Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ システム エラー メッセージ リファレンス ガイド
レイヤ 2 メッセージ
レイヤ 2 メッセージ
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/03/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 38MB) | フィードバック

目次

レイヤ 2 メッセージ

ASIC_ERRORS メッセージ

ATM_ILMI メッセージ

ATM_INARP メッセージ

ATM_NETIO メッセージ

ATM_OAM メッセージ

ATM_RM メッセージ

ATM_SAAR メッセージ

ATM_SOCKET メッセージ

ATM_VCM メッセージ

ATMGCMGR メッセージ

BFD メッセージ

BM_PD メッセージ

BM メッセージ

CDP メッセージ

CEMA メッセージ

CFM メッセージ

CFMMIB メッセージ

CHDLC_EA メッセージ

CHDLC_MA メッセージ

CHDLC_SOCK メッセージ

CHDLCDLL メッセージ

COMMS メッセージ

d1qnetio メッセージ

DI メッセージ

DRIVERS_UTIL メッセージ

ELO_COMMON メッセージ

ELO メッセージ

ELOGM メッセージ

EPI メッセージ

ETH_OUTPUT メッセージ

ETHER_NETIO メッセージ

ETHER メッセージ

ETHERNET メッセージ

FIB_IPV4 メッセージ

FIB_IPV6 メッセージ

GATM メッセージ

GDO メッセージ

IGMPSN メッセージ

IPV6_EA メッセージ

L2C メッセージ

L2FIB_DEBUG メッセージ

L2FIB_LIB メッセージ

L2FIB_SHM メッセージ

L2FIB メッセージ

L2VPN_DEBUG メッセージ

L2VPN_PW メッセージ

L2VPN メッセージ

LACP_LITE メッセージ

OAMMIB メッセージ

PFILTER_EA メッセージ

PLAT_L2FIB_VPLS メッセージ

POS メッセージ

SLARP_EA メッセージ

SLARP_LITE メッセージ

SLARP メッセージ

SRP メッセージ

STP_IO メッセージ

STP_LIB メッセージ

STP メッセージ

STREE メッセージ

T3E3 メッセージ

VCM_CLIENT メッセージ

VCM メッセージ

vlan_netio メッセージ

vlea メッセージ

vlma メッセージ

XCONNECT メッセージ

レイヤ 2 メッセージ

ここでは、イーサネット ドライバ、Packet-over-Sonet(PoS)、SONET、PLIMS などの、レイヤ 2 に関連するすべてのシステム エラー メッセージについて説明します。このモジュールでは、次のファシリティ コードを示します。

ASIC_ERRORS メッセージ

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_ECM_CREATE

ASIC Error library has failed to create an Event Connection Manager. Reason: [chars].

説明 エラー接続マネージャの作成中に、ASIC エラー ライブラリにエラーが発生しました。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_ECM_CREATE

ASIC Error library has failed to create an Event Connection Manager. Reason: [chars].

説明 エラー接続マネージャの作成中に、ASIC エラー ライブラリにエラーが発生しました。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_ECM_REG

ASIC Error library has failed to register a connection notification handler with the Event Connection Manager. Reason: [chars].

説明 イベント接続マネージャを使用して SYSDB 通知ハンドラを設定しているときに、ASIC エラー ライブラリにエラーが発生しました。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_ECM_REG

ASIC Error library has failed to register a connection notification handler with the Event Connection Manager. Reason: [chars].

説明 イベント接続マネージャを使用して SYSDB 通知ハンドラを設定しているときに、ASIC エラー ライブラリにエラーが発生しました。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_SYSDB

ASIC Error library failed to [chars]. Reason: [chars].

説明 指定された SYSDB 操作中に、ASIC エラー ライブラリにエラーが発生しました。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_SYSDB

ASIC Error library failed to [chars]. Reason: [chars].

説明 指定された SYSDB 操作中に、ASIC エラー ライブラリにエラーが発生しました。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_SYSDB_BAG_ENCODE

ASIC Error library: Encountered SYSDB Bag encode error [chars] during [chars] operation.

説明 指示された操作の実行中に、ASIC エラー ライブラリに SYSDB 符号化エラーが発生しました。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_SYSDB_BAG_ENCODE

ASIC Error library: Encountered SYSDB Bag encode error [chars] during [chars] operation.

説明 指示された操作の実行中に、ASIC エラー ライブラリに SYSDB 符号化エラーが発生しました。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_SYSDB_EDM_REG

ASIC Error library has failed to register an EDM. Reason: [chars].

説明 ASIC エラー ライブラリは、SYSDB に接続を確立していたにもかかわらず、外部データ マネージャになれませんでした。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

エラー メッセージ %L2-ASIC_ERRORS-7-ERR_SYSDB_EDM_REG

ASIC Error library has failed to register an EDM. Reason: [chars].

説明 ASIC エラー ライブラリは、SYSDB に接続を確立していたにもかかわらず、外部データ マネージャになれませんでした。

推奨処置 この状態を適切に処理できるクライアント アプリケーションにエラーが報告されます。*None*

ATM_ILMI メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATM_ILMI-2-IM_ERR

[chars] : [chars]

説明 IM 操作のエラー。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_ILMI-2-INTERNAL_ERR

[chars] : [chars]

説明 内部エラー。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_ILMI-2-SYSDB_ERR

[chars]

説明 sysdb 操作のエラー。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

ATM_INARP メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATM_INARP-2-INTERNAL_ERR

[chars] : [chars]

説明 内部エラー。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_INARP-2-NOMEM

Operation failed due to memory shortage, function: [chars]

説明 ボックスのメモリ容量が非常に少なくなっています。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

ATM_NETIO メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATM_NETIO-3-CARD_DLL

Failed to open card specific dll [chars]

説明 カード固有の dll が存在しない可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_NETIO-3-INSERT_DICT

Insertion to ATM Netio Dictionary fails

説明 ロードパス変数に、env 変数設定が設定されていない可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_NETIO-3-INVALID_DLL

DLL not found for the specified card : [chars]

説明 パッケージからインストール Dll が欠落していないかチェックしてください。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_NETIO-3-LOAD_PATH

Failed to get load path env variable for dll [chars]

説明 ロードパス変数に、env 変数設定が設定されていない可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_NETIO-3-MEMORY

Failed to malloc [unsigned int] bytes

説明 DLL が必要なメモリ容量の取得に失敗しました。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-ATM_NETIO-3-PARSE_FAILURE

Failed to parse atm_netio.rules at line: [chars]

説明 atm_netio.rules ファイルが変更されたため、解析が失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_NETIO-3-PARSER_NULL_PATH

Path to load the atm_netio.rules is NULL

説明 atm_netio.rules ファイルへのパスが見つかりません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_NETIO-6-DEBUG_REG

Debug registration failed: [chars]

説明 デバッグ メッセージの登録が失敗しました。

推奨処置 対処は不要です。

ATM_OAM メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATM_OAM-2-IM_ERR

[chars] : [chars]

説明 IM 操作のエラー。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_OAM-2-INTERNAL_ERR

[chars] : [chars]

説明 内部エラー。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_OAM-2-SYSDB_ERR

[chars]

説明 sysdb 操作のエラー。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

ATM_RM メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATM_RM-1-SYSDB_ERR

[chars] : [chars]

説明 sysdb 操作のエラー。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-ATM_RM-2-INTERNAL_ERR

[chars] : [chars]

説明 成功すると予測されていた重要な機能が失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_RM-2-NOMEM

Failed to allocate [dec] bytes due to memory shortage

説明 ルータのメモリ容量が非常に少なくなっています。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-ATM_RM-4-BANDWIDTH_ERR

[chars] : Bandwidth available [unsigned int] : Failed to reserve [unsigned int]

説明 利用可能な帯域幅が不足しています。考えられる原因:クラス パラメータから QoS を継承する VC が多すぎます。

推奨処置 メイン インターフェイスに固有の QoS 値を VC に設定する必要がある場合は、不要な継承を止めるために、これらの VC に QoS を設定してからインターフェイスにクラスを適用してください。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

ATM_SAAR メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATM_SAAR-2-INIT

Failed to initialise ATM SAAR: [chars] ([chars])

説明 ATM SAAR コンポーネントの初期化エラーが発生しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_SAAR-6-DEBUG_REG

Debug registration failed: [chars]

説明 デバッグ メッセージの登録が失敗しました。

推奨処置 対処は不要です。

ATM_SOCKET メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATM_SOCKET-2-INTERNAL_ERR

[chars] : [chars]

説明 成功すると予測されていた重要な機能が失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_SOCKET-2-NOMEM

Allocation of [dec] bytes failed due to memory shortage

説明 ルータのメモリ容量が非常に少なくなっています。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-ATM_SOCKET-3-RESMGR_ATTACH

Failed to setup atm socket as a resource manager: [chars]

説明 atm_io プロセスは、プロセス自体をリソース マネージャとしてシステムにアドバタイズできませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

ATM_VCM メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATM_VCM-2-IM_ERR

[chars] : [chars]

説明 IM 操作のエラー。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_VCM-2-INTERNAL_ERR

[chars] : [chars] : [chars]

説明 内部エラー。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATM_VCM-2-SYSDB_ERR

[chars]

説明 sysdb 操作のエラー。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

ATMGCMGR メッセージ

エラー メッセージ %L2-ATMGCMGR-2-DBG_INIT

Failed to initialize [chars], because of [chars].

説明 デバッグ イベントの初期化中に障害が発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ATMGCMGR-2-INIT

Failed to initialize [chars], because of [chars].

説明 プロセスの初期化中に障害が発生しました。プロセスが再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

BFD メッセージ

エラー メッセージ %L2-BFD-4-RATE_LIMIT_WARNING_HIGH_WATERMARK

BFD PPS allocation exceeds 90 percent of maximum.

説明 BFD は、この LC に 1 秒あたりの許容パケット数の 90% を割り当てました。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-BFD-4-RATE_LIMIT_WARNING_LOW_WATERMARK

BFD PPS allocation now less 85 percent of maximum.

説明 BFD は、以前に割り当てた 1 秒当たりのパケット使用量の一部を解放したため、現在この LC の許容量の 85% 未満です。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-BFD-6-SESSION_NO_RESOURCES

No resources for session to neighbor [chars] on interface [chars], interval equals [unsigned int] ms[chars]

説明 リソースが不足しているため、BFD セッションを作成または変更できません。

推奨処置 他の BFD セッションを削除して、このセッション用にリソースを解放してください。

エラー メッセージ %L2-BFD-6-SESSION_NO_RESOURCES_CLR

Lack of resources condition has cleared for session to neighbor [chars] on interface [chars]

説明 現在このセッションでリソースを利用できます。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-BFD-6-SESSION_REMOVED

BFD session to neighbor [chars] on interface [chars] has been removed

説明 BFD セッションは削除されました。BFD セッションがアプリケーションによって削除されたことが原因です。これは、アプリケーションで BFD が設定解除された、またはアプリケーションの隣接が削除された結果、発生する可能性があります。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-BFD-6-SESSION_STATE_DOWN

BFD session to neighbor [chars] on interface [chars] has gone down. Reason: [chars]

説明 BFD セッションがダウンしました。これは、転送パスがダウンした結果発生している場合があります。

推奨処置 ネイバーへの転送パスがダウンしていないかどうか判別してください。

エラー メッセージ %L2-BFD-6-SESSION_STATE_UP

BFD session to neighbor [chars] on interface [chars] is up

説明 BFD セッションがアップ状態になっています。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-BFD-6-SESSION_VERSION_CHANGE

BFD session to neighbor [chars] on interface [chars] is administratively down due to version change from version [unsigned int] to version [unsigned int]

説明 BFD セッションは、プロトコル バージョンを変更するために管理上のダウン状態にされました。

推奨処置 対処は不要です。

BM_PD メッセージ

エラー メッセージ %L2-BM_PD-3-DLL_CERRNO

Failure registering cerrno DLL with subsys num [unsigned int] and DLL name [chars]. Error: [chars]

説明 コンポーネントからのエラー コードをデコードするための DLL の登録中に、障害が発生しました。この結果、一部のコードが表示されなくなりますが、それ以外の影響はありません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM_PD-3-DLL_CERRNO

Failure registering cerrno DLL with subsys num [unsigned int] and DLL name [chars]. Error: [chars]

説明 コンポーネントからのエラー コードをデコードするための DLL の登録中に、障害が発生しました。この結果、一部のコードが表示されなくなりますが、それ以外の影響はありません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM_PD-3-DLL_INIT

Failure during intialization of [chars]. Error: [chars]

説明 プラットフォーム依存の隣接プログラミング DLL の初期化中に障害が発生しました。これにより、ホスティング プロセスが再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM_PD-3-DLL_INIT

Failure during intialization of [chars]. Error: [chars]

説明 プラットフォーム依存の隣接プログラミング DLL の初期化中に障害が発生しました。これにより、ホスティング プロセスが再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM_PD-3-DLL_TRACE

Failure initializing tracing ([chars] buffer). Error: [chars]

説明 隣接管理 DLL のトレースの初期化中に障害が発生しました。これにより、DLL がアンロードされ、隣接プログラミングは発生しません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM_PD-3-DLL_TRACE

Failure initializing tracing ([chars] buffer). Error: [chars]

説明 隣接管理 DLL のトレースの初期化中に障害が発生しました。これにより、DLL がアンロードされ、隣接プログラミングは発生しません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM_PD-4-ERR_ADJ_DLL_INIT

Failure during intialization of [chars]. Error: [chars]

説明 プラットフォームに依存しない隣接完了 DLL の初期化中に障害が発生しました。これにより、ホスティング プロセスが再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM_PD-4-ERR_INIT

Failure during intialization of [chars]. Error: [chars]

説明 プロセスの初期化中に障害が発生しました。プロセスが再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

BM メッセージ

エラー メッセージ %L2-BM-3-ERR_IIR_MEMBERSHIP

Link [chars] in [chars] reported by IIR in bundle [chars].

説明 再起動の間に IIR と同期化していると、リンクがプロセスのチェックポイント レコードと異なるバンドルに存在することが報告されました。これは絶対に発生してはならず、回復不可能です。IIR からの情報は廃棄されます。また、プロセスが IIR と同期化しなくなっているため、さらに問題が発生する可能性があります。

推奨処置 エラーを報告したバンドル マネージャ プロセスのチェックポイント データを削除(rm /tmp/chkpt_bundlemgr_distrib* を実行)し、プロセスを再起動してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_ACTIVATE

Failure during activation of [chars]. Error: [chars]

説明 プロセスのアクティベーション中に障害が発生しました。カードが ACTIVE 状態になるとアクティベーションされます。このエラーにより、プロセスが再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_ADJ_DLL_INIT

Failure during intialization of [chars]. Error: [chars]

説明 プラットフォームに依存しない隣接完了 DLL の初期化中に障害が発生しました。これにより、ホスティング プロセスが再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_ADMINSTATE

Unable to [chars] administrative state for [chars] on [chars]. Error: [chars]

説明 試行された操作は失敗しました。セットの場合、バンドルがシャットダウンすると、リンクがアップ状態となる場合があります。これはバンドルの「no shut」と「shut」によって解決できます。clear の場合、リンクがバンドルから削除されてもダウンのままとなることがあります。これは、リンクをバンドルに再度追加して、バンドルから再度削除することによって解決できます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_COMMS_LINK_UNKNOWN

Received link update response for unknown interface (ifhandle [hex]). Ignoring response

説明 バンドル マネージャ プロセス間でアップデートのやりとりが行われ、未知のインターフェイスの応答が受信されました。インターフェイスがバンドル メンバーとして最近設定解除された場合、これは、エラーを示している可能性があります。それ以外の場合は、何らかの未知のエラー状態を示しています。

推奨処置 指定されたインターフェイス ハンドルがまだバンドル メンバーであると見込まれている場合、すべてのバンドル プロセスを再起動すると元に戻ります。エラーが最近設定解除されたバンドル メンバーを示す場合、このメッセージは実害のあるものではない可能性があります。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_EVM_EVENT_BLOCK

Unrecoverable error in event loop. Error: [chars]

説明 イベント ループでエラー(EINTR 以外)が発生しました。プロセスは終了し、再起動しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_GROUP_CREATE

Unable to create GSP group. Error: [chars]

説明 バンドル マネージャ プロセス間の通信に使用するグループの作成に失敗しました。プロセスが再起動されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show gsp groups コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show gsp groups の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_IDENTICAL

Attempting to order [chars] and [chars] that have identical port information

説明 バンドル メンバー リストと挿入される新規エントリを比較したところ、両方に同一のポート データがあることが判明しました。このため、新しいリンクをリストに挿入できず、操作は失敗しました。

推奨処置 メッセージに名前が示されているリンクの設定を削除して、設定を再度追加してください。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_IIR_BDL_DATA

Invalid [chars] specified by IIR for CH[hex]: [unsigned int]

説明 IIR 通知に示されたデータは、そのタイプで認識されている値ではありません。情報が無効であるため、このバンドルの隣接をハードウェアにプログラミングできません。

推奨処置 バンドルを削除して再作成してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_IIR_BDL_HANDLE

Invalid (NULL) interface handle supplied for a bundle by IIR

説明 IIR 通知に示されたインターフェイス ハンドルは NULL でした。情報は無効であり、無視されます。

推奨処置 このイベントを特定のバンドルに対する変更に関連付けできる場合は、バンドルを削除して再作成してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_IIR_MBR_DATA

Invalid [chars] specified by IIR for CH[hex] member CH[hex]: [unsigned int]

説明 IIR 通知に示されたデータは、そのタイプで認識されている値ではありません。情報は無効であり、無視されます。

推奨処置 バンドルを削除して再作成してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_IIR_MBR_HANDLE

Invalid (NULL) interface handle supplied by IIR for a member of CH[hex]

説明 IIR 通知に示されたインターフェイス ハンドルは NULL でした。情報は無効であり、無視されます。

推奨処置 バンドルを削除して再作成してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_IIR_OP

Unable to report IIR op failure for b_ifh [hex], m_ifh [hex] (op [chars], state [chars]). Error: [chars]

説明 IIR イベントの処理中にエラーが発生したため、バンドル EA プロセスはこのエラーを IIR に報告できませんでした。これにより、データ プレーンのバンドル メンバーシップとの間に何らかの不整合が生じ、コントロール プレーンに基づくように意図された内容と一致しなくなる場合があります。

推奨処置 IIR にエラーを報告できない場合、IIR との接続に問題があります。これは一時的な問題であった可能性がありますが、エラーの発生場所で ifmgr および bundlemgr_ea またはその両方のプロセスを再起動することが必要になる場合があります。報告されるはずだったエラーにも対処する必要があります。このエラーは、下位レイヤのプラットフォーム コンポーネントで発生した可能性があり、リソース割り当てエラーの可能性があります。エラー コードに障害に関する情報が示されている場合は、エラーに該当する処置を行ってください。エラー コードが固有のものでない場合は、イベントがリンクのアクティブ化であったか、リンクの非アクティブ化または削除であったかどうかに応じて対処してください。アクティブ化の問題であれば、メンバー リンクを設定解除して再設定します。これが失敗する場合は、メンバー リンクを設定解除した後で、bundlemgr_ea プロセスの再起動を試行してください。非アクティブ化または削除による障害の場合は、improxy プロセスを再起動して、bundlemgr EA で完全な再同期をトリガしてください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_IIR_SUB_HANDLE

Invalid (NULL) interface handle supplied by IIR for a sub-interface of CH[hex]

説明 IIR 通知に示されたインターフェイス ハンドルは NULL でした。情報は無効であり、無視されます。

推奨処置 バンドルを削除して再作成してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_INIT

Failure during intialization of [chars]. Error: [chars]

説明 プロセスの初期化中に障害が発生しました。プロセスが再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_INIT_ENS

Failure to initialise ENS - retry scheduled. Error: [chars]

説明 プロセス内の ENS ライブラリの初期化中に障害が発生しました。より致命的な問題が潜んでいる可能性があります。リトライが試行されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_LINK_ATTACHED

Link [chars] is attached to [chars] that is thought to have no attached members.

説明 このプロセスには集約可能リンクがないと考えられますが、このリンクには接続済みのマークが付いています。このエラーは、ほとんどの場合、リンクを適切に接続または接続解除できなかったことが原因で発生します。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_MEM_ALLOC

Unable to allocate [unsigned int] bytes of memory.

