# qos voice residential
host1/Admin(config-sbc-sbe-qos-voice)# dscp 10

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

qos sig

シグナリング用の QoS プロファイルを設定します。

qos video

ビデオ用の QoS プロファイルを設定します。

qos voice

音声用の QoS プロファイルを設定します。

dst-adjacency

ルーティング テーブルのエントリの宛先隣接を設定するには、RTG ルーティング テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで dst-adjacency コマンドを使用します。宛先隣接を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dst-adjacency dst_adj

no dst-adjacency dst_adj

 
シンタックスの説明

dst_adj

宛先隣接の名前を指定します。最大サイズは 80 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

RTG ルーティング テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

target-adjacency 引数は、match-type が round-robin のルーティング テーブル エントリに必須です。

テーブルがアクティブ ポリシー セットの一部となっている場合は、 dst-adjacency コマンドを使用できません。

次に、新しいルーティング テーブル MyRtgTable のエントリの宛先隣接を softswitch1 に設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-dst-address-table MyRtgTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# dst-adjacency softswitch1
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

entry

テーブルのエントリを作成または変更します。

dtmf-duration

Dual Tone Multifrequency(DTMF)イベントのデフォルト期間をミリ秒単位で設定するには、VDBE コンフィギュレーション モードで dtmf-duration コマンドを使用します。DTMF イベントのデフォルト期間をミリ秒単位で再設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dtmf-duration duration

no dtmf-duration duration

 
シンタックスの説明

duration

DTMF イベントのデフォルト期間(ミリ秒単位)です。範囲は 0 ~ 1000 です。デフォルト値は 200 です。

 
コマンドのデフォルト

このコマンドを設定しない場合、または no dtmf-duration コマンドを発行した場合、デフォルト値は 200 ミリ秒です。

 
コマンド モード

VDBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 2.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

適用なし

次に、DTMF イベントの期間を 250 ミリ秒に設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# vdbe
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# dtmf-duration 250
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

vdbe

VDBE コンフィギュレーション サブモードを開始します。

early-media-deny

アドミッション制御テーブルのエントリに対して初期メディアを禁止するかどうかを設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで early-media-deny コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

early-media-deny

no early-media-deny

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトでは、初期メディアは許可されています。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、アドミッション制御テーブル MyCacTable の既存のエントリに対して初期メディアを禁止する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# early-media-deny
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

early-media-timeout

コールが確立される前に初期メディアの許可に費やせる時間を設定します。

early-media-timeout

コールが確立される前に初期メディアの許可に費やせる時間を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで early-media-timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

early-media-timeout value

no early-media-timeout

 
シンタックスの説明

value

タイムアウト期間(秒単位)を指定します。値 0 は、コールがタイムアウトしないことを意味します。

 
コマンドのデフォルト

value :0

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、アドミッション制御テーブル MyCacTable の既存のエントリに対して初期メディア タイムアウトを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# early-media-timeout 90
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

early-media-deny

アドミッション制御テーブルのエントリに対して初期メディアを禁止するかどうかを設定します。

early-media-type

コール アドミッション制御テーブルのエントリに対して許可する初期メディアの方向を設定するには、CAC テーブル コンフィギュレーション モードで early-media-type コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

early-media-type {backward-half-duplex | forward-half-duplex | full-duplex}

no early-media-tye

 
シンタックスの説明

 

backward-half-duplex

逆方向でだけ初期メディアを許可します。

forward-half-duplex

順方向でだけ初期メディアを許可します。

full-duplex

両方向で初期メディアを許可します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの方向は full-duplex です。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、アドミッション制御テーブル MyCacTable の既存のエントリに対して初期メディアを禁止する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# early-media-type full-duplex
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

ealry-media-timeout

コールが確立される前に初期メディアの許可に費やせる時間を設定します。

edit

着信番号全体に一致するテーブル エントリがある番号分析テーブルに対して着信ストリング操作のアクションを設定するには、NA ルーティング テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで edit コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

edit [ del-prefix pd ] | [ del-suffix sd ] | [ add-prefix pa ] | [ replace ds ]

no edit

 
シンタックスの説明

del-prefix

プレフィクスから削除するディジットを指定します。

pd

キャリア ID ストリングの先頭から削除するディジット数を指定する正の整数です。

del-suffix

サフィクスから削除するディジットを指定します。

sd

キャリア ID ストリングの末尾から削除するディジット数を指定する正の整数です。

add-prefix

着信ストリングの先頭に追加するディジットを指定します。

pa

キャリア ID ストリングの先頭に追加するディジット ストリングです。

replace

着信ストリングを設定ディジットで置換します。

ds

キャリア ID ストリングを置換するディジット ストリングです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

