Cisco 7304 Network Processing Engine インストレーション コンフィギュレーション ガイド
CompactFlash Disk の使用方法
CompactFlash Disk の使用方法
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CompactFlash Disk の使用方法

ソフトウェア コマンドの概要

ソフトウェア コマンドの使用例

show コマンド

pwd コマンド

cd コマンド

dir コマンド

format コマンド

copy コマンド

mkdir コマンド

rmdir コマンド

delete コマンド

CompactFlash Disk からの起動

ブート環境変数

CompactFlash Disk のソフトウェア イメージをブート可能なソフトウェア イメージにする方法

CompactFlash Disk の使用方法

この章では、システムで CompactFlash Disk を使用する場合の、基本的な手順について説明します。複雑な CompactFlash Disk オプションおよび Cisco IOS ファイル システム 機能の詳細については、このマニュアルでは扱いません。次に挙げる Cisco IOS Release 12.xのマニュアルを参照してください。

Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』の「File Management」

Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』の「File Management Commands」


) これらの出版物は Cisco.com から入手可能です。Cisco.com へのアクセス方法について、詳細は「Cisco.com」を参照してください。


内容は、次のとおりです。

「ソフトウェア コマンドの概要」

「ソフトウェア コマンドの使用例」

「CompactFlash Disk からの起動」

「ブート環境変数」

「CompactFlash Disk のソフトウェア イメージをブート可能なソフトウェア イメージにする方法」

ソフトウェア コマンドの概要

ここでは、CompactFlash Disk に使用できる基本的なソフトウェア コマンドを紹介します。さらに、コマンドの例も紹介します。

CompactFlash Disk およびその他のメモリ デバイス、システム内での位置は、 ファイル システム として定義されます。ファイル システムは、ファイルやソフトウェア イメージを保管、使用、または検索することのできる場所です( 製品概要にある Cisco IOS ファイル システム機能の簡単な説明を参照)。

表5-1 に、CompactFlash Disk に使用できるソフトウェア コマンドを示します。


表5-1のコマンドとともに他の引数も使用できます。ただし、表5-1とこのマニュアルでは、コマンド引数は CompactFlash Disk および関連するファイルシステムで適用するものに限られます。

その他のコマンド引数の説明については、『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Referencedocument』の「File Management Commands」の章を参照してください。


 

表5-1 CompactFlash Disk 関連のソフトウェア コマンド

コマンドおよび引数
説明
cd [ disk0: | bootdisk: ] directory-name

現在のディレクトリを変更します。
CompactFlash Disk 上のディレクトリ間で移動できます。 directory-name は、移動先のディレクトリです。

copy [ disk0: | bootdisk: ] source-filename
[ disk0: | bootdisk: ] destination-filename

あるファイルから別のファイルにコピーします。
コピー元ファイル システム( disk0:およびbootdisk: )上のファイル( Source-filename )のコピーを作成し、同じファイル名または別のファイル名( destination-filename )で、コピー先ファイル システムに保管できます。 disk0: および bootdisk: と共に、次のようなコピー元およびコピー先ファイル システム引数を指定します。

bootflash: (オンボード フラッシュ メモリ)

nvram: (オンボード NVRAM)

running-config (実行システム コンフィギュレーション ファイル)

startup-config (スタートアップ システム コンフィギュレーション ファイル)

tftp: (アクセス先の TFTP サーバ)


) disk0:またはbootdisk:をパラメータとして使用する Internet File System(IFS; インターネット ファイル システム)コマンドは、パラメータとしてstandby-disk0:およびbootdisk:も使用できます。


delete [ disk0: | bootdisk: ] filename

ファイルを削除します。
指定したファイルを削除できます。 filename で、ファイル名を指定します。

dir [ /all | disk0: | bootdisk: ]

ファイル システム上のファイルのリストを表示します。
disk0: に搭載された CompactFlash Disk の内容をリスト表示できます。 /all 引数を指定すると、システム内の全ファイル システム上の全ファイルが表示されます。

format [ disk0: | bootdisk: ]

ファイル システムをフォーマットします。
CompactFlash Disk( disk0: または bootdisk: )をフォーマットできます。このコマンドを使用すると、タイプの異なるシステムでフォーマットされた CompactFlash Disk を再フォーマットすることもできます。


) このコマンドを実行すると、その時点でフラッシュ メモリに保管されていたすべてのデータが失われるので、取り返しのつかないデータ損失を防止するために、formatコマンドを使用するときには、細心の注意を払ってください。



