Cisco 7304 インストレーション コンフィギュレーション ガイド
起動および設定
起動および設定
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

起動および設定

機能の概要

シャーシ スロットおよび論理インターフェイス番号

MAC アドレス

OIR

環境モニタおよびレポート機能

環境モニタ

レポート機能

ファン障害

システムを起動する前の確認

システムの起動および初期状態の確認

ルータの設定

AutoInstall による基本設定の実行

セットアップ機能による基本設定の実行

グローバル パラメータの設定

ファスト イーサネット インターフェイスの設定

ラインカード インターフェイスの設定

NVRAM への実行コンフィギュレーションの保存

実行コンフィギュレーションの確認

その他の設定作業

パスワードを忘れた場合

パスワード回復手順の概要

パスワード回復手順の詳細

システム コンフィギュレーションの表示

複雑な設定の実行

起動および設定

この章では、システムを起動し、Cisco 7304 ルータを基本設定する手順について説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「機能の概要」

「システムを起動する前の確認」

「システムの起動および初期状態の確認」

「Cisco 7304 ルータの設定」

「その他の設定作業」

「パスワードを忘れた場合」

「システム コンフィギュレーションの表示」

「複雑な設定の実行」

この章では、ネートワークにアクセスする場合に必要となるルータの基本設定について説明します。このマニュアルでは、複雑な設定手順は扱いません。複雑な設定については、一連の Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション マニュアルのうち、使用するシスコ ハードウェアにインストールされているソフトウェア リリースに対応するコンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンスを参照してください。

Cisco 7304 ルータをコンソールから設定する場合は、端末をルータのコンソール ポートに接続する必要があります。

機能の概要

ここでは、Cisco 7304 ルータの機能について概説します。ルータのラインカードの番号設定方式およびアドレス割り当て方式、環境モニタとレポート機能、および Online Insertion and Removal(OIR; ホットスワップ)について記載されています。これらの説明は、Cisco 7304 ルータの機能を理解する上で役立ちます。

シャーシ スロットおよび論理インターフェイス番号

Cisco 7304 ルータでは、スロット番号はラインカード、NPE-G100、NSE-100、または NSE-150 が搭載されているシャーシ スロットを表し、インターフェイス ポート番号はラインカード上のインターフェイス ポートの物理位置を表します。

Cisco 7304 ルータのラインカード スロットおよびキャリア カード スロットには、スロット 0 ~ 5 の番号が付いています。スロット 0 およびスロット 1 は、処理エンジン、NSE-100、NSE-150、または NPE-G100 専用です。図3-1 に、スロット 0 に NSE-100 を搭載した Cisco 7304 のスロット番号を示します。


) カードがデュアル幅である場合(NSE-100、NSE-150、または NPE-G100 など)、Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)では、左側のスロット番号を使用します。


図3-1 Cisco 7304スロット番号

 

Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレスまたはハードウェア アドレスは、特定のネットワーク インターフェイス タイプに必要な、標準化されたデータ リンク レイヤ アドレスです。これらのアドレスは、ネットワーク内の他の装置では使用されません。これらは各ポートに対して固有かつ一意です。Cisco 7304 ルータでは、ラインカードの MAC アドレスの割り当ておよび制御に、特定の方法を使用します。MAC アドレスについての詳細は、「MAC アドレス」を参照してください。

搭載されているラインカードを確認するには、 show c7300 コマンドを使用します。

Router> show c7300
Slot Card Type Status Insertion time
---- --------- ------ --------------
0,1 NSE100 Active 1d17h ago
5 POS OC3 Active 1d17h ago
 
System is compliant with hardware configuration guidelines.
 
Network IO Interrupt Throttling:
throttle count=2, timer count=2
active=0, configured=1
netint usec=3999, netint mask usec=200
 

ソフトウェア コマンドを使用して、ラインカード スロットを識別することができます。すべてのラインカード スロットの情報を表示するには、 show interfaces コマンドを使用します。特定のラインカード スロットの情報を表示するには、 show interfaces コマンドをラインカード タイプおよびスロット番号とともに、 show interfaces slot-number /interface-portnumber の形式で使用します。コマンドの短縮形( sh int )を使用し、ラインカード タイプおよびスロット番号(または引数)を指定しなかった場合、コマンドは show interfaces として解釈され、すべてのラインカードおよびポートのステータスが表示されます。

引数を指定しないで show interfaces コマンドを実行した場合に表示される、NSE-100 を搭載した Cisco 7304 ルータの各ラインカードのステータス情報(物理ラインカード番号を含む)の例を次に示します。

次の例では、各インターフェイスのステータス情報の大部分は省略されています。

Router# show interfaces
FastEthernet0/0 is up, line protocol is up
Hardware is Mistral EOBC, address is 0060.2f86.0d20 (bia 0060.2f86.0d20)
Internet address is 10.0.0.0/0
MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Half-duplex, 100Mb/s, MII
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input 00:00:00, output 00:00:02, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 15:45:55
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 1000 bits/sec, 2 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
193906 packets input, 15705972 bytes
Received 193776 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 watchdog
0 input packets with dribble condition detected
866 packets output, 76916 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
GigabitEthernet0/0 is up, line protocol is up
Hardware is Pinnacle GE, address is 0060.2f86.0d00 (bia 0060.2f86.0d00)
Internet address is 10.0.0.0/0
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Full-duplex mode, link type is force-up, media type is unknown 25
output flow-control is unsupported, input flow-control is unsupported
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 15:45:44, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 15:46:04
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 watchdog, 0 multicast, 0 pause input
0 input packets with dribble condition detected
0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier, 0 pause output
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
GigabitEthernet0/1 is up, line protocol is up
Hardware is Pinnacle GE, address is 0060.2f86.0d01 (bia 0060.2f86.0d01)
Internet address is 10.0.0.0/0
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Full-duplex mode, link type is force-up, media type is unknown 25
output flow-control is unsupported, input flow-control is unsupported
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 15:45:49, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 15:46:08
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 watchdog, 0 multicast, 0 pause input
0 input packets with dribble condition detected
0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier, 0 pause output
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
POS4/0 is up, line protocol is up
Hardware is Packet over Sonet
Internet address is 10.0.0.0/0
MTU 4470 bytes, BW 2488000 Kbit, DLY 100 usec,
reliability 255/255, txload 53/255, rxload 50/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set
Keepalive not set
Scramble disabled
Last input 15:39:24, output 15:39:23, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 15:46:20
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 492305000 bits/sec, 1538508 packets/sec
5 minute output rate 525842000 bits/sec, 43878 packets/sec
1201804187 packets input, 827532624 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 parity
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
2486540100 packets output, 1100263868 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 applique, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
0 carrier transitions
POS5/0 is up, line protocol is up
Hardware is Packet over Sonet
Internet address is 10.0.0.0/0
MTU 4470 bytes, BW 155520 Kbit, DLY 100 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set
Keepalive not set
Scramble disabled
Last input never, output 15:46:02, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 15:46:22
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
 
(テキスト出力は省略)
 
POS5/1 is up, line protocol is up
Hardware is Packet over Sonet
Internet address is 10.0.0.0/0
MTU 4470 bytes, BW 155520 Kbit, DLY 100 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set
Keepalive not set
Scramble disabled
Last input never, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 15:46:23
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
 
(テキスト出力は省略)
 
POS5/2 is administratively down, line protocol is down
Hardware is Packet over Sonet
MTU 4470 bytes, BW 155520 Kbit, DLY 100 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Scramble disabled
Last input never, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 15:46:39
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
 