説明 メモリの割り当てに失敗しました。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_MIB_CLEANUP

Failure during cleanup of [chars] in the dot3ad MIB DLL. Error: [chars]

説明 DLL のクリーンアップ中に障害が発生しました。これにより、DLL の以後の再初期化でエラーが発生し、DLL が完全にクリーンアップされない場合があります。

推奨処置 エラーが報告された snmp プロセスを再起動します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_MIB_INIT

Failure during intialization of [chars] in the dot3ad MIB DLL. Error: [chars]

説明 DLL の初期化中に障害が発生しました。これにより、DLL が SNMP エージェントにロードされないため、MIB サービスを利用できません。

推奨処置 エラーが報告された snmp プロセスを再起動します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_MOVING_LINK

Unable to modify bundle id on link [chars] to [unsigned int]: [chars]. Process exiting to recover

説明 指示されたインターフェイスに設定されたバンドル ID を変更しようとしたときに、エラーが発生しました。このエラーから回復するために、プロセスは再起動しています。

推奨処置 プロセスを再起動すると、この問題が解消すると考えられます。これは自動的に実行されるため、対処は不要です。エラーでメモリの問題が示された場合は、このカードに利用可能なメモリを増設してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_MTU_IMPOSE

Imposition of configured MTU failed for [chars], will continue to use previous value: [unsigned int]

説明 MTU のインポジションが IM または別のクライアントによって拒否されました。バンドルは以前に設定された MTU で引き続き動作します。

推奨処置 設定された MTU がインターフェイス タイプおよびインターフェイスのネットワーク レイヤ プロトコルに適切な範囲内にあることを確認します。設定を削除して再適用してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_NETIO_INIT

Failure [chars] in the bundle NetIO DLL during [chars]. Error: [chars]

説明 バンドル NetIO DLL の初期化中に障害が発生しました。アップグレード処理中に発生したエラーの場合、NetIO プロセスはリロードされます。その他の場合、カプセル化がアンロードされ、ユーザにエラーが返されます。特に障害がトレース バッファの割り当て時に発生した場合は、原因の 1 つとして、メモリ不足が考えられます。

推奨処置 エラー メッセージにメモリ不足であることが示された場合は、他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。それ以外の場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_NODE_SET

The replication node set for bundle [chars] was inconsistent following addition or update of link [chars] (new MID [hex], [hex], [hex], old MID [hex], [hex], [hex]) - Process has recovered but other processes may be inconsistent

説明 リンクのアップデート後に、指示されたバンドルの複製情報に矛盾が発生しました。これは、ノード削除イベントがプロセスに通知されなかったことを示します。他のプロセスに矛盾が残る場合がありますが、bundlemgr_distrib プロセスによってこの矛盾が解消されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_PAKMAN

Unable to handle pakman corruption error: [chars]. Process exiting

説明 パケット マネージャの破損が報告され、バンドル マネージャ プロセスは問題から回復するためのクリーンアップに失敗しました。この状況から回復するために、プロセスは終了し自動的に再開されます。

推奨処置 プロセスを再起動すると、この問題が解消すると考えられます。これは自動的に実行されるため、対処は不要です。問題が再発する場合は、パケット マネージャに問題があります。抜本的な解決策は、ラインカードをリロードすることです。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RECREATE_BUNDLE

Unable to recreate bundle CH[hex]. Error: [chars]

説明 バンドルのチェックポイントされたデータを回復するときにエラーが発生したため、データが失われました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show interface bundle name コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show interface bundle name の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show bundle bundle name コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show bundle bundle name 出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show adjacency bundle name detail hardware location loc of error コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show adjacency bundle name detail hardware location loc of error の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。バンドルが 3 つのコマンド出力のすべてで適切に表示されていれば、それ以上の対処は不要ですが、適切に表示されていなければバンドルを設定解除して、再設定してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RECREATE_LINK

Unable to recreate link [chars] in [chars]. Error: [chars]

説明 リンクのチェックポイントされたデータを回復するときにエラーが発生したため、データが失われました。

推奨処置 そのリンクがメンバーとして所属していたバンドルを識別します。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show interface bundle name コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show interface bundle name の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show bundle bundle name コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show bundle bundle name 出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。メンバーが両方のコマンド出力で適切に表示されていれば、それ以上の対応は不要ですが、適切に表示されていなければメンバーを設定解除して、再設定してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_REPAIR_BUNDLE

Unable to repair bundle CH[hex] checkpoint structures. Error: [chars]

説明 バンドル データベースのチェックポイント構造を修復するときに、名前が示されているバンドルにエラーが発生しため、そのバンドルはチェックポイントされませんでした。次回、バンドルのチェックポイントが試行されて失敗すると、チェックポイント テーブルが再構築されるため、成功する可能性は高くなると考えられます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_REPAIR_DATABASE

Unable to repair [chars] database. Failure during checkpoint [chars]. Error: [chars]

説明 名前が示されているデータベースのチェックポイント構造を修復するときに、データベース チェックポイントの登録でエラーが発生しました。その結果、プロセスは意図的に再起動されました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_REPAIR_LINK

Unable to repair checkpoint structures for link [chars] in [chars]. Error: [chars]

説明 リンク データベースのチェックポイント構造を修復するときに、名前が示されているリンクにエラーが発生しため、そのリンクはチェックポイントされませんでした。次回、リンクのチェックポイントが試行されて失敗すると、チェックポイント テーブルが再構築されるため、成功する可能性は高くなると考えられます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_REPLICATE

Replication failed for [chars], when adding member [chars]. Error: [chars]

説明 メンバー インターフェイスの場所にバンドルを複製しようとしたときに、複製操作が失敗しました。これは、メンバーが所属している LC の一部のハードウェア リソースが使い果たされたことが原因で発生したと考えられます。メンバーのレコードは、RP のバンドル プロセスから削除されますが、引き続き LC のバンドル プロセスによって参照されます。

推奨処置 LC のハードウェア リソースがオーバーサブスクライブされていないかどうか(たとえば、LC がサポートできる LC およびバンドル上の VLAN が超過している)を判別してください。オーバーサブスクライブされている場合は、割り当てられた VLAN の数を減らしてください。続いて、メンバー設定を削除して再適用してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RESTORE_LINK

Unable to restore link [chars] in [chars]. [chars]. Error: [chars]

説明 リンクの復元時にエラーが発生し、整合性を維持するために、データは削除されました。エラーから判断すると、リンクから OIR が削除された可能性があります。

推奨処置 リンクの OIR が削除されていないか確認してください。OIR が削除されていない場合は、バンドル メンバーシップ設定を削除し、バンドル メンバーシップ設定を再適用します。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RESYNC_EXCEED_IIR

Exceeded the IIR resync limit for [chars]. Process exiting.

説明 このバンドルに対して、IIR と再同期化しようとする最大試行回数が超過しました。最も安全な処置はプロセスを再起動することですが、この処置は完了しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RESYNC_SCHED_IIR

Unable to schedule an IIR resync for [chars]. Process exiting.

説明 このバンドルに対して、IIR との再同期化をスケジュールしようとしましたが、失敗しました。最も安全な処置はプロセスを再起動することですが、この処置は完了しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RETRY_EXCEED

Exceeded maximum number of retries for [chars]

説明 情報の再送またはクエリの試行回数がリトライ制限を超えたため、これ以上の試行は行われません。このため、メッセージの効果は失われます。影響は、失われたメッセージによって異なります。メッセージがグローバル エラーを示す場合は、プロセスは終了して再起動されます。

推奨処置 メッセージがグローバル エラーを示していた場合は、プロセスが正常に再起動したことを確認してください。メッセージがバンドルまたはバンドル メンバーを示す場合は、オブジェクトがまだ設定されていて、存在することを確認してください。問題が発生しているオブジェクトの設定を一部変更します。これにより、もう一度アップデートを送信しようとする試行がトリガされます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RETRY_EXCEED_GSP

Retry limit for GSP initialization exceeded: [chars]

説明 別のノード上のバンドル マネージャ プロセスとの通信に使用する GSP グループの作成を数回試みた後で、リトライ制限を超えました。障害の原因は、外部の通信障害である可能性が非常に高いため、そのような形跡がないか確認してください。プロセスは終了して自動的に再起動されるため、バンドル マネージャが再試行するための対処は不要です。

推奨処置 これは全般的な通信問題である可能性が高いため、他のプロセスでも同様の通信エラーが報告されていないか確認してください。通信問題が解決されない限りバンドル マネージャ プロセスは起動できませんが、バンドル マネージャ プロセスが終了して再起動されるため、対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RETRY_EXCEED_IMP

Exceeded the retry limit for IMP events.

説明 IMP メッセージの最大リトライ回数を超えました。バンドルのクリーンアップでエラーが発生したため、ラインカード コンポーネントにバンドルのデータが残っている場合があります。これにより、引き続き問題が発生する可能性があります。エラーを報告したプロセスを再起動して回復します。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RETRY_EXCEED_SYSTEM_MAC

Retry limit for system MAC address query exceeded: [chars]

説明 SDRd からシステムの MACアドレスをクエリしようと数回試みた後で、リトライ制限を超えました。障害の原因は SDRd または Shelfmgr の問題である可能性が高いため、この形跡がないか確認してください。プロセスは終了して自動的に再起動されるため、バンドル マネージャが再試行するための対処は不要です。

推奨処置 バンドル マネージャ プロセスが終了して再起動されるため、対処は不要です。ボード(EEPROM など)が MAC アドレス情報の送信元であり、問題の原因の 1 つと考えられるため、これが適切にプログラミングされていることを確認してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_RETRY_SCHED

Unable to send update for [chars] and unable to schedule retry: [chars]

説明 アップデートを別のノードのバンドル マネージャ プロセスに送信しているときに、タイムアウトが発生しました。リトライ メカニズムの問題により、メッセージの再送をスケジューリングできません。このため、メッセージの効果は失われます。影響は、失われたメッセージによって異なります。

推奨処置 問題が発生しているオブジェクトの設定を一部変更します。これにより、もう一度アップデートを送信しようとする試行がトリガされます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_SYSMGR

Failure communicating readiness to System Manager. Error: [chars]

説明 プロセスは正常に初期化されましたが、正常終了の結果をシステム マネージャに通知できませんでした。

推奨処置 エラーが報告されたノードのシステム マネージャ プロセスのステータスを確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_SYSTEM_MAC_RESET

Existing system MAC address not found in allocation. System MAC address for bundles is being reset

説明 バンドル マネージャと MAC 割り当てプロセスの間で再同期化が発生した後、バンドル マネージャに割り当てられたアドレスのなかに、システム MAC として使用するために割り当てられた MAC アドレスが見つかりません。バンドル マネージャは、この目的に使用する新しい MAC アドレスを選択します。LACP を実行しているバンドル リンク上にフラップが表示されます。

推奨処置 バンドル マネージャ プロセスにより、新しいアドレスが自動的に選択されるため、このエラーを解決するための対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-BM-4-ERR_UNREPLICATE

Unreplication failed for [chars], when removing member [chars]. Error: [chars]

説明 メンバー インターフェイスの場所からバンドルの複製を停止しようとしたときに、複製の停止操作が失敗しました。一部のハードウェア リソースは、削除されたメンバーの場所でバンドル用として引き続き使用される場合があります。また、新しいメンバーが追加される場合、その場所にバンドルを再び複製するときに問題が発生する可能性もあります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-4-LRD_RESYNC

Bundle member [chars] is being referenced from a non-existent node [hex]

説明 LRd との再同期化時に、バンドル マネージャは、バンドル メンバーが存在しないカード上にあることを突然検出しました。このメンバーはクリーンアップされます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-BM-5-CHURN

Interface [chars] in [chars] [chars] on actor system

説明 チャーンが検出された(リンクをただちに同期化できなかったため)か、チャーン状態がクリアされました。

推奨処置 チャーンが宣言された場合は、そのリンクの設定でリンクを集約できるかを確認し、必要に応じて修復してください。確認する項目は、互いに不適合なリンク、またはチャーンを報告しているリンク両端の設定ミスです。

エラー メッセージ %L2-BM-6-DISTRIBUTING

[chars] [chars] in Distributing state as part of [chars]

説明 これは、リンクが分散ステートに入った、またはバンドル インターフェイスの一部として分散ステートのままになっていることを報告する情報メッセージです。リンク設定が変更されていたり、ステート変更や LACP プロトコルの更新などのイベントに関する運用上の理由が発生している場合があります。

推奨処置 なし。これはエラーではありません。

エラー メッセージ %L2-BM-6-MIN_MAX

[chars] is down because the minimum active link threshold ([unsigned int]) is greater than the maximum permitted links ([unsigned int])

説明 これは、最小アクティブ リンクと最大アクティブ リンクの設定が矛盾しているため、バンドルが運用上ダウンしていることを報告する情報メッセージです。バンドルの起動に必要なアクティブ リンクの数が、バンドルでアクティブ化できるリンクの数よりも多くなっています。また、最大アクティブ リンク基準が削除された場合は、バンドルがアクティブ化するのに十分なリンクがスタンバイ ステートで保持されています。

推奨処置 この状況が意図されたものでない場合は、最小アクティブ リンクのしきい値を減らすか、バンドルの最大許容リンク数を増やします。

CDP メッセージ

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_CONN

Connection error on [chars]([pointer]): [chars]

説明 CDP が管理するイベント接続のいずれかでエラーが発生し、CDP はこのエラーから自動的に回復できませんでした。

推奨処置 CDP を再起動してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IM_ATTR_REGISTRATION

Unable to register for duplex change notifications: [chars]

説明 デュプレックス変更通知の CDP 登録が失敗しました。これにより、発信 CDP パケットからデュプレックス情報が欠落します。

推奨処置 CDP を再起動してください(「proc restart cdp location location」を実行)。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IM_CAPS_ADD

Failed to add the CDP capsulation to interface [chars]: [chars]

説明 CDP は、CDP カプセル化を指定のインターフェイスにインストールできなかったため、CDP は、このインターフェイスでパケットを送信または受信できません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IM_CAPS_REMOVE

Failed to remove the CDP capsulation on interface [chars]: [chars]

説明 CDP は、指定されたインターフェイスの CDP カプセル化をアンインストールできなかったため、CDP のステートが矛盾している可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IM_MTU_REGISTER

Failed to register for MTU size changes on interface [chars]: [chars]

説明 CDP は、この特定のインターフェイスについて、MTU サイズ変更をインターフェイス マネージャに登録できませんでした。これにより、CDP パケットの送信時に問題が発生する可能性があります。

推奨処置 このインターフェイスで「cdp disable」、「cdp enable」を実行して、回復を試行します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IM_STATE_REGISTER

Failed to register for state changes on interface [chars]: [chars]

説明 CDP は、この特定のインターフェイスでのステート変更をインターフェイス マネージャに登録できませんでした。そのため、CDP がインターフェイスのステートを追跡できなくなります。CDP 機能が損なわれることがあります。

推奨処置 このインターフェイスで「cdp disable」、「cdp enable」を実行して、回復を試行します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_INTF_INIT

Initialisation of CDP on interface [chars] failed: [chars].

説明 指定されたインターフェイスで CDP を実行できません。利用可能なリソースが不足していることが原因と考えられます。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。このインターフェイスで「cdp disable」および「cdp enable」を設定するか、影響を受けているノードで CDP を再起動すると、このような状況から回復することがあります。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_INTF_STATS

No CDP protocol statistics can be collected on [chars]: [chars]

説明 収集された統計情報を指定されたインターフェイスに登録できませんでした。CDP パケットに対して、「show interface name accounting」コマンドが正確に入力されていない可能性があります。

推奨処置 このノードの CDP プロセスおよび統計サーバ プロセスの再起動を試行してください。「proc restart cdp location node proc restart statsd_server location node」というメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IPV4_ADDRESS_SCAN

[chars]: Failed to scan the IPv4 addresses for this interface: [chars]. This means that IPv4 information will be missing from outgoing CDP packets

説明 このインターフェイスの IPv4 アドレスのスキャンが失敗しました。これにより、発信 CDP パケットにこのインターフェイスの IPv4 アドレス情報が含まれなくなります。隣接デバイスでは、このインターフェイスの IPv4 アドレス情報が認識されません。

推奨処置 このノードで CDP をアドレス コンシューマとして再起動する、または ipv4_ma をアドレス プロバイダーとして再起動すると、問題が解消することがあります。proc restart cdp location location of failure または proc restart ipv4_ma location location of failure

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IPV4_REGISTRATION

Unable to register for IPv4 address notifications: [chars]. This means that IPv4 information will be missing from outgoing CDP packets.

説明 IP アドレス ライブラリへの CDP 登録が失敗しました。これにより、発信CDP パケットにこのノードに固有のインターフェイスの IPv4 アドレス情報が含まれなくなります。隣接デバイスでは、このルータのインターフェイスの IPv4 アドレス情報が認識されません。

推奨処置 このノードで CDP をアドレス コンシューマとして再起動する、または ipv4_ma をアドレス プロバイダーとして再起動すると、問題が解消することがあります。proc restart cdp location location of failure または proc restart ipv4_ma location location of failure

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IPV6_ADDRESS_SCAN

[chars]: Failed to scan the IPv6 addresses for this interface: [chars]. This means that IPv6 information will be missing from outgoing CDP packets

説明 このインターフェイスの IPv6 アドレスのスキャンが失敗しました。これにより、発信 CDP パケットにこのインターフェイスの IPv6 アドレス情報が含まれなくなります。隣接デバイスでは、このインターフェイスの IPv6 アドレス情報が認識されません。

推奨処置 このノードで CDP をアドレス コンシューマとして再起動する、または ipv6_ma をアドレス プロバイダーとして再起動すると、問題が解消することがあります。proc restart cdp location location of failure または proc restart ipv6_ma location location of failure

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_IPV6_REGISTRATION

Unable to register for IPv6 address notifications: [chars]. This means that IPv6 information will be missing from outgoing CDP packets.

説明 IP アドレス ライブラリへの CDP 登録が失敗しました。これにより、発信CDP パケットにこのノードに固有のインターフェイスの IPv6 アドレス情報が含まれなくなります。隣接デバイスでは、このルータのインターフェイスの IPv6 アドレス情報が認識されません。

推奨処置 このノードで CDP をアドレス コンシューマとして再起動する、または ipv6_ma をアドレス プロバイダーとして再起動すると、問題が解消することがあります。proc restart cdp location location of failure または proc restart ipv6_ma location location of failure

エラー メッセージ %L2-CDP-3-ERR_STATS

No per-interface CDP protocol statistics can be collected: [chars]

説明 CDP は、インターフェイスごとに CDP プロトコル統計収集情報を登録できませんでした。CDP パケットに対して、「show interface accounting」コマンドが正確に入力されていない可能性があります。

推奨処置 このノードの CDP プロセスおよび統計サーバ プロセスの再起動を試行してください。「proc restart cdp location node proc restart statsd_server location node」というメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-3-STALE_TLV

On [chars] the [chars] TLV is not up to date: [chars]

説明 CDP は、送信側 TLV を更新する通知を受信しましたが、示されているエラーにより、更新が失敗しました。CDP に格納されている情報は古くなっています。

推奨処置 インターフェイスで「cdp disable」、「cdp enable」を実行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-4-DUPLEX_MISMATCH

Duplex mismatch discovered on [chars] ([chars]), with [chars] [chars] ([chars]).

説明 CDP は、隣接するインターフェイスで一致しないデュプレックス設定を検出しました。

推奨処置 インターフェイスを同じデュプレックス(全二重または半二重)で設定してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-4-ERR_MULTICAST_ADDR_SET

Error setting up the CDP multicast address on [chars] (media [chars]): [chars]

説明 CDP マルチキャスト アドレスの設定中に、ドライバによってエラーが返されました。CDP パケットが廃棄され、CDP プロセスに到達しない可能性があります。

推奨処置 CDP パケットの損失が確認された場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-4-ERR_TABLE_RESIZE

Not enough memory to clear and resize the CDP table

説明 CDP は、CDP ハッシュ テーブルのサイズ変更を試行したときにメモリを使い果たしました。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。CDP は、直前の CDP テーブルの使用を試み、このテーブルを引き続き使用します。

エラー メッセージ %L2-CDP-4-NEIGHBOR_LIMIT

The CDP cache on this node is full. It contains [dec] neighbor entries

説明 ネイバーの CDP キャッシュの制限に達しました。既存のエントリがいくつか削除されないかぎり、ネイバー キャッシュにこれ以上のネイバーは追加されません。エントリ数は、DoS 攻撃を防御するために制限されています。

推奨処置 既存の CDP ネイバーに偽装されたエントリがないか確認してください。CDP がDoS 攻撃を受ける可能性があります。CDP ネイバー エントリを削除する必要がある場合は、clear cdp table コマンドを使用できます。

エラー メッセージ %L2-CDP-4-NO_KNOWN_MEDIA

CDP did not find any recognized media to run over

説明 CDP は、CDP によって認識されるメディアを検出できなかったため、メディア モジュールの初期化に失敗しました。CDP がこのノードでそのインターフェイス タイプをサポートしない場合、これは正常な状況である可能性があります。それ以外の状況では、CDP が再起動して自動的に復旧します。

推奨処置 このノードに、CDP の実行が予想されるメディア タイプとのインターフェイスがない場合は、これは正常な状態である可能性があります。CDP がこのノードのインターフェイス タイプで実行されることが予測される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡し、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-4-NO_KNOWN_MEDIA_DRIVERS

CDP did not find any recognized media drivers

説明 CDP は、CDP によって認識されるメディア ドライバを検出できなかったため、メディア モジュールの初期化に失敗しました。CDP がこのノードでそのインターフェイス タイプをサポートしない場合、これは正常な状況である可能性があります。それ以外の状況では、CDP が再起動して自動的に復旧します。

推奨処置 このノードのインターフェイスのメディア ドライバがありません。CDP がこのノードのインターフェイス タイプをサポートしない場合、これは正常な状況である可能性があります。それ以外の場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-4-WARN_INIT

Initialization warning, module: [chars], operation: [chars]: [chars]

説明 CDP の初期化中に障害が発生しました。CDP が再起動すると、問題が解消されます。

推奨処置 CDP は自動的に回復しよう試みます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-4-WARN_TERM

Termination warning, module: [chars], operation: [chars]: [chars]

説明 CDP の終了中に障害が発生しました。このような状況では、CDP は自動的に回復します。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CDP-6-DELETED_NEIGHBOR

CDP Neighbour [chars] on interface [chars] has been deleted, remote interface [chars]

説明 エントリが CDP ネイバー テーブルから削除されています。「cdp log adjacency changes」を実行して要求された削除済みの CDP ネイバーの通知です。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-CDP-6-NEW_NEIGHBOR

New CDP neighbor [chars] detected on interface [chars], remote interface [chars]

説明 新しいエントリが CDP ネイバー テーブルに追加されました。「cdp log adjacency changes」を実行して要求された新規 CDP ネイバーの通知です。

