Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ ブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ コマンド リファレンス リリース 4.3.x
BNG DHCP コマンド
BNG DHCP コマンド
発行日;2013/04/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

BNG DHCP コマンド

ここでは、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ(BNG)の DHCP コマンドの設定に使用される Cisco IOS XR ソフトウェアのコマンドについて説明します。 関連設定の詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Broadband Network Gateway Configuration Guide』を参照してください。

address-pool

DHCPv6 サーバと分散アドレス プール サービス(DAPS)を統合するためにアドレス プールの名前を指定するには、address-pool コマンドを DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラス コンフィギュレーション モードで使用します。 アドレス プール名を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

address-pool pool_name

no address-pool pool_name

構文の説明

pool_name

アドレス プールの名前を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

DHCP IPv6 サーバ プロファイルの設定を入力するには、DHCPv6 コンフィギュレーション モードで profile profile_name server コマンドを入力します。

DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラスの設定を入力するには、DHCPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードで class class_name コマンドを入力します。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

これは、address-pool コマンドを使用してアドレス プール名を作成する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# class class_dhcp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile-class)# address-pool pool_addr

aftr-name

デュアル スタックの Lite サポートのアドレス ファミリ遷移ルータ(AFTR)の名前を設定するには、DHCPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードで aftr-name コマンドを使用します。 AFTR 名をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

aftr-name aftr-name

no aftr-name aftr-name

構文の説明

aftr-name

サーバ プロファイルの AFTR 完全修飾ドメイン名を指定します。

コマンド デフォルト

デュアル スタック サポートがイネーブルになっていません。

コマンド モード

DHCPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

次に、サーバ プロファイルの AFTR の完全修飾ドメイン名(FQDN)を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# aftr-name aftr-server.example.com

broadcast-flag policy check

DHCP IPv4 ブロードキャスト フラグが DHCP IPv4 ヘッダーに設定されている場合に、BOOTREPLY パケットのみをブロードキャストするようダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)IPv4 リレーを設定するには、DHCP IPv4 リレー プロファイル コンフィギュレーション サブモードで broadcast-flag policy check コマンドを使用します。 デフォルトでは、DHCP IPv4 リレーは常に BOOTREPLY パケットをブロードキャストします。 デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

broadcast-flag policy check

no broadcast-flag policy check

構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

コマンド デフォルト

リレー エージェントは、常に、クライアントに DHCP IPv4 パケットをブロードキャストします。

コマンド モード

DHCP IPv4 リレー プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 3.7.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

これは、DHCP IPv4 リレー プロファイル コンフィギュレーション サブモードで broadcast-flag policy check コマンドを設定する例です。


RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile client relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-relay-profile)# broadcast-flag policy check

class(BNG)

プロキシ プロファイル クラスを作成し、プロキシ プロファイル クラス サブ コンフィギュレーション モードを開始するには、適切なコンフィギュレーション モードで class コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにしてプロファイル モードを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

class class_name { helper-address | match } { address-pool | dns-server | domain-name | prefix-pool }

no class class_name

構文の説明

class_name

クラス名を指定します。

helper-address

リレー パケットにサーバ アドレスを指定します。

match

match キーワードを挿入します。

address-pool

アドレス プールの名前を指定します。

dns-server

DNS サーバの名前を指定します。

domain-name

ドメインの名前を指定します。

prefix-pool

プレフィックス プール名を指定します。

コマンド デフォルト

クラスの指定はありません。

コマンド モード

DHCP IPv4 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション

DHCP IPv6 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション

DHCP IPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.3.0

IPv6 のサポートが BNG に追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

クラス サブモードは、DHCP IPv6 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション サブモードおよび DHCP IPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション サブモードの両方にあります。 クラスは、クラスが加入者に適用されるかどうかを決定するために使用される一致基準と関連付けられます。 クラス名は、システムで一意である必要があります。


(注)  


address-pool、dns-server、domain-name、および prefix-pool キーワードは DHCP IPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードでのみ表示されます。 ただし、helper-address キーワードは、DHCP IPv4 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション モードおよび DHCP IPv6 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション モードの両方で表示されます。


タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

次の例では、DHCP IPv4 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション モードでクラスを作成する方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile dhcp_profile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile)# class blue
次の例では、DHCP IPv6 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション モードでクラスを作成する方法を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile dhcp_profile1 proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile)# class blue
次の例では、DHCP IPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードでクラスを作成する方法を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile dhcp_profile2 server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-server-profile)# class red

関連コマンド

コマンド

説明

class-map type control subscriber(BNG)

ここでは、class-map type control subscriber コマンドについて説明します。  

dhcp ipv4

IPv4 に対してダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにして DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで dhcp ipv4 コマンドを使用します。 IPv4 の DHCP をディセーブルにして DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dhcp ipv4

no dhcp ipv4

構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

コマンド モード

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

使用上のガイドライン

DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを開始するには、dhcp ipv4 コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

次の例では、IPv4 に対して DHCP をイネーブルにする方法を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)#

dhcp ipv6

IPv6 用ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにし、DHCP IPv6 コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで dhcp ipv6 コマンドを使用します。 IPv6 に対する DHCP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

dhcp ipv6

no dhcp ipv6

構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.1.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.3.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

DHCP IPv6 コンフィギュレーション モードを開始するには、dhcp ipv6 コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

次の例では、IPv6 に対して DHCP をイネーブルにする方法を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)#

関連コマンド

コマンド

説明

interface(DHCP)

インターフェイスで IPv6 用ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにします。

dhcpv6 address-pool

RADIUS が IPv6 アドレスを指定しない場合に DHCPv6 のアドレスを指定するには、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードで dhcpv6 address-pool コマンドを使用します。 DHCPv6 の IPv6 アドレス プール名を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dhcpv6 address-pool pool_name

no dhcpv6 address-pool pool_name

構文の説明

pool_name

DHCPv6 の IPv6 アドレス プールの名前を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで dynamic-template コマンドを入力します。

IPv6 アドレス プールは、PPPoE 加入者および IPoE 加入者の両方に対して使用されます。

タスク ID

タスク ID

操作

config-services

read, write

これは、dhcpv6 address-pool コマンドを使用して PPPoE 加入者用の IPv6 アドレス プールを作成する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# type ppp my-ipv6-pppoe-tempate
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# dhcpv6 address-pool my-pppoe-addr-pool

