Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ SIP/SPA ハードウェア インストレーション ガイド
SPA インターフェイス プロセッサの取り付けおよび取り外し
SPA インターフェイス プロセッサの取り付けおよび取り外し
発行日;2012/05/22 | 英語版ドキュメント(2011/12/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

SPA インターフェイス プロセッサの取り付けおよび取り外し

の取り扱い

SIP の取り外しと取り付け

SIP の取り外しおよび取り付けに関するガイドライン

SIP の取り外し

SIP の取り付け

SPA インターフェイス プロセッサの取り付けおよび取り外し

この章では、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータで SIP の取り付けまたは取り外しを行う方法について説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「SIP の取り扱い」

「SIP の取り外しと取り付け」

SIP の取り扱い

各 SIP 回路基板は金属製フレームに取り付けますが、静電気放電(ESD)に敏感です。取り付けの前に 「共有ポート アダプタまたは SPA インターフェイス プロセッサの取り付け準備」 を読み、取り付けに必要な部品と工具の一覧を確認してください。


注意 SIP を扱う際は常にフレームの端とハンドルを持ち、SIP コンポーネントやコネクタ ピンには決して手を触れないようにしてください。(図 4-1 を参照してください)。

未使用のスロットがある場合は、必ずブランクで空のサブスロットを塞いでください。これにより、ルータが電磁干渉(EMI)防止基準を満たすことができ、取り付けたモジュール間に適度なエアーフローが保たれます。未使用のスロットに SIP を取り付ける場合は、最初にブランクを取り外す必要があります。

図 4-1 SIP の取り扱い

 

SIP の取り外しと取り付け

ここでは、SIP の取り外しと取り付けについて説明します。

SIP の取り外しおよび取り付けに関するガイドライン

SIP の取り外し

SIP の取り付け


) 次の項にあるいくつかの手順では、SIP の取り外しおよび取り付けの説明をわかりやすくするため、10 スロットの Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの図を使用しています。Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータのカード ケージは異なりますが、指定されているスロットの用途や SIP の取り付けおよび取り外しのプロセスは基本的に同じです。したがって、このマニュアルには個々の手順や図は含まれていません。


SIP の取り外しおよび取り付けに関するガイドライン

SIP の取り外しおよび取り付けに関するガイドラインは、次のとおりです。

活性挿抜(OIR)がサポートされているため、ルータの動作中に SIP を取り外したり取り付けたりできます。OIR は、ネットワーク上のユーザにシームレスにサービスを提供し、すべてのルーティング情報を維持して、セッションを確実に保護します。


) OIR を使用している場合、ソフトウェアへの通知や電源のリセットは必要ありません。ただし、SIP を取り外す前に、hw-module loc rack/slot/CPU0 maint コマンドを使用することもできます。


SIP を再び取り付けると、ルータにより、ルート スイッチ プロセッサ(RSP)から必要なソフトウェアが自動的にダウンロードされます。次に、現在の設定と一致し、以前は管理上のアップ状態として構成されていたインターフェイスだけがオンライン状態になります。それ以外はすべて、ユーザが configure コマンドで構成する必要があります。


注意 適切な手順に従わない場合、ルータがハードウェアの障害を表示する場合があります。SIP の取り外しや挿入は、必ず一度に 1 つずつ行ってください。次の SIP の取り外しまたは挿入を行う前に、ルータが前回のタスクを完了できるように 15 秒以上待ちます。

SIP には、バックプレーン コネクタからカードを外すためのイジェクト レバーが 2 つあります。SIP を取り外すときや、SIP の取り付け時にバックプレーン コネクタに SIP をしっかり装着するには、これらのレバーを使用します。イジェクト レバーを使用して、カード コネクタの位置を合わせ、バックプレーンに取り付けます。


注意 SIP カードを取り外すときは、必ずイジェクト レバーを使用し、ルータに指定された論理的な順序でバックプレーンからコネクタ ピンを外してください。カードが部分的にしかバックプレーンに接続されていない場合、ルータが停止する可能性があります。

SIP を取り付けるときは、必ずイジェクト レバーを使用して、カードをバックプレーン コネクタの正しい位置に合わせてください。コネクタ ピンを正しい順序でバックプレーンに挿入すると、カードが完全にバックプレーンに装着されます。カードがバックプレーンに完全に装着されていないと、ルータが停止し、クラッシュする原因になります。

 

SIP の取り外し

障害の発生した SIP を交換する場合は、既存の SIP を取り外してから、同じスロットに新しい SIP を取り付けます。SIP を取り外すには、図 4-2 を参照して、次の手順に従います。


ステップ 1 ESD 防止用リスト ストラップを着用して、使用法に従います。

ステップ 2 ポートからすべてのインターフェイス ケーブルの接続を解除し、取り外します。SPA を取り外す場合は、SPA のポートに対する現在のケーブル接続(存在する場合)と、SPA の場所を書き留めておきます。

ステップ 3 SIP から、SIP ケーブル管理ブラケットを取り外します。

ステップ 4 ドライバを使用して、SIP 前面プレートの両端にある非脱落型ネジを緩めます。(図 4-2 を参照してください)。

図 4-2 SIP の取り外しと取り付け

 