推奨処置 対処は不要です。

CEMA メッセージ

エラー メッセージ %L2-CEMA-3-FATAL_ERR

CEMA Fatal Error: [chars]

説明 CEMA モジュールの操作中に、内部で重大エラーが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CEMA-3-MISMATCH_ERR

CEMA Mismatch Error: [chars]

説明 SPA を管理するラインカードのプロセスが再起動されました。再起動の一環として、ユーザが指定した設定と SPA ハードウェアの実際の設定の間に不一致が検出されました。

推奨処置 不一致は、特定の場合にサービスに影響する可能性があります。エラー ログに示されたエンティティとそのすべての子が適切に機能しているかどうか確認してください。詳細な支援を受ける場合は、シスコの TAC に連絡してください。

エラー メッセージ %L2-CEMA-4-GEN_ERR

CEMA Internal Error: [chars]

説明 CEMA モジュールの操作中に、内部でエラーが検出されました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

CFM メッセージ

エラー メッセージ %L2-CFM-3-CCI_TIMER

Failed to start CCM generation timer in domain [chars], service [chars] with timeout [unsigned int]ms, jitter [unsigned int]ms: [chars]

説明 CCM 生成タイマーの起動または再起動時に、エラーが発生しました。このドメインまたはサービスの MEP にこれ以上の CCM メッセージは送信されません。

推奨処置 このサービスの CCM 生成を設定解除し、設定をコミットしてから再設定します。問題が解消されない場合は、問題が発生しているノードの「cfmd」プロセスを再起動すると解消できることがあります。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-CCM_GEN_ERROR

Failed to update or disable the generation of CCM messages for a number of local MEPs as a result of an interface state change or changes in configuration: [chars]

説明 多数のローカル MEP に対して CCM メッセージを生成する、またはディセーブルにしようとしたときに障害が発生しました。このイベントは、EFP ステートの変更または設定の変更(たとえば、Cos ビットの変更または CCM インターバルの変更)によってトリガされました。これにより、発信 CCM メッセージに正しくないインターフェイスのステート情報または Cos ビットが含まれる、CCM がまったく送信されない、あるいは CCM が停止しなくてはならないのに送信されてしまう場合があります。エラーが解消されない場合は、CFM が適切に動作していない可能性があります。

推奨処置 設定変更の結果、エラーが発生した場合は、設定を削除して再適用します。それでもエラーが解消されない、またはエラーが EFP のステート変更の結果として発生した場合は、エラーが発生しているノードの cfmd プロセスを再起動するか、影響を受けているインターフェイスをすべてシャットダウンし、再度イネーブルにするとエラーが解消される場合があります。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-CFG_DELETED_INTF_OP

Received new configuration for an interface that is not expected to exist. Configuration operation: [chars]. Interface CH[hex]

説明 システムの別の部分からの通知により、インターフェイス マネージャに存在しないインターフェイスで何らかの操作を実行する必要があることが示されています。CFM デーモンの内部状態は要求された操作に従って更新されますが、影響を受けるインターフェイスにメンテナンス ポイントは作成されません。これは、インターフェイス マネージャと他のインフラストラクチャ コンポーネントの間に矛盾が生じていることを示します。

推奨処置 操作失敗の原因となっている設定を削除して設定を再度適用すると、システム状態を再同期化できることがあります。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-CFG_MAC_ADDR_UPDATE_FAILED

Error processing MAC address changes for [unsigned int] interfaces. Outgoing CCMs will contain incorrect source MAC addresses: [chars]

説明 CFM は、一連のインターフェイスで MAC アドレスを変更した後に、内部 MAC アドレスの状態を更新できませんでした。CCM は、影響を受けているインターフェイスで誤った MAC アドレスを使用して送信されています。

推奨処置 問題が発生したノードで CFM デーモンを再起動すると、システム状態を再同期化できることがあります。このエラーは、メモリが使い果たされた結果発生することがあります。この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、「process restart cfmd location node」を発行します。メッセージが繰り返し表示される場合、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-CFG_MP_CREATE_FAILED

Failed to create Maintenance Points following a change to CFM configuration: [chars]

説明 新しいメンテナンス ポイントを作成しようとしたときに CFM にエラーが発生し、操作を再試行しても問題が解決されませんでした。この状況はシステム リソースが不足していることを示す場合があります。一部のメンテナンス ポイントが作成されないため、CFM の動作状態は設定と同期化しなくなります。

推奨処置 問題が発生したノードで CFM デーモンを再起動すると、システム状態を再同期化できることがあります。このエラーは、メモリが使い果たされた結果発生することがあります。この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、「process restart cfmd location node」を発行します。メッセージが繰り返し表示される場合、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-CFG_MP_UPDATE_INCONSISTENCY

Failed to update MP config on interface CH[hex]: [chars]

説明 指定したインターフェイスのメンテナンス ポイントを削除または作成しようとしたときに CFM にエラーが発生し、操作を再試行しても問題が解決しませんでした。この状況はシステム リソースが不足していることを示す場合があります。一部のメンテナンス ポイントの削除または作成が失敗したため、CFM の動作状態は設定と同期化しなくなります。

推奨処置 問題が発生したノードで CFM デーモンを再起動すると、システム状態を再同期化できることがあります。このエラーは、メモリが使い果たされた結果発生することがあります。この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、「process restart cfmd location node」を発行します。メッセージが繰り返し表示される場合、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-CGM_APPLY_FAILED

Failed to apply new CFM Configuration. It is likely that the protocol will not operate as intended: [chars]

説明 CFM グローバル マネージャは、一連の有効な設定変更を適用できませんでした。将来の設定変更に悪影響を及ぼすことがあります。この問題は、システム リソースの問題によって発生した可能性があります。

推奨処置 この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、影響を受けているノードで「process restart cgm」を発行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-DB_DELETE_FAILED

Failed to delete [chars] object (ID [chars]) from the [chars] database, because the object wasn't found

説明 ユーザが、オブジェクトが存在しないデータベースからオブジェクトの削除を要求しました。プロセスはこのイベントから回復しますが、内部の不整合が示され、これによって他の問題が発生する可能性があります。

推奨処置 *SUPPORT*

エラー メッセージ %L2-CFM-3-DB_INCONSISTENT

An error condition that indicates an internal inconsistency in a database was encountered: [chars]

説明 データベースで何らかの操作を実行しているときに、内部に不整合が確認されました。プロセスによって、矛盾のない状態の復元が試みられ、操作の続行が可能になります。CFM の一部が同期化しなくなる可能性があります。

推奨処置 さらに問題が発見された場合、プロセスを再起動すると、システムを矛盾がない状態に復元できることがあります。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-DB_LOCK_ERROR

Failed to perform [chars] operation on [chars] lock in database: [chars]

説明 ロック操作を実行しようとしたときに、エラーが発生しました。スレッドは操作を再試行せずに継続します。ほとんどの場合、動作にそれ以上の悪影響が及ぶことはありません。

推奨処置 *SUPPORT*

エラー メッセージ %L2-CFM-3-ECM_RETRY_ERROR

Failed to schedule a retry attempt using the Event Connection Manager library: [chars]

説明 失敗した操作の再試行をスケジューリングしようとしたときに、CFM にエラーが発生しました。操作は再試行されません。一部のメンテナンス ポイントが作成されない可能性があります。これはシステム リソースが不足していることを示す場合があります。

推奨処置 この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、影響を受けているノードで「process restart cfmd」を発行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-ELO_LB_STATE

Failed to retrieve the 802.3 Ethernet Link OAM loopback state of some physical interfaces. [chars]

説明 一部の物理インターフェイスの 802.3 イーサネット リンク OAM ループバック状態を発信 CCM で正確に報告するために、この状態を取得しようとしているときに CFM にエラーが発生しました。この状況は、イーサネット リンク OAM デーモン(elod)プロセスの問題、システム リソースの不足、またはシステムの別の部分で発生した問題を示している可能性があります。発信 CCM メッセージで報告されるインターワーキング状態が正確でなくなる場合があります。

推奨処置 CFM デーモンまたはイーサネット リンク OAM デーモンを再起動すると、ループバック状態を再同期化できることがあります。このエラーは、メモリが使い果たされた結果発生することがあります。この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、影響を受けているインターフェイスがあるノードで「process restart cfmd」および「process restart elod」を発行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-ENGINE_TIMER

Failed to process engine timer: [chars]

説明 エンジン スレッド タイマー ホイールの処理中に、エラーが発生しました。このため、CCM が送信されない、または設定された損失時間が経過してもピア MEP がタイムアウトにならないことがあります。

推奨処置 プロセスは 60 秒後に回復することがあります。問題が解消されない場合は、問題が発生したノードの「cfmd」プロセスを再起動すると解消できることがあります。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-FAULT_NOTIFICATION

Failed to generate a fault notification for a local MEP - domain: [chars], service: [chars], MEP ID: [unsigned int], interface: CH[hex]: [chars]

説明 ピア MEP から障害が検出された結果、ローカル MEP に対して障害通知を生成しようとしたときに、エラーが発生しました。このため、対応する SNMP トラップが生成されなくなります。エラーが解消されない場合は、CFM が適切に動作していない可能性があります。

推奨処置 エラーが解消されない場合は、エラーが発生しているノードで cfmd プロセスを再起動すると解消されることがあります。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-HW_ERROR

Failed to update the hardware with new CFM configuration on interface CH[hex]. [chars]

説明 設定の更新後、ハードウェア パケット処理を更新しようとしたときに、CFM にエラーが発生し、操作を再試行しても問題が解決されませんでした。この状況は、システム リソースが不足している、またはシステムの別の部分で問題が発生していることを示している可能性があります。CFM が処理すべきパケットを受信しない、あるいはパケット処理が予想よりも遅くなる可能性があります。

推奨処置 影響を受けているノードで cfmd プロセスまたは cfm_ea プロセスを再起動すると、パケット処理を適切に更新できることがあります。このエラーは、メモリが使い果たされた結果発生することがあります。この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、影響を受けているノードで「process restart cfmd」を発行してください。それでも効果がない場合は、影響を受けているインターフェイスがあるノードで「process restart cfm_ea」を発行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-IM_STATE_ERROR

Failed to reply to Interface Manager with states for [unsigned int] interfaces: [chars]

説明 インターフェイス マネージャに状態メッセージを送信しようと試みたときに、CFM にエラーが発生し、再試行してもエラーを解消できませんでした。インターフェイス マネージャは引き続き応答を待ってから、影響を受けているインターフェイスをシャットダウンする可能性があります。

推奨処置 この状態での動作は、CFM の動作に不可欠でないため、悪影響が確認されない場合、対処は不要です。インターフェイス マネージャがインターフェイスを突然シャットダウンした場合は、影響を受けている各インターフェイスに対して「no shutdown」を発行して、状態をリフレッシュします。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-INV_DEBUG_FLTR

Failed to enable the requested debugging. Invalid debug filter string: [chars]

説明 システム データベースにデバッグ項目が作成されたことが CFM デバッグ ライブラリに通知されましたが、SysDB に予想外の数のフィルタ パラメータが含まれていました。対応するデバッグ フラグが CFM でイネーブルになっていませんでした。このため、デバッグの一部が予想どおりに表示されないことがあります。

推奨処置 問題が発生した場合、「no debug ethernet cfm」コマンドを使用して、デバッグ フィルタを削除してみてください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-L2FIB_ERROR

Failed to communicate with the L2FIB Infrastructure: [chars]

説明 L2FIB インフラストラクチャは処理できないエラーを報告しました。操作は再試行されません。したがって、このため CFM の内部状態がグローバル システム状態と一致しない可能性があります。

推奨処置 問題が発生した場合は、l2fib プロセスおよび l2vpn プロセスの状態に明白なエラーがないか確認します。必要であれば、「process restart」コマンドを使用して、エラーが発生したプロセスを再起動してみてください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-LWM_ERROR

Failed to send a [chars] LWM message from [chars] to [chars] thread in the CFM Daemon - message type: [chars]: [chars]

説明 LWM サブシステムが、CFM デーモン スレッド間でメッセージを送信しようとするときにエラーが発生しました。このデーモン スレッドは処理できませんでした。操作は再試行されません。したがって、このため CFM の内部状態がグローバル システム状態と一致しない可能性があります。

推奨処置 問題が確認されたら、「process restart」コマンドを使用して CFM デーモンの再起動を試行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-MA_RESYNC

Unable to [chars] resynchronization of Maintenance Point state with the CFM EA after a process restarted: [chars]

説明 プロセス(CFM デーモン、EA、またはインターフェイス マネージャ)が再起動した後、CFM デーモンが CFM EA との再同期化を試行しているときに、CFM デーモンにエラーが発生しました。EA に、設定済みのメンテナンス ポイントのセットが正しく表示されない場合があるため、CFM パケットが適切に処理されない可能性があります。

推奨処置 CFM デーモンは内部で再試行できませんでしたが、CFM デーモンを再起動すると、システム状態を再同期化できることがあります。システム リソースの問題が解決されるまで待ってから、「process restart cfmd」を発行します。メッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-MEPS_DELETE_CCM_GEN

Attempt to delete [unsigned int] MEPs while some MEPs are having CCM generation enabled/disabled.

説明 CFM MAは、多数の MEP を削除しようとしましたが、これらの MEP のなかに CCM の生成をイネーブルまたはディセーブルにするようにスケジューリングされていたものがありました。CCM 生成バッチは消去されましたが、これにより、CFM の内部状態と要求した設定の間で不整合が生じることがあります。

推奨処置 問題が確認されたら、「process restart」コマンドを使用して CFM デーモンの再起動を試行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-MP_DB_ALLOC

Failed to create Maintenance Point [chars] in the database. Error [chars]

説明 CFM MA は、データベースに新しいメンテナンス ポイントを作成できませんでした。これは、システム リソースが不足しているか、CFM で内部問題が発生していることを示します。CFM によって作成されるメンテナンス ポイントのセットは、要求される設定と一致しなくなります。

推奨処置 システム リソースの負荷状態が解消されるまで待ってから、影響を受けているメンテナンス ポイントの設定を削除して、設定を再適用してみてください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-PAK_ERROR

Failed while processing packet in [chars]: [chars]

説明 パケットの送信中にパケット管理インフラストラクチャを呼び出して CFM パケットを処理しているときに、予期しないエラーが発生しました。

推奨処置 このエラーが発生すると、「cfmd」プロセスは再起動します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-RETRY_EXCEEDED

Reached the maximum number of retry attempts for [chars]. Failed updates for [unsigned int] interfaces will not be applied

説明 CFM MA は、失敗した操作を再試行しましたが、最大再試行回数に達しました。操作はこれ以上再試行されません。MA は回復を試みますが、作成されるメンテナンス ポイントが、設定で指定されるメンテナンス ポイントと一致しなくなる可能性があります。この問題は、システム リソースの問題によって発生した可能性があります。

推奨処置 この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、影響を受けているノードで「process restart cfmd」を発行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-STATE_UPDATE_DROPPED

Failed to update [unsigned int] interface states in CCMs.

説明 CFM プロトコル マネージャがインターフェイス状態を更新するためのシステム リソースが不足していました。状態の更新通知は配付されません。また、連続性試験メッセージに示されるインターフェイス状態は、影響を受けているインターフェイスに対して適切でありません。その他の CFM 機能は影響を受けません。

推奨処置 システム リソースの負荷状態が解消されるまで待ってから、「process restart cfmd」コマンドを発行して、CFM 内のインターフェイス状態を再同期化します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-3-WL_QUEUE_FAILED

Failed to schedule Maintenance Point [chars] processing for [chars]. [chars]

説明 CFM MA は、インターフェイスのメンテナンス ポイント設定を変更するために必要な操作のスケジューリングに失敗しました。これはシステム リソースの問題である可能性があります。

推奨処置 この問題を解決しようと試みる前に、メモリの問題を解決してください。システム リソースの問題が解決されたら、影響を受けているノードで「process restart cfmd」を発行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-CCM_PARSE_FAILED

Failed to parse CCM received by MEP in domain [chars], service [chars], local MEP ID [unsigned int] on interface CH[hex], CCM received from [chars]: [chars]

説明 受信した CCM メッセージの解析時にエラーが発生しました。詳細は、エラー ストリングに表示されます。これは、間違ったパケットまたは無効なパケットが原因で発生したエラーではありません。エラーが解消されない場合は、CFM が適切に動作していない可能性があります。

推奨処置 エラーが解消されない場合は、エラーが発生しているノードで cfmd プロセスを再起動すると解消されることがあります。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-CFG_INCONSISTENT

Configuration change requested is inconsistent with the current state: [chars]

説明 CFM は、現在の内部状態と整合性がないため、処理できない設定の更新を受信しました。要求された更新は拒否されます。

推奨処置 プロセスを再起動すると、システム状態を再同期化できることがあります。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-ENCAP_CHANGE

[chars]: [chars] on Interface CH[hex] - CFM [chars] on this interface

説明 設定:パケットが、次のいずれかの理由により、メッセージに示されたインターフェイスから CFM によって送信できません。- インターフェイスにカプセル化が設定されていない。- インターフェイスに複雑なカプセル化が設定されており、これが CFM との連携でサポートされていない。複雑なカプセル化には、送信元または宛先 MAC アドレスのマッチング、ペイロードの Ethertype のマッチング、「任意の」キーワードを使用した VLAN タグのマッチングなどが組み込まれます。これらの場合、CFM パケットを送信するためのイーサネット ヘッダーのフォーマット方法を判別できないため、これらのシナリオでは、CFM はサポートされません。- MEP に対して設定された Cos ビットがインターフェイスのカプセル化で設定された Cos ビットと矛盾する。解消:エラー状態はこれ以上維持されません。インターフェイスではカプセル化がサポートされ、CFM パケットを送信できます。

推奨処置 問題がカプセル化に関連する場合は、上記のような「複雑な」マッチング基準を使用せずに、インターフェイスのカプセル化を設定するか、インターフェイスのいずれかの CFM MEP を設定解除してください。問題が Cos ビットの競合である場合は、MEP に対して指定された Cos ビットが、カプセル化で指定された Cos ビット(ある場合)内に収まるように、MEP またはカプセル化を再設定してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-EXIT_FAILED

Failed to notify SysMgr that [chars] is exiting: [chars]

説明 指定されたプロセスは、終了したことをシステム マネージャに通知できせんでした。ごくまれなケースとして、これによって、プロセスが再起動すべきときに、再起動しないことがあります。

推奨処置 プロセスが実行されるべきであるのに実行されない(つまり、CFM 設定が残っている)場合は、すべての CFM 設定を削除し、この変更をコミットしてから設定を再適用してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-INIT_FAILED

Failed to initialize [chars]: [chars]%s

説明 指定されたプロセスの初期化時に、エラーが発生しました。エラー メッセージには、エラーの送信元に関する詳細情報が示されています。

推奨処置 プロセスは終了し、再起動します。問題が解消しない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-LOSS_TIMER_FAILED

Failed to restart loss timer for MEP in domain [chars], service [chars], local MEP ID [unsigned int] on interface CH[hex], peer MAC [chars], peer MEP ID [unsigned int]: [chars]

説明 ピア MEP のロス タイマーを再起動しているときに、エラー メッセージに示されたエラーが発生しました。このため、ピア MEP は、しばらく時間が経過すると誤ってタイムアウトになる可能性があります。

推奨処置 エラーが解消されず、結果的にピア MEP が引き続きフラップする場合、問題が報告されているノードで cfmd プロセスを再起動すると、問題が解消されることがあります。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-LOST_EVENT

[chars] lost event: [chars]

説明 指定されたプロセスは、送信されたイベントの受信に失敗しました。

推奨処置 問題が確認された場合、「process restart」コマンドを使用してプロセスを再起動すると、問題が解消されることがあります。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-MIB_CHKPT_BATCH_ERROR

Failed to manage the checkpointed state: [chars]. [chars]

説明 CFM のチェックポイント データベースを維持しようとしているときに、CFM にエラーが発生しました。チェックポイント データベースは、SNMP を介してドメインおよびサービスにアクセスするための、永続的な MIB インデックスの管理に使用されます。エラーが発生した場合、MIB インデックス値がプロセスの再起動全体にわたって適切に維持されることが CFM によって保証できないため、既存のデータベース オブジェクトに MIB インデックスが再度割り当てられることがあります。

推奨処置 いずれかの設定済みドメインおよびサービスの MIB インデックス値の順序が変更される可能性があることを除いて、CFM は正常に作動し続けます。CFM は、チェックポイント データベースで発生したエラーの修正を試みます。CFM 設定の問題が引き続き発生する場合は、CGM グローバル マネージャを再起動すると、問題が解消されることがあります。CFM グローバル マネージャを再起動するには、影響を受けているノードで「process restart cgm」を発行します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-MIB_CHKPT_ITEM_ERROR

Failed to manage the checkpointed state for a single item: [chars]. [chars]

説明 データベース内の単一項目に対して、CFM のチェックポイント データベースを維持しようとしているときに、CFM にエラーが発生しました。チェックポイント データベースは、SNMP を介してドメインおよびサービスにアクセスするための、永続的な MIB インデックスの管理に使用されます。エラーが発生した場合、MIB インデックス値がプロセスの再起動全体にわたって適切に維持されることが CFM によって保証できないため、既存のデータベース オブジェクトに MIB インデックスが再度割り当てられることがあります。

推奨処置 影響を受けているアイテムの MIB インデックス値の順序が変更される可能性があることを除いて、CFM は正常に作動し続けます。CFM は、チェックポイント データベースで発生したエラーの修正を試みます。CFM 設定の問題が引き続き発生する場合は、CGM グローバル マネージャを再起動すると、問題が解消されることがあります。CFM グローバル マネージャを再起動するには、影響を受けているノードで「process restart cgm」を発行します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-NOTIFY_LOSS_FAILED