これは、dhcpv6 address-pool コマンドを使用して IPoE 加入者用の IPv6 アドレス プールを作成する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# type ppp my-ipv6-tempate
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# dhcpv6 address-pool my-ipsub-addr-pool

dhcpv6 delegated-prefix-pool

プール名またはプレフィックスが RADIUS によって指定されない場合に(IA-PD)プレフィックス委任のデフォルトのプール名を指定するには、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードで dhcpv6 delegated-prefix-pool コマンドを使用します。 委任されたプレフィックス プール名を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dhcpv6 delegated-prefix-pool pool_name

no dhcpv6 delegated-prefix-pool pool_name

構文の説明

pool_name

DHCPv6 の委任されたプレフィックス プールの名前を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで dynamic-template コマンドを入力します。

タスク ID

タスク ID

操作

config-services

read, write

これは、dhcpv6 delegated-prefix-pool コマンドを使用して委任されたプレフィックス プール名を作成する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# type ipsubscriber ipsub1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# dhcpv6 delegated-prefix-pool myPool

dns-server

IPv6 用ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)で使用可能なドメイン ネーム システム(DNS)IPv6 サーバを指定するには、適切なコンフィギュレーション モードで dns-server コマンドを使用します。 DNS サーバ リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dns-server ipv6-address

no dns-server ipv6-address

構文の説明

ipv6-address

DNS サーバの IPv6 アドレス。

この引数は、RFC 2373 に記載されている形式にする必要があります。コロン区切りの 16 ビット値を使用して、アドレスを 16 進数で指定します。

コマンド デフォルト

IPv6 用 DHCP プールが初めて作成されるとき、DNS IPv6 サーバは設定されていません。

コマンド モード

DHCP IPv6 プール コンフィギュレーション

DHCP IPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション

DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが、BNG の DHCP IPv6 サーバ プロファイルおよびクラス コンフィギュレーション モードでサポートされました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドを複数回発行すると、複数のドメイン ネーム システム(DNS)サーバのアドレスを設定できます。 新しいアドレスは古いアドレスを上書きしません。

DHCP IPv6 サーバ プロファイルの設定を入力するには、DHCPv6 コンフィギュレーション モードで profile profile_name server コマンドを入力します。

DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラスの設定を入力するには、DHCPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードで class class_name コマンドを入力します。

DNS サーバは、DHCP IPv6 サーバ プロファイルおよび DHCP IPv6 サーバ プロファイルのクラス設定で定義されています。 同じパラメータがクラス スコープで定義されると、クラス スコープで定義されている値が優先されます。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

これは、dns-server コマンドを使用して DNS サーバ名を設定する例です。


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6 pool pool1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-pool)# dns-server 10:10::10

これは、DHCP IPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードで dns-server コマンドを使用して DNS アドレス(2001:db8:1203::1 および 2001:db8:1204::1)を設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# dns-server 2001:db8:1203::1 and 2001:db8:1204::1

次に、DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラス コンフィギュレーション モードで dns-server コマンドを使用して、DNS アドレス(2001:db8:1203::1 および 2001:db8:1204::1)を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# class proxy-red
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile-class)# dns-server 2001:db8:1203::1 and 2001:db8:1204::1

domain-name(IPv6 DHCP プール)

IPv6 用ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)クライアントを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで domain-name コマンドを使用します。 ドメイン名を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

domain-name domain

no domain-name

構文の説明

domain

クライアントが使用するドメイン名ストリングを指定します。

コマンド デフォルト

IPv6 用 DHCP プールが初めて作成されるとき、クライアントのドメイン名は設定されていません。

コマンド モード

DHCP IPv6 プール コンフィギュレーション

DHCP IPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション

DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが、BNG の DHCP IPv6 サーバ プロファイルおよびクラス コンフィギュレーション モードでサポートされました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

domain-name コマンドを複数回発行すると、複数のドメイン ネーム システム(DNS)ドメイン名を設定できます。 新しいドメイン名は、既存のドメイン名を上書きしません。

DHCP IPv6 サーバ プロファイルの設定を入力するには、DHCPv6 コンフィギュレーション モードで profile profile_name server コマンドを入力します。

DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラスの設定を入力するには、DHCPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードで class class_name コマンドを入力します。

ドメイン名は、DHCP IPv6 サーバ プロファイルおよび DHCP IPv6 サーバ プロファイルのクラス設定で定義されています。 同じパラメータがクラス スコープで定義されると、クラス スコープで定義されている値が優先されます。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

これは、domain-name コマンドを使用して DHCP IPv6 ドメイン名を設定する例です。


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6 pool pool1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-pool)# domain-name howie.com

これは、DHCP IPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードで domain-name コマンドを使用してドメイン名を設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# domain-name my.domain.com

これは、DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラス コンフィギュレーション モードで domain-name コマンドを使用してドメイン名を設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# class proxy-red
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile-class)# domain-name my.domain.com

framed-prefix-pool

SLAAC(ステートレス アドレス オートコンフィギュレーション)からのみの割り当ての IPv6 プレフィックスのデフォルト プール名を指定するには、ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードで framed-prefix-pool コマンドを使用します。 フレーミングされたプレフィックス プール名を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

framed-prefix-pool pool_name

no framed-prefix-pool pool_name

構文の説明

pool_name

プレフィックス プール名を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで dynamic-template コマンドを入力します。

ダイナミック テンプレート コンフィギュレーションは、RADIUS が SLAAC のプール名またはプレフィックスを返さない場合に使用されます。

タスク ID

タスク ID

操作

config-services

read, write

これは、framed-prefix-pool コマンドを使用してフレーミングされたプレフィックス プール名を作成する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template)# type ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# framed-prefix-pool my-slaac-pool

helper-address

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)IPv4 および IPv6 リレー エージェントが BOOTREQUEST パケットを特定の DHCP サーバに中継するように設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで helper-address コマンドを使用します。 アドレスを消去するには、このコマンドの no 形式を使用します。

helper-address [ vrf vrf-name ] [ address]

no helper-address [ vrf vrf-name ] [ address]

構文の説明

vrf-name

(任意)特定の VRF の名前を指定します。

address

4 分割ドット付き 10 進表記の IPv4 および IPv6 アドレス。

コマンド デフォルト

ヘルパー アドレスは設定されていません。

コマンド モード

DHCP IPv4 プロファイル リレー コンフィギュレーション

DHCP IPv6 プロキシ プロファイル クラス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

リリース 4.3.0

BNG の IPv6 のサポートが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

8 つまでのヘルパー アドレスを設定できます。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

次に、DHCP IPv4 プロファイル リレー コンフィギュレーション モードで helper-address コマンドを使用して VRF 用のヘルパー アドレスを設定する例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile client relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-relay-profile)# helper-address vrf v1 10.10.10.1

