Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ L2VPN およびイーサネット サービスのコマンド リファレンス リリース 4.2.x
ポイントツーポイント レイヤ 2 サービス コマンド
ポイントツーポイント レイヤ 2 サービス コマンド
発行日;2013/02/15   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

ポイントツーポイント レイヤ 2 サービス コマンド

ここでは、レイヤ 2 またはレイヤ 3 バーチャル プライベート ネットワーク(VPN)の設定、監視、およびトラブルシューティングに使用するコマンドについて説明します。

バーチャル プライベート ネットワークの概念、設定作業、および例の詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router L2VPN and Ethernet Services Configuration Guide』を参照してください。

backup(L2VPN)

相互接続のバックアップ疑似回線を設定するには、L2VPN xconnect p2p 疑似回線コンフィギュレーション モードで backup コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

backup neighbor IP-address pw-id value

no backup neighbor IP-address pw-id value

Syntax Description

neighbor IP-address

相互接続するピアを指定します。 IP-address 引数は、ピアの IPv4 アドレスです。

pw-id value

疑似回線 ID を設定します。 範囲は 1 ~ 4294967295 です。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN xconnect p2p 疑似回線コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

L2VPN xconnect p2p 疑似回線バックアップ コンフィギュレーション モードを開始するには、backup コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、バックアップ疑似回線を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group gr1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p p001
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.1 pw-id 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# backup neighbor 10.2.2.2 pw-id 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw-backup)#

Related Commands

Command

Description

backup disable(L2VPN)

プライマリ疑似回線のダウン後、操作を再開するまでにバックアップ疑似回線が待機する必要がある時間を指定します。  

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。  

neighbor(L2VPN)

相互接続の疑似回線を設定します。  

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。  

xconnect group

相互接続グループを設定します。  

backup disable(L2VPN)

プライマリ疑似回線のダウン後、操作を再開するまでにバックアップ疑似回線が待機する時間を指定するには、L2VPN 疑似回線クラス コンフィギュレーション モードで backup disable コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

backup disable { delay value | never }

no backup disable { delay value | never }

Syntax Description

delay value

プライマリ疑似回線が機能しなくなってから、Cisco IOS XR ソフトウェアがセカンダリ疑似回線のアクティブ化を試行するまでに経過する秒数を指定します。

範囲は 0 ~ 180 秒です。 デフォルト値は 0 です。

never

セカンダリ疑似回線に障害が発生しないかぎり、プライマリ疑似回線が再び使用できるようになった場合にセカンダリ疑似回線がプライマリ疑似回線にフォール バックしないことを指定します。

Command Default

デフォルトのディセーブル遅延の値は 0 です。つまり、プライマリ疑似回線が再びアップ状態になるとすぐにアクティブになります。

Command Modes

L2VPN 疑似回線クラス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、バックアップ ディセーブル遅延が 50 秒に設定されているポイントツーポイント疑似回線用にバックアップ遅延を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class class1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# backup disable delay 50
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group A
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrx
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.1 pw-id 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# pw-class class1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# backup neighbor 10.2.2.2 pw-id 5
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw-backup)#

Related Commands

Command

Description

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。  

neighbor(L2VPN)

相互接続の疑似回線を設定します。  

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。  

pw-class(L2VPN)

疑似回線クラス サブモードを開始して、疑似回線クラス テンプレートを定義します。  

xconnect group

相互接続グループを設定します。  

clear l2vpn collaborators

L2VPN コラボレータのステート変更カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn collaborators コマンドを使用します。

clear l2vpn collaborators

Syntax Description

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、L2VPN コラボレータの変更カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn collaborators

Related Commands

Command

Description

show l2vpn collaborators

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間の、プロセス間通信接続のステートに関する情報を表示します。  

clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal

ブリッジ ドメインのカウンタに関する MAC 取り消し統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal コマンドを使用します。

clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal { all | group group-name bd-name bd-name | neighbor ip-address pw-id value }

Syntax Description

all

すべてのブリッジに関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。

group group-name

指定したグループに関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。

bd-name bd-name

指定したブリッジに関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。

neighbor ip-address

指定したネイバーに関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。

pw-id value

指定した疑似回線に関する MAC 取り消し統計情報をクリアします。 範囲は 1 ~ 4294967295 です。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、すべてのブリッジに関する MAC 取り消し統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn counters bridge mac-withdrawal all

clear l2vpn forwarding counters

L2VPN 転送カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn forwarding counters コマンドを使用します。

clear l2vpn forwarding counters

Syntax Description

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、L2VPN 転送カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn forwarding counters

Related Commands

Command

Description

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示します。  

clear l2vpn forwarding message counters

L2VPN 転送メッセージ カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn forwarding message counters コマンドを使用します。

clear l2vpn forwarding message counters location node-id

Syntax Description

location node-id

指定した場所に関する L2VPN 転送メッセージ カウンタをクリアします。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、指定したノードで L2VPN メッセージ カウンタをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn forwarding message counters location 0/6/CPU0

Related Commands

Command

Description

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示します。  

clear l2vpn forwarding table

指定した場所で L2VPN 転送テーブルをクリアするには、EXEC モードで clear l2vpn forwarding table コマンドを使用します。

clear l2vpn forwarding table location node-id

Syntax Description

location node-id

指定した場所の L2VPN 転送テーブルをクリアします。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、指定した場所から L2VPN 転送テーブルをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear l2vpn forwarding table location 1/2/3/5

Related Commands

Command

Description

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示します。  

control-word

MPLS カプセル化の制御ワードをイネーブルにするには、L2VPN 疑似配線クラス カプセル化サブモードで control-word コマンドを使用します。 ディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

control-word

no control-word

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN 疑似回線クラス カプセル化設定

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.2.1

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、MPLS カプセル化の制御ワードをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class pwc1 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-mpls)# control-word

dynamic-arp-inspection

ネットワークのアドレス解決プロトコル(ARP)パケットを検証するには、l2vpn ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション モードで dynamic-arp-inspection コマンドを使用します。 ダイナミック ARP インスペクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

dynamic-arp-inspection { logging | address-validation { src-mac | dst-mac | ipv4 } }

no dynamic-arp-inspection { logging | address-validation { src-mac | dst-mac | ipv4 } }

Syntax Description

logging

(任意)ロギングをイネーブルにします。

(注)     

ロギング オプションを使用すると、ログ メッセージによって、違反トラフィックの IP または MAC ソースとともに、違反が発生したインターフェイスが示されます。 ログ メッセージのレートは、10 秒ごとに 1 メッセージに制限されます。

注意       

すべての違反イベントが syslog に記録されるわけではありません。

address-validation

(任意)address-validation を実行します。

src-mac

イーサネット ヘッダーの送信元 MAC アドレス。

dst-mac

イーサネット ヘッダーの宛先 MAC アドレス。

ipv4

ARP 本体内の IP アドレス。

Command Default

ダイナミック ARP インスペクションはディセーブルになっています。

Command Modes

l2vpn ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.0.1

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、ブリッジ バーでダイナミック ARP インスペクションをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# bridge group b1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg)# bridge-domain bar
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd)# dynamic-arp-inspection 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd-dai)#

次に、ブリッジ バーでダイナミック ARP インスペクション ロギングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# bridge group b1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg)# bridge-domain bar
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd)# dynamic-arp-inspection logging
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd-dai)#

次に、ブリッジ バーでダイナミック ARP インスペクション アドレス検証をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# bridge group b1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg)# bridge-domain bar
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd)# dynamic-arp-inspection address-validation
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd-dai)#

Related Commands

Command

Description

bridge-domain(VPLS)

ブリッジ ドメインを確立し、L2VPN ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション モードを開始します。  

bridge group(VPLS)