Failed to relay information about loss of connectivity for MEP in domain [chars], service [chars], local MEP ID [unsigned int], peer MEP ID [unsigned int], peer MAC [chars]: [chars]

説明 CFM パケット処理モジュールは、ピア MEP がタイムアウトになったこと(つまり、ロスタイムの間に CCM が受信されなかったこと)を検出しましたが、管理モジュールに通知できませんでした。そのため、このイベントに対して適切な処理(たとえば、ログ メッセージおよび SNMP トラップの生成)は行われません。

推奨処置 エラーが解消されない場合は、問題が報告されているノードで cfmd プロセスを再起動すると、問題が解消されることがあります。

エラー メッセージ %L2-CFM-4-PACKET_DECODE_FAILED

Failed to decode [unsigned int] ethernet packets, first error: [chars]

説明 受信された一連のイーサネット フレームをデコードしようと試みているときに、エラーが発生しました。エラーの発生源は、イーサネット パケット インフラストラクチャです。このエラーの結果、受信されたパケットは廃棄されます。これにより、ピア MEP がタイムアウトになるか、ping または traceroute 操作が失敗する可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-CFM-6-CC_ERROR

Peer MEP error change: [chars] - domain [chars], service [chars], local MEP ID [unsigned int], local interface CH[hex], peer MEP ID [unsigned int], peer MAC address [chars], errors [chars]

説明 ピア MEP からの CCM メッセージで報告されたエラーに変更が検出されました。このメッセージは、ローカル MEP が所属するサービスに、連続性チェック エラーの変更ロギングが設定されていることが原因で表示されます。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ %L2-CFM-6-MEP_CHANGE

Peer MEP change: [chars] - domain [chars], service [chars], local MEP ID [unsigned int], local interface CH[hex], peer MEP ID [unsigned int], peer MAC address [chars], errors [chars]

説明 新しいピア MEP から CCM メッセージが受信されたか、以前既知であったピア MEP がタイムアウトになりました(つまり、設定された損失しきい値を超過しました)。このメッセージは、ローカル MEP が所属するサービスに、連続性チェック状態の変更ロギングが設定されていることが原因で表示されます。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ %L2-CFM-6-SHMWIN_RESET

Resetting CFM shared memory data: [chars]

説明 CFM 共有メモリ ウィンドウがリセットされています。すべての共有メモリ データが失われます。すべてのカウンタが、インターフェイスごと、MEP ごと、ピア MEP ごとに、0 にリセットされます。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ %L2-CFM-6-TOO_MANY_TLVS

More than the supported number of TLVs were found while processing [chars] (total length [unsigned int])

説明 受信された CFM PDU の処理中に、サポートされる数(32)より多くの TLV が検出されました。これは通常の操作で発生する可能性はきわめて低いため、denial-of-service(DoS; サービス拒絶)攻撃を示すことがあります。

推奨処置 CFM デバッギング(「debug ethernet cfm packets」)を使用して、問題のパケットの発信源を特定します。パケットが信頼できる送信元からのものである、またはそうと思われる場合は、そのホストの設定を変更して、パケットに含まれている組織固有の TLV または未知の TLV(つまり、CFM 規格である IEEE 802.1ag 規格に定義されていない TLV)の数を減らしてください。

エラー メッセージ %L2-CFM-6-XC_ERROR

Cross-check error change for local MEP in domain [chars], service [chars] with MEP ID [unsigned int] on interface CH[hex] for configured cross-check MEP ID [unsigned int][chars]: [chars]

説明 ピア MEP のクロスチェック状態で変更が検出されました。これは、クロスチェックによって設定済みと見込まれていたピア MEP が欠落している、またはクロスチェック用に設定されていなかったピア MEP から CCM メッセージが予期せずに受信された、あるいは上記のエラーのいずれかが解消されたことを示す場合があります。このメッセージは、ピア MEP が所属するサービスに、クロスチェック エラー変更ロギングが設定されていることが原因で表示されます。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ %L2-CFM-7-PD_NOT_SUP

Operation attempted which is not supported by platform, but the platform is advertising the relevant capability: [chars]

説明 プラットフォーム依存のコードによってまだサポートされていないにもかかわらず、サポートされた機能としてプラットフォームがアドバタイズする操作が試みられました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

CFMMIB メッセージ

エラー メッセージ %L2-CFMMIB-3-NO_DEBUG

Unable to register for DOT1AG MIB debug. No further debugging will occur: [chars]

説明 DOT1AG MIB DLL の初期化で、デバッグ用に登録しようと試みたときに、エラーが発生しました。このため、DOT1AG MIB DLL からのデバッグ出力はありません。

推奨処置 デバッグを一切行わずに DOT1AG MIB DLL の処理を続行するか、初期化時にデバッグの登録をもう一度試行できるように、DLL を再起動してください。

エラー メッセージ %L2-CFMMIB-3-NO_TRAP

Unable to register for SNMP traps. Traps will not be sent regardless of trap events occurring: [chars]

説明 SNMP トラップをイネーブルにするコールバック関数を登録しようとしたときに、DOT1AG MIB DLL の初期化でエラーが発生しました。また、トラップをイネーブルにしようとしたときに、トラップ通知のシステム データベースへのバインディングに障害が発生しました。

推奨処置 イベントが発生してもトラップを送信する機能を一切使用せずに DOT1AG MIB DLL の処理を続行するか、トラップの登録をもう一度試行できるように、DLL を再起動してください。

CHDLC_EA メッセージ

エラー メッセージ %L2-CHDLC_EA-4-ERR_EVM_EVENT_BLOCK

Error receiving an event: [chars]. The cHDLC EA process will restart

説明 イベント ループでエラーが発生しました。プロセスが再起動して、この状態から回復します。

推奨処置 *RECUR*

エラー メッセージ %L2-CHDLC_EA-4-ERR_INIT

Failure during initialization of the [chars]. Error [chars]. The cHDLC EA process will restart

説明 プロセスの初期化中に障害が発生しました。プロセスが再起動して、この状態から回復します。

推奨処置 *RECUR*

エラー メッセージ %L2-CHDLC_EA-6-ERR_IMP_MULTIPLE_NTFCNS

CH[hex]: Multiple [chars] notifications received in a single batch from improxy

説明 IMProxy からのバッチに、単一インターフェイスに関する複数の通知が含まれていました。これは発生しないはずですが、状態は cHDLC EA によって正常に回復されました。結果的に、問題は発生しません。

推奨処置 *NONE*

CHDLC_MA メッセージ

エラー メッセージ %L2-CHDLC_MA-3-ERR_IIR_BDL_OP

The cHDLC MA failed to process a bundle IIR [chars] message on CH[hex], error: [chars]

説明 chdlc_ma プロセスは、バンドル IIR 通知メッセージの処理に失敗しました。また、メッセージを仮想のインターフェイス オーナーに伝搬できないため、ベースキャップがバンドル設定と同期化しない可能性があります。

推奨処置 *SUPPORT*

エラー メッセージ %L2-CHDLC_MA-3-ERR_INTF_UP_DOWN

An error has occured resulting in the interface state being UP, and the line state being DOWN on interface CH[hex]. Because keepalives are disabled the line will never come up. The situation may be resolved by shutting and no shutting the interface, or enabling keepalives.

説明 キープアライブがディセーブルになっていて、特定のエラーが発生する場合は、インターフェイスとライン状態が同期化しない可能性があります。キープアライブがイネーブルでない状態では、SLARP が正確なライン状態を検出して回復できないため、回復の際には、ユーザの介入が必要となります。

推奨処置 問題のインターフェイスをディセーブル(shut)およびイネーブル(no shut)に設定するか、インターフェイスのキープアライブをイネーブルにします。

エラー メッセージ %L2-CHDLC_MA-3-ERR_SYSMGR_SOCK_FEAT_START

Startup of the cHDLC Socket feature has unexpectedly failed: [chars]

説明 システム マネージャは、cHDLC ソケット機能の起動に予期せずに失敗しました。これにより、パケットの送受信に cHDLC ソケットを使用するプロセスが起動できなくなり、適切に機能しない場合があります。この症状には、SLARP キープアライブ パケットの喪失によるライン状態のダウン、CDP パケットの喪失、および cHDLC カプセル化されたインターフェイスでの LACP パケットの喪失などがあります。

推奨処置 この問題を解決するには、影響を受けているノードで「process start chdlc_socket location location」コマンドを使用して、cHDLC ソケット サーバ プロセスを手動で起動します。プロセスの状態を表示するには、「show process chdlc_socket location location」コマンドを実行します。ソケット サーバ プロセスが実行されたら、それ以上の対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-CHDLC_MA-4-ERR_EVM_EVENT_BLOCK

Error receiving an event: [chars]. The cHDLC MA process will restart

説明 イベント ループでエラーが発生しました。プロセスが再起動して、状態を回復します。

推奨処置 *RECUR*

エラー メッセージ %L2-CHDLC_MA-4-ERR_INIT

Failure during initialization of the [chars]. Error [chars]. The process will restart

説明 プロセスの初期化中に障害が発生しました。cHDLC MA プロセスが再起動して、状態を回復します。

推奨処置 *RECUR*

エラー メッセージ %L2-CHDLC_MA-6-ERR_IM_MULTIPLE_NTFCNS

CH[hex]: Multiple [chars] notifications received in a single batch from Interface Manager

説明 インターフェイス マネージャからのバッチに、単一のインターフェイスに関する複数の通知が含まれていました。これは発生しないはずですが、状態は cHDLC MA によって正常に回復されました。結果的に、問題は発生しません。

推奨処置 *NONE*

CHDLC_SOCK メッセージ

エラー メッセージ %L2-CHDLC_SOCK-4-ERR_EVM_EVENT_BLOCK

Error receiving an event: [chars]. The cHDLC socket server process will restart

説明 イベント ループでエラーが発生しました。プロセスが再起動して、この状態から回復します。

推奨処置 *RECUR*

エラー メッセージ %L2-CHDLC_SOCK-4-ERR_INIT

Failure during intialisation of the chdlc_socket process - specifically [chars]. Error: [chars]. The process will restart

説明 cHDLC ソケット プロセスの初期化時に障害が発生しました。プロセスが再起動して、この状態から回復します。

推奨処置 *RECUR*

エラー メッセージ %L2-CHDLC_SOCK-4-ERR_PAKMAN_CORRUPTION

Unable to handle pakman corruption error: [chars]. chdlc_socket process restarting

説明 パケット マネージャの破損が報告され、cHDLC ソケット プロセスは問題から回復するためのクリーンアップに失敗しました。この状況から回復するために、プロセスは終了し自動的に再開されます。

推奨処置 プロセスを再起動すると、この問題が解消すると考えられます。これは自動的に実行されるため、対処は不要です。問題が再発する場合は、パケット マネージャに問題があります。抜本的な解決策は、ラインカードをリロードすることです。

CHDLCDLL メッセージ

エラー メッセージ %L2-CHDLCDLL-3-ERR_DEBUG_REGISTER

Could not register for debug events : [chars]

説明 cHDLC Netio デバッグをデバッグ ライブラリに登録するときにエラーが発生しました。cHDLC Netio DLL に利用可能なデバッグはありません。

推奨処置 *SUPPORT*

エラー メッセージ %L2-CHDLCDLL-3-ERR_PKT_ENCAP

Encapsulation of HDLC packet failed. Packet type-code [hex]

説明 指定したイーサネット タイプ コードを使用しての、そのネットワーク プロトコルに対する HDLC パケットのカプセル化は失敗しました。パケットは廃棄されました。

推奨処置 *SUPPORT*

エラー メッセージ %L2-CHDLCDLL-3-ERR_TRACE_REGISTER

Could not register with tracing infrastructure: [chars]

説明 トレース インフラストラクチャに登録しようとしましたが失敗しました。これにより、cHDLC Netio DLL のトレースが利用できなくなります。

推奨処置 *SUPPORT*

COMMS メッセージ

エラー メッセージ %L2-COMMS-3-MSG_DROPPED

Unexpected error has lead to an incoming message being dropped: [chars]

説明 予期しないエラーにより、着信コントロール メッセージを完全に処理できませんでした。

推奨処置 問題のあるプロセスを再起動すると、すべてのデータが再同期化されます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-COMMS-3-MY_ID_MISMATCH

Checkpoint data for this connection (id %hu) has invalid id (%hu)

説明 チェック ポイント テーブルに予期しないデータが含まれていました。これは予想外ですが、何らかのメモリ破損を示している可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-COMMS-3-MY_SAVE_FAILED

Failed to save Checkpoint sequence information for connection [chars]

説明 クライアントは、自身のシーケンス データをチェックポイントに保存することに失敗しました。保存が正常に再試行される前にプロセスが再起動すると、リモート クライアントでは同期がとれなくなりデータ喪失が発生する可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-COMMS-3-SAVE_FAILED

Failed to save Checkpoint entry [hex]/[hex] on connection [chars]

説明 クライアントは、チェックポイントにデータを保存できませんでした。保存が再試行される前にプロセスが再起動すると、データ喪失が発生する可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-COMMS-4-DUPLICATE_ENTRY

Duplicate Checkpoint entry for ID %hu on node [hex]

説明 チェックポイント テーブルに重複したエントリが含まれていました。これは予想外であり、ソフトウェア障害を示している可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

d1qnetio メッセージ

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-3-CHAIN_BUILDER_FAILED

The chain build function failed because '[chars]' (error: [chars])

説明 IEEE802.1Q VLAN のソフトウェア転送サポートは、インターフェイスを設定できませんでした。影響を受けているノードのソフトウェア転送 VLAN 機能が損なわれている可能性があります。

推奨処置 process restart vlan_ea location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN EA プロセスを再起動できることがあります。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-3-IDB_NOT_FOUND

The Netio IDB associated with handle [hex] could not be found

説明 IEEE802.1Q VLAN のソフトウェア転送サポートは、インターフェイスが NetIO に存在しないため、特定のインターフェイスに送信されたメッセージを処理できませんでした。影響を受けているインターフェイスのソフトウェア転送 VLAN 機能が損なわれている可能性があります。このインターフェイスは、インターフェイス ハンドルから show im chains ifhandle [handle] を使用して判別できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-3-REGISTRY_CREATION_FAILED

Unable to create the protocol registries during capsulation initialization

説明 802.1Q NetIO コンポーネントは初期化時に必要なデータ構造を作成できませんでした。影響を受けるソフトウェア転送 VLAN 機能は、機能しない可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-3-SUBBLOCK_REG_FAILED

802.1Q Netio failed to register the dot1q_ether subblock (error: [chars])

説明 IEEE802.1Q VLAN のソフトウェア転送サポートは、指定されたノードで初期化できませんでした。影響を受けるソフトウェア転送 VLAN 機能は、機能しない可能性があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-3-TRACE_INIT_ERROR

A error occurred during trace initialization, err: [chars]

説明 トレース バッファの初期化中に、802.1Q NetIO コンポーネントにエラーが発生しました。これにより、VLAN インターフェイスの設定が失敗する可能性があります。

推奨処置 設定を適用した結果、このエラーが発生した場合は、設定を削除し、設定を再度適用してみてください。これでも問題が解消されない場合は、影響を受けているラインカードのリロードが必要になることがあります。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-4-CHAIN_UNBUILDER_FAILED

The chain unbuild function failed because '[chars]' (error: [chars])

説明 IEEE802.1Q VLAN のソフトウェア転送サポートは、インターフェイスをクリーンアップできませんでした。転送には影響はありません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-4-DEBUG_INIT_ERROR

An error occurred during debug initialization (error: [chars])

説明 デバッグの初期化中に、802.1Q NetIO コンポーネントにエラーが発生しました。これにより、VLAN インターフェイスの設定が失敗する可能性があります。

推奨処置 設定を適用した結果、このエラーが発生した場合は、設定を削除し、設定を再度適用してみてください。これでも問題が解消されない場合は、影響を受けているラインカードのリロードが必要になることがあります。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-4-DEVCTL_NOT_SUP

Unsupported NetIO devctl code ([dec]) received

説明 802.1Q NetIO コンポーネントは予期しないメッセージを受信しました。メッセージは無視されました。これは、VLAN コンポーネント間のバージョンが一致していないことを示す場合があります。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-d1qnetio-4-TERM_FAILED

802.1Q NetIO termination failed because '[chars]' (error: [chars])

説明 IEEE802.1Q VLAN のソフトウェア転送サポートは、クリーンアップできませんでした。転送には影響はありません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

DI メッセージ

エラー メッセージ %L2-DI-3-CHANNELCREATE

unable to create channel [chars] (Error code [int])

説明 通信チャネルの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-CHKPT

unable to create checkpoint service.

説明 チェックポイント サービスの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-COMMAND

Three command line parameters required: depository_id promid (0/1/2/3)

説明 誤った third コマンドライン引数を受け取ったため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-COMMAND3

Third command line parameter is [unsigned long int].It must be 0/1/2/3.

説明 誤った third コマンドライン引数を受け取ったため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-CONNECTION

Unable to connect to channel [chars] (Error code [int])

説明 通信チャネルへの接続に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-DESTINSANE

Data structure destination organizer [chars] is inconsistent for destination [unsigned long int].

説明 プロセスでデータ構造の不整合が検出されたため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-DESTORG

unable to create destination organizer.

説明 宛先オーガナイザの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-DIDORG

unable to create DID organizer.

説明 DID オーガナイザの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-DLLABSENT

Driver DLL [chars] is absent on the platform.

説明 検出された特定のハードウェアを実行するには、固有のドライバ DLL が必要です。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-DLLORG

unable to create DLL organizer.

説明 DLL オーガナイザの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-DLLSYMMISSING

Driver DLL [chars] has missing symbol [chars].

説明 特定のドライバ DLL が適切でありません。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-ENTRY

One of the drivers unable to init.

説明 ドライバの 1 つを初期化できなかったため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-ERRORG

unable to create error organizer.

説明 エラー オーガナイザの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-EVE

Failed to init event manager event.

説明 イベント マネージャ イベントの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-EVELOOP

IM notify event manager loop exited (Error no equals [unsigned long int]).

説明 イベント マネージャ ループがプロセスによって終了されたため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-EVEMGR

Failed to create event manager.

説明 イベント マネージャの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-INCONSISTINSTHASH

Data structure Instance Hash is inconsistent for instance id [unsigned long int].

説明 プロセスでデータ構造の不整合が検出されたため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-INCONSISTRSRCHASH

Data structure Resource Hash is inconsistent for resource id [unsigned long int].

説明 プロセスでデータ構造の不整合が検出されたため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-INSTHASH

unable to create instance hash.

説明 インスタンスのハッシュの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-INSTSTORE

unable to create instance persistence store.

説明 インスタンスの永続ストアの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-INTORG

unable to create interrupt organizer.

説明 割り込みオーガナイザの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-MAINLINE

Unable to create mainline ipc server.

説明 メインライン ipc サーバを作成できなかったため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-MUTEXINIT

Mutex initialization error [chars] (Error code [int])

説明 ミューテックスの初期化に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-MUTEXLOCKFAIL

[chars] operation failed in [chars]; reason [chars]

説明 DI はパケット ミューテックスをロックできませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-DI-3-NETIOEST

NetIO failed to connect to driver_infra_partner and exiting..

説明 2 つのドライバ プロセス間の初期設定に失敗しました。NetIO は終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-OUTMEM

malloc ([unsigned long int] bytes) from::[chars] failed.

説明 ランタイム メモリの割り当てに失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-PEERSTORE

unable to create peer persistence store.

説明 ピアの永続ストアの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-REGOMISSING

No installed software to match Hardware in slot [unsigned long int] (PROMID [unsigned long int]).

説明 欠落しているドライバの登録を報告します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-REGOMISSING1

No installed software to match Hardware in I/O slot in route-processor [unsigned long int] (PROMID [unsigned long int]).

説明 欠落しているドライバの登録を報告します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-REGOORG

unable to create registration organizer.

説明 登録オーガナイザの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-RESIDORG

unable to create RESID organizer.

説明 RESID オーガナイザの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-RESOURCEHASH

unable to create resource hash.

説明 リソースのハッシュを作成できなかったため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-SHMWIN

failed to reserve the shmwin VM region.

説明 shmwin vm リージョンを予約できなかったため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-STARTCHKPT

unable to start checkpoint service.

説明 チェックポイント サービスの起動に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-STARTDESTORG

unable to start destination organizer.

説明 宛先オーガナイザの起動に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-SYNHORG

unable to create synchronizer organizer.

