Cisco 7600 シリーズ ルータ セッション ボーダ コン トローラ コンフィギュレーション ガイド
SIP SDP アトリビュート パススルーの設定
SIP SDP アトリビュート パススルーの設定
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/04/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

SIP SDP アトリビュート パススルーの設定

SIP SDP アトリビュート パススルーの設定に関する制約事項

SIP SDP アトリビュート パススルーに関する情報

SIP SDP アトリビュート パススルーの設定

SIP SDP アトリビュート パススルーの例

SIP SDP アトリビュート パススルーの設定

ACE SBC Release 3.1.00 よりも前では、Session Border Controller(SBC; セッション ボーダ コントローラ)は、オファー側のすべてのアトリビュート行 (a=) をパススルーすることによって(特定の種類のアトリビュート行を変更または追加する場合もあります)、SDP アトリビュート パススルーを処理していました。

回答側のアトリビュート行の場合、SBC は選択した特定の行を(残りの行は無視して)パススルーし、オファー側の行を代わりに反映して戻していました。

ACE SBC Release 3.1.00 の場合、セッション ボーダ コントローラ(SBC)は、転送する SDP オファーと回答を含む SIP メッセージ内のすべての a= 行をデフォルトでパススルーします。ホワイトリスト(パススルーする一連の a= 行を限定し、残りはすべてブロックする)を指定するか、またはその反対にブラックリスト(ブロックする一連の a= 行を限定し、残りはすべてパススルーする)を指定することにより、特定の a= 行をブロックするように SBC を設定できます。

SIP アトリビュート パススルー機能の履歴

 

リリース
変更内容

ACE SBC Release 3.1.00

Cisco7600 シリーズ ルータに SDP アトリビュート パススルーが追加されました。

SIP SDP アトリビュート パススルーの設定に関する制約事項

SIP SDP アトリビュート パススルーについて、次の制約事項を確認してください

既存の反映動作はサポートされていません。

ワイルドカードまたはプレフィクスによるアトリビュート行の一致はサポートされていません。

一致を検索するために、メディア レベルの a= 行とセッション レベルの a= 行を区別することは、サポートされていません。

高度な一致条件(ビデオ ストリームだけに適用したり、オファーだけに適用したりするなど)はサポートされていません。

メディア バイパス コールでのアトリビュートのブロックはサポートされていません。

ブロック機能の適用は、不明なアトリビュートに限定されます。

次のアトリビュートは、不明なアトリビュート ポリシーの適用対象外となります。これらをブロックすると、SBC の正常な動作に悪影響を与える場合があるためです。

a=rtpmap

a=fmtp

a=sendonly

a=recvonly

a=inactive

a=sendrecv

a=ptime

a=mid

a=group

a=curr

a=des

a=conf

a=crypto

ポリシーが適用される時点で、ポリシーがこれらの行を削除しようとすると、(レート制限)警告ログが発行されます。

SIP SDP アトリビュート パススルーに関する情報

適用される SDP ポリシーを保管するには、コールごとに追加の記憶領域が必要となります。コールごとに最大 160 バイトが必要になると予想されます。

SIP SDP アトリビュート パススルーの設定

ここでは、SIP SDP アトリビュート パススルーを実装する手順について説明します。

手順概要

1. configure

2. sbc service-name

3. sbe

4. sdp-match-table table-name

5. action whitelist/blacklist

6. match-string name

7. match-string name

8. exit

9. sdp-match-table table-name

10. action whitelist/blacklist

11. match-string name

12. match-string name

13. exit

14. sdp-policy-table table-name

15. match-table table-name

16. exit

17. sdp-policy-table table-name

18. match-table table-name

19. exit

20. cac-policy-set number

21. first-cac-table table-name

22. first-cac-scope scope

23. cac-table table-name

24. match-type type

25. entry number

26. match-value value

27. action action-name

28. caller-inbound-policy policytab-name

29. caller-outbound-policy policytab-name

30. callee-inbound-policy policytab-name

31. callee-outbound-policy policytab-name

32. exit

33. exit

34. complete

35. exit

36. active-cac-policy-set number

37. show services sbc service-name sbe cac-policy-set number table number entry number

詳細手順

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

host1/Admin# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

host1/Admin(config)# sbc mysbc

SBC サービス モードを開始します。

サービス名を定義するには、 service-name 引数を使用します。

ステップ 3

sbe

 

host1/Admin(config-sbc)# sbe

SBC の Signaling Border Element(SBE; シグナリング ボーダ エレメント)機能モードを開始します。

ステップ 4

sdp-match-table table-name

 
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-match-table 1

既存の sdp-match-table をポリシーに追加します。

ステップ 5

action whitelist/blacklist

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# action blacklist

SDP ポリシー テーブルの処理を指定します。

ステップ 6

match-string name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# match-string attribute-name1

SDP アトリビュート照合ストリングを設定します。

ステップ 7

match-string name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# match-string attribute-name2

SDP アトリビュート照合ストリングを設定します。

ステップ 8

exit

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# exit

直前のサブモードに戻ります。

ステップ 9

sdp-match-table table-name

 
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-match-table-name 2

既存の sdp-match-table をポリシーに追加します。

ステップ 10

action whitelist/blacklist

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# action blacklist

定義したアトリビュート セットは許可し、その他のアトリビュートはブロックする処理を追加します。

ステップ 11

match-string name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# match-string attribute-name1

