Cisco 7304 ルータ モジュラ サービス カード/共有ポート アダプタ ハードウェア インストレーション ガイド
キャリア カードの取り付けおよび取り 外し
キャリア カードの取り付けおよび取り外し
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 900KB) | フィードバック

目次

キャリア カードの取り付けおよび取り外し

MSCの取り扱い

OIR

MSCの取り付けおよび取り外し

キャリア カードの取り付けおよび取り外し

この章では、Cisco 7304ルータでキャリア カードの取り付けまたは取り外しを行う方法について説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「MSCの取り扱い」

「OIR」

「MSCの取り付けおよび取り外し」

MSCの取り扱い

各Modular Services Card(MSC;モジュラ サービス カード)の基板は金属製フレームに搭載されており、静電破壊を受けることがあります。取り付け作業を開始する前に、 第4章「MSCまたはSPAを取り付けるための準備」 を参照し、取り付けに必要な部品および工具が揃っていることを確認してください。

スロットを使用しない場合は、ルータまたはスイッチがEMI(電磁波干渉)放射要件を満たし、搭載モジュールで適切な通気を確保できるように、空のスロットにブランク モジュール フィラー プレートを取り付ける必要があります。未使用のスロットに新しいMSCを取り付ける場合は、先にブランク モジュール フィラー プレートを取り外す必要があります。


注意 MSCを取り扱うときは、常にフレームのエッジ部分およびハンドルを持ってください。MSCのコンポーネントまたはコネクタ ピンには手を触れないようにしてください(図5-1を参照)。


注意 ルータの電源切断後に再投入する場合は、30秒以上間隔を置いてください。

図5-1 MSCの取り扱い

 

OIR

Online Insertion and Removal(OIR;ホットスワップ)によって、ルータの稼働中にMSCを取り付けたり交換したりできます。ソフトウェアへの通知、またはシステム電源の切断は不要ですが、モジュールを取り外している間は、トラフィックがそのモジュールを通過しないようにする必要があります。OIRによって、ネットワーク上のエンドユーザに気付かれることもなく、あらゆるルーティング情報を維持したり、セッションを保護したりできます。

Cisco 7304は、MSCのOIRをサポートします。MSCのOIRを行う場合、MSCを停止して、SPA
(共有ポート アダプタ)を搭載した状態でMSCを取り外すことができます(搭載されたSPAはMSCが自動的に停止させます)。

MSCを取り外す場合は、最初にイネーブルEXECコマンド hw-module slot を使用して、MSCを停止させることを推奨します。このコマンドでMSCを停止させると、そのMSCに搭載されている個々のSPAが自動的に停止するので、アクティブ インターフェイスがシャットダウンされる前に、データ トラフィックを完了できます。したがって、MSCを停止させる前に各SPAを停止させる必要はありません。

hw-module slot stop コマンドによるMSCのスムーズな停止が望まれます。停止していないMSCを取り外すことはできません。


) このプラットフォーム上でOIRを行う場合は、hw-module slot stopコマンドを使用したCLI(コマンドライン インターフェイス)制御によるOIRを推奨します。



) ルータからMSCを取り外すと、OIR機能によってMSC上のアクティブ インターフェイスがすべて管理上のシャットダウン状態になります。


MSCの取り付けおよび取り外し

ここでは、MSCの取り付けおよび取り外し手順について説明します。


注意 一度に取り付けるまたは取り外すMSCは1つだけです。複数のMSCを同時に取り付けるまたは取り外すと、偽のハードウェア障害が検出される可能性があります。


警告 次の作業を行うときには、MSCが静電気の影響を受けないように、静電気防止用リスト ストラップを着用してください。プラットフォームによっては、リスト ストラップを接続するESDコネクタが備わっています。感電する危険があるので、手や金属工具がミッドプレーンまたはバックプレーンに直接触れないようにしてください。


MSCの着脱を行う場合は、図5-2および図5-3を参照し、次の作業を行ってください。


ステップ 1 MSCを取り付ける場合は、モジュール スロットの上端と下端の間にMSCのエッジを慎重に位置付けます。図5-2のAを参照してください。

ステップ 2 ルータ スロットにMSCを正しく位置付けてから、MSCがバックプレーンに接触するまで、モジュール スロットにMSCを静かに押し込みます。


) MSCがバックプレーンに接触するまでは、MSCのイジェクト レバーを45度の位置にしておく必要があります。


ステップ 3 ルータのバックプレーンにMSCが完全に装着されるまで、MSCのイジェクト レバーを押します。


) ルータ シャーシがフル装備の場合、MSCの装着が困難になることがあります。MSCを正しく装着し、物理的な損傷を防ぐために、隣接するMSCまたはライン カードの固定用非脱落型ネジを緩めてください。



注意 力を入れすぎると、ルータまたはMSCが壊れることがあります。

ステップ 4 ドライバを使用して、MSCの左右にある固定用非脱落型ネジを締めます。ルータのモジュール スロットにMSCを取り付ける手順は、これで完了です。

ステップ 5 MSCを取り外すには、ドライバを使用して、MSCの左右にある固定用非脱落型ネジを緩めます。図5-3のAを参照してください。

ステップ 6 図5-3を参照してMSCのイジェクト レバーを引き出し、モジュール スロットからMSCを静かに取り出します。ブランク モジュール フィラー プレートを取り外す場合は、モジュール スロットからブランク モジュール フィラー プレートを完全に引き抜きます。


 

図5-2に、Cisco 7304ルータにMSCを取り付ける方法を示します。図5-3に、Cisco 7304ルータからMSCを取り出す方法を示します。

図5-2 MSCの取り付け

 

 

図5-3 MSCの取り外し