ブリッジ ドメインを包含できるようにブリッジ グループを作成し、ブリッジ ドメインにネットワーク インターフェイスを割り当てます。  

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。  

flood mode

フラッディング モードを帯域幅最適化からコンバージェンス最適化に変更するには、l2vpn ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション モードで flood mode convergence-optimized コマンドを使用します。 ブリッジを通常のフラッディング動作に戻すには(すべての不明ユニキャスト パケット、ブロードキャスト パケット、マルチキャスト パケットが他のブリッジ ドメイン ネットワーク インターフェイスにわたってフラッディングされる場合)、このコマンドの no 形式を使用します。

flood mode { resilience-optimized | convergence-optimized }

no flood mode { resilience-optimized | convergence-optimized }

Syntax Description

resilience-optimized

復元力最適化モードを使用するようにブリッジを設定します。

convergence-optimized

コンバージェンス最適化モードを使用するようにブリッジを設定します。

Command Default

ブリッジ ドメインは、帯域幅最適化モードで動作します。

Command Modes

l2vpn ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

flood mode コマンドでは、フラッド最適化モードをコンバージェンス最適化モードまたは復元力最適化モードのいずれかに変更できます。 コンバージェンス最適化モードは、すべてのトラフィックをすべてのラインカードにフラッディングします。すべての不明なユニキャスト パケット、ブロードキャスト パケット、およびマルチキャスト パケットは、他のすべてのブリッジ ドメイン ネットワーク インターフェイスにフラッディングされます。 復元力最適化モードは、疑似回線のプライマリおよびバックアップ FRR リンクの両方にトラフィックをフラッディングする点を除いて、帯域幅最適化モードと同様に機能します。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、指定した場所から L2VPN 転送テーブルをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# bridge group MyGroup
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg)# bridge-domain MyDomain
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd)# flood mode convergence-optimized
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd)#

Related Commands

Command

Description

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。  

bridge-domain(VPLS)

ブリッジ ドメインを確立し、L2VPN ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション モードを開始します。  

bridge group(VPLS)

ブリッジ ドメインを包含できるようにブリッジ グループを作成し、ブリッジ ドメインにネットワーク インターフェイスを割り当てます。  

interface(p2p)

接続回線を設定するには、p2p コンフィギュレーション サブモードで interface コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface type interface-path-id

no interface type interface-path-id

Syntax Description

type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

Command Default

なし

Command Modes

p2p コンフィギュレーション サブモード

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、TenGigE インターフェイスで接続回線を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group gr1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p p001
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# interface TenGigE 1/1/1/1

Related Commands

Command

Description

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。  

ip-source-guard

レイヤ 2 ポートで送信元 IP アドレス フィルタリングをイネーブルにするには、l2vpn ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション モードで ip-source-guard コマンドを使用します。 送信元 IP アドレス フィルタリングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip-source-guard logging

no ip-source-guard logging

Syntax Description

logging

(任意)ロギングをイネーブルにします。

Command Default

IP 送信元ガードはディセーブルです。

Command Modes

l2vpn ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.0.1

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、ブリッジ バーで IP ソース ガードをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# bridge group b1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg)# bridge-domain bar
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd)# ip-source-guard
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd-ipsg)#

次に、ブリッジ バーで IP ソース ガード ロギングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# bridge group b1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg)# bridge-domain bar
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd)# ip-source-guard logging
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-bg-bd-ipsg)#

Related Commands

Command

Description

bridge-domain(VPLS)

ブリッジ ドメインを確立し、L2VPN ブリッジ グループ ブリッジ ドメイン コンフィギュレーション モードを開始します。  

bridge group(VPLS)

ブリッジ ドメインを包含できるようにブリッジ グループを作成し、ブリッジ ドメインにネットワーク インターフェイスを割り当てます。  

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。  

l2transport

レイヤ 2 転送モードで動作するように物理インターフェイスを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport

no l2transport

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

Command Default

なし

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

l2transport コマンドとこれらの設定項目は、互いに排他的です。

  • IPv4 アドレスおよび機能(ACL など)のコンフィギュレーション
  • IPv4 のイネーブル、アドレスおよび機能(ACL など)のコンフィギュレーション
  • バンドルのイネーブル化コンフィギュレーション
  • L3 サブインターフェイス
  • レイヤ 3 QoS ポリシー

(注)  


インターフェイスまたは接続がレイヤ 2 スイッチドに設定された後、ipv4 address などのコマンドを使用できるようになります。 インターフェイスでルーティング コマンドを設定している場合は、l2transport が拒否されます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、いくつかの異なるモードでインターフェイスまたは接続をレイヤ 2 スイッチドとして設定する例を示します。

イーサネット ポート モード:

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# l2transport

イーサネット VLAN モード:

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0.900 l2transport
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation dot1q 100do1q vlan 999

イーサネット VLAN モード(QinQ):

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0.900 l2transport
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation dot1q 20 second-dot1q 10vlan 999 888

イーサネット VLAN モード(QinAny)

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0.900 l2transport
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation dot1q 30 second-dot1q do1q vlan 999 any

Related Commands

Command

Description

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示します。  

l2transport l2protocol

レイヤ 2 プロトコル処理を設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport l2protocol コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport l2protocol cpsv { reverse-tunnel | tunnel }

no l2transport l2protocol cpsv { reverse-tunnel | tunnel }

Syntax Description

cpsv

インターフェイスに対して L2PT をイネーブルにします。 L2PT は、次のプロトコルに対してのみイネーブルにされます。

  • CDP
  • STP
  • VTP
(注)     

STP には、すべてのスパニングツリー プロトコルの派生(RSTP、MSTP など)が含まれます。

tunnel

インターフェイスを開始するときに、フレームの L2PT のカプセル化を実行します。 また、インターフェイスを終了するときに、フレームの L2PT のカプセル化の解除も実行します。

L2PT カプセル化により、宛先 MAC アドレスが L2PT 宛先 MAC アドレスに書き換えられます。 L2PT カプセル化解除により、L2PT 宛先 MAC アドレスが元の宛先 MAC アドレスに置き換えられます。

reverse-tunnel

インターフェイスを終了するときに、フレームに対する L2PT のカプセル化が実行されます。 また、インターフェイスを開始するときに、フレームに対する L2PT のカプセル化解除も実行します。

Command Default

なし

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

次の L2 プロトコルを使用できます。

  • Cisco Discovery Protocol(CDP):CDP はプロトコルに依存せず、プロトコル アドレス、プラットフォーム情報、および近接装置に関するその他のデータの取得に使用されます。
  • PVST では、ネットワークで設定されている各 VLAN のスパニングツリー インスタンスが維持され、VLAN トランクの転送を一部の VLAN には許可し、その他の VLAN には許可しません。 一部の VLAN を 1 つのトランクで転送し、その他の VLAN をその他のトランクで転送することにより、レイヤ 2 トラフィックのロード バランスを行うこともできます。
  • スパニングツリー プロトコル(STP):STP は、ネットワークでのパスの冗長性を提供する、リンク管理機能プロトコルです。 イーサネット ネットワークが正常に機能するには、2 つのステーション間にアクティブなパスが 1 つだけ存在している必要があります。
  • VLAN トランク プロトコル(VTP):VTP は、シスコ独自のプロトコルであり、スイッチド ネットワークでの管理作業の軽減に役立ちます。 新しい VLAN を 1 つの VTP サーバ上で設定すると、この VLAN はドメイン内のすべてのスイッチを介して分散されます。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

atm

読み取り、書き込み

Examples

次に、レイヤ 2 プロトコル処理を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# l2transport l2protocol cpsv reverse-tunnelstp drop

Related Commands

Command

Description

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示します。  

l2transport propagate

レイヤ 2 転送イベントを伝播するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport propagate コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport propagate remote-status

no l2transport propagate remote-status

Syntax Description

remote-status

リモート リンク ステータスの変更を伝播します。

Command Default

なし

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

l2transport propagate コマンドによって、ポート モード EoMPLS のリモート リンク障害の検出および伝播用メカニズムが提供されます。

l2transport イベントの状態を表示するには、show controller internal コマンドを使用します。

l2transport イベントの状態を表示するには、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Interface and Hardware Component Configuration Guide』にある show controller internal コマンドを使用します。

イーサネット リモート ポート シャットダウン機能の詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router MPLS Configuration Guide』を参照してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、リモート リンク ステータスの変更を伝播する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# l2transport propagate remote remote-status