SDP アトリビュート照合ストリングを設定します。

ステップ 12

match-string name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# match-string attribute-name3

SDP アトリビュート照合ストリングを設定します。

ステップ 13

exit

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# exit

直前のサブモードに戻ります。

ステップ 14

sdp-policy-table table-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-policy-table table-name1

SDP ポリシー テーブルを 設定します。

ステップ 15

match-table table-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-policy-tbl)# match-table table-name1

ポリシーで使用される SDP 照合テーブルを設定します。

ステップ 16

exit

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-adj)# exit

直前のサブモードに戻ります。

ステップ 17

sdp-policy-table table-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-policy-table table-name2

SDP ポリシー テーブルを 設定します。

ステップ 18

match-table table-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-policy-tbl)# match-table table-name2

ポリシーで使用される SDP 照合テーブルを設定します。

ステップ 19

exit

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-sip-adj)# exit

直前のサブモードに戻ります。

ステップ 20

cac-policy-set number

 

host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1

Call Admission Control(CAC; コール アドミッション制御)ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

ステップ 21

first-cac-table table-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table RootCacTable

ポリシーのアドミッション制御段階の実行時に、最初に処理するポリシー テーブルの名前を設定します。

ステップ 22

first-cac-scope scope

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope src-adjacency

ポリシーのアドミッション制御段階の実行時に、制限の定義を開始するスコープを設定します。

ステップ 23

cac-table table-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table RootCacTable

アドミッション制御テーブルを作成または設定します。

ステップ 24

match-type type

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type call-priority

コールのプライオリティを CAC ポリシーの基準として使用する新しい CAC テーブル タイプを設定します。

ステップ 25

entry number

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1

テーブルのエントリを作成または変更します。

ステップ 26

match-value value

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value sipp1

アドミッション制御テーブルの照合タイプを設定します。

ステップ 27

action action-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete

エントリが選択された場合に実行するアクションを指定します。

ステップ 28

caller-inbound-policy policytab-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-inbound-policy foo

コール元の着信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

ステップ 29

caller-outbound-policy policytab-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-outbound-policy foo

コール元の発信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

ステップ 30

callee-inbound-policy policytab-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-inbound-policy foo2

コール先の着信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

ステップ 31

callee-outbound-policy policytab-name

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-outbound-policy foo2

コール先の発信 SDP ポリシー テーブルを設定します。

ステップ 32

exit

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit

直前のサブモードに戻ります。

ステップ 33

exit

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit

直前のサブモードに戻ります。

ステップ 34

complete

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# complete

CAC ポリシー セットに対して整合性検査を実行します。

ステップ 35

exit

 

host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit

直前のサブモードに戻ります。

ステップ 36

active-cac-policy-set number

 

host1/Admin(config-sbc-sbe)# active-cac-policy-set 1

アクティブな CAC ポリシー セットを開始します。

ステップ 37

show services sbc service-name sbe cac-policy-set number table number entry number

 

host1/Admin(config-sbc-sbe)# show services sbc mysbc sbe cac-policy-set 1 table RootCacTable entry 1

CAC ポリシー テーブル内の特定のエントリに関する詳細情報を表示します。

SIP SDP アトリビュート パススルーの例

ここでは、SIP SDP アトリビュート パススルーの設定例および出力を示します。

host1/Admin# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
host1/Admin(config)# sbc interwork
host1/Admin(config-sbc)# sbe
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-match-table matchtab1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# action blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# match-string X-sqn
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# match-string X-cap
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-match-table matchtab2
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# action blacklist
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# match-string X-sqn
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# match-string X-pc-csuites-rtp
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-match-tbl)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-policy-table policytab1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-policy-tbl)# match-table matchtab1
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-policy-tbl)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe)# sdp-policy-table policytab2
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-policy-tbl)# match-table matchtab2
host1/Admin(config-sbc-sbe-sdp-policy-tbl)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# match-type src-adjacency
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value sipp1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-inbound-policy policytab1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-outbound-policy policytab1
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-inbound-policy policytab2
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-outbound-policy policytab2
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# complete
host1/Admin(config-sbc-sbe-cacpolicy)# exit
host1/Admin(config-sbc-sbe)# active-cac-policy-set 1
 
 

ここでは、SIP SDP アトリビュート パススルーの設定例および出力を示します。

host1/Admin(config-sbc-sbe)# do show services sbc interwork sbe cac-policy-set 1 table 1 entry 1
SBC Service "interwork"
Policy set 1 table 1 entry 1
Match value sipp1
Action CAC policy complete
Max calls Unlimited
Max call rate Unlimited
Max in-call rate Unlimited
Max out-call rate Unlimited
Max registrations Unlimited
Max reg. rate Unlimited
Max bandwidth Unlimited
Max channels Unlimited
Transcoder Allowed
Caller privacy setting Never hide
Callee privacy setting Never hide
Early media Allowed
Early media direction Both
Early media timeout 0
Restrict codecs to list default
Restrict caller codecs to list default
Restrict callee codecs to list default
Media bypass Allowed
SRTP Transport Not Set
Callee hold setting Standard
Caller hold setting Standard
Number of calls rejected by this entry 0
Caller inbound SDP policy policytab1
Caller outbound SDP policy policytab1
Callee inbound SDP policy policytab2
Callee outbound SDP policy policytab2