次に、DHCP IPv6 プロキシ プロファイル クラス コンフィギュレーション モードで helper-address コマンドを使用して VRF 用のヘルパー アドレスを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile myprofile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile)# class myclass
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile-class)#  helper-address vrf my-server-vrf 1:1:1::1

関連コマンド

コマンド

説明

dhcp ipv4

IPv4 の Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)をイネーブルにし、DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを開始します。

relay information check

転送された BOOTREPLY メッセージ内のリレー エージェント情報オプションを DHCP サーバが検証するように設定します。

relay information option

転送された BOOTREQUEST メッセージ内の DHCP リレー エージェント情報オプションをシステムが DHCP サーバに挿入することをイネーブルにします。

relay information option allow-untrusted

DHCP コンポーネントが、設定されたリレー情報オプションおよびゼロに設定された giaddr を持つ BOOTREQUEST メッセージをドロップしないように設定します。

relay information policy

リレー情報オプションがすでに含まれている BOOTREQUEST メッセージをリレー エージェントが処理する方法を設定します。

interface(DHCP)

インターフェイス上で IPv4 または IPv6 に対してダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで interface コマンドを使用します。 インターフェイス上で DHCPv4 または DHCPv6 をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

no interface interface-type interface-instance { relay | | proxy }

構文の説明

interface-type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-instance

次に示す、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カードにある管理イーサネット インターフェイスについては、物理スロット番号は英数字(RP0 または RP1)、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0。

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

relay

宛先アドレスを指定します。

proxy

プロキシを指定し、インターフェイスにオプション 82 を割り当てます。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv4 コンフィギュレーション

DHCP IPv6 コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.1.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.3.0

IPv6 のサポートが BNG に追加されました。

リリース 4.3.0

IPv6 のサポートが BNG に追加されました。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

これは、interface コマンドを使用して Packet over Sonet/SDH(POS)インターフェイスで DHCP インターフェイス モードをイネーブルにする例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# interface POS 0/5/0/0 relay


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# interface POS 0/5/0/0 relay


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# interface GigabitEthernet0/2/0/0 proxy profile myProxyProfile

関連コマンド

コマンド

説明

dhcp ipv6

IPv6 用ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにし、DHCP IPv6 コンフィギュレーション モードを開始します。

dhcp ipv4

IPv4 の Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)をイネーブルにし、DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを開始します。

interface subscriber-pppoe profile

PPPoE 加入者がすべての PPPoE 加入者のプロファイルを使用できるようにするには、DHCP IPv6 コンフィギュレーション モードで interface subscriber-pppoe profile コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface subscriber-pppoe profile profile_name

no interface subscriber-pppoe profile profile_name

構文の説明

profile_name

プロファイルの名前を指定します。

コマンド デフォルト

VRF はディセーブルです。

コマンド モード

DHCP IPv6 コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

次の例では、PPPoE 加入者がすべての PPPoE 加入者用の「my-def-pppoe-green」プロファイルを使用できるように、interface subscriber-pppoe profile コマンドを使用して設定する方法を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)#  interface subscriber-pppoe profile my-def-pppoe-green

lease

プロファイルごとのクライアント リース期間を設定するには、DHCPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードで lease コマンドを使用します。 クライアント リース期間をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

lease { { days | hours | minutes } | infinite }

no lease { { days | hours | minutes } | infinite }

構文の説明

days

リース期間の日数を指定します。 値の範囲は 1 ~ 365 です。

hours

リース期間の時間を指定します。 値の範囲は 0 ~ 23 です。

minutes

リース期間の分数を指定します。 値の範囲は 0 ~ 59 です。

infinite

無限リースを指定します。

コマンド デフォルト

合法的傍受はイネーブルではありません。

コマンド モード

DHCPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

リース期間はクラスにのみ適用され、プロファイル全体には適用されません。 プロファイルおよびクラスの両方のリース期間が存在する場合は、クラスのリース期間が適用されます。 リース期間が設定されていない場合、デフォルトのリース期間は 1 日です。

リース期間は秒数または日付形式で指定します。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

次に、1 日 6 時間 0 分のリース期間を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# lease 1 6 0
次に、無限のリース期間を設定する例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# lease infinite

match option

設定されたパターンとプロキシを比較するには、match option コマンドを DHCP IPv4 プロキシ プロファイル クラス コンフィギュレーション モードで使用します。 match option をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

match option { 124 | 125 | | 60 | 77 } hex hex_string mask bit_mask_string

no match option { 124 | 125 | | 60 | 77 } hex hex_string mask bit_mask_string

構文の説明

124

オプション 124 ベンダー識別用ベンダー クラスを挿入します。

125

オプション 125 ベンダー識別用ベンダー固有情報を挿入します。

60

オプション 60 ベンダー クラス ID を挿入します。

77

オプション 124 ユーザ クラスを挿入します。

hex

16 進数パターンを挿入します。

hex_string

16 進数パターン文字列を指定します。

mask

ビット マスク パターンを挿入します。

bit_mask_string

ビット マスク パターン文字列を指定します。 文字列パターンは 0 ~ 4294967295 です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv4 プロキシ プロファイル クラス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

これは、match option コマンドを DHCP IPv4 プロキシ プロファイル クラス コンフィギュレーション モードで設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile dhcp_profile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile)# class blue
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile-class)# match option 124 hex hex_name mask 3445

関連コマンド

コマンド

説明

class(BNG)

プロキシ プロファイル クラスを作成し、プロキシ プロファイル クラス サブ コンフィギュレーション モードを開始します。  

match vrf

VRF 名に基づいてクラスを照合するには、DHCP IPv4 プロキシ プロファイル クラス コンフィギュレーション モードで match vrf コマンドを使用します。 match vrf をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

match vrf vrf_name

no match vrf vrf_name

構文の説明

vrf_name

VRF 名を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv4 プロキシ プロファイル クラス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

これは、match vrf コマンドを設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile dhcp_profile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile)# class blue
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile-class)# match vrf vrf1

関連コマンド

コマンド

説明

match option

プロキシを設定されたパターンに一致させます。  

prefix-pool

DHCPv6 サーバと分散アドレス プール サービス(DAPS)を統合するためにプレフィックス プールの名前を指定するには、DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラス コンフィギュレーション モードで prefix-pool コマンドを使用します。 プレフィックス プール名を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

prefix-pool pool_name

no prefix-pool pool_name

構文の説明

pool_name

プレフィックス プール名を指定します。

コマンド デフォルト

IPv6 用 DHCP プールが初めて作成されるとき、DNS IPv6 サーバは設定されていません。

コマンド モード

DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

DHCP IPv6 サーバ プロファイルの設定を入力するには、DHCPv6 コンフィギュレーション モードで profile profile_name server コマンドを入力します。