(テキスト出力は省略)
 
POS5/3 is administratively down, line protocol is down
Hardware is Packet over Sonet
MTU 4470 bytes, BW 155520 Kbit, DLY 100 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Scramble disabled
Last input never, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 15:46:42
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
 
(テキスト出力は省略)
 

Cisco 7304 ルータの設定に使用するコマンドの詳細および手順については、『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』および『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』を参照してください(いずれもオンライン、Documentation CD-ROM または印刷物の形式で入手可能です)。

MAC アドレス

すべての LAN インターフェイス(ポート)には、一意の MAC アドレス(別名 ハードウェア アドレス)が必要です。通常、インターフェイスの MAC アドレスは、インターフェイス回路に直接取り付けられたメモリ コンポーネントに格納されています。ただし、OIR 機能には、別の方法が必要となります(OIR についての詳細は、OIRを参照してください)。

OIR を使用して、ラインカードを取り外し、同じように設定された別のラインカードに交換することができます。新しいラインカードの設定が取り外したラインカードと同じであれば、システムはそのラインカードを即時にオンラインにします。OIR をイネーブルにするために、一意の MAC アドレスを持つアドレス アロケータがミッドプレーン上の EEPROM に格納されています。各アドレスは、ラインカードがスロットに搭載されているかどうかには関係なく、ルータの特定のポートおよびスロット用に確保されています。ラインカードを取り外して別のルータに取り付けても、MAC アドレスがネットワーク内で移動したり、複数の装置に割り当てられることはありません。

MAC アドレスが各ラインカードに格納されている場合は、OIR は機能しません。ラインカードを同一のラインカードと交換することはありえないので、MAC アドレスが常に異なります。また、ラインカードを交換するたびに、新しいアドレスを使用して、ネットワーク内の他の装置のデータ構造を更新しなければなりません。他の装置を短時間で更新しないと、複数の装置で同じ MAC アドレスが同時に使用されることがあります。


) 各スロットの MAC アドレスを特定の場所に集中的に格納すると、アドレスは格納先のメモリ デバイス内に維持されます。


OIR

Cisco 7304 ルータのラインカードは、すべて OIR をサポートしています。この「ラインカード」という用語には、ラインカード、PCI ポート アダプタ、SPA、MSC、非アクティブおよび冗長処理エンジンが含まれます。この機能を使用して、ルータを稼働させたままラインカードの取り付けおよび交換を行うことができます。この機能によってネットワークのエンドユーザにはシームレスな動作が保証され、すべてのルーティング情報が維持され、セッションを保護することができます。

hw-module slot slot-number stop | start コマンドを使用して、データ フローに影響を及ぼさずに Cisco 7304 ルータからラインカードを取り外すことができます。hw-module slot slot-number stop コマンドは、トラフィックを停止させ、すべてのラインカード インターフェイスをシャットダウンし、ラインカードを非アクティブにします。hw-module slot slot-number start コマンドは、ラインカードを再起動し、OIR LED を消灯させ、カードをオンラインに戻します。

ここでは、OIR の一般的な機能だけを説明します。Cisco 7304 ルータにおけるラインカードの取り付けおよび交換手順については、各ラインカード、PCI ポート アダプタ、SPA、MSC、または(冗長)処理エンジンに付属のコンフィギュレーション ノートを参照してください。

各ラインカードには、カードをルータに接続するバス コネクタが装備されています。このコネクタには、ラインカードと接触したときに特定の信号をシステムに送信する段状のピンが付いています。システムは受信した信号とその受信順序を確認し、ラインカードがシステムから取り外されているか、あるいはシステムに挿入されているかを判別します。これらの信号に基づいて、システムは新しいインターフェイスを再初期化するか、または取り外されたインターフェイスをシャットダウンするかを判別します。

たとえば、ラインカードを取り付けるとき、一番長いピンがラインカードに最初に接触し、一番短いピンが最後に接触します。システムはこれらの信号および信号の受信順序を認識します。

Cisco 7304 ルータからラインカードを取り外すか、またはルータにラインカードを取り付けると、一連のピンによってシステムに信号が送信され、システムは次の動作を行います。

1. システムをすばやく走査し、設定の変更を検出します。

2. 新しく取り付けられたすべてのラインカードを初期化し、削除されたインターフェイスを認識します。

3. ラインカード上で以前設定されていたすべてのインターフェイスを、取り外されたときの状態に戻します。新しく追加されたインターフェイスは、起動時に搭載されていた(未設定の)インターフェイスであるかのように、管理上のシャットダウン ステートに設定されます。同様のタイプのラインカードをスロットに再搭載した場合には、ポートが設定され元のラインカードと同じポート カウントでポートがオンラインになります。

環境モニタおよびレポート機能

環境モニタおよびレポート機能は処理エンジンによって制御されます。これらの機能を使用すると、システムの動作に障害が生じる前に悪化した環境状態を特定し解決することによって、正常な動作を保持することができます。環境モニタ機能は、内部シャーシの温度、DC 電源装置の電圧および電流を常にモニタします。各電源装置はそれぞれの電圧および温度をモニタし、電源装置内にクリティカル条件が検出されるとシャットダウンします。条件がシャットダウンしきい値に達すると、システムは過熱によって装置が破損しないようにするために、シャットダウンします。レポート機能は、測定されたパラメータ値をあとで取り出して分析できるように、定期的に記録します。また、モニタされたパラメータが定義済みしきい値を超えた場合は、コンソールに警告を表示します。

環境モニタ

環境モニタ機能は、処理エンジン上の 3 つのセンサーを使用します。これらのセンサーは、CPU ドーター ボード上の 1 つのセンサーと、シャーシ内を通過する冷気の温度をモニタするラインカード上の 2 つのセンサーです。環境モニタ機能はさらに、電源装置とファンの障害イベント、および OIR イベントもモニタします。

温度が定義済みしきい値を超えると、システム コントローラはコンソール端末に警告メッセージを表示し、温度がシャットダウンしきい値を超えると、システムをシャットダウンします。システムは、最後のシャットダウン パラメータのレポートとしてあとで取り出せるように、温度および DC 電圧の現在のパラメータ測定値を Nonvolatile Random-Access Memory(NVRAM; 不揮発性 RAM)に保存します。

さらに、電源装置の内部温度と電圧は、電源装置によってモニタされます。電源装置は許容範囲内(正常)または許容範囲外(クリティカル)のいずれかです。電源装置の内部温度または電圧がクリティカル レベルに達すると、電源装置はシステム プロセッサと相互作用せずに、シャットダウンします。

環境モニタ機能は、次のステータス条件レベルを使用してシステムをモニタします。

正常 -- モニタされたすべてのパラメータが、正常な許容範囲内にあります。

警告 -- システムが指定されたしきい値を超えています。システムは動作を継続しますが、システムを正常ステートに戻すためにオペレータが対応策をとることを推奨します。

クリティカル -- 温度または電圧条件が許容範囲を超えています。システムは動作を継続しますが、システムがシャットダウンする可能性があります。すぐにオペレータが対応策をとる必要があります。

シャットダウン -- プロセッサによりシステム コンポーネントに物理的な破損をもたらす温度条件が検出されたか、またはすべての内部コンポーネントへの DC 電力が停止しています。この場合は、すぐにオペレータが対応策をとる必要があります。すべての DC 電源は、電源スイッチを切り替えるまで、停止したままです。シャットダウンの前に、モニタされたパラメータのステータスは NVRAM に記録されます。ユーザはあとでこれらのパラメータを取り出して、問題の原因を判別できます。

