Cisco ASR 9000 リーズ アグリゲーション サービス ルータ拡張システム コマンド リファレンス リリース 4.2.x
トラブルシューティング コマンド
トラブルシューティング コマンド
発行日;2013/02/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

トラブルシューティング コマンド

このモジュールでは、Cisco IOS XR ソフトウェアを実行中のルータのトラブルシューティングに使用するコマンドについて説明します。

シスコ サポート タスク ID を持つこの章のコマンドは、トラブルシューティング プロセスの一部として、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Feature Troubleshooting Module』で使用されます。 この章に記載されていないシスコ サポート タスク ID を持つコマンドについては、シスコのテクニカル サポートにお問い合せください。


注意    


これらのシスコ サポート コマンドは、シスコのテクニカル サポート担当者のみが使用するために、通常は予約されています。 適切に使用しないと製品に影響するパフォーマンスやその他の問題の原因となる可能性のある何らかのリスクがあります。これらのコマンドを使用する前に、シスコのテクニカル サポートに連絡することを推奨します。


show im database

インターフェイス マネージャ(IM)の共有メモリ データベースに保存されている情報を表示するには、EXEC モードで show im database コマンドを使用します。

show im database [ brief | detail | ifhandle | interface | summary | verbose | view ] interface-type interface-instance location node-id

Syntax Description

brief

(任意)IM データベースに関する要約情報を表示します。

detail

(任意)IM データベースに関する詳細情報を表示します。

ifhandle

(任意)ハンドルによって特定のインターフェイスを選択します。

interface

(任意)名前によって特定のインターフェイスを選択します。

summary

(任意)IM データベース サマリー情報を表示します。

verbose

(任意)IM データベースに関する冗長情報を表示します。

view

(任意)ビューに基づいて情報をフィルタリングするためのデータベース ビューを指定します。

interface-type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-instance

次に示す、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カードにある管理イーサネット インターフェイスについては、物理スロット番号は英数字(RP0 または RP1)、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0。

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

location node-id

指定されたノードの IM データベース情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cisco-support

read

interface

read

Examples

次に、show im database コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow im database verbose interface null 0
Mon Nov  9 22:10:37.964 PST

View: OWN - Owner, L3P - Local 3rd Party, G3P - Global 3rd Party,
      LDP - Local Data Plane, GDP - Global Data Plane, RED - Redundancy

Node 0/RP0/CPU0 (0x201)

Interface Null0, ifh 0x00080030 (up, 1500)
  Interface flags:          0x00010097 (IFINDEX|VIRTUAL|CONFIG|VIS|DATA|CONTRO
  Encapsulation:            null                                              
  Interface type:           IFT_NULL                                          
  Views:                    GDP|LDP|G3P|L3P|OWN                               
  Control location:         0/RP0/CPU0                                        
  Owner Private:            92 bytes                                          
    Flags:                  <none>                                            
    State Transitions:      1                                                 
    Dampening Config:       NO                                                
    Shared Locks:           0                                                 
    MTU default             1500                                              
    MTU ovh for bc/subif:   0/0                                               
    MTU min/max:            0/0                                               
    MTU avail/child:        0/1500                                            
    MTU actual/notified:    1500/1500                                         
    State (constraint):     UP (UP)                                           
    Callback:               OWN GROUP OWNER - ID 17[-]                        
    Ctrl Flags:             CFG_RDY|RDY|DNLD|INTF                             
  Instance ID:              31                                                
  Checkpoint:               48 bytes                                          
  Resource in NetIO:        TRUE                                              

  Protocol        Caps (state, mtu)
  --------        -----------------
  None            null (up, 1500)
    Views:                  LDP|G3P|L3P|OWN                                   
    Owner Private:          92 bytes                                          
      Flags:                <none>                                            
      MTU min/max:          0/0                                               
      MTU avail/child:      1500/1500                                         
      MTU actual/notified:  1500/1500                                         
      State (constraint):   UP (UP)                                           
      Callback:             OWN GROUP OWNER - ID 17[-]                        
      Ctrl Flags:           CFG_RDY|RDY|DNLD                                  
    Instance ID:            31                                                
    Checkpoint:             20 bytes                                          
    Resource in NetIO:      TRUE                                              
    Demux limit:            0x00000000                                        
  

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。



表 1 show im database のフィールドの説明

フィールド

説明

nodeid

ノードに関連付けられた ID。

Interface

インターフェイス名。

Protocol

インターフェイスに関連付けられたプロトコルのカプセル化。

Caps(state, mtu)

関連付けられた状態および MTU 値を持つカプセル化の名前。

次に、show im database コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow im database brief location 0/0/CPU0

View: OWN - Owner, L3P - Local 3rd Party, G3P - Global 3rd Party,
      LDP - Local Data Plane, GDP - Global Data Plane, RED - Redundancy

Node 0/0/CPU0 (0x1)