DHCP IPv6 サーバ プロファイル クラスの設定を入力するには、DHCPv6 サーバ プロファイル コンフィギュレーション モードで class class_name コマンドを入力します。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

これは、prefix-pool コマンドを使用してプレフィックス プール名を作成する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile my_profile server
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile)# class class_dhcp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-server-profile-class)# prefix-pool pool1

profile(BNG)

DHCP プロファイルをダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)IPv4 および IPv6 コンポーネントに指定し、適切なプロファイル モードを開始するには、DHCP IPv4 または DHCP IPv6 コンフィギュレーション サブモードで profile コマンドを使用します。 プロファイルをディセーブルにしてプロファイル モードを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

profile profile_name { proxy | server }

no profile profile_name proxy

構文の説明

profile_name

プロキシまたはサーバを一意に識別するプロファイルの名前を指定します。

proxy

DHCP プロキシ プロファイルを作成します。

server

DHCP サーバ プロファイルを作成します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv4 コンフィギュレーション

DHCP IPv6 コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.3.0

IPv6 のサポートが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

次に、dhcpv4 コンフィギュレーション モードをイネーブルにし、dhcpv4 コンフィギュレーション サブモードで dhcp_profile というプロファイルを作成する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile dhcp_profile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile)# 
次に、dhcpv6 コンフィギュレーション モードをイネーブルにし、dhcpv6 コンフィギュレーション サブモードで dhcp_v6 というプロファイルを作成する例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile dhcp_v6 proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6-proxy-profile)# 

relay information check

転送された BOOTREPLY メッセージ内のリレー エージェント情報オプションをダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)IPv4 リレーが検証するように設定するには、DHCP IPv4 リレー プロファイル コンフィギュレーション サブモードで relay information check コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

relay information check

no relay information check

構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

コマンド デフォルト

DHCP は、リレー エージェント情報オプションを検証します。

コマンド モード

DHCP IPv4 リレー プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

basic-services

read, write

次に relay information check コマンドの使用例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router#config 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile client relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-relay-profile)# relay information check 

関連コマンド

コマンド

説明

relay information option

転送された BOOTREQUEST メッセージ内の DHCP リレー エージェント情報オプションをシステムが DHCP サーバに挿入することをイネーブルにします。

relay information option allow-untrusted

DHCP コンポーネントが、設定されたリレー情報オプションおよびゼロに設定された giaddr を持つ BOOTREQUEST メッセージをドロップしないように設定します。

relay information policy

リレー情報オプションがすでに含まれている BOOTREQUEST メッセージをリレー エージェントが処理する方法を設定します。

relay information option

転送された BOOTREQUEST メッセージ内のリレー エージェント 情報オプションを DHCP サーバに挿入するように、ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)IPv4 リレーまたは DHCP スヌーピング リレーを設定するには、DHCP IPv4 リレー プロファイル リレー コンフィギュレーションまたは DHCP IPv4 プロファイル スヌーピング サブモードで relay information option コマンドを使用します。 転送された BOOTREQUEST メッセージにリレー情報を挿入することをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

relay information option

no relay information option

構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv4 リレー プロファイル リレー コンフィギュレーション

DHCP IPv4 プロファイル スヌーピング コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

使用上のガイドライン

relay information option コマンドは、回線 ID 情報サブオプションおよびリモート ID サブオプションを DHCP リレー エージェント情報オプションに自動的に追加します。

relay information option コマンドは、DHCP サーバが、要求を送信するユーザ(ケーブル アクセス ルータなど)を識別してこの情報に基づく適切なアクションを開始することをイネーブルにします。 デフォルトでは、DHCP はリレー情報を挿入しません。

information option コマンドがイネーブルにされると、DHCP スヌーピング モードは DHCP パケット内の giaddr フィールドを設定しません。

アップストリーム DHCP サーバまたは DHCP リレー インターフェイスは、このタイプのパケットを受け入れるように、relay information option allow-untrusted コンフィギュレーションを使用して設定する必要があります。 この設定により、サーバまたはリレーが DHCP メッセージをドロップしないようになります。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

basic-services

read, write

次に relay information option コマンドの使用例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile client relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-relay-profile)# relay information option

関連コマンド

コマンド

説明

relay information check

転送された BOOTREPLY メッセージ内のリレー エージェント情報オプションを DHCP サーバが検証するように設定します。

relay information option allow-untrusted

DHCP コンポーネントが、設定されたリレー情報オプションおよびゼロに設定された giaddr を持つ BOOTREQUEST メッセージをドロップしないように設定します。

relay information policy

リレー情報オプションがすでに含まれている BOOTREQUEST メッセージをリレー エージェントが処理する方法を設定します。

relay information option allow-untrusted

BOOTREQUEST パケットにリレー情報オプションが設定されており、かつ giaddr がゼロに設定されている場合に、このパケットがダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)IPv4 リレーや DHCP スヌーピング リレーによってドロップまたは廃棄されることがないように設定するには、relay information option allow-untrusted コマンドを DHCP IPv4 リレー プロファイル コンフィギュレーション サブモードまたは DHCP IPv4 プロファイル スヌーピング コンフィギュレーション サブモードで使用します。 デフォルト動作(リレー情報オプションが設定されており、giaddr がゼロに設定されている BOOTREQUEST パケットを廃棄する)に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

relay information option allow-untrusted

no relay information option allow-untrusted

構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

コマンド デフォルト

リレー情報が設定されて giaddr がゼロに設定されている場合、パケットはドロップされます。

コマンド モード

DHCP IPv4 リレー プロファイル リレー コンフィギュレーション

DHCP IPv4 プロファイル スヌーピング コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

RFC 3046 に従い、giaddr がゼロに設定されていてもリレー エージェント オプションがすでにパケット内に存在する信頼できない回線から DHCP パケットを受信するリレー エージェント(およびサーバ)は、パケットを廃棄して、エラー数を増加させるものとします。 この設定により、サーバまたはリレーが DHCP メッセージをドロップしないようになります。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

basic-services

read, write

次の例では relay information option allow-untrusted コマンドの使用方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile client relay 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-relay-profile)# relay information option allow-untrusted