電源装置のシャットダウン -- 内部の電圧、電流、または温度条件が許容範囲を超えたことを電源装置が検出し、自動的にシャットダウンしました。すべての DC 電源は、電源スイッチを切り替えるまで、停止したままです。

表3-1 に、NSE-100 の一般的な温度しきい値を示します。 表3-2 に、正常、警告、クリティカルの各レベルに対応する(電源装置によってモニタされる)DC 電源しきい値を示します。

 

表3-1 プロセッサによって監視される一般的な温度しきい値

パラメータ
警告(高)
クリティカル(高)
シャットダウン
NSE-100

 

シャーシの吸気口

119°F(48°C)

145°F(63°C)

154°F(68°C)

シャーシの排気口 1

119°F(48°C)

145°F(63°C)

154°F(68°C)

シャーシの排気口 2

119°F(48°C)

145°F(63°C)

154°F(68°C)

 

表3-2 電源装置によって監視される一般的な DC 電圧しきい値

パラメータ
クリティカル(低)
警告(低)
警告(高)
クリティカル(高)

+3.45V

+3.26V

+3.34V

+3.55V

+3.63V

+5.15V

+4.86V

+4.99V

+5.31V

+5.43V

+12.15V

+11.39V

+11.67V

+12.62V

+12.91V

-11.95V

-9.52V

-10.73V

-13.16V

-14.38V

レポート機能

シャーシのインターフェイスによってモニタされたパラメータが所定のしきい値を超えると、Cisco 7304ルータはコンソールに警告メッセージを表示します。 show environment show environment all show environment last 、および show environment table コマンドを使用して、環境ステータス レポートを検索したり、表示することもできます。60 秒ごとにパラメータが測定され、レポート機能が更新されます。これらの各コマンドについて、簡単な説明を次に示します。


注意 シャーシの過熱を防ぐために、システムが常に冷気を取り込むようにします。他の装置の排気が取り込まれると、過熱状態になることがあります。冷気がシャーシ内部を妨げられずに流れ、シャーシからの排気が他の装置の吸気口に取り込まれないようにするために、シャーシの両側に十分な隙間を設けてください。

show environment コマンドを実行すると、システムの現在の環境ステータス レポートが表示されます。レポートには正常な範囲を超えたパラメータが表示されます。システム ステータスが正常である場合、パラメータは表示されません。次に、モニタされたすべてのパラメータが正常範囲内にあるシステムの表示例を示します。

Router# show environment
NSE board:
Line card slot 3:
Line card slot 4:
Line card slot 5:
Voltage information:
NSE board:
Line card slot 3:
Line card slot 4:
Line card slot 5:
All measured values are normal
 
Router# show environment all
Power Supplies:
Power supply 1 is AC power supply. Unit is on.
Power supply 2 is empty.
Fans:
Fan 1 is on.
Fan 2 is on.
Temperature readings:
NSE board:
nse outlet measured at 34C/93F
nse inlet measured at 30C/86F
nse hotspot measured at 38C/100F
nse db measured at 32C/89F
Line card slot 4:
pos_oc48 measured at 41C/105F
Line card slot 5:
pos_oc48 measured at 41C/105F
Voltage readings:
NSE board:
nse outlet 1.8 V measured at 1692 mV
nse outlet 2.5 V measured at 2483 mV
nse outlet 3.3 V measured at 3285 mV
nse outlet 5 V measured at 5044 mV
nse outlet 12 V measured at 11625 mV
nse inlet 1.8 V measured at 1776 mV
nse inlet 3.3 V measured at 3371 mV
nse hotspot 1.8 V measured at 1748 mV
nse db 1.65 V measured at 1635 mV
nse db 1.8 V measured at 1790 mV
Line card slot 4:
pos_oc48 1.8 V measured at 1790 mV
pos_oc48 2.5 V measured at 2483 mV
pos_oc48 3.3 V measured at 3285 mV
pos_oc48 5 V measured at 5044 mV
pos_oc48 12 V measured at 11750 mV
Line card slot 5:
pos_oc48 1.8 V measured at 1790 mV
pos_oc48 2.5 V measured at 2483 mV
pos_oc48 3.3 V measured at 3285 mV
pos_oc48 5 V measured at 5044 mV
pos_oc48 12 V measured at 11750 mV
Envm stats saved 7 time(s) since reload.
 

環境ステータスが正常でない場合は、最悪の場合のステータス レベルが報告されます。次に、過電圧の警告の例を示します。

Router# show environment
Warning: +3.45 V measured at +3.83 V
 

show environment last コマンドを実行すると、直前のシステム シャットダウン(シャットダウンが電圧または温度によって発生した場合)の原因およびその時点の環境ステータスを示す NVRAM の記録が検索され、表示されます。温度が測定されてから表示され、電源装置から供給される DC 電圧も表示されます。

次に、 show environment last コマンドの出力例を示します。

Router# show environment last
Temperature information:
NSE board:
nse outlet previously measured at 34C/93F
nse inlet previously measured at 30C/86F
nse hotspot previously measured at 37C/98F
nse db previously measured at 33C/91F
Line card slot 3:
pos_oc48 previously measured at 39C/102F
Line card slot 4:
pos_oc48 previously measured at 39C/102F
Line card slot 5:
pos_oc48 previously measured at 39C/102F
Voltage information:
NSE board:
nse outlet 1.8 V previously measured at 1.692 V
nse outlet 2.5 V previously measured at 2.483 V
nse outlet 3.3 V previously measured at 3.285 V
nse outlet 5 V previously measured at 5.044 V
nse outlet 12 V previously measured at 11.625 V
nse inlet 1.8 V previously measured at 1.776 V
nse inlet 3.3 V previously measured at 3.371 V
nse hotspot 1.8 V previously measured at 1.748 V
nse db 1.65 V previously measured at 1.635 V
nse db 1.8 V previously measured at 1.790 V
Line card slot 3:
pos_oc48 1.8 V previously measured at 1.790 V
pos_oc48 2.5 V previously measured at 2.496 V
pos_oc48 3.3 V previously measured at 3.285 V
pos_oc48 5 V previously measured at 5.044 V
pos_oc48 12 V previously measured at 11.750 V
Line card slot 4:
pos_oc48 1.8 V previously measured at 1.790 V
pos_oc48 2.5 V previously measured at 2.496 V
pos_oc48 3.3 V previously measured at 3.285 V
pos_oc48 5 V previously measured at 5.044 V
pos_oc48 12 V previously measured at 11.750 V
Line card slot 5:
pos_oc48 1.8 V previously measured at 1.790 V
pos_oc48 2.5 V previously measured at 2.496 V
pos_oc48 3.3 V previously measured at 3.285 V
pos_oc48 5 V previously measured at 5.044 V
pos_oc48 12 V previously measured at 11.750 V
Last shutdown reason: power supply shutdown
 

show environment table コマンドを実行すると、各温度センサーおよびモニタ対象の各ステータス レベルについて、温度および電圧のしきい値が表示されます。これらのしきい値は、 表3-1 および 表3-2 に記載されているしきい値に対応します。システムのシャットダウンしきい値のリストも表示されます。

NSE-100 が取り付けられている Cisco 7304 ルータについて show environment table コマンドを実行した場合の出力例を、次に示します。

