Cisco 7301インストレーション コンフィギュレーション ガイド
ラックマウント、卓上への設置、 およびケーブル接続
ラックマウント、卓上への設置、およびケーブル接続
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ラックマウント、卓上への設置、およびケーブル接続

Cisco 7301ルータの設置準備

必要な工具および部品

電気製品の取り扱いに関する注意事項

静電破壊の防止

設置環境の条件に関する注意事項

ルータの設置

一般の卓上または作業台への設置

Cisco 7301ルータのラックマウント

ラックマウント ブラケットおよびケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

シャーシ前面にラックマウント ブラケットを取り付ける場合

ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

シャーシ背面にラックマウント ブラケットを取り付ける場合

シャーシのラックへの取り付け

2支柱ラックに取り付ける場合

4支柱ラックに取り付ける場合

シャーシのアース接続

ポート アダプタ ケーブルの接続

入出力ケーブルの接続

コンソールおよびAUXポート ケーブルの接続

ネイティブ ギガビット イーサネット ケーブルの接続

ギガビット イーサネット ケーブルの接続

SFP GBICインターフェイス ケーブルの接続

モード調整パッチ コードの取り付け

アラーム ポート ケーブルの接続

ケーブル マネジメント ブラケットの使用方法

電源接続

AC入力電源の接続

DC入力電源の接続

ラックマウント、卓上への設置、およびケーブル接続

この章では、ラック、一般的な卓上、または作業台にCisco 7301ルータを設置し、ケーブルを接続し、ルータの電源をオンにする方法について説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

「Cisco 7301ルータの設置準備」

「ルータの設置」

「シャーシのアース接続」

「ポート アダプタ ケーブルの接続」

「入出力ケーブルの接続」

「アラーム ポート ケーブルの接続」

「ケーブル マネジメント ブラケットの使用方法」

「電源接続」

Cisco 7301ルータは卓上またはラックへ設置できます。ラックマウント キットは、工場出荷時点で、Cisco 7301ルータに標準装備されます。このキットには、4支柱の標準19インチ装置ラック、2支柱ラック、または21~23インチ装置ラックにルータを設置する場合に必要な部品が揃っています。

Cisco 7301ルータをラックマウントしない場合は、頑丈な卓上または作業台に設置してください。

Cisco 7301ルータの設置準備

Cisco 7301ルータを設置する前に、設置場所が満たさなければならない電源およびケーブル接続要件、ルータを設置するために必要な機材、正常な動作を維持するために満たさなければならない設置場所の環境条件を検討する必要があります。ここでは、ルータを卓上またはラックに設置するための準備作業について説明します。

具体的な内容は、次のとおりです。

「必要な工具および部品」

「電気製品の取り扱いに関する注意事項」

「静電破壊の防止」

「設置環境の条件に関する注意事項」

図2-1 Cisco 7301ルータの寸法

 

1

13.87インチ(35.23 cm)

3

12.3インチ(31.24 cm)

2

17.3インチ(43.94 cm)

表2-1 に、寸法と重量を示します。

 

表2-1 Cisco 7301ルータの寸法および重量

Cisco 7301

寸法

1.73インチ×17.3インチ×13.87インチ(4.39 cm×43.9 cm×35.23 cm)

重量

ポート アダプタを1つ搭載したフル装備のシャーシ:最大10.5ポンド(4.76 kg)

必要な工具および部品

Cisco 7301は完全に組み立てた状態で出荷されるので、組み立ては不要です。ただし、シャーシを設置するために、次の工具と機材、ラックマウント キット、およびケーブル マネジメント キットが必要です。

No. 2プラス ドライバ

3/16インチ マイナス ドライバ

テープ メジャー(任意)

水準器(任意)

アース端子およびワイヤ

No. 10のネジ穴が0.63インチ(16.002 mm)の間隔で2つあるアース端子

6 AWGの銅より線を使用できるワイヤ レセプタクル

ロック ワッシャ付きの機械ネジ×2 ― M5(メトリック)、0.031インチ(0.08 mm)刻み、0.315インチ(8 mm)の長さ

アース端子ワイヤ レセプタクルを圧着する圧着工具

アース ワイヤ×1 ― 6 AWG、直径0.162インチ(4.115 mm)、約0.108インチ(2.743 mm)の絶縁体、ワイヤ全体の直径は約0.27インチ(6.858 mm)。ワイヤの長さはルータの位置と設置環境によって異なります。

ラックマウント キットおよびケーブル マネジメント キットには、次の部品が用意されています。

ラックにシャーシを取り付けるラックマウント ブラケット×2

ケーブル マネジメント ブラケット×1

AC電源コード固定クリップ×1(単一AC電源装置の場合)

シャーシにラックマウント ブラケットを固定する12-24 x 0.5インチのネジ×4

19インチ ラックにラックマウント ブラケットを固定する8-18 x 0.37インチのネジ×4

21~23インチ ラックにラックマウント ブラケットを固定する8 x 0.375インチのネジ×4

ラックマウント ブラケットにケーブル マネジメント ブラケットを固定するM4 x 20 mmのネジ×1

さらに、次の外付け機器が必要な場合があります。

Data Service Unit(DSU;データ サービス ユニット)。各シリアル ポートを外部ネットワークに接続します。

T1 CSU/DSU(チャネル サービス ユニット/データ サービス ユニット)。High Level Data Link Control(HDLC;ハイレベル データリンク制御)同期シリアル データ ストリームを有効なフレーミングと1の密度でT1データ ストリームに変換し、シリアル ポートをT1ネットワークに接続します(一部の電話システムは、データ ストリームにおいて、単位時間当たり最小の数の値1のビットを必要とします。これを1の密度といいます)。追加機器として使用できるT1 CSU/DSU装置にはいくつかあり、その多くはV.35、EIA/TIA-449、またはEIA 530の電気インターフェイスを提供します。

