ルータ : Cisco 7300 シリーズ ルータ

Cisco 7301ルータ トラブルシューティング コンフィギュレーション ノート

Cisco 7301ルータ トラブルシューティング コンフィギュレーション ノート
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco 7301ルータ トラブルシューティング

目的

マニュアルの構成

パスワードの回復

パスワード回復手順の例

TFTPまたはRCPサーバ アプリケーションによるソフトウェア イメージのインストール

手順の概要

ソフトウェアのインストールおよびアップグレード手順

7301ルータの出力例

TFTPまたはRCPサーバを使用してイメージをインストールする場合の一般的な問題

ブート モード中の保存

デフォルト ゲートウェイ

コンフィギュレーションへのデフォルト ゲートウェイの追加

TFTPサーバおよびルータが同じネットワーク内にあることの確認

デフォルト ゲートウェイが設定されているかどうかの判別

IPアドレス

ルータのIPアドレスおよびマスクの判別

Windows 95のTFTPサーバのIPアドレスの判別

UNIXワークステーションのTFTPサーバのIPアドレスの判別

ソフトウェア転送中のエラーのトラブルシューティング

コピー処理中の[Text checksum verification failure]

[Error opening tftp]

タイムアウト エラー メッセージ

[Can't open file]

装置間でソフトウェア イメージをコピーする場合の装置の指定

新しいソフトウェア イメージをリロードするための準備

ソフトウェア イメージの検証に関するトラブルシューティング

不正なバージョン

表示解除されないブート プロンプト

PPPネゴシエーションのデバッグ

PPPネゴシエーションに成功した場合

ローカル ルータがリモート ピアからパケットを受信していない場合

リモート ピアがローカル ルータからパケットを受信していない場合

ネットワーク内のループ

マニュアルの入手方法

WWW

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC

TAC Webサイト

Japan TAC Webサイト

TAC Escalation Center

Cisco 7301ルータ トラブルシューティング
コンフィギュレーション ノート

目的

Cisco 7301ルータのトラブルシューティングに関する情報は、主に対話形式のオンライン トラブルシューティング モジュールから入手できます。トラブルシューティング モジュールは、シスコのソリューションに関するさまざまな資料を提供します。

このマニュアルは、Troubleshooting Assistantモジュールで提供されるシスコの資料の1つです。この資料は単独でご使用いただけますが、本来の目的は、オンラインのTroubleshooting Assistantモジュールによって特定される問題のソリューションを提供することです。

パスワードの回復

パスワードを忘れた場合は、次の手順に従って新しいパスワードを定義してください。


ステップ 1 端末または端末エミュレーション機能を備えたPCをルータのコンソール ポートに接続します。次の端末設定を使用します。

9600ボーレート
パリティなし
8データ ビット
2ストップ ビット
フロー制御なし

コンソール ケーブルの仕様については、『 Console and Auxiliary Port Signals and Pinouts』を参照してください。

ステップ 2 それでもルータのEXECプロンプトが表示される場合は、show versionを入力して、コンフィギュレーション レジスタの設定を記録してください。通常、この設定値は0x2102または0x102です。

ステップ 3 (ログインまたはTACACSパスワードが失われたために)ルータのEXECプロンプトが表示されない場合は、コンフィギュレーション レジスタが0x2102に設定されているとみなすことができます。

ステップ 4 電源スイッチを使用して、ルータの電源をオフにし、再びオンにします。

ステップ 5 電源投入から60秒以内にBreakキーを押して、ルータをROMmon状態にします。ブレーク シーケンスが動作しない場合は、『 Standard Break Key Sequence Combinations During Password Recovery 』を参照して、その他のキーの組み合わせを試してください。

ステップ 6 rommon 1>プロンプトにconfregを入力します。これで、コンフィギュレーションをロードしなくてもdisk0:から起動するように、ソフトウェア コンフィギュレーション レジスタが変更されます。コンフィギュレーションを変更するかどうかの確認を求められたら、yを入力して、ダイアログに応答します(次の出力例を参照)。

rommon 1> confreg
 
Configuration Summary
enabled are:
load rom after netboot fails
console baud:9600
boot:image specified by the boot system commands
or default to:cisco2-c7300
 
do you wish to change the configuration? y/n [n]: y
enable "diagnostic mode"? y/n [n]:
enable "use net in IP bcast address"? y/n [n]:
disable "load rom after netboot fails"? y/n [n]:
enable "use all zero broadcast"? y/n [n]:
enable "break/abort has effect"? y/n [n]:
enable "ignore system config info"? y/n [n]: y
change console baud rate? y/n [n]:
change the boot characteristics? y/n [n]:
 
 
Configuration Summary
enabled are:
load rom after netboot fails
ignore system config info
console baud:9600
boot:image specified by the boot system commands
or default to:cisco2-c7300
 
do you wish to change the configuration? y/n [n]:
 
 
You must reset or power cycle for new config to take effect
>
 

ステップ 7 rommon 2>プロンプトにresetを入力します。ルータが再起動しますが、保存されたコンフィギュレーションは無視されます。

ステップ 8 初期コンフィギュレーション ダイアログを開始するかどうかの確認を求められたら、noを入力し、Ctrl-Cを押して、初期セットアップ手順を省略します。

ステップ 9 Router>プロンプトにenableを入力します。イネーブル モードに入り、Router#プロンプトが表示されます。

ステップ 10 config memまたはcopy start runningを入力して、NVRAM(不揮発性RAM)に保存されているスタートアップ コンフィギュレーションをメモリにコピーします。

ステップ 11 wr termまたはshow runningを入力します。

show runningおよびwr termコマンドを入力すると、ルータのコンフィギュレーションが表示されます。このコンフィギュレーションの場合は、すべてのインターフェイスの下にshutdownコマンドが表示されます。これは、すべてのインターフェイスが現在シャットダウン中であることを意味します。また、パスワードを暗号化フォーマット、または暗号化されていないフォーマットで表示することもできます。