Router# show environment table
Temperature tables:
NSE board:
Sample Point HighWarning HighCritical HighShutdown
nse outlet 48C/118F 63C/145F 68C/154F
nse inlet 48C/118F 63C/145F 68C/154F
nse hotspot 48C/118F 63C/145F 68C/154F
nse db 48C/118F 63C/145F 68C/154F
Line card slot 3:
Sample Point HighWarning HighCritical HighShutdown
pos_oc48 48C/118F 63C/145F 68C/154F
Line card slot 4:
Sample Point HighWarning HighCritical HighShutdown
pos_oc48 48C/118F 63C/145F 68C/154F
Line card slot 5:
Sample Point HighWarning HighCritical HighShutdown
pos_oc48 48C/118F 63C/145F 68C/154F
Voltage tables:
NSE board:
Sample Point LowShut LowCrit LowWarn HighWarn HighCrit HighShut
nse outlet 1.8 V 1.620 V 1.710 V 1.728 V 1.872 V 1.890 V 1.980 V
nse outlet 2.5 V 2.275 V 2.375 V 2.400 V 2.600 V 2.625 V 2.725 V
nse outlet 3.3 V 3.003 V 3.152 V 3.185 V 3.415 V 3.448 V 3.597 V
nse outlet 5 V 4.500 V 4.750 V 4.800 V 5.200 V 5.250 V 5.500 V
nse outlet 12 V 9.960 V 10.440 V 10.800 V 13.200 V 13.560 V 14.040 V
nse inlet 1.8 V 1.620 V 1.710 V 1.728 V 1.872 V 1.890 V 1.980 V
nse inlet 3.3 V 3.003 V 3.152 V 3.185 V 3.415 V 3.448 V 3.597 V
nse hotspot 1.8 V 1.620 V 1.710 V 1.728 V 1.872 V 1.890 V 1.980 V
nse db 1.65 V 1.485 V 1.601 V 1.604 V 1.696 V 1.699 V 1.815 V
nse db 1.8 V 1.620 V 1.710 V 1.728 V 1.872 V 1.890 V 1.980 V
Line card slot 3:
Sample Point LowShut LowCrit LowWarn HighWarn HighCrit HighShut
pos_oc48 1.8 V 1.620 V 1.710 V 1.728 V 1.872 V 1.890 V 1.980 V
pos_oc48 2.5 V 2.250 V 2.375 V 2.400 V 2.600 V 2.625 V 2.750 V
pos_oc48 3.3 V 2.970 V 3.135 V 3.168 V 3.432 V 3.465 V 3.630 V
pos_oc48 5 V 4.500 V 4.750 V 4.800 V 5.200 V 5.250 V 5.500 V
pos_oc48 12 V 9.960 V 10.440 V 10.800 V 13.200 V 13.560 V 14.040 V
Line card slot 4:
Sample Point LowShut LowCrit LowWarn HighWarn HighCrit HighShut
pos_oc48 1.8 V 1.620 V 1.710 V 1.728 V 1.872 V 1.890 V 1.980 V
pos_oc48 2.5 V 2.250 V 2.375 V 2.400 V 2.600 V 2.625 V 2.750 V
pos_oc48 3.3 V 2.970 V 3.135 V 3.168 V 3.432 V 3.465 V 3.630 V
pos_oc48 5 V 4.500 V 4.750 V 4.800 V 5.200 V 5.250 V 5.500 V
pos_oc48 12 V 9.960 V 10.440 V 10.800 V 13.200 V 13.560 V 14.040 V
Line card slot 5:
Sample Point LowShut LowCrit LowWarn HighWarn HighCrit HighShut
pos_oc48 1.8 V 1.620 V 1.710 V 1.728 V 1.872 V 1.890 V 1.980 V
pos_oc48 2.5 V 2.250 V 2.375 V 2.400 V 2.600 V 2.625 V 2.750 V
pos_oc48 3.3 V 2.970 V 3.135 V 3.168 V 3.432 V 3.465 V 3.630 V
pos_oc48 5 V 4.500 V 4.750 V 4.800 V 5.200 V 5.250 V 5.500 V
pos_oc48 12 V 9.960 V 10.440 V 10.800 V 13.200 V 13.560 V 14.040 V

) 温度と電圧の範囲および値は変更される場合があります。


show environment all コマンドを実行すると、温度および電圧の読み取り値を含む拡張レポートが表示されます。 show environment all コマンドを実行すると、占有されている電源装置スロットおよび空の電源装置スロットを示すレポートが表示されます。

show environment all コマンドの出力例を次に示します。

Router# show environment all
 
Power Supplies:
Power supply 1 is AC power supply. Unit is on.
Power supply 2 is empty.
Fans:
Fan 1 is on.
Fan 2 is on.
Temperature readings:
NSE board:
nse outlet measured at 34C/93F
nse inlet measured at 30C/86F
nse hotspot measured at 37C/98F
nse db measured at 33C/91F
Line card slot 3:
pos_oc48 measured at 39C/102F
Line card slot 4:
pos_oc48 measured at 39C/102F
Line card slot 5:
pos_oc48 measured at 39C/102F
Voltage readings:
NSE board:
nse outlet 1.8 V measured at 1.770 V
nse outlet 2.5 V measured at 2.483 V
nse outlet 3.3 V measured at 3.285 V
nse outlet 5 V measured at 5.044 V
nse outlet 12 V measured at 11.625 V
nse inlet 1.8 V measured at 1.776 V
nse inlet 3.3 V measured at 3.371 V
nse hotspot 1.8 V measured at 1.748 V
nse db 1.65 V measured at 1.635 V
nse db 1.8 V measured at 1.790 V
Line card slot 3:
pos_oc48 1.8 V measured at 1.790 V
pos_oc48 2.5 V measured at 2.496 V
pos_oc48 3.3 V measured at 3.285 V
pos_oc48 5 V measured at 5.044 V
pos_oc48 12 V measured at 11.750 V
Line card slot 4:
pos_oc48 1.8 V measured at 1.790 V
pos_oc48 2.5 V measured at 2.496 V
pos_oc48 3.3 V measured at 3.285 V
pos_oc48 5 V measured at 5.044 V
pos_oc48 12 V measured at 11.750 V
Line card slot 5:
pos_oc48 1.8 V measured at 1.790 V
pos_oc48 2.5 V measured at 2.496 V
pos_oc48 3.3 V measured at 3.285 V
pos_oc48 5 V measured at 5.044 V
pos_oc48 12 V measured at 11.750 V
Envm stats saved 1 time(s) since reload

ファン障害

電源装置ごとに 1 つのファン モジュールがあります。環境モニタ システムは各モジュールを、同じ場所にある電源装置およびファンとして扱います。システムには 2 つのファンが必要です。Cisco 7304 には、2 台の電源装置が搭載されている場合(電源装置が冗長構成の場合)と、電源装置およびファン モジュールが 1 つずつ搭載されている場合があります。

システム電源がオンの間は、2 つのファンが両方とも作動していなければなりません。一方のファンが停止してもシステムは動作を継続します。ただし、温度が定義済みしきい値を超えると、システム コントローラはコンソール端末に警告メッセージを表示し、温度がシャットダウンしきい値を超えると、システムをシャットダウンします。

温度がシャットダウンしきい値を超えたためにシステムがシャットダウンした場合は、システムの再起動時にコンソール画面および環境ディスプレイに次のメッセージが表示されます。

Queued messages:
%ENVM-1-SHUTDOWN: Environmental Monitor initiated shutdown
 

環境モニタ コマンドの詳細および手順については、『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』および『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』を参照してください(どちらも Documentation CD-ROM または印刷物の形式で入手可能です)。