イーサネット トランシーバ

トークンリングMultistation Access Unit(MSAU)

静電気防止用リスト ストラップ

電源コード

ルータとコンソールおよびAUXポートを接続する適切なケーブル

電気製品の取り扱いに関する注意事項

ポート アダプタは、システムの稼働中に取り外しおよび交換を行っても電気的事故やシステムの故障を引き起こさない設計になっています。

静電破壊の防止

ESD(静電気放電)により、装置や電子回路が損傷を受けることがあります(静電破壊)。静電破壊は電子部品の取り扱いが不適切な場合に発生し、故障または間欠的なシステム障害をもたらします。各ポート アダプタには、金属製のフレームに固定されたプリント基板があります。EMI(電磁波干渉)シールド、コネクタ、およびハンドルはフレームを構成する部品です。フレームは基板を保護しますが、ポート アダプタを取り扱うときには必ず、静電気防止用ストラップを使用してください。フレームは必ずハンドルとフレーム エッジを持ち、基板またはコネクタ ピンには手を触れないでください。

設置環境の条件に関する注意事項


警告 システムの設置、操作、またはメンテナンスを行う前に、『Cisco 7301 Series Internet Routers Regulatory Compliance and Safety Information』の「Site Preparation and Safety Information」を参照してください。システムを扱う前に理解しておく必要がある、安全に関する重要な情報が記載されています。


Cisco 7301ルータの環境モニタ機能により、過電圧および過熱に起因するシステム障害および構成部品の故障を防止します。正常なシステム動作を維持し、不要なメンテナンスの手間を省くには、設置作業を行う 前に 、設置環境の条件を整えておく必要があります。設置後は、室温を32~104°F(0~40°C)の範囲に保ち、シャーシ付近をできるだけ清潔な状態にしておく必要があります。

システムを正常に運用するには、Cisco 7301ルータを適切な場所に設置し、装置ラックや配線クローゼットを適切に配置する必要があります。複数の装置を近づけて設置したり、換気が不十分であると、システムが過熱状態になります。また、装置を不適切に配置すると、シャーシ パネルに手が届きにくくなり、システムのメンテナンス作業が困難になります。設置中および稼働中の問題を防ぐために役立つ注意事項を次に示します。

図2-2 シャーシのエアフロー

 

装置ラックまたは配線クローゼットの場所と配置を考えるときには、ルータのエア フローを考慮してください。Cisco 7301ルータはシャーシ前面の吸気口から冷気を取り入れ、内蔵コンポーネントに行き渡らせて、シャーシ背面の排気口から出します。図2-2に、ルータのエアフローを示します。

システム ボードの温度センサは内部の温度をモニタし、内部の温度が指定されたスレッシュホールドに近づくと、警告メッセージを送信します。内部の温度が指定されたスレッシュホールドを超えると、システム環境モニタがすべての内部電力を遮断して、過熱による装置の損傷を防止します(温度のスレッシュホールドについては、「環境モニタおよびレポート機能」を参照)。

ルータの設置

ここでは、一般的な卓上、作業台、またはラックにCisco 7301ルータを設置し、入出力ケーブル、ポート アダプタ ケーブル、さらに電源コードを接続する方法について説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「一般の卓上または作業台への設置」

「Cisco 7301ルータのラックマウント」

「ラックマウント ブラケットおよびケーブル マネジメント ブラケットの取り付け」

「シャーシのラックへの取り付け」

一般の卓上または作業台への設置

設置場所にルータを運び込み、設置位置を決定しておく必要があります。済んでいない場合には、「Cisco 7301ルータの設置準備」および「設置環境の条件に関する注意事項」を参照してください。

作業台または卓上にCisco 7301ルータを設置する場合は、台の表面が清潔で安定していることを確認してください。さらに、次の考慮事項を検討しておく必要があります。

ルータの吸気口と排気口(ルータの前後)に3インチ(7.62 cm)以上のスペースが必要です。

ルータは床から離して設置する必要があります(冷却ファンによって、床にたまった埃がルータの内部に取り込まれてしまいます。ルータ内部に埃が多いと過熱状態になり、コンポーネントが故障することがあります)。

ポート アダプタ、SFP GBIC(ギガビット インターフェイス コンバータ)モジュール、コンパクト フラッシュ ディスクなどのルータ コンポーネントを取り付けたり交換したりするため、またはネットワーク ケーブルまたは機器を操作するために、ルータの前後に19インチ(48.3 cm)以上のスペースが必要です。

ポート アダプタまたはサービス アダプタを搭載しない場合には、ブランクのポート アダプタを取り付けます。

ルータには十分な換気が必要です(換気が不十分な密閉型キャビネットに設置しないでください)。

ケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける予定の場合には、開梱して手元にケーブル マネジメント ブラケットとM4 x 20 mmのネジを1本用意しておきます。

ルータ シャーシのアースを適切に確保する必要があります。


警告 この製品は設置する建物にショート(過電流)保護機構が備わっていることを前提に設計されています。このため、屋内配線には必ず、米国では120 VAC、15 A、その他の国では240 VAC、10 A以下のヒューズまたは回路ブレーカーを使用してください。


作業台または卓上にCisco 7301ルータを設置する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 卓上または作業台の埃を取り除き、周囲を清潔にします。ルータとルータの設置場所までの間に妨げとなるものがないかどうかも確認します。