関連コマンド

コマンド

説明

relay information check

転送された BOOTREPLY メッセージ内のリレー エージェント情報オプションを DHCP サーバが検証するように設定します。

relay information option

転送された BOOTREQUEST メッセージ内の DHCP リレー エージェント情報オプションをシステムが DHCP サーバに挿入することをイネーブルにします。

relay information policy

リレー情報オプションがすでに含まれている BOOTREQUEST メッセージをリレー エージェントが処理する方法を設定します。

relay information policy

リレー情報オプションがすでに含まれている BOOTREQUEST パケットをダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)IPv4 リレーが処理する方法を設定するには、DHCP IPv4 プロファイル リレー プロファイル コンフィギュレーション モードで relay information policy コマンドを使用します。 デフォルトのリレー情報ポリシーに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

relay information policy { drop | keep }

no relay information policy { drop | keep }

構文の説明

drop

既存のリレー情報オプションを持つ BOOTPREQUEST パケットを廃棄するように、DHCP IPv4 リレーに指示します。

keep

既存のリレー情報オプションとともに受信された BOOTPREQUEST パケットを廃棄しないで、既存のリレー情報オプション値を保持するように、DHCP IPv4 リレーに指示します。

コマンド デフォルト

DHCP IPv4 リレーは、既存のリレー情報オプションを持つ BOOTPREQUEST パケットを廃棄しません。 オプション既存のリレー情報オプション値は置き換えられます。

コマンド モード

DHCP IPv4 リレー プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

basic-services

read, write

これは、relay information policy コマンドの例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile client relay
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-relay-profile)# relay information policy keep

関連コマンド

コマンド

説明

relay information check

転送された BOOTREPLY メッセージ内のリレー エージェント情報オプションを DHCP サーバが検証するように設定します。

relay information option

転送された BOOTREQUEST メッセージ内の DHCP リレー エージェント情報オプションをシステムが DHCP サーバに挿入することをイネーブルにします。

relay information option allow-untrusted

DHCP コンポーネントが、設定されたリレー情報オプションおよびゼロに設定された giaddr を持つ BOOTREQUEST メッセージをドロップしないように設定します。

relay option remote-id

DHCPv6 リレー エージェントの回線のリモート ホスト端を指定するには、DHCP IPv6 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション モードで relay option remote-id コマンドを使用します。 リレー オプションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

relay option remote-id remote-id-string

no relay option remote-id remote_id

構文の説明

remote-id-string

(任意)リモート ID の文字列値を指定します。

コマンド デフォルト

リモート ID は設定時に指定されていない場合は、デフォルト値が使用されます。

コマンド モード

DHCP IPv4 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

relay option remote-id remote-id オプションは、リレー エージェント/プロキシからサーバとなります。 このオプションを指定すると、DHCPv6 サーバに追加情報が提供されます。 サーバはオプションでこの情報を使用して、特定のユーザ、ホスト、または加入者モデムに対する固有のパラメータを選択することがあります。 remote-id フィールドはサーバに対して不透明なので、サーバは値を解析しません。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read, write

次の例では、DHCP IPv6 プロキシ プロファイル コンフィギュレーション モードで relay option remote-id コマンドを使用して remote-id 値を「my-remote-id-12345」に設定する方法を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router# config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv6)# profile myprofile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4-proxy-profile)# relay option remote-id my-remote-id-12345

関連コマンド

コマンド

説明

dhcp ipv4

IPv4 の Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)をイネーブルにし、DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを開始します。

relay information check

転送された BOOTREPLY メッセージ内のリレー エージェント情報オプションを DHCP サーバが検証するように設定します。

relay information option

転送された BOOTREQUEST メッセージ内の DHCP リレー エージェント情報オプションをシステムが DHCP サーバに挿入することをイネーブルにします。

relay information option allow-untrusted

DHCP コンポーネントが、設定されたリレー情報オプションおよびゼロに設定された giaddr を持つ BOOTREQUEST メッセージをドロップしないように設定します。

relay information policy

リレー情報オプションがすでに含まれている BOOTREQUEST メッセージをリレー エージェントが処理する方法を設定します。

limit lease per-circuit-id(DHCP-BNG)

各インターフェイスの各回線 ID のリース制限を指定するには、DHCP IPv4 サブ コンフィギュレーション モードで limit lease per-circuit-id コマンドを使用します。 lease per-circuit-id をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

limit lease per-circuit-id value

no limit lease per-circuit-id value

構文の説明

value

リース値を拡張できる制限を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv4 コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.1

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを開始するには、dhcp ipv4 コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

これは、limit lease per-circuit-id コマンドを DHCP IPv4 サブ コンフィギュレーション モードで設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile myproxyprofile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# limit lease per-circuit-id 1000

関連コマンド

コマンド

説明

dhcp ipv4

IPv4 に対してダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにします。  

limit lease per-remote-id(DHCP-BNG)

各インターフェイスのリモート ID ごとにリース制限を指定するには、DHCP IPv4 サブ コンフィギュレーション モードで limit lease per-remote-id コマンドを使用します。 lease per-remote-id をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

limit lease per-remote-id value

no limit lease per-remote-id value

構文の説明

value

リース値を拡張できる制限を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv4 コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.1

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを開始するには、dhcp ipv4 コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

これは、limit lease per-remote-id コマンドを DHCP IPv4 サブ コンフィギュレーション モードで設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile myproxyprofile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# limit lease per-remote-id 1000

関連コマンド

コマンド

説明

dhcp ipv4

IPv4 に対してダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにします。  

limit lease per-interface(DHCP-BNG)

各インターフェイスのリース制限を指定するには、DHCP IPv4 サブ コンフィギュレーション モードで limit lease per-interface コマンドを使用します。 limit lease per-interface をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

limit lease per-interface value

no limit lease per-interface value

構文の説明

value

リース値を拡張できる制限を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

DHCP IPv4 コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.1

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

DHCP IPv4 コンフィギュレーション モードを開始するには、dhcp ipv4 コマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

これは、limit lease per-interface コマンドを DHCP IPv4 サブ コンフィギュレーション モードで設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile myproxyprofile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# limit lease per-interface 1000

関連コマンド

コマンド

説明

dhcp ipv4

IPv4 に対してダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにします。  

lease proxy client-lease-time(DHCP-BNG)

各インターフェイスの各回線 ID のリース制限を指定するには、DHCP IPv4 サブ コンフィギュレーション モードで lease proxy client-lease-time コマンドを使用します。 lease proxy client-lease-time をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

lease proxy client-lease-time value

no lease proxy client-lease-time value

構文の説明

value

リース プロキシ クライアントの時間を秒単位で指定します。 リース プロキシ クライアント時間の最小値は 600 秒です。

コマンド デフォルト

デフォルト(no)を設定した場合、リース プロキシはディセーブルになります。

コマンド モード

DHCP IPv4 コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

リリース 4.2.1

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

バインディングの作成時に、クライアント リース時間はバインディングごとにキャッシュされるため、プロファイル クライアント リース時間の変更により既存のバインディングに影響が生じることはありません。 ただし、この変更は今後作成されたバインディングに対してのみ有効です。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read, write

