Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ MPLS コマンド リファレンス リリース 4.3.x
GMPLS UNI コマンド
GMPLS UNI コマンド
発行日;2013/03/01   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

GMPLS UNI コマンド

このモジュールでは、GMPLS トンネル用に UNI-C を設定するために使用するコマンドについて説明します。

Generalized Multiprotocol Label Switching(GMPLS)User-Network Interface(UNI)は光ネットワークの 2 台のクライアント(UNI-C)間のシグナリング交換によって回線接続を確立します。

MPLS の概念、設定作業、および例の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router MPLS Configuration Guide』を参照してください。

attribute-set xro

GMPLS UNI の LSP ダイバーシティの属性セットを指定するには、MPLS-TE コンフィギュレーション モードで attribute-set xro コマンドを実行します。 設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

attribute-set xro attribute-set

no attribute-set xro attribute-set

Syntax Description

attribute-set

属性セットを指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

MPLS-TE コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

XRO 属性セットは、パスオプションの一部として必要に応じて指定できます。 XRO 属性セットが空の場合、除外なしで GMPLS トンネルが信号送信され、XRO はなくなります。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、属性セット attr01 を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# attribute-set xro attr01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-attribute-set)# 

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

GMPLS UNI のコントローラを指定し、コントローラのコンフィギュレーション コマンドを入力するには、適切なモードで controller dwdm コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

controller dwdm controller

no controller dwdm controller

Syntax Description

controller

ラック/スロット/インスタンス/ポートの形式でコントローラを指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

GMPLS-UNI コンフィギュレーション

LMP GMPLS-UNI コンフィギュレーション

RSVP コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

controller 引数は GMPLS、LMP、または RSVP コントローラの名前です。 このコマンドは、それぞれの設定のサブモードを形成します。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、指定したコントローラ インターフェイスの GMPLS UNI サブモードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-cntl)#

次に、LMP コントローラ 0/4/0/0 を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-ctrl)#

次に、RSVP コントローラ 0/4/0/0 を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# rsvp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-rsvp)# controller dwdm 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-rsvp-cntl)# 

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS 光 UNI をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

destination ipv4 unicast

GMPLS UNI トンネルの宛先を指定するには、GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション サブモードで、destination ipv4 unicast コマンドを使用します。

destination ipv4 unicast address

no destination

Syntax Description

address

トンネルの宛先(IPv4 アドレス)を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

宛先には、宛先ノードの光ルータ ID か、宛先ノードへの目的の入力インターフェイスの光アドレスを指定できます。 ルータ ID を指定すると、入力インターフェイスがネットワークによって選択されることを意味します。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、トンネルの宛先(10.10.3.4)を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-cntl)#tunnel-properties
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#destination 10.10.3.4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。

tunnel-properties

GMPLS UNI コントローラに対してトンネル コンフィギュレーション モードを開始します。

router-id ipv4 unicast

GMPLS のユニキャスト ルータ ID を設定します。

link-id ipv4 unicast(LMP)

GMPLS の LMP リンクに対して光アドレスを指定します。

exclude(MPLS-TE)

MPLS-TE の LSP ダイバーシティの属性セットに対して除外を指定するには、MPLS-TE 属性セット コンフィギュレーション モードで exclude コマンドを使用します。 除外を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

exclude { best-effort | strict } lsp source source-address destination destination-address tunnel-id tunnel-id extended-tunnel-id extended-tunnel-id [ lsp-id lsp-id ]

no exclude { best-effort | strict } lsp source source-address destination destination-address tunnel-id tunnel-id extended-tunnel-id extended-tunnel-id [ lsp-id lsp-id ]

Syntax Description

best-effort

可能であれば条件が満たされることを指定します。

strict

条件を満たさなければならないことを指定します。

source-address

冗長パスが必要な LSP の送信元 IPv4 アドレスを指定します。

destination-address

冗長パスが必要な LSP の宛先アドレスを指定します。

tunnel-id

冗長パスが必要な LSP のトンネル ID を指定します。

extended-tunnel-id

冗長パスが必要な LSP の拡張トンネル ID(IPv4 アドレス)を指定します。

lsp-id

冗長パスが必要な LSP の数値による LSP ID を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