ステップ 2 シャーシのポート アダプタのラッチがロック位置になっていることを確認します。

ステップ 3 両手をシャーシの側面に回し、底面を支えて持ち上げます。けがをしないように、急に身体をねじったり動かしたりしないでください。

ステップ 4 卓上または作業台の上にルータを置きます。

ステップ 5 ルータの吸気口と排気口に3インチ(7.62 cm)以上のスペースを確保し、他の機器の排気がシャーシに入り込まないようにします。さらに、シャーシの前後に約19インチ(48.3 cm)のスペースを確保します。


 

これで、卓上または作業台に設置する一般的な作業は完了です。

Cisco 7301ルータのラックマウント

シャーシを2支柱のラックに搭載する場合には、ブラケットをシャーシ側面の前または後ろに取り付けます。2本の支柱またはマウント ストリップ(左右)内側の幅は17.3インチ(43.9 cm)以上必要です。

装置ラックによっては、マウント ストリップの片側に沿ってパワー ストリップがあります。図2-7に、後ろ側の支柱の1本にパワー ストリップが付いている、一般的な4支柱の装置ラックを示します。ラックにこの機構が備わっている場合は、固定位置を決めるときにこのストリップの位置を考慮し、ポート アダプタ、SFP GBICモジュール、またはコンパクト フラッシュ ディスクをそれぞれのスロットからまっすぐ引き出せるようにしてください。

空気冷却用の吸気口と排気口はそれぞれシャーシの前後にあるので、上下方向に隙間がほとんどない状態、またはまったくない状態で、複数のルータを積み重ねることができます。

設置作業を始める前に、使用するラックのタイプを確認し、シャーシを前面取り付けにするのか、背面取り付けにするのかを決定します。


) シャーシを背面取り付けにする場合で、なおかつケーブル マネジメント ブラケットを使用する場合には、ラックマウント キットをもう1つ購入する必要があります。シャーシの前面に取り付けるラックマウント ブラケットが別途必要です。シャーシにラックマウント ブラケットを取り付け、さらにラックマウント ブラケットにケーブル マネジメント ブラケットを取り付けます。


ラックマウント ブラケットおよびケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

ここでは、Cisco 7301ルータの前面と背面に、ラックマウント ブラケットとケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける手順について説明します。ラックにシャーシを設置する前に、シャーシ前面または背面の左右にラックマウント ブラケットを取り付ける必要があります。

ラックマウント ブラケットとケーブル マネジメント ブラケットを取り付けるために必要な部品と工具については、「必要な工具および部品」を参照してください。

シャーシ前面にラックマウント ブラケットを取り付ける場合

図2-3 シャーシ前面にラックマウント ブラケットを取り付ける場合

 

1

ラックマウント ブラケット

2

8-18 x 0.37インチのネジ×4(19インチ ラックに使用)

8 x 0.375インチのネジ×4(21~23インチ ラックに使用)

シャーシの前面を揃えるのか、シャーシが引っ込んだ状態にするのかを決めます。図2-3に、前面ラックマウントでのブラケットの取り付けを示します。使用するブラケットの穴に応じて、ルータはラックから外に出た状態または奥へ入った状態になります。

前面ラックマウント構成の場合、Cisco 7301ルータにラックマウント ブラケットとケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 シャーシ前方側面のネジ穴を確認します。

ステップ 2 ラックマウント ブラケット(1)をルータの側面に合わせます。どの穴を使用してラックマウント ブラケットをルータに取り付けるかによって、シャーシがラックから奥へ入った状態または外へ出た状態になります。

ステップ 3 2本のネジを差し込んで締めます。

ステップ 4 ルータの反対側で、ステップ1~3を繰り返します。


 

Cisco 7301ルータにラックマウント ブラケットを取り付ける手順は、これで完了です。

ケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける場合には、「ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け」に進んでください。ケーブル マネジメント ブラケットを取り付けない場合には、「シャーシのラックへの取り付け」に進んでください。

ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

図2-4 ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け

 

1

ケーブル マネジメント ブラケット

2

M4 x 20 mmのネジ


ステップ 1 Cisco 7301ルータ左側のラックマウント ブラケットにケーブル マネジメント ブラケットを合わせます。

ステップ 2 プラス ドライバとM4 x 20 mmのネジを使用して、ケーブル マネジメント ブラケットにネジを通して締めます。


 

前面ラックマウント構成の場合に、Cisco 7301ルータにケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける手順は、これで完了です。「シャーシのラックへの取り付け」に進んでください。

シャーシ背面にラックマウント ブラケットを取り付ける場合

図2-5 シャーシ背面にラックマウント ブラケットを取り付ける場合

 

1

ラックマウント ブラケット

2

8-18 x 0.37インチのネジ×4(19インチ ラックに使用)

8 x 0.375インチのネジ×4(21~23インチ ラックに使用)

背面ラックマウント構成の場合、Cisco 7301ルータにラックマウント ブラケットとケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 シャーシ後方側面のネジ穴を確認します。

ステップ 2 ラックマウント ブラケットをルータの側面に合わせます。ラックマウント ブラケットのどの穴を使用するかによって、ルータがラックより奥へ入った状態または外へ出た状態になります。

ステップ 3 2本のネジを差し込んで締めます。

ステップ 4 ルータの反対側で、ステップ1~3を繰り返します。


 


) 背面取り付けのCisco 7301ルータにケーブル マネジメント ブラケットを使用する場合は、ラックマウント キットをもう1つ購入し、シャーシ前面左側にラックマウント ブラケットを取り付け、その上にケーブル マネジメント キットを取り付ける必要があります。ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け手順については、「ケーブル マネジメント ブラケットの取り付け」を参照してください。