これは、lease proxy client-lease-time コマンドを DHCP IPv4 サブ コンフィギュレーション モードで設定する例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dhcp ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# profile myproxyprofile proxy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dhcpv4)# lease proxy client-lease-time 600

関連コマンド

コマンド

説明

dhcp ipv4

IPv4 に対してダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにします。  

show dhcp ipv4 proxy binding

プロキシの DHCP クライアント バインディングに関する情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv4 proxy binding コマンドを使用します。

show dhcp ipv4 proxy binding [ circuit-id circuit_id_name | detail | interface | ipspecifier | location | locationspecifier | mac-address | remote-id | summary ] { location | vrf | vrf_name }

構文の説明

circuit-id

回線 ID に基づいて DHCP IPv4 プロキシ クライアント バインディングを表示します。

circuit_id_name

回線 ID の名前を表示します。

detail

DHCP プロキシの詳細なバインディング情報を表示します。

interface

DHCP バインディングのフィルタリング基準となるインターフェイスを指定します。

ipspecifier

インターフェイスの名前が表示されます。

location

DHCP プロキシのノードのロケーションを指定します。

locationspecifier

ロケーションの名前を表示します。

mac-address

MAC アドレスに基づいて詳細なクライアント バインディング情報を表示します。

remote-id

リモート ID に基づいて DHCP IPv4 プロキシ クライアント バインディングを表示します。

summary

プロキシのサマリー バインディング情報を表示します。

vrf

VRF 情報を表示します。

vrf_name

VRF の名前を表示します。

|

出力修飾子を表示します。

コマンド デフォルト

すべての DHCP プロキシ クライアント バインディングに関する情報の要約を表示します。

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read

これは、show dhcp ipv4 proxy binding コマンドの出力例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv4 proxy binding
The show dhcp ipv4 proxy binding output is as follows:
                                                                     Lease                                                
 MAC Address      IP Address      State    Remaining      Interface            VRF      Sublabel      
--------------            --------------     ---------   ---------        -------------------  ---------  ---------- 
0000.6602.0102    1.1.1.1             BOUND    3495         Gi0/1/0/0            default    0x0         


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv4 proxy binding mac-address  0000.6602.0102
MAC Address:      0000.6602.0102
IP Address:       1.1.1.1
Profile:          foo
State:            BOUND
Proxy Lease:                    86400 secs (1d00h)
Proxy Lease Remaining:  85942 secs (23:52:22)
Client Lease:                    600 secs (00:10:00)
Client Lease Remaining: 442 secs (00:07:22)
Client ID:        00-00-66-02-01-02
Interface:        GigabitEthernet0/1/0/0.200
VLAN Id:      200
VRF:              default
Subscriber Label: 0x0

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv4 proxy binding circuit-id CCCCCCCCCC
MAC Address:      0000.6602.0102
IP Address:       1.1.1.1
circuit-id:  CCCCCCCCCC
remote-id: RRRRRRRRRR
Profile:          foo
State:            BOUND
Proxy Lease:                    86400 secs (1d00h)
Proxy Lease Remaining:  85942 secs (23:52:22)
Client Lease:                    600 secs (00:10:00)
Client Lease Remaining: 442 secs (00:07:22)
Client ID:        00-00-66-02-01-02
Interface:        GigabitEthernet0/1/0/0.200
VLAN Id:      outer 200, inner 300
VRF:              default
Subscriber Label: 0x0

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv4 proxy binding remote-id RRRRRRRRRR
MAC Address:      0000.6602.0102
IP Address:       1.1.1.1
Profile:          foo
circuit-id:  CCCCCCCCCC
remote-id: RRRRRRRRRR
State:            BOUND
Proxy Lease:                    86400 secs (1d00h)
Proxy Lease Remaining:  85942 secs (23:52:22)
Client Lease:                    600 secs (00:10:00)
Client Lease Remaining: 442 secs (00:07:22)
Client ID:        00-00-66-02-01-02
Interface:        GigabitEthernet0/1/0/0
VRF:              default
Subscriber Label: 0x0

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv4 proxy binding detail
MAC Address:        ca01.3fcd.0000
VRF:                default
IP Address:         10.10.10.6
Gateway IP Address: 0.0.0.0
Server IP Address:  11.11.11.3
ReceivedCircuit ID: -
InsertedCircuit ID: -
ReceivedRemote ID:  -
InsertedRemote ID:  -
Profile:            proxyProfile
State:              BOUND
Proxy Lease:                    86400 secs (1d00h)
Proxy Lease Remaining:  85942 secs (23:52:22)
Client Lease:                    600 secs (00:10:00)
Client Lease Remaining: 442 secs (00:07:22)
Client ID:          0x00-0x76-0x6C-0x61-0x6E-0x31-0x30-0x30
Interface:          GigabitEthernet0/1/0/0.100
VLAN:               None
Subscriber Label:   0x0

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv4 proxy binding interface Gi0/1/0/0
                                                                     Lease                                                
 MAC Address      IP Address      State    Remaining      Interface            VRF      Sublabel      
--------------            --------------     ---------   ---------        -------------------  ---------  ---------- 
0000.6602.0102    1.1.1.1             BOUND    3495         Gi0/1/0/0            default    0x0         

関連コマンド

コマンド

説明

dhcp ipv4

IPv4 に対してダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)をイネーブルにします。  

show dhcp ipv6 proxy binding

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)プロキシのクライアント バインディングを表示します。  

show dhcp ipv4 proxy profile

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)プロキシ プロファイル情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv4 proxy profile コマンドを使用します。

show dhcp ipv4 proxy profile { name | profile_name | }

構文の説明

name

詳細なプロキシ プロファイル情報を表示します。

profile_name

プロファイル名を指定します。

|

出力修飾子を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは、DHCP IPv4 に作成されたプロキシ プロファイルを表示します。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read

これは、show dhcp ipv4 proxy profile コマンドの出力例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv4 proxy profile

show dhcp ipv4 proxy profile の出力は次のとおりです。

Wed Jan 23 17:05:49.760 IST

DHCP IPv4 Proxy Profiles
--------------------------
DHCP_PROF_IPSUB

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。

表 1 show dhcp ipv4 proxy profile のフィールドの説明

フィールド

説明

DHCP IPv4 Proxy Profiles

すべての DHCP IPv4 プロキシ プロファイルを指定します。

show dhcp ipv4 proxy statistics

特定のブリッジ ドメインの統計情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv4 proxy statistics コマンドを使用します。

show dhcp ipv4 proxy statistics location |]