ステップ 12 config termを入力して、変更します。プロンプトはhostname(config)#になります。

ステップ 13 enable secret <password>を入力します。

ステップ 14 使用するインターフェイスごとに、no shutdownコマンドを入力します。show ip interface briefコマンドを入力した場合、使用する各インターフェイスのStatusおよびProtocolはupと表示されなければなりません。

ステップ 15 config-register 0x2102またはステップ 2で記録した値を入力します。

ステップ 16 EndまたはCtrl-Zを入力して、コンフィギュレーション モードを終了します。プロンプトはhostname#になります。

ステップ 17 reloadを入力してルータを再起動し、新しいパスワード作成前のステートに戻します。

ステップ 18 write memまたはcopy running startupを入力して、変更を行います。

ステップ 19 新しいパスワードを使用して、ルータにログインします。

パスワード回復手順の例

新しいパスワードを定義して、Cisco 2600ルータのパスワードを回復する例を次に示します。この例は、Cisco 7301ルータの回復手順とほとんど同じです。

Router> enable
Password:
Password:
Password:
% Bad secrets
 
Router> show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-IS-M), Version 12.0(7)T, RELEASE SOFTWARE (fc2)
Copyright (c) 1986-1999 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 07-Dec-99 02:21 by phanguye
Image text-base: 0x80008088, data-base: 0x80C524F8
 
ROM: System Bootstrap, Version 11.3(2)XA4, RELEASE SOFTWARE (fc1)
 
Router uptime is 3 minutes
System returned to ROM by abort at PC 0x802D0B60
System image file is "flash:c2600-is-mz.120-7.T"
 
cisco 2611 (MPC860) processor (revision 0x202) with 26624K/6144K bytes of memory.
Processor board ID JAB031202NK (3878188963)
M860 processor: part number 0, mask 49
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
Basic Rate ISDN software, Version 1.1.
2 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Serial(sync/async) network interface(s)
1 ISDN Basic Rate interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
--More-- 8192K bytes of processor board System flash partition 1 (Read/Write)
8192K bytes of processor board System flash partition 2 (Read/Write)
 
Configuration register is 0x2102
 
Router>
!--- The router was just power cycled and during bootup a
!--- break sequence was sent to the router.
!
 
*** System received an abort due to Break Key ***
 
signal= 0x3, code= 0x500, context= 0x813ac158
PC = 0x802d0b60, Vector = 0x500, SP = 0x80006030
rommon 1> confreg
 
Configuration Summary
enabled are:
load rom after netboot fails
console baud:9600
boot:image specified by the boot system commands
or default to:cisco2-C2600
 
do you wish to change the configuration? y/n [n]: y
enable "diagnostic mode"? y/n [n]:
enable "use net in IP bcast address"? y/n [n]:
disable "load rom after netboot fails"? y/n [n]:
enable "use all zero broadcast"? y/n [n]:
enable "break/abort has effect"? y/n [n]:
enable "ignore system config info"? y/n [n]: y
change console baud rate? y/n [n]:
change the boot characteristics? y/n [n]:
 
 
Configuration Summary
enabled are:
load rom after netboot fails
ignore system config info
console baud:9600
boot:image specified by the boot system commands
or default to:cisco2-C2600
 
do you wish to change the configuration? y/n [n]:
 
 
You must reset or power cycle for new config to take effect
rommon 2 > reset
 
 
System Bootstrap, Version 11.3(2)XA4, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1999 by cisco Systems, Inc.
TAC:Home:SW:IOS:Specials for info
C2600 platform with 32768 Kbytes of main memory
 
 
program load complete, entry point: 0x80008000, size: 0x6fdb4c
 
Self decompressing the image : ###############################
##############################################################
##############################################################
##############################################################
############################### [OK]
 
 
Restricted Rights Legend
 
Use, duplication, or disclosure by the Government is
subject to restrictions as set forth in subparagraph
(c) of the Commercial Computer Software - Restricted
Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
(c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
 
cisco Systems, Inc.
170 West Tasman Drive
San Jose, California 95134-1706
 
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-IS-M), Version 12.0(7)T, RELEASE SOFTWARE (fc2)
Copyright (c) 1986-1999 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 07-Dec-99 02:21 by phanguye
Image text-base: 0x80008088, data-base: 0x80C524F8
 
cisco 2611 (MPC860) processor (revision 0x202) with 26624K/6144K bytes of memory.
Processor board ID JAB031202NK (3878188963)
M860 processor: part number 0, mask 49
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
Basic Rate ISDN software, Version 1.1.
2 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Serial(sync/async) network interface(s)
1 ISDN Basic Rate interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
8192K bytes of processor board System flash partition 1 (Read/Write)
8192K bytes of processor board System flash partition 2 (Read/Write)
 
 
--- System Configuration Dialog ---
 
Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: n
 
Press RETURN to get started!
 
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0/0, changed state to up
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0/0, changed state to up
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0/1, changed state to up
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial0/0, changed state to down
00:00:19: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial0/1, changed state to down
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface BRI0/0, changed state to down
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/0, changed state to up
Router>
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/1, changed state
to up
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial0/0, changed state
to down
00:00:20: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial0/1, changed state
to down
00:00:50: %SYS-5-RESTART: System restarted --
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-IS-M), Version 12.0(7)T, RELEASE SOFTWARE (fc2)
Copyright (c) 1986-1999 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 07-Dec-99 02:21 by phanguye
00:00:50: %LINK-5-CHANGED: Interface BRI0/0, changed state to administratively down
00:00:52: %LINK-5-CHANGED: Interface Ethernet0/0, changed state to administratively
down
00:00:52: %LINK-5-CHANGED: Interface Serial0/0, changed state to administratively
down
00:00:52: %LINK-5-CHANGED: Interface Ethernet0/1, changed state to administratively
down
00:00:52: %LINK-5-CHANGED: Interface Serial0/1, changed state to administratively down
00:00:53: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/0, changed state
to down
00:00:53: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/1, changed state
to down
Router>
Router> enable
Router# copy start run
Destination filename [running-config]?
1324 bytes copied in 2.35 secs (662 bytes/sec)
Router#
00:01:24: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface BRI0/0:1, changed state to
down
00:01:24: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface BRI0/0:2, changed state to
down
Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# enable secret cisco
Router(config)# ^z
00:01:54: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
Router# show ip interface brief
 