NA ルーティング テーブル エントリ コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-ent)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、新しい番号分析テーブル MyNaTable の着信ストリングの先頭から 1 つのディジットを削除するようにエントリ 1 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-dst-number-table MyNaTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-ent)# edit del-prefix 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-natable-ent)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-natable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

 
関連コマンド

コマンド
説明

match-number

番号分析テーブル内のエントリの照合値を設定します。

edit-cic

番号分析テーブルのキャリア ID コードを操作するには、NA-DST-number-table コンフィギュレーション モードで edit-cic コマンドを使用します。設定したストリングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

edit-cic { del-prefix pd | del-suffix sd | add-prefix pa | replace ds }

 
シンタックスの説明

del-prefix

プレフィクスから削除するディジットを指定します。

pd

キャリア ID ストリングの先頭から削除するディジット数を指定する正の整数です。

del-suffix

サフィクスから削除するディジットを指定します。

sd

キャリア ID ストリングの末尾から削除するディジット数を指定する正の整数です。

add-prefix

着信ストリングの先頭に追加するディジットを指定します。

pa

キャリア ID ストリングの先頭に追加するディジット ストリングです。

replace

着信ストリングを設定ディジットで置換します。

ds

キャリア ID ストリングを置換するディジット ストリングです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

NA-DST-number-table コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

発信メッセージからキャリア ID 全体を削除する場合、置換ストリング 0 またはプレフィクス削除ストリング 4 を指定します。次に例を示します。

edit-cic del-prefix 4

または

edit-cic replace 0

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) replace アクションだけが動作します。他のアクションは無視されます。


次に、NA テーブル MyNaTable のキャリア ID の最初のディジットを削除するようにエントリ 1 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# na-src-account-table mytable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)# edit-cic del-prefix 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable-entry)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

call-policy-set

コール ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

entry

番号分析テーブル内のエントリを設定するモードを開始し、必要に応じてテーブルを作成します。

na-src-account-table

送信元アカウントと一致するエントリを持つ、SBE ポリシー セット内の番号分析テーブルを設定するモードを開始します。

sbc

新しい SBC サービスを作成し、新しい SBC コンフィギュレーション モードを開始します。または、既存のサービスのコンフィギュレーション モードを開始します。

sbe

SBC サービス内で SBE エンティティ モードを開始します。

edit-src

ルーティング テーブルに送信元番号操作アクションを設定するには、ルーティング テーブル エントリ コンフィギュレーション モードで edit-src コマンドを使用します。設定したストリングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

edit-src [ del-prefix pd ] | [ del-suffix sd ] | [ add-prefix pa ] | [ replace ds ]

 
シンタックスの説明

del-prefix

プレフィクスから削除するディジットを指定します。

pd

キャリア ID ストリングの先頭から削除するディジット数を指定する正の整数です。

del-suffix

サフィクスから削除するディジットを指定します。

sd

キャリア ID ストリングの末尾から削除するディジット数を指定する正の整数です。

add-prefix

着信ストリングの先頭に追加するディジットを指定します。

pa

キャリア ID ストリングの先頭に追加するディジット ストリングです。

replace

着信ストリングを設定ディジットで置換します。

ds

キャリア ID ストリングを置換するディジット ストリングです。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

ルーティング テーブル エントリ(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

テーブルがアクティブ ポリシー セットの一部となっている場合は、 このコマンドを使用できません。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、NA テーブル MyNaTable のキャリア ID の最初のディジットを削除するようにエントリ 1 を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-st-address-table mytable
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rttable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# edit-src del-prefix 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

entry

番号分析テーブル内のエントリを設定するモードを開始し、必要に応じてテーブルを作成します。

entry(プロファイル)

プロファイルのエントリを作成または変更するには、SIP ヘッダー コンフィギュレーション エレメント コンフィギュレーション モードで entry コマンドを使用します。プロファイルの所定のエントリを破棄するには、このコマンドの no 形式を使用します。

entry entry_num {action [add-header | as-profile | drop-msg | pass | replace-name | replace-value | strip] | parameter-profile name}

no entry entry_num {action [add-header | as-profile | drop-msg | pass | replace-name | replace-value | strip] | parameter-profile name}