) flash:は disk0: にマッピングされます。


mkdir [ disk0: | bootdisk: ] directory-name

新しいディレクトリを作成します。
CompactFlash Disk 上にディレクトリを作成できます。 directory-name は、ディレクトリに割り当てる名前です。

pwd

作業中のディレクトリを表示します。
その時点で使用している、CompactFlash Disk ディレクトリの名前が表示されます。

rename [ disk0: | bootdisk: ] filename
[ disk0: | bootdisk: ] filename

ファイル名を変更します。
ある CompactFlash Disk 上にあるファイルの名前を変更し、別の(または同じ)ファイル システム パスおよびファイル名を与えることができます。最初のグループの引数で、元(現在)のファイル システム パスおよびファイル名を定義し、次のグループの引数で、変更後のファイル システム パスおよびファイル名を定義します。

rmdir [ disk0: | bootdisk: ] directory-name

既存のディレクトリを削除します。
CompactFlash Disk に存在しているディレクトリを削除できます。 directory-name は、削除するディレクトリの名前です。

show [ disk0: | bootdisk: ]

CompactFlash Disk のフォーマットおよびジオメトリ情報を表示します。

ソフトウェア コマンドの使用例

ここでは、CompactFlash Disk に使用できる基本的なソフトウェア コマンドの例を紹介します。一部のコマンドでオプションとして使用できる引数については、 表5-1 を参照してください。

「show コマンド」

「pwd コマンド」

「cd コマンド」

「dir コマンド」

「format コマンド」

「copy コマンド」

「mkdir コマンド」

「rmdir コマンド」

「delete コマンド」

show コマンド

CompactFlash Disk のフォーマットおよびジオメトリに関する情報を表示する場合は、 show [ disk0: ]コマンドを使用します。

System# show disk0:
******** ATA Flash Card Geometry/Format Info ********
 
ATA CARD GEOMETRY
Number of Heads: 16
Number of Cylinders 840
Sectors per Cylinder 32
Sector Size 512
Total Sectors 430080
 
ATA CARD FORMAT
Number of FAT Sectors 105
Sectors Per Cluster 16
Number of Clusters 26822
Number of Data Sectors 429536
Base Root Sector 338
Base FAT Sector 128
Base Data Sector 370
 
Router#
 

この例では

Number of Heads は CompactFlash Disk のヘッド数です。

Number of Cylinders は CompactFlash Disk のシリンダ数です。

Sectors per Cylinder は、各シリンダのセクター数です。

Sector Size は、各セクターのバイト数です。

Total Sectors は、CompactFlash Disk 上のセクター総数です。

Number of FAT Sectors は、ファイルへのクラスタ割り当てを追跡するために使用しているセクターの数です。

Sectors per Cluster は、各クラスタのセクター数です(ファイルは 1 クラスタを最小単位として大きくなります)。

Number of Clusters は、ファイルが使用できるクラスタの総数です。

Number of Data Sectors は、ファイルに使用できるセクター数です。

Base Root Sector は、ルート ディレクトリの先頭セクターの論理アドレスです。

Base FAT Sector は、File Allocation Table(FAT;ファイル アロケーション テーブル)の先頭セクターです。

Base Data Sector は、ファイルが使用できる最初のセクターです。

pwd コマンド

アクセスしている CompactFlash Disk スロットを調べるには、 pwd コマンドを使用します。

System# pwd
disk0:/
System#
 

前の例では、 disk0: というディレクトリを現在使用していることを示しています。これは CompactFlash Disk です。

cd コマンド

搭載されている CompactFlash Disk 間を移動するには、具体的なパス名を定義して cd コマンドを使用します。さらに作業ディレクトリを確認するには、 pwd コマンドを使用します。

System# cd disk0:
System# pwd
disk0:/
 

cd .. コマンドを使用すると、CompactFlash Disk ディレクトリの階層構造を 1 レベル上げる(または下がる)こともできます。さらに作業ディレクトリを確認するには、 pwd コマンドを使用します。

System# pwd
disk0:daily_dir/
System# cd ..
System# pwd
disk0:/
System#

dir コマンド

作業中の CompactFlash Disk のディレクトリ構造および内容をリスト表示する場合は、引数を指定しないで dir コマンドを使用します。

System# dir
Directory of disk0:/
 
1 drw- 0 Jul 25 1998 10:23:11 daily_dir
2 drw- 0 Jul 25 1998 10:28:37 access_lists
 
