Cisco 7304 Network Processing Engine インストレーション コンフィギュレーション ガイド
NPE およびオプションの取り外し および取り付け
NPE およびオプションの取り外しおよび取り付け
発行日;2012/02/05 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

NPE およびオプションの取り外しおよび取り付け

ルータの作業を容易にする方法

ルータの電源オフおよび入力電源の切断

AC 入力電源装置の電源オフ

DC 入力電源装置の電源オフおよび DC 入力線の取り外し

NPE の取り外し

冗長構成時のスロットディバイダの取り外し

NPE-G100 の取り付け

メモリ交換の手順

メモリ システムの概要

NPE のメモリ情報

SDRAM SODIMM の取り外しおよび取り付け

SDRAM SODIMM の取り外し

SDRAM SODIMM の取り付け

CompactFlash Disk の取り付けおよび使用

製品概要

CompactFlash Disk の取り付けおよび取り外し

SFP モジュール

ギガビット イーサネット SFP モジュールおよびケーブルの取り付け

RJ-45 ポートのギガビット イーサネット ケーブル接続

イーサネット、ファスト イーサネット、およびギガビット イーサネット ケーブルの接続

ギガビット イーサネット SFP インターフェイス ケーブルの接続

モード コンディショニング パッチ コードの接続

CWDM SFP の取り付けおよび取り外し

コンソール ポートおよび AUX ポートのケーブル接続

入力電源の再接続およびルータの電源オン

AC 入力電源の再接続

DC 入力電源の再接続

ルータの電源オン

起動の確認

NPE およびオプションの取り外しおよび取り付け

この章では、Network Processing Engine(NPE-G100; ネットワーク処理エンジン)を Cisco 7304 ルータから取り外す方法について説明します。交換用 NPE の取り付け手順についても説明します。内容は、次のとおりです。

「ルータの作業を容易にする方法」

「ルータの電源オフおよび入力電源の切断」

「NPE の取り外し」

「冗長構成時のスロットディバイダの取り外し」

「NPE-G100 の取り付け」

「メモリ交換の手順」

「CompactFlash Disk の取り付けおよび使用」

「SFP モジュール」

「コンソール ポートおよび AUX ポートのケーブル接続」

「入力電源の再接続およびルータの電源オン」

「起動の確認」

ルータの作業を容易にする方法

Cisco7304 ルータが標準 19 インチの 4 支柱ラックまたは 2 支柱ラックに設置されている場合、ラック内の他の機器のケーブルによってルータ前面の作業が妨げられることがあります。さらに、ラックの電源ストリップなどの付属品が障害物になって、ルータの取り扱いに支障をきたすことがあります。ルータをラックに設置した状態で、ルータ前面で容易に作業ができるようにするための注意事項を以下に示します。ルータがラックに設置されていない場合、またはルータ前面に障害物がない場合には、 「ルータの電源オフおよび入力電源の切断」 に進んでください。

ルータをラックに設置した状態で、ルータ前面から容易に作業ができるようにするためには、次の注意事項に従ってください。

ルータ前面に、少なくとも 3 ~ 4 フィート(0.91 ~ 1.22 m)の作業スペースを確保します。

ラック内の他の機器のケーブルがルータの手前に覆いかぶさる場合には、引っ張らないように注意してケーブルを束ね、ルータ前面から離れた位置にケーブル タイで固定します。

ラックの電源ストリップなどの付属品が障害物になって、ルータ前面での作業が困難な場合には、ルータをラックから外して前方に慎重に引き出し、ルータから NPE を取り外せるだけのスペースを確保します。ラックからルータを外す手順については、 「NPE の取り外し」 を参照してください。

ルータの電源オフおよび入力電源の切断

ここでは、AC 入力電源装置および DC 入力電源装置の電源を切断する方法について説明します。

「AC 入力電源装置の電源オフ」

「DC 入力電源装置の電源オフおよび DC 入力線の取り外し」


) ハイ アベイラビリティ構成として、Cisco 7304 ルータに NPE-G100 を 2 つ搭載していて、その一方を取り外す場合は、ルータの電源をオフにする必要はありません。NPE-G100 を取り外し、新しい NPE-G100 を取り付ければよいだけです。ハイ アベイラビリティ機能により、もう一方の NPE-G100 にルータの処理作業が引き継がれるからです。


AC 入力電源装置の電源オフ


) ルータの電源をオフにする前に、copy running-config startup-configコマンドを使用して、ルータの実行コンフィギュレーションを NVRAM(不揮発性 RAM)または disk0: に保管してください。


Cisco 7304 の電源装置のスイッチには、スタンバイのマーク(線の入った円)とオン(|)のマークがあります。ルータに電源装置が 1 台だけ搭載されている場合、スタンバイ記号はオフを意味します。機能を引き継ぐもう一方の電源装置がないからです。電源装置が 2 台搭載されている場合、一方の電源装置をオンに、他方の電源装置のスイッチをスタンバイの位置にすると、プライマリの電源装置が故障した場合に、他方が自動的にアクティブになります。

AC 入力電源装置から Cisco 7304 ルータへの電力供給を停止する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 電源スイッチをスタンバイの位置(線の入った円)にします。

ステップ 2 次の現象を確認します。

電源装置のグリーンの INPUT OK LED および FAN OK LED が消灯する

電源装置ファンの作動が停止する

すべての LED が消灯する

ステップ 3 AC 入力電源レセプタクルからケーブルを外します。


 


