Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ マルチキャスト コマンド リファレンス リリース 4.3.x
マルチキャスト PIM コマンド: Cisco ASR 9000 Series Router
マルチキャスト PIM コマンド: Cisco ASR 9000 Series Router
発行日;2013/02/25   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

マルチキャスト PIM コマンド: Cisco ASR 9000 Series Router

この章では、Protocol Independent Multicast(PIM)の設定およびモニタに使用するコマンドについて説明します。

マルチキャスト ルーティングの概念、設定作業、および例の詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Multicast Configuration Guide』を参照してください。

accept-register

Protocol Independent Multicast(PIM)register メッセージをフィルタリングするためにランデブー ポイント(RP)ルータを設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで accept-register コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

accept-register access-list-name

no accept-register

Syntax Description

access-list-name

アクセス リストの番号または名前。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

accept-register コマンドは、不正な送信元がランデブー ポイントに登録されるのを防止します。 不正な送信元が register メッセージを RP に送信すると、RP は即座に register-stop メッセージを返信します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、RP を制限する例を示します。 Source Specific Multicast(SSM; 送信元固有のマルチキャスト)アドレス範囲内の送信元は、RP への登録を行えません。 次のステートメントは、ランデブー ポイントだけで設定される必要があります。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# accept-register no-ssm-range
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# ipv4 access-list no-ssm-range
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# deny ipv4 any 232.0.0.0 0.255.255.255
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# permit any

auto-rp candidate-rp

well-known マルチキャスト グループ CISCO-RP-ANNOUNCE(224.0.1.39)にメッセージを送信する PIM RP 候補としてルータを設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで auto-rp candidate-rp コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

auto-rp candidate-rp type interface-path-id scope ttl-value [ group-list access-list-name ] [ interval seconds ]

no auto-rp candidate-rp type interface-path-id scope ttl-value [ group-list access-list-name ] [ interval seconds ]

Syntax Description

type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

EXEC モードで show interfaces コマンドを使用して、現在ルータに設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示します。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

scope ttl-value

そのインターフェイスから送信される自動ランデブ― ポイント(Auto-RP)アナウンス メッセージのスコープを制限する存続可能時間(TTL)値を指定します(ルータ ホップ カウント)。 値の範囲は 1 ~ 255 です。

group-list access-list-name

(任意)このルータが RP となるグループ範囲を規定するアクセス リストを指定します。

intervalseconds

(任意)RP announcement 間のインターバルを指定します。 範囲は 1 ~ 600 です。

Command Default

ルータは、PIM ランデブー ポイント候補としてデフォルトで設定されていません。

seconds:60

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

auto-rp candidate-rp コマンドは、マルチキャスト グループ範囲のランデブー ポイントによって使用されます。 ルータは Auto-RP announcement メッセージを well-known グループ CISCO-RP-ANNOUNCE(224.0.1.39)に送信します。 このメッセージは、ルータがアクセス リストで規定される範囲内のグループに対する RP 候補であることを通知します。

interval キーワードが指定されていると、Auto-RP announcement 間のインターバルは seconds の秒数に設定され、Auto-RP announcement の合計ホールド タイムはこのインターバルの 3 倍に自動的に設定されます。 インターバルの推奨範囲は 1 ~ 180 秒です。

Auto-RP announcement のホールド タイムとは、Auto-RP announcement の有効期間です。 指定されたホールド タイムの経過後、Auto-RP announcement は期限切れになり、エントリは次の announcement があるまでマッピング キャッシュから除去されます。

任意の group-list キーワードが省略されている場合、アドバタイズされるグループ範囲は 224.0.0.0/4 です。 この範囲は、すべての IP マルチキャスト グループ アドレスに対応しており、ルータが自発的にすべてのグループに対する RP として機能できることを示します。

ルータ設定でアクセス リストを慎重に作成することにより、1 台のルータが複数グループ範囲の RP 候補として機能するように設定できます。


(注)  


auto-rp candidate-rp コマンドは、IPv4 アドレス プレフィックスにのみ使用できます。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、RP announcement をすべての PIM 対応インターフェイスから最大 31 ホップで送信する例を示します。 ルータを RP として識別するために使用される IP アドレスは、GigabitEthernet インターフェイス 0/1/0/1 に関連付けられた IP アドレスです。 アクセス リスト 5 は、このルータが RP として機能するグループを指定します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# ipv4 access-list 5 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# permit ipv4 any 224.0.0.0 15.255.255.255
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# auto-rp candidate-rp GigE 0/1/0/1 scope 31 group-list 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# end

次の例で識別されるルータは、ランデブー ポイント候補として自身をアドバタイズし、グループ範囲 239.254.0.0 ~ 239.255.255.255 および 224.0.0.0 ~ 231.255.255.255 のループバック インターフェイス 0 に関連付けられます:

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# ipv4 access-list 10 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# permit ipv4 any 239.254.0.0 0.0.255.255
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# auto-rp candidate-rp loopback 0 scope 16 group-list 10
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# end

bsr-border

Protocol Independent Multicast(PIM)ルータ インターフェイスでのブートストラップ ルータ(BSR)メッセージの転送を停止するには、PIM インターフェイス コンフィギュレーション モードで bsr-border コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bsr-border

no bsr-border

Command Default

BSR メッセージは、PIM ルータ インターフェイス上で転送されます。

Command Modes

PIM インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

bsr-border コマンドを設定すると、PIM バージョン 2 BSR メッセージは、インターフェイスを介して送受信されません。 2 つのドメイン間で BSR メッセージが交換されないようにするために、このコマンドで別の PIM ドメインに隣接するインターフェイスを設定する必要があります。 一方のドメインにあるルータは他方のドメインにあるランデブー ポイント(RP)を選択し、その結果ドメイン間でプロトコルが誤動作したり分離が行われない可能性があるため、BSR メッセージを異なるドメイン間で交換しないでください。


(注)  


このコマンドは、マルチキャスト境界ではなく、PIM ドメインの BSR メッセージの境界を設定する目的で使用されます。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM ドメインの境界として Packet-over-SONET/SDH(POS)0/1/0/0 インターフェイスを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# interface pos 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-ipv4-if)# bsr-border

bsr candidate-bsr

ルータがブートストラップ ルータ(BSR)として候補であることをアナウンスするよう設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで bsr candidate-bsr コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bsr candidate-bsr ip-address [ hash-mask-len length ] [ priority value ]

no bsr candidate-bsr

Syntax Description

ip-address

ドメインの BSR ルータの IP アドレス。 IPv4 の場合、これは、4 分割ドット表記の IP アドレスです。 IPv6 の場合、IP アドレスはコロンで区切られた 16 ビット値を使用する 16 進数表記で指定されます。

hash-mask-len length

(任意)ハッシュ関数で使用するマスクの長さを指定します。

  • ハッシュ元が同じであるすべてのグループは、同じランデブー ポイント(RP)に対応します。 たとえば、マスク長が 24 の場合、グループ アドレスの最初の 24 ビットだけが使用されます。 これにより、複数のグループについて 1 つの RP を取得できます。
  • IPv4 アドレスの場合は、値 30 を推奨します。 範囲は 0 ~ 32 です。
  • IPv6 アドレスの場合は、値 126 を推奨します。 指定できる範囲は 0 ~ 128 です。

priority value

(任意)候補 BSR のプライオリティを指定します。 値の範囲は 1 ~ 255 です。 プライオリティの高い BSR を推奨します。 プライオリティ値が同じ場合は、IP アドレスがより高位であるルータが BSR となります。

Command Default

value:1

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

bsr candidate-bsr コマンドにより、ルータは BSR アドレスとして指定されたインターフェイスのアドレスを持つブートストラップ メッセージをすべての Protocol Independent Multicast(PIM)ネイバーに送信します。 各ネイバーは、以前のブートストラップ メッセージから受信したアドレスと BSR アドレスを比較します(同じインターフェイスで受信される必要はない)。 現在のアドレスが同じかまたはより高位のアドレスである場合、PIM ネイバーは現在のアドレスをキャッシュに格納し、ブートストラップ メッセージを転送します。 それ以外の場合、ブートストラップ メッセージはドロップされます。

このルータよりもプライオリティが高い(プライオリティが同じ場合は、より高位の IP アドレスを持つ)とされる他の候補 BSR からブートストラップ メッセージを受信するまで、このルータは BSR のままです。


(注)  


bsr candidate-bsr コマンドは、PIM ドメインのすべての部分との接続が良好であるバックボーン ルータだけで使用してください。 残りの PIM ドメインとの接続でオンデマンドのダイヤルアップ リンクを信頼するサブルータは、BSR 候補にふさわしくありません。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、ハッシュ マスク長 30 を使用してルータを BSR 候補として設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# bsr candidate-bsr 10.0.0.1 hash-mask-len 30

bsr candidate-rp

ルータを Protocol Independent Multicast(PIM)バージョン 2 候補ランデブー ポイント(RP)として自身をブートストラップ ルータ(BSR)にアドバタイズするように設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで bsr candidate-rp コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bsr candidate-rp ip-address [ group-list access-list ] [ interval seconds ] [ priority value ]

no bsr candidate-rp ip-address

Syntax Description

ip-address

候補ランデブー ポイント アドレスとしてアドバタイズされるルータの IP アドレス。

group-list access-list

(任意)ランデブー ポイント アドレスに関連してアドバタイズされるグループ プレフィックスを定義する IP アクセス リストの番号または名前を指定します。 access-list 名には、スペースまたは引用符を含めることができず、番号付けされたアクセス リストと混乱しないように、英文字で始める必要があります。

intervalseconds

(任意)候補ランデブー ポイントのアドバタイズメント間隔を秒単位で指定します。 範囲は 30 ~ 600 です。

priority value

(任意)ランデブー ポイントのプライオリティ値を示します。 値の範囲は 1 ~ 255 です。

Command Default

value:1

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

bsr candidate-rp コマンドにより、ルータは BSR に候補ランデブー ポイントとして自身をアドバタイズする PIM バージョン 2 メッセージを送信します。 アクセス リストで許容されたアドレスは、IP アドレスにより識別されたルータとともにランデブー ポイントおよびランデブー ポイントが関連するアドレス範囲を構成します。


(注)  


bsr candidate-rp コマンドは、PIM ドメインのすべての部分との接続が良好であるバックボーン ルータだけで使用してください。 つまり、残りの PIM ドメインとの接続でオンデマンドのダイヤルアップ リンクを信頼するスタブ ルータは、候補ランデブー ポイントにふさわしくありません。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、ルータが自身を候補ランデブー ポイントとして PIM ドメイン内の BSR にアドバタイズする例を示します。 アクセス リスト番号 4 は候補ランデブー ポイント アドレス 172.16.0.0 に関連付けられたグループ プレフィックスを指定します。 このランデブー ポイントは、プレフィックス 239 を持つグループに関連します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# bsr candidate-rp 172.16.0.0 group-list 4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# ipv4 access-list 4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# permit ipv4 any 239.0.0.0 0.255.255.255
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# end

Related Commands

Command

Description

bsr candidate-bsr

ルータがブートストラップ ルータ(BSR)として候補であることをアナウンスするよう設定します。  

clear pim counters

PIM のカウンタと統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear pim counters コマンドを使用します。

clear pim [ vrf vrf-name ] [ ipv4 ] counters

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

ipv6

(任意)IPv6 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

明示的に特定の VRF を指定しない場合、デフォルトの VRF が使用されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM カウンタと統計情報をクリアする前後の出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim traffic
PIM Traffic Counters 
Elapsed time since counters cleared: 1d01h

                  Received                        Sent 
Valid PIM Packets 15759217                    15214426 
Hello                 9207                       12336 
Join-Prune         1076805                      531981 
Data Register     14673205                           0 
Null Register        73205                           0
Register Stop            0                    14673205 
Assert                   0                           0 
Batched Assert           0                           0
Bidir DF Election        0                           0
BSR Message              0                           0
Candidate-RP Adv.        0                           0

Join groups sent                                     0
Prune groups sent                                    0
Output JP bytes                                      0
Output hello bytes                                4104

Errors: 
Malformed Packets                                    0
Bad Checksums                                        0
Socket Errors                                        0
Subnet Errors                                        0
Packets dropped since send queue was full            0
Packets dropped due to invalid socket                0
Packets which couldn't be accessed                   0
Packets sent on Loopback Errors                      6
Packets received on PIM-disabled Interface           0
Packets received with Unknown PIM Version            0 

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 1 show pim traffic のフィールドの説明

フィールド

説明

Elapsed time since counters cleared

clear pim counters コマンドを使用してカウンタがクリアされてからの経過時間(日数、時間)。

Valid PIM Packets

受信/送信された PIM パケットの合計数

HelloJoin-PruneRegisterRegister StopAssert Bidir DF Election

受信/送信された PIM パケットの特定タイプ

Malformed Packets

受信/送信されたパケットで、フォーマット エラーにより無効なもの

Bad Checksums

無効なチェックサムに起因して受信/送信されたパケット

Socket Errors

ルータの IP ホスト スタックのソケットからのエラーに起因して受信/送信されたパケット。

Packets dropped due to invalid socket

ルータの IP ホスト スタックでの無効なソケットに起因して受信/送信されたパケット。

Packets which couldn't be accessed

パケット メモリへのアクセス時のエラーに起因して受信/送信されたパケット

Packets sent on Loopback Errors

ループバック インターフェイスの使用に起因して受信/送信されたパケット

Packets received on PIM-disabled Interface

PIM 対応でないインターフェイスの使用に起因して受信/送信されたパケット

Packets received with Unknown PIM Version

パケット ヘッダーの無効な PIM バージョン番号に起因して受信/送信されたパケット

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear pim counters
RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim traffic


PIM Traffic Counters 
Elapsed time since counters cleared: 00:00:04

BSR Message                                      0   0
Candidate-RP Adv.                                0   0

Join groups sent                                     0
Prune groups sent                                    0
Output JP bytes                                      0
Output hello bytes                                   0

