Cisco 7600 シリーズ ルータ Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 12.1E
IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチン グの設定
IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの機能概要

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの概要

マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのフロー マスク

レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト パケットの書き換え

フローの部分的スイッチングおよび完全スイッチング

フローの部分的スイッチング(PFC1 または PFC2 を使用する場合)

フローの部分的スイッチング(PFC2 を使用する場合)

フローの完全スイッチング

非 RPF トラフィックの処理

非 RPF トラフィックの概要

スタブ ネットワークのための RPF 障害のフィルタリング

RPF 障害トラフィックのレート制限

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのデフォルト設定

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング設定時の注意事項および制約事項

MSCF2 を装備した PFC2

MSFC または MSCF2 を装備した PFC1

PFC1 および PFC2 の一般的な制約事項

サポートされない機能

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定

IGMPv3、IGMP v3lite、および URD を使用した送信元固有マルチキャスト

IP マルチキャスト ルーティングのグローバルなイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上での IP PIM のイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上での IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル化

レイヤ 3 スイッチングのグローバルしきい値の設定

直接接続されたサブネットのインストールのイネーブル化

NetFlow ベースの RPF 障害レート制限のイネーブル化

CEF ベースの RPF 障害レート制限のイネーブル化

ショートカット整合性検査のイネーブル化

RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングの設定

RPF 障害のレート制限情報の表示

IP マルチキャスト レイヤ 3 ハードウェア スイッチング要約情報の表示

IP マルチキャスト ルーティング テーブルの表示

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報の表示

debug コマンドの使用

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報の消去

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定

この章では、Cisco 7600 シリーズ ルータに IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングを設定する方法について説明します。


) この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、『Cisco 7600 Series Router Cisco IOS Command Reference』を参照してください。


この章で説明する内容は、次のとおりです。

「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの機能概要」

「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのデフォルト設定」

「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング設定時の注意事項および制約事項」

「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定」


) この章では、[PFC] という用語は、特に区別する場合を除いて PFC2 または PFC1 を表します。[MSFC] という用語は、特に区別する場合を除いて MSFC2 または MSFC1 を表します。


IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの機能概要

ここでは、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの機能について説明します。

「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの概要」

「マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ」

「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのフロー マスク」

「レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト パケットの書き換え」

「フローの部分的スイッチングおよび完全スイッチング」

「非 RPF トラフィックの処理」

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの概要

Policy Feature Card 2(PFC2; ポリシー フィーチャ カード 2)は、ハードウェア レプリケーション テーブルおよびハードウェア Cisco Express Forwarding(CEF; シスコ エクスプレス フォワーディング)(PFC2 の Forwarding Information Base[FIB; 転送情報ベース]および隣接テーブルを使用)を使用して、IP マルチキャスト フローのレイヤ 3 スイッチング機能を提供します。Distributed Forwarding Card(DFC)を装備したシステムでは、IP マルチキャスト フローは、Multicast Distributed Hardware Switching(MDHS)を使用してローカルにレイヤ 3 スイッチングされます。MDHS は、各 DFC 上のローカルなハードウェア CEF テーブルおよびレプリケーション テーブルを使用して、DFC を装備した各スイッチング モジュール上で、レイヤ 3 スイッチングおよび Reverse Path Forwarding(RPF)障害のレート制限をローカルに実行します。

PFC2 および DFC は、(*,G)ステート フローのハードウェア スイッチングをサポートします。PFC1、PFC2、および DFC は、非 RPF トラフィックのレート制限をサポートします。

Policy Feature Card 1(PFC1; ポリシー フィーチャ カード 1)は、NetFlow およびハードウェア レプリケーション テーブルを使用して、Multilayer Switching(MLS; マルチレイヤ スイッチング)を伴う IP マルチキャスト フローのレイヤ 3 スイッチング機能を提供します。

マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングは、高度な Application-Specific Integrated Circuit(ASIC; 特定用途向け集積回路)スイッチング ハードウェアを使用して、IP サブネット間で IP マルチキャスト データ パケット フローを転送します。その結果、プロセッサを集中的に使用するマルチキャスト転送および複製によってネットワーク ルータにかかる負荷が軽減されます。

ハードウェア スイッチングが不可能なレイヤ 3 フローは、引き続きルータによってソフトウェアで転送されます。ルートの決定には、Protocol Independent Multicast(PIM)が使用されます。

PFC1、PFC2、および DFC はいずれも、レイヤ 2 マルチキャスト転送テーブルを使用して、レイヤ 2 マルチキャスト トラフィックを転送するポート(ある場合)を判別します。マルチキャスト転送テーブル エントリは、Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピングとともに読み込まれます( 第21章「IGMP スヌーピングの設定」 を参照)。

マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ

PFC1、PFC2、および DFC は、次のように、1 つまたは複数のハードウェア テーブルでレイヤ 3 スイッチング情報を維持します。

PFC1 は、レイヤ 3 フローを NetFlow キャッシュに {source IP, IP group, ingress-interface/VLAN} として読み込みます。また、フローのレイヤ 3 書き換え情報および発信インターフェイスのリストへのポインタ(複製エントリなど)も保存します。フローがこれらのパラメータに一致しない場合、NetFlow ミスと見なされ、レイヤ 2 ルックアップに基づいて着信ポートにブリッジされます。

PFC2 および DFC は、適切なマスクを使用して(S,G)または(*,G)フローをハードウェア FIB テーブルに読み込みます。たとえば、(S/32, G/32)および(*/0, G/32)です。RPF インターフェイスおよび隣接するポインタ情報も、各エントリに保管されます。隣接テーブルには、書き換え情報およびレプリケーション エントリへのポインタが含まれます。フローが FIB エントリと一致した場合、RPF チェックによって着信インターフェイス/VLAN がエントリと比較されます。一致しない場合は RPF 障害であり、レート制限機能がイネーブルになっている場合はレート制限の対象になります。