) ルータの電源をオフにして、30 秒経過してから、もう一度電源を入れます。


Cisco 7304 ルータの AC 入力電源装置の電源を切断する手順は、これで完了です。

DC 入力電源装置の電源オフおよび DC 入力線の取り外し


警告 以下の手順を行う前に、回路短絡や感電事故を防ぐため、DC 回路に電気が流れていないことを確認してください。電源装置への電力供給をすべて切断するには、配電盤上で DC 回路に対応している回路ブレーカーを OFF の位置に切り替え、回路ブレーカーのスイッチ ハンドルを OFF の位置のままテープで固定します。電源装置への電力供給が停止しても、ルータへのすべての電力供給が停止されるとは限りません。DC 入力電源装置を稼働させたまま、別の電源装置またはファン モジュールを取り外したり交換したりできます。



警告 装置を設置するときには、必ずアースを最初に接続し、最後に取り外します。



) ルータの電源をオフにする前に、copy running-config startup-configコマンドを使用して、ルータの実行コンフィギュレーションを NVRAM または disk0: に保管してください。


Cisco 7304 の電源装置のスイッチには、スタンバイのマーク(線の入った円)とオン(|)のマークがあります。ルータに電源装置が 1 台だけ搭載されている場合、スタンバイ記号はオフを意味します。機能を引き継ぐもう一方の電源装置がないからです。電源装置が 2 台搭載されている場合、一方の電源装置をオンに、他方の電源装置のスイッチをスタンバイの位置にすると、プライマリの電源装置が故障した場合に、他方が自動的にアクティブになります。

DC 入力電源装置から Cisco 7304 への電力供給を停止し、DC 入力電源装置から DC 入力ラインを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 DC 入力電源装置のスタンバイ スイッチをスタンバイ位置にします。

ステップ 2 回路ブレーカーまたは DC 入力電源装置に電力を供給しているスイッチをオフにすることにより、DC 回路からの電力を確実に切断します。

ステップ 3 必要に応じて、電源装置の前面プレートに DC 入力線とアース線を固定しているケーブル タイを外します。ケーブル タイは保管しておきます。

ステップ 4 1/8 インチのマイナス ドライバを使用して、-DC 入力ライン レセプタクルの上のネジを緩め、コネクタから導線を引き抜きます。+DC 入力線とアース線についても、同じ手順を繰り返します。


) DC 入力電源装置の導線の色分け方式は、設置場所の DC 電源の色分け方式によって異なります。通常、アースにはグリーンまたはグリーン/イエローを使用します。DC 入力電源装置で選択した導線色分け方式と、DC 電源で使用されている導線色分け方式が一致していなければなりません。



 

DC 入力電源を切断し、DC 入力電源装置から DC 入力線を取り外す手順は、これで完了です。

NPE の取り外し


) ハイ アベイラビリティ構成として、Cisco 7304 ルータに NPE-G100 を 2 つ搭載していて、その一方を取り外す場合は、ルータの電源をオフにする必要はありません。NPE-G100 を取り外し、新しい NPE-G100 を取り付ければよいだけです。ハイ アベイラビリティ機能により、もう一方の NPE-G100 にルータの処理作業が引き継がれるからです。


Cisco 7304ルータからネットワーク処理エンジンを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ルータの電源をオフにし、入力電源コードを外します( ルータの電源オフおよび入力電源の切断 を参照)。

ステップ 2 静電気防止用リスト ストラップを装着し、シャーシの塗装されていない面に接続します。

ステップ 3 入出力ケーブルをすべて外します。

図3-1 Cisco 7304 NPE-G100 の非脱落型ネジおよびロック レバー

 

 

1

非脱落型ネジ

2

ロック レバー

ステップ 4 No.2 プラス ドライバまたは 3/16 インチ マイナス ドライバを使用して、NPE の前面プレートにある 2 つの非脱落型ネジを緩めます( 図3-1 を参照)。

ルータを標準 19 インチの 4 支柱ラックまたは 2 支柱ラックに設置していない場合は、 ステップ 8 に進んでください。ルータをラックに設置している場合は、ラックの電源ストリップなどの付属品が、ルータ前面での作業に支障をきたさないかどうかを確認します。ラックの付属品のためにルータの作業が困難な場合には、 ステップ 5 に進んでください。

ステップ 5 3/16 インチ マイナス ドライバを使用して、ラックの前面マウンティング ストリップにルータを固定しているネジを緩めます。

ステップ 6 ラックの前面で少なくとも 1 人の補助者が、ルータの前面底部を支えるようにします。

ステップ 7 ラックの前面から、ルータ前面をラックの外側に慎重に押し出し、NPE 取り外し作業のための十分なスペースを確保します。


) ラックマウントされた Cisco 7304 ルータの最下部スロットで、処理エンジンの取り外しまたは取り付け作業が困難な場合には、シャーシからラインカード、ポート アダプタ キャリア カード、および処理エンジンをいったん取り外し、改めて取り付けてください。最初に処理エンジンを最下部スロットに取り付けてから、上に向かって順にスロットに搭載していきます。


ステップ 8 ネットワーク処理エンジンのロック レバーを持ち、シャーシ スロットから慎重に引き出します。


注意 NPE は、フレームの端だけを持ち、プリント基板のコンポーネントまたはコネクタ ピンには触れないでください。

ステップ 9 ネットワーク処理エンジンは、プリント基板のコンポーネント側を上向きにして、静電気防止用シートに置くか、静電気防止用袋に保管します。NPE を返品する場合には、ただちに静電気防止用袋に収めてください。


 

これで、ネットワーク処理エンジンを取り外す手順は完了です。

2 台めの NPE を取り付けるためにシャーシを準備する場合には、「冗長構成時のスロットディバイダの取り外し」を参照してください。

ネットワーク処理エンジンまたはネットワーク サービス エンジンを 1 つだけ交換する場合には、「NPE-G100 の取り付け」に進んでください。

冗長構成時のスロットディバイダの取り外し

Cisco 7304 ルータに 2 台めの NPE を取り付けるには、スロット 2 のスロット ディバイダを取り外す必要があります。図3-2を参照してください。

図3-2 Cisco 7304 のスロット

 