Related Commands

Command

Description

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示します。  

l2transport service-policy

レイヤ 2 転送の Quality of Service(QoS)ポリシーを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで l2transport service-policy コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2transport service-policy { input policy-name | output policy-name }

no l2transport service-policy { input policy-name | output policy-name }

Syntax Description

input policy-name

サービス ポリシー アプリケーションの方向を設定します:入力。

output policy-name

サービス ポリシー アプリケーションの方向を設定します:出力。

Command Default

なし

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

atm

読み取り、書き込み

Examples

次に、L2 転送の Quality of Service(QoS)ポリシーを設定する例を示します。

RP/0/RSP0RP00/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0RP00/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/0/0/0 
RP/0/RSP0RP00/CPU0:router(config-if)# l2transport service-policy input sp_0001

Related Commands

Command

Description

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示します。  

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで l2vpn コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

l2vpn

no l2vpn

Syntax Description

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

Command Default

なし

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


すべての L2VPN コンフィギュレーションを no l2vpn コマンドを使用して削除できます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、L2VPN コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)#

Related Commands

Command

Description

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示します。  

load-balancing flow

すべてのバンドル EFP および PW をイネーブルにして L2 フロー ベースまたは L3 フロー ベースのバランシングを使用するには、L2VPN コンフィギュレーション モードで load-balancing flow コマンドを使用します。

load-balancing flow [ src-dst-mac | src-dst-ip ]

Syntax Description

src-dst-mac

送信元および宛先 MAC アドレスでハッシュされるグローバル フロー ロード バランシングをイネーブルにします。

src-dst-ip

送信元および宛先 IP アドレスでハッシュされるグローバル フロー ロード バランシングをイネーブルにします。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.0.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、ブリッジ ID を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# load-balancing flow src-dst-ip

load-balancing flow-label

フロー ラベル ベースのロード バランシングを設定するには、l2vpn 疑似回線クラス mpls コンフィギュレーション モードで load balancing flow label コマンドを使用します。 フロー ラベル ベースのロード バランシングを元に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

load-balancing flow-label dynamic | static both | receive | transmit

no load-balancing flow-label dynamic | static both | receive | transmit

Syntax Description

dynamic

フロー ラベル パラメータを動的に設定します。

static

フロー ラベル パラメータを静的に設定します。

both

送受信でフロー ラベルを挿入または破棄します。

receive

受信でフロー ラベルを破棄します。

transmit

送信でフロー ラベルを挿入します。

Command Default

なし

Command Modes

L2vpn 疑似回線クラス mpls コンフィギュレーション モード

Command History

リリース 変更箇所
リリース 4.2.1

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID 操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、both キーワードの load-balancing flow-label コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router#config
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)#l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)#pw-class p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)#encapsulation
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)#encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-mpls)#load-balancing
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-mpls)#load-balancing flow-label
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-mpls)#load-balancing flow-label both
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-mpls)#load-balancing flow-label both static

Related Commands

Command

Description

pw-class encapsulation mpls

MPLS 疑似回線カプセル化を設定します。  

load-balancing pw-label

仮想回線ベースのロード バランシングを使用するために、定義されたクラスを使用してすべての疑似回線をイネーブルにするには、疑似回線クラス コンフィギュレーション モードで load-balancing pw-label コマンドを使用します。

load-balancing pw-label

Syntax Description

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

Command Default

なし

Command Modes

疑似回線クラス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.0.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、ブリッジ ID を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class abc
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-mpls)# load-balancing pw-label

logging(l2vpn)

相互接続ロギングをイネーブルにするには、L2VPN コンフィギュレーション サブモードで logging コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging pseudowire status

no logging pseudowire status

Syntax Description

pseudowire status

疑似回線ステート変更ロギングをイネーブルにします。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN コンフィギュレーション サブモード

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


すべての L2VPN コンフィギュレーションを no l2vpn コマンドを使用して削除できます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、相互接続ロギングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# logging pseudowire status

Related Commands

Command

Description

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。  

mpls static label(L2VPN)

MPLS L2VPN に対するスタティック ラベルを設定するには、L2VPN 相互接続 P2P 疑似回線コンフィギュレーション モードで mpls static label コマンドを使用します。 MPLS でラベルをダイナミックに割り当てるには、このコマンドの no 形式を使用します。

mpls static label local label remote value

no mpls static label local label remote value

Syntax Description

local label

ローカル疑似回線ラベルを設定します。 範囲は 16 ~ 15999 です。

remote value

リモート疑似回線ラベルを設定します。 範囲は 16 ~ 15999 です。

Command Default

デフォルトの動作は、ダイナミック ラベル割り当てです。

Command Modes

L2VPN 相互接続 P2P 疑似回線コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、MPLS L2VPN のスタティック ラベルを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn xconnect group l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrA_to_rtrB
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.2 pw-id 1000
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# mpls static label local 800 remote 500

Related Commands

Command

Description

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。  

neighbor(L2VPN)

相互接続の疑似回線を設定します。  

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。  

xconnect group

相互接続グループを設定します。  

neighbor(L2VPN)

相互接続の疑似回線を設定するには、p2p コンフィギュレーション サブモードで neighbor コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

neighbor A.B.C.D pw-id value [backup | mpls | pw-class | ]

no neighbor A.B.C.D pw-id value [backup | mpls | pw-class | ]

Syntax Description

A.B.C.D

相互接続ピアの IP アドレス。

pw-id value

疑似回線 ID および ID 値を設定します。 範囲は 1 ~ 4294967295 です。

backup

(任意)相互接続のバックアップ疑似回線を設定します。

mpls

(任意)MPLS スタティック ラベルを設定します。

pw-class

(任意)この相互接続に使用する疑似回線クラス テンプレート名を設定します。

Command Default

なし

Command Modes

p2p コンフィギュレーション サブモード

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

相互接続には次の 2 つのセグメントが含まれています。

  1. Attachment Circuit(AC; アタッチメント配線)
  2. 2 つ目の AC または疑似回線

(注)  


疑似回線は、2 つのキー(ネイバーおよび疑似回線 ID)によって識別されます。 同じネイバーへの疑似回線が複数存在する場合があります。 ネイバーだけを設定することはできません。


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、ポイントツーポイント相互接続コンフィギュレーション(疑似回線コンフィギュレーションなど)の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn xconnect group l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrA_to_rtrB
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.2 pw-id 1000 pw-class class12
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.3 pw-id 1001 pw-class class13
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc)# p2p rtrC_to_rtrD
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.2.2.3 pw-id 200 pw-class class23
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.2.2.4 pw-id 201 pw-class class24

次に、ポイントツーポイント相互接続コンフィギュレーション(疑似回線コンフィギュレーションなど)の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn xconnect group l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrA_to_rtrB
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.2 pw-id 1000 pw-class foo
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc)# p2p rtrC_to_rtrD
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-xc-p2p)# neighbor 20.2.2.3 pw-id 200 pw-class bar1

Related Commands

Command

Description

l2vpn

L2VPN コンフィギュレーション モードを開始します。  

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。  

pw-class(L2VPN)

疑似回線クラス サブモードを開始して、疑似回線クラス テンプレートを定義します。  

xconnect group

相互接続グループを設定します。  

preferred-path

L2VPN トラフィックに使用される MPLS TE トンネルを設定するには、カプセル化 MPLS コンフィギュレーション モードで preferred-path コマンドを使用します。 優先パスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

preferred-path interface { tunnel-ip | tunnel-te | tunnel-tp } value [ fallback disable ]

no preferred-path interface { tunnel-ip | tunnel-te | tunnel-tp } value [ fallback disable ]

Syntax Description

interface

優先パスのインターフェイス。

tunnel-ip

優先パスの IP トンネル インターフェイス名。

value

優先パスのトンネル番号。

fallback disable

(任意)優先パス トンネル設定のフォールバックをディセーブルにします。

tunnel te

優先パスの TE トンネル インターフェイス名を指定します。

tunnel tp

優先パスの TP トンネル インターフェイス名を指定します。

Command Default

なし

Command Modes

カプセル化 MPLS コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

tunnel-tp キーワードが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

preferred-path コマンドは、MPLS カプセル化が設定された疑似回線にだけ適用できます。

Cisco IOS XR ソフトウェアは、fallback disable だけをサポートします。 トンネルがダウンしている場合、トラフィックはデフォルトの LDP パスを使用しません。

フォールバックのステータス(enabled または disabled)を表示するには、show l2vpn xconnect detail コマンドを使用します。


(注)  


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、優先パス トンネル設定を行う例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-encap-mpls)# preferred-path interface tunnel-tp 345 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc-encap-mpls)# preferred-path interface tunnel-tp 345 fallback disable