Errors: 
Malformed Packets                                    0
Bad Checksums                                        0
Socket Errors                                        0
Subnet Errors                                        0
Packets dropped since send queue was full            0
Packets dropped due to invalid socket                0
Packets which couldn't be accessed                   0
Packets sent on Loopback Errors                      0
Packets received on PIM-disabled Interface           0
Packets received with Unknown PIM Version            0

Related Commands

Command

Description

show pim traffic

Protocol Independent Multicast(PIM)トラフィック カウンタ情報を表示します。  

clear pim topology

Protocol Independent Multicast(PIM)トポロジ テーブルからグループ エントリをクリアして、マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)接続をリセットするには、EXEC モードで clear pim topology コマンドを使用します。

clear pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] topology [ ip-address-name | reset ]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

ip-address-name

(任意)次のいずれかを指定できます。

  • ドメイン ネーム システム(DNS)のホスト テーブルで定義されているマルチキャスト グループの名前、あるいは domain IPv4 または domain IPv6 host コマンドで定義されたマルチキャスト グループの名前。
  • 指定されたアドレス ファミリに従って IPv4 または IPv6 フォーマットで記載されたマルチキャスト グループの IP アドレス。

reset

(任意)トポロジ テーブルからすべてのエントリを削除し、MRIB 接続をリセットします。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

clear pim topology コマンドは、既存の PIM ルートを PIM トポロジ テーブルからクリアします。 インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)ローカル メンバーシップのような MRIB テーブルから取得された情報は保持されます。 マルチキャスト グループを指定した場合は、それらのグループ エントリだけがクリアされます。

引数を指定しないでこのコマンドを使用すると、PIM トポロジ テーブルにあるすべてのグループ エントリから PIM プロトコル情報がクリアされます。

reset キーワードが指定されている場合は、トポロジ テーブルからのすべての情報がクリアされ、MRIB 接続が自動的にリセットされます。 コマンドのこの形式は、PIM トポロジ テーブルと MRIB データベース間のステート同期に使用できます。 reset キーワードは、PIM と MRIB 間で通信不良があるときに両コンポーネントのエントリを強制的に同期させる目的以外では使用しないでください。

明示的に特定の VRF を指定しない場合、デフォルトの VRF が使用されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM トポロジ テーブルをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear pim topology

clone source

S,G トラフィックを S1,G トラフィックおよび S2,G トラフィックとしてクローンするには、mofrr コンフィギュレーション サブモードで clone source コマンドを使用します。

clone source source S to source S1 and source S2 masklen value

Syntax Description

source S

送信元トラフィック(S)の IP アドレス。

Command Default

デフォルトの動作や値はありません。

Command Modes

MOFRR コンフィギュレーション モード

Command History

リリース 変更内容
リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID 動作
multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、clone source コマンドを使用する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-ipv4-mofrr) # clone source 1.1.1.1 to 3.3.3.3 and 5.5.5.5 masklen 30

dr-priority

Protocol Independent Multicast(PIM)ルータでの指定ルータ(DR)の優先度を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで dr-priority コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

dr-priority value

no dr-priority

Syntax Description

value

DR 優先度を表す整数値。 範囲は 0 ~ 4294967295 です。

Command Default

このコマンドがインターフェイス コンフィギュレーション モードで指定されていない場合、インターフェイスは PIM コンフィギュレーション モードで指定されている DR 優先度を採用します。

このコマンドが PIM コンフィギュレーション モードで指定されていない場合、DR 優先度の値は 1 となります。

Command Modes

PIM インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

LAN 上のすべてのルータが、送信する PIM バージョン 2(PIMv2)hello メッセージで DR 優先度オプションをサポートしている場合、サブネット上の特定のルータが DR として選択されるように dr-priority コマンドを使用することにより、DR 選択を強制的に実行することができます。 DR 優先度が最も高いルータが DR となります。

PIMv2 ルータが DR 優先度オプションなしの hello メッセージを受信した場合(あるいは、メッセージで優先度が 0 の場合)、受信者は、hello メッセージの送信者が DR 優先度をサポートしておらず、LAN セグメント上での DR 選択を IP アドレスのみに基づいて行う必要があることを認識します。


(注)  


このコマンドが PIM コンフィギュレーション モードで設定されている場合、パラメータはすべての新規および既存インターフェイスによって継承されます。 これらのパラメータは、PIM インターフェイス コンフィギュレーション モードから、インターフェイスごとに個別に上書きすることができます。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、Packet-over-SONET/SDH(POS)インターフェイス 0/1/0/0 では DR 優先度 4 を使用し、他のインターフェイスは DR 優先度 2 を継承するようにルータを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# dr-priority 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# interface pos 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-ipv4-if)# dr-priority 4

global maximum

すべての VRF の Protocol Independent Multicast(PIM)で許可されるグローバル最大制限ステートを設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで global maximum コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

global maximum [ register states | route-interfaces | routes number ]

no global maximum [ register states | route-interfaces | routes ]

Syntax Description

register states

(任意)すべての VRF の PIM 送信元 register ステートを指定します。 範囲は 0 ~ 75000 です。

route-interfaces

(任意)すべての VRF のルートにおける PIM インターフェイスの合計数を指定します。 値の範囲は 1 ~ 600000 です。

routes

(任意)すべての VRF の PIM ルートを指定します。 範囲は 1 ~ 200000 です。

Command Default

デフォルト値はありません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.9.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

global maximum コマンドは、すべての VRF の register ステート、ルート インターフェイス、およびルートの上限を設定するために使用されます。 この上限に達すると、PIM はトポロジ テーブルのためのルート インターフェイス作成を中止します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、すべての VRF の PIM ルート インターフェイス ステートの上限を 200000 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# global maximum route-interfaces 200000

hello-interval(PIM)

Protocol Independent Multicast(PIM)hello メッセージの頻度を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで hello-interval コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

hello-interval seconds

no hello-interval

Syntax Description

seconds

PIM hello メッセージの送信間隔。 値の範囲は 1 ~ 3600 です。

Command Default

デフォルトは 30 秒です。

Command Modes

PIM インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

IP マルチキャスト用に設定されているルータは、PIM ネイバー隣接情報を確立し、各 LAN セグメント(サブネット)の DR を判別するために、PIM hello メッセージを送信します。

このような隣接情報を確立するために、PIM マルチキャスト ルータは各 hello メッセージ送信時に PIM ルータ クエリー メッセージを自身の各マルチキャスト対応インターフェイスの All-PIM-Routers(224.0.0.13)マルチキャスト アドレスにマルチキャスト送信します。

PIM hello メッセージには、さらなる PIM hello が受信されない場合に、送信者に関連付けられるネイバー隣接情報が期限切れになるタイミングを受信者に知らせるホールド タイム値が含まれます。 通常、ホールド タイム値はインターバル値の 3.5 倍となります。インターバルが 30 秒の場合、ホールド タイムは 120 秒となります。

PIM ネイバー隣接情報と選択された DR を表示するには、show pim neighbor コマンドを使用します。


(注)  


hello-interval コマンドがルータ PIM コンフィギュレーション モードで設定されている場合、パラメータはすべての新規および既存インターフェイスによって継承されます。 これらのパラメータは、PIM インターフェイス コンフィギュレーション モードから、インターフェイスごとに個別に上書きすることができます。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM hello メッセージのインターバルを 45 秒に設定する例を示します。 この設定は、インターバルが 60 秒に設定されている Packet-over-SONET/SDH(POS)インターフェイス 0/1/0/0 を除くすべてのインターフェイスによって採用されます。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# hello-interval 45
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# interface pos 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-ipv4-if)# hello-interval 60

Related Commands

Command

Description

dr-priority

Protocol Independent Multicast(PIM)ルータでの指定ルータ(DR)の優先度を設定します。  

show pim neighbor

Protocol Independent Multicast(PIM)hello メッセージによって検出される PIM ネイバーを表示します。  

interface(PIM)

Protocol Independent Multicast(PIM)インターフェイス プロパティを設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで interface コマンドを使用します。 インターフェイスでのマルチキャスト ルーティングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface type interface-path-id

no interface type interface-path-id

Syntax Description

type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

EXEC モードで show interfaces コマンドを使用して、現在ルータに設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示します。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

interface コマンドは、特定のインターフェイスについて PIM ルーティング プロパティを設定する場合に使用します。 具体的には、次のコマンドのグローバル設定の上書きにこのコマンドを使用できます。

  • dr-priority
  • hello-interval
  • join-prune-interval

PIM インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始する場合にも interface コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、特定のインターフェイスについて PIM ルーティング プロパティを設定するためにインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# interface pos 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router
/CPU0:router(config-pim-ipv4-if)# 

Related Commands

Command

Description

dr-priority

Protocol Independent Multicast(PIM)ルータでの指定ルータ(DR)の優先度を設定します。  

hello-interval(PIM)

Protocol Independent Multicast(PIM)hello メッセージの頻度を設定します。  

join-prune-interval

Protocol Independent Multicast(PIM)プロトコル トラフィックの join/prune インターバルを設定します。  

join-prune-interval

Protocol Independent Multicast(PIM)プロトコル トラフィックの join/prune インターバルを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで join-prune-interval コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

join-prune-interval seconds

no join-prune-interval

Syntax Description

seconds

PIM マルチキャスト トラフィックが Shortest Path Tree(SPT; 最短パス ツリー)または Rendezvous Point Tree(RPT; ランデブー ポイント ツリー)に加わるまで、もしくは、これらのツリーから除去されるまでのインターバル(秒数)。 範囲は 10 ~ 600 です。

Command Default

このコマンドが PIM インターフェイス コンフィギュレーション モードで指定されていない場合、インターフェイスは PIM コンフィギュレーション モードで指定されている join/prune インターバル パラメータを採用します。

このコマンドが PIM コンフィギュレーション モードで指定されていない場合、join/prune インターバルは 60 秒となります。

Command Modes

PIM インターフェイス コンフィギュレーション

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


このコマンドが PIM コンフィギュレーション モードで設定されている場合、パラメータはすべての新規および既存インターフェイスによって継承されます。 これらのパラメータは、PIM インターフェイス コンフィギュレーション モードから、インターフェイスごとに個別に上書きすることができます。


join-prune-interval コマンドは、PIM スパース モード ルータが join/prune メッセージを定期的に送信する頻度の設定に使用します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、Packet-over-SONET/SDH(POS)インターフェイス 0/1/0/0 での join/prune インターバルを 90 秒に変更する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# interface pos 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-ipv4-if)# join-prune-interval 90

maximum register-states

Protocol Independent Multicast(PIM)が許容するスパース モードの送信元 register ステートの最大数を設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで maximum register-states コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

maximum register-states number

no maximum register-states

Syntax Description

number

PIM スパース モードの送信元 register ステートの最大数。 範囲は 0 ~ 75000 です。

Command Default

number:20000

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

maximum register-states コマンドは、PIM register ステート数の上限設定に使用します。 この上限に達すると、PIM は PIM register メッセージからのルート作成を中止します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM register ステート数の上限を 10000 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# maximum register-states 10000

Related Commands

Command

Description

show pim summary

設定した Protocol Independent Multicast(PIM)リソース不足(OOR)制限値と現在のカウントを表示します。  

maximum route-interfaces

Protocol Independent Multicast(PIM)が許容するルート インターフェイス ステートの最大数を設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで maximum route-interfaces コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

maximum route-interfaces number

no maximum route-interfaces

Syntax Description

number

PIM のルート インターフェイス ステートの最大数。 値の範囲は 1 ~ 600000 です。

Command Default

number:30000

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

maximum route-interfaces コマンドは、ルート インターフェイス ステート数の上限設定に使用します。 この上限に達すると、PIM はトポロジ テーブルのためのルート インターフェイス作成を中止します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM のルート インターフェイス ステートの上限を 200000 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# maximum route-interfaces 200000

Related Commands

Command

Description

show pim summary

設定した Protocol Independent Multicast(PIM)リソース不足(OOR)制限値と現在のカウントを表示します。  

maximum routes

Protocol Independent Multicast(PIM)が許容するルートの最大数を設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで maximum routes コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

maximum routes number

no maximum routes

Syntax Description

number

PIM のルートの最大数。 範囲は 1 ~ 200000 です。

Command Default

number:100000

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

maximum routes コマンドは、PIM のルート数の上限設定に使用します。 この上限に達すると、PIM はトポロジ テーブルのためのルート作成を中止します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM のルート数の上限を 200000 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# maximum routes 200000

Related Commands

Command

Description

show pim summary

設定した Protocol Independent Multicast(PIM)リソース不足(OOR)制限値と現在のカウントを表示します。  

mofrr

ルータと発信元間の複数の等コスト パスの 1 つで障害が検出されたときに指定されたルートやフローの高速コンバージェンス(Multicast only Fast Reroute、つまり MoFRR)を実行するには、PIM アドレス ファミリ IPv4 コンフィギュレーション サブモードで mofrr コマンドを使用します

mofrr acl_name

no mofrr acl_name

Syntax Description

acl_name

MoFRR でイネーブルにするフロー (S, G) を指定します。

Command Default

MoFRR はデフォルトでイネーブルにされていません。

VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

PIM vrf コンフィギュレーション

PIM アドレスファミリ IPv4 コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.9.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

MoFRR は、同じマルチキャスト ストリームの 2 つのコピーがネットワークの分離パスを通過するメカニズムです。 2 つのストリームがマージされるネットワーク内のポイント(通常はレシーバの近くにある PE)で、一方のストリームはダウンストリーム リンクで受け入れられて転送され、他方のストリームは廃棄されます。 ネットワーク内のリンクまたはノードの障害のためにプライマリ ストリームで障害が検出された場合、MoFRR は、フォワーディング プレーンに(プライマリ ストリームになる)バックアップ ストリームからのパケットの受け入れを開始するように指示します