PFC1 を装備したシステムでは、最大スイッチング キャッシュ サイズは 128K エントリであり、これがスイッチ上のすべてのレイヤ 3 スイッチング プロセス(IP ユニキャスト MLS、Internetwork Packet Exchange [IPX] MLSなど)によって共有されます。ただし、キャッシュが 32K エントリを超過すると、フローが PFC によってスイッチングされなくなり、MSFC に転送される可能性が高くなります。

PFC1 または PFC2 を装備したシステムでは、MSFC は新しいフローのトラフィックを受信すると、自身のマルチキャスト ルーティング テーブルをアップデートし、新しい情報を PFC に転送します。さらに、MSFC 上のマルチキャスト ルーティング テーブルのエントリが期限切れになると、MSFC はそのエントリを削除し、アップデートされた情報を PFC に転送します。DFC を装備したシステムでは、すべての DFC および PFC2 で対称的にフローが読み込まれます。

レイヤ 3 スイッチング キャッシュには、すべてのアクティブなレイヤ 3 スイッチド フローに関する情報が含まれます。スイッチング キャッシュが読み込まれたあと、既存のフローに属することが識別されたマルチキャスト パケットは、そのフローに対応するキャッシュ エントリに基づいて、レイヤ 3 スイッチングされます。PFC はキャッシュ エントリごとに、IP マルチキャスト グループに対して出力インターフェイスのリストを維持します。PFC はこのリストを使用して、特定のマルチキャスト フローのトラフィックを複製する必要のある VLAN を判別します。

レイヤ 3 スイッチング キャッシュ エントリに有効なコマンドは、次のとおりです。

clear ip mroute コマンドを使用して)マルチキャスト ルーティング テーブルを消去すると、マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ エントリがすべて消去されます。

no ip multicast-routing コマンドを使用して)MSFC 上の IP マルチキャスト ルーティングをディセーブルにすると、PFC 上のマルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ エントリがすべて消去されます。

no mls ip multicast コマンドを使用して)インターフェイス単位でマルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをディセーブルにすると、そのインターフェイスを RPF インターフェイスとして使用するフローが、ソフトウェア上で MSFC によってのみルーティングされます。

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのフロー マスク

PFC1 を使用する IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングでは、マルチキャスト source-destination-VLAN フロー マスクだけがサポートされます。PFC1 は、{source IP, destination group IP, source VLAN} ごとに 1 つのマルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ エントリを維持します。マルチキャスト source-destination-VLAN フロー マスクが IP ユニキャスト MLS source-destination-ip フロー マスクと異なる点は、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの場合、送信元 VLAN がエントリの一部に含まれる点です。送信元 VLAN は、マルチキャスト フローのマルチキャスト RPF インターフェイスです。フローは送信元デバイスの IP アドレス、宛先 IP マルチキャスト グループ アドレス、および送信元 VLAN に基づいています。MSFC は RPF インターフェイスを使用して、ユニキャスト パケットを送信元に送り返します。

レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト パケットの書き換え


) IP マルチキャスト パケットについては、ARPA 書き換えだけがサポートされます。Subnetwork Address Protocol(SNAP)書き換えはサポートされていません。


マルチキャスト送信元から宛先マルチキャスト グループへ、マルチキャスト パケットがレイヤ 3 スイッチングされる場合、PFC1 は MSFC から学習してレイヤ 3 スイッチング キャッシュに保管した情報に基づいて、パケットの書き換えを実行します。PFC2 および DFC の場合には、MSFC2 から学習して隣接テーブルに保管した情報に基づいて、パケットの書き換えが行われます。パケット書き換えのフォーマットは、PFC1、PFC2、および DFC で共通です。

たとえば、サーバ A が IP マルチキャスト グループ G1 を宛先とするマルチキャスト パケットを送信するとします。送信元 VLAN 以外の VLAN 上にグループ G1 のメンバーが存在する場合、PFC は送信元以外の VLAN にトラフィックを複製するとき、パケットの書き換えを実行しなければなりません(ルータはさらに、送信元 VLAN 内でパケットをブリッジングします)。

PFC がマルチキャスト パケットを受信した時点では、パケットのフォーマットは(概念的には)次のとおりです。

 

レイヤ 2 フレーム ヘッダー
レイヤ 3 IP ヘッダー
データ
FCS

宛先

送信元

宛先

送信元

TTL

チェックサム

 

 

Group G1 MAC 1

Source A MAC

Group G1 IP

Source A IP

n

calculation1

1.この例では、B という宛先はグループ G1 のメンバーです。

PFC は、パケットを次のように書き換えます。

レイヤ 2 フレーム ヘッダー内の送信元 MAC アドレスを、ホストの MAC アドレスから、MSFC の MAC アドレスに変更します(この MAC アドレスが、フローのマルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ エントリに保管されます)。

IP ヘッダーの Time To Live(TTL; 存続可能時間)を 1 だけ減らし、IP ヘッダー チェックサムを再計算します。

その結果、書き換えられた IP マルチキャスト パケットは、ルーティングされたような形になります。PFC は書き換えたパケットを該当する宛先 VLAN に複製し、その VLAN 上でパケットが IP マルチキャスト グループ G1 のメンバーに転送されます。

PFC がパケットの書き換えを行ったあとのフォーマットは、(概念的には)次のとおりです。

 

フレーム ヘッダー
IP ヘッダー
データ
FCS

宛先

送信元

宛先

送信元

TTL

チェックサム

 

 

Group G1 MAC

MSFC MAC

Group G1 IP

Source A IP

n-1

calculation2

フローの部分的スイッチングおよび完全スイッチング

あるフローで、マルチレイヤ スイッチングされる出力レイヤ 3 インターフェイスと、マルチレイヤ スイッチングされない出力インターフェイスがどちらも 1 つまたは複数ある場合、そのフローは部分的スイッチングされているとみなされます。部分的スイッチングされるフローが作成されると、そのフローに属するすべてのマルチキャスト トラフィックが MSFC に到達し、マルチレイヤ スイッチングされない出力インターフェイス上でソフトウェアによって転送されます。