MPLS-TE 属性セット コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

XRO 属性セットは、パスオプションの一部として必要に応じて指定できます。 XRO 属性セットが空の場合、除外なしで GMPLS トンネルが信号送信され、XRO はなくなります。

複数の LSP 除外を属性セットに設定できます。 このようにすると、複数の除外がパス メッセージに追加されます。 lsp-id が指定されている場合、指定した lsp-id を持つ LSP のみが除外されます。 これを省略すると、指定したセッション(source、destination、tunnel-id、extended tunnel-id)と一致するすべての LSP が除外されます。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、属性セット attrset01 の除外を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# attribute-set xro attrset01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-attribute-set)# exclude best-effort lsp source 10.10.1.2 destination 10.20.4.4 tunnel-id 17 extended-tunnel-id 10.10.1.2 lsp-id 17  
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-attribute-set)#

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

attribute-set

MPLS-TE の LSP ダイバーシティの属性セットを指定します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにするには、適切なモードで gmpls optical-uni コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

gmpls optical-uni

no gmpls optical-uni

Syntax Description

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

MPLS-TE コンフィギュレーション

LMP コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

LMP サブモードは、GMPLS-UNI LMP 機能をイネーブルにし、他の GMPLS-UNI LMP コンフィギュレーション コマンドのコンテナとして機能します。

Task ID

タスク ID

操作

mpls-te

read, write

ouni

read, write

Examples

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して GMPLS-UNI をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# 

次に、UNI GMPLS をイネーブルにして LMP コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls)# 

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

lmp

GMPLS LMP 機能をイネーブルにし、LMP のコンフィギュレーション モードを開始します。

ipcc routed(LMP)

GMPLS UNI のリンク管理プロトコル ネイバー IPCC の設定を指定するには、LMP GMPLS-UNI コントローラ コンフィギュレーション モードのネイバー サブモードで、ipcc routed コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipcc routed

no ipcc routed

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

LMP GMPLS-UNI コントローラ ネイバー コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、GMPLS-UNI コントローラ 0/0/0/3 ネイバー UN02 に対して IPCC の設定を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# neighbor UN02
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-nbr-UN02)# ipcc routed
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-nbr-UN02)#


Related Commands

コマンド

説明

lmp

GMPLS LMP 機能をイネーブルにし、LMP のコンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS 光 UNI をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

neighbor(LMP)

GMPLS の LMP ネイバーを指定し、ネイバーのコンフィギュレーション モードを開始します。

link-id ipv4 unicast(LMP)

GMPLS UNI コントローラの LMP リンクに対して光インターフェイスのアドレスを指定するには、GMPLS-UNI コントローラ コンフィギュレーション モードで link-id ipv4 unicast コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

link-id ipv4 unicast address

no link-id

Syntax Description

address

光ユニキャスト IPv4 アドレスを指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

LMP GMPLS-UNI コントローラ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは、リンクのローカル光アドレスを指定します。 これは、テールに対する入力リンクを指定する場合、テール UNI-C でトンネルの宛先として使用できます。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、リンク ID を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-ctrl)# link-id ipv4 unicast 10.10.4.2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-ctrl)#

Related Commands

コマンド

説明

lmp

GMPLS LMP 機能をイネーブルにし、LMP のコンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS 光 UNI をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller(LMP)

GMPLS UNI の LMP コントローラを指定し、コントローラのコンフィギュレーション モードを開始します。

lmp

GMPLS UNI LMP の機能をイネーブルにし、LMP コンフィギュレーション コマンドを入力するには、グローバル コンフィギュレーション モードで lmp コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

lmp

no lmp

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、LMP 機能をイネーブルにして LMP コンフィギュレーション コマンドのサブモードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)#

logging events lsp-status state(GMPLS)

GMPLS UNI のトンネル状態ロギング設定を指定するには、GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション サブモードで logging events lsp-status state コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging events lsp-status state

no logging events lsp-status state

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、コントローラ 0/4/0/0 のトンネル状態ロギング設定を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-ctrl)# tunnel-properties
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)# logging events lsp-status state
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。

tunnel-properties

GMPLS UNI コントローラに対してトンネル コンフィギュレーション モードを開始します。

neighbor(LMP)