MoFRR は、ハードウェアが特定のフローまたはルートのプライマリ パスでトラフィック損失を検出したときにトリガーされます。 トラフィック損失は、30 ミリ秒間データ パケットを受信しないこととして定義されています。 MoFRR がトリガーされると、プライマリおよびセカンダリ リバース パス転送(RPF)インターフェイスがフォワーディング プレーンに公開され、スイッチオーバーがハードウェア レベルで完全に実行されます。


(注)  


MoFRR は送信元のみのハッシュ アルゴリズムを除くすべての ECMP ハッシュ アルゴリズムをサポートします。 セカンダリ パスは、プライマリ パスを含まないパスのセットで同じアルゴリズムの実行によって選択されます。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、MoFRR の設定例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim)# mofrr rib acl-green

RP/0/RSP0/CPU0:router# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim)# address-family ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# mofrr acl-green

Related Commands

コマンド

説明

show mfib counter

ドロップされたパケットのマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)カウンタ統計情報を表示します。

show mfib route

MFIB のルート エントリを表示します。

show mrib route

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)内のすべてのエントリを表示します。

show pim rpf hash

PIM のルーティング テーブルの RPF ネクスト ホップ パスの予測に使用される Routing Information Base(RIB)の MoFRR のハッシュ情報を表示します。

show pim rpf summary

RIB との PIM との対話に関するサマリー情報を表示します。

show pim topology detail

特定のトポロジ ルート エントリに対するリバース パス転送(RPF)ルックアップが行われたテーブルの参照を含む詳細な PIM ルーティング トポロジ情報を表示します。

show pim topology

特定のグループまたはすべてのグループの PIM ルーティング トポロジ テーブル情報を表示します。

neighbor-check-on-recv enable

Protocol Independent Multicast(PIM)ではないネイバーからの join/prune メッセージ受信をブロックするには、PIM コンフィギュレーション モードで neighbor-check-on-recv enable コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor-check-on-recv enable

no neighbor-check-on-recv enable

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

PIM ではないネイバーから送信される join/prune メッセージは受信され、拒否されません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、join/prune メッセージ受信時の PIM ネイバー チェックをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# neighbor-check-on-recv enable

Related Commands

Command

Description

neighbor-check-on-send enable

join/prune メッセージ送信時の Protocol Independent Multicast(PIM)ネイバー チェックをイネーブルにします。  

neighbor-check-on-send enable

join/prune メッセージ送信時の Protocol Independent Multicast(PIM)ネイバー チェックをイネーブルにするには、PIM コンフィギュレーション モードで neighbor-check-on-send enable コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor-check-on-send enable

no neighbor-check-on-send enable

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

join/prune メッセージは PIM ではないネイバーに送信されます。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、join/prune メッセージ送信時の PIM ネイバー チェックをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# neighbor-check-on-send enable 

Related Commands

Command

Description

neighbor-check-on-recv enable

PIM ではないネイバーからの join/prune メッセージ受信をブロックします。  

neighbor-filter

特定の IP アドレスからの Protocol Independent Multicast(PIM)ネイバー メッセージをフィルタリングするには、PIM コンフィギュレーション モードで neighbor-filter コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor-filter access-list

no neighbor-filter

Syntax Description

access-list

送信元からの PIM パケットを拒否する標準 IP アクセス リストの番号または名前。

Command Default

PIM ネイバー メッセージはフィルタリングされません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

neighbor-filter コマンドは、LAN 上の不正ルータが PIM ネイバーになるのを防止するために使用します。 コマンドで指定されているアドレスからの hello メッセージが無視されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM が IP アドレス 10.0.0.1 からのすべての hello メッセージを無視するように設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# neighbor-filter 1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# ipv4 access-list 1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# deny ipv4 any 10.0.0.1/24

nsf lifetime(PIM)

Protocol Independent Multicast(PIM)プロセスに対するノンストップ フォワーディング(NSF)タイムアウト値を設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで nsf lifetime コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

nsf lifetime seconds

no nsf lifetime

Syntax Description

seconds

NSF モードの最大時間(秒数)。 範囲は 10 ~ 600 です。

Command Default

seconds:120

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

PIM NSF モードになっている間、PIM はネットワークからマルチキャスト ルーティング トポロジを復元し、MRIB を更新します。 PIM NSF タイムアウト値に達すると、PIM は MRIB に通知し、通常の動作を再開します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM NSF タイムアウト値を 30 秒に設定するコマンドを示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# nsf lifetime 30

Related Commands

コマンド

説明

nsf(マルチキャスト)

マルチキャスト ルーティング システムの NSF 機能をオンにします。

show igmp nsf

IGMP での NSF の動作状態を表示します。

show mfib nsf

MFIB ラインカードでの NSF の動作状態を表示します。

show mrib nsf

MRIB での NSF の動作状態を表示します。

show pim nsf

PIM での NSF の動作状態を表示します。

old-register-checksum

ランデブー ポイントが古いバージョンの Cisco IOS ソフトウェアを稼働しているネットワーク内で Cisco IOS XR 指定ルータ(DR)を設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで old-register-checksum コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

old-register-checksum

no old-register-checksum

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Cisco IOS XR ソフトウェアは、PIM ヘッダーのチェックサムとそれに続く 4 バイトのみを含んだ register メッセージを受け入れます。 これは、すべての PIM メッセージ タイプについて PIM メッセージ全体を含んだ register メッセージを受け入れる Cisco IOS の方式とは異なります。 old-register-checksum コマンドは、Cisco IOS ソフトウェアと互換性のある register メッセージを生成して受け入れます。 このコマンドは、Cisco IOS 実装環境との下位互換性に対応するために用意されたものです。


(注)  


古いソフトウェアを稼働している Cisco IOS RP との相互運用を可能にするには、Cisco IOS XR ソフトウェアを稼働しているネットワーク内のすべての DR でこのコマンドを実行します。 Cisco IOS XR の register メッセージは、Cisco IOS ソフトウェアとの互換性がありません。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、古いバージョンの Cisco IOS XR PIM の RP との互換性がある register メッセージを生成するように送信元 DR を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# old-register-checksum

router pim

Protocol Independent Multicast(PIM)コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで router pim コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router pim [ address family { ipv4 | ipv6 } ]

no router pim [ address family { ipv4 | ipv6 } ]

Syntax Description

address-family

(任意)使用するアドレス プレフィックスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

ipv6

(任意)IPv6 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

デフォルトは IPv4 アドレス プレフィックスです。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

リリース 4.2.0

ipv6 キーワードが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

PIM コンフィギュレーション モードからは、特定グループに対するランデブー ポイント(RP)のアドレスの設定や、PIM プロセスに対するノンストップ フォワーディング(NSF)タイムアウト値の設定などを行えます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、IPv4 アドレス プレフィックスで PIM コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)#

次に、IPv4 アドレス プレフィックスで PIM コンフィギュレーション モードを開始し、address-family ipv6 キーワードを指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim address-family ipv4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)#

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim address-family ipv6
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv6)#

rp-address

特定グループの Protocol Independent Multicast(PIM)ランデブー ポイント(RP)のアドレスをスタティックに設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで rp-address コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

rp-address ip-address [group-access-list] [override]

no rp-address ip-address [group-access-list] [override]

Syntax Description

ip-address

PIM RP となるルータの IP アドレス。 このアドレスは、4 分割ドット表記のユニキャスト IP アドレスです。

group-access-list

(任意)RP をどのマルチキャスト グループに使用するかを定義するアクセス リストの名前。 このリストは、標準 IP アクセス リストです。

override

(任意)競合がある場合に、このコマンドで設定されるランデブー ポイントが自動ランデブー ポイント(Auto-RP)または BSR メカニズムを通じて学習されるランデブー ポイントよりも優先されることを意味します。

Command Default

PIM RP は事前設定されていません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

共通の PIM PIM スパース モード(PIM-SM)内のすべてのルータは、well-known PIM ランデブー ポイント アドレスの知識を必要とします。 このアドレスは、Auto-RP や Bootstrap Router(BSR; ブートストラップ ルータ)を通じて学習されるか、このコマンドを使用してスタティックに設定されます。

任意の group-access-list-number 引数が指定されていない場合、そのグループのランデブー ポイントは IP マルチキャスト グループ範囲全体(224.0.0.0/4)に適用されます。

単一の RP を複数グループに対して機能するように設定できます。 アクセス リストで指定されているグループ範囲により、PIM RP グループ マッピングが決定します。 アクセス リストが指定されていない場合、RP はデフォルトで 224/4 にマッピングされます。

グループの RP が Auto-RP のような動的メカニズムを通じて学習される場合には、このコマンドを必要としない可能性があります。 このコマンドで設定されたランデブー ポイントと Auto-RP によって学習されたランデブー ポイント間で競合がある場合は、override キーワードが指定されている場合を除き、Auto-RP の情報が使用されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、すべてのマルチキャスト グループの PIM ランデブー ポイント アドレスを 10.0.0.1 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# rp-address 10.0.0.1

次に、グループ 225.2.2.0 ~ 225.2.2.255 の PIM ランデブー ポイント アドレスを 172.16.6.21 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# ipv4 access-list 1 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# permit ipv4 any 225.2.2.0 0.0.0.255
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-ipv4)# rp-address 172.16.6.21
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-ipv4)#
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# rp-address 172.16.6.21

Related Commands

コマンド

説明

ipv4 access-list

標準 IP アクセス リストを定義します。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Command Reference』 を参照してください。

rpf topology route-policy

リバース パス転送(RPF)トポロジを選択するために PIM のルート ポリシーを割り当てるには、PIM コマンド モードで rpf topology route-policy コマンドを使用します。 この設定をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

rpf topology route-policy policy-name

no rpf topology route-policy policy-name

Syntax Description

policy-name

(必須)PIM で RPF と関連付ける特定ルート ポリシーの名前。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

PIM アドレスファミリ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ルーティング ポリシー コマンドの詳細およびルーティング ポリシーの作成方法については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Command Reference』および 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Configuration Guide』を参照してください。

IPv6 アドレスファミリのプレフィックスを使用してルート ポリシーを割り当てるには、「例」の項に示すコマンドを入力する必要があります。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM の特定ルーティング ポリシーを IPv4 アドレス ファミリ プレフィックスの RPF トポロジ テーブルに関連付ける例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# rpf topology route-policy mypolicy
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim address-family ipv6 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv6)# rpf topology route-policy mypolicy

rpf-vector

Protocol Independent Multicast(PIM)でリバース パス転送(RPF)ベクトル シグナリングをイネーブルにするには、PIM コンフィギュレーション モードで rpf-vector コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

rpf-vector

no rpf-vector

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

デフォルトでは、RPF ベクトル シグナリングはディセーブルになっています。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

RPF ベクトルは、RPF 情報のないコア ルータが外部送信元のために join/prune メッセージを転送できるようにする PIM プロキシです(たとえば、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)ベース、Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)フリーのコアで、MPLS コア ルータが BGP から学習された外部ルートを持たない場合など)。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、RPF ベクトルをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# rpf-vector

rp-static-deny

スタティックな Protocol Independent Multicast(PIM)ランデブー ポイント(RP)の拒否範囲を設定するには、PIM コンフィギュレーション モードで rp-static-deny コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

rp-static-deny access-list

no rp-static-deny

Syntax Description

access-list

アクセス リストの名前。 このリストは、標準 IP アクセス リストです。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、PIM RP 拒否範囲を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# rp-static-deny listA

Related Commands

コマンド

説明

ipv4 access-list

標準 IP アクセス リストを定義します。

show auto-rp candidate-rp

ルータがランデブー ポイント(RP)候補として代表する(アドバタイズする)グループ範囲を表示するには、EXEC モードで show auto-rp candidate-rp コマンドを使用します。

show auto-rp [ipv4] candidate-rp

Syntax Description

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show auto-rp candidate-rp コマンドは、このルータで設定されているすべてのランデブー ポイント候補を表示します。

表示される情報は、TTL 値、RP announcement が送信された間隔、および RP が属するモード(PIM SM など)です。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show auto-rp candidate-rp コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show auto-rp candidate-rp

Group Range    Mode   Candidate RP   ttl  interval
224.0.0.0/4     SM       10.0.0.6     30      30

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 2 show auto-rp candidate-rp のフィールドの説明

フィールド

説明

Group Range

このルータが RP としてアドバタイズされるマルチキャスト グループ アドレスとプレフィックス

Mode

このルータがランデブー ポイントとしてアドバタイズされる PIM プロトコル モード(PIM-SM または双方向 PIM(bidir))。

Candidate RP

その範囲の RP として機能するインターフェイスのアドレス

ttl

この RP 候補インターフェイスから送信される Auto-RP 候補 announcement メッセージに対する TTL スコープの値(ルータ ホップ カウント)

interval

この RP 候補インターフェイスの RP 候補 announcement メッセージ間隔

show pim context

VRF コンテキストに対して設定されている RPF テーブル情報を表示するには、EXEC モードで show pim context コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] context

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim context コマンドの使用による出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim   context

VRF ID: 0x60000000
Table ID: 0xe0000000
Remote Table ID: 0xe0800000
MDT Default Group : 0.0.0.0
MDT handle: 0x0
Context Active, ITAL Active
Routing Enabled
Registered with MRIB
Not owner of MDT Interface
Raw socket req: T, act: T, LPTS filter req: T, act: T
UDP socket req: T, act: T, UDP vbind req: T, act: T 
Reg Inj socket req: F, act: F, Reg Inj LPTS filter req: F, act: F 
Mhost Default Interface : Null (publish pending: F) 
Remote MDT Default Group : 0.0.0.0
Neighbor-filter: -


  