Related Commands

Command

Description

show l2vpn xconnect

設定されている相互接続に関する簡潔な情報を表示します。  

pw-class(L2VPN)

疑似回線クラス サブモードを開始して、疑似回線クラス テンプレートを定義するには、L2VPN コンフィギュレーション サブモードで pw-class コマンドを使用します。 疑似回線クラスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

pw-class class-name

no pw-class class-name

Syntax Description

class-name

疑似回線クラス名。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN コンフィギュレーション サブモード

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、単純な疑似回線クラス テンプレートを定義する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group l1vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p rtrA_to_rtrB
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p)# neighbor 10.1.1.2 pw-id 1000
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc-p2p-pw)# pw-class kanata01

Related Commands

Command

Description

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイントの相互接続を設定します。  

pw-class encapsulation mpls

MPLS 疑似回線カプセル化を設定するには、L2VPN 疑似回線クラス コンフィギュレーション モードで pw-class encapsulation mpls コマンドを使用します。 設定を取り消すには、このコマンドの no 形式を使用します。

pw-class class-name encapsulation mpls { control word | ipv4 | load-balancing | preferred-path | protocol ldp | redundancy one-way | sequencing | switching tlv | tag-rewrite | transport-mode | vccv verification-type none }

no pw-class class-name encapsulation mpls { control word | ipv4 | load-balancing | preferred-path | protocol ldp | redundancy one-way | sequencing | switching tlv | tag-rewrite | transport-mode | vccv verification-type none }

Syntax Description

class-name

カプセル化クラス名。

control word

MPLS カプセル化の制御ワードをディセーブルにします。 デフォルトでは、ディセーブルです。

ipv4

ローカル ソース IPv4 アドレスを設定します。

load-balancing

フロー ラベル ベースのロード バランシングを設定します。

preferred-path

優先パス トンネルを設定します。

protocol ldp

疑似回線クラスのシグナリング プロトコルとして LDP を設定します。

redundancy one-way

冗長グループの単一方向 PW 冗長動作を設定します。

sequencing

送受信のシーケンスを設定します。

switching tlv

スイッチング TLV を表示または非表示に設定します。

tag-rewrite

VLAN タグの書き換えを設定します。

transport-mode

転送モードをイーサネットまたは VLAN に設定します。

vccv none

VCCV 検証タイプをイネーブルまたはディセーブルにします。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN 疑似回線クラス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 3.9.0

次のキーワードが追加されました。

  • preferred-path
  • sequencing
  • switching tlv
  • tag-rewrite
  • transport-mode
リリース 4.2.0

redundancy one-way キーワードが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、MPLS 疑似回線カプセル化を定義する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pwc)# encapsulation mpls

Related Commands

Command

Description

pw-class(L2VPN)

疑似回線クラス サブモードを開始して、疑似回線クラス テンプレートを定義します。  

pw-class encapsulation l2tpv3

L2TPv3 疑似回線カプセル化を設定します。  

p2p

p2p コンフィギュレーション サブモードを開始して、ポイントツーポイント相互接続を設定するには、L2VPN xconnect モードで p2p コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

p2p xconnect-name

no p2p xconnect-name

Syntax Description

xconnect-name

(任意)ポイントツーポイント相互接続の名前を設定します。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN xconnect

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ポイントツーポイント相互接続ストリングの名前は、自由形式の説明ストリングです。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、ポイントツーポイント相互接続コンフィギュレーション(疑似回線コンフィギュレーションなど)の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group group 1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-xc)# p2p xc1

Related Commands

Command

Description

interface(p2p)

接続回線を設定します。  

sequencing(L2VPN)

L2VPN 疑似回線クラス シーケンスを設定するには、L2VPN 疑似回線クラス カプセル化モードで pw-class sequencing コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

sequencing { both | receive | transmit {resynch 5-65535} }

no sequencing { both | receive | transmit {resynch 5-65535} }

Syntax Description

both

送信側および受信側のシーケンスを設定します。

receive

受信側のシーケンスを設定します。

transmit

送信側のシーケンスを設定します。

resynch 5-65535

再同期前のシーケンス外パケットのしきい値を設定します。 範囲は 5 ~ 65535 です。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN 疑似回線クラス カプセル化モード

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

シーケンス再同期を高速回線で設定しないでください。 低速回線では、トラフィックの 10 ~ 20 秒よりも低いしきい値を設定しないでください。


(注)  


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、L2VPN 疑似回線クラス シーケンスを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pw)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-encap-mpls)# sequencing both

Related Commands

Command

Description

pw-class(L2VPN)

疑似回線クラス サブモードを開始して、疑似回線クラス テンプレートを定義します。  

show l2vpn collaborators

l2vpn_mgr とその他のプロセスとの間のプロセッサ間通信接続のステートに関する情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn collaborators コマンドを使用します。

show l2vpn collaborators

Syntax Description

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、show l2vpn collaborators コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn collaborators
L2VPN Collaborator stats:
Name                  State       Up Cnts      Down Cnts  
--------------------  ----------  -----------  -----------
IMC                    Down          0            0
LSD                    Up            1            0

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

表 1 show l2vpn collaborators フィールドの説明

フィールド

説明

Name

l2vpn_mgr と対話するタスクの短縮名。

State

l2vpn_mgr と他のプロセスとの間に作業接続があるかどうかを示します。

Up Cnts

l2vpn_mgr と他のプロセスとの間の接続が正常に確立された回数。

Down Cnts

l2vpn_mgr と他のプロセスとの間の接続が失敗または中断した回数。

Related Commands

Command

Description

clear l2vpn collaborators

L2VPN コラボレータのステート変更カウンタをクリアします。  

show l2vpn discovery

ディスカバリ ラベル ブロック情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn discovery コマンドを使用します。

show l2vpn discovery { bridge-domain | xconnect | summary | private }

Syntax Description

bridge-domain

ブリッジ ドメイン関連の転送情報を表示します。

xconnect

VPWS エッジ情報を表示します。

summary

サマリー情報を表示します。

private

プライベート ログまたはトレース情報を表示します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、ブリッジ ドメイン フィルタの show l2vpn discovery コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router#show l2vpn discovery bridge-domain

Service Type: VPLS,  Connected
  List of VPNs (8001 VPNs):

  Bridge group: bg1, bridge-domain: bg1_bd1, id: 0, signaling protocol: LDP
    VPLS-ID: (auto) 1:101
    Local L2 router id: 10.10.10.10
    List of Remote NLRI (3 NLRIs):
    Local Addr      Remote Addr     Remote L2 RID   Time Created   
    --------------- --------------- --------------- -------------------
    10.10.10.10     20.20.20.20     20.20.20.20     03/13/2010 21:27:05
    10.10.10.10     30.30.30.30     30.30.30.30     03/13/2010 21:27:05
    10.10.10.10     40.40.40.40     40.40.40.40     03/13/2010 21:27:05

次に、show l2vpn discovery summary コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router#show l2vpn discovery summary 
Sun Mar 14 15:13:31.240 EDT
BGP: connected=yes,  active=yes,  stdby=yes
Services
  Bridge domain: registered=yes, Num VPNs=8001
   Num Local Edges=8001, Num Remote Edges=24001, Num Received NLRIs=24001
  Xconnect: registered=yes, Num VPNs=0
   Num Local Edges=0, Num Remote Edges=0, Num Received NLRIs=0

Related Commands

Command

Description

show l2vpn bridge-domain(VPLS)

特定のブリッジ ドメインのブリッジ ポートに関する情報(接続回線や疑似回線など)を表示します。  

show l2vpn forwarding

ラインカード上の layer2_fib マネージャからの転送情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn forwarding コマンドを使用します。

show l2vpn forwarding { bridge-domain | counter | detail | hardware | inconsistent | interface | l2tp | location [node-id] | message | mstp | resource | retry-list | summary | unresolved }