 
シンタックスの説明

entry_num

エントリ番号です。範囲は 0 ~ 2147483647 です。

action

アクションのタイプを指定します。

parameter-profile

ヘッダーに関連付けられたパラメータ プロファイルを追加します(発信だけ)。

add-header

ヘッダーを必ず追加します(ヘッダーがすでに存在するかどうかに関係なく)。

as-profile

デフォルトのプロファイル アクション(whitelist/blacklist)です。

drop-msg

メッセージをドロップします。

pass

ヘッダーを渡します。

replace-name

ヘッダー名を置換します。

replace-value

ヘッダー コンテンツ(値)を置換します。

name

パラメータ プロファイルの名前を指定します。最大サイズは 30 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SIP ヘッダー コンフィギュレーション エレメント(config-sbc-sbe-sip-hdr-ele)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、デフォルトのプロファイル アクションを作成する例を示します。

host1/Admin# config
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip header-profile headerprof1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr)# header To
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr-ele)# 1 action as-profile

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe sip header-profile

設定されているすべての SIP ヘッダー プロファイルのリストを表示します。

entry(テーブル)

テーブルのエントリを作成または変更するには、適切なコンフィギュレーション モードで entry コマンドを使用します。アドミッション制御テーブルの所定のエントリを破棄するには、このコマンドの no 形式を使用します。

entry entry_num

no entry entry_num

 
シンタックスの説明

entry_num

テーブル エントリの番号です。

CAC テーブルの場合、CAC ポリシー エントリのインデックスです。範囲は 0 ~ 2000000 です。

RTG ルーティング テーブルの場合、ルーティング テーブル エントリの番号です。範囲は 0 ~ 2147483647 です。

NA ルーティング テーブルの場合、番号分析テーブル エントリの番号です。範囲は 0 ~ 2147483647 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)

NA ルーティング テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-natable)

RTG ルーティング テーブル コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。


) アクティブ ポリシー セットに関連するテーブルのコンフィギュレーションは変更できません。テーブルがアクティブ ポリシー セットの一部となっている場合は、エントリを破棄できません。


次に、新しいアドミッション制御テーブル MyCacTable にエントリを作成する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable match-type dst-prefix
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table MyCacTable
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

match-time

エントリの照合時間を設定します。

fast-register disable

SIP 隣接のファストパス登録サポートをディセーブルにするには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで fast-register disable コマンドを使用します。ファストパス登録サポートをイネーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

fast-register disable

no fast-register disable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトでは、ファストパス登録機能はイネーブルになっています。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

ファストパス登録は、SBC がソフトスイッチにすべての SIP 登録メッセージを転送しないようにするために使用します。これにより、ソフトスイッチの負荷が軽減されます。この機能はデフォルトでイネーブルになっており、このコマンドを使用してディセーブルにできます。アクティブな状態の場合、既存の登録と同じホストおよびポートから受信された SIP 登録メッセージに対しては、0 以外の有効期限の場合に限り、さらなる解析または処理を実行しないですぐに応答されます。

次に、SIP 隣接 SipToIsp42 のファストパス登録サポートをディセーブルにする例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# fast-register disable

 
関連コマンド

コマンド
説明

fast-register-interval

ファストパス登録インターバルを設定します。

fast-register-interval

ファストパス登録インターバル(秒単位)を設定するには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで fast-register-interval コマンドを使用します。ファストパス登録インターバルの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

fast-register-interval interval

no fast-register-interval

 
シンタックスの説明

interval

インターバル値を秒単位で指定します。範囲は 1 ~ 2000000 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

この隣接でファストパス登録サポートがイネーブルにされている場合、これは加入者登録で許可される最小の有効期限になります。登録がソフトスイッチに転送されるインターバルは、reg-min-expiry 値によって管理されています。


interval は、min-expiry より小さい値にする必要があります。


ファストパス登録を正常に動作させるには、SIP REGISTER メッセージの Expires ヘッダーの値を、隣接に設定された fast-register-interval の 3 倍を超える値にすることを推奨します。たとえば、Expires = 600 で、SBC fast-register-interval が 60 を返すように設定されている場合、Trident プロセッサではエントリが 600-180 秒間保持され、そのエントリはアプリケーションで 600-180 秒後に休止とマーキングされます。

次に、SIP 隣接 SipToIsp42 に対して 10 秒の fast-register interval をイネーブルにする例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# fast-register-interval 10

 
関連コマンド

コマンド
説明

fast-register disable

SIP 隣接のファストパス登録サポートをディセーブルにします。

first-cac-prefix-len

照合するプレフィクス長を設定するには、CAC ポリシー セット コンフィギュレーション モードで first-cac-prefix-len コマンドを使用します。このコンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-cac-prefix-len range

no first-cac-prefix-len range

 
シンタックスの説明

range

照合するプレフィクス長です。範囲は 0 ~ 32 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC ポリシー セット コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、加入者カテゴリの最初の 16 ビットを照合する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-prefix-len 16