構文の説明

location

DHCP IPv4 プロキシのノード情報を指定します。

|

出力修飾子を表示します。

コマンド デフォルト

DHCP プロキシ統計情報テーブルを表示します。

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID

操作

ip-services

read

これは、show dhcp ipv4 proxy statistics コマンドの出力例です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv4 proxy statistics

show dhcp ipv4 proxy statistics の出力は次のとおりです。

Wed Jan 23 17:07:12.386 IST

                  VRF                     |      RX       |      TX       |       DR      |
-------------------------------------------------------------------------------------------
default                                  |            0  |            0  |            0  |
**nVSatellite                            |            0  |            0  |            0  |

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。

表 2 show dhcp ipv4 proxy statistics のフィールドの説明

フィールド

説明

VRF

DHCP プロキシ内の VRF を指定します。 デフォルトは nVSatellite です。

show dhcp ipv6 proxy binding

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)プロキシのクライアント バインディングを表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv6 proxy binding コマンドを使用します。

show dhcp ipv6 proxy binding { detail | duid | interface | interface-id | location | mac-address | remote-id | summary | vrf }

構文の説明

detail

プロキシの詳細なバインディングを表示します。

duid

DUID のクライアント バインディングを表示します。

interface

インターフェイス別のクライアント バインディングを表示します。

interface-id

インターフェイス ID 別のクライアント バインディングを表示します

location

ノードの場所を指定します。

mac-address

詳細なクライアント バインディング情報を表示します。

remote-id

リモート ID 別のクライアント バインディングを表示します

summary

プロキシのサマリー バインディングを表示します。

vrf

VRF 名別のクライアント バインディングを表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
リリース 4.1.1

このコマンドが追加されました。

リリース 4.3.0

このコマンドが BNG でサポートされました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read

次に、show dhcp ipv6 proxy binding コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 proxy binding

Summary:
  Total number of Proxy bindings = 1
Prefix: 2001::/60 (Gi0/0/0/1)
  DUID: 00030001ca004a2d0000
  IAID: 00020001
  lifetime: 2592000
  expiration: Nov 25 2010 16:47

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 proxy binding summary

Total number of clients: 2

     STATE              |             COUNT            |
                        |     IA-NA     |    IA-PD     |
--------------------------------------------------------
  INIT                  |            0  |           0  |
  SUB VALIDATING        |            0  |           0  |
  ADDR/PREFIX ALLOCATING|            0  |           0  |
  REQUESTING            |            0  |           0  |
  SESSION RESP PENDING  |            2  |           0  |
  ROUTE UPDATING        |            0  |           0  |
  BOUND                 |            0  |           0  |

show dhcp ipv6 proxy interface

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)のプロキシ インターフェイス情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv6 proxy interface コマンドを使用します。

show dhcp ipv6 proxy interface { type | interface-path-id } { location | location }

構文の説明

type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

次に示す、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カードにある管理イーサネット インターフェイスについては、物理スロット番号は英数字(RP0 または RP1)、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0。

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

location

インターフェイス別のノードの場所を表示します。

location

完全修飾で指定されたインターフェイスの場所を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read

次に、show dhcp ipv6 proxy interface コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 proxy interface 

Tue Sep  4 19:14:54.056 UTC
Codes: Amb - Ambiguous VLAN, B - Base, R - Relay, P - Proxy,
       SR - Server, S - Snoop, C - Client, INV - Invalid
       CID - Circuit Id, RID - Remote Id, INTF - Interface

Interface              Mode Profile Name                             Amb Lease Limit
------------------------------------------------------------------------------------
BE1.100                P    pxy1                                     No  None
BE1.200                P    pxy1                                     No  None
BE1.250                P    pxy1                                     Yes None
BE1.400                P    pxy1                                     Yes None


show dhcp ipv6 proxy profile

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)プロキシのプロキシ プロファイル情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv6 proxy profile コマンドを使用します。

show dhcp ipv6 proxy profile name profile_name { location | location }

構文の説明

name

プロファイルの詳細なプロキシ プロファイル情報を表示します。

profile_name

プロファイルの名前を指定します。

location

インターフェイス別のノードの場所を表示します。

location

完全修飾で指定されたインターフェイスの場所を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read

次に、show dhcp ipv6 proxy profile コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 proxy profile 

Tue Sep  4 05:00:57.938 UTC

DHCP IPv6 Proxy Profiles
--------------------------
pxy1
pxy_pppoe1
pxy_pppoe2
   

show dhcp ipv6 proxy statistics

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)プロキシの統計情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv6 proxy statistics コマンドを使用します。

show dhcp ipv6 proxy statistics { debug | location | vrf }

構文の説明

debug

プロキシのデバッグ統計情報を表示します。

location

プロキシのノードの場所を表示します。

vrf

VRF 別のプロキシ統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read

次に、show dhcp ipv6 proxy statistics コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 proxy statistics 

Wed Sep  5 01:10:35.650 UTC

                  VRF                     |      RX       |      TX       |       DR      |
-------------------------------------------------------------------------------------------
 default                                  |           23  |           28  |            0  |
 red                                      |            0  |            0  |            0  |
 blue                                     |            0  |            0  |            0  |
 green                                    |            6  |            0  |            0  |
 orange                                   |            0  |            0  |            0  |
 test_vrf                                 |            0  |            0  |            0  |
 dhcpclient                               |            0  |            0  |            0  |
 dhcpserver                               |            0  |            0  |            0  |

show dhcp ipv6 server binding

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)サーバのクライアント バインディングを表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv6 server binding コマンドを使用します。

show dhcp ipv6 server binding { detail | duid | interface | interface-id | location | mac-address | remote-id | summary | vrf }