 Handle   | Name                 | State    | MTU |#P|#C| Views             |
----------|----------------------|----------|-----|--|--|-------------------|
0x01080020 FI0/0/CPU0             up          8000 11 12 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080060 Gi0/0/0/0              up          9212  3  3 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080080 Gi0/0/0/1              up          1514  3  3 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010800a0 Gi0/0/0/2              up          1514  3  3 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010800c0 Gi0/0/0/3              down        1514  4  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010800e0 Gi0/0/0/4              up          1514  3  3 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080100 Gi0/0/0/5              up          1514  3  3 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080120 Gi0/0/0/6              up          1514  8 17 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080140 Gi0/0/0/7              down        1514  6  9 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010801c0 Gi0/0/0/6.1            up          1518  4  5 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010801e0 Gi0/0/0/6.101          up          1518  5 13 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080200 Gi0/0/0/6.102          up          1518  5 13 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080220 Gi0/0/0/6.103          up          1518  5 13 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080240 Gi0/0/0/6.104          up          1518  5 13 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080260 Gi0/0/0/6.105          up          1518  4 12 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080280 Gi0/0/0/6.106          up          1518  4 12 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010802a0 Gi0/0/0/6.107          up          1518  4 12 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010802c0 Gi0/0/0/6.108          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010802e0 Gi0/0/0/6.109          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080300 Gi0/0/0/6.110          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080320 Gi0/0/0/6.111          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080340 Gi0/0/0/6.112          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080360 Gi0/0/0/6.113          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080380 Gi0/0/0/6.114          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010803a0 Gi0/0/0/6.115          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010803c0 Gi0/0/0/6.116          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010803e0 Gi0/0/0/6.117          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080400 Gi0/0/0/6.118          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080420 Gi0/0/0/6.119          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080440 Gi0/0/0/6.120          up          1518  4 10 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080460 Gi0/0/0/6.121          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080480 Gi0/0/0/6.122          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010804a0 Gi0/0/0/6.123          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010804c0 Gi0/0/0/6.124          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010804e0 Gi0/0/0/6.125          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080500 Gi0/0/0/6.126          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080520 Gi0/0/0/6.127          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080540 Gi0/0/0/6.128          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080560 Gi0/0/0/6.129          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080580 Gi0/0/0/6.130          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010805a0 Gi0/0/0/6.131          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010805c0 Gi0/0/0/6.132          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010805e0 Gi0/0/0/6.133          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080600 Gi0/0/0/6.134          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080620 Gi0/0/0/6.135          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080640 Gi0/0/0/6.136          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080660 Gi0/0/0/6.137          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080680 Gi0/0/0/6.138          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010806a0 Gi0/0/0/6.139          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010806c0 Gi0/0/0/6.140          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010806e0 Gi0/0/0/6.141          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080700 Gi0/0/0/6.142          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080720 Gi0/0/0/6.143          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080740 Gi0/0/0/6.144          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080760 Gi0/0/0/6.145          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080780 Gi0/0/0/6.146          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010807a0 Gi0/0/0/6.147          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010807c0 Gi0/0/0/6.148          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010807e0 Gi0/0/0/6.149          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080800 Gi0/0/0/6.150          up          1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080820 Gi0/0/0/7.1            down        1518  2  5 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080840 Gi0/0/0/7.2            down        1518  4  6 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080860 Gi0/0/0/7.3            down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080880 Gi0/0/0/7.4            down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010808a0 Gi0/0/0/7.5            down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010808c0 Gi0/0/0/7.6            down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x010808e0 Gi0/0/0/7.7            down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080900 Gi0/0/0/7.8            down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080920 Gi0/0/0/7.9            down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080940 Gi0/0/0/7.10           down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01080960 Gi0/0/0/7.11           down        1518  3  4 GDP|LDP|L3P|OWN    
0x01100020 Mg0/1/CPU1/0           N/A            -  0  0 GDP                
0x01100040 FI0/1/CPU1             N/A            -  0  0 GDP                
0x01180020 FI0/1/CPU0             N/A            -  0  0 GDP                
0x01180040 Mg0/1/CPU0/0           N/A            -  0  0 GDP                
0x01180030 Nu0                    N/A            -  0  0 GDP                
0x01180050 En0                    N/A            -  2  2 GDP|LDP            
0x01180070 En6tunnel0             N/A            -  2  2 GDP|LDP            
0x01180090 Lo0                    N/A            -  0  0 GDP                
0x011800b0 Lo1                    N/A            -  0  0 GDP                
0x011800d0 Lo2                    N/A            -  0  0 GDP                
0x011800f0 Lo3                    N/A            -  0  0 GDP                
0x01180110 Lo5                    N/A            -  0  0 GDP                
0x01180130 Lo6                    N/A            -  0  0 GDP                
0x01180150 Lo7                    N/A            -  0  0 GDP                
0x01180170 BE102                  N/A            -  0  0 GDP                
0x01180190 BE1080                 N/A            -  3  4 GDP|LDP            
0x011801b0 BE1083                 N/A            -  3  4 GDP|LDP            
0x011801d0 BE1084                 N/A            -  3  4 GDP|LDP            
0x011801f0 BE1085                 N/A            -  5 12 GDP|LDP            
0x01180210 BE1085.1               N/A            -  4  6 GDP|LDP            
0x01180230 BE1085.102             N/A            -  4  7 GDP|LDP
  