システムを起動する前の確認

ルータを起動する前に、次の点を確認してください。

ラインカードが各スロットに搭載され、ラインカードのロッキング レバーがロックの位置になっていること。

ラインカードにネットワーク インターフェイス ケーブルが接続されていること。

コンパクトフラッシュ ディスクが取り付けられていること。

コンソール端末がオンになっていること。

これでルータを起動する準備が整いました。「システムの起動および初期状態の確認」に進んでください。

システムの起動および初期状態の確認

Cisco 7304 ルータを設置してケーブルを接続したあと、次の手順に従ってルータを起動します。


ステップ 1 電源ケーブルがルータに接続されていることを確認します。

ステップ 2 AC 電源装置のケーブルを AC 電源に差し込むか、DC パネルの回路ブレーカが ON の位置になっていることを確認します。電源スイッチをオンにします。

ステップ 3 ファンの音を確認します。作動音がすぐに聞こえます。

ステップ 4 起動プロセス中は、システムの LED をモニタします。通常、ラインカードの LED は不規則に点滅します。短時間に点灯して消灯し、再度点灯する LED もあります。

ステップ 5 初期化プロセスを確認します。システムの起動が完了すると(数秒間)、プロセッサはラインカードおよび I/O サブシステムの初期化を開始します。この初期化中、各ラインカードの LED は、ほとんどが点滅します。

初期化プロセスが完了すると、各ラインカードの STATUS LED が点灯し、コンソール画面に次のようなスクリプトおよびシステム バナーが表示されます。

Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 7300 Software (C7300-JS-M), Version 12.1(9), CISCO RELEASED VERSION
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 17-Jul-01 01:51 by biff
Image text-base:0x40008970, data-base:0x40BF8000
 

ステップ 6 ルータの初回の起動時には、システムが自動的に setup コマンド機能を開始します。これによって搭載されているラインカードが判別され、カードごとに設定情報の入力が指示されます。コンソール端末にシステム バナーとハードウェア構成が表示されたあと、次の System Configuration Dialog プロンプトが表示されます。

--- System Configuration Dialog ---
 
At any point you may enter a questions mark ‘?’ for help.
Use ctrl-c to abort configuration dialog at any prompt.
Default settings are in square brackets ‘[]’.
 
continue with configuration dialog? [yes]:
 


 

セットアップ機能を使用して、インターフェイスの設定を続けることができます。また、セットアップを終了し、コンフィギュレーション コマンドを使用して、グローバル(システム全体の)パラメータおよびインターフェイス固有のパラメータを設定することもできます。すぐにインターフェイスを設定する必要はありません。ただし、インターフェイスを設定するまでは、インターフェイスをイネーブルにしたり、ネットワークに接続することができません。

ラインカード LED の多くは、インターフェイスを設定するまで点灯しません。各インターフェイスが正常に動作しているかどうかを調べるには、初回の起動手順および設定を完了してから、各ラインカードのコンフィギュレーション ノートに記載された LED の説明を参照して、インターフェイスのステータスを確認します。

起動手順の各ステップが正常に完了しない場合は、「トラブルシューティング」に記載されているトラブルシューティングの推奨措置および手順を参照してください。

Cisco 7304 ルータの設定

Cisco 7304 ルータを設定するには、以下に記載された手順のいずれかを実行します。

「AutoInstall による基本設定の実行」

「セットアップ機能による基本設定の実行」

使用するネットワーク コンフィギュレーションの要件に適した手順を実行してください。


) ルータの設定を完了する前に、システム管理者に問い合わせるか、ネットワーク プランを調べて、正しいネットワーク アドレスを確認する必要があります。


設定手順を続ける前に、 show version コマンドを入力して、現在のルータのステートを確認します。 show version コマンドを実行すると、ルータで使用可能な Cisco IOS ソフトウェアのリリースが表示されます。 show version コマンドの出力例は、「システム コンフィギュレーションの表示」を参照してください。

AutoInstall による基本設定の実行

AutoInstall プロセスは、Cisco 7304 ルータを WAN に接続したあとに自動的に設定するためのものです。AutoInstall を適切に機能させるには、必要なコンフィギュレーション ファイルを取得できるように、ネットワークの TCP/IP ホストを事前に設定しておく必要があります。TCP/IP ホストは、次の 2 つの条件が満たされていれば、ネットワーク上の任意の場所に配置できます。

1. ホストが、ルータと WAN との間の同期シリアル接続のリモート側にあること。

2. ルータとその TCP/IP ホストとの間の User Datagram Protocol(UDP)ブロードキャストがイネーブルになっていること。

この機能は、TCP/IP ホストが置かれているサイトのシステム管理者が調整します。必要なファイルが TCP/IP ホストで使用できない場合は、AutoInstall を使用しないでください。AutoInstall の機能の詳細については、『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Configuration Guide 』および『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』を参照してください。

AutoInstall プロセスを使用するには、次の手順で Cisco 7304 ルータの準備を行います。


ステップ 1 AC 電源コードを AC 電源に差し込みます。電源スイッチをオンにします。

フラッシュ メモリからルータにオペレーティング システム イメージがロードされます。WAN 接続のリモート側が接続され、適切に設定されている場合は、AutoInstall プロセスが開始します。

AutoInstall プロセスが完了してから、 copy running-config startup-config コマンドを使用して、コンフィギュレーション データをルータの NVRAM に書き込みます。この作業を完了するには、次のステップを実行します。

ステップ 2 # プロンプトに、次のコマンドを入力します。

Hostname# copy running-config startup-config
 


 


ステップ 2 を実行すると、AutoInstall プロセスによって作成された設定値が NVRAM に保存されます。この作業を行わないと、作成した設定は次回のルータの再ロード時に失われます。


セットアップ機能による基本設定の実行


) イネーブル プロンプト(#)で setup コマンドを入力することにより、いつでもセットアップ機能を実行できます。


ルータの NVRAM に設定が保存されていない場合、ルータは起動時に AutoInstall の実行を試みます。リモートの TCP/IP ホストに AutoInstall がセットアップされていないことが判別されるまで、数分かかることがあります。AutoInstall が設定されていないことが判別されると、ルータはデフォルトでセットアップ機能を起動します。

グローバル パラメータの設定

セットアップ プログラムを最初に起動するときは、グローバル パラメータを設定する必要があります。これらのパラメータはシステム全体の設定を制御します。次の手順でグローバル パラメータを入力してください。


ステップ 1 コンソール ポートにコンソール端末を接続し、ルータを起動します。

システムがフラッシュ メモリから起動します。約 30 秒後に、次の情報が表示されます。この情報が表示されれば、ルータは正常に起動されています。

Restricted Rights Legend
 
Use, duplication, or disclosure by the Government is
subject to restrictions as set forth in subparagraph
(c) of the Commercial Computer Software - Restricted
Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
(c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
 
cisco Systems, Inc.
170 West Tasman Drive
San Jose, California 95134-1706
 
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 7300 Software (C7300-JS-M), Version 12.1(9), CISCO RELEASED VERSION
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 17-Jul-01 01:51 by biff
Image text-base:0x40008970, data-base:0x40BF8000
 
Downloading default microcode:system:pxf/ucode1
.Successfully downloaded the production microcode.
updating timeout values directly
 
Currently running ROMMON from OTP ROM
cisco 7300 (NSE100) processor (revision B) with 114688K/16384K bytes of memory.
Processor board ID
R7000 CPU at 350Mhz, Implementation 39, Rev 3.2, 256KB L2, 1024KB L3 Cache
4 slot midplane, Version 65.48
 
Last reset from watchdog nmi
X.25 software, Version 3.0.0.
PXF processor tmc0 is running.
PXF processor tmc1 is running.
1 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Gigabit Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
9 Packet over SONET network interface(s)
509K bytes of non-volatile configuration memory.
 