 

1

スロット 4

3

スロット 0

2

スロット 5

4

スロット 2

図3-3 スロット ディバイダの固定具

 

ルータからスロット ディバイダを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 スロット ディバイダをつかんで持ち上げます(図3-3を参照)。

図3-4 スロット ディバイダの取り外し

 

ステップ 2 ルータからスロット ディバイダを引き出します(図3-4を参照)。


 

Cisco 7304ルータからスロット ディバイダを取り外す手順はこれで完了です。

スロット ディバイダを取り付ける場合は、スロット ディバイダが固定具にかみ合うまで、ルータにスロット ディバイダをスライドさせて押し込みます。

NPE-G100 の取り付け

NPE-G100 はスロット 0 に取り付けます。ハイ アベイラビリティ構成の場合は、スロット 2 に 2 台めの NPE-G100 を取り付けます。

スタンバイの NPE-G100 は、活性挿抜(OIR; Online Insertion and Removal)が可能です。NPE-G100 が 2 つ搭載されていて、プライマリまたはセカンダリのどちらか一方が故障した場合、ルータの電源をオフにしなくても故障した NPE-G100 を取り外し、新しい NPE-G100 を取り付けることができます。


注意 Cisco 7304 でサポートされるのは、NPE-G100 が 2 台、または NSE-100 が 2 台の構成です。同じルータ上で NPE-G100 と NSE-100 を両方使用することはできません。

ルータに NPE を取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ルータの電源をオフにし、ルータおよび電源から入力電源コードが外してあることを確認します。 「ルータの電源オフおよび入力電源の切断」 を参照してください。

ステップ 2 静電気防止用リスト ストラップを装着し、シャーシの塗装されていない面に接続します。

ステップ 3 静電気防止用袋から新しい NPE を取り出します。


注意 NPE は、フレームの端およびハンドルだけを持ち、プリント基板のコンポーネントまたはコネクタ ピンには触れないでください。

図3-5 Cisco 7304 ルータのスロット ガイドと NPE-G100 の位置合わせ

 

 

1

ロック レバーを 45 度の角度に開く

ステップ 4 NPE を取り付ける に、ロック レバーを 45 度の角度に開きます( 図3-5 を参照)。


) ラックマウントした Cisco 7304 ルータの最下部スロットで、処理エンジンの取り付け作業が困難な場合には、シャーシからラインカード、ポート アダプタ キャリア カード、および処理エンジンをいったん取り外し、改めて取り付けてください。最初に処理エンジンを最下部スロットに取り付けてから、上に向かって順にスロットに搭載していきます。


ステップ 5 スロット ガイドに NPE を合わせます(図3-5を参照)。

ステップ 6 シャーシ スロットに NPE 全体をゆっくり差し込み、ルータのミッドプレーンにコネクタが装着された手応えがあるまで押します。ロック レバーを押して NPE をロックします。

ステップ 7 No. 2 プラス ドライバまたは 3/16 インチ マイナス ドライバを使用して、NPE 上の非脱落型ネジを締め、NPE をルータのミッドプレーンに固定します。


) 非脱落型ネジを締めるまで、NPE はルータのミッドプレーンに完全には装着されません。


ステップ 8 ルータから電源装置を取り外した場合は、電源装置を取り付けます(Cisco 7304ルータに電源装置を取り付ける場合は、 入力電源の再接続およびルータの電源オン を参照)。

ステップ 9 ルータ前面をラックから引き出した場合は、ルータをゆっくりラックに戻します。

ステップ 10 3/16 インチ マイナス ドライバを使用して、ラックの前面にある取り付け板にルータを固定するネジを締めます。


 

Cisco 7304ルータに NPE を取り付ける手順はこれで完了です。

ケーブルの接続手順については、「ギガビット イーサネット SFP モジュールおよびケーブルの取り付け」および「RJ-45 ポートのギガビット イーサネット ケーブル接続」を参照してください。

入力電源を接続してルータを起動する手順については、「入力電源の再接続およびルータの電源オン」を参照してください。

メモリ交換の手順

ここでは、NPE 上のメイン メモリである SDRAM SODIMM モジュールの交換について説明します。さらに、NPE のその他のメモリ タイプを紹介します。ただし、NPE の基板上で物理的に交換できるメモリ タイプは、SDRAM SODIMM および CompactFlash Disk だけです。この項の最後まで目を通してから、NPE 上の SDRAM SODIMM メモリ モジュールをアップグレードしてください。

メモリ システムの概要

NPE のメモリ システムが提供する機能は、次のとおりです。

Route Processor(RP; ルート プロセッサ)のメイン メモリ ― コンフィギュレーションおよびルーティング テーブルを保管します。Cisco IOS ソフトウェアはメイン メモリから実行し、ルート プロセッサがあらゆるトラフィックを転送し、ルーティング プロトコルを解析します。

パケット メモリ ― ルータのネットワーク インターフェイスがパケットのバッファリングに使用します。

CompactFlash Disk(disk0:) ― Cisco IOS ソフトウェア イメージおよびフラッシュ メモリに保存されるその他のデータを保管します。NPE の場合、ルータの CLI は disk0: で、NPE 前面プレートの CompactFlash Disk スロットを参照します。

bootdisk: ― ブート ヘルパー イメージ ソフトウェアを保管します。ブート ヘルパー イメージによって、disk0: の CompactFlash Disk に有効なシステム イメージがない場合に、ルータから起動できます。ネットワーク サーバからルータを起動することもできます。