背面ラックマウント構成の場合に、Cisco 7301ルータにラックマウント ブラケットとケーブル マネジメント ブラケットを取り付ける手順は、これで完了です。「シャーシのラックへの取り付け」に進んでください。

シャーシのラックへの取り付け


注意 けがをしないように、ルータをラックに取り付ける前に、この章で説明した安全上の注意事項を再確認してください。

シャーシにブラケットを取り付けてから、付属の4本のネジで2支柱またはマウント ストリップにラックマウント ブラケットを固定することによってルータを取り付けます。ブラケットでシャーシ全体の重量を支えるので、必ず、4本のネジをすべて使用して、2個のラックマウント ブラケットをラックの支柱に固定してください。図2-6および図2-7に、2支柱ラックおよび4支柱ラックの場合について、一般的な取り付け方法を示します。

ルータとその真上の機器、または真下の機器の間に、できるだけ1~2インチ(2.54~5.08 cm)以上のスペースを空けてください。

ラックにシャーシを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 シャーシのポート アダプタのラッチがロック位置で固定されていることを確認します。さらに、コンパクト フラッシュ ディスクとSFP GBICモジュール(使用する場合)が取り付けてあることを確認します。

ステップ 2 ラックへ移動するまでの間に妨げとなるものがないようにしてください。ラックにキャスタが付いている場合は、ブレーキがかかっているか、または別の方法でラックが固定されているかどうかを確認してください。

ステップ 3 シャーシの前面を手前にします。シャーシを持ち上げてラックに移動します。けがをしないように、急に身体をねじったり動かしたりしないでください。

ステップ 4 ラック内でシャーシをスライドさせ、装置ラック左右のマウント ストリップまたは支柱に(シャーシ前面または背面に取り付けた)ブラケットが接触するまで押し込みます。


 

2支柱ラックに取り付ける場合は、「2支柱ラックに取り付ける場合」に進んでください。

4支柱ラックに取り付ける場合は、「4支柱ラックに取り付ける場合」に進んでください。

2支柱ラックに取り付ける場合


) 内側の間隔(2本の支柱またはレールの内側で計測した幅)は、17.3インチ(43.9 cm)以上必要です。シャーシの高さは1.73インチ(4.39 cm)です。空気はシャーシの前から後ろに流れます。


図2-6 2支柱ラックにCisco 7301ルータを取り付ける場合

 

1

2支柱ラック

3

12-24 x 0.5インチのネジ×4

2

ケーブル マネジメント ブラケット用のネジ穴


ステップ 1 ポート アダプタのラッチがロック位置になっていて、ネジが締まっていることを確認します。

ステップ 2 ラックのブレーキがかかっているか、またはラックが固定されていることを確認します。

ステップ 3 前面を手前にしてルータを持ち上げ、ラックに慎重に入れます。けがをしないように、急に身体をねじったり動かしたりしないでください。

ステップ 4 ラック内でシャーシをスライドさせ、ラック両側のマウント ストリップまたは支柱にブラケットが接触するまで押し込みます。

ステップ 5 支柱またはマウント ストリップに対してブラケットが平行な状態で、ブラケットの穴とラックまたはマウント ストリップの穴を合わせます。

ステップ 6 12-24 x 0.5インチのネジを左右のブラケットに2本ずつ差し込んで締め、ラックに固定します。


 

ラックにシャーシを取り付ける手順は、これで完了です。「シャーシのアース接続」に進み、作業を続けてください。

4支柱ラックに取り付ける場合


) 内側の間隔(2本の支柱またはレールの内側で計測した幅)は、17.3インチ(43.9 cm)以上必要です。シャーシの高さは1.73インチ(4.39 cm)です。空気はシャーシの前から後ろに流れます。


図2-7 4支柱ラックにCisco 7301ルータを取り付ける場合

 

1

4支柱ラック

3

12-24 x 0.5インチのネジ×4

2

ケーブル マネジメント ブラケット用のネジ穴


ステップ 1 ポート アダプタのラッチがロック位置になっていて、ネジが締まっていることを確認します。

ステップ 2 ラックのブレーキがかかっているか、またはラックが固定されていることを確認します。

ステップ 3 前面を手前にしてルータを持ち上げ、ラックに慎重に入れます。けがをしないように、急に身体をねじったり動かしたりしないでください。

ステップ 4 ラック内でシャーシをスライドさせ、ラック両側のマウント ストリップまたは支柱にブラケットが接触するまで押し込みます。

ステップ 5 支柱またはマウント ストリップに対してブラケットが平行な状態で、ブラケットの穴とラックまたはマウント ストリップの穴を合わせます。

ステップ 6 12-24 x 0.5インチのネジを左右のブラケットに2本ずつ差し込んで締め、ラックに固定します。


 

ラックにシャーシを取り付ける手順は、これで完了です。「シャーシのアース接続」に進み、作業を続けてください。

シャーシのアース接続

ルータを電源に接続する、またはルータの電源をオンにする前に、ルータ シャーシに適切なアースを接続することを強く推奨します。各Cisco 7301ルータ シャーシには、シャーシのアース用コネクタが備わっています(シャーシ アース コネクタの位置を参照)。

シャーシのアースを適切に接続するには、次の部品と工具が必要です。

アース端子×1 ― 0.63インチ(16.002 mm)の間隔で、No. 10のネジ穴が2つ必要です。また、6 AWG銅より線を使用できる大きさのワイヤ レセプタクルが必要です。このアース端子は別途必要です。さまざまな電気コネクタ製造元がこのタイプのアース端子を提供しています。