16064K bytes of ATA compact flash disk at bootdisk (Sector size 512 bytes).
31369K bytes of ATA compact flash disk at disk 0 (Sector size 512 bytes).
 
Press RETURN to get started!

) コンフィギュレーション スクリプトの最初の 2 セクション(バナーおよび搭載されているハードウェア)が表示されるのは、初回のシステム起動時だけです。次回以降にセットアップ機能を使用すると、次の例のように System Configuration Dialog からスクリプトが始まります。


--- System Configuration Dialog ---
At any point you may enter a question mark '?' for help.
Use ctrl-c to abort configuration dialog at any prompt.
Default settings are in square brackets '[]'.
 

ステップ 2 最初のコンフィギュレーション ダイアログを開始して現在のインターフェイスの要約を表示するかどうかを問うプロンプトが表示されたら、 yes を入力するか、 Return キーを押します。

Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]:
 
First, would you like to see the current interface summary? [yes]:
 

Cisco 7304ルータの初回起動時の表示例を次に示します。この時点では何も設定されていません。

Any interface listed with OK? value "NO" does not have a valid configuration
 
Interface
IP-Address
OK?
Method
Status
Protocol
GigabitEthernet0/0
unassigned
NO
unset
down
down
GigabitEthernet0/1
unassigned
NO
unset
down
down
FastEthernet0/0
unassigned
NO
unset
down
down

ステップ 3 インターフェイス上でサポートするプロトコルを選択します。Internet Protocol(IP)のみをインストールする場合は、ほとんどの設定項目でデフォルト値を使用することができます。ステップ 8 まで、IP、IPX、および AppleTalk を使用する一般的な設定手順を示します。

Configuring global parameters:
 
Enter host name [Router]:
 

ステップ 4 イネーブル シークレット、イネーブル、および仮想端末パスワードを入力します。

The enable secret password is a one-way cryptographic secret
password used instead of the enable password when it exists.
 
The enable secret password is a one-way cryptographic secret
password used instead of the enable password when it exists.
Enter enable secret: barney
 
The enable password is used when there is no enable secret
password and when using older software and some boot images.
 
Enter enable password: betty
 
Enter virtual terminal password: fred

ステップ 5 Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)は、幅広くサポートされているネットワーク管理のオープン仕様です。SNMP を通じて、ルータのコンフィギュレーション パラメータ、実行時パラメータ、およびコミュニケーション サーバにアクセスし、設定することができます。SNMP には、ネットワーク要素のモニタおよび制御に使用できる機能セットが定義されています。

SNMP 管理を設定する場合は、 yes を入力するか、 Return キーを押します。設定しない場合は、no を入力します。

Configure SNMP Network Management? [yes]:
Community string [public]:
 

ステップ 6 次の設定項目では、VINES、LAT、DECnet、CLNS、ブリッジング、XNS、Apollo のいずれもイネーブルにしません。

Configure Vines? [no]:
Configure LAT? [no]:
Configure DECnet? [no]:
Configure CLNS? [no]:
Configure bridging? [no]:
Configure XNS? [no]:
Configure Apollo? [no]:
 

ステップ 7 次の設定項目では、AppleTalk および IPX のルーティングをイネーブルにします。

Configure AppleTalk? [no]: yes
Multizone networks? [no]: yes
 
Configure IPX? [no]: yes
 

ステップ 8 ほとんどの場合、IP ルーティングを使用します。IP ルーティングを使用する場合は、内部ルーティング プロトコルも選択する必要があります。セットアップ機能を使用して、システムで稼働する内部ルーティング プロトコルのうち、Interior Gateway Routing Protocol(IGRP)と Routing Information Protocol(RIP)のどちらか一方だけを指定できます。

IP ルーティングを設定するには、 yes (デフォルト)を入力するか、 Return キーを押して、さらに内部ルーティング プロトコルを選択します。

Configure IP? [yes]:
Configure IGRP routing? [yes]:
Your IGRP autonomous system number [1]: 15

次に、ステップ 3 8 で選択したすべてのコンフィギュレーション パラメータのリストを連続して示します。この例では、IP、IPX、AppleTalk だけがプロトコルとして選択されています。

Configuring global parameters:
 
Enter host name [Router]: router
 
The enable secret is a one-way cryptographic secret used
instead of the enable password when it exists.
 
Enter enable secret: barney

The enable password is used when there is no enable secret
and when using older software and some boot images.
Enter enable password: betty
Enter virtual terminal password: fred
Configure SNMP Network Management? [yes]:
Community string [public]:
Configure Vines? [no]:
Configure LAT? [no]:
Configure AppleTalk? [no]: yes
Multizone networks? [no]: yes
Configure DECnet? [no]:
Configure IP? [yes]:
Configure IGRP routing? [yes]:
Your IGRP autonomous system number [1]: 15
Configure RIP routing? [no]:
Configure CLNS? [no]: n
Configure bridging? [no]:
Configure IPX? [no]: yes
Configure XNS? [no]:
Configure Apollo? [no]:
 

ステップ 9 設定を NVRAM に保存します(NVRAM への実行コンフィギュレーションの保存を参照)。コンフィギュレーション モードとセットアップ機能を使用してルータに作成したコンフィギュレーション設定を保存しない場合、次回ルータをリロードしたときにコンフィギュレーションは失われます。


 

ファスト イーサネット インターフェイスの設定

新しいインターフェイスの特性に応じて、速度およびデュプレックス伝送モードを設定します。Cisco 7304 ルータのファスト イーサネット インターフェイスの速度およびデュプレックスを変更するには、speed および duplex インターフェイス コマンドを使用します。


) これらのコマンドは、RJ-45 メディアを使用する場合にかぎり使用可能です。


speed { 10 | 100 | auto }

duplex { full | half | auto }

次の速度およびデュプレックス設定がサポートされています。

Media Type Speed Duplex
-------------------------------------------------------
RJ45 10, 100, auto full, half, auto
GBIC ignored (1000) ignored (full) (By default on this interface)
-------------------------------------------------------
 

GBIC メディアを使用する場合は、そのほかに negotiation auto コマンドも使用できます。このコマンドは、IEEE 802.1z ギガビット イーサネット(1000 Mbps)自動ネゴシエーション プロトコルをイネーブルにします。

デバッグ

Cisco IOS には、インターフェイスに関する情報を提供する、show interface GigabitEthernet 0/X (X は 0 か 1 のいずれか)および show controllers GigabitEthernet 0/X(X は 0 か 1 のいずれか)の 2 つのコマンドが用意されています。

show interface コマンドの出力は、インターフェイスの現在の操作モード(速度/デュプレックス/メディアタイプ)および現在のインターフェイスの統計情報を判別するのに便利です。

show controller コマンドの出力では、Cisco 7304 ルータのギガビット イーサネット インターフェイス固有の詳細情報が表示されます。たとえば、検出されたリンクのステータス、速度、デュプレックスを表示すると同時に、自動ネゴシエーションの現在のステータスやリンク パートナーの機能(自動ネゴシエーション対応のインターフェイスかどうか)も判別します(速度とデュプレックスは、常に全デュプレックスの 1000 Mbps です)。