GMPLS の LMP ネイバーを指定し、ネイバーを設定するためのコマンドを入力するには、適切なコンフィギュレーション モードで neighbor コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor name

no neighbor

Syntax Description

name

LMP ネイバーの名前を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

LMP GMPLS-UNI コンフィギュレーション

LMP コントローラの設定

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

LMP コントローラ コンフィギュレーション サブモードでは、このコマンドはコントローラを通じて到達するネイバーを指定します。 また、LMP GMPLS UNI サブモードでは、ネイバーのその他のプロパティを指定できるサブモードを作成します。 name 引数は、設定されるネイバーの名前です。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、GMPLS-UNI コントローラ 0/0/0/3 のネイバー UN01 を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# neighbor UN01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-nbr-UN01)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# controller dwdm 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-cntl)# neighbor UN01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-cntl)# 

Related Commands

コマンド

説明

lmp

GMPLS LMP 機能をイネーブルにし、LMP のコンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni(LMP)

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

neighbor interface-id unnumbered

GMPLS UNI コントローラに対し、LMP リンクのネイバーの光インターフェイス ID を指定するには、GMPLS-UNI コントローラ コンフィギュレーション モードで neighbor interface-id unnumbered コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor interface-id unnumbered interface-id

no neighbor interface-id unnumbered interface-id

Syntax Description

interface-id

ネイバーの光インターフェイス ID を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

LMP GMPLS-UNI コントローラ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

コマンドライン上のインターフェイス ID に対し、ネイバー ノードのインターフェイスの SNMP ifIndex を使用できます。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、LMP ネイバーの光インターフェイス ID(17)を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-ctrl)# neighbor interface-id unnumbered 17
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-ctrl)#

Related Commands

コマンド

説明

lmp

GMPLS LMP 機能をイネーブルにし、LMP のコンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。

neighbor link-id ipv4 unicast

GMPLS UNI コントローラに対し、LMP リンクのネイバーの光アドレスを指定するには、GMPLS-UNI コントローラ コンフィギュレーション モードで neighbor link-id ipv4 unicast コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor link-id ipv4 unicast address

no neighbor link-id ipv4 unicast address

Syntax Description

address

ネイバーの IPv4 アドレスを指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

LMP GMPLS-UNI コントローラ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、コントローラ 0/4/0/0 の LMP ネイバーの IPv4 アドレス(10.10.4.5)を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-ctrl)# neighbor link-id ipv4 unicast 10.10.4.5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-ctrl)#

Related Commands

コマンド

説明

lmp

GMPLS LMP 機能をイネーブルにし、LMP のコンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。

path-option(GMPLS)

GMPLS UNI トンネルのパス オプションを指定するには、GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション サブモードで path-option コマンドを使用します。 パス オプションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

path-option 10 no-ero xro-attribute-set name lockdown

no path-option 10

Syntax Description

10

パス オプション インデックスを指定します。 10 は、このリリースでサポートされている唯一のインデックスです。

no-ero

ERO オブジェクトをシグナリングに含めないことを指定します。 これは、このリリースでサポートされている唯一の動作です。

xro-attribute-set

(任意)パス オプションの xro 属性セットを指定します。

name

xro-attribute-set の名前を指定します。

lockdown

トンネルがユーザの介入なしで再最適化されないことを示します。 これは、このリリースでサポートされている唯一の動作です。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、コントローラ 0/4/0/0 の属性セット A01 用のトンネル パス オプションを指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-cntl)#tunnel-properties
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#path-option 10 no-ero xro-attribute-set A01 lockdown
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。

tunnel-properties

GMPLS UNI コントローラに対してトンネル コンフィギュレーション モードを開始します。

attribute-set xro

GMPLS UNI コントローラに対してトンネル コンフィギュレーション モードを開始します。

record-route(GMPLS)

GMPLS UNI トンネルのレコードルート機能をイネーブルにするには、GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション サブモードで record-route コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

record-route

no record-route

Syntax Description

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始してレコードルート機能をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-cntl)#tunnel-properties
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#record-route
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。

tunnel-properties

GMPLS UNI コントローラに対してトンネル コンフィギュレーション モードを開始します。

router-id ipv4 unicast

GMPLS の LMP ユニキャストまたは隣接ルータ ID を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで router-id コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

router-id ipv4 unicast address

no router-id

Syntax Description

address

GMPLS-UNI 光ルータ ID(IPv4 アドレス)を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