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

cac-policy-set

Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

first-cac-scope

ポリシーのアドミッション制御段階の実行時に最初に定義される制限のスコープを設定するには、CAC ポリシー セット コンフィギュレーション モードで first-cac-scope コマンドを使用します。ポリシーのアドミッション制御段階の実行時に最初に定義される制限のスコープを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-cac-scope scope-name

no first-cac-scope scope-name

 
シンタックスの説明

scope-name

ポリシーのアドミッション制御段階の実行時に、最初に定義される制限のスコープです。有効な値は次のとおりです。

adj-group:同じ隣接グループのメンバーからのイベントの制限です。

arc-adjacency:同じ隣接からのイベントの制限です。

call:制限は 1 コール単位です。

dst-account:同じアカウントに送信されるイベントの制限です。

dst-adj-group:同じ隣接グループに送信されるイベントの制限です。

dst-adjacency:同じ隣接に送信されるイベントの制限です。

dst-number:同じ隣接番号を持つイベントの制限です。

global:制限はグローバルです(他のオプションとの併用は不可です)。

src-account:同じアカウントからのイベントの制限です。

src-adj-group:同じ隣接グループからのイベントの制限です。

src-number:同じ送信元番号を持つイベントの制限です。

sub-category:登録要求内の送信元 IP アドレスに基づいて加入者を分類します。

sub-category-pfx:加入者カテゴリの最初の数ビット(first-cac-prefix-len コマンドで指定)に基づいて加入者を分類します。

subscriber:登録要求に指定された AOR に基づいて加入者を分類します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC ポリシー セット コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

Release 3.1.00

sub-category、sub-category-pfx、および subscriber キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に、アドミッション制御ポリシーを定義する最初のスコープとしてスコープ カテゴリを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope src-adjacency

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

cac-policy-set

Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

first-cac-table

ポリシーのアドミッション制御段階の実行時に処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定するには、CAC ポリシー セット コンフィギュレーション モードで first-cac-table コマンドを使用します。このコンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-cac-table table-name

no first-cac-table table-name

 
シンタックスの説明

table-name

最初に処理する必要があるアドミッション制御テーブルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

CAC ポリシー セット コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-cacpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に最初のアドミッション制御テーブルとしてテーブル RootCacTable を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table RootCacTable

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

cac-policy-set

Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

first-call-routing-table

新しいコール イベントに対するポリシーのルーティング段階の実行時に処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定するには、ルーティング ポリシー テーブル モードで first-call-routing-table コマンドを使用します。最初のポリシー テーブルの名前の設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-call-routing-table table-name

no first-call-routing-table

 
シンタックスの説明

table-name

最初に処理する必要があるルーティング テーブルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

ルーティング ポリシー テーブル(config-sbc-sbe-rtgpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に新しいコール イベントに対する最初のルーティング テーブルとしてテーブル RootCallRtgTable を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# first-call-routing-table RootCallRtgTable

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

first-reg-routing-table

加入者登録イベントに対してポリシーのルーティング段階を実行するときに、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

first-number-analysis-table

ポリシーの番号分析段階の実行時に、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

first-number-analysis-table

ポリシーの番号分析段階の実行時に処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定するには、ルーティング ポリシー テーブル モードで first-number-analysis-table コマンドを使用します。最初のポリシー テーブルの名前の設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-number-analysis-table table-name

no first-number-analysis-table

 
シンタックスの説明

table-name

最初に処理する必要がある番号分析テーブルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

ルーティング ポリシー テーブル(config-sbc-sbe-rtgpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に最初の番号分析テーブルとしてテーブル RootNaTable を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# first-number-analysis-table RootNaTable

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

first-reg-routing-table

加入者登録イベントに対してポリシーのルーティング段階を実行するときに、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

first-call-routing-table

新しいコール イベントに対してポリシーのルーティング段階を実行するときに、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

first-reg-routing-table

加入者登録イベントに対するポリシーのルーティング段階の実行時に処理する最初のポリシー テーブルの名前を設定するには、ルーティング ポリシー テーブル モードで first-reg-routing-table コマンドを使用します。最初のポリシー テーブルの名前の設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

first-reg-routing-table table-name

no fi rst-reg-routing-table

 
シンタックスの説明

table-name

最初に処理する必要があるルーティング テーブルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

ルーティング ポリシー テーブル(config-sbc-sbe-rtgpolicy)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、mySbc のコンフィギュレーション セット 1 に加入者登録イベントに対する最初のルーティング テーブルとしてテーブル RootRegRtgTable を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# first-reg-routing-table RootRegRtgTable