次の表に、show pim context コマンド出力のフィールドの説明を示します。

表 3 show pim context のフィールドの説明

フィールド

説明

VRF ID

VPN ルーティングおよび転送インスタンス ID。

Table ID

VRF コンテキスト アクティベーション時点のユニキャスト デフォルト テーブルの ID。

Remote Table ID

反対側のアドレス ファミリのテーブル ID を示します。

たとえば、VRF コンテキストのリモート テーブル ID があります。

MDT Default Group

VRF で使用するためにデフォルトとして設定されたマルチキャスト配信ツリー(MDT)グループを示します。

MDT handle

MDT インターフェイスを介して渡されるマルチキャスト パケットのハンドルを示します。

Context Active

VRF コンテキストがアクティブかどうかを示します。

ITAL Active

VRF が ITAL に登録されているかどうかを示します。 登録されている場合、VRF がグローバルに設定されていることを示します。

Routing Enabled

PIM が VRF でイネーブルになっているかどうかを示します。

Registered with MRIB

VRF がマルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)に登録されているかどうかを示します。

Not owner of MDT interface

プロセスを MDT インターフェイスの所有者以外として示します。

所有者は、PIM または IPv6 PIM のプロセスのいずれかです。

Owner of MDT interface

MDT インターフェイスの所有者を示します。

所有者は、PIM または IPv6 PIM のプロセスのいずれかです。

Raw socket req:

要求された raw ソケット操作。

act:

アクション:操作が実行されたかどうかを示します。

T; F

True、False

LPTS filter req

VRF がソケットに追加することを要求されたかどうかを示します。

UDP socket req

UDP ソケットが要求されたかどうかを示します。

UDP vbind req

VRF が UDP ソケットに追加されたどうかを示します。

Reg Inj socket req

このブールは、PIM 登録メッセージに使用される登録追加ソケットが要求されたかどうかを示します。

Reg Inj LPTS filter req

VRF が登録追加ソケットに追加されたかどうかを示します。

Mhost Default Interface

マルチキャスト ホスト(Mhost)に使用するデフォルト インターフェイスを示します。

Remote MDT Default Group

リモート アドレス ファミリで使用されているこの VRF またはアドレス ファミリを通過する MDT を示します。

Neighbor-filter

ネイバーからの join/prune のフィルタリングに使用されるネイバー フィルタの名前。 ネイバー フィルタがない場合、出力は「-」となります。

show pim context table

VRF コンテキストに対して現在設定されているすべてのテーブルのサマリー リストを表示するには、EXEC モードで show pim context table コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] context table

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim context table コマンド使用後に表示されるデフォルト VRF の PIM テーブル コンテキストの出力例を示します。

RP/0/ RSP0 /CPU0:router# show pim ipv4 context table

PIM Table contexts for VRF default

Table                               TableID       Status
IPv4-Unicast-default                0xe0000000    Active
IPv4-Multicast-default              0xe0100000    Active
IPv4-Multicast-t201                 0xe010000b    Active
IPv4-Multicast-t202                 0xe010000c    Active
IPv4-Multicast-t203                 0xe010000d    Active
IPv4-Multicast-t204                 0xe010000e    Active
IPv4-Multicast-t205                 0xe010000f    Active
IPv4-Multicast-t206                 0xe0100010    Active
IPv4-Multicast-t207                 0xe0100011    Active
IPv4-Multicast-t208                 0x00000000    Inactive
IPv4-Multicast-t209                 0x00000000    Inactive
IPv4-Multicast-t210                 0x00000000    Inactive
表 4 show pim ipv4 context table のフィールドの説明

フィールド

説明

Table

コンテキスト テーブルの名前。

Table ID

テーブルの RSI テーブル ID。

Status

コンテキスト テーブルのステータスがアクティブ/非アクティブのどちらであるかを表示します。

テーブルが所定の VRF でグローバルに設定されている場合、および RSI がテーブルをアクティブと見なす場合は、テーブルに「Active」と表示されます。 その反対の場合は、テーブルに「Inactive」と表示されます。

show pim group-map

グループと PIM モードのマッピングを表示するには、EXEC モードで show pim group-map コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] group-map [ip-address-name] [info-source]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

ip-address-name

(任意)DNS ホスト テーブル、またはドメイン ipv4 ホストで A.B.C.D フォーマットで定義されている IP アドレス名

info-source

(任意)グループ範囲情報の情報源を表示します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show pim group-map コマンドは、ランデブー ポイントのすべてのグループ プロトコル アドレス マッピングを表示します。 マッピングは、さまざまなクライアントから、または Auto-RP メカニズムを通じて学習されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim group-map コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim group-map 

IP PIM Group Mapping Table 
(* indicates group mappings being used) 
(+ indicates BSR group mappings active in MRIB) 

Group Range         Proto Client Groups RP address      Info

224.0.1.39/32*      DM    perm   1      0.0.0.0         
224.0.1.40/32*      DM    perm   1      0.0.0.0         
224.0.0.0/24*       NO    perm   0      0.0.0.0         
232.0.0.0/8*        SSM   config 0      0.0.0.0         
224.0.0.0/4*        SM    autorp 1      10.10.2.2       RPF: POS01/0/3,10.10.3.2
224.0.0.0/4         SM    static        0 0.0.0.0       RPF: Null,0.0.0.0

1 行めと 2 行めで、Auto-RP グループ範囲がスパース モード グループ範囲から明確に拒否されています。

3 行めでは、リンク ローカル マルチキャスト グループ(224.0.0.0 ~ 224.0.0.255。224.0.0.0/24 として定義)もスパース モード グループ範囲から拒否されています。

4 行めでは、Protocol Independent Multicast(PIM)送信元特定マルチキャスト(PIM-SSM)グループ範囲が 232.0.0.0/8 にマッピングされています。

5 行めでは、残りすべてのグループがランデブー ポイント 10.10.3.2 にマッピングされたスパース モードであることを示します。

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 5 show pim group-map のフィールドの説明

フィールド

説明

Group Range

マッピングされているマルチキャスト グループ範囲

Proto

マルチキャスト転送モード

Client

クライアントが学習された状態

Groups

PIM トポロジ テーブルからのグループ数

RP address

RP アドレス

Info

使用された RPF インターフェイスおよび RP 側の PIM-SM RPF 情報

Related Commands

コマンド

説明

domain ipv4 host

ホスト名とアドレスのスタティック マッピングを IPv4 を使用してホスト キャッシュに定義します。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Command Reference』 を参照してください。

rp-address

特定グループの PIM ランデブー ポイントのアドレスを設定します。

show pim range-list

PIM の範囲リスト情報を表示します。

show pim interface

Protocol Independent Multicast(PIM)のために設定されているインターフェイスに関する情報を表示するには、EXEC モードで show pim interface コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] interface [ type interface-path-id | state-on | state-off ] [detail]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

type

(任意)インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

(任意)物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

EXEC モードで show interfaces コマンドを使用して、現在ルータに設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示します。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

state-on

(任意)PIM がイネーブルでアクティブになっているインターフェイスのみを表示します。

state-off

(任意)PIM がディセーブルで非アクティブになっているインターフェイスのみを表示します。

detail

(任意)アドレスの詳細情報を表示します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show pim interface コマンドは、すべての PIM 対応インターフェイスに関する近接情報(指定ルータ(DR)優先度、DR 選定ウィナーなど)を表示します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim interface コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim interface 

Address                      Interface              PIM  Nbr   Hello  DR    DR
                                                         Count Intvl  Prior
172.29.52.127                MgmtEth0/0/CPU0/0      off  0     30     1     not elected
10.6.6.6                     Loopback0              off  0     30     1     not elected
0.0.0.0                      Loopback60             off  0     30     1     not elected
0.0.0.0                      Loopback61             off  0     30     1     not elected
10.46.4.6                    ATM0/2/0/0.1           off  0     30     1     not elected
10.46.5.6                    ATM0/2/0/0.2           off  0     30     1     not elected
10.46.6.6                    ATM0/2/0/0.3           off  0     30     1     not elected
10.46.7.6                    ATM0/2/0/0.4           off  0     30     1     not elected
10.46.8.6                    ATM0/2/0/3.1           off  0     30     1     not elected
10.46.9.6                    ATM0/2/0/3.2           off  0     30     1     not elected
10.56.16.6                   Serial0/3/2/1          off  0     30     1     not elected
10.56.4.2                    Serial0/3/0/0/0:0      off  0     30     1     not elected
10.56.4.6                    Serial0/3/0/0/1:0      off  0     30     1     not elected
10.56.4.10                   Serial0/3/0/0/2:0      off  0     30     1     not elected
10.56.4.14                   Serial0/3/0/0/2:1      off  0     30     1     not elected
10.56.4.18                   Serial0/3/0/0/3:0      off  0     30     1     not elected
10.56.4.22                   Serial0/3/0/0/3:1      off  0     30     1     not elected
10.56.4.26                   Serial0/3/0/0/3:2      off  0     30     1     not elected
10.56.4.30                   Serial0/3/0/0/3:3      off  0     30     1     not elected
10.56.8.2                    Serial0/3/0/1/0:0      off  0     30     1     not elected
10.56.12.6                   Serial0/3/2/0.1        off  0     30     1     not elected
10.56.13.6                   Serial0/3/2/0.2        off  0     30     1     not elected
10.56.14.6                   Serial0/3/2/0.3        off  0     30     1     not elected
10.56.15.6                   Serial0/3/2/0.4        off  0     30     1     not elected
10.67.4.6                    POS0/4/1/0             off  0     30     1     not elected
10.67.8.6                    POS0/4/1/1             off  0     30     1     not elected

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 6 show pim interface のフィールドの説明

フィールド

説明

Address

インターフェイスの IP アドレス。

Interface

PIM を実行するように設定されているインターフェイスのタイプと番号。

PIM

このインターフェイスでの PIM のオン/オフ。

Nbr Count

インターフェイスのネイバー テーブルに含まれる PIM ネイバーの数。

Hello Intvl

インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip pim hello-interval コマンドによって設定される PIM hello メッセージの頻度(秒数)。

DR Priority

DR 優先度はネイバーにより hello メッセージ内でアドバタイズされます。

DR

LAN 上の DR の IP アドレス。 シリアル ラインには DR がないため、IP アドレスは 0.0.0.0 と表示されます。 このルータのインターフェイスが DR である場合は「this system」と表示され、それ以外の場合は外部ネイバーの IP アドレスが表示されます。

Related Commands

Command

Description

show pim neighbor

Protocol Independent Multicast(PIM)hello メッセージによって検出される PIM ネイバーを表示します。  

show pim join-prune statistic

Protocol Independent Multicast(PIM)join/prune アグリゲーション統計情報を表示するには、EXEC モードで show pim join-prune statistics コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] join-prune statistic [ type interface-path-id ]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

type

(任意)インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

(任意)物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

EXEC モードで show interfaces コマンドを使用して、現在ルータに設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示します。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

Command Default

IP アドレッシングがデフォルト設定です。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show pim join-prune statistics コマンドは、各 PIM インターフェイスが送信または受信した直近のパケット(増分は 1000/10000/50000)について平均 PIM join/prune グループを表示します。 PIM 開始以降に受信された join/prune グループ メッセージ数が 1000/10000/50000 より少ない場合や、統計情報がクリアされている場合は、コマンド表示に記載される join-prune アグリゲーション情報はゼロ(0)となります。

各 PIM join/prune パケットは複数グループを含めることができるため、このコマンドを使用して、join/prune パケット数および各 join/prune パケットのアグリゲーション ファクタの検討に基づく平均ペースのスナップショットを得ることができます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、すべてのルータ インターフェイスが指定されている show pim join-prune statistics コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim join-prune statistics

PIM Average Join/Prune Aggregation for last (100/1K/10K) packets
Interface      MTU    Transmitted    Received 

Loopback0      1514   0 / 0 / 0      0 / 0 / 0 
Encapstunnel0  0      0 / 0 / 0      0 / 0 / 0 
Decapstunnel0  0      0 / 0 / 0      0 / 0 / 0 
Loopback1      1514   0 / 0 / 0      0 / 0 / 0 
POS0/3/0/0     4470   0 / 0 / 0      0 / 0 / 0 
POS0/3/0/3     4470   0 / 0 / 0      0 / 0 / 0 

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 7 show pim join-prune statistics のフィールドの説明

フィールド

説明

Interface

統計情報が収集されたインターフェイス

MTU

インターフェイスの最大伝送単位(MTU)(バイト単位)

Transmitted

直近に送信された 1000/10000/50000 個の join/prune メッセージで、送信メッセージに集約された join/prune ステート数

Received

直近に受信された 1000/10000/50000 個の join/prune メッセージで、受信メッセージに集約された join/prune ステート数

show pim mstatic

マルチキャスト スタティック ルーティング情報を表示するには、EXEC モードで show pim mstatic コマンドを使用します。

show pim [ipv4] mstatic [ipv4]

Syntax Description

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show pim mstatic コマンドは、すべてのマルチキャスト スタティック ルートを表示するために使用します。 マルチキャスト スタティック ルートは、static-rpf コマンドによって定義されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、IP アドレス 10.0.0.1 に到達するまでの、show pim mstatic コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim mstatic

IP Multicast Static Routes Information
* 10.0.0.1/32 via pos0/1/0/1 with nexthop 172.16.0.1 and distance 0 

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 8 show pim mstatic のフィールドの説明

フィールド

説明

10.0.0.1

宛先の IP アドレス。

pos0/1/0/1

宛先 IP アドレス 10.0.0.1 に到達するために経由するインターフェイス

172.16.0.1

宛先アドレス 10.0.0.1 に到達するために経由するネクスト ホップ IP アドレス

0

この mstatic ルートの距離

Related Commands

コマンド

説明

static-rpf

指定されたプレフィックス マスクにスタティックな RPF ルールを設定します。

show pim neighbor

Protocol Independent Multicast(PIM)hello メッセージによって検出される PIM ネイバーを表示するには、EXEC モードで show pim neighbor コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] neighbor [ type interface-path-id ] [ count | detail ]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

type

(任意)インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

(任意)物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

EXEC モードで show interfaces コマンドを使用して、現在ルータに設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示します。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

count

(任意)指定されたインターフェイス、または、指定インターフェイスがない場合はすべてのインターフェイスに存在するネイバーの数。 このルータのインターフェイスは、合計数では 1 つのネイバーとしてカウントされます。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim neighbor コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim neighbor