One-Time Programmable(OTP;1 回だけプログラミング可能)ROM(読み出し専用メモリ) ― ROM モニタを保管し、Power-on Self-Test(POST; 電源投入時診断テスト)および初期化を実行し、仮想コンフィギュレーション レジスタに基づいてシステム起動を開始します。ROM モニタ ブート イメージを保管します。このブートイメージによって、CompactFlash Disk から Cisco IOS イメージを起動できます。OTP ROM はアップグレードできませんが、ROM はアップグレード可能なブート ROM を使用することにより、アップグレードできます。

アップグレード可能なブート ROM ― アップグレード可能なブート ROM は、ブート OTP ROM と機能は同じですが、Cisco IOS でアップグレード可能です。アップグレードした ROMmon は、アップグレード可能なブート ROM に保管されます。


) ブート ROM は Cisco IOS ソフトウェアを使用してアップグレードします。


NVRAM(不揮発性 RAM) ― システム コンフィギュレーション、環境モニタのログ、および仮想コンフィギュレーション レジスタを保管します。

NPE のメモリ情報

次の図および表に、NPE-G100 メモリの位置、仕様、および構成を示します。

図3-6 NPE-G100 のメモリ位置

 

 

1

リチウム電池

6

CompactFlash Disk(disk0:)

2

OTP ブート ROM(U15)

7

DDR-SODIMM 1(J3)

3

アップグレード可能なブート ROM(U26 はボード上部、U64 はボード下部)

8

DDR-SODIMM 2(J4)

4

NVRAM(U1)

9

CompactFlash Diskスロット(bootdisk:)

5

BCM 1250 プロセッサ システム(U24)

 

 

SDRAM SODIMM の取り外しおよび取り付け

ここでは、NPE 上のメイン メモリ モジュールである SDRAM SODIMM の取り外し/取り付け手順について説明します。NPE 上で物理的に交換できるメモリ タイプは、CompactFlash Disk と SDRAM SODIMM だけです。


) 必ず、シスコがサポートしている SDRAM SODIMM を使用してください。


SDRAM SODIMM は、BCM 1250 プロセッサ システム用のメイン メモリ モジュールです。SDRAM SODIMM には、コンフィギュレーションおよびルーティング テーブルを保管します。Cisco IOS ソフトウェアはメイン メモリから実行し、BCM 1250 プロセッサがあらゆるトラフィックを転送し、ルーティング プロトコルを解析します。SDRAM SODIMM をアップグレードすると、NPE が通信先装置との間で確立できるセッション数が増える利点があります。SDRAM SODIMM は、SODIMM に起因する問題を解消するために交換しなければならない場合もあります。

SDRAM SODIMM の取り外し

ここでは、NPE-G100 上の SODIMM を取り外す手順について説明します。

既存の SDRAM SODIMM の取り外し手順は、次のとおりです。


ステップ 1 「ルータの電源オフおよび入力電源の切断」を参照し、ルータの電源をオフにして入力電源を切断する手順に従ってください。

ステップ 2 「NPE の取り外し」を参照し、NPE-G100 の取り外し手順に従ってください。そのあとで、この項に戻ってください。

ステップ 3 NPE-G100を静電気防止用マットまたはシートの上に置きます。リスト ストラップなどの静電気防止用器具を必ず着用してください。

ステップ 4 SODIMM の位置を確認します。図3-6を参照してください。NPE の場合、SDRAM SODIMM の位置は J3 および J4 です。

ステップ 5 取り外す SODIMM のスプリング ラッチを解除し、ソケットから SODIMM を外します( 図3-7 を参照)。


注意 SODIMM を扱う場合は、カード エッジのピンを破損しないように、必ずカード エッジだけを持ってください。

図3-7 SODIMM のスプリング ラッチの解除

 

 

1

SODIMM

2

SODIMM のスプリング ラッチ

ステップ 6 SODIMM の両側がソケットから外れたら、親指と人差し指で SODIMM の端を持ち、ソケットから完全に引き抜きます。SODIMM は必ず、端だけを持ちます。メモリ モジュール、ピン、またはトレース(SODIMM のコネクタ エッジの金属フィンガ)には触れないように注意してください。

ステップ 7 ESD による損傷を防ぐために、SODIMM を静電気防止用容器に収めます。

ステップ 8 もう一方の SODIMM を取り外す場合は、ステップ 4 ~ 6 を繰り返します。


 

これで、SODIMM の取り外し手順は完了です。新しい SODIMM を取り付ける場合は、次の項に進んでください。

SDRAM SODIMM の取り付け

ここでは、NPE の SODIMM を取り付ける手順について説明します。

NPE 上のSDRAMは、1 つの SODIMM 内にあります( 図3-6 を参照)。


注意 SODIMM は、静電気の影響を受けやすいコンポーネントです。SODIMM を扱うときには、必ずリスト ストラップを着用してください。

図3-8 SODIMM の取り扱い

 

新しい SODIMM の取り付け手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用容器から新しい SODIMM を取り出します。

ステップ 2 SODIMM のコネクタ エッジ(金属フィンガ)が向こう側にくるように SODIMM を持ちます。
SODIMM を取り扱うときは、必ず端だけを持つようにしてください。メモリ モジュール、ピン、またはトレース(SODIMM のコネクタ エッジの金属 フィンガ )には触れないように注意してください( 図3-8 を参照)。SODIMM の金属フィンガを SODIMM ソケットにきちんと合わせてください。

ステップ 3 SODIMM をソケットとほぼ同じ角度に傾けて、コネクタにピン エッジ差し込みます。


注意 SODIMM はしっかり差し込んでください。ただし、無理に押し込まないでください。ソケットが破損すると、NPEを工場に返送して修理しなければなりません。

ステップ 4 スプリング ラッチがかかって固定されるまで、SODIMM を押し下げます。

ステップ 5 SODIMM を取り付けるときには、SODIMM の両側にある位置合わせのための穴を確認し、スプリング ラッチが見えるようにしてください。見えない場合、SODIMM は正しく装着されていません。SODIMM の位置がずれている場合は、慎重に DIMM を取り外し、再度ソケットに装着してください。スプリング ラッチがきちんとかかるまで、SODIMM をソケットの奥まで押し込みます。

