Cisco XR 12000 シリーズ ルータ SIP/SPA ハードウェア インストレーション ガイド
取り付けに関するトラブルシューティ ング
取り付けに関するトラブルシューティング
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

取り付けに関するトラブルシューティング

SIP のトラブルシューティング

debug コマンドの使用

輸送用の SIP の梱包

輸送用の SPA の梱包

取り付けに関するトラブルシューティング

June 2008, OL-9175-05-J

この章では、Cisco XR 12000 シリーズ ルータに SIP と SPA を取り付けたときのトラブルシューティング手順について説明します。この章の内容は次のとおりです。

「SIP のトラブルシューティング」

「debug コマンドの使用」

「輸送用の SIP の梱包」

「輸送用の SPA の梱包」

SIP のトラブルシューティング

SIP の取り付け後、SIP が稼働または起動しない場合は、次の内容を確認します。

SIP がライン カードのシャーシ スロット内にしっかり装着されていることを確認します。実際に取り付けられているかどうかを簡単に確認する 1 つの方法は、SIP の前面プレートの前面が、カード ケージに取り付けられている他の PLIM の前面と同一平面になっていることを確認することです。

イジェクト レバーのラッチが固定され、非脱落型ネジが適切に締められているかどうかを確認します。確信が持てない場合は、レバーのラッチを解除し、ネジを緩めてから、SIP を再装着します。

ルート プロセッサのアラーム LED を確認して、アクティブなアラームがあるかどうかを判別します。

Power Distribution Unit(PDU; 配電ユニット)を調べて、シャーシ全体で電力が受信されているかどうかを確認します。

SIP の LED を使用して、カードが正しく取り付けられ、稼働していることを確認します。ステータス LED は、カードが正しく装着され、正常に稼働しているかどうかを示します。

グリーン ― カードが正しく取り付けられ、正常に稼働しています。

オレンジ ― SIP に問題があります。

オフ(LED が点灯しない) ― カードが正しく取り付けられているかどうかを確認します。また、パワー シェルフ(16 スロット)または PDU(8 スロット)のインジケータを確認して、カードに電力が供給されているかどうかを確認します。

debug コマンドの使用

Cisco XR 12000 シリーズ ルータでサポートされているその他の debug コマンドとともに、 debug spa 特権 EXEC コマンドを使用すると、Cisco XR 12000 シリーズ ルータに搭載された SPA に関する特定のデバッグ情報を取得できます。

debug spa コマンドは、シスコシステムズのテクニカル サポート担当者による使用を前提としています。


注意 デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティを割り当てられており、これによってシステムが使用不可能になる場合があります。そのため、debug コマンドを使用するのは、特定の問題のトラブルシューティングを行う場合、またはシスコ社のテクニカル サポート担当者とのトラブルシューティング セッション中に限定してください。また、debug コマンドは、ネットワーク トラフィックやユーザが少ない時間帯に使用することを推奨します。こうした時間帯にデバッグを実行することで、debug コマンド処理によるオーバーヘッドの増加がシステム利用へ影響を与える可能性を減らすことができます。

輸送用の SIP の梱包

ここでは、輸送用に SIP を梱包する手順について説明します。手順を実行する前に、出荷時にシスコシステムズから提供された次の梱包材を用意しておく必要があります。

クリップボード インサート

内箱(小)

外箱(大)

緩衝材 × 2


注意 シスコシステムズが出荷時に提供する梱包材は、すべての SIP の輸送に使用するためのものです。これらの梱包材を適切に使用しないと、製品の損傷や紛失を招く恐れがあります。


警告 作業中は、カードの静電破壊を防ぐため、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。感電する危険があるので、手や金属工具がバックプレーンに直接触れないようにしてください。



) 以下で説明する手順では、このマニュアルで述べた推奨手順に従い、事前にルータから SIP を取り外していることが前提です。


輸送用に SIP を梱包するには、次の手順に従います。


ステップ 1 SIP の端をクリップボード インサートの上端と下端の間に慎重に合わせ、SIP をクリップボード インサートに挿入します。

ステップ 2 クリップボード インサートに完全に収まるまで SIP を奥まで差し入れます。場合によっては、クリップ アセンブリを持ち上げて、シートメタル フレームに完全にかみあっていることを確認する必要があります。

ステップ 3 SIP を挿入したクリップボード インサートを内箱(小)に収めます。

ステップ 4 箱の上部を閉じ、両側をテープで固定します。

ステップ 5 ふたを閉じた内箱に緩衝材を固定します。

ステップ 6 ふたを閉じた内箱を、緩衝材とともに外箱(大)に収めます。輸送用に、外箱のふたもテープで固定します。


 

輸送用の SPA の梱包

ここでは、輸送用に SPA および ケーブル マネジメント ブラケットを梱包する手順について説明します。手順を実行する前に、出荷時にシスコシステムズから提供された次の梱包材を用意しておく必要があります。

加熱形成コンテナ(透明の樹脂モールド クラムシェル型コンテナ)

段ボール箱


注意 シスコシステムズが出荷時に提供する梱包材は、すべての SPA および ケーブル マネジメント ブラケットの輸送に使用するためのものです。シスコシステムズの梱包材を適切に使用しないと、製品の損傷や紛失を招く恐れがあります。


警告 作業中は、カードの静電破壊を防ぐため、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。感電する危険があるので、手や金属工具がバックプレーンに直接触れないようにしてください。



) 以下で説明する手順では、このマニュアルで説明した推奨手順に従い、事前にルータから SPA およびケーブル マネジメント ブラケットを取り外していることが前提です。


輸送用に SPA およびケーブル マネジメント ブラケットを梱包するには、次の手順に従います。


ステップ 1 加熱形成コンテナを開き、SPA および各ケーブル マネジメント ブラケットを、所定のくぼみにはめ込みます。


注意 SPA を扱う際は常にフレームの端とハンドルを持ち、SPA コンポーネントまたはコネクタ ピンには決して手を触れないようにしてください

ステップ 2 加熱形成コンテナを閉じます。スナップが確実に閉まっていることを確認してください。

ステップ 3 加熱形成コンテナが完全に閉じていることを確認します。輸送中にコンテナが開くことがないように、開口部をテープまたは梱包ラベルで固定します。

ステップ 4 加熱形成コンテナを段ボール箱の中に設置します。

ステップ 5 段ボール箱を閉じます。

ステップ 6 輸送中に箱が開くことのないように、段ボール箱のふたをテープで固定します。