Neighbor Address  Interface              Uptime    Expires DR pri Bidir

172.17.1.2*       Loopback1              03:41:22  00:01:43 1 (DR) B
172.17.2.2*       Loopback2              03:41:20  00:01:31 1 (DR) B
172.17.3.2*       Loopback3              03:41:18  00:01:28 1 (DR) B
10.10.1.1         POS0/2/0/0             03:40:36  00:01:41 1      B
10.10.1.2*        POS0/2/0/0             03:41:28  00:01:32 1 (DR) B
10.10.2.2*        POS0/2/0/2             03:41:26  00:01:36 1      B
10.10.2.3         POS0/2/0/2             03:41:25  00:01:29 1 (DR) B
PIM neighbors in VRF default

Neighbor Address             Interface              Uptime    Expires  DR pri   
Flags

10.6.6.6*                    Loopback0              4w1d      00:01:24 1 (DR) B
10.16.8.1                    GigabitEthernet0/4/0/2 3w2d      00:01:24 1      B
10.16.8.6*                   GigabitEthernet0/4/0/2 3w2d      00:01:28 1 (DR) B
192.168.66.6*                GigabitEthernet0/4/0/0.7 4w1d      00:01:28 1 (DR) 
B P
192.168.67.6*                GigabitEthernet0/4/0/0.8 4w1d      00:01:40 1 (DR) 
B P
192.168.68.6*                GigabitEthernet0/4/0/0.9 4w1d      00:01:24 1 (DR) 
B P

PIM neighbors in VRF default

Neighbor Address  Interface                Uptime    Expires       DR     pri Flags

28.28.9.2*        GigabitEthernet0/2/0/9   00:39:34  00:01:40 1   (DR)     B  A
10.1.1.1          GigabitEthernet0/2/0/19  00:49:30  00:01:42 1            B  A
10.1.1.2*         GigabitEthernet0/2/0/19  00:50:01  00:01:41 1   (DR)     B  A
2.2.2.2*          Loopback0                00:50:01  00:01:42 1   (DR)     B  A

次に、count オプションを使用した show pim neighbor コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim neighbor count

Interface   Nbr count
POS0/3/0/0     1 
Loopback1      1
Total Nbrs     2

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 9 show pim neighbor のフィールドの説明

フィールド

説明

Neighbor Address

PIM ネイバーの IP アドレス

Interface

ネイバーに到達可能なインターフェイスのタイプと番号

Uptime

エントリが PIM ネイバー テーブルに格納されている期間。

Expires

IP マルチキャスト ルーティング テーブルからエントリが削除されるまでの期間。

DR pri

ネイバーが hello メッセージで送信する DR 優先度。 このネイバーがインターフェイスで DR として指定されている場合、コマンド表示には「(DR)」と記載されます。

Nbr count

このルータにあるすべてのインターフェイスのネイバー テーブルに含まれる PIM ネイバーの数。

Related Commands

Command

Description

show pim interface

Protocol Independent Multicast(PIM)のために設定されているインターフェイスに関する情報を表示します。  

show pim nsf

Protocol Independent Multicast(PIM)に対するノンストップ フォワーディング(NSF)動作の状態を表示するには、EXEC モードで show pim nsf コマンドを使用します。

show pim [ipv4] nsf

Syntax Description

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show pim nsf コマンドは、PIM に対する現在のマルチキャスト NSF の状態を表示します。 マルチキャスト NSF では、状態は Normal(標準)または Nonstop Forwarding Activated(ノンストップ転送有効)のいずれかとなります。 後者の状態は、MRIB または PIM での障害に起因して、回復が進行中であることを示します。 NSF が満了するまで、NSF の総タイムアウト時間と残り時間が表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim nsf コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim nsf 

IP PIM Non-Stop Forwarding Status: 
Multicast routing state: Non-Stop Forwarding Activated 
NSF Lifetime: 00:02:00 
NSF Time Remaining: 00:01:56

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 10 show pim nsf のフィールドの説明

フィールド

説明

Multicast routing state

NSF 回復モードでの PIM の状態(Normal(正常)または Non-Stop Forwarding Activated(ノンストップ転送有効))

NSF Lifetime

PIM に対して設定されている NSF の合計ライフタイム(時間、分、秒)

NSF Time Remaining

NSF の回復が有効になっている場合、PIM に対する NSF の回復の残り時間

show pim range-list

Protocol Independent Multicast(PIM)について範囲リスト情報を表示するには、EXEC モードで show pim range-list コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] range-list [config] [ip-address-name]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

config

(任意)PIM コマンドライン インターフェイス(CLI)範囲リスト情報を表示します。

ip-address-name

(任意)RP の IP アドレス

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show pim range-list コマンドは、マルチキャスト転送モードからグループへのマッピングを決定するために使用します。 出力には、この範囲のランデブー ポイント(RP)のアドレスも示されます(該当する場合)。 config キーワードは、特定の範囲がスタティックに設定されていることを意味します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim range-list コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim range-list 


config SSM Exp: never Src: 0.0.0.0
  230.0.0.0/8 Up: 03:47:09
config BD RP: 172.16.1.3 Exp: never Src: 0.0.0.0
  239.0.0.0/8 Up: 03:47:16
config SM RP: 172.18.2.6 Exp: never Src: 0.0.0.0
  235.0.0.0/8 Up: 03:47:09

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 11 show pim range-list のフィールドの説明

フィールド

説明

config

グループ範囲は設定により学習されています。

SSM

PIM モードは SSM モードで動作しています。 その他のモードはスパース モード(SM)および双方向(BD)モードです。

Exp: never

範囲の有効期限は「never」です。

Src: 0.0.0.0

範囲のアドバタイズ送信元。

230.0.0.0/8

グループ範囲:アドレスおよびプレフィックス。

Up: 03:47:09

範囲が PIM グループ範囲テーブルに存在している合計期間。 つまり、アップタイムを時間、分、秒で表しています。

Related Commands

Command

Description

show pim group-map

グループと PIM モードのマッピングを表示します。  

show pim rpf

Protocol Independent Multicast(PIM)内の 1 つ以上のルーティング テーブルにあるリバース パス転送(RPF)の情報を表示するには、EXEC モードで show pim rpf コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] { multicast | safi-all | unicast } [ topology { tablename | all } ] rpf [ ip-address/name ]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

multicast

(任意)マルチキャスト SAFI を指定します。

safi-all

(任意)SAFI ワイルドカードを指定します。

unicast

(任意)ユニキャスト SAFI を指定します。

topology

(任意)マルチトポロジ ルーティング テーブル情報の表示を指定します。

table-name

表示する特定のマルチトポロジ テーブルの名前。

all

PIM のすべてのマルチトポロジ ルーティング テーブルについて詳細情報を表示することを指定します。

ip-address/name

(任意)ドメイン IPv4 ホストで A.B.C.D フォーマットの、デフォルトまたは選択されたルート ポリシーの IP アドレスまたは名前、あるいはその両方。

(注)     

ip-address 引数には、Protocol Independent Multicast(PIM)ランデブー ポイント(RP)アドレスも使用できます。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim rpf コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim rpf

Table: IPv4-Unicast-default
* 61.61.1.10/32 [90/181760] 
    via GigabitEthernet0/1/0/1.201 with rpf neighbor 11.21.0.20
    via GigabitEthernet0/1/0/1.202 with rpf neighbor 11.22.0.20
    via GigabitEthernet0/1/0/1.203 with rpf neighbor 11.23.0.20
* 61.61.1.91/32 [90/181760] 
    via GigabitEthernet0/1/0/1.201 with rpf neighbor 11.21.0.20
    via GigabitEthernet0/1/0/1.202 with rpf neighbor 11.22.0.20
    via GigabitEthernet0/1/0/1.203 with rpf neighbor 11.23.0.20
* 61.61.1.92/32 [90/181760] 
    via GigabitEthernet0/1/0/1.201 with rpf neighbor 11.21.0.20
    via GigabitEthernet0/1/0/1.202 with rpf neighbor 11.22.0.20
    via GigabitEthernet0/1/0/1.203 with rpf neighbor 11.23.0.20
* 61.61.1.93/32 [90/181760] 
    via GigabitEthernet0/1/0/1.201 with rpf neighbor 11.21.0.20
    via GigabitEthernet0/1/0/1.202 with rpf neighbor 11.22.0.20
    via GigabitEthernet0/1/0/1.203 with rpf neighbor 11.23.0.20

show pim rpf hash

Protocol Independent Multicast(PIM)のルーティング テーブルで RPF ネクスト ホップ パスの予測に使用されるルーティング情報ベース(RIB)ルックアップの情報を表示するには、EXEC モードで show pim rpf hash コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] [ multicast | safi-all | unicast ] [ topology { table-name | all } ] rpf hash root /group ip-address /name [ hash-mask-length bit-length | mofrr ]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

multicast

(任意)マルチキャスト SAFI を指定します。

safi-all

(任意)SAFI ワイルドカードを指定します。

unicast

(任意)ユニキャスト SAFI を指定します。

topology

(任意)マルチトポロジ ルーティング テーブル情報の表示を指定します。

table-name

表示する特定のマルチトポロジ テーブルの名前。

all

PIM のすべてのマルチトポロジ ルーティング テーブルについて詳細情報を表示することを指定します。

root/group ip-address / group-name

デフォルトまたは選択されたルート ポリシーのルートとグループ アドレスのいずれか、または両方。 IP アドレスは、ドメイン ネーム システム(DNS)ホスト テーブル、またはドメイン ipv4 ホストで A.B.C.D フォーマットで定義されているものとなります。

hash-mask-length bit-length

(任意)ネクスト ホップのハッシュに適用される BSR ハッシュ マスク長を指定します。 デフォルトでは、一致するグループ範囲について既知の BSR ハッシュ マスク長となります(その範囲について BSR が設定されていない場合はホスト マスク長となります)。 範囲はビット長単位で 0 ~ 32 です。

mofrr

(任意)MOFRR ハッシュを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show pim rpf hash コマンドは、等コスト マルチパス(ECMP)ネクスト ホップにわたり、ルートがどのようにバランスをとるかを予測するために使用します。 予測時にルートが MRIB に存在している必要はありません。

ip-address 引数を (*,G) ルートに使用する場合は、ランデブー ポイント アドレスを使用し、group-address 引数を省略します。 (S,G) ルートの場合は、ip-address 引数と group-address 引数を使用します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

show pim rpf hash コマンドを使用すると、Cisco IOS XR ソフトウェアはトポロジ テーブルにあるルート ポリシーの呼び出しに関する統計情報を表示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim rpf hash 10.0.0.1 239.0.0.1

Multipath RPF selection is enabled.

RPF next-hop neighbor selection result: POS0/2/0/0,10.1.0.1

次の例は、mofrr キーワードを使用した場合の結果を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim rpf hash 11.11.0.4 226.1.1.2 mofrr

Table: IPv4-Unicast-default
Multipath RPF selection is enabled.
RPF next-hop neighbor selection result:
GigabitEthernet0/4/0/4,55.55.55.101
Secondary RPF next-hop neighbor selection result:
GigabitEthernet0/4/0/4,55.55.55.101

Related Commands

Command

Description

show pim rpf

Protocol Independent Multicast(PIM)内の 1 つ以上のルーティング テーブルにあるリバース パス転送(RPF)の情報を表示します。  

show pim rpf route-policy statistics

Protocol Independent Multicast(PIM)ルーティング テーブルにあるリバースパス転送(RPF)ルート ポリシーの呼び出しに関する統計情報を表示するには、EXEC モードで show pim rpf route-policy statistics コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] rpf route-policy statistics

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、トポロジ テーブルにあるルート ポリシーの呼び出しに関する統計情報を記載した show pim rpf route-policy statistics コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim mt4-p201 rpf route-policy statistics

RPF route-policy statistics for VRF default:
    Route-policy name: mt4-p201
    Number of lookup requests 25
    Pass 25, Drop 0
    Default RPF Table selection 5, Specific RPF Table selection 20

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 12 show pim rpf route-policy statistics のフィールドの説明

フィールド

説明

Route-policy name

特定のルート ポリシーの名前。

Number of lookup requests

RPF テーブルを確定するためにルート ポリシーが実行された回数。

Pass

ルート ポリシーによって渡された (S,G) エントリの数。

Drop

ルート ポリシーによってドロップされた (S,G) エントリの数。

Default RPF Table selection/Specific RPF Table selection

(S,G) エントリがルート ポリシーによって受け入れられると、このルート ポリシーはデフォルト RPF テーブル(ユニキャスト デフォルト テーブルまたはマルチキャスト デフォルト テーブル)、もしくは特定の名前が付けられた RPF テーブルを選択します。

出力の最後の行は、これらの 2 つのカテゴリに当てはまるエントリの数を示します。

show pim rpf route-policy test

リバース パス転送(RPF)についてルート ポリシーの結果をテストするには、EXEC モードで show pim rpf route-policy test コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] rpf route-policy test src-ip-address /grp-address

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

src-ip-address/ grp-address

ドメイン ネーム システム(DNS)ホスト テーブル、またはドメイン IPv4 ホストで A.B.C.D フォーマットで定義されている、デフォルトまたは選択されたルート ポリシーの送信元とグループ アドレスのいずれか、または両方。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、所定の送信元/グループ アドレスについてルート ポリシーが選択した RPF テーブルを記載した show pim rpf route-policy test コマンドの例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim ipv4 rpf route-policy test 10.11.11.11 225.2.0.1


RPF route-policy test for VRF default:
    Route-policy name: mt4-p2
    Source 10.11.11.11, Group 225.2.0.1
    Result: Pass
    Default RPF Table selected
    RPF Table: IPv4-Unicast-default  (Created, Active)

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 13 show pim rpf route-policy test のフィールドの説明