ここでは、フローの部分的スイッチングおよび完全スイッチングについて説明します。

「フローの部分的スイッチング(PFC1 または PFC2 を使用する場合)」

「フローの部分的スイッチング(PFC2 を使用する場合)」

「フローの完全スイッチング」

フローの部分的スイッチング(PFC1 または PFC2 を使用する場合)

システムに PFC1 または PFC2 が搭載されている場合、次の状況では、フローが完全スイッチングされずに部分的スイッチングされる可能性があります。

マルチキャスト送信元の RPF インターフェイスで、ルータが IP マルチキャスト グループのメンバーとして設定されている場合( ip igmp join-group コマンドを使用)。

PIM sparse モードで、ルータが送信元への最初のホップ ルータである場合に、登録ステートのとき(この場合、ルータは Rendevous Point[RP; ランデブー ポイント]に PIM 登録メッセージを送信しなければなりません)。

フローの出力インターフェイスで、マルチキャスト TTL しきい値が設定されている場合(ip multicast ttl-threshold コマンドを使用)。

フローの RPF インターフェイスにマルチキャスト ヘルパーが設定されていて、かつマルチキャストからブロードキャストへの変換が必要な場合。

出力インターフェイスが、Generic Routing Encapsulation(GRE; 総称ルーティング カプセル化)Distance Vector Multicast Routing Protocol(DVMRP; ディスタンスベクトル マルチキャスト ルーティング プロトコル)トンネル インターフェイスである場合。

RPF インターフェイスの最大伝送ユニット(Maximum Transmission Unit; MTU)は、どの出力インターフェイスの MTU よりも大きい場合。

インターフェイスに Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)が設定されていて、かつ出力インターフェイス用に送信元アドレスの変換が必要な場合。

フローの部分的スイッチング(PFC2 を使用する場合)

PFC2 システムでは、共有ツリーから shortest-path-tree(SPT)へのしきい値が無限に等しくならない場合、(*,G)フローは最後のホップ リーフ ルータ上で部分的にスイッチングされます。これによって、フローは SPT から移行できます。


) PFC2 の場合、出力インターフェイスの出力 ACL に一致するフローはソフトウェア内でルーティングされます。


フローの完全スイッチング

特定のフローで、すべての出力インターフェイスがレイヤ 3 スイッチングされ、かつ、フローに上記の状況がいずれも該当しない場合、そのフローは完全スイッチングされているとみなされます。完全スイッチングされるフローが作成されると、PFC は、送信元 VLAN 上でそのフロー用にブリッジされているマルチキャスト トラフィックが VLAN の MSFC インターフェイスに到達できないようにして、そのフローの転送および複製の負荷が MSFC にかからないようにします。

フローが完全スイッチングされた場合、結果として、そのフローに関してはパケット単位でのマルチキャスト統計情報を記録できません。そのため、PFC は完全スイッチングされたすべてのフローに関するマルチキャスト パケットおよびバイト カウント統計情報を、定期的に MSFC に送信します。MSFC は対応するマルチキャスト ルーティング テーブル エントリをアップデートし、そのマルチキャスト ルーティングに対応する期限切れタイマーをリセットします。


) PIM RP または PIM dense モードでは(*,G)ステートが作成されますが、フローの転送には使用されず、これらのフローについてはレイヤ 3 スイッチング エントリは作成されません。


非 RPF トラフィックの処理

ここでは、非 RPF トラフィックの処理について説明します。

「非 RPF トラフィックの概要」

「スタブ ネットワークのための RPF 障害のフィルタリング」

「RPF 障害トラフィックのレート制限」

非 RPF トラフィックの概要

複数のルータが同一 LAN セグメントに接続される冗長構成では、1 台のルータだけが、出力インターフェイス上でマルチキャスト トラフィックを送信元から受信側まで転送します(図18-1 を参照)。このようなトポロジでは、PIM DR(PIM 指定ルータ)だけが共通の VLAN 内でデータを転送しますが、非 PIM DR は転送されたマルチキャスト トラフィックを受信します。冗長ルータ(非 PIM DR)はこのトラフィックをドロップしなければなりません。これは誤ったインターフェイスに着信しており、RPF チェックに失敗するためです。このように RPF チェックに失敗するトラフィックを、「非 RPF トラフィック」といいます。

Cisco 7600 シリーズ ルータは、PFC3 ハードウェアで、非 RPF トラフィックをフィルタリング(ドロップ)するか、またはレート制限することによって処理します。

図18-1 スタブ ネットワークにおける冗長マルチキャスト ルータ構成

 

スタブ ネットワークのための RPF 障害のフィルタリング

PFC1、PFC2、および DFC は、sparse モードのスタブ ネットワーク用に、ACL ベースの RPF 障害のフィルタリングをサポートします。冗長ルータ上でmls ip multicast stub コマンドを入力して、ACL ベースの RPF 障害のフィルタリングをイネーブルにすると、次の ACL が自動的に PFC にダウンロードされ、指定するインターフェイスに適用されます。

access-list 100 permit ip A.B.C.0 0.0.0.255 any
access-list 100 permit ip A.B.D.0 0.0.0.255 any
access-list 100 permit ip any 224.0.0.0 0.0.0.255
access-list 100 permit ip any 224.0.1.0 0.0.0.255
access-list 100 deny ip any 224.0.0.0 15.255.255.255
 