Interface IP-Address OK? Method Status Protocol
Ethernet0/0 10.200.40.37 YES TFTP administratively down down
Serial0/0 unassigned YES TFTP administratively down down
BRI0/0 193.251.121.157 YES unset administratively down down
BRI0/0:1 unassigned YES unset administratively down down
BRI0/0:2 unassigned YES unset administratively down down
Ethernet0/1 unassigned YES TFTP administratively down down
Serial0/1 unassigned YES TFTP administratively down down
Loopback0 193.251.121.157 YES TFTP up up
Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)# int Ethernet0/0
Router(config-if)# no shut
Router(config-if)#
00:02:14: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0/0, changed state to up
00:02:15: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/0, changed state
to up
Router(config-if)# int BRI0/0
Router(config-if)# no shut
Router(config-if)#
00:02:26: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0/0:1, changed state to down
00:02:26: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0/0:2, changed state to down
00:02:26: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0/0, changed state to up
00:02:115964116991: %ISDN-6-LAYER2UP: Layer 2 for Interface BR0/0, TEI 68 changed
to up
Router(config-if)# ^z
Router#
00:02:35: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
Router# copy run start
Destination filename [startup-config]?
Building configuration...
[OK]
Router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-IS-M), Version 12.0(7)T, RELEASE SOFTWARE (fc2)
Copyright (c) 1986-1999 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 07-Dec-99 02:21 by phanguye
Image text-base: 0x80008088, data-base: 0x80C524F8
 
ROM: System Bootstrap, Version 11.3(2)XA4, RELEASE SOFTWARE (fc1)
 
Router uptime is 3 minutes
System returned to ROM by abort at PC 0x802D0B60
System image file is "flash:c2600-is-mz.120-7.T"
 
cisco 2611 (MPC860) processor (revision 0x202) with 26624K/6144K bytes of memory.
Processor board ID JAB031202NK (3878188963)
M860 processor: part number 0, mask 49
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
Basic Rate ISDN software, Version 1.1.
2 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Serial(sync/async) network interface(s)
1 ISDN Basic Rate interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
--More-- 8192K bytes of processor board System flash partition 1 (Read/Write)
8192K bytes of processor board System flash partition 2 (Read/Write)
 
Configuration register is 0x2142
 
Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#config-reg 0x2102
Router(config)#^z
00:03:20: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
 
Router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-IS-M), Version 12.0(7)T, RELEASE SOFTWARE (fc2)
Copyright (c) 1986-1999 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 07-Dec-99 02:21 by phanguye
Image text-base: 0x80008088, data-base: 0x80C524F8
 
ROM: System Bootstrap, Version 11.3(2)XA4, RELEASE SOFTWARE (fc1)
 
Router uptime is 3 minutes
System returned to ROM by abort at PC 0x802D0B60
System image file is "flash:c2600-is-mz.120-7.T"
 
cisco 2611 (MPC860) processor (revision 0x202) with 26624K/6144K bytes of memory.
Processor board ID JAB031202NK (3878188963)
M860 processor: part number 0, mask 49
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
Basic Rate ISDN software, Version 1.1.
2 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Serial(sync/async) network interface(s)
1 ISDN Basic Rate interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
--More-- 8192K bytes of processor board System flash partition 1 (Read/Write)
8192K bytes of processor board System flash partition 2 (Read/Write)
 
Configuration register is 0x2142 (will be 0x2102 at next reload)
 
Router#

TFTPまたはRCPサーバ アプリケーションによるソフトウェア イメージのインストール

ここでは、Trivial File Transfer Protocol(TFTP;簡易ファイル転送プロトコル)サーバまたはRemote Copy Protocol(RCP)サーバ アプリケーションを使用して、[Run from RAM]シスコ ルータにCisco IOSソフトウェアをインストールする方法について説明します。

最初に実行可能コードをRAM内で圧縮解除し、コードを実行して、IOSソフトウェア イメージを実行するルータは、[Run from RAM]ルータといいます。Cisco 7301ルータなどが該当します。


) このマニュアルに記載されたトラブルシューティング ツールを使用するには、登録ユーザとしてログインする必要があります。


手順の概要


) この手順で参照している資料によっては、7301ルータ固有のコマンドおよび出力が記載されていない場合があります。slot0:またはbootflash:という記述がある場合は、それぞれ7301ルータのdisk0:およびbootdisk:に置き換えてください。


TFTPサーバをインストールします。

TCP/IP対応ワークステーションまたはPCに、TFTPサーバまたはRCPサーバ アプリケーションをインストールする必要があります。これらのアプリケーションをインストールしたあとで、最小限の設定を行う必要があります。

TFTPアプリケーションは、TFTPクライアントでなくTFTPサーバとして動作するように設定する必要があります。

発信ファイル ディレクトリを指定する必要があります。発信ファイル ディレクトリは、Cisco IOSソフトウェア イメージが格納されるディレクトリです。ほとんどのTFTPアプリケーションには、これらの設定作業を支援するセットアップ ルーチンが組み込まれています。


) ソフトウェア フィーチャ パックCD-ROMに収録されているTFTPサーバは、Windows 95が稼働するPC上で使用できます。その他のオペレーティング システムについては、多数のTFTPまたはRCPアプリケーションが独立ソフトウェア ベンダーから提供されています。また、WWWのパブリック ソースからシェアウェアとして入手することもできます。ソフトウェア フィーチャ パックCDに収録されているTFTPサーバ アプリケーションは、Cisco.comから入手することもできます。