show imds interface brief

インターフェイス マネージャ配布サーバ(IMDS)に関するインターフェイス情報を表示するには、EXEC モードで show imds interface brief コマンドを使用します。

show imds interface brief

Syntax Description

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

IMDS インターフェイス情報を表示するには、show imds interface brief コマンドを使用します。 インターフェイスごとに、状態、使用されているカプセル化、最大伝送単位(MTU)、およびインターフェイス ハンドル(ifhandle)が期待どおりであるかどうかを調べるには、コマンド出力を使用します。

Task ID

タスク ID

操作

cisco-support

read

Examples

次に、show imds interface brief コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router show imds interface brief 

IMDS BRIEF INTERFACE DATA (Node 0x201)
  handle            name           flags     state      mtu        encap
---------- ----------------------- ------ ----------- -------- ---------------
0x00080000 FINT0/RP0/CPU0          0x0007 up          8000     91 (fint_base) 
0x00080010 Null0                   0x100ab up          1500     17 (null)      
0x00080020 MgmtEth0/RP0/CPU0/0     0x1002f up          1514     30 (ether)     
0x00080030 Loopback0               0x100ab up          1514     16 (loopback)  
0x00080050 Bundle-POS24            0x104ab up          4474     14 (hdlc)      
0x00080070 Bundle-Ether28          0x104ab up          1514     30 (ether)     
0x00080090 Bundle-Ether28.1        0x10cab up          1500     107 (dot1q)    
0x000800b0 Bundle-Ether28.2        0x10cab up          1500     107 (dot1q)    
0x000800d0 Bundle-Ether28.3        0x10cab up          1500     107 (dot1q)    
0x01180000 FINT0/1/CPU0            0x0007 up          8000     91 (fint_base) 
0x01180020 GigabitEthernet0/1/5/0  0x1002f up          1514     30 (ether)     
0x01180040 GigabitEthernet0/1/5/1  0x1002f up          1514     30 (ether)     
0x01180060 GigabitEthernet0/1/5/2  0x1002f up          1514     30 (ether)     
0x01180080 GigabitEthernet0/1/5/3  0x1002f admin-down  1514     30 (ether)     
0x011800a0 GigabitEthernet0/1/5/4  0x1002f down        1514     30 (ether)     
0x011800c0 GigabitEthernet0/1/5/5  0x1002f admin-down  1514     30 (ether)     
.
.
.
0x01680480 SONET0/6/4/5            0x1006d up          10000    0 (Unknown)    
0x016804a0 SonetPath0/6/4/5        0x10005 up          10000    0 (Unknown)    
0x016804c0 POS0/6/4/5              0x1002f up          4474     14 (hdlc)      
0x016804e0 SONET0/6/4/6            0x1006d up          10000    0 (Unknown)    
0x01680500 SonetPath0/6/4/6        0x10005 up          10000    0 (Unknown)    
0x01680520 POS0/6/4/6              0x1002f up          4474     14 (hdlc)      
0x01680540 SONET0/6/4/7            0x1006d up          10000    0 (Unknown)    
0x01680560 SonetPath0/6/4/7        0x10005 down        10000    0 (Unknown)    
0x01680580 POS0/6/4/7              0x1002f admin-down  4474     14 (hdlc)      

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。



表 2 show imds interface brief のフィールドの説明

フィールド

説明

name

インターフェイス名。

state

インターフェイスの状態

mtu

インターフェイスに関連付けられている MTU。

encap

インターフェイスに関連付けられた基本カプセル化。

show sysdb connections

システム データベース(SYSDB)のクライアント接続の情報を表示するには、EXEC モードで show sysdb connections コマンドを使用します。

show sysdb connections [ detail | job | path | location | shared-plane ]

Syntax Description

detail

(任意)詳細なクライアント接続情報を表示します。

job

(任意)ジョブ ID を指定します。

path

(任意)パス フィルタを指定します。

location

(任意)場所を指定します。

shared-plane

(任意)共有プレーン データを表示します

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

sysmgr

read

cisco-support

read

Examples

次に、show sysdb connections コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show sysdb connections detail location 0/1/CPU0