LMP GMPLS UNI コンフィギュレーション

LMP GMPLS UNI ネイバー コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、GMPLS-UNI のルータ ID(アドレス 10.10.4.4)を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# router-id ipv4 unicast 10.10.4.4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni) 

次に、GMPLS UNI の隣接ルータ ID 10.10.5.5 を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# lmp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni)# neighbor UN01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-nbr-UN01)# router-id ipv4 unicast 10.10.5.5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-lmp-gmpls-uni-nbr-UN01)#

Related Commands

コマンド

説明

lmp

GMPLS LMP 機能をイネーブルにし、LMP のコンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS 光 UNI をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

destination ipv4 unicast

GMPLS 光 UNI トンネルの宛先を指定します。

neighbor(LMP)

GMPLS の LMP ネイバーを指定し、ネイバーのコンフィギュレーション モードを開始します。

show mpls traffic-eng link-management optical-uni

TE リンク管理 GMPLS-UNI ステートの要約を表示するには、EXEC モードで show mpls traffic-eng link-management optical-uni コマンドを使用します。

show mpls traffic-eng link-management optical-uni [ controller controller ] [tabular]

Syntax Description

controller

指定したコントローラの情報を表示します。

tabular

表形式で情報を表示します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC モード

Command History

リリース

変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドを使用するには、まず、MPLS-TE アプリケーションをイネーブルにします。

Task ID

タスク ID 動作

ouni

read

Examples

次のコマンドは、指定したコントローラの TE GMPLS-UNI ステートを表示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls traffic-eng link-management optical-uni controller dwdm0/1/0/0    
Thu Oct  4 14:52:46.147 ottawa

Optical interface: dwdm0/1/0/0
  Overview:
    IM state: Up
    OLM/LMP state: Up
    Optical tunnel state: up
  Connection:
    Tunnel role: Head
    Tunnel-id: 300
    Local optical router-id:  10.58.64.239
    Remote optical router-id: 10.58.40.40
    Upstream label:
      Optical label:
      Grid                : DWDM
      Channel spacing     : 50 GHz
      Identifier          : 0
      Channel Number      : 42
    Downstream label:
      Optical label:
      Grid                : DWDM
      Channel spacing     : 50 GHz
      Identifier          : 0
      Channel Number      : 42
  Admission Control:
    Upstream: Admitted (LSP ID: 77)
    Downstream: Admitted (LSP ID: 77)
  OLM/LMP adjacency information: 
    Adjacency status: Up
    Local:
      node ID: 10.58.64.239
      link interface ID: 39
      link ID: 10.20.2.1
    Neighbor:
      node ID: 10.58.40.40 (crs1-239-nr)
      link interface ID: 2
      link ID: 10.20.2.2
      IPCC: Routed to 10.58.40.40
  Optical capabilities:
    Controller type: DWDM
    Channel spacing: 50 GHz
    Default channel: 58
    82 supported channels:
      -23, -22, -21, -20, -19, -18, -17, -16
      -15, -14, -13, -12, -11, -10, -9, -8
      -7, -6, -5, -4, -3, -2, -1, 0
      1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8
      9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16
      17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24
      25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32
      33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40
      41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48
      49, 50, 51, 52, 53, 54, 55, 56
      57, 58
RP/0/RP0/CPU0:crs239#

Examples

次のコマンドは、表形式で TE GMPLS-UNI ステートの概要を表示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow mpls traffic-eng link-management optical-uni tabular
		System Information:
  Optical Links Count: 2 (Maximum Links Supported 100)

                  State          LMP          GMPLS tunnel
Interface      Admin  Oper    adjacency    role  tun-id  state
--------------------------------------------------------------
     PO0/1/0/0    up    up        up       Head       1     up
     PO0/1/0/1    up    up        up       Head       2     up

signalled-name(GMPLS)