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

first-number-analysis-table

ポリシーの番号分析段階の実行時に、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

first-call-routing-table

新しいコール イベントに対してポリシーのルーティング段階を実行するときに、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

force-signaling-peer

設定されているシグナリング ピアに SIP メッセージを強制的に送信するには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで force-signaling-peer コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

force-signaling-peer

no force-signaling-peer

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、設定されているシグナリング ピアに SIP メッセージを強制的に送信する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# force-signaling-peer
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# exit

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

global

ブラックリストをすべてのアドレスに適用するように設定するモードを開始するには、SBE ブラックリスト コンフィギュレーション モードで global コマンドを使用します。

global

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE ブラックリスト コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-blacklist)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、ブラックリストをすべてのアドレスに適用するように設定するモードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist)# global
host1/Admin(config-sbc-sbe-blacklist-global)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

blacklist

所定の VPN の送信元アドレスに対してデフォルト イベント制限を設定するモードを開始します。

ipv4 (blacklist)

ブラックリスト オプションを 1 つの IP アドレスに適用するモードを開始します。

reason

送信元の特定のイベント タイプに制限を設定するサブモードを開始します。

timeout

制限を超過したときに送信元からのパケットをブロックする期間を定義します。

trigger-period

イベントの判定期間を定義します。

trigger-size

ブラックリストがトリガーされて指定の送信元からのすべてのパケットがブロックされるまでに、その送信元に対して許可する指定イベント数を定義します。

group

隣接グループに隣接を設定するには、適切な隣接モードで group コマンドを使用します。指定したグループから隣接を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

group word

no group word

 
シンタックスの説明

word

隣接のグループ名を指定します。最大サイズは 32 文字です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 group コマンドを使用して、InternetEth0 という名前の隣接グループに、sipGW という名前の SIP 隣接を割り当てる例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip sipGW
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# group InternetEth0
 

次に、 group コマンドを使用して、Isp42 という名前の隣接グループに、H323ToIsp42 という名前の H.323 隣接を割り当てる例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 H323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# group Isp42

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

h225 timeout

H.225 タイムアウト インターバルを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで h225 timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h225 timeout { setup | proceeding | establishment } value

no h225 timeout { setup | proceeding | establishment } value

 
シンタックスの説明

setup

setup 状態を指定します。この状態のデフォルト値は 4 秒です。

proceeding

proceeding 状態を指定します。この状態のデフォルト値は 10 秒です。

establishment

establishment 状態を指定します。この状態のデフォルト値は 180 秒です。

value

タイムアウト期間を秒単位で指定します。setup と proceeding のタイムアウト期間の有効値は、1 ~ 30 です。establishment タイムアウトの有効値は、30 ~ 300 です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 h225 timeout コマンドを使用して、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで H.225 タイムアウト インターバルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 h323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# h225 timeout setup 30
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# h225 timeout proceeding 30
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# h225 timeout establishment 30

 

次に、 h225 timeout コマンドを使用して、H.323 コンフィギュレーション モードで H.225 タイムアウト インターバルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# h323
host1/Admin(config-sbc-sbe-h323)# h225 timeout setup 30
host1/Admin(config-sbc-sbe-h323)# h225 timeout proceeding 30
host1/Admin(config-sbc-sbe-h323)# h225 timeout establishment 30

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

h245-address-pass

コール元がトンネリングをサポートしていない場合に H.245 アドレスをコール元に渡すタイミングを指定するには、vDBE コンフィギュレーション モードで h245-address-pass コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h245-address-pass { immediate | wait-connect }

no h245-address-pass { immediate | wait-connect }

 
シンタックスの説明

immediate

H.245 アドレスをコール元に即座に渡します。

wait-connect

コールが接続された時点で H.245 アドレスをコール元に渡します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は immediate です。

 
コマンド モード

vDBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.1.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 Ia プロファイルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 adj1

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# signaling-address ipv4 10.140.90.20

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# signaling-port 1720

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# remote-address ipv4 172.16.100.107 255.255.255.255

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# signaling-peer 172.16.100.107

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# signaling-peer-port 1720

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# dbe-location-id 4294967295

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# h245-address-pass wait-connect

host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# attach

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

h245-tunnel disable

隣接単位で H.245 トンネリングをディセーブルにします。

h245-tunnel disable

隣接単位で H.245 トンネリングをディセーブルにするには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで h245-tunnel disable コマンドを使用します。トンネリングをイネーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

h245-tunnel disable

no h245-tunnel disable

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 h245-tunnel disable コマンドを使用して、H323ToIsp42 という名前の H.323 隣接で H.245 トンネリングをディセーブルにする例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency h323 H323ToIsp42
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-h323)# h245-tunnel disable