注意 SIP を取り外すときは、必ずイジェクト レバーを使用し、ルータに指定された論理的な順序でバックプレーンから SIP のコネクタ ピンを外してください。SIP が部分的にしかバックプレーンに接続されていない場合、ルータが停止する可能性があります。

ステップ 5 イジェクト レバーを同時に外側に回転させ、バックプレーン コネクタから SIP を解放します。(図 4-2 を参照してください)。

ステップ 6 イジェクト レバーを持ち、SIP をスロットから半分だけ引き出します。

ステップ 7 SIP のハンドルを持ち、もう一方の手を SIP の下に添えながら、スロットからまっすぐにそっと引き抜きます。(図 4-2 を参照)。SIP のプリント基板、コンポーネント、コネクタ ピンには絶対に触れないでください。

ステップ 8 取り外した SIP は、静電気防止用マットの上に置くか、返却する場合は、取り外し後、ただちに静電気防止用袋に入れてください。

ステップ 9 SIP スロットを空のままにしておく場合は、埃がシャーシ内に入るのを防止し、SIP コンパートメント内の適切なエアーフローを維持するために、ラインカード ブランクを取り付けます。非脱落型ネジを締めて、ラインカード ブランクをシャーシに固定します。


 

SIP の取り付け

SIP を任意の空きラインカード スロットに挿入し、バックプレーンに直接接続します。新しい SIP を取り付ける場合は、まず空きスロットのラインカード ブランクを取り外す必要があります。


) SIP を取り付ける適切なスロットを判断するために、ラインカード スロット タイプの情報を得るには、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Hardware Installation Guide』の「Unpacking and Installing the Chassis」の章にある図 2-6「Cisco ASR 9010 Router Components and Slot Numbering」と図 2-7「Cisco ASR 9006 Router Components and Slot Numbering」を参照してください。



注意 適切な手順に従わない場合、ルータがハードウェアの障害を表示する場合があります。SIP の取り外しや挿入は、必ず一度に 1 つずつ行ってください。次の SIP の取り外しまたは挿入を行う前に、ルータが前回のタスクを完了できるように 15 秒以上待ちます。

SIP を取り付けるには、次の手順を実行します。


ステップ 1 静電気防止用リストまたはアンクル ストラップを取り付けて、使用手順に従います。

ステップ 2 SIP に使用できる SIP スロットを選択し、SPA インターフェイス ケーブルが SIP と外部装置を接続するのに十分な長さであることを確認します。


注意 ESD による損傷を防止するため、SIP を扱うときは、必ず非脱落型ネジ、装備されているハンドル、イジェクト レバー、またはカード キャリアの端を持ってください。電気コンポーネントや回路には手を触れないようにしてください。

ステップ 3 一方の手で SIP のハンドルを持ち、もう一方の手をカード キャリアの下に添えて、カードの重量を支えます。カードをカード ケージ スロットの挿入位置に合わせます。SIP のプリント基板、コンポーネント、コネクタ ピンには絶対に触れないでください。

ステップ 4 SIP を、イジェクト レバーがカード ケージの端に触れるまで慎重にスライドさせ、イジェクト レバーのフックがカード ケージのリップに引っかかったら 止めます 。引っかからない場合は、イジェクト レバーが完全にラッチされるまで SIP を挿入し直してください。(図 4-3 を参照してください)。

図 4-3 イジェクト レバー

 


注意 SIP を取り付けるときは、必ずイジェクト レバーを使用して、カードをバックプレーン コネクタの正しい位置に合わせてください。カードのコネクタ ピンを正しい順序でバックプレーンに挿入すると、カードが完全にバックプレーンに装着されます。カードが部分的にしかバックプレーンに装着されていないと、ルータがハングし、クラッシュする原因になります。

ステップ 5 SIP の前面プレートと垂直になるまで、両方のイジェクト レバーを同時に内側に回転させます。この操作により、カードがバックプレーンにしっかりと装着されます。

ステップ 6 3/16 インチのマイナス ドライバを使用して、SIP の前面プレートの両端にある非脱落型ネジを締めて、適切な EMI シールドを確保し、SIP がバックプレーンから部分的に外れないようにします。94 ~ 124 N-cm のトルクで SIP の両側の取り付けネジを固定します。締めすぎないようにしてください。


注意 新しい SIP を取り付けたら、次の SIP を挿入する前に、必ず非脱落型ネジを締めて、次の SIP のために十分なスペースを確保してください。これらのネジによって偶発的に外れるのを防止し、ルータに適切なアース接続および EMI シールドを確保することもできます。

ステップ 7 SPA の取り付けと、SFP モジュールを使用する SPA のモジュールの取り付けを行います。「SPA の取り付けと取り外し」を参照してください。

ステップ 8 SIP を交換する場合は、「SIP の取り外し」のステップ 2 で書き留めたものと同一のベイに SPA を取り付けます。

ステップ 9 インターフェイス ケーブルを取り付けます。