ロック ワッシャ付きの機械ネジ×2 ― M5(メトリック)、0.031インチ(0.8 mm)刻み、0.315インチ(8 mm)の長さ。このネジは別途必要です。

アース ワイヤ×1 ― 6 AWG、直径0.162インチ(4.115 mm)、約0.108インチ(2.743 mm)の絶縁体、ワイヤ全体の直径は約0.27インチ(6.858 mm)。ワイヤの長さはルータの位置と設置環境によって異なります。このワイヤは別途必要です。

No. 2プラス ドライバ

アース端子のワイヤ レセプタクルの直径に対応できる大きさの圧着工具

ワイヤ ストリッパ

図2-8 シャーシ アース コネクタの位置

 

1

ファンの換気口

2

シャーシ アース コネクタ

次の手順で、ルータ シャーシのアース コネクタにアース端子を取り付けます。

図2-9 シャーシのアース コネクタへのアース端子の取り付け

 

1

シャーシ アース コネクタ

3

ネジ

2

アース端子

4

ワイヤ


) このアース端子およびプラスのネジは別途必要です。アース端子は電気コネクタ製造元で、ネジはハードウェア製造元でご購入ください。「必要な工具および部品」を参照してください。



ステップ 1 ワイヤ ストリッパで6 AWGワイヤの片側を0.75インチ(19.05 mm)ほどはぎ取ります。

ステップ 2 アース端子のワイヤ レセプタクルに6 AWGワイヤ(4)を差し込みます。

ステップ 3 圧着工具を使用して、ワイヤの周囲のワイヤ レセプタクルを慎重に圧着します。正しく接続するために、この作業が必要です。

ステップ 4 ルータ シャーシ背面にあるアース コネクタ(1)を確認します。

ステップ 5 アース端子(2)の穴に2本のネジ(3)を差し込みます。

ステップ 6 No. 2プラス ドライバを使用して、アース端子がシャーシに密着するまでネジを慎重に締めます。ネジを締めすぎないように注意してください。

ステップ 7 アース ワイヤの反対側を設置場所の適切なアースに接続し、シャーシのアースを確保します。


 

シャーシ アースの接続手順は、これで完了です。次のケーブル接続の項に進み、ケーブルを接続してください。

入出力ケーブルの接続

ここでは、ギガビット イーサネット ポート、コンソール ポート、およびAUXポートのコネクタについて説明します。


警告 [Ethernet]、[10BaseT]、[Token Ring]、[Console]および [AUX]とラベル表示されたポートは、Safety Extra-Low Voltage(SELV;安全特別低電圧)回路です。SELV回路はSELV回路同士でのみ接続してください。BRI回路がTelephone-Network Voltage(TNV;電話網電圧)とみなされてしまうので、SELV回路をTNV回路には接続しないでください。


コンソールおよびAUXポート ケーブルの接続


) コンソール ケーブル キットの製品番号はACS-2500ASYNです。


Cisco 7301ルータには、コンソール端末を接続するDCEモードのコンソール ポート、およびモデムまたはその他のDCE装置(CSU/DSUまたは他のルータ)をルータに接続するDTEモードのAUXポートが1つずつあります。


) コンソール ポートとAUXポートはどちらも非同期シリアル ポートです。これらのポートに接続する装置は、非同期伝送に対応していなければなりません(非同期は、シリアル装置の最も一般的なタイプです。たとえば、大部分のモデムは非同期です)。


Cisco 7301ルータでは、AUXポートとコンソール ポートの両方にRJ-45ポートを使用します。

コンソール ポートに端末を接続する前に、ルータのコンソール ポートに合わせて、端末を次のように設定してください。9600ボー、8データ ビット、パリティなし、1ストップ ビット(9600 8N1)です。ルータが正常に稼働したあとは、端末を切り離してかまいません。

RJ-45コネクタのコンソールおよびAUXポートのピン割り当てについては、 付録A「Cisco 7301ルータの仕様」 を参照してください。

 

表2-2 RJ-45/DB-25アダプタのピン割り当て

アダプタ
DTE M/Fピン1
DCE M/Fピン
MMODピン2

1

4

5

5

2

20

6

8

3

2

3

3

4

7

7

7

5

7

7

7

6

3

2

2

7

6

20

20

8

5

4

4

1.シスコ提供のFemale Data Terminal Equipment(FDTE)アダプタには[Terminal]とラベル表示されています。

2.シスコ提供のMMODアダプタには[Modem]とラベル表示されています。

表2-2 では、RJ-45ケーブルを使用して端末とモデムをCisco 7301ルータに接続する際の、RJ-45/DB-25アダプタのピン割り当てを示しています。 使用するケーブルは、ロールオーバー ケーブルの場合とストレート ケーブルの場合があります。

ロールオーバー ケーブルは、ケーブルの両端を比較すると識別できます。 ケーブルの両端を手で持ち、タブを後ろにして並べると、左プラグの外側のピンのワイヤと右プラグの外側のピンのワイヤが同じ色になります(図2-10を参照)。シスコから購入したケーブルであれば、一方のコネクタのピン1ともう一方のコネクタのピン8は白になります。ロールオーバー ケーブルでは1と8、2と7、3と6、4と5というように、逆のピンが同じ色になります 。

図2-10 ロールオーバー ケーブルの識別

 

1

ピン1

3

ピン8

2

ピン1とピン8は同じ色

Cisco 7301ルータには、ロールオーバー ケーブルが同梱されています。端末またはモデムの接続には、RJ-45/DB-25アダプタ(場合によってはDB-25/DB9アダプタ)が必要です。 表2-3 に、 端末およびモデムとCisco 7301ルータの接続方法を示します。