GMPLS UNI にトンネルを適用する、シグナリングされる名前を指定するには、GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション サブモードで signalled-name コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

signalled-name name

no signalled-name

Syntax Description

name

トンネルに適用する、シグナリングされる名前を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、トンネル(tunname)のシグナリングされる名前を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-cntl)#tunnel-properties
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#signalled-name tunname
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。

tunnel-properties

GMPLS UNI コントローラに対してトンネル コンフィギュレーション モードを開始します。

signalling refresh out-of-band interval

RSVP のアウトオブバンド リフレッシュ間隔を指定するには、RSVP コントローラ コンフィギュレーション モードで signalling refresh out-of-band interval コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

signalling refresh out-of-band interval interval

no signalling refresh out-of-band interval

Syntax Description

interval

リフレッシュ間隔(180~86400 秒)を指定します。

Command Default

45 秒

Command Modes

RSVP コントローラ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは GMPLS-UNI トンネルに関連付けられた RSVP セッションのみに適用されます。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、アウトオブバンド インターフェイスのリフレッシュ間隔に 200 秒を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# rsvp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-rsvp)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-rsvp-ctrl)# signalling refresh out-of-band interval 200
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-rsvp-ctrl)#

Related Commands

コマンド

説明

rsvp

RSVP 機能をイネーブルにし、RSVP のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller(RSVP)

GMPLS UNI の RSVP コントローラを指定し、コントローラのコンフィギュレーション モードを開始します。

signalling refresh out-of-band missed

光トンネルのステートが削除されるまでに許容される、失敗したリフレッシュ メッセージの数を指定します。

signalling refresh out-of-band missed

光トンネルのステートが削除されるまでに許容される、失敗したリフレッシュ メッセージの数を指定するには、RSVP コントローラ コンフィギュレーション モードで signalling refresh out-of-band missed コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

signalling refresh out-of-band missed mis-count

no signalling refresh out-of-band missed

Syntax Description

mis-count

光トンネルのステートが削除されるまでに許容される、失敗したリフレッシュ メッセージの数(1~48)。

Command Default

デフォルト値は 12 です。

Command Modes

RSVP コントローラ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは GMPLS-UNI トンネルに関連付けられた RSVP セッションのみに適用されます。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、許容される失敗したリフレッシュ メッセージの数に対して最大 10 個のメッセージを指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# rsvp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-rsvp)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-rsvp-ctrl)# signalling refresh out-of-band missed 10
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-rsvp-ctrl)#

Related Commands

コマンド

説明

rsvp

RSVP 機能をイネーブルにし、RSVP のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller(RSVP)

GMPLS UNI の RSVP コントローラを指定し、コントローラのコンフィギュレーション モードを開始します。

signalling refresh out-of-band interval

RSVP のアウトオブバンド リフレッシュ間隔を指定します。

tunnel-id(GMPLS)

GMPLS UNI トンネルの ID を指定するには、GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション サブモードで tunnel id コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

tunnel-id number

no tunnel-id

Syntax Description

number

トンネル ID を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

GMPLS-UNI コントローラ トンネルプロパティ コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、グローバル コンフィギュレーション モードから開始して、トンネル ID(5)を指定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-cntl)#tunnel-properties
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#tunnel-id 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。

tunnel-properties

GMPLS UNI コントローラに対してトンネル コンフィギュレーション モードを開始します。

tunnel-properties

GMPLS UNI コントローラのトンネル固有の情報を設定するには、GMPLS-UNI コンフィギュレーション サブモードで tunnel-properties コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

tunnel-properties

no tunnel-properties

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

GMPLS-UNI コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.3.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは、トンネルテールではなく、トンネルヘッドとしてコントローラを指定します。 トンネルのプロパティが設定されると、着信パス メッセージは拒否され、既存のテールエンド トンネルが切断されます。

Task ID

タスク ID

操作

ouni

read, write

Examples

次に、GMPLS UNI コントローラのトンネル固有の情報を設定するためにサブモードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# mpls traffic-eng
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-mpls-te)# gmpls optical-uni
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls)# controller dwdm 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-cntl)#tunnel-properties
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-te-gmpls-tun)#

Related Commands

コマンド

説明

mpls traffic-eng

MPLS-TE コンフィギュレーション モードを開始します。

gmpls optical-uni

GMPLS UNI 機能をイネーブルにし、UNI のコンフィギュレーション モードを開始します。

controller dwdm(GMPLS)

コントローラの GMPLS UNI サブモードを開始します。