フィールド

説明

Route-policy name

特定のルート ポリシーの名前。

Source

ルート ポリシーの送信元 IP 名。

Group

ルート ポリシーのグループ IP 名。

Result

(S,G) エントリがルート ポリシーによって受け入れられたかどうかを指定します。

Default RPF Table

(S,G) エントリがデフォルト RPF テーブルと特定の RPF テーブルのどちらを使用するかを指定します。

RPF Table

どの RPF テーブルが選択されたか、および、そのテーブルが PIM で作成されアクティブであるかを指定します。

show pim rpf summary

Protocol Independent Multicast(PIM)とルーティング情報ベース(RIB)との対話に関するサマリー情報(コンバージェンスの状態、現在のデフォルト RPF テーブル、作成された送信元またはランデブー ポイント registration の数を含む)を表示するには、EXEC モードで show pim rpf summary コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] [ multicast | safi-all | unicast ] [ topology { table-name | all } ] rpf summary

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

multicast

(任意)マルチキャスト SAFI を指定します。

safi-all

(任意)SAFI ワイルドカードを指定します。

unicast

(任意)ユニキャスト SAFI を指定します。

topology

(任意)マルチトポロジ ルーティング テーブル情報の表示を指定します。

table-name

表示する特定のマルチトポロジ テーブルの名前。

all

PIM のすべてのマルチトポロジ ルーティング テーブルについて詳細情報を表示することを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次の出力例では、複数のテーブルの RPF 情報を示しています。 この出力例の最初の部分には、VRF レベル情報が記載されています。 その後の部分には、各テーブル固有の情報で構成されています。


(注)  


RPF テーブルとは、このルート エントリについて RPF ルックアップが実行されたテーブルのことを指します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim ipv4 unicast topology all rpf summary

	
MBGP                Not configured
    OSPF Mcast-intact   Not configured
    ISIS Mcast-intact   Not configured
    ISIS Mcast Topology Not configured

PIM RPFs registered with Unicast RIB table

Default RPF Table: IPv4-Unicast-default
RIB Convergence Timeout Value: 00:30:00
RIB Convergence Time Left:     00:00:00
Multipath RPF Selection is Enabled

Table: IPv4-Multicast-default
    PIM RPF Registrations = 0
    RIB Table converged

Table: IPv4-Multicast-t300
    PIM RPF Registrations = 3
    RIB Table converged

Table: IPv4-Multicast-t310
    PIM RPF Registrations = 5
    RIB Table converged

Table: IPv4-Multicast-t320
    PIM RPF Registrations = 5
    RIB Table converged

この出力例の最初の部分には、VRF レベル情報が記載されています。 その後の部分には、各テーブル固有の情報で構成されています。

次に、show pim rpf summary コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim rpf summary


    MBGP                Not configured
    OSPF Mcast-intact   Configured
    ISIS Mcast-intact   Not configured
    ISIS Mcast Topology Not configured
    MoFRR Flow-based    Configured
    MoFRR RIB           Not configured

PIM RPFs registered with Multicast RIB table

Default RPF Table: IPv4-Multicast-default
RIB Convergence Timeout Value: 00:30:00
RIB Convergence Time Left:     00:00:00
Multipath RPF Selection is Disabled

Table: IPv4-Multicast-default
    PIM RPF Registrations = 3
    RIB Table converged

show pim summary

設定した Protocol Independent Multicast(PIM)リソース不足(OOR)制限値と現在のカウントを表示するには、EXEC モードで show pim summary コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] summary

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)このカウントに関連付けられている VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show pim summary コマンドは、PIM プロトコルについて設定されている OOR 情報(現在のルート数、最大ルート数など)を確認するために使用します。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim summary コマンドからの出力例を示します。この例では、PIM ルートは 5 つ、ルートの最大許容数は 100000 です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim summary

PPIM Summary for VRF:default

PIM State Counters
                            Current        Maximum        Warning-threshold
Routes                      40             100000         100000         
Topology Interface States   371            300000         300000         
SM Registers                0              20000          20000          
Group Ranges from AutoRP    3              100 

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 14 show pim summary のフィールドの説明

フィールド

説明

Routes

現在のルート数(PIM トポロジ テーブル内)、および OOR 状態回避のため新規ルート作成が禁止されるまでの最大許容数

Routes x Interfaces

すべてのルート エントリに存在するインターフェイスの現在の合計数(PIM トポロジ テーブル内)、および OOR 状態回避のため新規ルート作成が禁止されるまでの最大許容数

SM Registers

PIM register メッセージ受信の元であるスパース モード ルート エントリの現在の数、および OOR 状態回避のため新規 register ステート作成が禁止されるまでの最大許容数

Group Ranges from AutoRP

自動ランデブー ポイント(Auto-RP)メカニズムを通じて学習された、スパース モードのグループ範囲とランデブー ポイントのマッピングの現在の数、および OOR 状態回避のため新規グループ範囲の作成が禁止されるまでの最大許容数

Warning-threshold

1 台のルータに設定できるマルチキャスト ルートの最大数。

show pim topology

特定のグループまたはすべてのグループについて、Protocol Independent Multicast(PIM)ルーティング トポロジ テーブル情報を表示するには、EXEC モードで show pim topology コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] topology [ src-ip-address/grp-address ]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

src-ip-address/ grp-address

ドメイン ネーム システム(DNS)ホスト テーブル、またはドメイン IPv4 ホストで A.B.C.D フォーマットで定義されている送信元 IP アドレスまたはグループ IP アドレス。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

PIM ルーティング トポロジ テーブルを使用して、所定グループの各種エントリを表示します((*, G)、(S, G)、

(S, G) RPT、それぞれに独自インターフェイス リストあり)。

PIM は、これらのエントリの内容を MRIB を通じて通信します。MRIB は、マルチキャスト ルーティング プロトコル(PIM など)やローカル メンバーシップ プロトコル(IGMP など)と、システムのマルチキャスト転送エンジンとの間の通信を仲介します。

MRIB は、所定の (S, G) エントリについて、どのインターフェイスでデータ パケットを受け取る必要があるか、どのインターフェイスでデータ パケットを転送する必要があるかを示します。 また、転送時には Multicast Forwarding Information Base(MFIB; マルチキャスト転送情報ベース)テーブルを使用して、パケットごとの転送アクションを決定します。

Multicast-only Fast Reroute(MoFRR)機能がイネーブルの場合、show pim topology コマンドは、MoFRR 用に設定されている SG を表示します。 MoFRR プライマリ パスとセカンダリ パスについては、コマンド show pim topology detail の説明を参照してください。


(注)  


転送情報については、show mfib route コマンドと show mrib route コマンドを使用します。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim topology コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim topology

IP PIM Multicast Topology Table 
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info 
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive, 
 RA - Really Alive, LH - Last Hop, DSS - Don't Signal Sources, 
 RR - Register Received, SR - Sending Registers, E - MSDP External, EX - Extranet
 DCC - Don't Check Connected, 
 ME - MDT Encap, MD - MDT Decap,
MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info 
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest, 
 II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest, 
 LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary

(11.0.0.1,239.9.9.9)SPT SM Up: 00:00:13 
JP: Join(never) RPF: Loopback1,11.0.0.1* Flags: KAT(00:03:16) RA RR 
No interfaces in immediate olist

(*,239.9.9.9) SM Up: 4d14h RP: 11.0.0.1*
JP: Join(never) RPF: Decapstunnel0,11.0.0.1 Flags: LH 
POS0/3/0/0 4d14h fwd LI II LH 

(*,224.0.1.39) DM Up: 02:10:38 RP: 0.0.0.0
JP: Null(never) RPF: Null,0.0.0.0 Flags: LH DSS 
  POS0/2/0/0 02:10:38  off LI II LH 

(*,224.0.1.40) DM Up: 03:54:23 RP: 0.0.0.0
JP: Null(never) RPF: Null,0.0.0.0 Flags: LH DSS 
  POS0/2/0/0 03:54:23  off LI II LH 
  POS0/2/0/2               03:54:14  off LI 
  POS0/4/0/0 03:53:37  off LI 

(*,239.100.1.1) BD Up: 03:51:35 RP: 200.6.1.6
JP: Join(00:00:24) RPF: POS0/4/0/0,10.10.4.6 Flags: 
  POS0/2/0/0 03:42:05  fwd Join(00:03:18) 
  POS0/2/0/2               03:51:35  fwd Join(00:02:54) 
(*,235.1.1.1) SM Up: 03:51:39 RP: 200.6.2.6
JP: Join(00:00:50) RPF: POS0/4/0/0,10.10.4.6 Flags: 
  POS0/2/0/2               02:36:09  fwd Join(00:03:20) 
  POS0/2/0/0 03:42:04  fwd Join(00:03:16) 

次に、MoFRR コンバージェンスの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim topology 239.1.1.1

IP PIM Multicast Topology Table
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive,
    RA - Really Alive, LH - Last Hop, DSS - Don't Signal Sources,
				MF – MOFRR Enabled, MFP – Primary MoFRR, 
    MFB – Backup MoFRR, MFA – Active MoFRR,

    RR - Register Received, SR - Sending Registers, E - MSDP External,
    DCC - Don't Check Connected,
    ME - MDT Encap, MD - MDT Decap,
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary

(192.1.1.2,239.1.1.1)SPT SSM Up: 13:54:06 
JP: Join(00:00:41) RPF: GigabitEthernet0/5/0/3.3,100.100.0.10 MoFRR RIB, Flags: 
  GigabitEthernet0/5/0/1      13:54:06  fwd LI LH 
RP/0/4/CPU0:Sunnyvale#show pim topology 239.1.1.1 detail 

IP PIM Multicast Topology Table
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive,
    RA - Really Alive, LH - Last Hop, DSS - Don't Signal Sources,
    RR - Register Received, SR - Sending Registers, E - MSDP External,
    DCC - Don't Check Connected,
    ME - MDT Encap, MD - MDT Decap,
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary

(192.1.1.2,239.1.1.1)SPT SSM Up: 13:54:10 
JP: Join(00:00:37) RPF: GigabitEthernet0/5/0/3.3,100.100.0.10 MoFRR RIB, Flags: 
RPF Table: IPv4-Unicast-default
RPF Secondary: GigabitEthernet0/5/0/3.2,100.100.200.10
  GigabitEthernet0/5/0/1      13:54:10  fwd LI LH 

次に、フロー ベースの MoFRR の出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim topology

IP PIM Multicast Topology Table
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive
    RA - Really Alive, IA - Inherit Alive, LH - Last Hop
    DSS - Don't Signal Sources,  RR - Register Received
    SR - Sending Registers, E - MSDP External, EX - Extranet
    DCC - Don't Check Connected, ME - MDT Encap, MD - MDT Decap
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary, EX - Extranet

(*,224.0.1.40) DM Up: 00:31:45 RP: 0.0.0.0
JP: Null(never) RPF: Null,0.0.0.0 Flags: LH DSS
  GigabitEthernet0/0/0/8      00:31:45  off LI II LH

(20.20.20.1,225.0.0.1)SPT SM Up: 00:31:39
JP: Join(00:00:09) RPF: GigabitEthernet0/0/0/8,20.20.20.1 MoFRR, Flags:
  GigabitEthernet0/0/0/28     00:31:39  fwd LI LH

(20.20.20.1,225.0.0.2)SPT SM Up: 00:31:39
JP: Join(00:00:09) RPF: GigabitEthernet0/0/0/8,20.20.20.1 MoFRR, Flags:
  GigabitEthernet0/0/0/28     00:31:39  fwd LI LH

オプション detail を発行すると、MoFRR ルートのセカンダリ RPF がコンソールに表示されます。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim topology detail

IP PIM Multicast Topology Table
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive
    RA - Really Alive, IA - Inherit Alive, LH - Last Hop
    DSS - Don't Signal Sources,  RR - Register Received
    SR - Sending Registers, E - MSDP External, EX - Extranet
    DCC - Don't Check Connected, ME - MDT Encap, MD - MDT Decap
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary, EX - Extranet

(*,224.0.1.40) DM Up: 03:16:10 RP: 0.0.0.0
JP: Null(never) RPF: Null,0.0.0.0 Flags: LH DSS
RPF Table: None
  GigabitEthernet0/0/0/8      03:16:10  off LI II LH

(20.20.20.1,225.0.0.1)SPT SM Up: 03:16:04
JP: Join(00:00:45) RPF: GigabitEthernet0/0/0/8,20.20.20.1 MoFRR, Flags:
RPF Table: IPv4-Unicast-default
RPF Secondary: GigabitEthernet0/0/0/18,20.20.20.1
  GigabitEthernet0/0/0/28     03:16:04  fwd LI LH

(20.20.20.1,225.0.0.2)SPT SM Up: 03:16:04
JP: Join(00:00:45) RPF: GigabitEthernet0/0/0/8,20.20.20.1 MoFRR, Flags:
RPF Table: IPv4-Unicast-default
RPF Secondary: GigabitEthernet0/0/0/18,20.20.20.1
  GigabitEthernet0/0/0/28     03:16:04  fwd LI LH

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。 この表には、上記の出力例には記載されていなくても、実際の出力には記載される可能のあるフィールドが含まれています。



表 15 show pim topology のフィールドの説明

フィールド

説明

(11.0.0.1,239.9.9.9)SPT

エントリの状態。 ルート エントリの送信元アドレス、グループアドレス、ツリー フラグ(最短パス ツリーまたはランデブー ポイント ツリー)を示します。 エントリからツリー フラグが欠落している場合もあります。

SM

エントリのプロトコル。 エントリが動作する PIM プロトコル モード(SM、Source Specific Multicast(SSM)、双方向(BD)、またはデンス モード(DM))を示します。

Up: 00:00:13

エントリのアップタイム。 このエントリがトポロジ テーブルに存在している期間(時間、分、秒)を示します。

RP: 11.0.0.1*

エントリの情報。 ルート エントリに関する追加情報を示します。 ルート エントリがスパース モードまたは双方向 PIM ルートである場合は、RP アドレスが表示されます。