また、show controller コマンドも、ドライバおよびイーサネット コントローラ ハードウェアの現在の操作状態を表示します。show controller コマンドは、特にユーザーからデバッグの問題に関する問い合わせがあった場合、シスコ技術者には非常に役立ちます。ギガビット イーサネット インターフェイスに問題がある場合は、この情報をシスコに提供して原因を分析する必要があります。

インターフェイスのリセット

インターフェイスに問題があるため、インターフェイスをリセットする場合は、次のコマンドを使用します。

clear interface GigabitEthernet 0/X (X は 0 または 1 のいずれか)

カウンタのクリア

インターフェイスのカウンタは、次のコマンドでクリア(リセット)できます。

clear counters GigabitEthernet 0/X (X は 0 または 1 のいずれか)


) このコマンドを使用しても、インターフェイスはリセットされません。


ラインカード インターフェイスの設定

ここでは、インターフェイスを設定し、LAN または WAN を介して通信できるようにする手順について説明します。インターフェイスのパラメータを設定するには、インターフェイスのネットワーク アドレスおよびサブネット マスク情報が必要です。これらの情報については、ネットワーク管理者に問い合わせてください。


ステップ 1 イネーブル プロンプトにconfig terminalコマンドを入力して、端末からコンフィギュレーション モードを開始します。

Router# config terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
 

Router(config)# プロンプトに interface type slot/port コマンドを入力して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

Router(config)# interface pos slot/port
 

どちらのコンフィギュレーション モードでも、設定を任意に変更することができます。 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z キーを押す)か、または end を入力して、コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタープリタに戻ります。

ステップ 2 設定を NVRAM に保存します(NVRAM への実行コンフィギュレーションの保存を参照)。コンフィギュレーション モードとセットアップ機能を使用してルータに作成したコンフィギュレーション設定を保存しない場合、次回ルータをリロードしたときにコンフィギュレーションは失われます。


 

これでルータは最小限の設定が行われ、入力した設定を使用して起動します。使用できるコンフィギュレーション コマンドの一覧を表示するには、コンフィギュレーション モードでプロンプトに ? を入力します。

NVRAM への実行コンフィギュレーションの保存

スタートアップ コンフィギュレーションの設定または変更を NVRAM に保存するには、 Router# プロンプトに copy running-config startup-config コマンドを入力します。

Router# copy running-config startup-config
 

このコマンドを使用すると、コンフィギュレーション モードおよびセットアップ機能を使用してルータに作成した設定値が保存されます。この作業を行わないと、作成した設定は次回のルータの再ロード時に失われます。

実行コンフィギュレーションの確認

入力した設定値を確認するには、 Router# プロンプトに show running-config コマンドを入力します。

Router# show running-config
 

設定への変更を確認するには、EXEC モードで show startup-config コマンドを入力して、NVRAM に保存されている情報を表示します。

その他の設定作業

ルータの基本的なスタートアップ コンフィギュレーションを作成したあと、より高度な設定変更を行うには、一連の Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション マニュアルのうち、使用しているシスコ ハードウェアにインストールされているソフトウェア リリースに対応するコンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンスを参照してください。これらのマニュアルには、 configure コマンドの使用法について詳しい説明が記載されています。

コンフィギュレーション マニュアルには、次の作業に関する情報も記載されています。

ルータのユーザ インターフェイスの概要および操作

ルータの起動および再起動

コンフィギュレーション レジスタの設定

remote copy protocol(rcp)または Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)によるコンフィギュレーション ファイルまたはシステム イメージのロード

オペレーティング システムの再ロード

パスワードを忘れた場合

ここでは、イネーブル パスワードまたはコンソール ログイン パスワードを忘れた場合の回復方法、およびイネーブル シークレット パスワードを忘れた場合に Cisco 7304 ルータ上で変更する方法について説明します。


) イネーブル パスワードとコンソール ログイン パスワードは回復できます。ただし、イネーブル シークレット パスワードは暗号化されているので、新しいイネーブル シークレット パスワードに置き換える必要があります。


パスワード回復手順の概要

パスワード回復手順の概要を次に示します。


ステップ 1 ルータにログインできる場合は、 show version コマンドを入力して、既存のコンフィギュレーション レジスタ値を判別します。

ステップ 2 Break キーを押して、ブートストラップ プログラムのプロンプト(ROM モニタ)を表示します。場合によっては、ルータの電源を切断して再び電源投入し、システム イメージを再ロードする必要があります。

ステップ 3 次の機能がイネーブルになるように、コンフィギュレーション レジスタを変更します。

a. ブレーク

b. スタートアップ コンフィギュレーションの無視

c. フラッシュ メモリからの起動


) 忘れたパスワードを回復する際に重要なのは、スタートアップ コンフィギュレーション(通常は NVRAM 内に保存)が無視されるように、コンフィギュレーション レジスタのビット 6(0x0040)を設定することです。このように設定すると、パスワードを使用しないでログインし、スタートアップ コンフィギュレーション パスワードを表示できます。



) ルータの電源を切断するときは、再度起動するまで(または起動してから再度電源を切断するまで)最低でも 30 秒ほどおいてください。


ステップ 4 ルータの電源をオフにしてから再度オンにします。

ステップ 5 ルータにログインして、特権 EXEC モードを開始します。

ステップ 6 show startup-config コマンドを入力して、パスワードを表示します。

ステップ 7 表示されたパスワードを回復するか、置き換えます。

ステップ 8 コンフィギュレーション レジスタを元の設定値に戻します。


 


) ルータ上でブレーク機能がディセーブルの場合に、忘れたパスワードを回復するには、ルータに物理的にアクセスする必要があります。


パスワード回復手順の詳細

忘れたイネーブル パスワード、イネーブル シークレット パスワード、またはコンソール ログイン パスワードを回復または変更するには、次のステップを実行します。


ステップ 1 ASCII 端末をルータのコンソール ポートに接続します。

ステップ 2 9600 ボー、8 データ ビット、パリティなし、1 ストップ ビット(9600 8N1)で動作するように、端末を設定します。

ステップ 3 権限を持たないユーザとしてルータにログインできる場合は、 show version コマンドを入力して、既存のコンフィギュレーション レジスタ値を表示します。あとで使用できるようにこの値を書き留め、ステップ 6 に進みます。ルータにまったくログインできない場合は、次のステップに進みます。


) ルータの電源を切断するときは、再度起動するまで(または起動してから再度電源を切断するまで)最低でも 30 秒ほどおいてください。


ステップ 4 Break キーを押すか、またはコンソール端末からブレークを送信します。ブレークがイネーブルの場合、ルータは ROM モニタを開始し、ROM モニタ プロンプト( rommon1> )が表示されます。ステップ 6 に進みます。ブレークがディセーブルの場合は、ルータの電源を切ってから再投入します(ルータの電源をオフにするか電源コードを外してから、電源をオンにします)。そのあと、ステップ 5 へ進んでください。

ステップ 5 ルータに電源を再投入してから 60 秒以内に、 Break キーを押すか、またはブレークを送信します。それにより、ルータが ROM モニタを開始し、ROM モニタ プロンプト( rommon1> )が表示されます。

ステップ 6 コンフィギュレーション レジスタ ユーティリティを使用して、コンフィギュレーション レジスタを設定します。次のように、ROM モニタ プロンプトに confreg コマンドを入力します。

rommon1> confreg
 

ステップ 7 イネーブル「ignore system config info?」という質問に yes と入力し、現在のコンフィギュレーション レジスタの設定値を書き留めます。

ステップ 8 次のように reset コマンドを入力して、ルータを初期化します。

rommon2> reset
 

ルータが初期化され、コンフィギュレーション レジスタが 0x142 に設定されます。フラッシュ メモリ からシステム イメージが起動され、次のように System Configuration Dialog が開始されます。

--- System Configuration Dialog --
 

ステップ 9 次のメッセージが表示されるまで、System Configuration Dialog のプロンプトに no を入力します。

Press RETURN to get started!
 