説明 シンクロナイザ オーガナイザの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-DI-3-THREADCREATE

Unable to create thread [chars] (Error code [int])

説明 スレッドの作成に失敗したため、プロセスは終了します。

推奨処置 対処は不要です。

DRIVERS_UTIL メッセージ

エラー メッセージ %L2-DRIVERS_UTIL-3-TUPLE_READ_ERROR

[chars]: Tuple read failed with error [hex] [chars]

説明 システム データベースからタプルを読み取ろうとしたときに、エラーが発生しました。

推奨処置 出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに提出してください。

ELO_COMMON メッセージ

エラー メッセージ %L2-ELO_COMMON-3-SYSMGR_FAIL

Unable to signal that process is exiting: [chars]

説明 プロセスは、シャットダウンしていることをシステム マネージャに通知できませんでした。プロセスはいったん終了しますが、入力された設定により、システム マネージャがプロセスを再起動しない可能性があります。この場合、設定をコミットするときにタイムアウトが発生し、設定は適用されません。

推奨処置 設定の適用が失敗した場合、設定を再コミットすると、問題が解消されます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO_COMMON-4-EVM_CLEANUP_FAILED

Failed to cleanup Event Manager: [chars]

説明 終了時、イベント マネージャのクリーンアップ中にエラーが発生しました。このプロセスはいったん終了するため、それ以上のエラーは発生しません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO_COMMON-4-PROC_READY_FAILED

Unable to signal process ready: [chars]

説明 プロセスは、準備が完了し、動作可能なことをシステム マネージャに通知できなかったため、再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO_COMMON-4-VERIFY_CLEANUP_FAILED

Failed to cleanup common verification module: [chars]

説明 終了時、共通モジュールをクリーンアップしているときにエラーが発生しました。このプロセスはいったん終了するため、それ以上のエラーは発生しません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO_COMMON-4-VERIFY_INIT_FAILED

Failed to initialize common verification module: [chars]

説明 プロセスは、モジュールの初期化に失敗したため再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

ELO メッセージ

エラー メッセージ %L2-ELO-3-BAD_CONFIG

Invalid configuration values applied: [chars]

説明 無効な設定が誤って適用されました。これは、許容範囲内であった設定値が最近変更されたか、内部に障害が発生したことを示している可能性があります。

推奨処置 すべての設定が最新バージョンのソフトウェアおよび設置されているハードウェアの許容範囲内にあることを確認してください。エラーが解決されず、すべての値が範囲内にある場合は、このメッセージをコピーおよび保存し、テクニカル サポートに連絡してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-3-COULD_NOT_GET_NODEID

Ethernet Link OAM Daemon failed to determine the node it is running on: [chars]

説明 イーサネット リンク OAM デーモンは、稼動中のノードの ID を判別できせんでした。このデーモンは終了し、システム マネージャによって再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-3-COULD_NOT_REMOVE_CAPS

Failed to remove PFI caps from interface 'CH[hex]': [chars]

説明 イーサネット リンク OAM デーモンは、名前が示されたインターフェイスの PFI の CAPS エントリをクリーンアップできませんでした。問題が解決されるまで、OAM が所定のインターフェイスで再度イネーブルにならないことがありますが、このエラー自体は重大なエラーではありません。

推奨処置 エラー メッセージを読み、原因となっているすべての問題を解決してください。イーサネット リンク OAM デーモンを再起動すると、PFI と再同期化して、ダングリング キャップをクリーンアップできます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-3-DAEMON_INIT_FAILED

Ethernet Link OAM Daemon failed to initialize [chars]: [chars]

説明 イーサネット リンク OAM デーモンは、適切に初期化できなかったため、終了します。このデーモンは、システム マネージャによって再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-3-ERRDIS_FAILED

CH[hex]: failed to Error-Disable the port: [chars]

説明 このポートは Error Disabled になっていたはずですが、予期しないエラーにより、シャットダウンされなくなりました。ポートはまだアップ状態であり、ディセーブルになっていません。

推奨処置 それでもポートをダウン状態にすることが望ましい場合は、ポートを手動でシャットダウンしてください。それ以外の対処は不要です。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-3-EXITING

Ethernet Link OAM Daemon failed to process events: [chars]

説明 イーサネット リンク OAM デーモンは、イベントの処理に失敗したため、終了します。このデーモンはシステム マネージャによって再起動され、内部状態の再同期化が可能になります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-3-LOOPBACK_SET_FAILED

[chars]: Failed to change Loopback state in the platform: [chars]

説明 インターフェイスのループバック状態を変更しようと試みましたが、失敗しました。これは、リモートピアのループバック状態を変更するためのローカル コマンドに対する応答、またはこのインターフェイスをスレーブ ループバック モードにするためのリモート ピアのコマンドに対する応答です。

推奨処置 ループバック操作をやり直してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-3-PFI_CLEANUP_FAILED_NOMEM

Failed to allocate sufficient memory to clean up OAM data from interfaces within PFI

説明 クリーンアップ操作を実行するために利用可能なメモリが不足しています。PFI データ構造が適切にクリーンアップされていません。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。この操作が完了したら、再同期を強制するために、イーサネット リンク OAM デーモンを再起動します。これにより、ダングリング データ構造がクリーンアップされます。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-CHKPT_SAVE_FAILED

CH[hex]: failed to save checkpoint entry: [chars]

説明 イーサネット リンク OAM デーモンは、特定のインターフェイスのチェックポイント エントリの保存に失敗しました。このエラーが直ちに重大なエラーになることはありませんが、チェックポイント データが正常に保存される前に、プロセスが再起動すると情報が失われてしまいます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-DAEMON_CLEANUP_FAILED

Ethernet Link OAM Daemon failed to cleanup [chars]: [chars]

説明 イーサネット リンク OAM デーモンは、適切にクリーンアップできませんでした。このデーモンはいったん終了するため、それ以上のエラーは発生しません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-INVALID_PLATFORM_EVENT_IFH

Platform event triggered on interface 'CH[hex]' for which OAM is not configured

説明 プラットフォームは、イーサネット リンク OAM に対して設定されていないインターフェイスのイベントをトリガしました。これはソフトウェアのバグを示しています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-INVALID_PLATFORM_EVENT_TYPE

An unknown event of type '[hex]' has been triggered by the platform

説明 プラットフォームは、認識されていないイベントをトリガしました。これは、プラットフォーム レイヤ内のバグによって発生したと考えられます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-LOOPBACK_FAILED

Etherenet Link OAM Daemon has failed to initiate loopback mode with a remote peer

説明 イーサネット リンク OAM デーモンは、ループバック モードを開始できませんでした。問題が解決されるまで、ループバック モードは利用できません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-NOT_IN_LOOPBACK

[chars]: Unable to exit Slave Loopback mode as requested, because we're not currently in loopback mode

説明 リモート ピアが、スレーブ ループバック モードを停止するよう要求しました。しかし、現在スレーブ ループバック モードではありません。これは、リモート ピアが現在の状態と同期化していないことを示します。

推奨処置 スレーブ ループバック モードを停止する前に、スレーブ ループバック モードを開始してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-PFI_ERROR

CH[hex]: [chars] notification received from PFI, but interface does not have OAM configured

説明 OAM が設定されていないインターフェイスに関係するイーサネット リンク OAM デーモンが、予期しない更新を受信しました。これは、OAM プロセスと PFI の間に再同期化が必要であることを示します。

推奨処置 影響を受けているノードのイーサネット リンク OAM デーモンを再起動します。これにより、PFI との状態の再同期化が実施されます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-SEND_FAILED

[chars]: Failed to send a [chars] message: [chars]

説明 指定のインターフェイスからのメッセージの送信に失敗しました。メッセージは失われ、リモート ピアに配信されません。

推奨処置 再同期化メカニズムにより、以降のメッセージが適切に送信されることが保証されます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-4-SEND_HEARTBEAT

[chars]: failed to send heartbeat Information OAMPDU: [chars]

説明 イーサネット リンク OAM デーモンは、指定されたインターフェイスのハートビート情報 OAMPDU を送信できませんでした。これが繰り返し発生すると、OAM セッションはタイムアウトになります。

推奨処置 この問題は自身で修正されるため、次回のハートビート メッセージは正常に送信されます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-CPU_STARVED

Ethernet Link OAM Daemon has been starved of CPU for [unsigned long long int] ms

説明 イーサネット リンク OAM デーモンで、CPU 時間が不足していました。この結果、ハートビートを周期的に送出できなくなり、OAM セッションがダウンする可能性があります。この問題は、システムの負荷が異常に高いことが原因で発生している可能性があります。

推奨処置 CPU の使用率が潜在的に高いユーザを識別して、そのユーザの影響を低減します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_CAPABILITIES_CONFLICT

[chars]: Configuration conflict

説明 リモート ピアで必要な設定が競合しているため、ディスカバリ モードは完了できません。

推奨処置 このインターフェイスの設定要件がリモート OAM ピアの設定と一致していることを確認してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_DISCOVERY_TIMEOUT

[chars]: OAM discovery failed to complete in the specified time

説明 設定されたタイムアウトに対してディスカバリ モードが進行中でしたが、リモート ピアから適切な応答が受信されませんでした。

推奨処置 リモート OAM ピアが適切に設定され、リンクがアップしていることを確認してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_REMOTE_CRITICAL_EVENT

[chars]: Remote critical event detected

説明 リモート ピアはクリティカル イベントを示しました。

推奨処置 特定の IOS-XR 処理を実行する必要はありません。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_REMOTE_DYING_GASP

[chars]: Remote dying gasp detected, with reason: [chars]

説明 リモート ピアは Dying Gasp を示しました。これは、リモート ピアがダウンしていることを示します。

推奨処置 リモート ピアを再起動してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_REMOTE_LINK_FAULT

[chars]: Remote link fault detected

説明 リモート ピアにリンク障害が発生したことを示しています。これは単方向リンクを示します。

推奨処置 2 つのインターフェイス間の配線を確認してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_REMOTE_LOOPBACK

[chars]: OAM [chars] loopback has been [chars] on the interface

説明 OAM セッションはローカルまたはリモート ループバックに入ったか、これらのループバックを終了しました。ループバックに入った場合、トラフィック フローは、ループバックが終了されるまで中断し、ループバックが終了した時点で正常な機能が再開されます。

推奨処置 なし。これは、情報メッセージです。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_SESSION_DOWN

[chars]: OAM session has gone down

説明 OAM セッションが終了しました。セッションが設定解除されたか、設定された時間間隔内に OAM ピアから応答が受信されなかったかのいずれかです。

推奨処置 リモート ピアが適切に設定されていることを確認します。設定されている場合は、リンクで大量のパケットが廃棄されている可能性があります。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_SESSION_UP

[chars]: OAM session has come up

説明 OAM セッションが確立され、通常のハートビート メッセージの送受信が行われています。

推奨処置 なし。これは、情報メッセージです。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-INTF_THRESHOLD_BREACHED

[chars]: [chars] [chars] threshold breached

説明 ハードウェアのしきい値に違反しました。これは悪化しているリンクを示しています。

推奨処置 特定の IOS-XR 処理を実行する必要はありません。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-LOOPBACK_CANCEL

[chars]: Cancelling loopback mode as our MAC is lower than the remote MAC

説明 ループバック モードを両方のピアから同時に開始しようとしました。ローカル MAC アドレスがリモート MAC アドレスより低いため、この OAM クライアントは、IEEE 802.3 OAM 仕様に従って、要求をキャンセルしました。

推奨処置 リモート ピアでリモート ループバック セッションが終了したら、このピアからループバック操作を再試行してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-MISCONFIGURED_INTERFACE

The profile configuration from profile '[chars]' cannot be applied as the platform does not support all the configured values: [chars]

説明 ルータ上のすべてのインターフェイスでサポートされない設定パラメータを持つプロファイルを設定することは可能です。そのプロファイルが後でインターフェイスに接続され、そのプロファイルの値がインターフェイスですべてサポートされない場合に、このメッセージが生成されます。このインターフェイスでは、範囲外のパラメータにデフォルト値を使用します。サポートされない可能性がある設定パラメータは、リモート ループバックに対するサポートと、リンク モニタリング イベントに対するサポートです。さらに、リンク モニタ イベントのウィンドウ サイズは、インターフェイスの統計情報のポーリング間隔の倍数である必要があります。

推奨処置 デフォルト値が無効なパラメータの許容範囲内である場合は、何も行う必要はありません。それ以外の場合は、プロファイルを修正して、接続先のインターフェイスでサポートされる設定だけが含まれるようにするか、このインターフェイスの代わりのプロファイルを使用してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-MISWIRED

[chars]: Mis-wiring detected

説明 イーサネット リンク OAM の誤配線検知機能により、誤配線状態が検出されました。誤配線は、インターフェイスの TX ケーブルが RX ケーブルと同じリモート インターフェイスに接続されていない場合に発生します。

推奨処置 指定されたインターフェイスの配線を確認してください。誤配線処理を「ロギングする」ように設定して、イーサネット リンク OAM のパケット デバッグ機能(「debug ethernet oam packets」)を使用すると、パケット送信元の MAC アドレスを使用してリンクの場所を識別できます。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-NO_PROFILE

Profile '[chars]' is not configured, but has been attached to an interface

説明 プロファイルがインターフェイスに接続されました。ただし、そのプロファイルは未設定です。名前付きのプロファイルが作成されるまで、インターフェイスはデフォルトのプロファイル設定を使用します。

推奨処置 指定されたプロファイルを作成するか、プロファイルをインターフェイスに関連付けている設定を削除してください。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-REMOTE_MASTER_LEFT_LOOPBACK

[chars]: Local client in Slave Loopback, and remote Master has abruptly left Loopback mode. Exiting Slave loopback locally

説明 ローカル ピアをスレーブとして使用して、リンクが OAM ループバック モードで実行されているときに、マスター ピアが、まずローカル ピアにループバック モードの終了を通知せずに、突然ループバック モードを終了しました。リモート ピアに問題がある可能性があります。

推奨処置 対処は不要です。このピアもループバック モードを終了し、リンクは正常な動作ステータスに戻っています。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-REMOTE_SLAVE_LEFT_LOOPBACK

[chars]: Remote client has abruptly left Slave loopback mode. Exiting loopback state

説明 ローカル ピアをマスターとして使用して、リンクが OAM ループバック モードで実行されているときに、スレーブ ピアは、ローカル ピアにループ バックモードの終了を通知せずに、突然ループバック モードを終了しました。リモート ピアに問題がある可能性があります。

推奨処置 対処は不要です。このピアもループバック モードを終了し、リンクは正常な動作ステータスに戻っています。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-UNEXPECTED_LOOPBACK_STATE

[chars]: An unexpected multiplexer and parser state have been received from the remote peer.

説明 リンクが OAM ループバック モードで実行されているときに、ローカル ピアは、リモート ピアから予期しないマルチプレクサとパーサー状態の組み合せを受信しました。リモート ピアに問題がある可能性があります。

推奨処置 対処は不要です。このピアもループバック モードを終了し、リンクは正常な動作ステータスに戻っています。

エラー メッセージ %L2-ELO-6-UNEXPECTED_STATE

A variable response from the remote peer contained invalid state.

説明 可変の応答パケットの解析時に、無効状態が検出されました。これはリモート ピアでの実装に問題があることを示している可能性があります。

推奨処置 特定の IOS-XR 処理を実行する必要はありません。

ELOGM メッセージ

エラー メッセージ %L2-ELOGM-4-DEBUG_CLEANUP_FAILED

Ethernet Link OAM Global Manager failed to cleanup debug: [chars]

説明 グローバル マネージャは、終了時にデバッグ モジュールのクリーンアップに失敗しました。このプロセスはいったん終了するため、それ以上のエラーは発生しません。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELOGM-4-DEBUG_INIT_FAILED

Ethernet Link OAM Global Manager failed to initialize debug: [chars]

説明 グローバル マネージャは、初期化中にデバッグ モジュールの初期化に失敗したため、終了しています。これはシステム マネージャによって再起動され、内部状態を再同期化します。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELOGM-4-EXITING

Ethernet Link OAM Global Manager failed to process events: [chars]

説明 着信イベントの処理に失敗したため、プロセスは終了します。これはシステム マネージャによって再起動され、内部状態を再同期化します。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ELOGM-4-INIT_FAILED

Ethernet Link OAM Global Manager failed to initialize: [chars]

説明 初期化中に、予期しないエラーが発生しました。このプロセスは終了し、システム マネージャによって再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

EPI メッセージ

エラー メッセージ %L2-EPI-3-ATTR_NOTIFY_FAILED

Failed to notify a client of a change to interface attributes - out of memory

説明 EPI ライブラリは、メモリを割り当てられなかったため、一部のインターフェイス アトリビュートへの変更をクライアントに通知できませんでした。これにより、EPI ライブラリのクライアントが無効なパケットの送信を試みることがあります。

推奨処置 このメッセージは、システムのメモリが不足している場合に、設定が変更された結果として表示されます。メモリを一部解放して、このメッセージが表示される原因となった設定変更を再適用してみてください。問題が解消されない場合は、このライブラリを使用して、プロセスの再起動を試行してください。これで解決しない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-EPI-3-INIT_FAILED

Failed to initialize, [chars] failed [unsigned int]: [chars]

説明 EPI ライブラリの初期化時に、エラーが発生しました。エラー メッセージには、エラーの送信元に関する詳細情報が示されています。

推奨処置 プロセスは終了し、再起動します。問題が解消しない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-EPI-3-PAK_FREE_FAILED

Failed to free packet buffer: [chars]

説明 EPI ライブラリがパケット バッファを解放しようとしたときに、エラーが発生しました。エラー メッセージには、エラーの送信元に関する詳細情報が示されています。

推奨処置 このメッセージは危険を示すものではありませんが、メモリ リークの原因となる不整合が存在する可能性があります。問題が解消されない場合は、プロセスを再起動してみてください。これで解決しない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-EPI-3-PKT_OVERFLOW

The maximum number of packets being stored for interface: CH[hex] has been exceeded

説明 EPI ライブラリは、インターフェイスに対してパケットを作成するよう要求されましたが、このインターフェイスのパケット数は、すでにストレージでサポートされる最大数に達しています。EPI はパケットを作成しましたが、将来このインターフェイスのパケットの更新が困難となる可能性があります。

推奨処置 このメッセージは、プロセスの内部エラーを示している可能性が高く、プロセスが古いパケット情報を適切に解放していないことを示しています。プロセスが再起動されない場合は、問題のあるインターフェイスの設定が将来変更されても、生成されたパケットに反映されないことがあります。プロセスを再起動してみてください。それでも問題が解消しない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

ETH_OUTPUT メッセージ

エラー メッセージ %L2-ETH_OUTPUT-3-ERR_NO_MEM

Out of memory (failed attempt to reserve [unsigned int] bytes)

説明 イーサネット出力プロセスは、操作の完了に必要なメモリを割り当てられませんでした。問題が解決されるまで、影響を受けているノードのイーサネット出力プロセスのクライアント機能が低下する場合があります。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

ETHER_NETIO メッセージ

エラー メッセージ %L2-ETHER_NETIO-4-DEBUG_REG

Debug registration failed: [chars]

説明 イーサネットの低速パス サポートが、デバッギング サポートを初期化できませんでした。debug ether-netio output からの出力の一部が完全でない場合があります。

推奨処置 対処は不要です。

ETHER メッセージ

エラー メッセージ %L2-ETHER-3-BDL_IIR_OP_FAILED

The basecaps failed to process a bundle IIR [chars] message on [chars], error: [chars]

説明 イーサネット ドライバは、バンドル IIR 通知メッセージの処理に失敗しました。また、メッセージを仮想インターフェイスのオーナーに伝搬できないため、Ether ベースキャップがバンドル設定と同期化しない可能性があります。

推奨処置 回復の試行時に ether_caps_partner プロセスを再起動するか、これが失敗する場合は、バンドル メンバー ID を設定解除して再設定することによって、エラーが報告された物理メンバー インターフェイスを接続解除し、再接続してください。

エラー メッセージ %L2-ETHER-4-ERR_EVM_EVENT_BLOCK

Failure during receipt of message. Error: [chars]

説明 イーサネット カプセル化プロセスの 1 つに到達したメッセージを処理するときに、障害が発生しました。通常の状態では、プロセスは機能に影響を与えずに再起動します。このエラー メッセージが繰り返し表示される場合は、特定のノードの Ether タイプ インターフェイスすべてでイーサネット サービスが影響を受けている可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHER-4-INIT

Failure during intialisation of [chars] in a Ether basecaps process. Error: [chars]

説明 イーサネット カプセル化プロセスのいずれかを初期化するときに、障害が発生しました。通常の状態では、プロセスは機能に影響を与えずに再起動します。このエラー メッセージが繰り返し表示される場合は、特定のノードの Ether タイプ インターフェイスすべてでイーサネット サービスが影響を受けている可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

ETHERNET メッセージ

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-3-INTERFACE_INITIAL

Failed to initialize interface [chars], due to error: [chars]

説明 ドライバ エラーまたはシステム エラーにより、物理インターフェイスを初期化できませんでした。インターフェイスの設定は回復されなかった可能性があり、このインターフェイスは使用できません。

推奨処置 エラーが報告されたドライバ プロセスを再起動します。エラーが再び報告される場合、ラインカードをリロードすると復旧できることがありますが、そのノードのすべてのトラフィックに影響を与えます。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-3-MIB_ERROR

Unable to fetch requested Etherlike MIB data for interface [hex]: [chars]

説明 SNMP インフラストラクチャによって要求された MIB データを収集しようとしたときに、エラーが発生しました。エラーが発生したデータは、SNMP get 要求の結果に表示されません。

推奨処置 このようなエラーは予測されていませんが、おそらくリソース不足状態またはシステム状態の不整合を示すと考えられます。可能性のある一時的な根本問題が沈静化するのを待って、繰り返し操作を試行してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-3-MIB_INIT_ERROR

Error initializing Etherlike MIB: [chars]

説明 SNMP インフラストラクチャで etherlikemib DLL を初期化しようとしたときに、エラーが発生しました。エラーにより、ETHERLIKE-MIB からデータを検索できなくなることがあります。

推奨処置 このようなエラーは予測されていませんが、おそらくシステム状態およびロードされた IF-MIB または ETHERLIKE-MIB DLL の不整合を示すと考えられます。IF-MIB にも初期化の問題がないか確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-3-MTU_IMPOSE_FAILED

Failed to set MTU of [unsigned int] on [chars]

説明 指定された MTU をこのインターフェイスに適用できませんでした。

推奨処置 インターフェイスに設定されるあらゆる L3 プロトコルの MTU 要件を考慮しながら、さらに適切な MTU を選択してインターフェイスに設定してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-3-STATE_FSM

Port state FSM operation failed [chars] on [chars], due to error: [chars]

説明 ポート ステート マシンのポート ステート イベントを処理するとき、動作エラーが発生しました。ユーザが介在しないと、内部状態が不整合状態のままになる可能性があります。

