Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ ブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ コマンド リファレンス リリース 4.3.x
ダイナミック テンプレートのコマンド
ダイナミック テンプレートのコマンド
発行日;2013/04/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ダイナミック テンプレートのコマンド

ここでは、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ(BNG)のダイナミック テンプレート コマンドの設定に使用される Cisco IOS XR ソフトウェアのコマンドについて説明します。 関連設定の詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Broadband Network Gateway Configuration Guide』を参照してください。

dynamic-template

加入者のグループに適用できる一連の設定項目をグループ化して、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで使用します。 この機能をディセーブルにしてダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dynamic-template type { ipsubscriber name | ppp name | service name }

no dynamic-template

構文の説明

type

テンプレートのタイプを指定します。たとえば、ppp、ipsubscriber、または service です。

name

ダイナミック テンプレート タイプの名前を指定します。

ipsubscriber

ダイナミック テンプレート タイプとして ipsubscriber を指定します。

ppp

ダイナミック テンプレート タイプとして ppp を指定します。

service

ダイナミック テンプレート タイプとして service を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID 操作

config-services

read, write

これは、グローバル コンフィギュレーション モードで dynamic-template コマンドを設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# 

関連コマンド

コマンド

説明

dynamic-template type ppp

動的な PPP テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type ipsubscriber

動的な ipsubscriber テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type service

動的なサービス テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type ipsubscriber

ipsubscriber テンプレート タイプに基づいて加入者のグループに適用される一連の設定項目をグループ化し、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template type ipsubscriber コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにしてダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dynamic-template type ipsubscriber template-name

no dynamic-template type ipsubscriber template-name

構文の説明

template-name

ダイナミック テンプレート名を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モード

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID 操作

config-services

read, write

これは、dynamic-template type ipsubscriber コマンドを設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# type ipsubscriber ipsub1

関連コマンド

コマンド

説明

dynamic-template

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

dynamic-template type ppp

動的な PPP テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type service

動的なサービス テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type ppp

PPP テンプレート タイプに基づいて加入者のグループに適用される一連の設定項目をグループ化し、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template type ppp コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにしてダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dynamic-template type ppp template-name

no dynamic-template type ppp template-name

構文の説明

template-name

ダイナミック テンプレート名を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モード

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID 操作

config-services

read, write

これは、dynamic-template type ppp コマンドを設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# type ppp p1

関連コマンド

コマンド

説明

dynamic-template

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

dynamic-template type ipsubscriber

動的な ipsubscriber テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type service

動的なサービス テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type service

サービス テンプレート タイプに基づいて加入者のグループに適用される一連の設定項目をグループ化し、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template type service コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにしてダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dynamic-template type service template-name

no dynamic-template type service template-name

構文の説明

template-name

ダイナミック テンプレート名を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モード

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID 操作

config-services

read, write

これは、dynamic-template type service コマンドを設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# type service s1

関連コマンド

コマンド

説明

dynamic-template

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

dynamic-template type ppp

動的な PPP テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type ipsubscriber

動的な ipsubscriber テンプレート タイプをイネーブルにします。

service-policy(BNG)

サービス ポリシーをダイナミック テンプレートに関連付けるには、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードで service-policy コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

service-policy { input | output | type } service-policy_name [acct-stats] [ merge seq_num ]

no service-policy

構文の説明

input

入力サービス ポリシーを設定します。

output

出力サービス ポリシーを設定します。

type

ポリシーベース ルーティング(PBR)用のサービス ポリシーを作成します。

service-policy_name

サービス ポリシーの名前を指定します。

acct-stats

(任意)サービス アカウンティングをイネーブルにします。

merge

(任意)ポリシーのマージをイネーブルにします。

seq_num

ポリシーのシーケンス番号を指定します。 範囲は 0 ~ 255 です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モード

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.3.0

ポリシーベース ルーティングのサポートが追加されました。

リリース 4.3.1

acct-stats キーワードおよび merge キーワードが、サービス アカウンティングとポリシー マージの機能をサポートするために追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

dynamic-template type ppp コマンドを使用して、動的な PPP テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。

タスク ID

タスク ID 操作

qos

read, write

これは、service-policy コマンドをダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードで設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# service-policy input i1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# service-policy output o1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# service-policy type pbr pbr_policy

次の例では、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードで service-policy コマンドを使用してサービス アカウンティング機能をイネーブルにする方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type service s1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# accounting aaa list l1 type service periodic-interval 500
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ipv4 access-group ACL1 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# service-policy input QoS1 acct-stats
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# service-policy output QoS2 acct-stats

次の例では、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードで service-policy コマンドを使用してポリシー マップをマージする方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type service MyService
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# service-policy input i1 merge 20
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# service-policy output o1 merge 30

関連コマンド

コマンド

説明

dynamic-template

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

dynamic-template type ppp

動的な PPP テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type ipsubscriber

動的な ipsubscriber テンプレート タイプをイネーブルにします。

accounting aaa list type service

サービス アカウンティング機能を設定します。

vrf(ダイナミック テンプレート BNG)

どの VRF でインターフェイスが動作するかを設定するには、ダイナミック テンプレート タイプ コンフィギュレーション モードで vrf コマンドを使用します。 VRF をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

vrf vrf-name

no vrf

構文の説明

vrf_name

vrf の名前を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ダイナミック テンプレート タイプ コンフィギュレーション モード

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID 操作

config-services

read, write

これは、vrf コマンドをダイナミック テンプレート タイプ コンフィギュレーション モードで設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# type service s1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# vrf vrf1

関連コマンド

コマンド

説明

dynamic-template

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

dynamic-template type ppp

動的な PPP テンプレート タイプをイネーブルにします。

dynamic-template type ipsubscriber

動的な ipsubscriber テンプレート タイプをイネーブルにします。