 

表2-3 非同期装置のケーブル オプション

アクセス サーバ ポート
RJ-45ケーブル タイプ
DB-25アダプタ
終端装置

コンソールまたはAUX

ロールオーバー

FDTE3

端末

コンソールまたはAUX

ストレート

FDCE

端末

AUXまたはコンソール

ロールオーバー

MMOD4

モデム

3.FDTE RJ-45/DB-25アダプタには[Terminal]とラベル表示されています。

4.MMOD RJ-45/DB-25アダプタには[Modem]とラベル表示されています。

どちらのポートも非同期シリアルポートとして設定します。 図2-11に、RJ-45のコンソールおよびAUXポート接続を示します。

図2-11 コンソールおよびAUXポートのRJ-45コネクタ

 

1

AUXポート

4

モデムまたはDCEへのケーブル

2

コンソール ポート

5

コンソール端末またはDTEへのケーブル

3

RJ-45コネクタ

ネイティブ ギガビット イーサネット ケーブルの接続


) ギガビット イーサネット インターフェイスの設定およびトラブルシューティングについては、「ルータの起動および設定」「ネイティブ ギガビット イーサネット インターフェイスの設定」を参照してください。


Cisco 7301ルータには、ネイティブ ギガビット イーサネット インターフェイス×3、物理ギガビット イーサネット ポート×6(RJ-45ポート[銅]×3、SFP GBICポート[光]×3)が備わっています。同時に使用できるのは、常に6ポートのうちの3つだけです。3つのギガビット イーサネット インターフェイスは、BCM 1250プロセッサに直接接続されます。

ギガビット イーサネット ケーブルの接続

RJ-45ポートは、1000BASE-TXおよび1000BASE-T仕様に適合したIEEE(米国電気電子学会)802.u(ファスト イーサネット)および802.3ab(ギガビット イーサネット)ツイストペア インターフェイスをサポートします。

RJ-45ポートには、RJ-45コネクタを備えたストレートおよびクロスのカテゴリ5 Unshielded Twisted-Pair(UTP;シールドなしツイストペア)ケーブルを使用できます。カテゴリ5 UTPケーブルは、別途必要です。

ギガビット イーサネットRJ-45ポートの仕様については、 付録A「仕様」 を参照してください。

建物内の雷対策

セントラル オフィス環境に関するGR-1089-CORE、R4-11の要件に適合するために、10/100/1000イーサネット(RJ-45)ポートには、両端がアースされたシールド付きケーブルを使用する必要があります。カスタマー側装置として使用する場合は、その必要はありません。

図2-12 RJ-45ポートへのギガビット イーサネット ケーブルの接続

 

1

ギガビット イーサネット ポート0/0(RJ-45コネクタ)

3

ギガビット イーサネット ポート0/2(RJ-45コネクタ)

2

ギガビット イーサネット ポート0/1(RJ-45コネクタ)

4

RJ-45コネクタ付きギガビット イーサネット ケーブル

1~3本のギガビット イーサネット10/100/1000ケーブルをギガビット イーサネットRJ-45ポート0/0、0/1、または0/2に接続します。


警告 感電事故を防止するために、TNV回路にSELV回路を接続しないでください。LANポートにはSELV回路が、WANポートにはTNV回路が組み込まれています。一部のLANポートとWANポートは両方ともRJ-45コネクタを使用します。ケーブルを接続するときには、十分に注意してください。


SFP GBICインターフェイス ケーブルの接続


) 光ファイバ ポートに接続する前に、光ファイバ ケーブルをクリーニングすることを推奨します。光ファイバ ケーブルのクリーニングについては、『Inspection and Cleaning Procedures for Fiber-Optic Connections』を参照してください。


SFP GBICモジュール ポートは、1000BASE-SXおよび1000BASE-LX仕様に適合したIEEE 802.3z(光ギガビット イーサネット)インターフェイスをサポートします。

ギガビット イーサネット ポートにSFP GBICモジュールを取り付けてから、SFP GBICモジュールにケーブルを接続する必要があります。ここで説明する手順は、サポート対象の全プラットフォームに当てはまります。


) 別途、光ファイバ ケーブルが必要です。


マルチモードおよびシングルモード光ファイバ ケーブルの接続

Cisco 7301ルータとともに発注されたギガビット イーサネットSFP GBICモジュールは、 表2-4 に示した3種類のうちのいずれかです。

 

表2-4 SFP GBICの製品、説明、動作距離

製品番号
GBIC
説明
動作距離

GLC-SX-MM=

短波(1000BASE-SX)

850 nmのクラス1レーザー、1000BASE-SX(短波)用

最大1804.5フィート(550 m)の標準マルチモード光ファイバ リンクで動作

GLC-LH-SM=

長波/長距離(1000BASE-LX/LH)

1300 nmのクラス1レーザー、1000BASE-LX/LH(長波)用

最大6.21マイル(10 km)のシングルモード光ファイバ リンクまたは最大184.5フィート(550 m)のモード調整ケーブルを使用するマルチモードで動作

GLC-ZX-SM=

超長距離(1000BASE-ZX)

1550 nmのクラス1レーザー、1000BASE-ZX(超長波)用

最大43.5マイル(70 km)の通常のシングルモード光ファイバ リンクで動作。高性能のシングルモード光ファイバや分散シフト型シングルモード光ファイバを使用すれば、最大62.1マイル(100 km)のリンクで動作