48755200 bytes total (48742912 bytes free)
System#
 

CompactFlash Disk の容量は、 dir コマンドの出力に含まれています(この例では、48 MB の CompactFlash Disk が示されています)。 dir コマンドとともに特定のオプション引数を使用することによって、他のディレクトリやファイル システムの内容を表示することもできます( 表5-1 を参照)。

format コマンド

新しい CompactFlash Disk をフォーマットする場合は、 format [ disk0: ] コマンドを使用します。


) 新しい CompactFlash Disk は、フォーマットしてからでなければ使用できません。



注意 フォーマット手順により、CompactFlash Disk 上の全情報が消去されます。CompactFlash Disk に保存してあった重要データを失わないように、十分注意してください。CompactFlash Disk のデータを保存する場合は、CompactFlash Disk をフォーマットする前に、TFTP サーバまたは別の CompactFlash Disk にデータをコピーしておいてください。システムの一部として出荷された CompactFlash Disk には、CompactFlash Disk 対応の Cisco IOS ソフトウェア イメージが保管されているので、一緒に出荷されたシステムで使用する場合は、フォーマットは不要です。そのまま使用できます。


) スペアの CompactFlash Disk はブランクなので、使用する前にフォーマットが必要です。


format コマンドを使用し、次の手順で、新しい CompactFlash Disk をフォーマットします(システムがすでに起動していることが前提です)。


ステップ 1 「CompactFlash Disk の取り付けおよび使用」の手順に従って、CompactFlash Disk を搭載します。

ステップ 2 format disk0: コマンドを使用して、CompactFlash Disk をフォーマットします。

System# format disk0:
Format operation may take a while. Continue? [confirm]
Format operation will destroy all data in ‘disk0:’. Continue? [confirm]
Format:Drive communication & 1st Sector Write OK...
Writing Monlib
sectors.....................................................................
.......................
Monlib write complete
 
Format:All system sectors written. OK...
 
Format:Total sectors in formatted partition:81760
Format:Total bytes in formatted partition:49861120
Format:Operation completed successfully.
 
Format of disk0:complete
 


 

これで新しい CompactFlash Disk のフォーマットが完了したので、フォーマットしたシステムでいつでも使用できます。

copy コマンド

CompactFlash Disk から別のファイル システムへ、または別のファイル システムから CompactFlash Disk にイメージをコピーする場合は、 copy コマンドを使用します。

copy [ tftp: | disk0: ] source-filename [ tftp: | disk0: ] destination-filename

この例では

コピーするファイルはファイル システム( tftp: )にあります。

変数 source-filename は、別のファイル システム( tftp: bootflash: など)にコピーするファイルの名前です。

変数 destination-filename は、コピー後、このファイルに与える名前です。

ファイル名は変更してもしなくてもかまいません。これは任意の作業です。

このコマンドの前提は次のとおりです。

システム プロセッサと共に、 boot flash memory というオンボード フラッシュ メモリに CompactFlash Disk 対応の Cisco IOS ソフトウェア イメージがあるので、システムを起動できます。

システムでCisco IOS Release 12.2(14)SZ以上が稼働しています。

CompactFlash Disk にコピーするブート可能イメージが、アクセス可能な別のファイル システムまたは TFTP サーバ上にあり(つまり、名前がわかっていてアクセスできる)、かつ Telnet でそのサーバにアクセスするために、1 つ以上のインターフェイスが利用できます。TFTP サーバにアクセスするには、1 つ以上のインターフェイスを設定する必要があります。インターフェイスを設定する場合は、 setup コマンドを使用するか、またはコンフィギュレーション エディタを使用します。

あとの例では、イーサネット インターフェイスを使用しています。

CompactFlash Disk にコピーするイメージのファイル名がわかっています。


) 新しい Cisco IOS ソフトウェア リリースまたは新しい Cisco IOS ソフトウェア メンテナンス リリースが利用可能になった時点で、新しいイメージを CompactFlash Disk にコピーしなければならない場合があります。この場合、copyコマンドを使用できます。


次の手順で、disk0: という CompactFlash Disk 上のファイル(例ではnew.image)をbootdisk: という CompactFlash Disk にコピーします。


ステップ 1 CompactFlash Disk がフォーマットされていない場合、または別の互換性のないシステムでフォーマットされている場合は、この時点で、「format コマンド」の手順に従ってフォーマットしてください。

ステップ 2 イメージ new.image を CompactFlash Disk disk0: にコピーする場合は、次の一連のコマンドを使用します。

System> enable
Password:
System# copy disk0:new.image bootdisk:new.image
3393 bytes copied in 0.548 secs#
System#
 