Windows 95/98/NT用のTFTPサーバ をダウンロードします。

Cisco IOSソフトウェア イメージ を、ご使用のワークステーションまたはPCにダウンロードします。

ご使用のルータに対して有効なCisco IOSソフトウェア イメージをロードする必要もあります。ご使用のハードウェアおよびソフトウェア機能がイメージでサポートされていること、およびルータにイメージを実行するためのメモリが十分にあることを確認してください。Cisco IOSソフトウェア イメージをまだロードしていない場合、またはロードしたイメージが要件をすべて満たしているかどうか不明である場合は『 How to Choose a Cisco IOS Software Release 』を参照してください。

ソフトウェアのインストールおよびアップグレード手順

TFTPサーバまたはRCPサーバ アプリケーションを使用して、Cisco IOSソフトウェアをインストールする手順は、次のとおりです。


) RCPアプリケーションの場合は、TFTPという記述をすべてRCPで置き換えてください。たとえば、copy tftp disk0:コマンドではなく、copy rcp disk0:コマンドを使用します。また、RCPアプリケーションでは、TFTPよりも設定作業が多くなります。



ステップ 1 ルータにコンソール セッションを確立します。

ルータにコンソール セッションを確立するには、コンソールへの直接接続、または仮想Telnet接続を行います。ただし、Telnet接続はソフトウェア インストレーションの再起動フェーズ中に終了するため、Telnet接続よりもコンソールへの直接接続を推奨します。コンソール接続の場合は、ロール状ケーブル(通常は黒いフラット ケーブル)を使用して、ルータのコンソール ポートとPCのCOMポートを接続します。PC上でHyperterminalアクセサリ アプリケーションを開いて、次のように設定します。

9600ビット/秒の速度
8データ ビット
0パリティ ビット
2ストップ ビット
フロー制御なし

ステップ 2 TFTPサーバにルータとのIP接続機能があることを確認します。

TFTPサーバにルータとのIP接続機能があるかどうかを調べるには、ルータのIPアドレスおよび(必要に応じて)デフォルト ゲートウェイが設定されているかどうかを確認します。ルータにpingを送信して、ルータとTFTPサーバがネットワークで接続されていることを確認します。IPアドレスの詳細については、「TFTPまたはRCPサーバを使用してイメージをインストールする場合の一般的な問題」を参照してください。

ステップ 3 TFTPサーバからルータに新しいソフトウェア イメージをコピーします。

Router> enable
Password: password
Router#
Router# copy tftp disk0:
 

コンソール ポートを介してルータに接続したあとに、>またはrommon>プロンプトが表示された場合、ルータはROMモニタ(ROMmon)モードになっています。ROMmonの回復手順の場合は、 ROMmonプロンプトであるrommon#>が表示されます。

必要に応じて、装置間で イメージをコピー できます。


) ルータ ソフトウェアをアップグレードする前に、ルータ コンフィギュレーションのコピーを保管してください。アップグレードしても、NVRAMに格納されたコンフィギュレーションには影響がありません。


ステップ 4 TFTPサーバのIPアドレスを指定します。

Address or name of remote host [255.255.255.255]? 172.17.247.195
 

ステップ 5 インストールするCisco IOSソフトウェア イメージのファイル名を指定します。TFTPサーバのイメージのファイル名を変えると、インストールされるイメージ名も変わります。

Source file name? c7300-js-mz.121-9.EX
 

ステップ 6 宛先ファイル名を指定します。ルータにロードされた新しいソフトウェア イメージには、このファイル名が付けられます。イメージには任意の名前を付けることができますが、通常はUNIXイメージのファイル名を付けます。

Destination file name? c7300-js-mz.121-9.EX
 

コピー プロセスには数分間かかります。所要時間はネットワークによって異なります。コピー プロセス中に、アクセスされたファイルを示すメッセージが表示されます。

感嘆符(!)は、コピー プロセスが実行中であることを示します。それぞれの感嘆符は、10個のパケットが正常に転送されたことを示します。イメージのチェックサム検証は、イメージがdisk0:に書き込まれたあとに実行されます。

ソフトウェアの転送問題のトラブルシューティングについては、「TFTPまたはRCPサーバを使用してイメージをインストールする場合の一般的な問題」を参照してください。

ステップ 7 リロードする前に、インストレーションおよびコマンドが正しいことを確認してください。

イメージが適切にインストールされていること、およびboot systemコマンドに指定されたロード対象ファイルが適切であることを確認します。イメージおよびbootコマンドの確認方法については、「TFTPまたはRCPサーバを使用してイメージをインストールする場合の一般的な問題」を参照してください。

Router# reload
*Mar 1 00:30:49.972: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
System configuration has been modified. Save? [yes/no]: no
Proceed with reload? [confirm] yes
 

ステップ 8 ルータが適切なイメージを使用して動作していることを確認します。リロードの完了後は、ルータ上で目的のCisco IOSソフトウェア イメージが稼働していなければなりません。show versionコマンドを使用して、確認してください。

イメージの検証に関する問題については、「TFTPまたはRCPサーバを使用してイメージをインストールする場合の一般的な問題」を参照してください。

7301ルータの出力例

 
Directory of disk0:/
 
1 -rw- 4970544 Jul 02 2001 08:25:54 c7301-js-mz.121-9.EX
16273408 bytes total (13488128 bytes free)
 
Router# copy tftp disk0:
Address or name of remote host []? 172.17.247.195
Source filename []?c7300-js-mz.121-9.EX
Destination filename [c7300-js-mz.121-9.EX]?
Accessing tftp://172.17.247.195/ c7300-js-mz.121-9.EX...
Loading c7300-js-mz.121-9.EX from 172.17.247.195 (via Ethernet0/0): !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
(...)
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Verifying checksum... OK (0x6BA0)
4970544 bytes copied in 125.731 secs (67263 bytes/sec)
 
Router# reload
Proceed with reload? [confirm]
6d23h: %SYS-5-RELOAD: Reload requested
...