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

h245-address-pass

コール元がトンネリングをサポートしていない場合に H.245 アドレスをコール元に渡すタイミングを指定します。

h248 allow-all-mg

すべてのメディア ゲートウェイからの接続を許可するように H.248 シグナリング スタックを設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで h248 allow-all-mg コマンドを使用します。H.248 シグナリング スタックがすべてのメディア ゲートウェイからの接続を許可するという設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248 allow-all-mg

no h-248 allow-all-mg

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値はこのコマンドの no 形式です。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、すべてのメディア ゲートウェイからの SBE への接続を許可するように H.248 シグナリング スタックを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# h248 allow-all-mg
host1/Admin(config-sbc-sbe)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

h248-profile

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルの名前を設定します。

h248-profile-version

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルのバージョンを設定します。

h248 version

H.248 コントローラとのアソシエーションの形成時に VDBE が使用する H.248 プロトコルのバージョンを設定します。

h248-profile

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルの名前を設定するには、vDBE コンフィギュレーション モードで h248-profile コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-profile { etsi-bgf | gatecontrol }

no h248-profile

 
シンタックスの説明

etsi-bgf

ESSI_BGF 用の Ia プロファイルを設定します。

gatecontrol

SBC_GateControl 用の Cisco プロファイルを設定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は gatecontrol です。

 
コマンド モード

vDBE コンフィギュレーション(config-sbc-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

vDBE H.248 プロファイル コンフィギュレーション モードを開始するには、 h248-profile コマンドを使用します。

DBE が使用する H.248 プロファイルの名前を設定すると、Service Change メッセージとともにそのプロファイル名がアドバタイズされます。

次に、メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 Ia プロファイルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin# sbc mysbc
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# vdbe

host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-profile etsi-bgf

host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe-h248-profile)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

h248-profile-version

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルのバージョンを設定します。

show services sbc dbe h248-profile

指定したプロファイルに関する情報(トランスポート、H.248 バージョン、アクティブ パッケージなど)を表示します。

vdbe

仮想データ ボーダ エレメント(vDBE)コンフィギュレーション モードを開始します。

h248-profile-version

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルのバージョンを設定するには、vDBE H.248 プロファイル コンフィギュレーション モードで h248-profile-version コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-profile-version { profile-version }

no h248-profile-version

 
シンタックスの説明

profile-version

H.248 プロファイルのバージョン番号です。値は 1 ~ 3 です。値 3 は gatecontrol を表します。値 1 は etsi-bgf を表します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は 3 です。

 
コマンド モード

vDBE H.248 プロファイル コンフィギュレーション(config-sbc-dbe-vdbe-h248-profile)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

h248-profile-version コマンドは、 h248-profile コマンドでプロファイル名を定義してから使用します。

次に、メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルのバージョンを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin# sbc mysbc
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin(config-sbc-dbe)# vdbe
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-profile etsi-bgf
host1/Admin(config-sbc-dbe-vdbe-h248-profile)# h248-profile-version 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

h248-profile

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルの名前を設定します。

show services sbc dbe h248-profile

指定したプロファイルに関する情報(トランスポート、H.248 バージョン、アクティブ パッケージなど)を表示します。

vdbe

仮想データ ボーダ エレメント(vDBE)コンフィギュレーション モードを開始します。

h248-version

H.248 コントローラとのアソシエーションの形成時に VDBE が使用する H.248 プロトコルのバージョンを設定するには、VDBE モードで h248-version コマンドを使用します。H.248 プロトコルのバージョンをデフォルト値の 2 のままにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

h248-version version-number

no h248-version version-number

 
シンタックスの説明

 

version-number

バージョン番号を指定します。デフォルトのバージョンは 2 です。

 
コマンドのデフォルト

h248 バージョン 2 が使用されます。

 
コマンド モード

sbc-dbe-vdbe モード(config-sbc-sbe-dbe-vdbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、h248-version コマンドを使用して、H.248 プロトコルのバージョン 3 を使用するように vDBE を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc)# dbe
host1/Admin:router(config-sbc-dbe)# vdbe
host1/Admin:router(config-sbc-sbe-dbe-vdbe)# h248-version 3

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

h248 allow-all-mg

すべてのメディア ゲートウェイからの接続を許可するように H.248 シグナリング スタックを設定します。

h248-profile

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルの名前を設定します。

h248-profile-version

メディア ゲートウェイ コントローラ(SBE)と相互運用する vDBE H.248 プロファイルのバージョンを設定します。

h323

H.323 コンフィギュレーション モードを開始するには、SBE コンフィギュレーション モードで h323 コマンドを使用します。

h323

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、H.323 コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# h323
host1/Admin(config-sbc-sbe-h323)#
 