これらの ACL によって、ハードウェアで RPF 障害がフィルタリングおよびドロップされ、ルータに転送されなくなります。

ACL ベースの RPF 障害フィルタリング方式は、ダウンストリーム ルータの存在しない、sparse モードのスタブ ネットワークに限って使用してください。dense モード グループの場合は、PIM アサート メカニズムを正常に動作させるために、ルータ上で RPF 障害パケットが認識されなければなりません。dense モードのネットワークおよび sparse モードの中継ネットワークでは、CEF ベースまたは NetFlow ベースのレート制限を使用して、RPF 障害のレートを制限してください。

RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングについての詳細は、「RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングの設定」を参照してください。

RPF 障害トラフィックのレート制限

RPF チェックに失敗するパケット(非 RPF パケット)のレート制限をイネーブルにすると、大部分の非 RPF パケットがハードウェアでドロップされます。マルチキャスト プロトコルの仕様に従って PIM アサート メカニズムが正常に機能するには、ルータは非 RPF パケットを受信する必要があるので、すべての非 RPF パケットをハードウェアでドロップすることはできません。PIM アサート メカニズムをサポートするために、PFC は非 RPF フロー パケットをある程度まで MSFC にリークします。

ここでは、RPF 障害の 2 種類のレート制限モードについて説明します。

「NetFlow ベースの RPF 障害レート制限」

「CEF ベースの RPF 障害レート制限」


) PFC2 および DFC は、両方のレート制限モードをサポートしています。PFC2 を搭載したシステムおよび DFC では、CEF ベースの RPF 障害レート制限がデフォルトです。PFC1 では、NetFlow ベースの RPF 障害レート制限だけがサポートされます。


NetFlow ベースの RPF 障害レート制限

NetFlow ベースの RPF 障害レート制限を使用すると、非 RPF フローごとに 1 つずつ NetFlow エントリが作成されます。非 RPF パケットが着信すると、MSFC はグループ、送信元、およびパケットが着信したインターフェイスに関する情報を PFC に伝えます。PFC は NetFlow エントリをインストールし、内部ルータ ポートを除く VLAN 上の全ポートにパケットをブリッジングします。

PFC は 2 秒ごとに非 RPF トラフィックをチェックします。非 RPF パケットが存在しない場合、エントリは最大で 20 秒間保存されます。

NetFlow ベースの RPF 障害レート制限を設定する手順については、「NetFlow ベースの RPF 障害レート制限のイネーブル化」を参照してください。

CEF ベースの RPF 障害レート制限

PFC2 および DFC は、RPF 障害に関する CEF ベースのレート制限および NetFlow ベースのレート制限を両方ともサポートしています。CEF ベース モードでは、PFC2 または DFC は、非 RPF パケットを MSFC2 にブリッジングするのではなくドロップします。PIM アサート メカニズムをサポートするために、CEF ベースのレート制限が 10 秒間隔で動作します。各 10 秒間隔の中で短時間にわたって、パケットが MSFC にリークされます。各10 秒間隔の中でそれ以外の時間には、非 RPF パケットはハードウェアでドロップされます。CEF ベースの RPF 障害レート制限は、PFC2 を装備したシステムおよび DFC 上ではデフォルトでイネーブルであり、ユーザによる設定は必要ありません。

CEF ベースの RPF 障害レート制限を設定する手順については、「CEF ベースの RPF 障害レート制限のイネーブル化」を参照してください。

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのデフォルト設定

表18-1 に、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのデフォルト設定を示します。

 

表18-1 IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのデフォルト設定

機能
デフォルト値

スタブ ネットワーク用の ACL

全インターフェイスでディセーブル

直接接続されたサブネット エントリのインストール

グローバルにイネーブル

CEF ベースのレート制限

グローバルにイネーブル(PFC2 のみ)

Netflow ベースのレート制限

グローバルにディセーブル

マルチキャスト ルーティング

グローバルにディセーブル

PIM ルーティング

全インターフェイスでディセーブル

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング

マルチキャスト ルーティングがイネーブル、かつインターフェイス上で PIM がイネーブルになっている場合、イネーブル

ショートカット整合性検査

イネーブル

IGMP スヌーピングは、すべての VLAN インターフェイス上でデフォルトでイネーブルに設定されています。インターフェイス上で IGMP スヌーピングをディセーブルにしても、マルチキャスト レイヤ 3 フローは引き続きハードウェアによりスイッチングされます。IGMP スヌーピングをディセーブルに設定したインターフェイス上でフローをブリッジングすると、VLAN のすべての転送インターフェイスにフラッディングが発生します。IGMP スヌーピングの設定については、 第21章「IGMP スヌーピングの設定」 を参照してください。

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング設定時の注意事項および制約事項

ここでは、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定に関する制約事項について説明します。

「MSCF2 を装備した PFC2」

「MSFC または MSCF2 を装備した PFC1」

「PFC1 および PFC2 の一般的な制約事項」

「サポートされない機能」

MSCF2 を装備した PFC2

PCF2 および MSFC2 を搭載したシステムでは、次の場合、IP マルチキャスト フローに対して IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングは提供されません。

224.0.0.*(* は 0 ~ 255)の範囲の IP マルチキャスト グループの場合。これらのグループは、ルーティング プロトコルが使用します。レイヤ 3 スイッチングは、225.0.0.* ~ 239.0.0.* および 224.128.0.* ~ 239.128.0.* のグループでサポートされます。


) 224.0.0.* の範囲のグループはルーティング コントロール パケット専用で、VLAN のすべての転送ポートにフラッディングする必要があります。これらのアドレスは、マルチキャスト MAC アドレス範囲 01-00-5E-00-00-xxxxは 0 ~ 0xFF)に対応します。