SysDB Connections:
  "/debug/node/11/LR/sysdb/client/"
  From:      shmwin_svr (jid 76, nid 0/1/CPU0, tid 1)
  Connid:    00000001 Refcount: 0002 Options:   00000032
  Connected:        Y In trans:    N Verf susp:        N
  Client connid: 00000000
  Connected at: Jul 14 19:31:47.304 
  "/debug/node/11/LR/packet/"
  From:      packet (jid 218, nid 0/1/CPU0, tid 1)
  Connid:    00000002 Refcount: 0002 Options:   00000032
  Connected:        Y In trans:    N Verf susp:        N
  Client connid: 00000000
  Connected at: Jul 14 19:31:47.305 
  "/debug/node/11/LR/cdm/qsm/"
  From:      qsm (jid 246, nid 0/1/CPU0, tid 4)
  Connid:    00000003 Refcount: 0002 Options:   00000032
  Connected:        Y In trans:    N Verf susp:        N
  Client connid: 00000000
  Connected at: Jul 14 19:31:47.305 
  "/debug/node/11/LR/eem/"
  From:      wdsysmon (jid 361, nid 0/1/CPU0, tid 5)
  Connid:    00000005 Refcount: 0002 Options:   00000032
  Connected:        Y In trans:    N Verf susp:        N
Client connid: 00000000
  Connected at: Jul 14 19:31:47.316 
  "/debug/node/11/LR/sysmgr/"
  From:      sysmgr (jid 79, nid 0/1/CPU0, tid 7)
  Connid:    00000013 Refcount: 0002 Options:   00000032
...
  

show sysdb trace verification location

システム データベース(SYSDB)のトレース検証情報を表示するには、EXEC モードで show sysdb trace verification location コマンドを使用します。

show sysdb trace verification location node-id

Syntax Description

node-id

特定のノード。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ローカル プレーン コンフィギュレーションの最近の検証 sysDB トランザクションおよび変更の詳細を表示するには、show sysdb trace verification shared-plane location コマンドを使用します。 コマンド出力により、設定が検証され受け入れられたことを確認することができます。

Task ID

タスク ID

操作

sysmgr

read

cisco-support

read

Examples

次に、show sysdb trace verification shared-plane location コマンドの出力例を示します。 この出力は、SysDB ローカル プレーンへの変更が検証され受け入れられたことを示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show sysdb trace verification location 0/3/CPU0 

Timestamp             jid       tid   reg handle  connid     action             
              path
323 wrapping entries (4096 possible, 299 filtered, 622 total)
Jul  7 20:10:36.212      260       1     90       8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.476      260       1     90       4912       Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_0.1/a/sub_vlan/0x2/________/Gigab
itEthernet0_3_4_0/________'
Jul  7 20:10:35.475      260       1     90       4912       verify reply: accep
t             '--'
Jul  7 20:10:35.471      260       1     90       4912       Verify called      
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_0.1/a/sub_vlan/0x2/________/Gigab
itEthernet0_3_4_0/________'
Jul  7 20:10:35.471      144       1     4        8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.471      144       1     4        8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.471      144       1     4        8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.471      144       1     4        8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.471      144       1     4        8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.471      144       1     4        8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.471      144       1     4        8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.471      144       1     4        8782       apply reply        
              '--'
Jul  7 20:10:35.470      144       1     4        474        Apply/abort batch e
nded          ''
Jul  7 20:10:35.470      144       1     4        474        Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_0/ord_x/im/shutdown'
Jul  7 20:10:35.470      144       1     4        474        Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_1/ord_x/im/shutdown'
Jul  7 20:10:35.470      144       1     4        474        Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_2/ord_x/im/shutdown'
Jul  7 20:10:35.470      144       1     4        474        Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_3/ord_x/im/shutdown'
Jul  7 20:10:35.470      144       1     4        474        Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_4/ord_x/im/shutdown'
Jul  7 20:10:35.469      144       1     4        474        Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_5/ord_x/im/shutdown'
Jul  7 20:10:35.469      144       1     4        474        Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_6/ord_x/im/shutdown'
Jul  7 20:10:35.469      144       1     4        474        Apply/abort called 
              'cfg/if/act/GigabitEthernet0_3_4_7/ord_x/im/shutdown'
Jul  7 20:10:35.469      144       1     4        474        Apply/abort batch s
tarted        ''
Jul  7 20:10:35.469      144       1     4        474        verify reply: accep
t             '--'
Jul  7 20:10:35.469      144       1     4        474        verify reply: accep
t             '--'
Jul  7 20:10:35.469      144       1     4        474        verify reply: accep
t             '--'
!
!
!