ケーブルの情報を含め、ケーブル仕様については、オンラインで『 Gigabit Interface Converter (GBIC) and Small Form-Factor Pluggable (SFP) GBIC Installation Information and Specifications 』を参照してください。

Cisco 7301でサポートするSFPの製品番号については、 付録A「SFP GBICモジュールの構成」 を参照してください。


注意 984.25フィート(300 m)より長い50/125ミクロンまたは62.5/125ミクロンのマルチモード光ファイバでGLC-LH-SMを使用する場合は、データ伝送のトラブルを防ぐために、モード調整パッチ コードを使用する必要があります「モード調整パッチ コードの取り付け」を参照してください。


警告 クラス1レーザー製品です。



警告 クラス1 LED製品です。


図2-13 SFP GBICポートの接続

 

1

外部1000BASE-Xネットワークへ

4

ギガビット イーサネットSFP GBICポート0/1

2

デュプレックス コネクタ(TXおよびRX)

5

TX(SFP GBICポート0/1)

3

SFP GBICモジュール

6

RX(SFP GBICポート0/1)


ステップ 1 SFP GBICモジュールからプラグを外し、ケーブルを差し込めるようにします。光ファイバ ケーブルを外したときに使用できるように、プラグは保管しておいてください。


警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。


ステップ 2 SFP GBICモジュールに適切な光ファイバ ケーブルを直接接続します。大部分の装置は、シンプレックス コネクタまたはデュプレックス コネクタのどちらでも使用できます(図2-13に、SFP GBICスロット0/1にデュプレックス コネクタを使用したSFP GBICモジュールを示します)。

シンプレックス コネクタの場合、ケーブルが2本必要です。1本は送信(TX)用、もう1本は受信(RX)用です。

デュプレックス コネクタの場合は、TXコネクタとRXコネクタを両方備えたケーブルが1本だけ必要です。


 

モード調整パッチ コードをGLC-LH-SMと組み合わせて使用することにより、SFP GBICモジュールのシングルモード レーザー光源とマルチモード光ファイバ ケーブル間で信頼性の高いレーザー伝送が可能になります。取り付け方法については、「モード調整パッチ コードの取り付け」を参照してください。

モード調整パッチ コードの取り付け

モード調整パッチ コードをGLC-LH-SMと組み合わせて使用することにより、SFP GBICのシングルモード レーザー光源とマルチモード光ファイバ ケーブル間で信頼性の高いレーザー伝送が可能になります。

シングルモード光ファイバ上で動作するように設計されている未調整レーザー光源をマルチモード光ファイバ ケーブルに直接接続すると、Differential Mode Delay(DMD;ディファレンシャル モード遅延)の影響により、光ファイバ ケーブルのモード帯域幅が劣化します。

この劣化により、信頼性のある伝送を保証できるリンク距離(トランスミッタとレシーバーの間の距離)が短くなります。DMDの影響は、レーザー光源のラウンチ特性を調整することによって避けられます。この調整を行うには、モード調整パッチ コードの使用が有効です。

モード調整パッチ コードは、コネクタ ハードウェアで終端する一対の光ファイバで構成された光ファイバ ケーブル アセンブリです。具体的には、モード調整パッチ コードは中心から外れてグレーデッド インデックス型マルチモード光ファイバに固定結合されたシングルモード光ファイバ(図2-14のオフセットを参照)で構成されています。図2-14に、モード調整パッチ コード アセンブリを示します。

図2-14 SFPのモード調整パッチ コード

 

1

グレーの識別カラー

5

シングルモード バー

2

GEインターフェイスへ

6

オフセット

3

ブルーの識別カラー

7

ベージュの識別カラー

4

マルチモード バー

8

ケーブル プラントへ


図2-14は、モード調整パッチ コードの1タイプです。


モード調整パッチ コードは、次の手順で使用します。


ステップ 1 SFP GBICモジュールにパッチ コードを接続します(図2-13を参照)。

ステップ 2 パッチ コードのネットワーク側を建物のケーブル プラントに設置されている適切な1000BASE-X装置に接続します。

必ず、パッチ コードの一方のTXおよびRXポートをそれぞれ、反対側のRXおよびTXポートに接続してください。TXをRXに、RXをTXに接続します。


 

入出力ケーブルの接続手順は、これで完了です。

アラーム ポート ケーブルの接続

図2-15 アラーム ポート ケーブルの接続

 

1

アラーム ポート

アラーム システムを使用する場合は、Cisco 7301ルータのアラーム ポートにアラーム ケーブルを接続します。別途、アラーム ポート ケーブルが必要です。アラーム ポートにケーブル コネクタを差し込みます。ケーブル コネクタの向きが正しくないと、アラーム ポートに差し込めません。

アラーム ポートは、Cisco IOSをクラッシュさせる致命的なエラーまたは重大なエラーをモニタするために使用します。アラーム ポートは、通常は閉じている半導体リレーに接続します。Cisco IOSがハードウェア ポートに書き込むと、リレーの接点が開きます。システムがROMmonまたはウォッチドッグ リセット ステートになると、リレーの接点が閉じます。接点が閉じることによって、アラーム表示がオンになるか、またはCisco IOSのクラッシュが発生したことをモニタします。

インターフェイス障害またはその他の致命的ではないエラーが発生した場合、アラーム ポートは反応しません。引き続きSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)を使用してこれらのタイプのエラーを管理します。

アラーム ポートの仕様については、 付録A「仕様」 「アラーム ポート」を参照してください。

ケーブル マネジメント ブラケットの使用方法

図2-16 ケーブル マネジメント ブラケットにインターフェイス ケーブルを通した固定方法

 