PIM 自動 RP マルチキャスト グループ(IP マルチキャスト グループ アドレス 224.0.1.39 および 224.0.1.40)の場合。

インターフェイスまたはグループに PIM sparse モードを実行するとき、フローに対応する SPT ビットがクリアされた場合。

IP オプションを指定されたパケットの場合。ただし、フロー内で IP オプションを指定されていないパケットは、ハードウェア スイッチングされます。

トンネル インターフェイスで受信した送信元トラフィック(MBONE トラフィックなど)の場合。

MSFC または MSCF2 を装備した PFC1

PCF1 および MSFC または MSFC2 を搭載したシステムでは、次の場合、IP マルチキャスト フローに対して IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングは提供されません。

IP マルチキャスト グループが次の範囲に該当する場合(* は 0 ~ 255 の範囲):

224.0.0.* ~ 239.0.0.*
224.128.0.* ~ 239.128.0.*


) 224.0.0.* の範囲のグループはルーティング コントロール パケット専用で、VLAN のすべての転送インターフェイスにフラッディングする必要があります。これらのアドレスは、いずれもマルチキャスト MAC アドレス範囲 01-00-5E-00-00-xxxx は 0 ~ 0xFF)に対応します。


PIM 自動 RP マルチキャスト グループ(IP マルチキャスト グループ アドレス 224.0.1.39 および 224.0.1.40)の場合。

インターフェイスまたはグループが PIM sparse モードで動作していて、フローがマルチキャスト共有ツリーで転送される場合(すなわち、{*,G,*} 転送)。

インターフェイスまたはグループに PIM sparse モードを実行するとき、フローに対応する SPT ビットがクリアされた場合。

フラグメンテーションを必要とするパケット、および IP オプションを指定されたパケットの場合。ただし、フロー内で IP オプションを指定されていないパケットは、レイヤ 3 スイッチングされます。

トンネル インターフェイスで受信した送信元トラフィック(MBONE トラフィックなど)の場合。

PFC1 および PFC2 の一般的な制約事項

レイヤ 2 転送テーブルの中に、レイヤ 3 フローに対応するレイヤ 2 エントリが存在しない場合、ハードウェア ACL エンジンは入力 ACL deny を適用しません。MSFC ソフトウェアによって ACL が適用されます。

サポートされない機能

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにした場合、レイヤ 3 インターフェイスに関する IP アカウンティングでは、正確な値が報告されません。show ip accounting コマンドはサポートされません。

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定

ここでは、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの設定手順について説明します。

「IGMPv3、IGMP v3lite、および URD を使用した送信元固有マルチキャスト」

「IP マルチキャスト ルーティングのグローバルなイネーブル化」

「レイヤ 3 インターフェイス上での IP PIM のイネーブル化」

「レイヤ 3 インターフェイス上での IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル化」

「レイヤ 3 スイッチングのグローバルしきい値の設定」

「直接接続されたサブネットのインストールのイネーブル化」

「NetFlow ベースの RPF 障害レート制限のイネーブル化」

「CEF ベースの RPF 障害レート制限のイネーブル化」

「ショートカット整合性検査のイネーブル化」

「RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングの設定」

「RPF 障害のレート制限情報の表示」

「IP マルチキャスト レイヤ 3 ハードウェア スイッチング要約情報の表示」

「IP マルチキャスト ルーティング テーブルの表示」

「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報の表示」

「debug コマンドの使用」

「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報の消去」


) Release 12.1(11b)E 以降を使用している場合に、コンフィギュレーション モードで EXEC モードレベルのコマンドを入力するには、EXEC モードレベルのコマンドの前に do キーワードを入力します。


IGMPv3、IGMP v3lite、および URD を使用した送信元固有マルチキャスト

IGMPv3、IGMP v3lite、および URL Rendezvous Directory(URD)を使用した送信元固有マルチキャストの詳細および手順については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121newft/121t/121t5/dtssm5t.htm

IP マルチキャスト ルーティングのグローバルなイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにするには、事前に IP マルチキャスト ルーティングをグローバルにイネーブルにする必要があります。

詳しい説明および設定手順については、次のマニュアルを参照してください。

次の URL の『 Cisco IOS IP and IP Routing Configuration Guide 』Release 12.1

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/ip_c/index.htm

次の URL の『 Cisco IOS IP and IP Routing Command Reference 』Release 12.1

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/ios121/121cgcr/ip_r/index.htm

IP マルチキャスト ルーティングをグローバルにイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# ip multicast-routing

IP マルチキャスト ルーティングをグローバルにイネーブルにします。

Router(config)# no ip multicast-routing

IP マルチキャスト ルーティングをグローバルにディセーブルにします。

次に、マルチキャスト ルーティングをグローバルにイネーブルにする例を示します。

Router(config)# ip multicast-routing
Router(config)#

レイヤ 3 インターフェイス上での IP PIM のイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングを動作させるには、事前にそれらのインターフェイス上で PIM をイネーブルにする必要があります。

レイヤ 3 インターフェイス上で IP PIM をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ vlan vlan_ID } | { type 2 slot/port }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# ip pim { dense-mode | sparse-mode | sparse-dense-mode }

レイヤ 3 インターフェイス上で IP PIM をイネーブルにします。

Router(config-if)# no ip pim [ dense-mode | sparse-mode | sparse-dense-mode ]

レイヤ 3 インターフェイス上で IP PIM をディセーブルにします。

2.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、インターフェイス上でデフォルト モード( sparse-dense-mode )を使用して PIM をイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# ip pim
Router(config-if)#
 

次に、インターフェイスで PIM sparse モードをイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# ip pim sparse-mode
Router(config-if)#

レイヤ 3 インターフェイス上での IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上で PIM をイネーブルにすると、そのインターフェイス上では IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングがデフォルトでイネーブルになります。次の作業は、インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをディセーブルにし、再びイネーブルにする場合にのみ行います。

PIMは、VLAN インターフェイスも含めて、任意のレイヤ 3 インターフェイス上でイネーブルに設定できます。


) IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングを動作させるには、関与するすべてのレイヤ 3 インターフェイス上で PIM をイネーブルにする必要があります。レイヤ 3 インターフェイス上での PIM の設定手順については、「レイヤ 3 インターフェイス上での IP PIM のイネーブル化」を参照してください。


レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ vlan vlan_ID } | { type 3 slot/port }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# mls ip multicast

レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにします。

ステップ 3

Router(config-if)# no mls ip multicast

レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをディセーブルにします。

3.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# mls ip multicast
Router(config-if)#

レイヤ 3 スイッチングのグローバルしきい値の設定

グローバル マルチキャスト レートしきい値(パケット/秒)を設定できます。このしきい値に満たないマルチキャスト トラフィックは、すべて MSFC によってルーティングされ、その結果、低速のレイヤ 3 フローに対応するスイッチング キャッシュ エントリの作成を防止できます。


) このコマンドは、すでにルーティングされているフローには作用しません。既存のルーティングにしきい値を適用するには、ルートをいったん消去して、再び確立します。


レイヤ 3 スイッチングしきい値を設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# mls ip multicast threshold ppsec

IP Multicast Multilayer Switching(MMLS; マルチキャスト マルチレイヤ スイッチング)しきい値を設定します。

Router(config)# no mls ip multicast threshold

デフォルトの IP MMLS しきい値に戻します。

次に、レイヤ 3 スイッチングしきい値を 10 パケット/秒に設定する例を示します。

Router(config)# mls ip multicast threshold 10
Router(config)#

直接接続されたサブネットのインストールのイネーブル化

PIM sparse モードでは、インターフェイスの DR である最初のホップ ルータが、送信元トラフィックを PIM 登録メッセージにカプセル化し、それを RP にユニキャストしなければならない場合があります。グループの新しい送信元がルーティング テーブルで学習されないようにするには、(*,G)フローを完全なハードウェア スイッチド フローのままにする必要があります。ハードウェア FIB に(subnet/mask, 224/4)エントリをインストールすると、(*,G)フローが完全なハードウェア スイッチド フローのままになり、新たに直接接続された送信元が正常に学習されます。直接接続されたサブネットのインストールは、デフォルトでグローバルにイネーブル化されます。PIM 対応のインターフェイスごとに 1 つの(subnet/mask, 224/4)がインストールされます。

FIB エントリを表示するには、show mls ip multicast connected コマンドを入力します。

直接接続されたサブネットのインストールをイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# mls ip multicast connected

直接接続されたサブネットのインストールをイネーブルにします。

Router(config)# no mls ip multicast connected

直接接続されたサブネットのインストールをディセーブルにします。

次に、直接接続されたサブネットのインストールをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# mls ip multicast connected
Router(config)#

NetFlow ベースの RPF 障害レート制限のイネーブル化

NetFlow ベースの RPF 障害レート制限は、グローバルにイネーブルにすることも、レイヤ 3 インターフェイス単位でイネーブルにすることもできます。グローバル レベルでイネーブルに設定した場合、適格なすべてのレイヤ 3 インターフェイス上でこの機能が自動的にイネーブルになります。


) PFC2 上で NetFlow ベースの RPF 障害レート制限をイネーブルにするには、最初に CEF ベースの RPF 障害レート制限(デフォルトでイネーブル)をディセーブルにする必要があります。


NetFlow ベースの RPF 障害レート制限をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# mls ip multicast non-rpf netflow

NetFlow ベースの RPF 障害レート制限を、グローバルにイネーブルにします。

Router(config)# no mls ip multicast non-rpf netflow

NetFlow ベースの RPF 障害レート制限を、グローバルにディセーブルにします。

ステップ 2

Router(config)# interface {{ vlan vlan_ID } | { type 4 slot/port } | { port-channel channel_ID }}

設定するレイヤ 3 インターフェイスを選択します。

ステップ 3

Router(config-if)# mls ip multicast non-rpf netflow

レイヤ 3 インターフェイス上で、NetFlow ベースの RPF 障害レート制限をイネーブルにします。

Router(config-if)# no mls ip multicast non-rpf netflow

レイヤ 3 インターフェイス上で、NetFlow ベースの RPF 障害レート制限をディセーブルにします。

4.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、NetFlow ベースの非 RPF 障害レート制限をグローバルにイネーブルに設定する例を示します。

Router(config)# mls ip multicast non-rpf netflow
Router(config)#

CEF ベースの RPF 障害レート制限のイネーブル化

PFC2 を搭載したシステムでは、CEF ベースの RPF 障害レート制限がデフォルトでイネーブルです。CEF ベースの RPF 障害レート制限は、グローバル レベルでのみ設定可能です。

CEF ベースの RPF 障害レート制限をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# mls ip multicast non-rpf cef

CEF ベースの RPF 障害レート制限を、グローバルにイネーブルにします。

Router(config)# no mls ip multicast non-rpf cef

CEF ベースの RPF 障害レート制限を、グローバルにディセーブルにします。

次に、CEF ベースの RPF 障害レート制限をグローバルにイネーブルに設定する例を示します。

Router(config)# mls ip multicast non-rpf CEF
Router(config)#

ショートカット整合性検査のイネーブル化

ショートカット整合性検査機能をイネーブルにすると、マルチキャスト ルート テーブルおよびマルチキャストハードウェア エントリの整合性が検査され、矛盾がある場合は修正されます。show mls ip multicast consistency-check コマンドを入力して、矛盾を表示できます。

整合性検査がイネーブルの場合、マルチキャスト ルート テーブルが 2 秒ごとにスキャンされ、すべてのスキャンは 4 分以内に完了します。

ショートカット整合性検査をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# mls ip multicast consistency-check

ショートカット整合性検査をイネーブルにします。

Router(config)# no mls ip multicast consistency-check num

デフォルトに戻します。

次に、ハードウェアのショートカット整合性検査をイネーブルにする例を示します。

Router (config)# mls ip multicast consistency-check
Router (config)#

RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングの設定

RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングを設定すると、ハードウェアで RPF 障害をフィルタリングするための ACL がハードウェア ベースの ACL エンジンにダウンロードされ、指定するインターフェイスに適用されます。

RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングをインターフェイス上でイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ vlan vlan_ID } | { type 5 slot/port } | { port-channel number }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# mls ip multicast stub

RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングを特定のインターフェイス上でイネーブルにします。

Router(config-if)# no mls ip multicast stub

RPF 障害に関する ACL ベースのフィルタリングを特定のインターフェイス上でディセーブルにします。

5.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

RPF 障害のレート制限情報の表示

RPF 障害のレート制限情報を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls ip multicast summary

RPF 障害のレート制限情報を表示します。

次に、RPF 障害のレート制限情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast summary
10004 MMLS entries using 1280464 bytes of memory
Number of partial hardware-switched flows:4
Number of complete hardware-switched flows:10000
Router#

IP マルチキャスト レイヤ 3 ハードウェア スイッチング要約情報の表示


) show interface statistics コマンドでは、ハードウェア スイッチングされたパケットについては表示されず、ソフトウェア スイッチングされたパケットに関する情報だけが表示されます。


show ip pim interface count コマンドを実行すると、IP PIM インターフェイス上の IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル ステートおよびそのインターフェイス上で送受信されたパケット数が表示されます。

IP PIM レイヤ 3 インターフェイスに関する IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング情報を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show ip pim interface [{{ vlan vlan_ID } | { type 6 slot/port } | { port-channel number }}] count

すべての MSFC IP PIM レイヤ 3 インターフェイスに関する、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル ステート情報を表示します。

Router# show ip interface

レイヤ 3 インターフェイス上の IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル ステートを表示します。

6.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、インターフェイスの IP PIM 設定を表示する例を示します。

Router# show ip pim interface count
 
State:* - Fast Switched, D - Distributed Fast Switched
H - Hardware Switching Enabled
Address Interface FS Mpackets In/Out
10.15.1.20 GigabitEthernet4/8 * H 952/4237130770
10.20.1.7 GigabitEthernet4/9 * H 1385673757/34
10.25.1.7 GigabitEthernet4/10* H 0/34
10.11.1.30 FastEthernet6/26 * H 0/0
10.37.1.1 FastEthernet6/37 * H 0/0
1.22.33.44 FastEthernet6/47 * H 514/68
 
Router# show ip mroute count
IP Multicast Statistics
56 routes using 28552 bytes of memory
13 groups, 3.30 average sources per group
Forwarding Counts:Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kilobits per second
Other counts:Total/RPF failed/Other drops(OIF-null, rate-limit etc)
 
Group:224.2.136.89, Source count:1, Group pkt count:29051
Source:132.206.72.28/32, Forwarding:29051/-278/1186/0, Other:85724/8/56665
Router#

) -tiveカウンタは、対応するエントリの出力インターフェイス リストがヌルであることを意味し、このフローが引き続きアクティブであることを表します。


次に、インターフェイス VLAN 10 について、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング設定を表示する例を示します。

Router# show ip interface vlan 10
Vlan10 is up, line protocol is up
Internet address is 10.0.0.6/8
Broadcast address is 255.255.255.255
Address determined by non-volatile memory
MTU is 1500 bytes
Helper address is not set
Directed broadcast forwarding is disabled
Multicast reserved groups joined: 224.0.0.1 224.0.0.2 224.0.0.13 224.0.0.10
Outgoing access list is not set
Inbound access list is not set
Proxy ARP is enabled
Security level is default
Split horizon is enabled
ICMP redirects are always sent
ICMP unreachables are never sent
ICMP mask replies are never sent
IP fast switching is enabled
IP fast switching on the same interface is disabled
IP Flow switching is disabled
IP CEF switching is enabled
IP Fast switching turbo vector
IP Normal CEF switching turbo vector
IP multicast fast switching is enabled
IP multicast distributed fast switching is disabled
IP route-cache flags are Fast, CEF
Router Discovery is disabled
IP output packet accounting is disabled
IP access violation accounting is disabled
TCP/IP header compression is disabled
RTP/IP header compression is disabled
Probe proxy name replies are disabled
Policy routing is disabled
Network address translation is disabled
WCCP Redirect outbound is disabled
WCCP Redirect exclude is disabled
BGP Policy Mapping is disabled
IP multicast multilayer switching is enabled
IP mls switching is enabled
Router#

IP マルチキャスト ルーティング テーブルの表示

show ip mroute コマンドを実行すると、IP マルチキャスト ルーティング テーブルが表示されます。

IP マルチキャスト ルーティング テーブルを表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show ip mroute [ hostname | group_number ]

IP マルチキャスト ルーティング テーブルおよびハードウェア スイッチド インターフェイスを表示します。

次に、IP マルチキャスト ルーティング テーブルを表示する例を示します。

Router# show ip mroute 230.13.13.1
IP Multicast Routing Table
Flags:D - Dense, S - Sparse, s - SSM Group, C - Connected, L - Local,
P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag, T - SPT-bit set,
J - Join SPT, M - MSDP created entry, X - Proxy Join Timer Running
A - Advertised via MSDP, U - URD, I - Received Source Specific Host
Report
Outgoing interface flags:H - Hardware switched
Timers:Uptime/Expires
Interface state:Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode
 
(*, 230.13.13.1), 00:16:41/00:00:00, RP 10.15.1.20, flags:SJC
Incoming interface:GigabitEthernet4/8, RPF nbr 10.15.1.20
Outgoing interface list:
GigabitEthernet4/9, Forward/Sparse-Dense, 00:16:41/00:00:00, H
 
(*, 230.13.13.2), 00:16:41/00:00:00, RP 10.15.1.20, flags:SJC
Incoming interface:GigabitEthernet4/8, RPF nbr 10.15.1.20, RPF-MFD
Outgoing interface list:
GigabitEthernet4/9, Forward/Sparse-Dense, 00:16:41/00:00:00, H
 