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。



表 3 show sysdb trace verification location のフィールドの説明

フィールド

説明

Timestamp

検証の時刻。

jid

検証のジョブ ID。

tid

スレッド ID。

reg handle

登録ハンドル。

connid

接続 ID。

action

sysDB サーバとクライアントの間で発生するアクション。

apply reply

適用アクションが発生したことをクライアントに示す SysDB 通知。

Apply/abort called

適用または中断が呼び出されたことをクライアントに示す SysDB 通知。

verify reply: accept

ベリファイアは検証要求を受け入れました。

Related Commands

コマンド

説明

show sysdb connection path shared-plane

特定のパスのシステム データベース クライアント接続共有プレーン データを表示します。

show sysdb trace verification shared-plane

システム データベース(SYSDB)のトレース検証情報を表示するには、EXEC モードで show sysdb trace verification shared-plane コマンドを使用します。

show sysdb trace verification shared-plane [ file | hexdump | last | location | reverse | stats | tailf | unique | verbose | wrapping ]

Syntax Description

file

(任意)ファイルの名前を指定します。

hexdump

(任意)16 進数表記でパケットの内容を表示します。

last

(任意)表示するキューのパケットの最後の個数を指定します。

location

(任意)カード位置を表示します。

reverse

(任意)新たに追加されたトレースを指定します。

stats

(任意)トレース統計情報を表示します。

tailf

(任意)新たに追加されたトレースを表示します。

unique

(任意)一意のエントリとそのカウントのリストを表示します。

verbose

(任意)内部デバッグ情報を表示します。

wrapping

(任意)すべてのトレース情報の折り返しエントリを表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

共有プレーンの最近の検証 sysDB トランザクションおよび変更の詳細を表示するには、show sysdb trace verification shared-plane コマンドを使用します。 コマンド出力により、設定が正しく検証されたかどうかを確認することができます。

| include キーワードおよび path 引数を使用してパスを指定すると、ルータの sysDB パスだけを表示するようにデータはフィルタリングされます。 パスを確認するには、describe コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

sysmgr

read

cisco-support

read

Examples

次に、show sysdb trace verification shared-plane コマンドの出力例を示します。 この出力は、SysDB 共有プレーンへの変更が検証され受け入れられたことを示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show sysdb trace verification shared-plane | include gl/a/hostname 

May 18 19:16:17.143      340       3     210      962        Apply/abort called 
              'cfg/gl/a/hostname'
May 18 19:16:17.132      340       3     210      962        Verify called      
              'cfg/gl/a/hostname'
May 18 19:16:17.126      340       3     210      962        Apply/abort called 
              'cfg/gl/a/hostname'
May 18 19:16:17.109      340       3     210      962        Verify called      
              'cfg/gl/a/hostname'
May 18 18:43:16.065      340       3     210      962        register           
              'cfg/gl/a/hostname'
May 18 18:41:41.048      340       3     16       362        register           
              'cfg/gl/a/hostname'
  
次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

表 4 show sysdb trace verification shared-plane のフィールドの説明

フィールド

説明

Apply/abort called

SysDB サーバは検証を必要とするアクションを適用したかあるいは中断しました。

Verify called

クライアントは sysDB サーバに検証要求を発行しました。

register

クライアントは検証のために sysDB サーバに登録されました。

Related Commands

コマンド

説明

show sysdb connection path shared-plane

特定のパスの sysDB クライアント接続共有プレーン データを表示します。

show tbm hardware

ツリー ビットマップ ハードウェア関連情報を表示するには、EXEC モードで show tbm hardware コマンドを使用します。

show tbm hardware { ipv4 | ipv6 | mpls | vpnv4 | table-id | afi-all | sw-only | dual | egress | ingress } { unicast | multicast | safi-all } { dual | egress | ingress | sw-only } { brief | detail | lookup | prefix prefix-hex-string } location node-id

Syntax Description

ipv4

IP Version 4 アドレス プレフィックスを指定します。

ipv6

IP Version 6 アドレス プレフィックスを指定します。

mpls

MPLS 関連のツリー ビットマップ情報を指定します。

vpnv4

VPNv4 関連のツリー ビットマップ情報を指定します。

table-id

特定のテーブル ID のツリー ビットマップ情報を指定します。

afi-all

IPv4 および IPv6 コマンドを指定します。

sw-only

ソフトウェア専用のツリー ビットマップ情報を指定します。

dual

デュアル、入力および出力モードのツリー ビットマップ情報を指定します。

egress

出力のツリー ビットマップ情報を指定します。

ingress

入力のツリー ビットマップ情報を指定します。

unicast

ユニキャスト アドレス プレフィックスを指定します。

multicast

マルチキャスト アドレス プレフィックスを指定します。 このオプションは、IPv4 アドレス ファミリでサポートされます。

safi-all

サブアドレス ファミリの場合に、すべてのサブアドレス ファミリのプレフィックスを指定します。 このオプションは、IPv4 アドレス ファミリでサポートされます。

dual

入力および出力のツリー ビットマップ情報を指定します。

brief

概要情報を表示します。

detail

詳細情報を表示します。

lookup

テーブルで検索(最長一致)するキーまたはアドレス情報を表示します。

prefix

プレフィックス関連情報を表示します。

location node-id

指定されたノードのツリー ビットマップ ハードウェア関連情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ツリー ビットマップのハードウェア関連の入力および出力情報を表示するには、show tbm hardware コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

cisco-support

read

Examples

下の例は、show tbm hardware コマンドの出力を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow tbm hardware ipv4 unicast dual detail location 0/6/cpu0

