Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ 概要およびリファレンス ガイド
技術仕様
技術仕様
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

技術仕様

技術仕様

この付録では、Cisco ASR 9000 Aggregation Services Routerの仕様について説明します。

次の表に、各仕様を示します。

表 A-1 「ASR 9010 ルータの物理仕様」

表 A-2 「ASR 9006 ルータの物理仕様」

表 A-3 「ASR 9010 の AC 電気仕様」

表 A-4 「ASR 9006 の AC 電気仕様」

表 A-5 「ASR 9010 の DC 電気仕様」

表 A-6 「ASR 9006 の DC 電気仕様」

表 A-7 「AC 入力電圧範囲」

表 A-8 「DC 入力電圧範囲」

表 A-9 「DC 出力レベル」

表 A-10 「Cisco ASR 9000 シリーズの環境仕様」

表 A-11 「RSP ポートの仕様」

表 A-1 に、Cisco ASR 9010 ルータの物理仕様を示します。

 

表 A-1 ASR 9010 ルータの物理仕様

説明

シャーシの高さ

36.75 インチ(93.35 cm)

シャーシの幅

17.50 インチ(44.45 cm)
19.0 インチ(48.3 cm)シャーシのラックマウント フランジと前面扉の幅を含む

シャーシの奥行

22.0 インチ(55.9 cm)
28.65 インチ(72.72 cm)ケーブル マネージャ システムと前面カバーを含む

シャーシの重量

シャーシだけ1

シャーシ:すべてのカード スロットと 6 基の電源モジュールを使用して完全に構成した場合

1.シャーシだけの場合、カード、電源モジュール、ファン トレイ、フィルタ、またはシャーシの付属品は含みません。

表 A-2 に、Cisco ASR 9006 ルータの物理仕様を示します。

 

表 A-2 ASR 9006 ルータの物理仕様

説明

シャーシの高さ

17.50 インチ(44.45 cm)

シャーシの幅

17.50 インチ(44.45 cm)
19.0 インチ(48.3 cm)シャーシのラックマウント フランジと前面扉の幅を含む

シャーシの奥行

22.0 インチ(55.9 cm)
28.65 インチ(72.72 cm)ケーブル マネージャ システムと前面カバーを含む

シャーシの重量

シャーシだけ2

シャーシ:すべてのカード スロットと 3 基の電源モジュールを使用して完全に構成した場合

2.シャーシだけの場合、カード、電源モジュール、ファン トレイ、フィルタ、またはシャーシの付属品は含みません。

表 A-3 に、Cisco ASR 9010 ルータの AC 電気仕様を示します。

 

表 A-3 ASR 9010 の AC 電気仕様

説明

AC 入力電源の合計

AC 電源ごとに 3400 VA(ボルトアンペア)
(システムごとに最大 6 基の AC 電源モジュール

定格入力電圧3

公称 200 ~ 240 VAC(範囲:180 ~ 264 VAC)
220 ~ 240 VAC(英国)

定格入力回線周波数 1

公称 50/60 Hz(範囲:47 ~ 63 Hz)
50/60 Hz(英国)

定格入力電流 1

200 VAC で最大 15 A
220 ~ 240 VRMS で最大 13 A(英国)

電源 AC の供給要件 1

20 A(北米)、16 A(その他の国)、13 A(英国)

冗長性

完全装備のシステムの 2N 冗長性には、最低 4 基の AC 電源モジュール(電源シェルフごとに 2 基)が必要

3.AC 電源モジュールごと


注意 シャーシ構成は、電力バジェットの要件を満たしている必要があります。構成を適切に検証していない場合、いずれかの電源ユニットに障害が発生したときに、予期しない状態が発生する可能性があります。サポートについては、製品を購入された代理店にお問い合せください。

表 A-4 に、Cisco ASR 9006 ルータの AC 電気仕様を示します。

 

表 A-4 ASR 9006 の AC 電気仕様

説明

AC 入力電源の合計

AC 電源ごとに 3400 VA(ボルトアンペア)
(システムごとに最大 3 基の AC 電源モジュール

定格入力電圧4

公称 200 ~ 240 VAC(範囲:180 ~ 264 VAC)
220 ~ 240 VAC(英国)

定格入力回線周波数 1

公称 50/60 Hz(範囲:47 ~ 63 Hz)
50/60 Hz(英国)

定格入力電流 1

200 VAC で最大 15 A
220 ~ 240 VRMS で最大 13 A(英国)

電源 AC の供給要件 1

20 A(北米)、16 A(その他の国)、13 A(英国)

冗長性

完全装備のシステムの N+1 冗長性には、最低 3 基の AC 電源モジュールが必要

4.AC 電源モジュールごと

表 A-5 に、Cisco ASR 9010 ルータの DC 電気仕様を示します。

 

表 A-5 ASR 9010 の DC 電気仕様

説明

DC 入力電源の合計

DC 電源モジュールごとに 2300 W
(システムごとに最大 6 基の DC 電源モジュール)

定格入力電圧5

公称 -48 VDC(北米)
公称 -60 VDC(欧州)
(範囲:-40.5 ~ -72 VDC(5 ミリ秒ごとに -75 VDC))

定格入力電流 1

各モジュールへの単一入力で最大 41 A(システムにモジュールが 5 基ある場合、最大でシステム電力 7360 W、出力電力 -54 VDC を供給)