TFTPまたはRCPサーバを使用してイメージをインストールする場合の一般的な問題


) この手順で参照している資料によっては、7304ルータ固有のコマンドおよび出力が記載されていない場合があります。slot0:またはbootflash:という記述がある場合は、それぞれ7304ルータのdisk0:およびbootdisk:に置き換えてください。



) RCPアプリケーションの場合は、TFTPという記述をすべてRCPで置き換えてください。たとえば、copy tftp disk0:コマンドではなく、copy rcp disk0:コマンドを使用します。


ブート モード中の保存

保存コマンド(write memまたはcopy running-config startup-config)は使用しないでください。現在のコンフィギュレーションの保存を求めるプロンプトが表示されたら、noと応答します。ブート モード中に保存すると、コンフィギュレーションの一部または全体が消去されることがあります。

router(boot)# reload
*Mar 1 00:30:49.972: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
 
System configuration has been modified. Save? [yes/no]: no
Proceed with reload? [confirm]
 
*Mar 1 00:30:58.932: %SYS-5-RELOAD: Reload requested

デフォルト ゲートウェイ

デフォルト ゲートウェイは、次の条件が満たされる場合だけ設定できます。

ルータ上で、ルーティングをサポートしていないブート イメージが稼働している。

IPルーティングがディセーブルである。

コンフィギュレーションへのデフォルト ゲートウェイの追加

デフォルト ゲートウェイのIPアドレスを判別したあとで、コンフィギュレーション モードで、次のコマンドを入力します。

ip default-gateway [ip address]

TFTPサーバおよびルータが同じネットワーク内にあることの確認

TFTPサーバとルータのイーサネット インターフェイスについて、IPアドレスおよびマスクを比較する必要があります(次の2つの例を参照)。

TFTPサーバのIPアドレスは172.17.247.195で、マスクは255.255.0.0です。ルータのインターフェイスEthernet 0のIPアドレスは172.17.3.192で、マスクは255.255.0.0です。この例では、TFTPサーバとルータのイーサネット インターフェイスは同じネットワーク内にあるため、デフォルト ゲートウェイは不要です。

TFTPサーバのIPアドレスは172.17.247.195で、マスクは255.255.0.0です。ルータのインターフェイスEthernet 0のIPアドレスは172.10.3.192で、マスクは255.255.0.0です。この例では、TFTPサーバとルータのイーサネット インターフェイスは異なるIPネットワーク上にあるため、ルータにデフォルト ゲートウェイを設定する必要があります。

デフォルト ゲートウェイが設定されているかどうかの判別

デフォルト ゲートウェイは常にネクスト ホップになります。すべてのパケットは、TFTPサーバまたはTelnetセッション送信元のいずれか、または両方が組み込まれているワークステーションに到達するために、このホップを通過しなければなりません。ルータにデフォルト ゲートウェイが設定されている場合、show running-config | include default-gatewayコマンドを実行すると、デフォルト ゲートウェイのIPアドレスが表示されます。

Router# show running-config | include default-gateway
ip default gateway 172.19.251.37
 

IPアドレス

ルータのIPアドレスおよびマスクの判別

使用するコンフィギュレーション ファイル内で、インターフェイス イーサネット文の下にあるip addressコマンドを調べます(次の例を参照)。

Router> en
Password:
Router# show run
Building configuration...
 
Current configuration:
!
version 12.1
service timestamps debug uptime
 
...................
 
interface fastEthernet 0/0
ip address 172.17.3.192 255.255.0.0

Windows 95のTFTPサーバのIPアドレスの判別

ツールバーで、Startを選択し、Runを選択します。winipcfgを入力して、OKをクリックすると、IPコンフィギュレーション ダイアログ ボックスが表示されます。

UNIXワークステーションのTFTPサーバのIPアドレスの判別

netstat -inコマンドを入力します。ワークステーションのインターフェイスのIPアドレスが表示されます。ルータ ネットワークに接続されているインターフェイスを選択します。

ソフトウェア転送中のエラーのトラブルシューティング

コピー処理中の[Text checksum verification failure]

コピー処理中に感嘆符(!)の代わりに多数のピリオド(.)が表示される場合は、次の例のようなメッセージが表示されることがあります。

COPY: Text checksum verification failure
TFTP from 172.17.247.195 failed/aborted
Verifying checksum... invalid (expected 0x62B7,
computed 0x60B9)
 

dir disk0:コマンドを入力すると、次の例のようなメッセージが表示されることがあります。

router# dir disk0:
Directory of disk0:/
1 -rw- 3437967 c7300-js-mz.121-9.EX
2 -rw- 3489036 c7300-js-mz.121-9.EX
3 -rw- 290304 c7300-js-mz.121-9.EX [invalid checksum]
 

どちらの場合も、ファイルがメモリに適切にコピーされていないため、チェックサムに失敗しています。再コピーする必要があります。最初に、TFTPサーバにコピーしたファイルと元のファイルのサイズが同じであることを確認します(ルータ内のファイル サイズはバイト単位で表示されますが、TFTPサーバのファイル サイズはキロバイト単位で表示されることがあります)。ネットワークが非常にビジーである場合は、このような動作が生じる場合もあります。ネットワークの負荷が低下してから再度コピーを行うか、TFTPサーバとルータをイーサネットで直接接続して、ファイルをダウンロードしてください。

[Error opening tftp]

次に、[error opening tftp]エラーの例を示します。

router# copy tftp disk0:
Address or name of remote host [172.17.0.5]?
Source filename [c7300-js-mz.121-9.EX]?
Destination filename [c7300-js-mz.121-9.EX]?
Accessing tftp://172.17.0.5/c7300-js-mz.121-9.EX...
%Error opening tftp://172.17.0.5/c7300-js-mz.121-9.EX (No such file or directory)
 

ファイルがTFTPサーバのルート ディレクトリ内にあることを確認し、入力したファイル名が正しいかどうかをチェックします。間違いやすい文字には、I(大文字のi)、l(小文字のL)、および1(数字の1)などがあります。

タイムアウト エラー メッセージ

TFTPサーバがPC上で起動していることを確認します。また、ファイルがルート ディレクトリ内にあることを確認します(TFTPアプリケーション ソフトウェア メニュー バーで、 View ― > Options を選択します)。

[Can't open file]