構文の説明

detail

プロキシの詳細なバインディングを表示します。

duid

DUID のクライアント バインディングを表示します。

interface

インターフェイス別のクライアント バインディングを表示します。

interface-id

インターフェイス ID 別のクライアント バインディングを表示します

location

ノードの場所を指定します。

mac-address

詳細なクライアント バインディング情報を表示します。

remote-id

リモート ID 別のクライアント バインディングを表示します

summary

プロキシのサマリー バインディングを表示します。

vrf

VRF 名別のクライアント バインディングを表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read

次に、show dhcp ipv6 server binding コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 server binding location 0/RSP0/CPU0 
Summary:
Total number of clients: 3
  DUID  : 000300010000641e0103
  MAC Address: 0000.641e.0103
  Client Link Local: fe80::200:64ff:fe1e:103
  Sublabel: 0x82f
    IA ID: 0xb100
      STATE: BOUND
      IPv6 Prefix:  2004:4:4:6::/64 (Bundle-Ether2.3)
        lifetime  : 600 secs (00:10:00)
        expiration: 327 secs (00:05:27)
  DUID  : 000300010000641e0104
  MAC Address: 0000.641e.0104
  Client Link Local: fe80::200:64ff:fe1e:104
  Sublabel: 0x870
    IA ID: 0xb101
      STATE: BOUND
      IPv6 Prefix:  2004:4:4:a::/64 (Bundle-Ether2.3)
        lifetime  : 600 secs (00:10:00)
        expiration: 327 secs (00:05:27)
  DUID  : 000300010000641e0105
  MAC Address: 0000.641e.0105
  Client Link Local: fe80::200:64ff:fe1e:105
  Sublabel: 0x8b5
    IA ID: 0xb102
      STATE: BOUND
      IPv6 Prefix:  2004:4:4:b::/64 (Bundle-Ether2.3)
        lifetime  : 600 secs (00:10:00)
        expiration: 397 secs (00:06:37)

RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 server binding summary 
Tue Sep  4 04:58:19.580 UTC

Total number of clients: 3

     STATE              |             COUNT            |
                        |     IA-NA     |    IA-PD     |
--------------------------------------------------------
  INIT                  |            0  |           0  |
  SUB VALIDATING        |            0  |           0  |
  ADDR/PREFIX ALLOCATING|            0  |           0  |
  REQUESTING            |            0  |           0  |
  SESSION RESP PENDING  |            0  |           0  |
  ROUTE UPDATING        |            0  |           0  |
  BOUND                 |            0  |           3  |


RP/0/RSP0/CPU0:router#show dhcp ipv6 server binding detail
Tue Sep  4 04:59:41.765 UTC

Client Link Local:      fe80::200:64ff:fe1e:103
MAC Address:            0000.641e.0103
Profile:                test
Client DUID:            000300010000641e0103
Client Flag:            0x80080811
Subscriber VRF:         abc
Class Name:             -
Access Interface:       Bundle-Ether2.3
Access VRF:             abc
Subscriber Label:       0x82f
VLAN Id:                3
ReceivedRemote ID:      -
ReceivedInterface ID:   -
Prefix Pool Name:       p2
Address Pool Name:      -
  IA ID:                0xb100
    STATE:              BOUND
      IPv6 Prefix:      2004:4:4:6::/64 (Bundle-Ether2.3)
        lifetime:       600 secs (00:10:00)
        expiration:     515 secs (00:08:35)

Client Link Local:      fe80::200:64ff:fe1e:104
MAC Address:            0000.641e.0104
Profile:                test
Client DUID:            000300010000641e0104
Client Flag:            0x80080811
Subscriber VRF:         abc
Class Name:             -
Access Interface:       Bundle-Ether2.3
Access VRF:             abc
Subscriber Label:       0x870
VLAN Id:                3
ReceivedRemote ID:      -
ReceivedInterface ID:   -
Prefix Pool Name:       p2
Address Pool Name:      -
  IA ID:                0xb101
    STATE:              BOUND
      IPv6 Prefix:      2004:4:4:a::/64 (Bundle-Ether2.3)
        lifetime:       600 secs (00:10:00)
        expiration:     515 secs (00:08:35)

Client Link Local:      fe80::200:64ff:fe1e:105
MAC Address:            0000.641e.0105
Profile:                test
Client DUID:            000300010000641e0105
Client Flag:            0x80080811
Subscriber VRF:         abc
Class Name:             -
Access Interface:       Bundle-Ether2.3
Access VRF:             abc
Subscriber Label:       0x8b5
VLAN Id:                3
ReceivedRemote ID:      -
ReceivedInterface ID:   -
Prefix Pool Name:       p2
Address Pool Name:      -
  IA ID:                0xb102
    STATE:              BOUND
      IPv6 Prefix:      2004:4:4:b::/64 (Bundle-Ether2.3)
        lifetime:       600 secs (00:10:00)
        expiration:     585 secs (00:09:45)

show dhcp ipv6 server interface

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)のサーバ インターフェイス情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv6 server interface コマンドを使用します。

show dhcp ipv6 server interface { type | interface-path-id } { location | location }

構文の説明

type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

次に示す、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カードにある管理イーサネット インターフェイスについては、物理スロット番号は英数字(RP0 または RP1)、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0。

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

location

インターフェイス別のノードの場所を表示します。

location

完全修飾で指定されたインターフェイスの場所を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read

次に、show dhcp ipv6 server interface コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 server interface bundle-Ether 2.3


Tue Sep  4 05:02:03.861 UTC

Interface:          Bundle-Ether2.3
VRF:                abc
Mode:               Server
Profile Name:       test
Lease Limit:        None


show dhcp ipv6 server profile

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)サーバのサーバ プロファイル情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv6 server profile コマンドを使用します。

show dhcp ipv6 server profile name profile_name { location | location }

構文の説明

name

プロファイルの詳細なプロキシ プロファイル情報を表示します。

profile_name

プロファイルの名前を指定します。

location

インターフェイス別のノードの場所を表示します。

location

完全修飾で指定されたインターフェイスの場所を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read

次に、show dhcp ipv6 server profile コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 server profile name test

Tue Sep  4 05:00:57.938 UTC

Profile: test
DNS Addresses:None
Client Lease Time: 0 secs (00:00:00)
Framed Address Pool: p1
Delegated Prefix Pool: p2
Interface References:
Bundle-Ether2.3   

show dhcp ipv6 server statistics

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)サーバの統計情報を表示するには、EXEC モードで show dhcp ipv6 server statistics コマンドを使用します。

show dhcp ipv6 server statistics { debug | location | vrf }

構文の説明

debug

プロキシのデバッグ統計情報を表示します。

location

プロキシのノードの場所を表示します。

vrf

VRF 別のプロキシ統計情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
リリース 4.3.0

このコマンドが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タスク ID

タスク ID 操作

ip-services

read

次に、show dhcp ipv6 server statistics コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show dhcp ipv6 server statistics 

  Tue Sep  4 19:13:47.472 UTC

                  VRF                     |      RX       |      TX       |       DR      |
-------------------------------------------------------------------------------------------
 default                                  |        10003  |        11651  |            3  |
 red                                      |            0  |            0  |            0  |
 blue                                     |            0  |            0  |            0  |
 green                                    |            0  |            0  |            0  |
 orange                                   |            0  |            0  |            0  |
 test_vrf                                 |            0  |            0  |            0  |
 dhcpclient                               |            0  |            0  |            0  |
 dhcpserver                               |            0  |            0  |            0  |