TBM Table Type: IPv4 Unicast  
------------------------------
TBM: number of pulses: 71
TBM: number of Err fix attempts: 0
     No current failures
Past failures: leaf(0), mem(0), mipc(0), flush_mipc(0)
               post_compact(0), pre_compact(0)

PLU Bucket Statistics:
-----------------------------
     Bucket 0: 44
     Bucket 1: 44
     Bucket 2: 327
     Bucket 3: 44
     Bucket 4: 44
     Bucket 5: 43
     Bucket 6: 43
     Bucket 7: 45

Ingress PLU Info
----------------
    PLU: Num Writes : 3064
    PLU: Num Copies : 2197
          
    PLU Memory Channel Statistics:
    -----------------------------
      Number of compactions: 0
         FCRAM0 Chan:      110 (Pages: 5, 1% used)
         FCRAM1 Chan:      125 (Pages: 8, 0% used)
         FCRAM2 Chan:      127 (Pages: 8, 0% used)
         FCRAM3 Chan:      148 (Pages: 8, 0% used)
         FCRAM4 Chan:      124 (Pages: 8, 0% used)

Egress PLU Info
----------------
    PLU: Num Writes : 3064
    PLU: Num Copies : 2197

    PLU Memory Channel Statistics:
    -----------------------------
      Number of compactions: 0
         FCRAM0 Chan:      110 (Pages: 5, 1% used)
         FCRAM1 Chan:      125 (Pages: 8, 0% used)
         FCRAM2 Chan:      127 (Pages: 8, 0% used)
         FCRAM3 Chan:      148 (Pages: 8, 0% used)
         FCRAM4 Chan:      124 (Pages: 8, 0% used)
  

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。



表 5 show tbm hardware のフィールドの説明

フィールド

説明

Past failures

プログラミング ハードウェアで障害があった回数。

PLU: Num Writes

ハードウェアの PLU 部分への書き込みの数。

PLU: Num Copies

ハードウェアの PLU 部分へのコピーの数。

PLU Memory Channel Statistics

PLU メモリの各チャネルの使用状況レベル。

show uidb data

マイクロ インターフェイス記述子ブロック(uIDB)のインデックス データ情報を表示するには、EXEC モードで show uidb data コマンドを使用します。

show uidb data [shadow] [ ingress | egress ] [ interface-type interface-instance ] location node-id

Syntax Description

shadow

(任意)Metro HW の代わりにシャドウ コピーの Route Skill Mapping(RSM)から uIDB データを表示します。

ingress

(任意)入力の PSE 関連情報を表示します。

egress

(任意)出力の PSE 関連情報を表示します。

interface-type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-instance

次に示す、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カードにある管理イーサネット インターフェイスについては、物理スロット番号は英数字(RP0 または RP1)、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RP1/CPU0/0。

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

location node-id

指定されたノードのマイクロ IDB インデックス データ情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

選択されたインターフェイスでイネーブルになっている機能を含むマイクロ IDB インデックス データ情報をソフトウェアの視点から表示するには、show uidb index コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

cisco-support

read

Examples

下の例は、show uidb data コマンドの出力を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:routersh uidb data shadow ingress gigabitEthernet 0/2/4/4 loc 0/2/CPU0 
--------------------------------------------------------------------------
  Location = 0/2/CPU0
  Ifname/Ifhandle = GigabitEthernet0_2_4_4 / 0x12800a0
  Index = 5
  Pse direction = INGRESS
  ============================================
  *     (Not programmed in hardware)    *
  --------------------------------------------
  RSM STATUS: 0x7c000000
  -> used: 0x1f
  ->dirty: 0x00
  ->badck: 0x00
  -> prog: DONE
  ->count: 0
  --------------------------------------------
  BUNDLE IFHANDLE: 0
  TUNNEL IFHANDLE: 0
  L2 ENCAP: 3
  ============================================

  General 16 bytes:
  ------------------------
  IFHANDLE: 0x12800a
  STATUS: 1
  ISSU State: 0
  IPV4 ENABLE: 1
  IPV6 ENABLE: 1
  MPLS ENABLE: 0
  STATS POINTER: 0x7ffd8
  SPRAYER QUEUE: 36
  IPV4 MULTICAST: 0
  IPV6 MULTICAST: 0
  USE TABLE ID IPV4: 0
  USE TABLE ID IPV6: 0
  USE TABLE ID MPLS: 0
  TABLE ID: 0
  QOS ENABLE: 0
  QOS ID: 0
  NETFLOW SAMPLING PERIOD: 0
  L2 PKT DROP: 0
  L2 QOS ENABLE: 0
  SRC FWDING: 0
  *[CHECKSUM]*: 0xff70f28c