Syntax Description

bridge-domain

ブリッジ ドメイン関連の転送情報を表示します。

counter

相互接続カウンタを表示します。

detail

layer2_fib マネージャからの詳細情報を表示します。

hardware

ハードウェア関連の layer2_fib マネージャ情報を表示します。

inconsistent

不一致エントリだけを表示します。

interface

一致 AC サブインターフェイスを表示します。

l2tp

L2TPv3 関連の転送情報を表示します。

location node-id

指定した場所の layer2_fib マネージャ情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

message

コラボレータと交換するメッセージを表示します。

mstp

複数のスパニングツリー関連の転送情報を表示します。

resource

layer2_fib マネージャでのリソース アベイラビリティ情報を表示します。

retry-list

再試行リスト関連の情報を表示します。

summary

layer2_fib マネージャでの相互接続に関するサマリー情報を表示します。

unresolved

解決していないエントリだけを表示します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り

Examples

例 1:

次に、show l2vpn forwarding bridge detail location コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn forwarding location 0/2/cpu0
Bridge-domain name: bg1:bd1, id: 0, state: up
 MAC learning: enabled
 Flooding:
   Broadcast & Multicast: enabled
   Unknown unicast: enabled
 MAC aging time: 300 s, Type: inactivity
 MAC limit: 4000, Action: none, Notification: syslog
 MAC limit reached: no
 Security: disabled
 DHCPv4 snooping: profile not known on this node
 IGMP snooping: disabled, flooding: disabled
 Bridge MTU: 1500 bytes
 Number of bridge ports: 1
 Number of MAC addresses: 0
 Multi-spanning tree instance: 0

  GigabitEthernet0/1/0/1.2, state: oper up
    Number of MAC: 0
    Statistics:
      packets: received 0, sent 0
      bytes: received 0, sent 0
    Storm control drop counters: 
      packets: broadcast 0, multicast 0, unknown unicast 0 
      bytes: broadcast 0, multicast 0, unknown unicast 0 


Bridge-domain name: bg1:bd2, id: 1, state: up
  Type:  pbb-edge, I-SID: 1234
  Core-bridge: pbb-bd2
 MAC learning: enabled
 Flooding:
   Broadcast & Multicast: enabled
   Unknown unicast: enabled
 MAC aging time: 300 s, Type: inactivity
 MAC limit: 4000, Action: none, Notification: syslog
 MAC limit reached: no
 Security: disabled
 DHCPv4 snooping: profile not known on this node
 IGMP snooping: disabled, flooding: disabled
 Bridge MTU: 1500 bytes
 Number of bridge ports: 0
 Number of MAC addresses: 0
 Multi-spanning tree instance: 0

 PBB Edge, state: up
    Number of MAC: 0
 GigabitEthernet0/1/0/1.3, state: oper up
    Number of MAC: 0
    Storm control drop counters: 
      packets: broadcast 0, multicast 0, unknown unicast 0 
      bytes: broadcast 0, multicast 0, unknown unicast 0 

Bridge-domain name: bg1:bd3, id: 2, state: up
  Type:  pbb-core 
  Number of associated pbb-edge BDs: 1

MAC learning: enabled
 Flooding:
   Broadcast & Multicast: enabled
   Unknown unicast: enabled
 MAC aging time: 300 s, Type: inactivity
 MAC limit: 4000, Action: none, Notification: syslog
 MAC limit reached: no
 Security: disabled
 DHCPv4 snooping: profile not known on this node
 IGMP snooping: disabled, flooding: disabled
 Bridge MTU: 1500 bytes
 Number of bridge ports: 0
 Number of MAC addresses: 0
 Multi-spanning tree instance: 0

  PBB Core, state: up
  Vlan-id: 1
 
  GigabitEthernet0/1/0/1.4, state: oper up
    Number of MAC: 0
    Storm control drop counters: 
      packets: broadcast 0, multicast 0, unknown unicast 0 
      bytes: broadcast 0, multicast 0, unknown unicast 0 

次に、バックアップ疑似回線情報を表示する出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router#show l2vpn forwarding detail location 0/2/CPU0
Local interface: GigabitEthernet0/2/0/0.1, Xconnect id: 0x3000001, Status: up
  Segment 1
    AC, GigabitEthernet0/2/0/0.1, Ethernet VLAN mode, status: Bound
    RG-ID 1, active
    Statistics:
      packets: received 0, sent 0
      bytes: received 0, sent 0
  Segment 2
    MPLS, Destination address: 101.101.101.101, pw-id: 1000, status: Bound
    Pseudowire label: 16000
    Statistics:
      packets: received 0, sent 0
      bytes: received 0, sent 0
  Backup PW
    MPLS, Destination address: 102.102.102.102, pw-id: 1000, status: Bound
    Pseudowire label: 16001
    Statistics:
      packets: received 0, sent 0
      bytes: received 0, sent 0
RP/0/RSP0/CPU0:router#show l2vpn forwarding bridge-domain detail location 0/2/CPU0
Bridge-domain name: bg1:bd1, id: 0, state: up
….
  GigabitEthernet0/2/0/0.4, state: oper up
    RG-ID 1, active
    Number of MAC: 0
    …..

  Nbor 101.101.101.101 pw-id 5000
    Backup Nbor 101.101.101.101 pw-id 5000
    Number of MAC: 0
….

次に、xconnect の SPAN セグメントの情報を表示する出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn forwarding counter location 0/7/CPU0 
Legend: ST = State, DN = Down

Segment 1                             Segment 2           ST     Byte
                                                                                Switched
----------------------------- -----------------------    --      ---------
pw-span-test (Monitor-Session) mpls  2.2.2.2  UP       0
RP/0/RSP0/CPU0:router #Show l2vpn forwarding monitor-session location 0/7/CPU0
Segment 1                            Segment 2                            State
------------------------------------ ------------------------------------ ------
pw-span-test(monitor-session)  mpls    2.2.2.2                      UP
pw-span-sess(monitor-session)  mpls    3.3.3.3                      UP
RP/0/RSP0/CPU0:router #Show l2vpn forwarding monitor-session pw-span-test location 0/7/CPU0
Segment 1                                 Segment 2                            State
------------------------------------ ------------------------------------ ------
pw-span-test(Monitor-Session) mpls    2.2.2.2                      UP


Example 4:
RP/0/RSP0/CPU0:router #show l2vpn forwarding detail location 0/7/CPU0
  Xconnect id: 0xc000001, Status: up
  Segment 1
    Monitor-Session, pw-span-test, status: Bound
  Segment 2
    MPLS, Destination address: 2.2.2.2, pw-id: 1, status: Bound
    Pseudowire label: 16001
    Statistics:
      packets: received 0, sent 11799730
      bytes: received 0, sent 707983800

Example 5:
show l2vpn forwarding private location 0/11/CPU0
  Xconnect ID 0xc000001
  Xconnect info:
   Base info: version=0xaabbcc13, flags=0x0, type=2, reserved=0
    xcon_bound=TRUE, switching_type=0, data_type=3

  AC info:
   Base info: version=0xaabbcc11, flags=0x0, type=3, reserved=0
    xcon_id=0xc000001, ifh= none, subifh= none, ac_id=0, ac_type=SPAN,
    ac_mtu=1500, iw_mode=none, adj_valid=FALSE, adj_addr none
    

  PW info:
   Base info: version=0xaabbcc12, flags=0x0, type=4, reserved=0
    pw_id=1, nh_valid=TRUE, sig_cap_flags=0x20, context=0x0,
     MPLS, pw_label=16001
    Statistics:
      packets: received 0, sent 11799730
      bytes: received 0, sent 707983800

   Object: NHOP
   Event Trace History [Total events: 5]
--------------------------------------------------------------------
     Time                Event                Flags
     ====                =====                =====
   

--------------------------------------------------------------------


  Nexthop info:
   Base info: version=0xaabbcc14, flags=0x10000, type=5, reserved=0
    nh_addr=2.2.2.2, plat_data_valid=TRUE, plat_data_len=128, child_count=1

   Object: XCON
   Event Trace History [Total events: 16]
--------------------------------------------------------------------
     Time                Event                Flags
     ====                =====                =====