TFTPサーバがPC上で動作していることを確認します。コピーしたファイル名が正しいことを確認します。間違いやすい文字には、I(大文字のi)、l(小文字のL)、および1(数字の1)などがあります。

装置間でソフトウェア イメージをコピーする場合の装置の指定

次の表に、copy tftp、copy rcp、dirなどの特定のコマンド内で装置を指定する場合に使用するコマンド オプションのリストを示します。コマンド オプションは、プラットフォームごとに異なります。アスタリスク(*)が付いているオプションは、Cisco 7304ルータでは無効です。

 

コマンド オプション
オプションの説明

bootdisk:

bootdisk:ファイル システムにコピーします。

disk0:

disk0:ファイル システムにコピーします。

flash:*

flash:ファイル システムにコピーします。

ftp:

ftp:ファイル システムにコピーします。

lex:

lex:ファイル システムにコピーします。

null:

null:ファイル システムにコピーします。

nvram:

nvram:ファイル システムにコピーします。

rcp:

rcp:ファイル システムにコピーします。

running-config

現在のシステム コンフィギュレーションを更新(結合)します。

slot0:*

slot0:ファイル システムにコピーします。

slot1:*

slot1:ファイル システムにコピーします。

startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

system:

system:ファイル システムにコピーします。

tftp:

tftp:ファイル システムにコピーします。

*Cisco 7304ルータで無効なcopy tftpまたはcopy rcpコマンド オプションです。

コマンド オプションの例を次に示します。

Router# copy tftp disk0:
Address or name of remote host [255.255.255.255]? 172.17.247.195
Source file name? c7300-js-mz.121-9.EX
Destination file name? c7300-js-mz.121-9.EX
. . . .
 
Router# dir disk0:
Directory of disk0:/
 
1 -rw- 2351828 Jul 02 2001 08:25:54 c7300-js-mz.121-9.EX
 
16273408 bytes total (13488128 bytes free)
 

新しいソフトウェア イメージをリロードするための準備

新しいソフトウェア イメージが適切に保存されていることを確認します。

dir disk0:コマンドを使用してファイルが保存済みであること、ファイル サイズが正しいこと、およびチェックサムが無効であることを示すメッセージが表示されていないことを確認します。ファイルが表示されない場合、[invalid checksum]のあとにファイルが表示される場合、またはファイル サイズがTFTPサーバ上のファイル サイズと一致しない場合は、インストレーションを再度行う必要があります(ルータ内のファイル サイズはバイト単位で表示されますが、TFTPサーバのファイル サイズはキロバイト単位で表示されることがあります)。

BOOT環境変数が正しいソフトウェア イメージを示していることを確認します。

BOOT環境変数の内容、CONFIG_FILE環境変数で指定されるコンフィギュレーション ファイルの名前、BOOTLDR環境変数の内容、およびコンフィギュレーション レジスタ設定を表示するには、show bootvarコマンドを使用します。

BOOT環境変数は、さまざまな装置で起動可能なイメージのリストを指定します。CONFIG_FILE環境変数は、システム初期化中に使用されるコンフィギュレーション ファイルを指定します。BOOTLDR環境変数は、起動のためにROMで使用されるブート イメージが格納された装置およびファイル名を指定します。これらの環境変数は、boot system、boot config、およびboot
bootldrコマンドを使用して、それぞれ設定します。

Router> en
Password:
Router# show bootvar
BOOT variable = disk0:c7300-p-mz.121-99.WS_DAILY_BUILD_20010706,12
CONFIG_FILE variable does not exist
BOOTLDR variable =
Configuration register is 0x2102

 

ブート システム コマンドが、コンフィギュレーション ファイル内で正しい順番に並んでいることを確認します。

ルータは、コンフィギュレーション ファイルに入力された順番で、ブート システム コマンドを格納および実行します。リスト内のブート システム コマンド エントリで指定された装置またはファイル名が無効な場合、そのエントリは省略されます。

router> en
Password:
Router# conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
Router(config)#boot system flash disk0:c7300-js-mz.121-9.EX
Router(config)#boot system flash disk0:
 

ソフトウェア イメージの検証に関するトラブルシューティング

不正なバージョン

show versionコマンドの出力に表示されたバージョンが、ロードされたファイルと異なる場合は、「新しいソフトウェア イメージをリロードするための準備」に記載された手順に従ってください。

表示解除されないブート プロンプト

リロード後も、ブート プロンプトが表示されている場合は、「新しいソフトウェア イメージをリロードするための準備」に記載された手順に従ってください。

コンフィギュレーション レジスタ値が正しいことを確認します。最後の桁は2でなければなりません。show version コマンドを使用すればこの確認ができます。値が正しくない場合は、有効な値を復元して、ルータをリロードする必要があります。

PPPネゴシエーションのデバッグ

ここでは、PPPが正しく動作している場合に表示されるメッセージや、PPPネゴシエーション中に問題が発生した場合に表示されるメッセージを含めて、debug ppp negotiationがイネーブルの場合の出力例を示します。

PPPネゴシエーションに成功した場合

PPPネゴシエーションに成功すると、ライン プロトコルはアップになり、Link Control Protocol(LCP;リンク制御プロトコル)ステートはオープンになります。

Router#
*Mar 16 15:14:41.757:Se0/1 LCP:O CONFREQ [Listen] id 91 len 10
*Mar 16 15:14:41.757:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x521AE3AB (0x0506521AE3AB)
*Mar 16 15:14:41.757:Se0/1 LCP:I CONFREQ [Listen] id 1 len 10
*Mar 16 15:14:41.757:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x51C7619B (0x050651C7619B)
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP:O CONFACK [Listen] id 1 len 10
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x51C7619B (0x050651C7619B)
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP:I CONFACK [ACKsent] id 91 len 10
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x521AE3AB (0x0506521AE3AB)
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP:State is Open
*Mar 16 15:14:41.765:Se0/1 PPP:Phase is UP

 