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

表 6 show uidb data のフィールドの説明

フィールド

説明

Location

インターフェイスが存在するシステムのノード。

Ifname/Ifhandle

インターフェイスに関連付けられた名前。

SPRAYER QUEUE LSB

スプレーヤー キュー ID。

ICMP PUNT FLAG

ICMP パントがプロトコルに対してイネーブルになっていることを示すフラグ。

Related Commands

コマンド

説明

show uidb trace

問題のトラブルシューティングに役立つ UIDB トレース データのデバッグ情報を表示します。

show uidb data-dump

16 進数表記で UIDB データ情報を表示します。

show uidb trace

マイクロ インターフェイス記述子ブロック(IDB)のトレース データ情報を表示するには、EXEC モードで show uidb trace コマンドを使用します。

show uidb trace { all | errors | events | init | rsm }

Syntax Description

all

すべての UIDB トレース情報を表示します。

errors

UIDB エラー トレースに関係する情報を表示します。

events

UIDB イベント トレースに関係する情報を表示します。

init

UIDB init トレースに関係する情報を表示します。

rsm

UIDB rsm トレースに関係する情報を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cisco-support

read

Examples

次に、show uidb trace コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router sh uidb trace init loc 0/6/CPU0 
--------------------------------------------------------------------------
28 wrapping entries (512 possible, 0 filtered, 28 total)
Mar 31 02:27:35.368 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : Event manager init
Mar 31 02:27:36.641 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : Event manager int
Mar 31 02:27:36.641 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : Debug init
Mar 31 02:27:36.816 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : Debug init
Mar 31 02:27:36.816 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : MIPC bund
Mar 31 02:27:51.695 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : MIPC bind
Mar 31 02:27:51.695 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  PSE RSM : Init - main() : (50s
Mar 31 02:27:51.803 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : PSE RSM Init sucd
Mar 31 02:27:51.803 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : Metro bind
Mar 31 02:27:51.828 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : Metro bind
Mar 31 02:27:51.828 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : PLIM ASIC register
Mar 31 02:27:51.922 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : PLIM ASIC registr
Mar 31 02:27:51.922 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : UIDB checkpoint int
Mar 31 02:27:51.944 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : UIDB checkpoint t
Mar 31 02:27:51.944 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : UIDB shadow memoryt
Mar 31 02:27:51.944 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : UIDB shadow memot
Mar 31 02:27:51.944 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : UIDB EDM init
Mar 31 02:27:51.951 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : UIDB EDM init
Mar 31 02:27:51.951 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : Checkpoint ingresse
Mar 31 02:27:51.951 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Successful : Checkpoint ingree
Mar 31 02:27:51.951 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1  Entering : Checkpoint egress e

Mar 31 02:27:51.951 uidb_svr/initlog 0/6/CPU0 t1 Successful : Checkpoint egrese

Related Commands

コマンド

説明

show uidb data

UIDB インデックス データ情報を表示します。

show uidb data-dump

16 進数表記で UIDB データ情報を表示します。

show uidb index

マイクロ インターフェイス記述子ブロック(IDB)のインデックス情報を表示するには、EXEC モードで show uidb index コマンドを使用します。

show uidb index

Syntax Description

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ソフトウェアによって割り当てられるマイクロ IDB インデックスを表示するには、show uidb index コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

cisco-support

read

Examples

下の例は、show uidb index コマンドの出力を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow uidb index 