 -------------------------------------------------------------------
RP/0/RSP0/CPU0:router #show l2vpn forwarding summary location 0/7/CPU0
 Major version num:1, minor version num:0
Shared memory timestamp:0x31333944cf
Number of forwarding xconnect entries:2
  Up:2  Down:0
  AC-PW:1 (1 mpls)  AC-AC:0  AC-BP:0  AC-Unknown:0
  PW-BP:0  PW-Unknown:0 Monitor-Session-PW:1
Number of xconnects down due to:
  AIB:0  L2VPN:0  L3FIB:0
Number of p2p xconnects: 2
Number of bridge-port xconnects: 0
Number of nexthops:1
  MPLS:   Bound:1  Unbound:0  Pending Registration:0
Number of bridge-domains: 0
Number of static macs: 0
Number of locally learned macs: 0
Number of remotely learned macs: 0
Number of total macs: 0

次に、show l2vpn forwarding コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn forwarding location 0/2/cpu0

ID   Segment 1         Segment 2   
-----------------------------------
1    Gi0/2/0/0 1       1.1.1.1   9)

次に、layer2_fib マネージャ サマリーでの MAC 情報の出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn forwarding summary location 0/3/CPU0

Major version num:1, minor version num:0
Shared memory timestamp:0x66ff58e894
Number of forwarding xconnect entries:2
  Up:1  Down:0
  AC-PW:0  AC-AC:0  AC-BP:1 PW-BP:1
Number of xconnects down due to:
  AIB:0  L2VPN:0  L3FIB:0
Number of nexthops:1
Number of static macs: 5
Number of locally learned macs: 5
Number of remotely learned macs: 0
Number of total macs: 10
次に、設定済みフロー ラベルの出力例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn forwarding detail location 0/0/cPU0
Local interface: GigabitEthernet0/0/1/1, Xconnect id: 0x1000002, Status: up
  Segment 1
    AC, GigabitEthernet0/0/1/1, Ethernet port mode, status: Bound
    Statistics:
      packets: received 24849, sent 24847
      bytes: received 1497808, sent 1497637
  Segment 2
    MPLS, Destination address: 3.3.3.3, pw-id: 2, status: Bound, Active
    Pseudowire label: 16004    Control word disabled
    Backup PW
      MPLS, Destination address: 2.2.2.2, pw-id: 6, status: Bound
      Pseudowire label: 16000
    Flow label enabled
    Statistics:
      packets: received 24847, sent 24849
      bytes: received 1497637, sent 1497808
					Xconnect id: 0xff000014, Status: down
  Segment 1
    MPLS, Destination address: 2.2.2.2, pw-id: 1, status: Not bound
		Pseudowire label: UNKNOWN    Control word disabled
    Flow label enabled
    Statistics:
      packets: received 0, sent 0
      bytes: received 0, sent 0
  Segment 2
    Bridge id: 0, Split horizon group id: 0
    Storm control: disabled
    MAC learning: enabled
    MAC port down flush: enabled
    Flooding:
      Broadcast & Multicast: enabled
      Unknown unicast: enabled
    MAC aging time: 300 s, Type: inactivity
    MAC limit: 4000, Action: none, Notification: syslog
    MAC limit reached: no
    Security: disabled
    DHCPv4 snooping: profile not known on this node, disabled
    IGMP snooping profile: profile not known on this node 
    Router guard disabled

Related Commands

Command

Description

clear l2vpn forwarding counters

L2VPN 転送カウンタをクリアします。  

show l2vpn pw-class

L2VPN 疑似回線クラス情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn pw-class コマンドを使用します。

show l2vpn pw-class [ detail | name class name ]

Syntax Description

detail

(任意)詳細情報を表示します。

name class-name

(任意)特定の疑似回線クラス名に関する情報を表示します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り

Examples

次に、show l2vpn pw-class コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn pw-class

Name                        Encapsulation     Protocol       
-------------------------   ----------        ----------     
mplsclass_75                MPLS              LDP 
l2tp-dynamic                L2TPv3            L2TPv3         

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

表 2  show l2vpn pw-class コマンド フィールドの説明

フィールド

説明

Name

疑似回線クラスの名前を表示します。

Encapsulation

カプセル化タイプを表示します。

Protocol

プロトコル タイプを表示します。

Related Commands

Command

Description

clear l2vpn forwarding counters

L2VPN 転送カウンタをクリアします。  

show l2vpn resource

L2VPN プロセスのメモリ ステートを表示するには、EXEC モードで show l2vpn resource コマンドを使用します。

show l2vpn resource

Syntax Description

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り

Examples

次に、show l2vpn resource コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn resource

Memory: Normal

表 1 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

表 3 show l2vpn resource コマンド フィールドの説明

フィールド

説明

Memory

メモリのステータスを表示します。

show l2vpn xconnect

設定された相互接続に関する簡潔な情報を表示するには、EXEC モードで show l2vpn connect コマンドを使用します。

show l2vpn xconnect [ brief | detail | encapsulation | group | groups | interface | mp2mp | neighbor | pw-class | state | summary | type { ac-pw | locally-switched | monitor-session-pw | ms-pw } ]

Syntax Description

brief

(任意)カプセル化の簡潔な情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

encapsulation

(任意)カプセル化タイプをフィルタリングします。

group

(任意)指定したグループのすべての相互接続を表示します。

groups

(任意)すべてのグループ情報を表示します。

interface

(任意)インターフェイスおよびサブインターフェイスをフィルタリングします。

mp2mp

(任意)MP2MP の情報を表示します。

mpsw

(任意)ms_pw 情報を表示します。

neighbor

(任意)ネイバーをフィルタリングします。

private

(任意)プライベート情報を表示します。

pw-class

(任意)疑似回線クラスをフィルタリングします。

state

(任意)次の xconnect ステート タイプをフィルタリングします。

  • up
  • down
summary

(任意)AC マネージャ データベースの AC 情報を表示します。

type

(任意)次の xconnect タイプをフィルタリングします。

  • ac-pw
  • locally switched
  • monitor-session-pw
  • ms-pw

Syntax Description

detail

(任意)詳細情報を表示します。

group

(任意)指定したグループのすべての相互接続を表示します。

interface

(任意)インターフェイスおよびサブインターフェイスをフィルタリングします。

neighbor

(任意)ネイバーをフィルタリングします。

state

(任意)次の xconnect ステート タイプをフィルタリングします。

  • up
  • down
summary

(任意)AC マネージャ データベースの AC 情報を表示します。

type

(任意)次の xconnect タイプをフィルタリングします。

  • ac-pw
  • locally switched
state unresolved

(任意)解決されていない相互接続に関する情報を表示します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

特定の相互接続がコマンドで指定されている場合は(AC_to_PW1 など)その相互接続だけが表示され、指定されていない場合はすべての相互接続が表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、show l2vpn xconnect コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect

Legend: ST = State, UP = Up, DN = Down, AD = Admin Down, UR = Unresolved,
              LU = Local Up, RU = Remote Up, CO = Connected

XConnect                   Segment 1                   Segment 2                
Group      Name       ST   Description            ST   Description            ST
----------------------------   ---------------------------   -------------------------
g1           x1        UP   pw-span-test           UP   2.2.2.2          1      UP

siva_xc    siva_p2p   UP   Gi0/4/0/1              UP   10.1.1.1         1      UP
                                                       Backup                   
                                                       10.2.2.2         2      UP
--------------------------------------------------------------------------------

The following sample output shows that the backup is in standby mode for the show l2vpn xconnect detail command:

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect detail

Group siva_xc, XC siva_p2p, state is up; Interworking none
  Monitor-Session: pw-span-test, state is configured
  AC: GigabitEthernet0/4/0/1, state is up
    Type Ethernet
    MTU 1500; XC ID 0x5000001; interworking none; MSTi 0
    Statistics:
      packet totals: send 90
      byte totals: send 19056
  PW: neighbor 10.1.1.1, PW ID 1, state is up ( established )
    PW class not set, XC ID 0x5000001
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
    Sequencing not set
        MPLS         Local                          Remote                        
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
      Label        30005                          16003                         
      Group ID     0x5000300                      0x5000400                     
      Interface    GigabitEthernet0/4/0/1         GigabitEthernet0/4/0/2 
       Interface   pw-span-test                 GigabitEthernet0/3/0/1 
      MTU          1500                           1500                          
      Control word enabled                        enabled                       
      PW type      Ethernet                       Ethernet                      
      VCCV CV type 0x2                            0x2                           
                   (LSP ping verification)        (LSP ping verification)       
      VCCV CC type 0x3                            0x3                           
                    (control word)                 (control word)                
                   (router alert label)           (router alert label)          
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
    Create time: 20/11/2007 21:45:07 (00:49:18 ago)
    Last time status changed: 20/11/2007 21:45:11 (00:49:14 ago)
    Statistics:
      packet totals: receive 0
      byte totals: receive 0