この例における次の部分は、交換処理を示します。

O CONFREQ

Outgoing Configuration Requestパケットがリモート ルータに送信されます。

I CONFREQ

Incoming Configuration Requestパケットがリモート ルータから送信されます。

O CONFACK

Outgoing Configuration Acknowledgementがリモート ルータに送信されます。これによって、リモート ルータから送信されたCONFREQがACK(確認)されます。このパケットのMagic Numberは、CONFREQパケットの送信内容と一致する必要があります。

I CONFACK

Incoming Configuration Acknowledgementがリモート ルータから送信されます。これによって、ローカル ルータから送信されたCONFREQがACK(確認)されます。このパケットのMagic Numberは、CONFREQパケットの送信内容と一致する必要があります。

次の例では、show interfaceコマンドを使用して、PPPカプセル化を使用するインターフェイスの情報を表示します。

Router# sh int s0/1
Serial0/1 is up, line protocol is up
Hardware is PQUICC with Fractional T1 CSU/DSU
Internet address is 172.16.1.2/24
MTU 1500 bytes, BW 384 Kbit, DLY 20000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation PPP, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
LCP Open
Open:IPCP, CDPCP
Last input 00:00:00, output 00:00:00, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 00:09:13
Input queue:0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops:0
Queueing strategy:weighted fair
Output queue:0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
Conversations 0/1/128 (active/max active/max total)
Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
31 packets input, 1034 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
123 packets output, 3196 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 23 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions
DCD=up DSR=up DTR=up RTS=up CTS=up

ローカル ルータがリモート ピアからパケットを受信していない場合

次の例では、リモート ピア ルータが返信を送信しないために、ローカル ルータがLCP CONFREQの送信中にタイムアウトします。この問題が発生した場合は、次の点をチェックしてください。

リモート ピアがPPPカプセル化用に設定されていること

リモート ピアでdebug ppp negがイネーブルに設定されていて、CONFREQパケットを受信中であること

Router#
*Mar 16 15:07:28.811:Se0/1 LCP:O CONFREQ [REQsent] id 5 len 10
*Mar 16 15:07:28.811:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x52142927 (0x050652142927)
*Mar 16 15:07:30.814:Se0/1 LCP:TIMEout:State REQsent
*Mar 16 15:07:30.814:Se0/1 LCP:O CONFREQ [REQsent] id 6 len 10
*Mar 16 15:07:30.814:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x52142927 (0x050652142927)
*Mar 16 15:07:32.814:Se0/1 LCP:TIMEout:State REQsent
*Mar 16 15:07:32.814:Se0/1 LCP:O CONFREQ [REQsent] id 7 len 10
*Mar 16 15:07:32.814:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x52142927 (0x050652142927)
*Mar 16 15:07:34.817:Se0/1 LCP:TIMEout:State REQsent
*Mar 16 15:07:34.817:Se0/1 LCP:O CONFREQ [REQsent] id 8 len 10
*Mar 16 15:07:34.817:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x52142927 (0x050652142927)
 
Router# sh int s0/1
Serial0/1 is up, line protocol is down
Hardware is PQUICC with Fractional T1 CSU/DSU
Internet address is 172.16.1.2/24
MTU 1500 bytes, BW 384 Kbit, DLY 20000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation PPP, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
LCP Listen
Closed:IPCP, CDPCP
Last input 2w1d, output 00:00:03, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 00:00:21
Input queue:0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops:0
Queueing strategy:weighted fair
Output queue:0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
Conversations 0/1/128 (active/max active/max total)
Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
9 packets output, 126 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions
DCD=up DSR=up DTR=up RTS=up CTS=up

リモート ピアがローカル ルータからパケットを受信していない場合

次の例では、ローカル ルータはCONFREQの送信、CONFREQの受信、およびリモート ピアへのCONFACKの送信を行っています。ただし、リモート ピアはCONFREQパケットを受信していないため、CONFACKを返信していない可能性があります。このような場合は、ローカル ルータに問題がある可能性があります。次の点をチェックしてください。

ローカル ルータの設定

リモート ピアのデバッグ出力(チェックするには、リモート ピアでdebug ppp negotiationをイネーブルにします)

Router#
*Mar 16 15:14:41.757:Se0/1 LCP:O CONFREQ [Listen] id 91 len 10
*Mar 16 15:14:41.757:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x521AE3AB (0x0506521AE3AB)
*Mar 16 15:14:41.757:Se0/1 LCP:I CONFREQ [Listen] id 1 len 10
*Mar 16 15:14:41.757:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x51C7619B (0x050651C7619B)
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP:O CONFACK [Listen] id 1 len 10
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x51C7619B (0x050651C7619B)
*Mar 16 15:14:43.761:Se0/1 LCP:TIMEout:State ACKsent
*Mar 16 15:14:43.761:Se0/1 LCP:O CONFREQ [ACKsent] id 92 len 10
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x521AE3AB (0x0506521AE3AB)
*Mar 16 15:14:45.761:Se0/1 LCP:TIMEout:State ACKsent
*Mar 16 15:14:45.761:Se0/1 LCP:O CONFREQ [ACKsent] id 93 len 10
*Mar 16 15:14:41.761:Se0/1 LCP: MagicNumber 0x521AE3AB (0x0506521AE3AB)
 
Router# sh int s0/1
Serial0/1 is up, line protocol is down
Hardware is PQUICC with Fractional T1 CSU/DSU
Internet address is 172.16.1.2/24
MTU 1500 bytes, BW 384 Kbit, DLY 20000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation PPP, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
LCP ACKSENT
Open:IPCP, CDPCP
Last input 00:00:00, output 00:00:00, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 00:09:13
Input queue:0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops:0
Queueing strategy:weighted fair
Output queue:0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
Conversations 0/1/128 (active/max active/max total)
Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
31 packets input, 1034 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
123 packets output, 3196 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 23 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions
DCD=up DSR=up DTR=up RTS=up CTS=up

ネットワーク内のループ

ローカル ルータから送信されたパケットと同じパケットをこのローカル ルータが受信する場合は、ネットワークにループがあります。ローカル ルータとリモート ピア ルータを結ぶラインがループしています。

debug ppp negotiationの出力に、ラインがループしている可能性があることを示すメッセージが含まれています。この場合、ネットワークにはループがあります。サービス プロバイダーにこの問題を報告してください。