(10.20.1.15, 230.13.13.1), 00:14:31/00:01:40, flags:CJT
Incoming interface:GigabitEthernet4/8, RPF nbr 10.15.1.20, RPF-MFD
Outgoing interface list:
GigabitEthernet4/9, Forward/Sparse-Dense, 00:14:31/00:00:00, H
(132.206.72.28, 224.2.136.89), 00:14:31/00:01:40, flags:CJT
Incoming interface:GigabitEthernet4/8, RPF nbr 10.15.1.20, RPF-MFD
Outgoing interface list:Null
Router#

) RPF-MFD フラグは、フローが完全にハードウェアでスイッチングされていることを表します。H フラグは、フローが出力インターフェイス上でハードウェア スイッチングされていることを表します。


IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報の表示

show mls ip multicast コマンドを実行すると、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングに関する詳細情報が表示されます。

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングに関する詳細情報を表示するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show mls ip multicast group ip_address [interface type slot/port | statistics]

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのグループ情報を表示します。

Router# show mls ip multicast interface {{ vlan vlan_ID } | { type 7 slot/port } | { port-channel number }} [statistics | summary]

すべてのインターフェイスについて、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの詳細情報を表示します。

Router# show mls ip multicast source ip_address [interface {{ vlan vlan_ID } | { type 1 slot/port } | { port-channel number }} | statistics]

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの送信元の情報を表示します。

Router# show mls ip multicast summary

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの要約情報を表示します。

Router# show mls ip multicast statistics

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの統計情報を表示します。

7.type = ethernetfastethernetgigabitethernet、または tengigabitethernet

次に、特定の IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング エントリに関する情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast group 10.1.0.11
Multicast hardware switched flows:
Total shortcut installed: 0
 

次に、IP マルチキャスト グループの情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast group 230.13.13.1 source 10.20.1.15
Multicast hardware switched flows:
(10.20.1.15, 230.13.13.1) Incoming interface:Gi4/8, Packets switched:0
Hardware switched outgoing interfaces:Gi4/9
RPF-MFD installed
 
Total hardware switched flows :1
Router#
 

次に、VLAN 10 について、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast interface vlan 10
Multicast hardware switched flows:
(10.1.0.15, 224.2.2.15) Incoming interface: Vlan10, Packets switched: 0
Hardware switched outgoing interfaces:
MFD installed: Vlan10
 
(10.1.0.19, 224.2.2.19) Incoming interface: Vlan10, Packets switched: 1970
Hardware switched outgoing interfaces:
MFD installed: Vlan10
 
(10.1.0.11, 224.2.2.11) Incoming interface: Vlan10, Packets switched: 0
Hardware switched outgoing interfaces:
MFD installed: Vlan10
 
(10.1.0.10, 224.2.2.10) Incoming interface: Vlan10, Packets switched: 2744
Hardware switched outgoing interfaces:
MFD installed: Vlan10
 
(10.1.0.17, 224.2.2.17) Incoming interface: Vlan10, Packets switched: 3340
Hardware switched outgoing interfaces:
MFD installed: Vlan10
 
(10.1.0.13, 224.2.2.13) Incoming interface: Vlan10, Packets switched: 0
Hardware switched outgoing interfaces:
 

次に、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの統計情報を表示する例を示します。

Router# show mls ip multicast statistics
 
MLS Multicast Operation Status:
MLS Multicast configuration and state:
Router Mac: 00e0.b0ff.7b00, Router IP: 33.0.33.24
MLS multicast operating state: ACTIVE
Shortcut Request Queue size 4
Maximum number of allowed outstanding messages: 1
Maximum size reached from feQ: 3096
Feature Notification sent: 1
Feature Notification Ack received: 1
Unsolicited Feature Notification received: 0
MSM sent: 205170
MSM ACK received: 205170
Delete notifications received: 0
Flow Statistics messages received: 35211
 
MLS Multicast statistics:
Flow install Ack: 996508
Flow install Nack: 1
Flow update Ack: 1415959
Flow update Nack: 0
Flow delete Ack: 774953
Complete flow install Ack: 958469
 
Router#
 

debug コマンドの使用

表18-2 に、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング関連の debug コマンドを示します。これらのコマンドを使用して、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの問題をトラブルシューティングできます。

 

表18-2 IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの debug コマンド

コマンド
説明

[ no ] debug mls ip multicast events

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング イベントを表示します。

[ no ] debug mls ip multicast errors

マルチキャスト MLS 関連のエラーに関するデバッグ メッセージをオンにします。

[ no ] debug mls ip multicast group group_id group_mask

フローの一部分に対してデバッグをオンにします。

[ no ] debug mls ip multicast messages

ハードウェア スイッチング エンジンとの間で送受信される IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング メッセージを表示します。

[ no ] debug mls ip multicast all

すべての IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング メッセージをオンにします。

[ no ] debug mdss errors

MDSS 8 エラー メッセージをオンにします。

[ no ] debug mdss events

MDSS 関連のイベントをオンにします。

[ no ] debug mdss all

すべての MDSS メッセージをオンにします。

8.MDSS = Multicast Distributed Switching Services

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報の消去

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報を消去するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# clear mls ip multicast statistics

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報を消去します。

次に、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報を消去する例を示します。

Router# clear mls ip multicast statistics
 

show mls multicast statistics コマンドを実行すると、PFC が処理しているマルチキャスト フローに関する各種の情報が表示されます。関与している MSFC、VLAN、マルチキャスト グループ アドレス、またはマルチキャスト トラフィック送信元を任意に組み合わせて、エントリを表示できます。 show mls ip multicast statistics コマンドの例については、「IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング統計情報の表示」を参照してください。