前の例では、3393 バイトのファイルnew.imageが約 0.5 秒で CompactFlash Disk にコピーされています。

ステップ 3 ファイル new.image が CompactFlash Disk: 上にあることを確認します。

System# pwd
disk0:/
System# dir
Directory of disk0:/
 
1 -rw- 3393 Jul 26 1998 17:44:47 new.image
 
48755200 bytes total (48747008 bytes free)
System#
 


 

mkdir コマンド

CompactFlash Disk 上でディレクトリを作成する場合は、 mkdir コマンドを使用します。CompactFlash Disk 上で daily_dir というディレクトリを作成し、作成されたことを確認する例を示します。

System# mkdir disk0:daily_dir
Created dir disk0:daily_dir
System# dir
Directory of disk0:/
 
1 drw- 0 Jul 25 1998 10:15:43 daily_dir
 
48755200 bytes total (48751104 bytes free)
System#

) ディレクトリを作成し、あとでアクセスするまたは使用する予定のファイルをそこに保管する場合は、該当するソフトウェア コマンドを入力するときに、そのファイルまでのディレクトリ パス全体を必ず定義してください。

たとえば、ファイルitsa.fileを disk0: の CompactFlash Disk 上のディレクトリdaily_dirに保管する場合、次のようにディレクトリ パス全体を指定する必要があります。disk0:daily_dir/itsa.fileです。そうしないと、システムはこのファイルを見つけられないことがあります。


rmdir コマンド

CompactFlash Disk からディレクトリを削除する場合は、 rmdir コマンドを使用します。disk0: の CompactFlash Disk から daily_dir というディレクトリを削除し、削除されたことを確認する例を示します。

System# rmdir disk0:daily_dir
Delete disk0:daily_dir? [confirm] y
Removed dir disk0:daily_dir
System# dir
Directory of disk0:/
 
No files in directory.
 
48755200 bytes total (48751104 bytes free)
System#

delete コマンド

CompactFlash Disk からファイルを削除する場合は、 delete コマンドを使用します。 dir コマンドで削除するファイルを見つけ、 delete コマンドを使用してそのファイルを削除します。

CompactFlash Disk 上のファイル( fun1 )を探して、そのファイルを削除し、削除されたことを確認する例を示します。


ステップ 1 削除するファイルを探します。

System# dir
Directory of disk0:/
 
1 drw- 0 May 10 1998 09:54:53 fun1
 
48755200 bytes total (48742912 bytes free)
 

ステップ 2 ファイル fun1 : を削除します。

System# delete disk0:fun1
 

ステップ 3 ファイル fun1 が削除されたことを確認します。

System# dir
Directory of disk0:/
 
No files in directory.
 
48755200 bytes total (48742912 bytes free)
System#
 


 

CompactFlash Disk からの起動

ここでは、CompactFlash Diskから起動できるようにする方法について説明します。

CompactFlash Disk から起動できるようにするには、コンフィギュレーション レジスタ ビット 3、2、1、および 0 の値を boot system [ disk0: ] filename コンフィギュレーション コマンドと組み合わせて 2 ~ 15 の値に設定します。ここでは、CompactFlash Disk 固有の boot コマンドに限定して説明します( diskn: 引数を boot コマンドで使用します)。

次に、CompactFlash Disk に関連する各種 boot コマンドの定義を示します。

boot system flash disk0: 外付け CompactFlash Disk の先頭ファイルを起動します。

boot system flash bootdisk: 内蔵 CompactFlash Disk の先頭ファイルを起動します。

boot system flash disk0: herfile CompactFlash Disk から herfile という名前のファイルを起動します。

boot system flash bootdisk: hisfile CompactFlash Disk から hisfile という名前のファイルを起動します。


bootコマンドを入力するときには、スペースバーの使い方に注意してください。システムによるコマンドの解釈が違ってきます。また、bootコマンドを入力するときには、必ず、ファイルまでのパス全体を定義してください。そうしないと、システムがファイルを見つけられないことがあります。


有効なコマンドと無効なコマンドの例を示します。相違点に注意してください。

System(config)# boot system flash disk0:myfile
 

上記の有効なコマンドに基づいて、システムは指定されたファイル( myfile )を起動します。

System(config)# boot system flash disk0: myfile
 

上記の無効なコマンドに基づいて、システムはブランクの filename フィールドを探します。 disk0: の後ろにスペースがあるからです。この場合、システムはファイル名引数を無視して、CompactFlash Disk の先頭ファイルを起動します。これは myfile というファイルではない可能性があります。

次の手順で、CompactFlash Disk からファイルmyfileを起動できるようにします。


ステップ 1 コンフィギュレーション モードを開始し、 configure terminal コマンドを使用して、起動元となる disk0: のイメージ ファイル名を指定します。

System# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CTRL-Z.
System(config)# boot system flash disk0:myfile
 

ステップ 2 config-register コマンドを使用し、16 進値を指定して、 boot system flash disk0: myfile コマンドをイネーブルにします。次の例を参照してください。

System(config)# config-reg 0x2102
 

16 進値 0x2102 を指定してこのコマンドを実行すると、次の結果が得られます。

CompactFlash Disk ベースのイメージを起動できなかった場合、デフォルトのブート ROM ソフトウェアが起動可能 ― 16 進値 0x2000

ブレークがディセーブル ― 16 進値 0x0100

デフォルトのブート イメージとしてイメージmyfileを使用可能 ― 16 進値 0x0002

ステップ 3 Ctrl-Zを押してコンフィギュレーション モードを終了します。

System(config)#
Crtl-Z
System#
 

ステップ 4 copy system:running-config nvram:startup-config コマンドを使用して、新しいコンフィギュレーションを NVRAM に保存します。

System# copy system:running-config nvram:startup-config
 


 

ブート環境変数

NVRAM のコンフィギュレーション ファイルに保管されているブート環境変数の内容によって、起動時のシステムの動作が決まります。各変数の現在の設定値を表示するには、 show bootvar コマンドを使用します。

Router> show bootvar
BOOT variable =
CONFIG_FILE variable =
Current CONFIG_FILE variable =
BOOTLDR variable does not exist
Configuration register is 0x100
 

以下、各ブート環境変数について説明します。

BOOT 変数 ― 起動する Cisco IOS ソフトウェア イメージを示します。コンフィギュレーション モードで設定します。デフォルトのソフトウェア イメージは CISCOxxxイメージです(xxxは、具体的なファイル名を入力しなかった場合にシステムによって割り当てられるファイル名です)。システムはその後、disk0: の CompactFlash Disk で先頭イメージを検索します。

コンフィギュレーション モードを開始し、 configure terminal コマンドおよび boot system コマンドを使用して、起動するファイル名および CompactFlash Disk スロットを指定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CTRL-Z.
System(config)# boot system flash disk0:<image>
 

このコンフィギュレーション ファイル エントリにより、BOOT 変数はdisk0:c7300-js-mzになります。

CONFIG_FILE(コンフィギュレーション ファイル)変数 ― 起動時にどこからコンフィギュレーションを読み込むかが決まります。コンフィギュレーション モードで設定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CTRL-Z.
System(config)# boot config disk0:<image>
 

このコンフィギュレーション ファイル エントリにより、CONFIG_FILE 変数はdisk0:configfileになります。

BOOTLDF(ブート ローダ)変数 ― ブート ヘルパーとして使用するイメージが決まります。コンフィギュレーション モードで設定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CTRL-Z.
System(config)# boot bootldr disk0:<image>
 

コンフィギュレーション レジスタ変数 ― ブート可能な Cisco IOS ソフトウェア イメージをどこで探すかをシステムに指示します。コンフィギュレーション モードで 16 進値として設定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CTRL-Z.
System(config)# config-register 0x102
 

このコンフィギュレーション ファイル エントリにより、コンフィギュレーション レジスタは 16 進値 0x102 に設定されます。コンフィギュレーション レジスタの詳細については、『Cisco IOS Configuration Fundamentals』を参照してください。

コンフィギュレーション ファイルに boot systemコマンドが指定されていなかった場合、ルータは CompactFlash Disk からデフォルトのファイル イメージをロードしようとします。詳細については、『Cisco IOS Configuration Fundamentals』の「Rebooting the Router」を参照してください。

CompactFlash Disk のソフトウェア イメージをブート可能なソフトウェア イメージにする方法

ここでは、CompactFlash Disk の Cisco IOS ソフトウェア イメージをブート可能なイメージにする方法について説明します。

CompactFlash Disk にソフトウェア イメージをコピーしたあとで、次の一連のコマンドを使用して、イメージをブート可能にします(例では new.image というファイル)。この例のソフトウェア イメージは、CompactFlash Disk 上にあります。このコマンド シーケンスには config-register コマンドも含まれていることに注意してください。CompactFlash Disk からイメージをロードできるようにするには、コンフィギュレーション レジスタを 0x2102 に設定しなければならないからです。

System# config terminal
System(config)# no boot system
System(config)# boot system flash disk0:new.image
System(config)# config-register 0x2102
Ctrl-Z
System# copy system:running-config nvram:startup-config
System# reload
 

システムはリロード時に、CompactFlash Disk からイメージ new.image を起動します。