Router# sh int s0/0:0
Serial0/0:0 is up, line protocol is down (looped)
Hardware is PQUICC Serial
MTU 1500 bytes, BW 128 Kbit, DLY 20000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation PPP, crc 16, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
LCP Listen
Last input 00:00:07, output 00:00:07, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 00:00:29
Input queue:0/75/0 (size/max/drops); Total output drops:0
Queueing strategy:weighted fair
Output queue:0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
Conversations 0/1/256 (active/max active/max total)
Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
20 packets input, 280 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
20 packets output, 280 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions
 
Router#debug ppp neg
PPP protocol negotiation debugging is on
2d23h:Se0/0:0 LCP:TIMEout:State REQsent
2d23h:Se0/0:0 LCP:O CONFREQ [REQsent] id 13 len 10
2d23h:Se0/0:0 LCP: MagicNumber 0x117C9F70 (0x0506117C9F70)
2d23h:Se0/0:0 LCP:I CONFREQ [REQsent] id 13 len 10
2d23h:Se0/0:0 LCP: MagicNumber 0x117C9F70 (0x0506117C9F70)
2d23h:Se0/0:0 LCP:O CONFNAK [REQsent] id 13 len 10
2d23h:Se0/0:0 LCP: MagicNumber 0x117CA73C (0x0506117CA73C)
2d23h:Se0/0:0 LCP:I CONFNAK [REQsent] id 13 len 10
2d23h:Se0/0:0 LCP: MagicNumber 0x117CA73C (0x0506117CA73C)
2d23h:Se0/0:0 PPP:Line appears to be looped back

 

この例では、O CONFREQのMagic NumberはI CONFREQと同じです。この場合は、ルータは送信したパケットとまったく同じパケットを受信したとみなされます(PPPデバッグ メッセージを参照)。

マニュアルの入手方法

ここでは、シスコ製品のマニュアルを入手する方法について説明します。

WWW

WWW上の次のURLから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com

http://www.cisco.com/jp

各国語版のマニュアルは、次のURLから入手できます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCisco Documentation CD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは毎月更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独または年間契約で入手することができます。

マニュアルの発注方法

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco Direct Customersに登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/cgi-bin/order/order_root.pl

Cisco.com登録ユーザの場合、Subscription StoreからオンラインでDocumentation CD-ROMを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

シスコシステムズでは、技術上のあらゆる問題の支援窓口としてCisco.comを運営しています。お客様およびパートナーは、Technical Assistance Center(TAC)Webサイトのオンライン ツールからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例を入手できます。Cisco.comにご登録済みのお客様は、TAC Webサイトで提供するすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。Cisco.comへのご登録については、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

Cisco.com

Cisco.comは、いつでもどこからでも、シスコシステムズの情報、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラム、およびリソースにアクセスできる対話形式のネットワーク サービスです。

Cisco.comは統合インターネット アプリケーションであり、優れた使いやすいツールとして広範囲の機能やサービスを通してお客様に次のような利点を提供します。

業務の円滑化と生産性の向上

オンライン サポートによる技術上の問題の解決

ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト

シスコのトレーニング資料および製品の発注

スキル査定、トレーニング、認定プログラムへのオンライン登録

また、Cisco.comに登録することにより、各ユーザに合った情報やサービスをご利用いただくことができます。Cisco.comには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

TAC

シスコの製品、テクノロジー、またはソリューションについて技術的な支援が必要な場合には、TACをご利用いただくことができます。TACでは、2種類のサポートを提供しています。TAC WebサイトとTAC Escalation Centerです。

TACへの問い合わせは、問題の緊急性に応じて分類されます。

プライオリティ レベル4(P4) ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。

プライオリティ レベル3(P3) ― ネットワークのパフォーマンスが低下している。ネットワークが十分に機能していないが、ほとんどの業務運用を継続できる場合。

プライオリティ レベル2(P2) ― ネットワークのパフォーマンスが著しく低下したため業務に重大な影響があるにもかかわらず、対応策が見つからない場合。

プライオリティ レベル1(P1) ― ネットワークがダウンし、すぐにサービスを回復しなければ業務に致命的な損害が発生するにもかかわらず、対応策が見つからない場合。

問題のプライオリティおよびサービス契約の内容に応じて、適切なTACサービスを選択してください。

TAC Webサイト

P3およびP4レベルの問題については、TAC Webサイトを利用して、お客様ご自身で問題を解決し、コストと時間を節約することができます。このサイトでは各種のオンライン ツール、ナレッジ ベース、およびソフトウェアを、いつでも必要なときに利用できます。TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

シスコシステムズとサービス契約を結んでいるお客様、パートナー、リセラーは、TAC Webサイトのすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログインIDまたはパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/register/

Cisco.com登録ユーザは、TAC Webサイトで技術上の問題を解決できなかった場合、TAC Case Openツールのオンライン サービスを利用することができます。TAC Case OpenツールのURLは次のとおりです。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

インターネットでアクセスする場合には、TAC WebサイトでP3およびP4レベルの情報を参照することをお勧めします。

Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

TAC Escalation Center

TAC Escalation Centerでは、P1およびP2レベルの問題に対応しています。このレベルに分類されるのは、ネットワークの機能が著しく低下し、業務の運用に重大な影響がある場合です。TAC Escalation Centerにお問い合わせいただいたP1またはP2の問題には、TACエンジニアが対応します。

TACフリーダイヤルの国別電話番号は、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

ご連絡に先立って、お客様が契約しているシスコ サポート サービスがどのレベルの契約となっているか(たとえば、SMARTnet、SMARTnet Onsite、またはNetwork Supported Accounts [NSA;ネットワーク サポート アカウント]など)、お客様のネットワーク管理部門にご確認ください。また、お客様のサービス契約番号およびご使用の製品のシリアル番号をお手元にご用意ください。