JP: Null(never)

エントリの join/prune ステート。 そのルートについて、RPF ネイバーへの join/prune メッセージ送信の有無とタイミングを示します。

MoFRR RIB, Flags:

(S,G) ルートが RIB ベースの MoFRR ルートであるかどうかを示します。

MoFRR, Flags:

(S,G) ルートがフローベースの MoFRR ルートであるかどうかを示します。 デフォルトでは、フローベースの MoFRR ルートは RIB ベースの MoFRR ルートですが、逆方向です。

RPF Table

IPv4 ユニキャストのデフォルト。

RPF Secondary

セカンダリ パス インターフェイス

エントリ情報フラグ

KAT:Keep Alive Timer

Keep Alive Timer(KAT; キープアライブ タイマー)は、タイマーがセットされている (S, G) ルートについて、トラフィックが流れているかどうかを追跡します。 KAT が稼働している間は、ルートはタイムアウトになりません。 KAT が 3.5 分間稼働すると、ルートは最長 65 秒間の KAT プローブ モードに入ります。 このプローブ期間中にトラフィックが見られず、ルートを保持する理由(たとえば、register や (S, G) join)がない場合、ルートは削除されます。

AA:Assume Alive

ルートはアライブ状態でも、最近にトラフィック フローの存在確認が受信されていないことを示すフラグ。

PA:Probe Alive

ルートがタイムアウトになる前に、トラフィックが流れているかどうかを判別するためにルートがデータ プレーンをプローブ中であることを示すフラグ。

RA:Really Alive

ルートについて、送信元がトラフィックを送信していることが確認されたことを示すフラグ。

LH:Last Hop

エントリについて、そのエントリがラスト ホップ ルータであることを示すフラグ。 (S, G) ルートが (*, G) ルートから LH olist を継承する場合、ルート エントリの LH フラグは (*, G) ルートにのみ表示されます。

IA:Inherit Alive

KAT がアクティブな送信元 VRF ルートを示すフラグ。

DSS:Don't Signal Sources

一致する新規送信元についてフォワーディング プレーンから通知するべきでないことを示すものとして、ラスト ホップ (*, G) エントリに設定されるフラグ。

DCC:Don’t Check Connected

KAT がプローブを実行する際に、フォワーディング プレーンで新規送信元の接続チェックが省略されるべきであることを示すものとして設定されるフラグ。

RR:Register Received

その (S, G) ルートについて、RP がすでに PIM register メッセージを受信し、応答していることを示すフラグ。

SR:Sending Registers

その (S, G) ルートについて、ファースト ホップ DR は register 送信を開始しているが、Register-Stop メッセージはまだ受信していないことを示すフラグ。

E:MSDP External

別の RP から Multicast Source Discovery Protocol(MSDP; マルチキャスト発信元検出プロトコル)を通じて学習した送信元があるエントリに設定されるフラグ。

ME:MDT Encap

マルチキャスト配信ツリー(MDT)のコア カプセル化ルートを示すフラグ。

MD:MDT Decap

MDT のコア カプセル解放ルートを示すフラグ。

MT:Crossed Data MDT threshold

このルート上のトラフィックがデータ MDT のしきい値を超えたことを示すフラグ。

MA:Data MDT group assigned

データ MDT のコア カプセル化ルートを示すフラグ。

POS0/2/0/0

インターフェイス名。 エントリのインターフェイス リストにあるインターフェイスの名前を示します。

03:54:23

インターフェイスのアップタイム。 そのインターフェイスがエントリに存在している期間(時間、分、秒)を示します。

off

インターフェイスの転送ステータス。 エントリについて、インターフェイスの発信の転送ステータスは、「fwd」または「off」となります。

インターフェイス情報フラグ

LI:Local Interest

そのインターフェイスで、そのエントリに対してローカル受信者があることを示すフラグ。IGMP によって報告されます。

LD:Local Disinterest

そのインターフェイスで、そのエントリに対して明示的に無関心であることを示すフラグ。IGMP exclude モード レポートによって報告されます。

II:Internal Interest

そのエントリについて、ルータのホスト スタックが内部受信者を持つことを示すフラグ。

ID:Internal Disinterest

そのエントリについて、ルータのホスト スタックの内部で明示的に関心がないことを示すフラグ。

LH:Last Hop

そのインターフェイスが直接接続されている受信者を持ち、そのエントリについてそのルータがラスト ホップとして機能することを示すフラグ。 (S, G) 発信インターフェイス リストが (*, G) ルートから継承されている場合は、LH フラグが (*, G) 発信 LH インターフェイスに設定されます。

AS:Assert

PIM assert メッセージがそのインターフェイスで見られ、アクティブ PIM assert ステートが存在することを示すフラグ。

AB:Administrative Boundary

そのインターフェイスでの転送が、そのエントリのグループ範囲に設定されている管理境界によってブロックされていることを示すフラグ。

Related Commands

コマンド

説明

show mfib route

MFIB テーブルにあるすべてのエントリを表示します。

show pim topology detail

特定のトポロジ ルート エントリに対するリバース パス転送(RPF)ルックアップが行われたテーブルの参照を含む詳細な Protocol Independent Multicast(PIM)ルーティング トポロジ情報を表示するには、EXEC モードで show pim topology detail コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] topology detail

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

PIM トポロジ テーブルは、所定のグループのさまざまなエントリ、(*, G)、(S, G)、(S, G)RPT をそれぞれのインターフェイス リストとともに表示するために使用します。

PIM は、これらのエントリの内容を MRIB を通じて通信します。MRIB は、マルチキャスト ルーティング プロトコル(PIM など)やローカル メンバーシップ プロトコル(IGMP など)と、システムのマルチキャスト転送エンジンとの間の通信を仲介します。

MRIB は、所定の (S, G) エントリについて、どのインターフェイスでデータ パケットを受け取る必要があるか、どのインターフェイスでデータ パケットを転送する必要があるかを示します。 また、転送時には Multicast Forwarding Information Base(MFIB; マルチキャスト転送情報ベース)テーブルを使用して、パケットごとの転送アクションを決定します。

Multicast-only Fast Reroute(MoFRR)機能がイネーブルの場合、show pim topology detail コマンドは、MoFRR 用に設定されている SG のプライマリおよびセカンダリ パスを表示します。


(注)  


転送情報については、show mfib route コマンドと show mrib route コマンドを使用します。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim topology detail コマンドからの出力例を示します。この例では、各トポロジ エントリについて RPF テーブル情報が記載されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim ipv4 topology detail

IP PIM Multicast Topology Table:
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive,
    RA - Really Alive, LH - Last Hop, DSS - Don't Signal Sources,
    RR - Register Received, SR - Sending Registers, E - MSDP External,
    DCC - Don't Check Connected,
    ME - MDT Encap, MD - MDT Decap,
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary


(*,224.0.1.40) DM Up: 00:07:28 RP: 0.0.0.0 
JP: Null(never) RPF: Null,0.0.0.0 Flags: LH DSS 
RPF Table: None
  GigabitEthernet0/1/0/1      00:07:28  off LI II LH 
  GigabitEthernet0/1/0/2      00:07:23  off LI LH 
  GigabitEthernet0/1/0/1.503  00:07:27  off LI LH 

(11.11.11.11,232.5.0.2)SPT SSM Up: 00:07:21 
JP: Join(now) RPF: GigabitEthernet0/1/0/1.203,11.23.0.20 Flags: 
RPF Table: IPv4-Unicast-default
  GigabitEthernet0/1/0/1.501  00:07:21  fwd LI LH

(61.61.0.10,232.5.0.3)SPT SSM Up: 00:11:57
JP: Join(now) RPF: Null,0.0.0.0 Flags:
RPF Table: None (Dropped due to route-policy)
  No interfaces in immediate olist

(注)  


RPF テーブル出力の太字箇所は、このルート エントリについて RPF ルックアップが発生したテーブルを示しています。


次に、MoFRR コンバージェンスの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim topology 239.1.1.1 detail

IP PIM Multicast Topology Table
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive,
    RA - Really Alive, LH - Last Hop, DSS - Don't Signal Sources,
    RR - Register Received, SR - Sending Registers, E - MSDP External,
    DCC - Don't Check Connected,
    ME - MDT Encap, MD - MDT Decap,
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary

(192.1.1.2,239.1.1.1)SPT SSM Up: 13:54:06 
JP: Join(00:00:41) RPF: GigabitEthernet0/5/0/3.3,100.100.0.10 MoFRR RIB, Flags: 
  GigabitEthernet0/5/0/1      13:54:06  fwd LI LH 
RP/0/4/CPU0:Sunnyvale#show pim topology 239.1.1.1 detail 

IP PIM Multicast Topology Table
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive,
    RA - Really Alive, LH - Last Hop, DSS - Don't Signal Sources,
    RR - Register Received, SR - Sending Registers, E - MSDP External,
    DCC - Don't Check Connected,
    ME - MDT Encap, MD - MDT Decap,
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary

(192.1.1.2,239.1.1.1)SPT SSM Up: 13:54:10 
JP: Join(00:00:37) RPF: GigabitEthernet0/5/0/3.3,100.100.0.10 MoFRR RIB, Flags: 
RPF Table: IPv4-Unicast-default
RPF Secondary: GigabitEthernet0/5/0/3.2,100.100.200.10
  GigabitEthernet0/5/0/1      13:54:10  fwd LI LH 

表 1 では、表示される重要なフィールド(Multicast-only Fast Reroute(MoFRR)に関連するものなど)について説明します。 この表には、上記の出力例には記載されていなくても、実際の出力には記載される可能のあるフィールドが含まれています。

Related Commands

コマンド

説明

show mfib route

MFIB テーブルにあるすべてのエントリを表示します。

show mrib route

MRIB テーブル内のすべてのエントリを表示します。

show pim topology entry-flag

特定のエントリ フラグについて Protocol Independent Multicast(PIM)ルーティング トポロジ情報を表示するには、EXEC モードで show pim topology entry-flag コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] topology entry-flag flag [ detail | route-count ]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

flag

指定されたエントリ フラグのあるルートの表示を設定します。 有効なフラグを次に示します。

  • AA:Assume alive
  • DCC:Don't check connected
  • DSS:Don’t signal sources
  • E:MSDP External
  • EX:Extranet flag set
  • IA:Inherit except flag set
  • KAT:Keepalive timer
  • LH:Last hop
  • PA:Probe alive
  • RA:Really alive
  • RR:Registered receiver
  • SR:Sending registers

detail

(任意)エントリ フラグ情報に関する詳細を指定します。

route-count

(任意)PIM トポロジ テーブルにあるルート数を表示します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

PIM トポロジ テーブルは、所定のグループのさまざまなエントリ、(*, G)、(S, G)、(S, G)RPT をそれぞれのインターフェイス リストとともに表示するために使用します。

PIM は、これらのエントリの内容を MRIB を通じて通信します。MRIB は、マルチキャスト ルーティング プロトコル(PIM など)やローカル メンバーシップ プロトコル(IGMP など)と、システムのマルチキャスト転送エンジンとの間の通信を仲介します。

MRIB は、所定の (S, G) エントリについて、どのインターフェイスでデータ パケットを受け取る必要があるか、どのインターフェイスでデータ パケットを転送する必要があるかを示します。 また、転送時には Multicast Forwarding Information Base(MFIB; マルチキャスト転送情報ベース)テーブルを使用して、パケットごとの転送アクションを決定します。


(注)  


転送情報については、show mfib route コマンドと show mrib route コマンドを使用します。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim topology entry-flag コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim topology entry-flag E

IP PIM Multicast Topology Table
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive
    RA - Really Alive, IA - Inherit Alive, LH - Last Hop
    DSS - Don't Signal Sources,  RR - Register Received
    SR - Sending Registers, E - MSDP External, EX - Extranet
    DCC - Don't Check Connected, ME - MDT Encap, MD - MDT Decap
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary, EX - Extranet

(202.5.5.202,226.0.0.0)SPT SM Up: 00:27:06 
JP: Join(00:00:11) RPF: GigabitEthernet0/2/0/2,44.44.44.103 Flags: KAT(00:01:54) E RA 
  No interfaces in immediate olist

(203.5.5.203,226.0.0.0)SPT SM Up: 00:27:06 
JP: Join(00:00:11) RPF: GigabitEthernet0/2/0/2,44.44.44.103 Flags: KAT(00:01:54) E RA 
  No interfaces in immediate olist

(204.5.5.204,226.0.0.0)SPT SM Up: 00:27:06 
JP: Join(00:00:11) RPF: GigabitEthernet0/2/0/2,44.44.44.103 Flags: KAT(00:01:54) E RA 
  No interfaces in immediate olist

(204.5.5.204,226.0.0.1)SPT SM Up: 00:27:06 
JP: Join(00:00:11) RPF: GigabitEthernet0/2/0/2,44.44.44.103 Flags: KAT(00:01:54) E RA 
  No interfaces in immediate olist

表 1 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。 この表には、上記の出力例には記載されていなくても、実際の出力には記載される可能のあるフィールドが含まれています。

Related Commands

コマンド

説明

show mrib route

MRIB テーブル内のすべてのエントリを表示します。

show pim topology interface-flag

特定のインターフェイスについて Protocol Independent Multicast(PIM)ルーティング トポロジ情報を表示するには、EXEC モードで show pim topology コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] topology interface-flag flag [ detail | route-count ]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

flag

指定されたインターフェイス フラグのあるルートの表示を設定します。 有効なフラグを次に示します。

detail

(任意)インターフェイス フラグ情報に関する詳細を表示します。

route-count

(任意)PIM トポロジ テーブルにあるルート数を表示します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

PIM トポロジ テーブルは、所定のグループのさまざまなエントリ、(*, G)、(S, G)、(S, G)RPT をそれぞれのインターフェイス リストとともに表示するために使用します。