ステップ 6 もう一方の SODIMM を取り付ける場合は、ステップ 2 ~ 5 を繰り返します。


) 両方とも同じ容量、同じタイプの SODIMM を使用する必要があります。



 

これで、SDRAM SODIMM の交換手順は終了です。シャーシに NPE を取り付ける手順については、 「NPE-G100 の取り付け」 を参照してください。

ケーブルの接続手順については、「ギガビット イーサネット SFP モジュールおよびケーブルの取り付け」および「RJ-45 ポートのギガビット イーサネット ケーブル接続」を参照してください。

入力電源を接続してルータを起動する手順については、「入力電源の再接続およびルータの電源オン」を参照してください。


) NPE および SDRAM SODIMM を取り外す場合、ルータの電源をオフにする必要はありません。したがって、SDRAM SODIMM の取り外し/取り付け手順では、ルータの起動について説明しません。


CompactFlash Disk の取り付けおよび使用

ここでは、Cisco 7304 ルータにおける CompactFlash Disk の取り付け、取り外し、および使用手順について説明します。

CompactFlash Disk はコンフィギュレーション ファイル、Cisco IOS ソフトウェア イメージなどのために、256 MB のストレージ スペースを提供します(CompactFlash Disk 機能の詳細については、製品概要を参照)。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「製品概要」

「CompactFlash Disk の取り付けおよび取り外し」

製品概要

CompactFlash Disk は、PC Card(従来の PCMCIA)規格に適合し、システムに AT Attachment(ATA)インターフェイスを提供する、フラッシュ メモリ ベースのデバイスです。このインターフェイスは、ANSI ATA Interface Document X3T13.1153 D Rev. 9 仕様に適合します。

CompactFlash Disk は、ハードディスクをエミュレートし、不良ブロックを自動的に調べて自動ブロック消去を実行できるコントローラ回路が組み込まれているので、リニアなフラッシュ メモリより柔軟性があります。CompactFlash Disk はさらに、不連続セクターを割り当てる能力を提供するので、(これまで、リニアなフラッシュ メモリ カードでは必要とされていた) squeeze コマンドが不要になります。

CompactFlash Diskは、タイプ2のPC Cardデバイスです。CompactFlash Disk によって、システム コンフィギュレーション ファイル、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および他のタイプのシステム関連ファイルを保管する、フラッシュベースのメモリ スペースが増加します。CompactFlash Disk のメモリ情報については、 表1-3 を参照してください。

Cisco IOS のファイル システム機能が、システムで使用されるあらゆるファイル システムに対して単一のインターフェイスを提供します。

フラッシュ メモリ ファイル システム ― CompactFlash Disk、オンボード フラッシュ メモリ、リニア フラッシュ メモリ

ネットワーク ファイル システム ― FTP(ファイル転送プロトコル)、Remote Copy Protocol(rcp)、および Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)

データを読み書きするその他のあらゆるエンドポイント ― NVRAM、実行コンフィギュレーション、ROM、raw システム メモリ、システムにバンドルされたマイクロコード、Xmodem、フラッシュ ロード ヘルパー ログ、モデム、および BRI MUX インターフェイス

Cisco IOS ファイル システム機能の詳細については、このマニュアルでは扱いません。この機能については、Cisco IOS Release 12.xに対応する『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』および『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』を参照してください。これらの出版物は Cisco.com から入手可能です(Cisco.com へのアクセス方法についての詳細は、 Cisco.com を参照してください)。

CompactFlash Disk の使用方法については、「CompactFlash Disk の使用方法」を参照してください。

CompactFlash Disk の取り付けおよび取り外し

CompactFlash Disk の取り付け/取り外し手順は、次のとおりです。

図3-9 CompactFlash Disk の取り付け/取り外し

 

 

1

CompactFlash Disk(disk0:)の挿入

2

CompactFlash Disk(disk0:)の取り出し


ステップ 1 NPE 前面パネルの CompactFlash Disk スロットを確認します。図3-9を参照してください。

ステップ 2 コネクタを CompactFlash Disk スロットに向け、前面ラベルを上にして CompactFlash Disk を持ちます。

CompactFlash Disk にはキーが刻まれており、逆向きには装着できないようになっています。CompactFlash Disk が完全に装着されると、イジェクト ボタンが飛び出します。

ステップ 3 CompactFlash Disk がスロット背面のコネクタに完全に装着され、イジェクト ボタンが手前に飛び出すまで、CompactFlash Disk スロットに CompactFlash Disk を差し込みます(図3-9 を参照)。

CompactFlash Disk を取り出す場合は、スロット右側のイジェクト ボタンを押し、CompactFlash Disk スロット背面のコネクタから CompactFlash Disk を外します(図3-9 を参照)。

ステップ 4 スロットから CompactFlash Disk を取り出し、静電気防止用袋に収めます。


 

CompactFlash Disk の取り付け/取り外し手順は、これで完了です。「入力電源の再接続およびルータの電源オン」に進んでください。

SFP モジュール

ルータを起動する前に、ギガビット イーサネット SFP モジュールおよびケーブルを取り付けます。

ギガビット イーサネット SFP ポートは、1000 Mbps の光インターフェイスです。形状は、1000BASE-X 規格および SX、LH、XZ モデルに準拠した IEEE 802.3z インターフェイスをサポートする、LC タイプのデュプレックス ポートです。Cisco 7304 ルータがサポートするギガビット イーサネット SFP モデルは、GLC-SX-MM=、GLC-LH-SM=、およびGLC-ZX-SM=です。