1

入出力ケーブル

2

ケーブル マネジメント ブラケット

ケーブル マネジメント ブラケットに通すことによって、ポート アダプタ インターフェイス ケーブルおよび入出力ケーブルを固定します。

「電源接続」に進み、作業を完了してください。

電源接続

ここでは、AC入力およびDC入力電源をCisco 7301ルータに接続する手順について説明します。


警告 この装置には、複数の電源が接続されている場合があります。装置の電源を完全にオフにするには、すべての電源を切断する必要があります。



警告 この製品は設置する建物にショート(過電流)保護機構が備わっていることを前提に設計されています。このため、屋内配線には必ず、米国では120 VAC、15 A、その他の国では240 VAC、10 A以下のヒューズまたは回路ブレーカーを使用してください。


AC入力電源の接続

図2-17 二重AC電源装置電源コード

 

図2-18 AC入力電源の接続

 

1

AC電源コンセント

2

調整用AC電源コード固定クリップ

次の手順で、AC入力電源装置を接続します。


ステップ 1 ルータの前面で、電源スイッチがオフ(O)の位置になっていることを確認します。

ステップ 2 単一電源コードの場合は、ルータのACコネクタにそのまま差し込みます。二重AC電源装置の場合は、それぞれのACコネクタにAC電源コードを1本ずつ差し込みます。二重AC電源装置の場合、2本のコードをネジでシャーシに固定します。

ステップ 3 単一AC電源装置の場合は、ケーブル固定クリップ ワイヤをクリップ ブラケット穴に差し込みます。プラスチックの部分をクリップに押し込み、長さを調整します。図2-18を参照してください。

ステップ 4 AC電源ケーブルを調整用ケーブル固定クリップにはめ込みます。ケーブルをはめ込むプラスチック部分は、支えのワイヤから取り外すことができるので、ケーブルが落ち着くように位置を調整できます。

ステップ 5 AC電源にAC電源装置のコードを接続します。二重AC電源装置の場合は、この作業を繰り返します。


) ルータの電源をオフにした場合は、30秒以上経過してから再び電源を入れます。



 


) 必要に応じて、鉄共振型のUninterruptable Power Supply(UPS;無停電電源装置)ではなく、正弦波出力型のUPSを使用してください。


AC入力電源を接続する手順は、これで完了です。設置作業は完了しました。「ルータの起動および設定」に進み、ルータを起動して基本設定を行ってください。

DC入力電源の接続


) DC入力電源装置の導線の色分け方式は、設置場所のDC電源の色分け方式によって決まります。DC入力電源装置に選択する導線の色分け方式は、DC電源で使用されている導線の色分け方式と一致させる必要があります。



警告 装置を設置するときには、必ずアースを最初に接続し、最後に取り外します。



警告 アースまたは電源コードをシャーシに接続したり取り外したりする前に、DC回路に電気が流れていないことを確認します。すべての電源を確実に切断するには、配電盤上でDC回路に対応している回路ブレーカーをOFFの位置に切り替え、回路ブレーカーのスイッチ ハンドルをOFFの位置のままテープで固定します。



警告 この製品は設置する建物にショート(過電流)保護機構が備わっていることを前提に設計されています。このため、屋内配線には必ず、電気容量に適合した60 VDC、15 A以下のヒューズまたは保護回路ブレーカーを使用してください。



注意 このシステムへのDCリターン接続は、システム フレームおよびシャーシ(DC-I)からの分離を保つためのものです。

次の手順で、DC入力電源装置を接続します。


ステップ 1 ルータの前面で、電源スイッチがオフ(O)の位置になっていることを確認します。

ステップ 2 DC電源装置の導線に電気が流れていないことを確認します。すべての電源を確実に切断するには、配電盤上でDC回路に対応している回路ブレーカーをOFFの位置に切り替え、回路ブレーカーのスイッチ ハンドルをOFFの位置のままテープで固定します。

ステップ 3 ワイヤ ストリッパを使用して、-Vおよび+Vの導線を0.55インチ(14 mm)ほどはぎ取ります。

図2-19 DCプラグへの導線接続、およびDCコネクタへのDCプラグ接続

 

1

DCプラグ

4

単一DC電源コネクタ

2

導線

5

二重DC電源コネクタ

3

コネクタに+および-の刻印

ステップ 4 Cisco 7301ルータ付属のDCプラグに-V導線および+V導線を差し込みます。プラグを使用することによって、導線のネジを緩めなくても、電源装置からDC導線を外すことができます。

a. 図2-19のように、プラグ(1)をコネクタ(4)に向けます。プラグは1方向にだけ差し込めるようになっています。コネクタに記号(+ A -)が刻印されていることを確認してください(3)。プラグに導線を差し込むときには、この記号とプラグの向きが目印になります。

b. 図2-19のように、プラグに+Vの導線(2)を差し込み、ネジを締めてプラグに導線を固定します。

c. 図2-19のように、プラグに-Vの導線を差し込み、ネジを締めてプラグに導線を固定します。

ステップ 5 二重DC電源装置の場合、もう1つのプラグに対してステップ4を繰り返します。

ステップ 6 シャーシのDC電源コネクタにDCプラグを差し込みます。二重DC電源装置の場合は、もう1つのDCプラグをDC電源コネクタに差し込みます。

ステップ 7 回路ブレーカーをONの位置にします。

ステップ 8 電源スイッチを押し、ルータを起動します。


) ルータの電源をオフにした場合は、30秒以上経過してから再び電源を入れます。



 

DC入力電源を接続する手順は、これで完了です。設置作業は完了しました。「ルータの起動および設定」に進み、ルータを起動して基本設定を行ってください。