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

hunting-trigger

ハンティングをトリガーするエラー戻りコードを設定します。

ras retry

Registration, Admission, and Status(RAS; 登録、アドミッション、およびステータス)トランザクション タイプの H.323 RAS リトライ回数を設定します。

ras rrq

Registration Request(RRQ; 登録要求)を設定します。

ras timeout

H.323 RAS タイムアウト インターバルを設定します。

adjacency timout

隣接リトライ タイムアウト インターバルを設定します。

header

指定した名前のヘッダーを SIP メッセージ プロファイルに追加するには、SIP ヘッダー プロファイル コンフィギュレーション モードで header コマンドを使用します。プロファイルからメソッドを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

header header-name

no header header-name

 
シンタックスの説明

header-name

ヘッダー プロファイルに追加するヘッダーの名前を指定します。1 文字以上 32 文字以下の名前を指定できます(大文字と小文字は区別されます)。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

SIP ヘッダー コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-sip-hdr)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 header コマンドを使用して、ヘッダー プロファイル MyProfile にヘッダー「test」を追加する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip header-profile MyProfile
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-hdr)# header test

 
関連コマンド

コマンド
説明

blacklist

SIP メッセージの SIP ヘッダーまたはメソッド ブラックリスト プロファイルを設定します。

description

SIP ヘッダーの説明文を設定します。

header-profile

指定した SBE SIP 隣接での着信および発信のシグナリング用として、特定のヘッダー プロファイルを設定するには、隣接 H.323 コンフィギュレーション モードで header-profile コマンドを使用します。指定したヘッダー プロファイルをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

header-profile { inbound | outbound} profile-name

no header-profile { inbound | outbound} profile-name

 
シンタックスの説明

inbound | outbound

着信および発信の SIP ヘッダー プロファイルを設定します。

profile-name

指定した隣接での着信または発信のシグナリング用に設定するヘッダー プロファイル名を指定します。default という名前を入力すると、着信または発信のシグナリング用にデフォルトのヘッダー プロファイルが設定されます。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 header-profile コマンドを使用して、SBE SIP 隣接 test での着信および発信のシグナリング用にヘッダー プロファイルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip test
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# header-profile inbound Profile1
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# header-profile outbound Profile2
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe sip header-profile

設定されているすべての SIP ヘッダー プロファイルのリストを表示します。

hold-media-timeout

保留中のコールに関して DBE からメディア タイムアウト通知を受信後、そのコールをティアダウンするまでの SBE の待機時間を設定するには、SBE コンフィギュレーション モードで hold-media-timeout コマンドを使用します。数値をデフォルト値に設定するには、このコマンドの no 形式を使用します。

hold-media-timeout timeout

no hold-media-timeout timeout

 
シンタックスの説明

timeout

保留中のコールに関して DBE からメディア タイムアウト通知を受信後、そのコールをティアダウンするまでの SBE の待機時間を指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルト値は 0 です。

 
コマンド モード

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、SBE が保留中のコールで最終メディア パケットを受信してから、そのコールのリソースのクリーンアップを開始するまでに、2 時間待機するように設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# hold-media-timeout 7200
host1/Admin(config-sbc-sbe)#

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

sbe

SBC サービス内で SBE エンティティのサブモードを設定します。

hunting-trigger

ハンティングをトリガーするエラー戻りコードを設定するには、サポートされているモードの 1 つで hunting-trigger コマンドを使用します。サポートされているモードは、H.323(グローバル H.323 スコープ)、隣接 SIP(宛先 SIP 隣接)、および隣接 h323(宛先 H.323 隣接)です。

すべてのエラー コードをクリアするには、このコマンドの no 形式を使用します。

no hunting-trigger x y と入力した場合は、コード x および y だけが設定されたリストから削除されます。

hunting-trigger {error-codes | disable} error-codes

no hunting-trigger {error-codes | disable} error-codes

 
シンタックスの説明

error-codes
(SIP および隣接モード)

SIP 数値エラー コードのリストを指定します(各コードはスペースで区切ります)。

error-codes

(h323 および隣接

h323 モード)

次のいずれかの値を指定します。

noBandwidth:H.225 帯域幅なし応答です。

unreachableDestination:H.225 宛先到達不能応答です。

destinationRejection:H.225 宛先拒否応答です。

noPermission:H.225 権限なし応答です。

gatewayResources:H.225 ゲートウェイ リソース応答です。

badFormatAddress:H.225 不正形式アドレス応答です。

securityDenied:H.225 セキュリティ拒否応答です。

connectFailed:内部応答です。

noRetry:受信したエラー戻りコードに関係なく、対象の隣接に対してルーティングをリトライしないように指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-h323)