図3-10 SFP モジュールのラッチ タイプ

 

 

1

スライド式ラッチ

3

スウィング式ラッチ

2

スウィング/スライド式ラッチ

 

 


) ギガビット イーサネット SFP モジュールは、ケーブル接続する前に取り付ける必要があります。


ギガビット イーサネット SFP モジュールのラッチは 3 種類あり、このラッチが取り外し機構になっています。図3-10を参照してください。ラッチ機構のタイプは SFP モジュールの技術タイプとは関係ありません。

NPE-G100 ギガビット イーサネット ポートには、シスコがサポートするギガビット イーサネット SFP モジュールを使用する必要があります。


) Fiber Channel(FC)SFP モジュールなど、技術タイプが異なる SFP モジュールは、ギガビット イーサネット SFP ポートでは動作しません。


必ず SFP モジュールのラベルを確認して、技術タイプを判別してください。たとえば、ギガビット イーサネット SFP にはラベルにそれぞれ SX、LH、または ZX と記載されています。

SFP モジュールは、システムの稼働中に取り付け/取り外しが可能です。

SFP モジュールは、すべてのケーブルを外してから、取り外し/取り付け作業を行ってください。特に、光ファイバ ケーブルが接続された状態では、SFP モジュールの取り付け/取り外しを行わないでください。

SFP モジュールにはキーが刻まれており、逆向きには差し込めないようになっています。


警告 光ファイバケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないように、開口部をのぞきこまないでください。



警告 クラス 1 レーザー製品です。



警告 クラス 1 LED 製品です。



警告 作業中は、カードの静電破壊を防ぐため、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。プラットフォームによっては、リスト ストラップを取り付ける ESD コネクタがついています。手または金属製の工具が直接システム ボードに接触しないようにしてください。感電する危険性があります。


ギガビット イーサネット SFP モジュールおよびケーブルの取り付け

図3-11 Cisco 7304 ギガビット イーサネット SFP スロット 1 へのギガビット イーサネット SFP モジュールの取り付け

 

 

1

ギガビット イーサネット SFP スロット 1

2

ギガビット イーサネット SFP モジュール

SFP モジュールを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを装着し、シャーシの塗装されていない面に接続します。

ステップ 2 ギガビット イーサネット SFP モジュールのラベルを確認し、ラベルが上、位置合わせの溝が下になるように SFP モジュールを持ちます。


) SFP モジュールにはキーが刻まれており、逆向きには差し込めないようになっています。


ステップ 3 SFP スロット 0、スロット 1、またはスロット 2 にギガビット イーサネット SFP モジュールを差し込みます。最後まできちんと押し込むと、SFP モジュールが装着されます。

ステップ 4 2 つめまたは 3 つめの SFP モジュールを取り付ける場合は、ステップ 2 およびステップ 3 を繰り返します。


) ネットワーク インターフェイス光ファイバ ケーブルを接続する直前まで、SFP の光ファイバ ケーブル用の穴からプラグを外さないでください。プラグはあとで使用する場合に備えて保管しておきます。



 

SFP モジュールの取り付け手順は、これで完了です。

RJ-45 ポートのギガビット イーサネット ケーブル接続

Cisco 7304 ルータには、ギガビット イーサネット インターフェイスが 3 つ、物理イーサネット ポートが 6 つ備わっています。そのうちの 3 つが RJ-45 ポート(銅)、残りの 3 つが SFP ポート(光)です。6 ポートのうち、一度に使用できるのは 3 つだけです。インターフェイスの組み合わせは任意です。たとえば、RJ-45 ポート 0/0、SFP ポート 0/1、RJ-45 ポート 0/2 を同時に使用できます。3 つのギガビット イーサネット インターフェイスは、BCM 1250 プロセッサに直接接続されます。

イーサネット、ファスト イーサネット、およびギガビット イーサネット ケーブルの接続

RJ-45 ポートは、1000BASE-TX および 1000BASE-T 仕様に準拠する IEEE 802.3u(ファスト イーサネット)および IEEE 802.3ab(ギガビット イーサネット)インターフェイスをサポートします。

RJ-45 ポートは、RJ-45 コネクタを備えた標準のカテゴリ 5 ストレートおよびクロス Unshielded Twisted-Pair(UTP; シールドなしツイストペア)ケーブルをサポートします。カテゴリ 5 UTP ケーブルは別途必要です。

ギガビット イーサネット RJ-45 ポートの仕様については、 SFP ポートのケーブル仕様を参照してください。

建物内部の雷対策

セントラル オフィス環境においては、GR-1089-Core の要件 R4-11 を満たすために、10/100/1000 イーサネット/ファスト イーサネット/ギガビット イーサネット(RJ-45)ポートには、両端がアースされたシールド付きケーブルを使用する必要があります。カスタマー施設で使用する場合、これは必須条件ではありません。

図3-12 RJ-45 ポートのギガビット イーサネット ケーブル接続

 

 

1

ギガビット イーサネット ポート 1(RJ-45 コネクタ)

2

イーサネット ケーブルの RJ-45 コネクタ

ギガビット イーサネット RJ-45 ポート 0、ポート 1、またはポート 2 に、1 ~ 3 本のギガビット イーサネット 10/100/1000 ケーブルを接続します。


警告 感電防止のため、Safety Extra-Low Voltage(SELV)回路を Telephone-Network Voltage(TNV; 電話網電圧)回路に接続しないでください。LAN ポートには SELV 回路が組み込まれており、WAN ポートには TNV 回路が組み込まれています。一部の LAN ポートおよび WAN ポートはどちらも RJ-45 コネクタを使用します。ケーブルを接続するときには、十分に注意してください。