  Backup PW:
  PW: neighbor 2.2.2.2, PW ID 2, state is up ( established )
    Backup for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1 ( standby )
    PW class not set, XC ID 0x0
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
    Sequencing not set
        MPLS         Local                          Remote                        
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
      Label        30006                          16003                         
      Group ID     unassigned                     0x5000400                     
      Interface    unknown                        GigabitEthernet0/4/0/2        
      MTU          1500                           1500                          
      Control word enabled                        enabled                       
      PW type      Ethernet                       Ethernet                      
      VCCV CV type 0x2                            0x2                           
                   (LSP ping verification)        (LSP ping verification)       
      VCCV CC type 0x3                            0x3                           
                    (control word)                 (control word)                
                   (router alert label)           (router alert label)          
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
    Backup PW for neighbor 10.1.1.1 PW ID 1
    Create time: 20/11/2007 21:45:45 (00:48:40 ago)
    Last time status changed: 20/11/2007 21:45:49 (00:48:36 ago)
    Statistics:
      packet totals: receive 0
      byte totals: receive 0

The following sample output shows that the backup is active for the show l2vpn xconnect detail command:

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect detail

Group siva_xc, XC siva_p2p, state is down; Interworking none
  Monitor-Session: pw-span-test, state is configured
  AC: GigabitEthernet0/4/0/1, state is up
    Type Ethernet
    MTU 1500; XC ID 0x5000001; interworking none; MSTi 0
    Statistics:
      packet totals: send 98
      byte totals: send 20798
  PW: neighbor 10.1.1.1, PW ID 1, state is down ( local ready )
    PW class not set, XC ID 0x5000001
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
    Sequencing not set
        MPLS         Local                          Remote                        
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
      Label        30005                          unknown                       
      Group ID     0x5000300                      0x0                           
      Interface    GigabitEthernet0/4/0/1         unknown   
       Interface     pw-span-test                      GigabitEthernet0/3/0/1
      MTU          1500                           unknown                       
      Control word enabled                        unknown                       
      PW type      Ethernet                       unknown                       
      VCCV CV type 0x2                            0x0                           
                                                  (none)                        
                   (LSP ping verification)                                      
      VCCV CC type 0x3                            0x0                           
                                                  (none)                        
                    (control word)                                               
                   (router alert label)                                         
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
    Create time: 20/11/2007 21:45:06 (00:53:31 ago)
    Last time status changed: 20/11/2007 22:38:14 (00:00:23 ago)
    Statistics:
      packet totals: receive 0
      byte totals: receive 0

  Backup PW:
  PW: neighbor 10.2.2.2, PW ID 2, state is up ( established )
    Backup for neighbor 10.1.1.1 PW ID 1 ( active )
    PW class not set, XC ID 0x0
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
    Sequencing not set
        MPLS         Local                          Remote                        
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
      Label        30006                          16003                         
      Group ID     unassigned                     0x5000400                     
      Interface    unknown                        GigabitEthernet0/4/0/2        
      MTU          1500                           1500                          
      Control word enabled                        enabled                       
      PW type      Ethernet                       Ethernet                      
      VCCV CV type 0x2                            0x2                           
                   (LSP ping verification)        (LSP ping verification)       
      VCCV CC type 0x3                            0x3                           
                    (control word)                 (control word)                
                   (router alert label)           (router alert label)          
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
    Backup PW for neighbor 10.1.1.1 PW ID 1
    Create time: 20/11/2007 21:45:44 (00:52:54 ago)
    Last time status changed: 20/11/2007 21:45:48 (00:52:49 ago)
    Statistics:
      packet totals: receive 0
      byte totals: receive 0

次に、セグメントの 1 つとしてスイッチ ポート アナライザ(SPAN)を持つ xconnect を表示する出力例を示します。

Show l2vpn xconnect type minotor-session-pw
Legend: ST = State, UP = Up, DN = Down, AD = Admin Down, UR = Unresolved,
        LU = Local Up, RU = Remote Up, CO = Connected

XConnect                         Segment 1                    Segment 2                
Group             Name       ST     Description           ST   Description            ST
-----------------------------   ---------------------------  --------------------------
g1                x1        UP    pw-span-test          UP   2.2.2.2         1      UP
--------------------------------------------------------------------------------------

次に、単一方向冗長がイネーブルになっている場合の出力例を示します。

Group g1, XC x2, state is up; Interworking none
  AC: GigabitEthernet0/2/0/0.2, state is up, active in RG-ID 1
    Type VLAN; Num Ranges: 1
    VLAN ranges: [2, 2]
    MTU 1500; XC ID 0x3000002; interworking none
    Statistics:
      packets: received 103, sent 103
      bytes: received 7348, sent 7348
      drops: illegal VLAN 0, illegal length 0
  PW: neighbor 101.101.101.101, PW ID 2000, state is up ( established )
    PW class class1, XC ID 0x3000002
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet VLAN, control word disabled, interworking none
PW backup disable delay 0 sec
One-way PW redundancy mode is enabled
    Sequencing not set
…..
    Incoming Status (PW Status TLV):
      Status code: 0x0 (Up) in Notification message
    Outgoing Status (PW Status TLV):
      Status code: 0x0 (Up) in Notification message
…..
  Backup PW:
  PW: neighbor 102.102.102.102, PW ID 3000, state is standby ( all ready )
    Backup for neighbor 101.101.101.101 PW ID 2000 ( inactive )
    PW class class1, XC ID 0x3000002
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet VLAN, control word disabled, interworking none
    Sequencing not set
…..
    Incoming Status (PW Status TLV):
      Status code: 0x26 (Standby, AC Down) in Notification message
    Outgoing Status (PW Status TLV):
      Status code: 0x0 (Up) in Notification message

次に、show l2vpn xconnect コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect

Legend: ST = State, UP = Up, DN = Down, AD = Admin Down, UR = Unresolved,
              LU = Local Up, RU = Remote Up, CO = Connected

XConnect                   Segment 1                   Segment 2                
Group      Name       ST   Description            ST   Description            ST
----------------------------   ---------------------------   -------------------------
siva_xc    siva_p2p   UP   Gi0/4/0/1              UP   1.1.1.1         1      UP
                                                       Backup                   
                                                       2.2.2.2         2      UP
--------------------------------------------------------------------------------

The following sample output shows that the backup is in standby mode for the show l2vpn xconnect detail command:

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect detail

Group siva_xc, XC siva_p2p, state is up; Interworking none
  AC: GigabitEthernet0/4/0/1, state is up
    Type Ethernet
    MTU 1500; XC ID 0x5000001; interworking none; MSTi 0
    Statistics:
      packet totals: received 90, sent 90
      byte totals: received 19056, sent 19056
  PW: neighbor 1.1.1.1, PW ID 1, state is up ( established )
    PW class not set, XC ID 0x5000001
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
    Sequencing not set
        MPLS         Local                          Remote                        
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
      Label        30005                          16003                         
      Group ID     0x5000300                      0x5000400                     
      Interface    GigabitEthernet0/4/0/1         GigabitEthernet0/4/0/2        
      MTU          1500                           1500                          
      Control word enabled                        enabled                       
      PW type      Ethernet                       Ethernet                      
      VCCV CV type 0x2                            0x2                           
                   (LSP ping verification)        (LSP ping verification)       
      VCCV CC type 0x3                            0x3                           
                    (control word)                 (control word)                
                   (router alert label)           (router alert label)          
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
    Create time: 20/11/2007 21:45:07 (00:49:18 ago)
    Last time status changed: 20/11/2007 21:45:11 (00:49:14 ago)
    Statistics:
      packet totals: received 0, sent 0
      byte totals: received 0, sent 0