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

隣接 H.323 コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-h323)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

hunting-trigger x を入力し、その後ろに hunting-trigger y を入力すると、x の値が y に置き換わります。

x と y の両方がハンティング トリガーになるように設定するには、hunting-trigger x y と入力する必要があります。

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。

「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

SIP 隣接モードまたは H.323 隣接モードでは、特殊な hunting-trigger 値である disable を指定すると、グローバル リトライ リストにエラー コードがあっても、この隣接へのルートはリトライされません。

H.323 モード

 

次に、noBandwidth または securityDenied エラーを受信した場合にルーティングをリトライするように H.323 を設定する例を示します。

 
host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin (config-sbc-sbe)# h323
host1/Admin (config-sbc-sbe-h323)# hunting-trigger noBandwidth securityDenied
 

SIP 隣接モード

次に、415(サポート対象外のメディア)または 480(一時的に使用不能)エラーを受信した場合に SIP 隣接 SipAdj1 へのルーティングをリトライするように SIP を設定する例を示します。

 
host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipAdj1
host1/Admin(config-sbc-sbe-adj-sip)# hunting-trigger 415 480

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

show services sbc sbe hunting-trigger

H.323 または SIP ハンティング トリガーをグローバル レベルで表示します。

inherit profile

SIP 隣接にグローバル継承プロファイルを設定するには、隣接 SIP コンフィギュレーション モードで inherit profile コマンドを使用します。グローバル継承プロファイルの設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

inherit profile { preset-access | preset-core | preset-ibcf-ext-untrusted | preset-ibcf-external | preset-ibcf-internal | preset-p-cscf-access | preset-p-cscf-core | preset-peering | preset-standard-non-ims}

no inherit profile

 
シンタックスの説明

preset-access

プリセット アクセス プロファイルを指定します。

preset-core

プリセット コア プロファイルを指定します。

preset-ibcf-ext-untrusted

プリセット IBCF 外部非信頼プロファイルを指定します。

preset-ibcf-external

プリセット IBCF 外部プロファイルを指定します。

preset-ibcf-internal

プリセット IBCF 内部プロファイルを指定します。

preset-p-cscf-access

プリセット P-CSCF アクセス プロファイルを指定します。

preset-p-cscf-core

プリセット P-CSCF コア プロファイルを指定します。

preset-peering

プリセット ピア プロファイルを指定します。

preset-standard-non-ims

プリセット標準非 IMS プロファイルを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

隣接 SIP コンフィギュレーション(config-sbc-sbe-adj-sip)

SBE コンフィギュレーション(config-sbc-sbe)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

次に、 sip inherit profile コマンドを使用して、SIP 隣接に P-CSCF アクセスの継承プロファイルを設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# adjacency sip SipToIsp42
host1/Admin(config-sbe-adj-sip)# inherit profile preset-p-cscf-access

 
関連コマンド

 

コマンド
説明

adjacency

SBC の隣接を設定します。

invite-timeout

発信 SIP invite 要求への最終応答に対する SBC の待機時間を設定するには、IP タイマー コンフィギュレーション モードで invite-timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

invite-timeout {interval-value}

no invite-timeout

 
シンタックスの説明

interval-value

発信 invite 要求がタイムアウトするまでに SBC が待機する時間(秒単位)です。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの待機インターバルは 180 秒です。この期間に応答が受信されないと、内部 408 要求タイムアウト応答が生成され、コール元に送信されます。

 
コマンド モード

SIP タイマー(config-sbc-sbe-sip-tmr)

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

Release 3.0.00

Cisco 7600 シリーズ ルータに、このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なコンフィギュレーション モードおよびサブモードを開始している必要があります。「例」では、コマンドを実行するのに必要なモードとサブモードの階層を示します。

アクティブ コンフィギュレーション上にコンフィギュレーションを上書きロードしようとすると、コンフィギュレーションを変更できないことを通知する警告が生成されます。新しいコンフィギュレーションをロードすることでコンフィギュレーション全体を変更する必要がある場合は、まず既存のコンフィギュレーションを削除してください。

次に、invite トランザクションが 60 秒後にタイムアウトするように SBC を設定する例を示します。

host1/Admin# configure
host1/Admin(config)# sbc mySbc
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sip timer
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-tmr)# invite-timeout 60
host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-tmr)# exit
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

udp-response-linger-period

SBC が invite 要求に対する否定 UDP 応答を維持する期間を設定します。

ip host

DNS サーバが使用不能であると評価された場合にホスト名を IP アドレスに解決するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ip host コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip host hostname ip_address

no ip host hostname ip_address

 
シンタックスの説明

hostname

ホスト名を指定します。

<