ギガビット イーサネット SFP インターフェイス ケーブルの接続

ギガビット イーサネット ポートに SFP モジュールを取り付けたあとで、SFP モジュールにケーブルを接続する必要があります。以下の説明は、サポート対象のすべてのプラットフォームに当てはまります。

ギガビット イーサネット ポートおよびケーブルの詳細については、「ギガビット イーサネット SFP ポートおよびケーブル情報」を参照してください。


注意 984.25 フィート(300 m)を超える距離で、50/125 ミクロンまたは 62.5/125 ミクロンのマルチモード ファイバを介して GLC-LH-SM を使用する場合は、データ伝送に問題が生じることを防止するために、モード コンディショニング パッチ コードを使用する必要があります。


) 別途、市販の光ファイバ ケーブルが必要です。


マルチモードおよびシングルモード光ファイバ ケーブルの接続

ケーブル仕様については、具体的なケーブル最大距離を含めて SFP ポートのケーブル仕様を参照してください。


警告 クラス 1 レーザー製品です。



警告 クラス 1 LED 製品です。


図3-13 SFP ポート接続

 

 

1

外部 1000BASE-X ネットワークへ

4

ギガビット イーサネット SFP スロット 1

2

デュプレックス コネクタ(TX および RX)

5

TX(ギガビット イーサネット SFP スロット 1)

3

ギガビット イーサネット SFP モジュール

6

RX(ギガビット イーサネット SFP スロット 1)


ステップ 1 ケーブルを差し込めるように、SFP モジュールからプラグを取り外します。光ファイバ ケーブルを外した場合に備えて、プラグは保管しておきます。


警告 光ファイバケーブルが接続されていない場合、ポートの開口部から目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光にあたらないように、開口部をのぞきこまないでください。


ステップ 2 SFP モジュールに適切な光ファイバ ケーブルを直接接続します。大部分のデバイスには、シンプレックス コネクタおよびデュプレックス コネクタのどちらでも使用できます(図3-13では、ギガビット イーサネット SFP スロット 1 に SFP モジュールが搭載されています)。

シンプレックス コネクタの場合、送信(TX)と受信(RX)用に 1 本ずつ、合わせて 2 本のケーブルが必要です。

デュプレックス コネクタの場合は、TX コネクタと RX コネクタの両方を備えたケーブルが 1 本必要です。


 

モード コンディショニング パッチ コードの接続

図3-14 モード コンディショニング パッチ コード

 

 

1

グレーの識別子

5

シングルモード バー

2

GE インターフェイスへ

6

オフセット

3

ブルーの識別子

7

ベージュの識別子

4

マルチモード バー

8

ケーブル プラントへ


図3-14は、モード コンディショニング パッチ コードの 1 つのタイプです。パッチ コードまたはその他の SFP 仕様およびケーブルの詳細については、「ギガビット イーサネット SFP ポートおよびケーブル情報」を参照してください。


モード コンディショニング パッチ コードの使用手順は、次のとおりです。


ステップ 1 SFP GBIC モジュールにパッチ コードを接続します(図3-14 を参照)。

ステップ 2 パッチ コードのネットワーク側を建物のケーブル プラントに設置された適切な 1000BASE-X 装置に接続します。

パッチ コードの一方の TX ポートが反対側の RX ポートに、一方の RX ポートが反対側の TX ポートに接続されていることを確認してください。TX を RX に、RX を TX に接続します。


 

CWDM SFP の取り付けおよび取り外し

NPE-G100 でサポートされている CWDM SFP については、「CWDM SFP」 を参照してください。

CWDM SFP の取り付けおよび取り外しの詳細については、『 Cisco CWDM GBIC and CWDM SFP Installation Note 』を参照してください。

コンソール ポートおよび AUX ポートのケーブル接続

コンソール ポートおよび AUX ポートのケーブルを外している場合は、適切なポートに再び接続します。


) コンソール ポートおよび AUX ポートはどちらも、ロールオーバー ケーブルで接続する必要があります。


I/O ケーブルを接続する手順は、これで完了です。

入力電源の再接続およびルータの電源オン

ここでは、Cisco 7304ルータを入力電源に再接続し、ルータの電源をオンにし、正常なシステム ブートを確認する手順について説明します。


警告 インストレーション手順を読んでから、システムを電源に接続してください。


AC 入力電源の再接続

Cisco 7304ルータに AC 入力電源を接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ルータの AC コネクタに電源コードを接続します。

ステップ 2 AC 電源装置のコードを AC 電源に接続します。電源スイッチをオンにします。


) Cisco 7304ルータの場合、120 VAC で動作する AC 入力電源装置 1 台につき、最低 5 A が必要です。


2 台めの電源装置を搭載している場合は、この手順を繰り返します。


 

AC 入力電源をCisco 7304に接続する手順は、これで完了です。 「ルータの電源オン」 に進んでください。

DC 入力電源の再接続

図3-15 Cisco 7304ルータの DC 入力電源接続

 

 

1

DC 電力線入力導線


) DC 入力電源装置の導線の色分け方式は、設置場所の DC 電源の色分け方式によって異なります。通常、アースにはグリーンまたはグリーン/イエローを使用します。DC 入力電源装置で選択した導線色分け方式と、DC 電源で使用されている導線色分け方式が一致していなければなりません。



警告 以下の手順を行う前に、回路短絡や感電事故を防ぐため、DC 回路に電気が流れていないことを確認してください。すべての電源を確実に切断するには、配電盤上で DC 回路に対応している回路ブレーカーを OFF の位置に切り替え、回路ブレーカーのスイッチ ハンドルを OFF の位置のままテープで固定します。



