Cisco 7304 Network Processing Engine インストレーション コンフィギュレーション ガイド
ハイ アベイラビリティ機能による NPE の冗長性
ハイ アベイラビリティ機能による NPE の冗長性
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ハイ アベイラビリティ機能による NPE の冗長性

ハイ アベイラビリティのシステム要件

ハイ アベイラビリティ コマンド

FPGA のアップグレードおよびフェールオーバー

ギガビット イーサネット SFP モジュールおよび RJ-45 ギガビット イーサネット ポートの管理

CompactFlash Disk コマンド

ハイ アベイラビリティ機能による NPE の冗長性


注意 Cisco 7304 でサポートされるのは、NPE-G100 が 2 台、または NSE-100 が 2 台の構成です。同じルータ上で NPE-G100 と NSE-100 を両方使用することはできません。

内容は、次のとおりです。

「ハイ アベイラビリティのシステム要件」

「ハイ アベイラビリティ コマンド」

「FPGA のアップグレードおよびフェールオーバー」

「ギガビット イーサネット SFP モジュールおよび RJ-45 ギガビット イーサネット ポートの管理」

「CompactFlash Disk コマンド」

ルート処理の冗長性は現在、Cisco 7304 ルータ上で利用できる機能です。ルータに 2 台の NPE-G100 が搭載されている場合、この機能はスタンバイ側 NPE-G100 の「部分的起動」機能を利用して、最も基本的なレベルのシステム アベイラビリティ向上を実現します。「部分的起動」とは、アクティブ側 NPE-G100 が故障した場合、または重大なエラーが検出された場合に、スタンバイ側 NPE-G100 が起動を完了し、ラインカードを制御することです。これにより、ルータが障害状態になっている時間が最小限に短縮され、その結果、システム アベイラビリティが向上します。切り替えの所要時間は約 1 分です。

スタートアップ コンフィギュレーション(のみ)および ROMmon 環境変数の同期化がサポートされます。


) フェールオーバー時には、復元までの間、システム全体が全機能を失います。ラインカードはリセットされ、障害発生時点でルータを通過していたトラフィックはすべて失われます。


フェールオーバー後に、故障した NPE-G100 を交換し、ハイ アベイラビリティ機能を維持する必要があります。

ハイ アベイラビリティのシステム要件

Cisco 7304 で HA(ハイ アベイラビリティ)動作を設定するには、同一モデルの NPE を 2 台用意し、両方の NPE で同じ Cisco IOS リリースを稼働させる必要があります。


) 両方の NPE-G100 で同じバージョンの Cisco IOS を稼働させることを推奨します。さらに、最適なアベイラビリティを実現するために、両方の NPE-G100 を同じ物理構成にすることを推奨します。メモリおよび CompactFlash Disk の構成は、アクティブおよびスタンバイの NPE-G100 で一致させる必要があります。


ハイ アベイラビリティ コマンド

アクティブ側 NPE-G100 に show redundancy コマンドを発行し、アクティブ側およびスタンバイ側 NPE-G100 の冗長性関連情報を表示します。

Router# show redundancy
Slot 0 NPEG100 (This NPE): Active
Slot 2 NPEG100: Standby
 
Redundancy state is REDUNDANCY_PEERSTANDBY_INITED
 
Standby NPEG100 information:
Standby is up.
Standby has 132096K bytes of memory.
Standby BOOT variable = disk0:c7300-js-mz.ha-031202,1
Standby CONFIG_FILE variable =
Standby BOOTLDR variable = bootdisk:c7300-boot-mz.ha-031202
Standby Configuration register is 0x2002
 
Standby version:
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 7300 Software (C7300-JS-M), Released Version 12.1(20020306:160533)]
Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
Compiled .... by biff
 

show c7300 コマンドを使用して、2 台の NPE-G100 の状態を表示することもできます。

Router# show c7300
Slot Card Type Status Insertion time
---- --------- ------ --------------
0,1 NPE-G100 Active 1d20h ago
2,3 NPE-G100 Standby 1d20h ago
4 4OC3-POS Active 1d20h ago
5 1OC48-POS Active 1d20h ago
 
System is compliant with hardware configuration guidelines.
 
All the FPGAs in the system are up-to-date
 
Network IO Interrupt Throttling:
throttle count=11370, timer count=11370
active=0, configured=1
netint usec=3999, netint mask usec=200
 

スタンバイ NPE-G100 に手動で切り替える場合は、 redundancy force-switchover コマンドを使用します。

Router# redundancy force-switchover
 
System configuration has been modified. Save? [yes/no]:y
Proceed with switchover to standby NPEG100? [confirm]n
 

スタンバイ側 NPE-G100 をリセットする場合は、 hw-module standby {reset | reload} コマンドを使用します。

Router# hw-module standby reset
Proceed with reset of standby NPEG100? [confirm]n
 

FPGA のアップグレードおよびフェールオーバー

NPE-G100 の FPGA のバージョンが異なる場合に、ルータがスタンバイ NPE-G100 にフェールオーバーした場合、スタンバイ側 NPE-G100 の FPGA をアップグレードしなければならない場合があります。アップグレードによってトラフィック フローが止まることはありません。この処理は 15 分以内に完了します。この事態を避けるために、必ず、両方の NPE-G100 で同じバージョンの Cisco IOS を使用し、両方の NPE-G100 で FPGA を更新してください。

詳細については、『 Cisco 7304 FPGA Bundling and Update 』を参照してください。

ギガビット イーサネット SFP モジュールおよび RJ-45 ギガビット イーサネット ポートの管理

アクティブ側 NPE-G100 で 3 つのギガビット イーサネット SFP または RJ-45 インターフェイス ポートを使用できます。スロット 0 に搭載された NPE-G100 のギガビット イーサネット ポートは 0、1、および 2 です。スロット 2 のギガビット イーサネット ポートは 0、1、および 2 です。

NSE-100 の場合と異なり、アクティブになるのはアクティブ側 NPE-G100 のギガビット イーサネット ポートだけです。Cisco 7304 にスタンバイ NPE-G100 が搭載されている場合、そのポートはパッシブです。アクティブになるのは、スタンバイ NPE-G100 が障害の発生したプライマリ NPE-G100 を引き継いだ場合に限られます。

CompactFlash Disk コマンド

リモート ファイル システム サポートの一部として、次のコマンドを使用できます。リモート ファイル システム サポートによって、スタンバイ NPE-G100 のファイル システムがアクティブ NPE-G100 で認識できるようになります。HA 対応の Cisco 7304 ルータでは、スタンバイ NPE-G100 の CompactFlash Disk に次のコマンドでアクセスできます( standby-disk0: standby-bootdisk: 、または standby-nvram: の前にcopy、dirまたはその他のコマンドを使用)。

copy standby-disk0:tftp

copy standby-bootdisk:tftp

copy tftp standby-disk0:

copy tftp standby-bootdisk:

dir standby-bootdisk:

dir standby-disk0:

dir standby-nvram:

disk0: を使用するすべてのインターネット ファイル システム(IFS)コマンドまたはbootdisk:をパラメータとして使用する IFS コマンドは、パラメータとしてstandby-disk0:およびbootdisk:も使用できます。