PIM は、これらのエントリの内容を MRIB を通じて通信します。MRIB は、マルチキャスト ルーティング プロトコル(PIM など)やローカル メンバーシップ プロトコル(IGMP など)と、システムのマルチキャスト転送エンジンとの間の通信を仲介します。

MRIB は、所定の (S, G) エントリについて、どのインターフェイスでデータ パケットを受け取る必要があるか、どのインターフェイスでデータ パケットを転送する必要があるかを示します。 また、転送時には Multicast Forwarding Information Base(MFIB; マルチキャスト転送情報ベース)テーブルを使用して、パケットごとの転送アクションを決定します。


(注)  


転送情報については、show mfib route コマンドと show mrib route コマンドを使用します。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim topology interface-flag コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim topology interface-flag LI

IP PIM Multicast Topology Table
Entry state: (*/S,G)[RPT/SPT] Protocol Uptime Info
Entry flags: KAT - Keep Alive Timer, AA - Assume Alive, PA - Probe Alive
    RA - Really Alive, IA - Inherit Alive, LH - Last Hop
    DSS - Don't Signal Sources,  RR - Register Received
    SR - Sending Registers, E - MSDP External, EX - Extranet
    DCC - Don't Check Connected, ME - MDT Encap, MD - MDT Decap
    MT - Crossed Data MDT threshold, MA - Data MDT group assigned
Interface state: Name, Uptime, Fwd, Info
Interface flags: LI - Local Interest, LD - Local Dissinterest,
    II - Internal Interest, ID - Internal Dissinterest,
    LH - Last Hop, AS - Assert, AB - Admin Boundary, EX - Extranet

(*,224.0.1.39) DM Up: 00:27:27 RP: 0.0.0.0 
JP: Null(never) RPF: Null,0.0.0.0 Flags: LH DSS 
  Loopback5                   00:27:27  off LI II LH 

(*,224.0.1.40) DM Up: 00:27:27 RP: 0.0.0.0 
JP: Null(never) RPF: Null,0.0.0.0 Flags: LH DSS 
  Loopback5                   00:27:26  off LI II LH 
  GigabitEthernet0/2/0/2      00:27:27  off LI LH 

(*,226.0.0.0) SM Up: 00:27:27 RP: 97.97.97.97* 
JP: Join(never) RPF: Decapstunnel0,97.97.97.97 Flags: LH 
  Loopback5                   00:27:27  fwd LI LH 

(*,226.0.0.1) SM Up: 00:27:27 RP: 97.97.97.97* 
JP: Join(never) RPF: Decapstunnel0,97.97.97.97 Flags: LH 
  Loopback5                   00:27:27  fwd LI LH 

(*,226.0.0.3) SM Up: 00:27:27 RP: 97.97.97.97* 
JP: Join(never) RPF: Decapstunnel0,97.97.97.97 Flags: LH 
  Loopback5                   00:27:27  fwd LI LH 

(*,226.0.0.4) SM Up: 00:27:27 RP: 97.97.97.97* 
JP: Join(never) RPF: Decapstunnel0,97.97.97.97 Flags: LH 
  Loopback5                   00:27:27  fwd LI LH 

(*,226.0.0.5) SM Up: 00:27:27 RP: 97.97.97.97* 
JP: Join(never) RPF: Decapstunnel0,97.97.97.97 Flags: LH 
  Loopback5                   00:27:27  fwd LI LH 

(201.5.5.201,226.1.0.0)SPT SM Up: 00:27:27 
JP: Join(never) RPF: Loopback5,201.5.5.201* Flags: KAT(00:00:34) RA RR (00:03:53) 
  GigabitEthernet0/2/0/2      00:26:51  fwd Join(00:03:14) 
  Loopback5                   00:27:27  fwd LI LH 

(204.5.5.204,226.1.0.0)SPT SM Up: 00:27:27 
JP: Join(now) RPF: GigabitEthernet0/2/0/2,44.44.44.103 Flags: E 
  Loopback5                   00:27:27  fwd LI LH 

表 1 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。 この表には、上記の出力例には記載されていなくても、実際の出力には記載される可能のあるフィールドが含まれています。

Related Commands

コマンド

説明

show mrib route

MRIB テーブル内のすべてのエントリを表示します。

show pim topology summary

Protocol Independent Multicast(PIM)ルーティング トポロジ テーブルに関するサマリー情報を表示するには、EXEC モードで show pim topology summary コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] topology summary [detail]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

detail

(任意)サマリー情報に関する詳細を表示します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

PIM トポロジ テーブルは、所定のグループのさまざまなエントリ、(*, G)、(S, G)、(S, G)RPT をそれぞれのインターフェイス リストとともに表示するために使用します。

PIM は、これらのエントリの内容を MRIB を通じて通信します。MRIB は、マルチキャスト ルーティング プロトコル(PIM など)やローカル メンバーシップ プロトコル(IGMP など)と、システムのマルチキャスト転送エンジンとの間の通信を仲介します。

MRIB は、所定の (S, G) エントリについて、どのインターフェイスでデータ パケットを受け取る必要があるか、どのインターフェイスでデータ パケットを転送する必要があるかを示します。 また、転送時には Multicast Forwarding Information Base(MFIB; マルチキャスト転送情報ベース)テーブルを使用して、パケットごとの転送アクションを決定します。


(注)  


転送情報については、show mfib route コマンドと show mrib route コマンドを使用します。


Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim topology summary コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim vrf svpn12 topology summary

Mon Feb  2 04:07:01.249 UTC
PIM TT Summary for VRF svpn12
  No. of group ranges = 9
  No. of (*,G) routes = 8
  No. of (S,G) routes = 2
  No. of (S,G)RPT routes = 0

OSPF Mcast-intact   Not configured
    ISIS Mcast-intact   Not configured
    ISIS Mcast Topology Not configured

Default RPF Table: IPv4-Unicast-default
RIB Convergence Timeout Value: 00:30:00
RIB Convergence Time Left:     00:28:32
Multipath RPF Selection is Enabled

Table: IPv4-Unicast-default
    PIM RPF Registrations = 13
    RIB Table converged

Table: IPv4-Multicast-default
    PIM RPF Registrations = 0
    RIB Table converged

詳細な PIM トポロジの出力例については、show pim topology detailを参照してください。

show pim traffic

Protocol Independent Multicast(PIM)トラフィック カウンタ情報を表示するには、EXEC モードで show pim traffic コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] traffic

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim traffic コマンドからの出力例を示します。この例では、有効な PIM パケットや hello パケット数などのための行が表示されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim traffic

PIM Traffic Counters 
Elapsed time since counters cleared: 1d01h

                  Received                        Sent 
Valid PIM Packets 15759217                    15214426 
Hello                 9207                       12336 
Join-Prune         1076805                      531981 
Data Register     14673205                           0 
Null Register        73205                           0
Register Stop            0                    14673205 
Assert                   0                           0 
Batched Assert           0                           0
BSR Message														0																											0
Candidate-RP Adv.        0                           0

Join groups sent                                     0
Prune groups sent                                    0
Output JP bytes                                      0
Output hello bytes                                4104

Errors: 
Malformed Packets                                    0
Bad Checksums                                        0
Socket Errors                                        0
Subnet Errors                                        0
Packets dropped since send queue was full            0
Packets dropped due to invalid socket                0
Packets which couldn't be accessed                   0
Packets sent on Loopback Errors                      6
Packets received on PIM-disabled Interface           0
Packets received with Unknown PIM Version            0 

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 16 show pim traffic のフィールドの説明

フィールド

説明

Elapsed time since counters cleared

clear pim counters コマンドを使用してカウンタがクリアされてからの経過時間(日数、時間)。

Valid PIM Packets

受信/送信された PIM パケットの合計数

HelloJoin-PruneRegisterRegister StopAssert Bidir DF Election

受信/送信された PIM パケットの特定タイプ

Malformed Packets

受信/送信されたパケットで、フォーマット エラーにより無効なもの

Bad Checksums

無効なチェックサムに起因して受信/送信されたパケット

Socket Errors

ルータの IP ホスト スタックのソケットからのエラーに起因して受信/送信されたパケット。

Packets dropped due to invalid socket

ルータの IP ホスト スタックでの無効なソケットに起因して受信/送信されたパケット。

Packets which couldn't be accessed

パケット メモリへのアクセス時のエラーに起因して受信/送信されたパケット

Packets sent on Loopback Errors

ループバック インターフェイスの使用に起因して受信/送信されたパケット

Packets received on PIM-disabled Interface

PIM 対応でないインターフェイスの使用に起因して受信/送信されたパケット

Packets received with Unknown PIM Version

パケット ヘッダーの無効な PIM バージョン番号に起因して受信/送信されたパケット

Related Commands

Command

Description

clear pim counters

Protocol Independent Multicast(PIM)のカウンタと統計情報をクリアします。  

show pim tunnel info

Protocol Independent Multicast(PIM)トンネル インターフェイスの情報を表示するには、EXEC モードで show pim tunnel info コマンドを使用します。

show pim [ vrf vrf-name ] [ipv4] tunnel info { interface-unit | all } [netio]

Syntax Description

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 アドレス プレフィックスを指定します。

interface-unit

カプセル化トンネルまたはカプセル解放トンネルを表す仮想トンネル インターフェイスの名前。

all

カプセル化とカプセル解放の両方のトンネル インターフェイスを指定します。

netio

(任意)Netio DLL から取得された情報を表示します。

Command Default

IPv4 アドレッシングがデフォルトです。 VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF が動作します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

PIM register パケットは、仮想カプセル化トンネル インターフェイスを通じて、送信元のファースト ホップ指定ルータ(DR)からランデブー ポイント(RP)に送信されます。 RP では、仮想カプセル化解除トンネルを使用して、PIM レジスタ パケットの受信インターフェイスを表現します。 このコマンドは、両方のタイプのインターフェイスについてトンネル情報を表示します。

レジスタ トンネルは、(PIM レジスタ メッセージ内に)カプセル化された、送信元からのマルチキャスト パケットです。送信元は、共有ツリーを経由して、配布のために RP に送信されます。 登録は、Source Specific Multicast(SSM)ではなく、スパース モード(SM)にのみ適用されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り

Examples

次に、show pim tunnel info コマンドからの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show pim tunnel info all

Interface         RP Address     Source Address 
Encapstunnel0     10.1.1.1       10.1.1.1 
Decapstunnel0     10.1.1.1   

次の表で、この出力に表示される重要なフィールドを説明します。



表 17 show pim tunnel info のフィールドの説明

フィールド

説明

Interface

トンネル インターフェイスの名前。

RP Address

RP トンネル エンドポイントの IP アドレス。

Source Address

ファースト ホップ DR トンネル エンドポイントの IP アドレス。カプセル化インターフェイスにのみ適用されます。

spt-threshold infinity

ラスト ホップ ルータの動作を変更して、必ず共有ツリーを使用し、最短パス ツリー(SPT)スイッチオーバーを実行しないようにするには、PIM コンフィギュレーション モードで spt-threshold infinity コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spt-threshold infinity [ group-list access-list ]

no spt-threshold infinity

Syntax Description

group-list access-list

(任意)アクセス リストにより制限されるグループを示します。

Command Default

ラスト ホップ PIM ルータは、デフォルトで最短パス送信元ツリーに切り替えるようになっています。

Command Modes

PIM コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

spt-threshold infinity コマンドを使用すると、ラスト ホップ PIM ルータは、最短パス送信元ツリーに切り替えるのではなく、必ず共有ツリーを使用するように設定されます。

group-list キーワードを使用しない場合、このコマンドはすべてのマルチキャスト グループに適用されます。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、必ず共有ツリーを使用するように PIM 送信元グループ grp1 を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# router pim
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pim-default-ipv4)# spt-threshold infinity group-list grp1

ssm

IP マルチキャスト アドレスの Protocol Independent Multicast(PIM)-Source Specific Multicast(SSM)範囲を定義するには、適切なコンフィギュレーション モードで ssm コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ssm [ allow-override | disable | range access-list ]

no ssm [ allow-override | disable | range ]

Syntax Description

allow-override

(任意)特定の範囲によって SSM 範囲を上書きできるようにします。

disable

(任意)SSM グループ範囲をディセーブルにします。

range access-list

(任意)PIM SSM モードでの動作時でのこのルータのグループ範囲を規定するアクセス リストを指定します。

Command Default

インターフェイスは PIM-SM で動作します。 IPv4 アドレッシングがデフォルトです。

Command Modes

マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション

マルチキャスト ルーティング アドレスファミリ コンフィギュレーション

マルチキャスト VPN コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ssm コマンドは送信元のフィルタリングを実行します。これはルータの機能で、特定の送信元アドレス(または特定の送信元アドレスを除くすべての送信元アドレス)からのパケット受信に対する関心を IP マルチキャスト アドレスに報告します。 RP と共有ツリーを使用する PIM-SM モードと異なり、PIM-SSM はマルチキャスト グループの送信元アドレス情報を使用します。この情報は、受信者からローカル メンバーシップ プロトコルである IGMP を通じて提供され、送信元固有のツリーを直接構築するために使用されます。

ネットワーク経由で受信する送信元を制御したいルータでは IGMP Version 3 を必ずイネーブルにする必要があります。

マルチキャスト ルーティングがイネーブルになっていると、デフォルト設定として PIM-SSM がデフォルト SSM 範囲 232/8 でイネーブルになります。 SSM は、コマンドの disable 形式を使用してディセーブルにしたり、range 形式を使用してアクセス リストで任意の範囲を指定することができます。 このコマンドのすべての形式は相互排他的です。 アクセス リストが指定されている場合、デフォルト SSM 範囲はアクセス リストで指定されている場合を除き使用されません。

Task ID

タスク ID

操作

multicast

読み取り、書き込み

Examples

次に、アクセス リスト 4 で定義される IP アドレス範囲に対して、ssm コマンドを使用して SSM サービスを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# ipv4 access-list 4 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-ipv4-acl)# permit ipv4 any 224.2.151.141
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# multicast-routing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mcast)# ssm range 4