警告 装置を設置するときには、必ずアースを最初に接続し、最後に取り外します。



) この製品は設置する建物に回路短絡(過電流)保護機構が備わっていることを前提に設計されています。すべての電流導体には、指定されたヒューズまたは回路ブレーカー(20 A、最大 60 VDC)を必ず使用してください。


Cisco 7304ルータに DC 入力電源を接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 DC 電力線の入力導線が電源から切断されていることを確認します。

ステップ 2 必要な場合、ワイヤ ストリッパを使用して、DC 入力線、およびアース線の先を 0.55 インチ(14 mm)ほどむき出しにします。


) ハンダでより線を固めないでください。必ず、12 AWG(2.5 mm) の銅線を使用してください。


ステップ 3 アース線のむき出し部分を DC 入力電源装置のアース線レセプタクルに完全に差し込み、1/8 インチ マイナス ドライバを使用してレセプタクルのネジを締めます( 図3-15 を参照)。

ステップ 4 +DC 導線のむき出し部分を導線のレセプタクルに完全に差し込み、1/8 インチ マイナス ドライバを使用してレセプタクルのネジを締めます。-DC 導線についても同じ手順を繰り返します。


) 導線の端のむき出し部分がレセプタクルに完全に挿入されていることを確認してください。導線の挿入後にむき出し部分がはみ出る場合は、レセプタクルから導線を外し、ワイヤ ストリッパでむき出し部分の端を切り、ステップ 25 を繰り返してください。


ステップ 5 アース線および DC 入力導線に対応するレセプタクルのネジを締めてから、導線を電源装置の前面プレートに固定します。3 本の導線をケーブル タイで固定します。


) アース線および DC 入力導線を電源装置の前面プレートに固定するときに、アース線に多少の緩みを残しておいてください。3 本の導線全部が強く引っ張られたときに、電源装置から最後に切断される導線がアース線になるようにするためです(図3-15 を参照)。


ステップ 6 アース線および DC 導線を電源に接続します。

ステップ 7 2 台めの電源装置を搭載している場合は、 ステップ 1 6 を繰り返します。


 

DC 入力電源をCisco 7304ルータに接続する手順は、これで完了です。次の 「ルータの電源オン」 に進んでください。

ルータの電源オン

Cisco 7304ルータの電源をオンにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次のことを確認します。

各ラインカードがそれぞれのスロットに搭載されていて、各ラインカードのレバーがロック位置になっており、固定用のネジが締まっている。

空のラインカード スロットには、冷却と適切なエアフローのために、ブランク ラインカードが取り付けてある。

すべてのネットワーク インターフェイス ケーブルがライン アダプタに接続されている。

すべてのギガビット イーサネット ケーブルがポート 0、ポート 1、またはポート 2 に接続されている。

CompactFlash Disk が搭載されている。

各 DC 導線が電源装置の前面プレートに接続されていて、ケーブル タイで固定されている。

各 DC 導線が電源装置に接続され、固定されている(DC 入力電源装置の場合)。

回路ブレーカーのスイッチ ハンドルを固定していたテープをはがし、回路ブレーカーのハンドルをオン(|)の位置に戻し、電力が再供給されている(DC 入力電源装置の場合)。

コンソール端末がオンになっている。

ステップ 2 AC 電源装置のコードを AC 電源に接続します。電源スイッチをオンにします。2 台めの電源装置を搭載している場合は、作業を繰り返します。

ステップ 3 ファンの音を確認します。ただちに作動音が聞こえるはずです。

ステップ 4 ブート プロセス中に、SYSTEM LED を確認します。

ステップ 5 初期化プロセスを確認します。システム ブートが完了すると(数秒)、NPE がラインカードの初期化を開始します。この初期化中、各ラインカードの LED 表示はさまざまです(ほとんどの LED は点滅します)。初期化が完了すると、各ラインカードの STATUS LED が点灯します。また、コンソール画面に次のようなスクリプトおよびシステム バナーが表示されます。

Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 7300 Software (C7300-JS-M), Version 12.1(9) RELEASED, CISCO
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 20-Apr-01 01:53 by biff
 


 

入力電源を接続してルータの電源をオンにする手順はこれで完了です。また、Cisco 7304ルータに NPE を取り付ける手順もこれで完了です。

起動の確認

NPE と電源装置の両方が正しく搭載された時点で、ルータは起動します。次の手順をたどることによって、ブート プロセスが正常に完了したかどうかを確認できます。


ステップ 1 電源装置のグリーンの INPUT OK LED が点灯したことを確認します。

ステップ 2 ファンの音を確認します。ただちに作動音が聞こえるはずです。

ステップ 3 初期化プロセスを確認します。システム ブートが完了すると(数秒)、NPE がラインカードの初期化を開始します。この初期化中、各ラインカードの LED 表示はさまざまです。初期化が完了すると、各ラインカードの STATUS LED が点灯します。また、コンソール画面にスクリプトおよびシステム バナーが表示されます。

システムが正常に起動しなかった場合、またはコンソール端末にチェックサム エラーまたはメモリ エラーが表示された場合は、次のことを確認してください。

NPE がミッドプレーンに正しく装着されているかどうかを確認します。NPE が正しく装着されていない場合は、装着し直してシステムを再起動し、インストレーションを確認します。

電源装置を確認します。電源装置が正しく搭載されていない場合は、搭載し直してからシステムを再起動し、インストレーションを確認します。

SODIMM を真上と真横から見て確認します。SODIMM が高すぎたり低すぎたり、角度が曲がっている場合は、取り外して装着し直します。NPE を元どおり取り付けてからシステムを再起動し、もう一度、インストレーションを確認します。

何回か試してもシステムが正常に再起動しない場合は、製品を購入された代理店に連絡してください。その際、エラー メッセージや LED の状態など、問題の解決に役立つと思われる情報を前もって書き留めておいてください。