------------------------------------------------------------------------------
  Location Interface-name    Interface-Type       Ingress-index  Egress-index
---------------------------------------------------------------------------
    0/1/CPU0          0                                0                0 
    0/1/CPU0 GigabitEthernet0_1_5_0          Main interface        1            
    1 
    0/1/CPU0 GigabitEthernet0_1_5_1          Main interface        2            
    2 
    0/1/CPU0 GigabitEthernet0_1_5_2          Main interface        3            
    3 
    0/1/CPU0 GigabitEthernet0_1_5_3          Main interface        4            
    4 
    0/1/CPU0 GigabitEthernet0_1_5_4          Main interface        5            
    5 
    0/1/CPU0 GigabitEthernet0_1_5_5          Main interface        6            
    6 
    0/1/CPU0 GigabitEthernet0_1_5_6          Main interface        7            
    7 
    0/1/CPU0 GigabitEthernet0_1_5_7          Main interface        8            
    8 
    0/1/CPU0 POS0_1_0_0          Main interface        9                9 
    0/1/CPU0 POS0_1_4_0          Main interface       10               10 
    0/1/CPU0 POS0_1_0_1          Main interface       11               11 
    0/1/CPU0 POS0_1_4_1          Main interface       12               12 
    0/1/CPU0 POS0_1_0_2          Main interface       13               13 
    0/1/CPU0 POS0_1_4_2          Main interface       14               14 
    0/1/CPU0 POS0_1_0_3          Main interface       15               15 
    0/1/CPU0 POS0_1_4_3          Main interface       16               16 
    0/1/CPU0 Bundle-POS24        Bundle Interface  17               17 
    0/1/CPU0 Bundle-Ether28  Bundle Interface18 18
    0/1/CPU0 Bundle-Ether28.1           Sub-interface 19               19 
    0/1/CPU0 Bundle-Ether28.2           Sub-interface 20               20 
    0/1/CPU0 Bundle-Ether28.3           Sub-interface 21               21 
    0/6/CPU0          0                                0                0 
    0/6/CPU0 GigabitEthernet0_6_5_0          Main interface        1            
    1 
    0/6/CPU0 GigabitEthernet0_6_5_1          Main interface        2            
    2 
    0/6/CPU0 GigabitEthernet0_6_5_2          Main interface        3            
    3 
    0/6/CPU0 GigabitEthernet0_6_5_3          Main interface        4            
    4 
    0/6/CPU0 GigabitEthernet0_6_5_4          Main interface        5            
    5 
    0/6/CPU0 GigabitEthernet0_6_5_5          Main interface        6            
    6 
    0/6/CPU0 GigabitEthernet0_6_5_6          Main interface        7            
    7 
    0/6/CPU0 GigabitEthernet0_6_5_7          Main interface        8            
    8 
    0/6/CPU0 POS0_6_0_0          Main interface        9                9 
    0/6/CPU0 POS0_6_4_0          Main interface       10               10 
    0/6/CPU0 POS0_6_0_1          Main interface       11               11 
    0/6/CPU0 POS0_6_4_1          Main interface       12               12 
    0/6/CPU0 POS0_6_0_2          Main interface       13               13 
    0/6/CPU0 POS0_6_4_2          Main interface       14               14 
    0/6/CPU0 POS0_6_0_3          Main interface       15               15 
    0/6/CPU0 POS0_6_4_3          Main interface       16               16 
    0/6/CPU0 POS0_6_4_4          Main interface       17               17 
    0/6/CPU0 POS0_6_4_5          Main interface       18               18 
    0/6/CPU0 POS0_6_4_6          Main interface       19               19 
    0/6/CPU0 POS0_6_4_7          Main interface       20               20 
  
次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

表 7 show uidb index のフィールドの説明

フィールド

説明

Location

インデックスが見つかったノード。

Interface-name

インターフェイスの名前。

Interface-Type

インターフェイスのタイプ。

Ingress-index

インターフェイスでの入力処理に関連付けられた値。

Egress-index

インターフェイスでの出力処理に関連付けられた値。

Related Commands

コマンド

説明

show uidb data

マイクロ インターフェイス記述子ブロックのインデックス データ情報を表示します。

show uidb data-dump

16 進数表記でマイクロ インターフェイス記述子ブロックのデータ情報を表示します。

watchdog threshold memory

各アラームしきい値に使用できるメモリの値を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードまたはインターフェイス コンフィギュレーション モードで watchdog threshold memory コマンドを使用します。 デフォルトのしきい値のメモリに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

watchdog memory threshold [ location node-id ] minor percentage-memory-available severe percentage-memory-available critical percentage-memory-available

no watchdog memory threshold [ location node-id ] minor percentage-memory-available severe percentage-memory-available critical percentage-memory-available

Syntax Description

location node-id

指定されたノードのしきい値メモリを設定します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

minor

マイナー状態のしきい値を指定します。

percentage-memory- available

メモリ使用率。 範囲は 5 ~ 40 です。

severe

重大な状態のしきい値を指定します。

critical

クリティカル状態のしきい値を指定します。

Command Default

なし

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

メモリしきい値を設定するには、watchdog threshold memory コマンドを使用します。 しきい値は、location node-id キーワード/引数を使用して、すべてのノードまたは特定のノードに適用できます。 ローカルしきい値設定が削除されると、ローカル設定は、グローバルに設定された値に戻ります。 さらに、デフォルトおよび設定済みのしきい値を表示できます。

この表には、マイナーしきい値が 20 パーセント、重大なしきい値が 10 パーセント、クリティカルしきい値が 5 パーセントに設定されている場合に推奨されるメモリしきい値の計算結果がリストされています。

表 8 推奨されるメモリしきい値

使用可能なメモリの合計(MB)

マイナーしきい値(使用可能なメモリの 20 パーセント)

重大なしきい値(使用可能なメモリの 10 パーセント)

クリティカルしきい値(使用可能なメモリの 5 パーセント)

128

25.6

12.8

6.4

256

51.2

25.6

12.8

512

102.4

51.2

25.6

1024

204.8

102.4

51.2

2048

409.6

204.8

102.4

4096

819.2

409.6

204.8

Task ID

タスク ID

操作

cisco-support

read、write

Examples

次に、各アラームしきい値に使用できるメモリを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router #configure 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# watchdog threshold memory location 0/RP0/CPU0 minor 30 severe 20 critical 10