  Backup PW:
  PW: neighbor 2.2.2.2, PW ID 2, state is up ( established )
    Backup for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1 ( standby )
    PW class not set, XC ID 0x0
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
    Sequencing not set
        MPLS         Local                          Remote                        
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
      Label        30006                          16003                         
      Group ID     unassigned                     0x5000400                     
      Interface    unknown                        GigabitEthernet0/4/0/2        
      MTU          1500                           1500                          
      Control word enabled                        enabled                       
      PW type      Ethernet                       Ethernet                      
      VCCV CV type 0x2                            0x2                           
                   (LSP ping verification)        (LSP ping verification)       
      VCCV CC type 0x3                            0x3                           
                    (control word)                 (control word)                
                   (router alert label)           (router alert label)          
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
    Backup PW for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1
    Create time: 20/11/2007 21:45:45 (00:48:40 ago)
    Last time status changed: 20/11/2007 21:45:49 (00:48:36 ago)
    Statistics:
      packet totals: received 0, sent 0
      byte totals: received 0, sent 0

The following sample output shows that the backup is active for the show l2vpn xconnect detail command:

RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect detail

Group siva_xc, XC siva_p2p, state is down; Interworking none
  AC: GigabitEthernet0/4/0/1, state is up
    Type Ethernet
    MTU 1500; XC ID 0x5000001; interworking none; MSTi 0
    Statistics:
      packet totals: send 98
      byte totals: send 20798
  PW: neighbor 1.1.1.1, PW ID 1, state is down ( local ready )
    PW class not set, XC ID 0x5000001
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
    Sequencing not set
        MPLS         Local                          Remote                        
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
      Label        30005                          unknown                       
      Group ID     0x5000300                      0x0                           
      Interface    GigabitEthernet0/4/0/1         unknown                       
      MTU          1500                           unknown                       
      Control word enabled                        unknown                       
      PW type      Ethernet                       unknown                       
      VCCV CV type 0x2                            0x0                           
                                                  (none)                        
                   (LSP ping verification)                                      
      VCCV CC type 0x3                            0x0                           
                                                  (none)                        
                    (control word)                                               
                   (router alert label)                                         
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
    Create time: 20/11/2007 21:45:06 (00:53:31 ago)
    Last time status changed: 20/11/2007 22:38:14 (00:00:23 ago)
    Statistics:
      packet totals: received 0, sent 0
      byte totals: received 0, sent 0

  Backup PW:
  PW: neighbor 2.2.2.2, PW ID 2, state is up ( established )
    Backup for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1 ( active )
    PW class not set, XC ID 0x0
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word enabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
    Sequencing not set
        MPLS         Local                          Remote                        
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
      Label        30006                          16003                         
      Group ID     unassigned                     0x5000400                     
      Interface    unknown                        GigabitEthernet0/4/0/2        
      MTU          1500                           1500                          
      Control word enabled                        enabled                       
      PW type      Ethernet                       Ethernet                      
      VCCV CV type 0x2                            0x2                           
                   (LSP ping verification)        (LSP ping verification)       
      VCCV CC type 0x3                            0x3                           
                    (control word)                 (control word)                
                   (router alert label)           (router alert label)          
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
    Backup PW for neighbor 1.1.1.1 PW ID 1
    Create time: 20/11/2007 21:45:44 (00:52:54 ago)
    Last time status changed: 20/11/2007 21:45:48 (00:52:49 ago)
    Statistics:
      packet totals: received 0, sent 0
      byte totals: received 0, sent 0

次に、ダブル タグ書き換えオプションが使用された際に、PW タイプがインターフェイス上で仮想回線(VC)タイプ 5 であるイーサネットに変更する例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router# show l2vpn xconnect pw-class pw-class1 detail

Group VPWS, XC ac3, state is up; Interworking none
AC: GigabitEthernet0/7/0/5.3, state is up
Type VLAN; Num Ranges: 1
VLAN ranges: [12, 12]
MTU 1508; XC ID 0x2440096; interworking none
Statistics:
packets: received 26392092, sent 1336
bytes: received 1583525520, sent 297928
drops: illegal VLAN 0, illegal length 0
PW: neighbor 3.3.3.3, PW ID 3, state is up ( established )
PW class VPWS1, XC ID 0x2440096
Encapsulation MPLS, protocol LDP
PW type Ethernet, control word disabled, interworking none
PW backup disable delay 0 sec
Sequencing not set

Preferred path tunnel TE 3, fallback disabled
PW Status TLV in use
						MPLS         Local                          Remote
						------------ ------------------------------ -----------------------------
						Label        16147                          21355
						Group ID     0x120001c0                     0x120001c0
      Interface    GigabitEthernet0/7/0/5.3       GigabitEthernet0/7/0/5.3
      MTU          1508                           1508
      Control word disabled                       disabled
      PW type      Ethernet                       Ethernet                    
      VCCV CV type 0x2                            0x2
                   (LSP ping verification)        (LSP ping verification)
      VCCV CC type 0x6                            0x6
                   (router alert label)           (router alert label)
                   (TTL expiry)                   (TTL expiry)
      ------------ ------------------------------ -----------------------------
Incoming Status (PW Status TLV):
Status code: 0x0 (Up) in Notification message
Outgoing Status (PW Status TLV):
Status code: 0x0 (Up) in Notification message
MIB cpwVcIndex: 4294705365
Create time: 21/09/2011 08:05:01 (00:14:01 ago)
Last time status changed: 21/09/2011 08:07:01 (00:12:01 ago)
Statistics:
packets: received 1336, sent 26392092
bytes: received 297928, sent 1583525520

次に、設定済みフロー ラベルの出力例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router#  show l2vpn xconnect detail
Group g1, XC p1, state is up; Interworking none
  AC: GigabitEthernet0/0/1/1, state is up
    Type Ethernet
    MTU 1500; XC ID 0x1000002; interworking none
    Statistics:
      packets: received 24688, sent 24686
      bytes: received 1488097, sent 1487926
  PW: neighbor 3.3.3.3, PW ID 2, state is up ( established )
    PW class class1, XC ID 0x1000002
    Encapsulation MPLS, protocol LDP
    PW type Ethernet, control word disabled, interworking none
    PW backup disable delay 0 sec
Sequencing not set
Flow label flags configured (Rx=1,Tx=1), negotiated (Rx=0,Tx=1)

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

表 4 show l2vpn xconnect コマンド フィールドの説明

フィールド

説明

XConnect Group

設定済みのすべての相互接続グループを表示します。

Group

相互接続グループの番号を表示します。

Name

相互接続グループの名前を表示します。

Description

相互接続グループの説明を表示します。 説明が設定されていない場合は、インターフェイス タイプが表示されます。

ST

相互接続グループのステート:up(UP)または down(DN)です。

Related Commands

Command

Description

xconnect group

相互接続グループを設定します。  

transport mode(L2VPN)

L2VPN 疑似回線クラス転送モードを設定するには、L2VPN 疑似回線クラス MPLS カプセル化モードで transport mode コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

transport mode { ethernet | vlan passthrough }

no transport mode { ethernet | vlan passthrough }

Syntax Description

ethernet

イーサネット ポート モードを設定します。

vlan

VLAN タグ付きモードを設定します。

passthrough

着信タグをパススルーする疑似回線をイネーブルにします。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN 疑似回線クラス MPLS カプセル化

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.1.0

passthrough 変数が追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


no l2vpn コマンドを使用して、すべての L2VPN コンフィギュレーションを削除できます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、イーサネット転送モードを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class kanata01
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pw)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-encap-mpls)# transport-mode ethernet

Examples

次に、パススルー変数で VLAN タグ付きモードの疑似回線を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# pw-class pwc1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-pw)# encapsulation mpls
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn-encap-mpls)# transport-mode vlan passthrough

Related Commands

Command

Description

pw-class(L2VPN)

疑似回線クラス サブモードを開始して、疑似回線クラス テンプレートを定義します。  

xconnect group

相互接続グループを設定するには、L2VPN コンフィギュレーション モードで xconnect group コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

xconnect group group-name

no xconnect group group-name

Syntax Description

group-name

自由形式の 32 文字ストリングを使用して、相互接続グループ名を設定します。

Command Default

なし

Command Modes

L2VPN コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


ボックスごとに最大 16K の相互接続を設定できます。


Task ID

タスク ID

操作

l2vpn

読み取り、書き込み

Examples

次に、customer_atlantic のすべての相互接続をグループ化する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# l2vpn
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-l2vpn)# xconnect group customer_atlantic

Related Commands

Command

Description

show l2vpn xconnect

設定されている相互接続に関する簡潔な情報を表示します。