ステップ 10 Return キーを押します。 ユーザ EXEC プロンプトが表示されます。

Router>
 

ステップ 11 enable コマンドを入力して、特権 EXEC モードを開始します。 show startup-config コマンドを入力して、次のようにコンフィギュレーション ファイルに格納されたパスワードを表示します。

Router# show startup-config
 

ステップ 12 表示されたコンフィギュレーション ファイルを走査して、パスワードを探します(通常、イネーブル パスワードはファイルの先頭付近にあり、コンソール ログイン パスワードまたはユーザ EXEC パスワードは終わりの方にあります)。パスワードは次のように表示されます。

enable secret 5 $1$ORPP$s9syZt4uKn3SnpuLDrhuei
enable password 23skiddoo
.
.
line con 0
password onramp
 

イネーブル シークレット パスワードは暗号化されているため、回復できません。したがって、置き換える必要があります。イネーブル パスワードおよびコンソール ログイン パスワードは暗号化されている場合と、クリア テキストの場合があります。イネーブル シークレット パスワード、コンソール ログイン パスワード、またはイネーブル パスワードを置き換える場合は、次のステップに進んでください。イネーブル シークレット パスワードがない場合は、イネーブル パスワードおよびコンソール ログイン パスワードを書き留め(暗号化されていない場合)、ステップ 17 に進んでください。


注意 イネーブル パスワード、イネーブル シークレット パスワード、またはコンソール ログイン パスワードを変更または置き換える必要がある場合以外は、次のステップを実行しないでください。示された手順どおりに行わないと、ルータの設定が消去されることがあります。

ステップ 13 copy startup-config running config コマンドを入力して、動作中のメモリにスタートアップ コンフィギュレーション ファイルをロードします。これにより、設定内のパスワードを変更または置き換えることができます。

ステップ 14 特権 EXEC コマンド configure terminal を入力して、コンフィギュレーション モードを開始します。

Hostname# configure terminal
 

ステップ 15 次のコマンドを使用して、3 つのパスワードをすべて変更します。

Hostname(config)# enable secret newpassword1
Hostname(config)# line con 0
Hostname(config-line)# password newpassword2
 

設定に必要なパスワードのみを変更します。個々のパスワードを削除するには、上記コマンドの no 形式を使用します。たとえば、 no enable secret コマンドを入力すると、イネーブル シークレット パスワードが削除されます。

ステップ 16 すべてのインターフェイスを次のように設定して、管理上のシャットダウンにならないようにする必要があります。

Hostname(config)# interface fastethernet 0/0
Hostname(config-int)# no shutdown
 

最初に設定されていたすべてのインターフェイスに対して、同等のコマンドを入力します。このステップを省略すると、すべてのインターフェイスが管理上のシャットダウン状態になり、ルータを再起動したときに使用できなくなります。

ステップ 17 config-registe r コマンドを使用して、コンフィギュレーション レジスタをステップ 3 またはステップ 8 で書き留めておいた元の値に設定するか、または次のように出荷時のデフォルト値 0x2102 に設定します。

Hostname(config)# config-register 0x2102
 

ステップ 18 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z キーを押す)か、または end を入力して、コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタープリタに戻ります。


注意 パスワードを変更するか、または置き換えるまで、次のステップは実行しないでください。ステップ 1316 を省略した場合は、ステップ 20 へ進んでください。この注意に従わないと、ルータのコンフィギュレーション ファイルが消去されます。

ステップ 19 copy running-config startup-config コマンドを入力して、新しい設定を NVRAM に保存します。

ステップ 20 reload コマンドを入力して、ルータを再起動します。

ステップ 21 新規パスワードまたは回復したパスワードを使用して、ルータにログインします。


 

これで、忘れたイネーブル パスワード、イネーブル シークレット パスワード、またはコンソール ログイン パスワードを回復または変更するステップは完了です。

システム コンフィギュレーションの表示

show version、show hardware、および show c7300 コマンドを使用して、Cisco 7304 ルータのハードウェア構成に関する情報を表示することができます。

show version(またはshow hardware)コマンドを使用すると、システム ハードウェア、プロセッサ、搭載されているインターフェイス数、ソフトウェア バージョン、コンフィギュレーション ファイルの名前および保存場所、およびブート イメージが表示されます。

次に、Cisco IOS Release 12.1 E を実行している Cisco 7304 に関する show version コマンドの出力例を示します。

Router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 7300 Software (C7300-JS-M), Version 12.1(9)RELEASED, CISCO N
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 20-Apr-01 01:53 by biff
Image text-base: 0x40008970, data-base: 0x40BF2000
 
ROM: System Bootstrap, Version 12.1(20010129:192135) [biff-ws10 104], RELEASED
 
WStar_TOP uptime is 15 hours, 20 minutes
System returned to ROM by power-on
System restarted at 23:49:08 UTC Thu Apr 26 2001
System image file is "disk0:c7300-JS-Mz.121-99.DAILY_BUILD_20010419"
 
cisco 7300 (NSE100) processor (revision A) with 114688K/16384K bytes of memory.
Processor board ID
R7000 CPU at 350Mhz, Implementation 39, Rev 3.2, 256KB L2, 1024KB L3 Cache
4 slot midplane, Version 65.48
 
Last reset from power-on
X.25 software, Version 3.0.0.
PXF processor tmc0 is running.
PXF processor tmc1 is running.
1 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Gigabit Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
10 Packet over SONET network interface(s)
509K bytes of non-volatile configuration memory.
 
16064K bytes of ATA compact flash disk at bootdisk (Sector size 512 bytes).
31369K bytes of ATA compact flash disk at disk 0 (Sector size 512 bytes).
Configuration register is 0x100
 

Cisco 7304 ルータに搭載されているラインカードのタイプを判別するには、 show c7300 コマンドを使用します。

次に、Cisco 7304 ルータのスロット 5 に OC3 POS ラインカードが搭載されている場合の show c7300 コマンドの出力例を示します。

Router# show c7300
Slot Card Type Status Insertion time
---- --------- ------ --------------
0,1 NSE100 Active 1d17h ago
5 POS OC3 Active 1d17h ago
 
System is compliant with hardware configuration guidelines.
 
Network IO Interrupt Throttling:
throttle count=2, timer count=2
active=0, configured=1
netint usec=3999, netint mask usec=200
 

show version およびその他のコマンドの詳細については、一連の Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション マニュアルのうち、使用するシスコ ハードウェアにインストールされているソフトウェア リリースに対応するコンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンスを参照してください。これらのマニュアルには、 configure コマンドの使用法について詳しい説明が記載されています。

複雑な設定の実行

Cisco 7304 ルータ ハードウェアの取り付け、すべての外部接続のチェック、システム電源の投入、システムの起動、およびシステムの最小設定を行ったあと、このマニュアルに記載されていない複雑な設定作業を行わなければならない場合があります。

システムおよびインターフェイスの設定についての詳細は、一連の Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション マニュアルのうち、使用するシスコ ハードウェアにインストールされているソフトウェア リリースに対応するコンフィギュレーション ガイドおよびコマンド リファレンスを参照してください。

システムに NSE-100 または NSE-150 が搭載されている場合は、 付録B「PXF 情報」 も参照してください。