推奨処置 影響を受けているインターフェイスを「shutdown」にして「no shutdown」にすると、ステート マシンは動作状態を回復します。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-3-TX_DISABLE

Interface [chars], link [chars]forced down due to remote signalling

説明 L2VPN マネージャは、リモートで AC が状態を変更したことを通知しました。これにより、TX 方向がサポートされる場合、ローカル インターフェイスが TX 方向でイネーブルまたはディセーブルにされたか、両方向でイネーブルまたはディセーブルにされました。

推奨処置 リモート AC が状態を変更した場合に、このメッセージが表示されると考えられます。リモート AC が状態を変更しておらず、この状態が発生すると考えられない場合、これは問題を示す可能性があります。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-4-BDL_IIR_OP_FAILED

The driver failed to process a bundle IIR [chars] message on [chars], error: [chars]

説明 イーサネット ドライバは、バンドル IIR 通知メッセージの処理に失敗しました。また、メッセージを仮想インターフェイスのオーナーに伝搬できないため、ドライバがバンドル設定と同期化しない可能性があります。

推奨処置 回復が自動的に試行されます。このエラー メッセージが繰り返し表示される場合は、メッセージを生成しているドライバ プロセスを再起動すると、ドライバ プロセスが自動的に回復します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-4-INITIALIZATION

Initialization of the G-Ether library failed, due to error: [chars]

説明 共通イーサネット ドライバ ライブラリの初期化中に、エラーが発生しました。

推奨処置 ドライバ プロセスは自動的に再起動されるため、ユーザの介入は不要です。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-4-INTERFACE_CREATE

Interface creation failed due to error: [chars]

説明 ドライバ エラーまたはシステム エラーにより、物理イーサネット インターフェイスの一部またはすべてを作成できませんでした。

推奨処置 ドライバ プロセスは自動的に回復しようと試みるため、ユーザの介入は不要です。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-6-MAC_ACC_NOT_PROGRAMMED

Interface [chars]%s[chars]%s, failed to program some addresses for MAC accounting

説明 一部の MAC アドレスが、ハードウェアの MAC アカウンティングに対してプログラミングされませんでした。これにより、これらの MAC アドレスに関する MAC アカウンティング統計が収集されなくなります。これは、MAC アカウンティングに対して多数の MACアドレスがプログラミングされているために、ハードウェア リソースが不足していることが原因と考えられます。

推奨処置 この状態は、単にこのインターフェイス上の一部の MAC アドレスに関する統計情報の収集に影響を与えるだけです。プログラミングされた MAC アカウンティング アドレスの数(これは、「show mac-accounting」を使用して確認できる)が少ないと思われるにもかかわらず、この問題がまだ発生する場合は、システム エラーを示している可能性があります。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-ETHERNET-6-MTU_NEAR_HW_LIMIT

The configured MTU of [unsigned int] on [chars] is close to the H/W limit, and hence large [chars] frames may be dropped as oversized frames

説明 設定された MTU は、インターフェイスの最大許容フレーム サイズに近くなっています。このため、インターフェイスでサポートされる最大フレーム サイズより大きい 802.1Q フレームまたは QinQ フレームは廃棄されることがあります。

推奨処置 インターフェイスで 802.1Q または QinQ のサポートが必要な場合は、設定したインターフェイス MTU を 4 バイトまたは 8 バイトずつ減らすか、サブインターフェイスの MTU を 4 バイトまたは 8 バイトずつ減らすかして、すべてのフレームがハードウェアの制限値内に収まるようにすることを推奨します。

FIB_IPV4 メッセージ

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV4-3-ADJ_ERROR

[chars] ifh: [hex], [chars]

説明 プラットフォーム IPv4 FIB、隣接エラー

推奨処置 コンソール ログおよびトレース(show cef trace loc show cef platform trace [common|ipv4] all loc show adjacency hardware trace loc show bundle trace all loc show im trace loc)を収集してください。ほとんどの場合、これらは新しいインターフェイスについて認識する FIB と AIB プロセスの遅延によって発生したメッセージで、危険を示すものではありません。エラーが解消されない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに報告してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV4-3-ERR_INFO

[chars] [dec]

説明 プラットフォーム IPv4 FIB、エラー情報

推奨処置 コンソール ログ、FIB トレース(show cef trace loc)、FIB プラットフォーム トレース(show cef platform trace [common|ipv4] all loc)を収集してください。エラー メッセージが一時的なものか、継続的なものかについても注意してください。エラーが解消されない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに報告してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV4-3-ERR_STR

[chars], [chars] ([unsigned int])

説明 プラットフォーム IPv4 FIB、エラー情報

推奨処置 コンソール ログ、FIB トレース(show cef trace loc)、FIB プラットフォーム トレース(show cef platform trace [common|ipv4] all loc)を収集してください。エラー メッセージが一時的なものか、継続的なものかについても注意してください。エラーが解消されない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに報告してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV4-3-ERROR

[chars]

説明 プラットフォーム IPv4 FIB、エラー

推奨処置 コンソール ログ、FIB トレース(show cef trace loc)、FIB プラットフォーム トレース(show cef platform trace [common|ipv4] all loc)を収集してください。エラー メッセージが一時的なものか、継続的なものかについても注意してください。エラーが解消されない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに報告してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV4-3-GEN_ERR

FIB IPV4 internal error: [chars]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV4-5-RECURSIVE_LOOP

FIB IPv4 Recursive loop: [chars]

説明 回帰ループが検出されました。ルート アップデートは廃棄されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

FIB_IPV6 メッセージ

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV6-3-ERR_INFO

[chars] [dec]

説明 プラットフォーム IPv6 FIB、エラー情報。

推奨処置 コンソール ログ、FIB トレース(show cef trace loc)、FIB プラットフォーム トレース(show cef platform trace [common|ipv6] all loc)を収集してください。エラー メッセージが一時的なものか、継続的なものかについても注意してください。エラーが解消されない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに報告してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV6-3-ERR_INFO_VERBOSE

[chars] [chars] [chars] [dec]

説明 プラットフォーム IPv6 FIB、エラー情報。

推奨処置 *SUPPORT*

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV6-3-ERR_STR

[chars], [chars] ([unsigned int])

説明 プラットフォーム IPv6 FIB、エラー情報。

推奨処置 コンソール ログ、FIB トレース(show cef trace loc)、FIB プラットフォーム トレース(show cef platform trace [common|ipv4] all loc)を収集してください。エラー メッセージが一時的なものか、継続的なものかについても注意してください。エラーが解消されない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに報告してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV6-3-ERROR

[chars]

説明 プラットフォーム IPv6 FIB、エラー

推奨処置 コンソール ログ、FIB トレース(show cef trace loc)、FIB プラットフォーム トレース(show cef platform trace [common|ipv6] all loc)を収集してください。エラー メッセージが一時的なものか、継続的なものかについても注意してください。エラーが解消されない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに報告してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV6-3-GEN_ERR

FIB IPV6 internal error: [chars]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-FIB_IPV6-5-RECURSIVE_LOOP

FIB IPv6 Recursive loop: [chars]

説明 回帰ループが検出されました。ルート アップデートは廃棄されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

GATM メッセージ

エラー メッセージ %L2-GATM-2-ERR

[chars] - [dec]: [chars]

説明 gatm 操作のエラーです。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-GATM-2-ERR_HEX

[chars] - [dec]: [chars] ([hex])

説明 gatm 操作のエラーです。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-GATM-2-ERR_IFH_STS

[chars] - [dec]: [chars] ifh equals [hex] rc equals [hex]

説明 gatm 操作のエラーです。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-GATM-2-ERR_INT

[chars] - [dec]: [chars] ([dec])

説明 gatm 操作のエラーです。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-GATM-2-ERR_STR

[chars] - [dec]: [chars] ([chars])

説明 gatm 操作のエラーです。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-GATM-2-ERR_STS

[chars] - [dec]: [chars] (rc equals [hex])

説明 gatm 操作のエラーです。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

GDO メッセージ

エラー メッセージ %L2-GDO-5-L2PORT_FAULT_NOTIFY

[chars]

説明 ATM SPA GDO L-AIS の挿入と取り外しの通知メッセージです。

推奨処置 *NONE*

エラー メッセージ %L2-GDO-7-DEBUG

[chars]

説明 ATM SPA GDO L-AIS の挿入と取り外しのデバッグ メッセージです。

推奨処置 *NONE*

IGMPSN メッセージ

エラー メッセージ %L2-IGMPSN-3-ERR_INIT

Initialization failed: [chars], [chars]

説明 初期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-IGMPSN-3-INIT

Initialization failed: [chars]

説明 初期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-IGMPSN-3-MUTEXLOCK

Error mutex lock: [chars]

説明 ミューテックス ロックまたはロック解除の問題が発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-IGMPSN-3-NET_ERR

[chars] : [chars]

説明 内部エラー。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-IGMPSN-3-NOPACKET

Cannot setup, duplicate or parse a IGMP snooping socket packet

説明 システム内でリソース問題が発生している可能性があります。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-IGMPSN-3-SOCK_ERR

[chars] : [chars]

説明 内部エラー。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-IGMPSN-3-SYSDBINIT

Error initializing the system database: [chars]

説明 システム データベースの初期化時にエラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

IPV6_EA メッセージ

エラー メッセージ %L2-IPV6_EA-3-INIT

Failed to initialize [chars], because of [chars]

説明 evm の取得などの初期化プロセスが失敗しました。

推奨処置 システム マネージャは、ipv6_ea の起動を再試行します。回復しない場合、これは重大な状態です。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。*REDUCE*

エラー メッセージ %L2-IPV6_EA-3-NOMEM

IPv6 EA failed to program '[chars]' due to low memory

説明 IPv6 EA プロセスは、一部の IPv6 機能をプログラミングするために必要なメモリを割り当てられませんでした。

推奨処置 メモリ ステータスを確認してください。

エラー メッセージ %L2-IPV6_EA-3-PLAT_UPD_FAILED

Platform update failed: [chars] - [chars](CH[hex])

説明 プラットフォームのアップデートが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-IPV6_EA-3-PLAT_UPD_FAILED_GL

Platform update failed for [dec] interface: [chars] - [chars]

説明 すべてのインターフェイスに対するプラットフォームの一括アップデートが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-IPV6_EA-4-ERROR

[chars]: [chars]

説明 EA のイベント処理でエラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

L2C メッセージ

エラー メッセージ %L2-L2C-3-ERR_MISCONFIG

Misconfiguration: Item [chars] on interface [chars] is incompatible with other configuration. The system may now be in an inconsistent state.

説明 L2VPN Uberverifier は、設定ミスを検出しました。この設定ミスは検証段階で検出されなかったため、Uberverifier はこれを修正できません。

推奨処置 設定ミスは、指定されたインターフェイスおよびそのサブインターフェイスからすべての設定を削除し、設定を再適用することによって修正できます。問題が解消しない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2C-4-WARN_EVENT

Event loop error: [chars]

説明 L2VPN Uberverifier のイベント ループで問題が発生したため、L2VPN Uberverifier は続行できません。このような場合、L2VPN Uberverifier は再起動します。

推奨処置 L2VPN Uberverifier は再起動時に回復します。問題が解消しない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2C-4-WARN_INIT

Failed to initialize [chars]: [chars]

説明 L2VPN Uberverifier プロセスは適切に初期化することに失敗しました。この状況では、L2VPN Uberverifier は再起動されますが、IOS-XR システムでエラーが解消されない場合、回復しないことがあります。また、後の L2VPN Uberverifier による接続の再確立および初期化は、正しくできなくなります。

推奨処置 Uberverifier は、システム動作に不可欠ではありません。しかし、これが意図されたように実行されない場合は、設定ミスの可能性があります。これが解消されない場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

L2FIB_DEBUG メッセージ

エラー メッセージ %L2-L2FIB_DEBUG-3-ERR

[chars]: [chars]

説明 共有メモリ領域に関連する動作で、何らかのエラーが発生しました。メッセージのテキストに、失敗した処理と関連のエラー コードが表示されます。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

L2FIB_LIB メッセージ

エラー メッセージ %L2-L2FIB_LIB-2-OOR

L2FIB has run out of [chars] resource memory. No more updates will be handled by the L2FIB. Please delete ACs to resume normal operation on this node

説明 ノード上の l2fib_mgr プロセスで、指定リソースについてリソース不足状態が検出されました。ルートが削除されるまで、通常の動作を再開できません。

推奨処置 show l2vpn forwarding resource コマンドを実行して、メモリ不足の状態で実行されているリソースを確認してください。正常な l2fib 動作を再開するには、影響を受けているノードでかなりの量の AC を削除する必要があります。

エラー メッセージ %L2-L2FIB_LIB-3-ERR

[chars]

説明 L2FIB API 領域に関連する動作で、何らかのエラーが発生しました。メッセージのテキストに、失敗した処理と関連のエラー コードが表示されます。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB_LIB-3-SHM_ERR

[chars] failed: [chars]

説明 共有メモリ領域に関連する動作で、何らかのエラーが発生しました。メッセージのテキストに、失敗した処理と関連のエラー コードが表示されます。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB_LIB-4-RSRC_LOW

L2FIB running low on [chars] resource memory. L2FIB will now begin resource constrained forwarding. Only route deletes will be handled in this state, which may result in mismatch between L2VPN mgr/AIB/L2FIB and L2FIB. Traffic loss on certain ACs can be expected. The L2FIB will automatically resume normal operation, once the resource utilization returns to normal level

説明 l2fib_mgr プロセスは、指定されたリソースの平均使用率が事前に定義されたハイウォーターマーク(最高水準点)値を超え、リソース制限フォワーディング モードに入ったことを検出しました。このモードでは、l2fib は、潜在的にメモリの一部を解放する可能性があるルートの削除を処理するにすぎません。この動作モードにより、L2VPN mgr/AIB/L2FIB と L2FIB は同期化しなくなります。AC が削除され、リソースの使用率レベルが再び許容レベルに下がると、l2fib はこの動作モードを終了し、通常動作を再開します。

推奨処置 show l2vpn forwarding resource コマンドを実行して、メモリ不足の状態で実行されているリソースを確認してください。AC の数を減らすための何らかの処理を行った結果、l2fib は、数秒後に通常動作に戻ります。

L2FIB_SHM メッセージ

エラー メッセージ %L2-L2FIB_SHM-2-INIT

L2FIB initialization failed: [chars]

説明 L2FIB の初期化が失敗しました。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB_SHM-3-ERR

[chars] failed: [chars]

説明 共有メモリ領域に関連する動作で、何らかのエラーが発生しました。メッセージのテキストに、失敗した処理と関連のエラー コードが表示されます。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

L2FIB メッセージ

エラー メッセージ %L2-L2FIB-2-INIT

L2FIB initialization failure: [chars] [chars]

説明 L2FIB の初期化が失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB-2-INVALID_MSG

L2FIB thread [chars] received an invalid message: [chars] [unsigned int]

説明 L2FIB スレッドは、無効なメッセージを受け取ったため終了しています。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB-2-SHM_INIT

L2FIB shared memory initialization failed: [chars]

説明 L2FIB の初期化が失敗しました。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB-3-SHM_ERR

[chars] failed: [chars]

説明 共有メモリ領域に関連する動作で、何らかのエラーが発生しました。メッセージのテキストに、失敗した処理と関連のエラー コードが表示されます。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB-3-WAVL_ERR

[chars] failed (tree equals [chars])

説明 WAVL 操作で何らかのエラーが発生しました。メッセージのテキストには、失敗した操作と関連する wavl ツリーが示されています。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB-6-GEN_INFO_CERR

[chars]: [chars]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB-6-GEN_INFO_ERR

[chars]

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2FIB-6-XC_MOD

XC/BP delete-and-create: [chars]

説明 L2VPN プロビジョン メッセージは、古い XC/BP を削除し、新しい XC/BP を作成することによって処理されます。

推奨処置 なし。

L2VPN_DEBUG メッセージ

エラー メッセージ %L2-L2VPN_DEBUG-3-ERR

[chars]: [chars]

説明 デバッグおよび ltrace ライブラリの初期化が失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

L2VPN_PW メッセージ

エラー メッセージ %L2-L2VPN_PW-3-INVALID

Error [chars]

説明 AToM が無効なプロビジョニングを受信しています。

推奨処置 これは予想されていませんが、重大なものではありません。

エラー メッセージ %L2-L2VPN_PW-3-NOPRIMARY

Pseudowire with address [chars], id [unsigned long int], [chars]

説明 L2VPN バックアップ擬似回線は、プライマリ PW を検出できませんでした。

推奨処置 これは予想されていませんが、重大なものではありません。

エラー メッセージ %L2-L2VPN_PW-3-UPDOWN

Pseudowire with address [chars], id [unsigned long int], state is [chars]

説明 L2VPN 擬似回線がアップまたはダウンしました。

推奨処置 状態の変更が予期しないものだった場合、クロスコネクトの構成設定を確認してください。

L2VPN メッセージ

エラー メッセージ %L2-L2VPN-2-CRIT_MEM_SHUT

[chars] process shutting down due to 'Critical' memory state.

説明 システムは、プロセスのメモリが大幅に不足しており、そのプロセスがシャットダウンすることを通知しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-3-ATM_ERR

[chars] cell packing invalid value [dec]

説明 一部の要求処理が失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-3-BAG_REG_ERR

bag(s) registration failed: [chars]

説明 edm バッグを登録しようとしてエラーが発生しました。メッセージ テキストに、失敗した処理とエラー コードが表示されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-3-EVENT_ERR

[chars] failed: [chars]

説明 イベント、イベント マネージャ、イベント接続の処理でエラーが発生しました。メッセージ テキストに、失敗した処理とエラー コードが表示されます。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-3-GEN_ERR

[chars] failed: [chars]

説明 一部の要求処理が失敗しました。メッセージ テキストに、失敗した処理とエラー コードが表示されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-3-INTERNAL_ERROR

L2VPN sanity check failed for Pseudowire ID [chars] pw-id [unsigned long int]: [chars]. Limit is [dec]

説明 内部エラーが発生し、擬似回線を確立できません。

推奨処置 エラー状態と可能性のある回復手段を詳細に解析するために、コンソールに表示されたエラー メッセージをそのまま提出し、実行されていた l2vpn_mgr プロセスのコア ダンプおよび show tech-support l2vpn の出力を収集してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-3-SYSDB_BIND_ERR

sysdb_bind failed for '[chars]': [chars]

説明 システム データベース バインド操作のバインドで何らかのエラーが発生しました。メッセージのテキストにより、失敗した操作のバインドポイントとエラー コードが示されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-3-SYSDB_ERR

[chars] failed: [chars]

説明 システム データベース操作で何らかのエラーが発生しました。メッセージ テキストに、失敗した処理とエラー コードが表示されます。トレースバックを使用して、コードを生成しているエラーの機能とライン番号を把握できます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-4-BRIDGE_MTU_MISMATCH

[chars] mtu of [dec] does not match bridge mtu of [dec]

説明 インターフェイスの MTU がブリッジ ペイロードの MTU と一致しません。

推奨処置 インターフェイスの MTU と一致するように、ブリッジを設定してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-4-ENCAP_REMOVED_PW

Pseudowire encapsulation is deleted, pseudowire attached with pw-class '[chars]' will become unresolved

説明 pw クラスのカプセル化が削除されており、カプセル化タイプが未指定になった場合、この pw クラスに接続されたすべての擬似回線は解決されません。

推奨処置 pw クラスに擬似回線カプセル化を設定し、pw クラスを擬似回線に再接続してください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-4-MAC_LIMIT_AC_SHUT

Number of MAC addresses in AC '[chars]' has reached the configured MAC limit maximum and hence it has been shutdown

説明 接続回路の MAC アドレスの数が設定された最大数に達しました。ポートの MAC 制限イベントに対して「shut」処理が設定されたため、シャットダウンされました。

推奨処置 ポートを再びアップにするには、手動による介入が必要です。「clear l2vpn bridge-domain」コマンドを使用して、ポートをアップにします。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-4-MAC_LIMIT_BD_SHUT

Number of MAC addresses in bridge-domain '[chars]' has reached the configured MAC limit maximum and hence it has been shutdown

説明 ブリッジドメイン内の MAC アドレスの数が設定された最大数に達しました。ブリッジ ドメインの MAC 制限イベントに「shut」処理が設定されたため、シャットダウンされました。このブリッジ配下のすべてのポートも自動的にシャットダウンされます。

推奨処置 ポートを再びアップにするには、手動による介入が必要です。「clear l2vpn bridge-domain」コマンドを使用して、ブリッジ ドメインをアップにします。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-4-MAC_LIMIT_PW_SHUT

Number of MAC addresses in PW '[chars], [unsigned long int]' has reached the configured MAC limit maximum and hence it has been shutdown

説明 擬似回線の MAC アドレスの数が設定された最大数に達しました。ポートの MAC 制限イベントに対して「shut」処理が設定されたため、シャットダウンされました。

推奨処置 ポートを再びアップにするには、手動による介入が必要です。「clear l2vpn bridge-domain」コマンドを使用して、ポートをアップにします。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-4-PROVISIONING_WARNING

L2VPN sanity check failed for Attachment Circuit on node [chars]: [chars]. Limit is [dec]

説明 内部エラーが発生し、Attachment Circuit(AC; アタッチメント回線)を確立できません。

推奨処置 ルータ上の AC の数が、ラインカードの L2VPN スケーリング容量を超えていないことを確認してください。このメッセージに表示された AC を含め、UR または DN 状態の AC の設定を削除すると問題が解決する場合があります。ノード制限を超えないように、必要な AC を再設定します。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-5-NO_LICENSE