電源 DC の供給要件 1

定格入力電流を供給できること(各地域の基準を適用)

冗長性

完全装備のシステムの N+1 冗長性には、(各電源シェルフに)最低 3 基の DC 電源モジュールが必要

5.DC 電源モジュールごと

表 A-6 に、Cisco ASR 9006 ルータの DC 電気仕様を示します。

 

表 A-6 ASR 9006 の DC 電気仕様

説明

DC 入力電源の合計

DC 電源モジュールごとに 2300 W(2100 W 出力モジュール)
(システムごとに最大 3 基の DC 電源モジュール)

DC 電源モジュールごとに 1700 W(1500 W 出力モジュール)
(システムごとに最大 3 基の DC 電源モジュール)

定格入力電圧6

公称 -48 VDC(北米)
公称 -60 VDC(欧州)
(範囲:-40.5 ~ -72 VDC(5 ミリ秒ごとに -75 VDC))

定格入力電流 1

各モジュールへの単一入力で最大 41 A(システムにモジュールが 3 基ある場合、最大でシステム電力 7360 W、出力電力 -54 VDC を供給)

電源 DC の供給要件 1

定格入力電流を供給できること(各地域の基準を適用)

冗長性

完全装備のシステムの N+1 冗長性には、最低 3 基の DC 電源モジュールが必要

6.DC 電源モジュールごと

表 A-7 に、AC 電源の Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの AC 入力電圧範囲を示します(単相電力)。

 

表 A-7 AC 入力電圧範囲

範囲
最小
最小(公称)
公称
最大(公称)
最大

入力電圧

180 VAC

200 VAC

220 VAC

240 VAC

264 VAC

回線周波数

47 Hz

50 Hz

50/60 Hz

60 Hz

63 Hz

表 A-8 に、DC 電源の Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの DC 入力電圧範囲を示します。

 

表 A-8 DC 入力電圧範囲

範囲
最小
公称
最大

入力電圧

40 VDC

48 VDC

72 VDC

表 A-9 に、AC または DC の電源モジュールにおける DC 出力許容差を示します。

 

表 A-9 DC 出力レベル

パラメータ
電圧

最大

-54.5 VDC

公称

-54.0 VDC

最小

-53.5 VDC

電力

最小(電源モジュール 1 基)

2100 W

最大(単一のシェルフ内に電源モジュール 3 基)

6300 W(Cisco ASR 9006 ルータだけ)

最大(電源モジュールを 3 基備えたシェルフが 2 つ)

12,600 W(Cisco ASR 9010 ルータだけ)7

7.電源システムでサポート可能な最大出力電力(システムの電源消費ではありません)

表 A-10 に、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの環境仕様を示します。

 

 

表 A-10 Cisco ASR 9000 シリーズの環境仕様

説明

動作温度

41 ~ 104 °F
(5 ~ 40 ℃)

動作温度(短期間)8

23 ~ 131°F
(-5 ~ 55 ℃)9

保管温度

-4 ~ 149 °F
(-20 ~ 65 ℃)

湿度

動作時:10 ~ 85 %(結露しないこと)

保管時:5 ~ 95 %(結露しないこと)

高度

動作時:0 ~ 13,000 フィート(0 ~ 4,000 m)

保管時:0 ~ 15,000 フィート(0 ~ 4,570 m)

消費電力(Cisco ASR 9010 ルータ)

最大 7600 W

消費電力(Cisco ASR 9006 ルータ)

最大 4556 W

音響ノイズ

80.6 °F(27 ℃)で 78 dB(最大)

衝撃

動作時(正弦波の半周期):21 インチ/秒(0.53 m/秒)

保管時(台形パルス):20 G10、52 インチ/秒(1.32 m/秒)

振動

動作時:0.35 Grms11(3 ~ 500 Hz)

保管時:1.0 Grms(3 ~ 500 Hz)

8.短期間とは、連続で 96 時間未満、1 年間の合計が 15 日未満を意味しています(1 年間の合計は 360 時間になりますが、年間で 15 回以上発生してはいけません)。

9.GLC-GE-100FX SFP トランシーバ モジュールを使用する 40 ポートのギガビット イーサネット ラインカードがルータに取り付けられている場合、ルータの動作温度仕様は、この表に記載されている温度と異なります。これは、SFP モジュールの温度仕様の方が低いためです。詳細については、シスコの営業担当者にお問い合せください。

10.G は加速度の値です。1G は 32.17 フィート/秒2(9.81 m/秒2)です。

11.Grms は、加速度の二乗平均です。

表 A-11 に、RSP ポートの仕様を示します。

表 A-11 RSP ポートの仕様

説明

コンソール ポート

EIA/TIA-232 RJ-45 インターフェイス、9600 ボー、8 データ、パリティなし、1 ストップ ビット、ソフトウェア ハンドシェイク方式(デフォルト)

補助ポート

EIA/TIA-232 RJ-45 インターフェイス、9600 ボー、8 データ、パリティなし、1 ストップ ビット、ソフトウェア ハンドシェイク方式(デフォルト)

管理ポート(0、1)

トリプルスピード(10M/100M/1000M)RJ-45

同期ポート(0、1)

次のいずれかに構成可能

Building Integrated Timing System(BITS; ビルディング総合タイミング システム)ポート

J.211 または Universal Timing Interface(UTI)ポート