L2VPN AC manager could not get a license for node [chars], [chars]

説明 L2VPN 機能が動作するには、ライセンスが必要ですが、AC マネージャはノードのライセンスをライセンス マネージャから取得できませんでした。

推奨処置 この機能のライセンスをインストールしてください。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-6-BRIDGE_MTU_MISMATCH_CLEAR

[chars] mtu of [dec] now matches bridge mtu

説明 インターフェイスの MTU がブリッジ ペイロードの MTU と一致しています。

推奨処置 特定の対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-6-ENCAP_REMOVED_PW_CLEAR

Unresolved pseudowire encapsulation has been resolved for pw-class '[chars]'

説明 pw クラスのカプセル化が設定されると、この pw クラスに接続されたすべての擬似回線の未解決状態が解消されます。

推奨処置 特定の対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-6-MAC_LIMIT_AC_CLEAR

Number of MAC addresses in AC '[chars]' has gone below 75 percent of the configured MAC limit maximum, [chars]

説明 AC 内の MAC アドレスの数が、設定された最大数の 75% を下回りました。MAC ポートの制限処理のために、ポートで MAC ラーニングまたはユニキャスト フラッディングがディセーブルになっていた場合は、自動的に再度イネーブルになります。

推奨処置 特定の対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-6-MAC_LIMIT_AC_SET

Number of MAC addresses in AC '[chars]' has reached the configured MAC limit maximum, [chars]

説明 接続回路の MAC アドレスの数が設定された最大数に達しました。MAC ラーニングとユニキャスト フラッディングをディセーブルにするための MAC 制限処理がポートに設定されている場合は、特定の処理が自動的に行われた可能性があります。

推奨処置 特定の対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-6-MAC_LIMIT_BD_CLEAR

Number of MAC addresses in bridge-domain '[chars]' has gone below 75 percent of the configured MAC limit maximum, [chars]

説明 AC 内の MAC アドレスの数が、設定された最大数の 75% を下回りました。MAC 制限処理のために、ブリッジドメインで MAC ラーニングまたはユニキャスト フラッディングがディセーブルになっていた場合は、自動的に再度イネーブルになります。

推奨処置 特定の対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-6-MAC_LIMIT_BD_SET

Number of MAC addresses in bridge-domain '[chars]' has reached the configured MAC limit maximum, [chars]

説明 ブリッジドメイン内の MAC アドレスの数が設定された最大数に達しました。MAC ラーニングとユニキャスト フラッディングをディセーブルにするための MAC 制限処理がポートに設定されている場合は、特定の処理が自動的に行われた可能性があります。

推奨処置 特定の対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-6-MAC_LIMIT_PW_CLEAR

Number of MAC addresses in PW '[chars], [unsigned long int]' has gone below 75 percent of the configured MAC limit maximum, [chars]

説明 擬似回線内の MAC アドレスの数が、設定された最大数の 75% を下回りました。MAC ポートの制限処理のために、ポートで MAC ラーニングまたはユニキャスト フラッディングがディセーブルになっていた場合は、自動的に再度イネーブルになります。

推奨処置 特定の対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-L2VPN-6-MAC_LIMIT_PW_SET

Number of MAC addresses in PW '[chars], [unsigned long int]' has reached the configured MAC limit maximum, [chars]

説明 擬似回線の MAC アドレスの数が設定された最大数に達しました。MAC ラーニングとユニキャスト フラッディングをディセーブルにするための MAC 制限処理がポートに設定されている場合は、特定の処理が自動的に行われた可能性があります。

推奨処置 特定の対処は不要です。

LACP_LITE メッセージ

エラー メッセージ %L2-LACP_LITE-3-ERR_LL_DLL_ASYNC_SEND_FAIL

Send async pulse to lacp lite process fails; Error [chars]

説明 LACP lite プロセスにパルスの送信を試みましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-LACP_LITE-3-ERR_LL_DLL_CHAN_CONNECT_FAIL

Cannot connect to lacp lite process; Error [chars]

説明 LACP lite プロセス チャネルへの接続を試みましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-LACP_LITE-3-ERR_SHMEM_MMAP_FAIL

Cannot mmap file [chars]; Error [chars]

説明 共有メモリを mmap しようとしましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-LACP_LITE-3-ERR_SHMEM_OPEN_FAIL

Cannot open shmem file [chars]; Error [chars]

説明 共有メモリをオープンしようとしましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-LACP_LITE-3-ERR_SHMEM_TRNC_FAIL

Cannot truncate file [chars] to [dec] bytes; Error [chars]

説明 共有メモリ ファイルを切り詰めようとしましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-LACP_LITE-3-ERR_SHMEM_UNAVAILABLE

LACP lite SHMEM can accommodate only [dec] records (request for [dec] records)

説明 BM ローカルは、共有メモリの収容能力を超えるインターフェイス レコードの転送を要求しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-LACP_LITE-3-ERR_UNSUPPORTED_FLAG

LACP lite API is called with unsupportd flag (request for [dec])

説明 BM ローカルが未サポートのフラグで LACP lite API を呼び出しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

OAMMIB メッセージ

エラー メッセージ %L2-OAMMIB-3-NO_DEBUG

Unable to register for OAM MIB debug. No further debugging will occur: [chars]

説明 OAM MIB DLL の初期化で、デバッグ用に登録しようと試みたときに、エラーが発生しました。このため、OAM MIB DLL からのデバッグ出力はありません。

推奨処置 デバッグを一切行わずに OAM MIB DLL の処理を続行するか、初期化時にデバッグの登録をもう一度試行できるように、DLL を再起動してください。

エラー メッセージ %L2-OAMMIB-3-NO_TRAP

Unable to register for SNMP traps. Traps will not be sent regardless of trap events occurring: [chars]

説明 SNMP トラップをイネーブルにするコールバック関数を登録しようとしたときに、OAM MIB DLL の初期化でエラーが発生しました。また、トラップをイネーブルにしようとしたときに、トラップ通知のシステム データベースへのバインディングに障害が発生しました。

推奨処置 イベントが発生してもトラップを送信する機能を一切使用せずに OAM MIB DLL の処理を続行するか、トラップの登録をもう一度試行できるように、DLL を再起動してください。

PFILTER_EA メッセージ

エラー メッセージ %L2-PFILTER_EA-3-ERR_IM_CAPS

[chars] acl failed on interface CH[hex]. [chars]

説明 1) 次のいずれかの原因により、ハードウェアに ACL を適用できませんでした。a) TCAM が 最大限度に達した。b) RLB リソースを利用できない。c) IPv6 アドレス圧縮テーブルが満杯である。このエラーは、バンドル メンバーが新しく追加され、ACL を正常にプログラムできない場合に発生する可能性があります。2) ハードウェアから ACL を削除できない。

推奨処置 1) このエラーが発生すると、running-config とラインカード設定を同期化できなくなります。エラーが発生したバンドル メンバーは、バンドルから削除することを推奨します。ACL 設定も、新しいバンドル メンバーで正常にプログラムできるまでは、減らされる可能性があります。2) ハードウェアから ACL を削除できない場合は、ラインカードのリロードを推奨します。

エラー メッセージ %L2-PFILTER_EA-7-INIT

[chars] failed due to [chars]

説明 次のいずれかの理由により、パケット フィルタ プロセスの初期化が失敗しました。1) イベント マネージャの初期化に失敗した。これにより、プロセスはイベントを受け取れなくなります。2) デバッグの登録に失敗した。これにより、プロセスはデバッグ メッセージをロギングできなくなります。3) システム データベースへの接続に失敗した。4) 内部 permit、deny エントリを IPv4/IPv6 用に初期化することに失敗した。このエントリは、IPv4/IPv6 セキュリティ ACL でハードウェア エントリをプログラミングまたは削除するために必要です。5) インターフェイス マネージャ プロキシ サービスとの接続の初期化に失敗した。6) range logic block(RLB; 範囲論理ブロック)チェックポイントの初期化に失敗した。この初期化は、プロセス再起動時の復元用に、範囲論理ブロック情報をチェックポイントするために必要です。7) ハードウェア リソースのプログラミングに必要な Feature EA DLL API の初期化に失敗した。8) ハードウェアのセキュリティ ACL プログラミングに必要な IPv4 または IPv6 TCAM エントリをコンパイルするために、Feature EA DLL からのコールバック関数の初期化に失敗した。9) TCAM マネージャからの RLB と IPv6 ソース プレフィクス圧縮テーブル要求の再プログラミングを処理する Feature EA DLL からのコールバック関数初期化に失敗した。10) 機能チェックポイント情報の初期化に失敗した。これは、ハードウェアにプログラミングされた IPv4 および IPv6 セキュリティのチェックポイントに必要です。11) ハードウェア リソース チェックと ACE の再シーケンスの実行に必要なコールバック関数を、ACL 設定マネージャから初期化するのに失敗した。12) event_block が失敗した。これは、イベント待機中に、プロセスに予期しないエラーが発生したことを示します。13) IPv4/IPv6 セキュリティ ACL 設定の差分更新を受け取るためのコールバック関数の初期化に失敗した。

推奨処置 対処は不要です。プロセスが再起動されます。回復しない場合、これは重大な状態です。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。*REDUCE*

PLAT_L2FIB_VPLS メッセージ

エラー メッセージ %L2-PLAT_L2FIB_VPLS-7-DEBUG_ERROR

PLATFORM-L2FIB-VPLS: Error - [chars] [chars] [chars] [dec]

説明 プラットフォーム L2FIB VPLS コンポーネントのデバッグ モジュールを初期化できませんでした。

推奨処置 なし。エラーが発生した場合は、プラットフォーム ソフトウェアが自身で修正します。

エラー メッセージ %L2-PLAT_L2FIB_VPLS-7-INIT_ERROR

PLATFORM-L2FIB-VPLS: Error - [chars]

説明 プラットフォーム L2FIB VPLS コンポーネントの VPLS モジュールを初期化できませんでした。

推奨処置 なし。エラーが発生した場合は、プラットフォーム ソフトウェアが自身で修正します。

エラー メッセージ %L2-PLAT_L2FIB_VPLS-7-LTRACE_ERROR

PLATFORM-L2FIB-VPLS: Error - [chars] [dec] [chars] [dec]

説明 プラットフォーム L2FIB VPLS コンポーネントの ltrace モジュールを初期化できませんでした。

推奨処置 なし。エラーが発生した場合は、プラットフォーム ソフトウェアが自身で修正します。

エラー メッセージ %L2-PLAT_L2FIB_VPLS-7-PFI_ERROR

PLATFORM-L2FIB-VPLS: Error - [chars] [chars] [chars] [dec]

説明 プラットフォーム L2FIB VPLS コンポーネントの PFI-IFH モジュールを初期化できませんでした。

推奨処置 なし。エラーが発生した場合は、プラットフォーム ソフトウェアが自身で修正します。

POS メッセージ

エラー メッセージ %L2-POS-3-MTU_IMPOSE_FAILED

Failed to set MTU of [unsigned int] on [chars]

説明 指定された MTU をこのインターフェイスに適用できませんでした。

推奨処置 対処は不要です。

SLARP_EA メッセージ

エラー メッセージ %L2-SLARP_EA-2-EVENT_BLOCK

Failure during receipt of message. Error: [chars]

説明 SLARP カプセル化 EA プロセスに達したメッセージを処理する際に、障害が発生しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP_EA-2-INIT

Failure during intialisation of SLARP Caps EA. Error: [chars]

説明 SLARP カプセル化 EA プロセスの初期化中に障害が発生しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP_EA-3-ADJ_UPDATE_FAIL

[hex]: unable to update adjacency : [chars]

説明 隣接情報を更新できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

SLARP_LITE メッセージ

エラー メッセージ %L2-SLARP_LITE-3-ERR_CSL_DLL_ASYNC_SEND_FAIL

Send async pulse to slarp lite process fails; Error [chars]

説明 SLARP lite プロセスにパルスの送信を試みましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP_LITE-3-ERR_CSL_DLL_CHAN_CONNECT_FAIL

Cannot connect to slarp lite process; Error [chars]

説明 slarp lite プロセス チャネルへの接続を試みましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP_LITE-3-ERR_SHMEM_MMAP_FAIL

Cannot mmap file [chars]; Error [chars]

説明 共有メモリを mmap しようとしましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP_LITE-3-ERR_SHMEM_OPEN_FAIL

Cannot open shmem file [chars]; Error [chars]

説明 共有メモリをオープンしようとしましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP_LITE-3-ERR_SHMEM_TRNC_FAIL

Cannot truncate file [chars] to [dec] bytes; Error [chars]

説明 共有メモリ ファイルを切り詰めようとしましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP_LITE-3-ERR_SHMEM_UNAVAILABLE

SLARP lite SHMEM can accommodate only [dec] records (request for [dec] records)

説明 cHDLC MA は、共有メモリの収容能力を超えるインターフェイス レコードの転送を要求しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーします。show tech-support コマンドを発行し、エラーの性質を判断するための情報を提供する可能性のあるデータを収集します。エラー メッセージ テキストまたは show tech-support の出力から、エラーの性質が判別できない場合は、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

SLARP メッセージ

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-CAPS_ADD

[chars]: Could not add slarp capsulation : [chars]

説明 IM に SLARP カプセル化を追加できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-CAPS_REMOVE

[chars]: Could not remove slarp capsulation : [chars]

説明 問題のあるカプセル化を削除できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-CLOCK_READ_ERROR

Unable to read the clock: [chars]

説明 クロックを読み出せません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-CONN_ALLOC

Failed to allocate event connection with [chars].

説明 接続リソースを割り当てようとしましたが、失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-CONN_NOTIFY

Failed to attach event connection handler for [chars].

説明 イベント接続のためにハンドラを接続しようとしましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-DEBUG_REGISTER

Could not register for debug events : [chars]

説明 デバッグ インフラストラクチャに登録しようとしましたが失敗しました。この障害を処理できないため、プロセスは終了して自動的に再起動されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-EVENT_CONN

Unable to initialize slarp timers

説明 SLARP タイマーが使用するイベント チャネルを初期化できません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-EVENTBLOCK

event_block returned early : [chars]

説明 イベント待機中に予期しない復帰、または誤った復帰が発生しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-IM_STATEQUERY

Failed to query IM interface state: [chars]

説明 IM からインターフェイス状態をクエリしようとしましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-INVTIMER

invalid timer [dec]

説明 SLARP パケット送信を試みましたが失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-NO_INITIAL_CONFIG

Failed to get the initial configuration: [chars]

説明 ボックスの初期設定を判別できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-NOIDB

[chars]: Event which we do not have record of

説明 内部ソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-NORESOURCE

[chars] failed to allocate resource in [chars]

説明 リソースを割り当てようとしましたが、失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-TIMER_ALLOC

[chars]: Could not allocate a timer for SLARP : [chars]

説明 タイマーを割り当てられませんでした。SLARP は、このインターフェイスで動作しません。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-TRACE_REGISTER

Failed to register with tracing infrastructure: [chars]

説明 トレース インフラストラクチャに登録しようとしましたが失敗しました。この障害を処理できないため、プロセスは終了して自動的に再起動されます。この問題は、このプロセスが特定の原因ではなく、トレース インフラストラクチャが原因と考えられます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-1-TREE_INSERT

[chars]: Could not insert interface into storage.

説明 このインターフェイスに関する情報を保管できませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-5-OLDSEQ

[chars]: Outdated sequence number [dec], current [dec]

説明 キープアライブのパケットを、以前のキープアライブと異なる順序で受信しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-SLARP-5-PKTLENGTH

Invalid packet length [dec] recv on [chars], should be [dec]

説明 無効な SLARP パケットを受信しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

SRP メッセージ

エラー メッセージ %L2-SRP-3-ERR_DUP_MAC_ADDR

[chars]: Duplicate mac addresses in topology

説明 リング上の別ノードがこのノードと同じ MAC アドレスを使用しています。これは、トラフィック フォワーディングに影響する可能性があります。

推奨処置 各ノードの設定を確認し、必要に応じて、各ノードが一意の MAC アドレスを使用するように修正してください。「show srp topology」CLI を使用して、同じ MAC アドレスを使用しているノードを特定してください。

エラー メッセージ %L2-SRP-3-ERR_MEDIA_SINGLE_RING

[chars] SRR usage changed ([chars])

説明 内側のリング、外側のリング、または両方のリングを使用することで、SRR リングの使用状況が変更されます。リング上に複数の障害(またはユーザ要求)が存在する、または存在していたことが原因で、トラフィックおよび帯域幅に潜在的損失が発生します。

推奨処置 リング上の障害やラップをすべて除去してください。「show srp topology」CLI を使用して、ラップされているノードを特定してください。

エラー メッセージ %L2-SRP-3-ERR_MEDIA_WRAP

[chars] [chars] on side [char] ([chars])

説明 インターフェイスの指定サイドは、表示された理由により、ラップまたはラップ解除されました。リング上に障害(またはユーザ要求)が存在する、または存在していたことが原因で、トラフィックや帯域幅に潜在的損失が発生します。

推奨処置 障害やラップの原因を解消してください。「show srp ips」および「show srp failures」CLI を使用して、障害の原因を特定してください(障害が解消されない場合)。

エラー メッセージ %L2-SRP-3-ERR_SRR_VER_MISMATCH

[chars] SRR version mismatch detected.

説明 リング上で相互運用できない、互換性のないバージョンの別ノードが SRR により検出されました。

推奨処置 リングの全ノードのソフトウェア イメージをアップデートして、SRR のバージョンが同じになるようにしてください。

エラー メッセージ %L2-SRP-6-INFO_SINGLE_NODE_TOPO

[chars]: Single node in topology

説明 トポロジ ディスカバリの結果、1 つのノードが検出されました。これは、リングの起動初期における一時的な状態である可能性が高いと考えられます。

推奨処置 「show srp topology」CLI を使用して、この状態が一時的なものでないかどうか確認します。インターフェイスが物理的にループ バックしていないか、つまりサイド A がサイド B に接続されていないかどうか確認します。他のノードが PassThru モード(ADMIN DOWN)になっていないかどうか確認します。「show interface srp」CLI を使用して、いずれの隣接ノードも同じ BIA アドレスを使用していないことを確認します。重複する BIA アドレスが検出された場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

STP_IO メッセージ

エラー メッセージ %L2-STP_IO-3-ATTACH_FAILED

Process is restarting after failing to initialize IO for [unsigned int] interfaces including CH[hex]: [chars]

説明 STP は、1 つまたは複数のインターフェイスの IO を初期化できませんでした。BPDU は、これらのインターフェイスを介して送受信されません。エラーの解消を試みるため、プロセスを再起動しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-3-BPDU_DROPPED

Received a BPDU but failed to decode it. Stage: [chars].

説明 STP がデコードに失敗した BPDU パケットを受信しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-3-DETACH_FAILED

Failed to detach from one or more interface on this node: [chars]

説明 STP から 1 つまたは複数のポートを設定解除する際に、STP は 1 つまたは複数のインターフェイスを解除できませんでした。これは、インターフェイスがそれまで STP に接続されていなかったことを示している可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-3-TIMER_FAILED

Restarting after failing to process one or more expired timers: [chars]

説明 MSTP エンジンを実行する 1 つ以上のタイマー イベントを処理しているときに、エラーが発生しました。この問題を修正するために、プロセスを再起動しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-CFG_FAILED

Failed to process [chars] of [chars] config: [chars]

説明 STP IO プロセスは、指示された設定イベントの処理に失敗しました。このイベントは有効になりません。

推奨処置 一時的なエラーが示された場合は、設定を削除して再適用すると、その設定を正常に適用できることがあります。適用できない場合は、プロセスを再起動すると、設定を正常に適用できることがあります。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-ERR_PACKET_INVALID_MSTI

Received an internal packet on port CH[hex] referencing unknown MSTI [unsigned int]

説明 受信したパケットが、内部パケットと見なされるにもかかわらず、不明な MSTI を参照しています。これは、反対側での不整合を示している可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-ERROR_DISABLING_PORT

Error while disabling port CH[hex]. Reason for disabling is '[chars]': [chars].

説明 STP IO プロセスは、ポートをエラーディセーブル状態にしようと試みましたが失敗しました(たとえば、BPDU ガードが設定されているポートで受信された BPDU に対応する場合など)。

推奨処置 ネットワーク上の潜在的なループを防ぐために、STP はポートのエラーディセーブルを試みました。問題が解決されるまで、このポートをディセーブルにする必要があります。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-INITIALISATION_FAILURE

Failed to initialise [chars]: [chars]

説明 プロセスの初期化中に障害が発生しました。プロセスが再起動されます。

推奨処置 プロセスは自動的に終了し、再起動します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-OOM

The STP IO process is restarting due to an Out of Memory condition. All state should be resynchronised after restart.

説明 STP IO プロセスは、操作のいずれかに十分なメモリを割り当てられませんでした。この状態から回復するためにプロセスを再起動し、ステートを再同期化します。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-PROBLEM_EXITING

An error occured while determining whether the IO process should exit, or in exiting: [chars]

説明 STP IO プロセスのシャットダウンが必要かどうかを確認するとき、またはシステム マネージャにそのプロセスの終了を通知するときに、障害が発生しました。まれなケースとして、システム マネージャがプロセスを実行すべきときにプロセスを再起動すると、障害が発生する可能性があります。

推奨処置 プロセスが実行されるべきときに実行されない場合は、「process restart」コマンドを使用して、プロセスの再起動を試行してください。これが失敗する場合は、プロセスを設定解除して、設定を再度入力してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-RECONNECT_FAILED

Restarting after failing to reset connection to Interface Manager: [chars]

説明 STP のデータをインターフェイス マネージャと再同期化しようとしているときに、STP にエラーが発生しました。プロセスが自動的に再起動して、問題を修正します。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-UNEXPECTED_BPDU_RECEIVED

A BPDU was received on portfast port: CH[hex]

説明 Portfast 用に設定されたポートで BPDU が受信されました。このポートは「非エッジ」ポートに戻ります。

推奨処置 ネットワーク設定を確認してください。このポートが本当に Portfast 用に設定されているか、ネットワークに新しいネットワーク デバイスが追加されたかを確認します。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-4-UNEXPECTED_SYSDB_MESSAGE

Received an unexpected message from SysDB, type [unsigned int], path '[chars]'

説明 STP IO は、認識されない形式のメッセージをシステム データベースから受信しました。メッセージは無視されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP_IO-7-BPDU_ON_UNPROTECTED_PORT

Received a BPDU on a port that does not have MSTP configured on it: CH[hex]

説明 STP が設定されていないでポートで BPDU パケットが受信されました。パケットは破棄されます。

推奨処置 この警告は、問題のポートが L3 の場合に発生すると予想されます。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

STP_LIB メッセージ

エラー メッセージ %L2-STP_LIB-3-PROTECT_STATE

Failure during STP Protected state update. One or more ports may not be placed in the correct STP state: [chars]

説明 1 つ以上のポートが STP 制御下にあることをインフラストラクチャに通知しているときに、障害が発生しました。これが発生すると、最悪の場合、ネットワーク内にブリッジ ループが形成され、これらのポートは正しい STP 状態にならないことがあります。

推奨処置 新しいポート設定が追加された場合は、新たに設定されたポートをシャットダウンしてください。すべての MSTP 設定を削除して、再適用します。

STP メッセージ

エラー メッセージ %L2-STP-3-PORT_STATE_UPDATES_BLOCKED

Port state updates may have failed, and further updates will be blocked, for [unsigned int] port instances, including instance [unsigned int] on port [chars]

説明 ポート状態の更新で、指示されたインスタンスにエラーが発生しました。エラーが解消されるまで、これらのポート上の以降の状態更新を送信できず、重要な更新が妨げられる可能性があります。また、現在の状態が適切に実施されなかった可能性もあります。

推奨処置 stp_controller プロセスを再起動すると、この問題によって生じたあらゆるネットワーク中断が解決されますが、テクニカル サポートに連絡して問題の調査を依頼してください。

エラー メッセージ %L2-STP-4-ERR_CHKPT_SAVE

CH[hex]: Failed to save Checkpoint data: [chars]

説明 指示されたインターフェイスのデータをチェックポイントしているときに、エラーが発生しました。運用データが失われている可能性があり、その結果 STP プロセスが再起動すると、さらに強い影響を与えます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP-4-ERR_PORT_ID_RECLAIM

Port ID [unsigned int] is recorded as used by interface [chars], but is also marked as used by another interface

説明 MSTP コントローラ プロセスの再起動後、チェックポイントから既存データを回復するときに、指示されたポート ID が、その名前付きのものも含めて、2 つ以上のポートで使用されていることが判明しました。問題が解消されるまで、指示されたポートは MSTP によって使用されません。

推奨処置 指示されたポートを STP 設定から削除して、この設定に再度追加すると、エラーが解消されます。

エラー メッセージ %L2-STP-4-INITIALISATION_FAILURE

Failed to initialise [chars]: [chars]

説明 プロセスの初期化中に障害が発生しました。プロセスが再起動されます。

推奨処置 プロセスは自動的に終了し、再起動します。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP-4-INVALID_L2VPN_STATE

Invalid state received in L2VPN ACK: [unsigned int]

説明 状態更新の確認応答時に、L2VPN インフラストラクチャは無効な値を送信しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP-4-PORTFAST_CHANGES_PENDING

Portfast state changes will only be enacted when ports are shutdown

説明 MSTP 仕様では、Portfast 状態変更は、ポートがディセーブルのときにだけ行うことを規定しています。新しい Portfast の設定を有効にするには、ポートをシャットダウンする必要があります。

推奨処置 Portfast 設定が更新されたインターフェイスを非アクティブ(shut)にして、アクティブ(unshut)にします。

エラー メッセージ %L2-STP-4-PROBLEM_EXITING

Failed to notify SysMgr of intention to exit: [chars]

説明 STP プロセスのシャットダウン時に障害が発生し、STP プロセスの終了をシステム マネージャに通知できませんでした。まれなケースとして、システム マネージャがプロセスを実行すべきときにプロセスを再起動すると、障害が発生する可能性があります。

推奨処置 プロセスが実行されるべきときに実行されない場合は、「process restart」コマンドを使用して、プロセスの再起動を試行してください。これが失敗する場合は、プロセスを設定解除して、設定を再度入力してください。

エラー メッセージ %L2-STP-4-RECONNECT_FAILED

Restarting after failing to reset connection to Interface Manager: [chars]

説明 STP のデータをインターフェイス マネージャと再同期化しようとしているときに、STP にエラーが発生しました。プロセスが自動的に再起動して、問題を修正します。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STP-4-TIMER_FAILED

Restarting after failing to process one or more expired timers: [chars]

説明 MSTP エンジンを実行する 1 つ以上のタイマー イベントを処理しているときに、エラーが発生しました。この問題を修正するために、プロセスを再起動しました。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

STREE メッセージ

エラー メッセージ %L2-STREE-4-CONNECT_FAIL

STP Server not available

説明 stp_process が不良状態に陥っているか、基本システム サービスが失敗した可能性があります。一般に stp_process エラー メッセージは、制御イーサネットのヘルスを示しており、これはシステム運用に不可欠です。stp_process の動作不良により、システムが不安定になる可能性があります。

推奨処置 システム マネージャ プロセスにこのエラーが発生した場合、システム マネージャ プロセスは stp_process を再起動します。このエラーが発生した場合は、「stp_process」がアップで実行中かどうかを確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STREE-4-CREATE_FAIL

STP Create Failed : [chars]

説明 制御イーサネットに対してスパニング ツリー インスタンスを作成しているときに、stp_process にエラーが発生しました。stp_process エラー メッセージは、制御イーサネットのヘルスを示しており、これはシステム運用に不可欠です。stp_process の動作不良により、システムが不安定になる可能性があります。

推奨処置 システム マネージャ プロセスにこのエラーが発生した場合、システム マネージャ プロセスは stp_process を再起動します。このエラーが発生した場合は、「stp_process」がアップで実行中かどうかを確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STREE-4-MSGSEND_FAIL

Message Send Failed : [chars]

説明 stp_process が不良状態に陥っているか、基本システム サービスが失敗した可能性があります。一般に stp_process エラー メッセージは、制御イーサネットのヘルスを示しており、これはシステム運用に不可欠です。stp_process の動作不良により、システムが不安定になる可能性があります。

推奨処置 システム マネージャ プロセスにこのエラーが発生した場合、システム マネージャ プロセスは stp_process を再起動します。このエラーが発生した場合は、「stp_process」がアップで実行中かどうかを確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STREE-4-PORT_CREATE_FAIL

Stp port creation fail : [chars]

説明 ノード上でスパニング ツリー ポートの作成が失敗しました。stp_process エラー メッセージは、制御イーサネットのヘルスを示しており、これはシステム運用に不可欠です。stp_process の動作不良により、システムが不安定になる可能性があります。

推奨処置 スパニング ツリー ポートの作成は自動的に再試行されます。このエラーが発生した場合は、「stp_process」がアップで実行中かどうかを確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STREE-4-SET_MACADDR_FAIL

STP Set Mac Addr Failed : [chars]

説明 スパニング ツリーに割り当てられた MAC アドレスが無効であったか、この MAC アドレスをスパニング ツリー インスタンスに設定できませんでした。stp_process エラー メッセージは、制御イーサネットのヘルスを示しており、これはシステム運用に不可欠です。stp_process の動作不良により、システムが不安定になる可能性があります。

推奨処置 システム マネージャ プロセスにこのエラーが発生した場合、システム マネージャ プロセスは stp_process を再起動します。このエラーが発生した場合は、「stp_process」がアップで実行中かどうかを確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-STREE-4-START_FAIL

Failed to start STP instance : [chars]

説明 このノードの制御イーサネットでスパニング ツリーを起動できませんでした。stp_process エラー メッセージは、制御イーサネットのヘルスを示しており、これはシステム運用に不可欠です。stp_process の動作不良により、システムが不安定になる可能性があります。

推奨処置 システム マネージャ プロセスにこのエラーが発生した場合、システム マネージャ プロセスは stp_process を再起動します。このエラーが発生した場合は、「stp_process」がアップで実行中かどうかを確認してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

T3E3 メッセージ

エラー メッセージ %L2-T3E3-2-NOMEM

[chars]([dec]): not enough memory for [chars]

説明 プロセスのメモリ容量が不足しています。

推奨処置 プロセス リストを調べてメモリ不足の原因がないか確認します。ハードウェアのメモリ要件が満たされているかどうかも確認してください。

エラー メッセージ %L2-T3E3-3-ERROR

[chars]([dec]): [chars] failed ([chars]) - [chars]

説明 問題の機能の実行中に、一般障害が発生しました。メッセージには、障害の場所と原因および予測される処理/影響についての情報が記載されています。

推奨処置 T3E3 が引き続き正常に動作するか確認してください。

エラー メッセージ %L2-T3E3-4-ALARM

[chars]: [chars] [chars]

説明 指定された T3E3 アラームが宣言または解除されました。

推奨処置 推奨処置は、アラームの原因を解消することです。

エラー メッセージ %L2-T3E3-4-FEAC

[chars] [chars]

説明 新しい遠端アラーム コードを受信しました。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ %L2-T3E3-4-LOOPSTATUS

[chars] [chars]

説明 設定可能なコントローラ ループバック ステータスです。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ %L2-T3E3-4-PM

[chars]([dec]): [chars]

説明 パフォーマンス モニタリングに関連する警告またはエラーです。

推奨処置 なし。

エラー メッセージ %L2-T3E3-4-UPDOWN

[chars]: [chars] [chars]

説明 指定された T3E3 はアラームにより、操作上ダウンしています。CLI で show controller t3 コマンドを使用して、アラーム ステータスを確認してください。

推奨処置 推奨処置は、アラームの原因を解消することです。

エラー メッセージ %L2-T3E3-4-WARNING

[chars]([dec]): [chars] - [chars]

説明 問題の機能の実行時にエラーが発生しましたが、重大なエラーではありません。メッセージには、障害の場所と原因および予測される処理/影響についての情報が記載されています。

推奨処置 T3E3 が引き続き正常に動作するか確認してください。

VCM_CLIENT メッセージ

エラー メッセージ %L2-VCM_CLIENT-1-COMM_ERR

[chars] : [chars]

説明 通信のエラーです。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

VCM メッセージ

エラー メッセージ %L2-VCM-2-IM_ATTR_ERR

IM Attribute Error : [chars] : [dec]

説明 IM アトリビュートの動作エラーです。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-VCM-2-IM_ERR

[chars] : [chars]

説明 IM 操作のエラーです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-VCM-2-INTERNAL_ERR

[chars] : [chars] : [chars]

説明 内部エラーです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

vlan_netio メッセージ

エラー メッセージ %L2-vlan_netio-4-DEBUG_INIT_ERROR

An error occurred during debug initialization (error: [chars])

説明 デバッグの初期化中に、VLAN NetIO コンポーネントにエラーが発生しました。これにより、VLAN インターフェイスの設定が失敗する可能性があります。

推奨処置 設定を適用した結果このエラーが発生した場合は、設定を削除し、設定を再度適用してみてください。これでも問題が解消されない場合は、影響を受けているラインカードのリロードが必要になることがあります。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

vlea メッセージ

エラー メッセージ %L2-vlea-3-NATIVE_VLAN_NOTIF

Failed to generate a notification for the Native VLAN (error: [chars])

説明 ネイティブ VLAN 変更通知を送信しようとしているときに、VLAN EA プロセスに問題が発生しました。影響を受けているノードのインターフェイスに対して、ネイティブ VLAN サポートが適切に機能しない場合があります。

推奨処置 process restart vlan_ea location (node) を使用して、影響を受けているノードの VLAN EA プロセスを再起動してください。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlea-3-NO_STATS

VLAN EA failed to register with the statistics server (error: [chars])

説明 統計サーバ プロセスへの登録中に、VLAN EA プロセスにエラーが発生しました。特定のラインカードでは、VLAN サブインターフェイスの統計情報が収集されません。

推奨処置 このエラー メッセージには、RP 上の統計サーバ プロセスの問題またはラインカードと RP 間の通信の問題が示されます。コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlea-4-EVENT_BLOCK

An error was received while waiting for an event (error: [chars])

説明 イベントをリスンしているときに、VLAN EA プロセスにエラーが発生しました。プロセスは自動的に再起動し、再試行されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlea-4-IMP_CANT_REPLY

Unable to reply to IMP (error: [chars])

説明 IMP プロセスからのメッセージの処理中に、VLAN EA プロセスにエラーが発生し、VLAN EA は応答を送信できません。これは、メモリ不足によって発生する場合があり、その場合、エラー コードが示されます。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。*RECUR*

エラー メッセージ %L2-vlea-4-IMP_REG_FAILED

Failed to register for notifications with IMP, err: [chars]

説明 初期化時に、要求されたサービスの IMP プロセスに登録しようとしましたが、VLAN EA プロセスにエラーが発生しました。VLAN EA プロセスは自動的に再試行されます。VLAN 機能は、プロセスが成功するまで、影響を受けているノードで機能しない可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlea-4-INIT_FAILED

VLAN EA initialization failed: [chars] (error: [chars])

説明 VLAN EA プロセスは初期化に失敗しました。プロセスは自動的に再起動し、再試行されます。VLAN 機能は、プロセスが成功するまで、影響を受けているノードで機能しない可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlea-6-NO_MEM

Out of memory (failed attempt to reserve [unsigned int] bytes)

説明 VLAN EA プロセスは、操作の完了に必要なメモリを割り当てられませんでした。この問題が解決するまで、影響を受けるノード上の VLAN 機能が低下する可能性があります。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

vlma メッセージ

エラー メッセージ %L2-vlma-3-BULK_IM_HANDLER_FAILED

The handling of a bulk [chars] notification failed on [chars] for [dec] out of a batch of [dec] interfaces

説明 インターフェイス マネージャから一連の VLAN サブインターフェイスに関するメッセージを処理しているときに、VLAN MA プロセスにエラーが発生しました。指定されたノードの VLAN サブインターフェイスの動作に影響する場合があります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-3-BULK_IM_HANDLER_FAILED_ALL

The handling of a bulk [chars] notification failed on [chars] for a batch of [dec] interfaces (all with error: [chars])

説明 インターフェイス マネージャから一連の VLAN サブインターフェイスに関するメッセージを処理しているときに、VLAN MA プロセスにエラーが発生しました。指定されたノードの VLAN サブインターフェイスの動作に影響する場合があります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-3-BULK_L2VPN_FAILED

The handling of a bulk [chars] notification failed on [chars] for [dec] out of a batch of [dec] ACs

説明 一連の L2VPN メッセージを処理しているときに、VLAN MAプロセスにエラーが発生しました。影響を受けているノードの L2VPN 機能が損なわれている可能性があります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-3-BULK_L2VPN_FAILED_ALL

The handling of a bulk [chars] notification failed on [chars] for a batch of [dec] ACs (all with error: [chars])

説明 一連のサブインターフェイスに関する L2VPN 通知を処理するためのバルク操作は失敗しました。

推奨処置 一連の L2VPN メッセージを処理しているときに、VLAN MAプロセスにエラーが発生しました。影響を受けているノードの L2VPN 機能が損なわれている可能性があります。

エラー メッセージ %L2-vlma-3-BULK_L2VPN_FAILED_BATCH

The handling of a bulk [chars] notification failed on [chars] for a batch of [dec] ACs (error: [chars])

説明 一連の L2VPN メッセージを処理しているときに、VLAN MAプロセスにエラーが発生しました。影響を受けているノードの L2VPN 機能が損なわれている可能性があります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-3-IM_ATTR_MSG_FAILED

Failed to generate an IM attribute notification on [chars] (error: [chars])

説明 サブインターフェイスに関する情報をシステムの他のプロセスに送信しているときに、VLAN MA プロセスにエラーが発生しました。影響を受けているノードの VLAN サブインターフェイスの動作が損なわれる可能性があります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-3-IM_CONNECT_FAILED

Failed to connect to IM, err: [chars]

説明 VLAN MA プロセスは IM サーバへの接続に失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-3-IM_RESTART_RESYNC_FAILED

Could not syncronize interface data for ([chars]) with IM (error: [chars])

説明 VLAN MAプロセスは、内部データベースを IM のデータベースと完全に再同期化できませんでした。これにより、そのエラーが発生した VLAN トランク インターフェイスとそのサブインターフェイスで VLAN 機能の一部が喪失することがあります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-3-L2VPN_DISCONNECT_FAILED

The handling of a L2VPN Mgr disconnect notification failed for [unsigned int] trunk interface(s). The first failure was on [chars] (with error: [chars])

説明 VLAN MA によって、L2PVN マネージャプロセスとの接続が失われたことが検出されると、VLAN MA のデータベースを更新して、接続が失われたことを反映する必要があります。このエラー メッセージは、この更新が失敗したことを示します。エラーの原因と考えられる唯一のシナリオはメモリ不足です。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。*RECUR*

エラー メッセージ %L2-vlma-3-MAIN_INTF_INIT_FAILED

Failed to perform initialization of trunk interface [chars], due to the following error: [chars]

説明 VLAN 動作に対して指定されたトランク インターフェイスを設定しているときに、VLAN MA プロセスに問題が発生しました。指定されたトランク インターフェイスのサブインターフェイスを作成できません。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-4-ASYNC_HANDLER

Couldn't install the default handler for async msgs, err: [chars]

説明 VLAN MA プロセスは、非同期メッセージのデフォルトのイベント ハンドラをインストールできませんでした。

推奨処置 対処は不要です。

エラー メッセージ %L2-vlma-4-ATTR_NOTIF_LOST

The IM attribute notification '[chars]' could not be processed (error: [chars])

説明 インターフェイスに関連するアトリビュートの変更(たとえば、MAC アドレスの変更)を処理しているときに、VLAN MA プロセスにエラーが発生しました。指定されたノードの VLAN サブインターフェイスの動作に影響する場合があります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-4-BULK_IM_HANDLER_FAILED_BATCH

The handling of a bulk [chars] notification failed on [chars] for a batch of [dec] interfaces, err: [chars]

説明 インターフェイス マネージャから一連の VLAN サブインターフェイスに関するメッセージを処理しているときに、VLAN MA プロセスにエラーが発生しました。指定されたノードの VLAN サブインターフェイスの動作に影響する場合があります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-4-EVENT_BLOCK

An error was received while waiting for an event on the [chars] (error: [chars])

説明 イベントをリスンしているときに、VLAN MA プロセスにエラーが発生しました。プロセスは自動的に再起動し、再試行されます。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-4-IM_HANDLER_FAILED

The handling of a [chars] notification failed on [chars] due to error: [chars]

説明 インターフェイス マネージャからのメッセージを処理しているときに、VLAN MA プロセスにエラーが発生しました。指定されたノードの VLAN サブインターフェイスの動作に影響する場合があります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-4-INIT_FAILED

VLAN MA initialization failed: [chars] (error: [chars])

説明 VLAN MA プロセスは初期化に失敗しました。直前のメッセージに理由が示されていることがあります。プロセスは自動的に再起動し、再試行されます。VLAN 機能は、プロセスが成功するまで、影響を受けているノードで機能しない可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-4-RECOVERY_FAILED

Failed to recover from resynchronization with another component for [chars], due to the error: [chars]

説明 以前の障害の発生後またはプロセスの再起動後、VLAN MA はその設定をもう 1 つのシステム内のコンポーネントと再同期化できませんでした。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-vlma-6-NO_MEM

Out of memory (failed attempt to reserve [unsigned int] bytes)

説明 VLAN MA プロセスは、操作の完了に必要なメモリを割り当てられませんでした。この問題が解決するまで、影響を受けるノード上の VLAN 機能が低下する可能性があります。

推奨処置 他のシステム アクティビティを減らして、メモリを解放します。状況に応じて、より大きなメモリ構成にアップグレードしてください。

エラー メッセージ %L2-vlma-6-UNKNOWN_NODE_VLAN_LIMIT

Failed to determine the maximum number of VLAN sub-interface that are allowed to be configured on the given node (error: [chars])

説明 特定のノードでサポート可能な VLAN サブインターフェイスの最大数を判別しようとしているときに、障害が発生しました。システムによっては、VLAN サブインターフェイスをサポート可能な数よりも多く設定できたり、サポートされるサブインターフェイスをすべて設定できなかったりすることがあります。

推奨処置 指定された情報を収集した後で、proc restart vlan_ma location [location] を使用すると、影響を受けているノードの VLAN MA プロセスを再起動できることがあります。メッセージが再度表示されずにこの再起動が完了した場合、問題は解決されています。このメッセージが繰り返し表示される場合は、コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

XCONNECT メッセージ

エラー メッセージ %L2-XCONNECT-3-ERROR

[chars] failed: [chars]

説明 一部の要求処理が失敗しました。メッセージ テキストに、失敗した処理とエラー コードが表示されます。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-XCONNECT-3-init

[chars]

説明 一部の初期化機能が失敗しました。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。

エラー メッセージ %L2-XCONNECT-6-GENERIC

[chars]

説明 何らかの一般的なエラーです。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに出力されたエラー メッセージをそのままコピーし、シスコシステムズのテクニカル サポートに連絡して、収集した情報を提出してください。