Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ ブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ コマンド リファレンス リリース 4.2.x
BNG PPP コマンド
BNG PPP コマンド
発行日;2013/02/08   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

BNG PPP コマンド

ここでは、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ(BNG)の PPP コマンドの設定に使用される Cisco IOS XR ソフトウェア コマンドについて説明します。 関連の設定の詳細については、『Cisco IOS XR Broadband Network Gateway Configuration Guide』を参照してください。

ppp authentication(BNG)

チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル(CHAP)、MS-CHAP、またはパスワード認証プロトコル(PAP)をイネーブルにし、PPP インターフェイスの CHAP、MS-CHAP、および PAP 認証の順序を指定するには、ppp authentication コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp authentication [ chap | ms-chap | pap ]

no ppp authentication

Syntax Description

chap

CHAP を使用して認証します。

ms-chap

Microsoft CHAP を使用して認証します。

pap

PAP を使用して認証します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

dynamic-template type ppp コマンドを使用して、動的な PPP テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り、書き込み

aaa

読み取り、書き込み

Examples

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp authentication chap ms-chap pap

Related Commands

コマンド

説明

ppp chap(BNG)

PPP chap ホスト名を設定します。

ppp ipcp

IPCP ネゴシエーション オプションを設定します。

ppp lcp

PPP プロトコルの lcp グローバル設定を設定します。

ppp chap(BNG)

ルータのコレクションを呼び出すルータをイネーブルにし、PPP インターフェイスに共通のチャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル(CHAP)シークレット パスワードを設定するには、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードで ppp chap コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp chap hostname chap_hostname

no ppp chap

Syntax Description

hostname

CHAP ホスト名を設定します。

chap_hostname

CHAP ホスト名を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

dynamic-template type ppp コマンドを使用して、動的な PPP テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り、書き込み

Examples

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp chap hostname host1

Related Commands

コマンド

説明

ppp authentication(BNG)

PPP リンク認証方式を設定します。

ppp ipcp

Internet Protocol Control Protocol(IPCP)ネゴシエーション オプションを設定するには、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードで ppp ipcp コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp ipcp [ dns { primary_ip_address | secondary_ip_address } | maskpeer_netmask_address | peer-address { default | peer_ipaddress | pool | pool_name } | renegotiation ignore | wins | primary_ipaddress | secondary_ipaddress ]

no ppp ipcp

Syntax Description

dns

DNS オプションを設定します。

primary_ip_address

プライマリ DNS の IP アドレスを指定します。

secondary_ip_address

セカンダリ DNS の IP アドレスを指定します。

mask

IPv4 ネットマスクをピアに使用するように指定します。

peer_netmask_address

ピアのネットマスク アドレスを指定します。

peer-address

ピア アドレスの設定の変更を指定します。

default

デフォルトのピア IP アドレスを指定します。

peer_ipaddress

ピア IP アドレスを指定します。

pool

プールのオプションを設定します。

pool_name

プール名を指定します。

renegotiation

ピア ネゴシエーションのオプションを指定します。

wins

WINS のオプションを指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

dynamic-template type ppp コマンドを使用して、動的な PPP テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り、書き込み

aaa

読み取り、書き込み

Examples

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp ipcp 

Related Commands

コマンド

説明

ppp authentication(BNG)

PPP リンク認証方式を設定します。

ppp lcp

PPP インターフェイスのリンク制御プロトコル(LCP)をイネーブルにするには、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードで ppp lcp コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp lcp [ delay delay_seconds delay_milliseconds | renegotiation ignore ]

no ppp lcp

Syntax Description

delay

アクティブな LCP ネゴシエーションを開始するまでの遅延時間を設定します。

delay_seconds

遅延時間を秒単位で指定します。 値の範囲は 0 ~ 255 です。

delay_milliseconds

遅延時間をミリ秒単位で指定します。 値の範囲は 0 ~ 999 です。

renegotiation

ピア再ネゴシエーション オプションを指定します。

ignore

LCP と再ネゴシエートするピアが無視できる試行回数を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

dynamic-template type ppp コマンドを使用して、動的な PPP テンプレート コンフィギュレーション モードを開始します。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り、書き込み

aaa

読み取り、書き込み

Examples

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp lcp delay 45 890 

Related Commands

コマンド

説明

ppp authentication(BNG)

PPP リンク認証方式を設定します。

ppp max-bad-auth

認証が失敗した直後に自身をリセットするのではなく、指定した回数認証をリトライできるように PPP インターフェイスを設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで ppp max-bad-auth コマンドを使用します。 即時にデフォルトにリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp max-bad-auth retries

no ppp max-bad-auth

Syntax Description

retries

インターフェイスが自身をリセットするまでのリトライ回数。 範囲は 0 ~ 10 です。 デフォルトは 0 回です。

Command Default

retries:0

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.9.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが、BNG の動的なテンプレート コンフィギュレーション モードでサポートされました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ppp max-bad-auth コマンドは、PPP カプセル化がイネーブルになっている任意のインターフェイスに適用できます。

動的なテンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

ppp

読み取り、書き込み

aaa

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、最初の認証が失敗した後に 2 回リトライできる(認証が失敗した場合に全部で 3 回リトライできる)ように POS インターフェイス 0/3/0/1 が設定されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface POS 0/3/0/1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation ppp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ppp authentication chap
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ppp max-bad-auth 3
   
次に、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードで最初の認証が失敗した後に 2 回の追加のリトライを許可する例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp max-configure 5

ppp max-configure

要求が停止される前に(応答なしで)試行される設定要求の最大数を指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ppp max-configure コマンドを使用します。 設定要求の最大数をディセーブルにし、デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp max-configure retries

no ppp max-configure

Syntax Description

retries

リトライの最大数。 範囲は 4 ~ 20 です。 デフォルトは 10 です。

Command Default

retries:10

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.9.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが、BNG の動的なテンプレート コンフィギュレーション モードでサポートされました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

ppp max-configure コマンドを使用して、特定のインターフェイスの 2 つのピア間でリンク制御プロトコル(LCP)セッションの確立を試行する回数を指定します。 設定要求の最大回数分だけ送信されないうちに設定要求メッセージが応答を受け取った場合、以降の設定要求は放棄されます。

動的なテンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

ppp

読み取り、書き込み

aaa

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、4 つの設定要求の制限が指定されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface POS 0/3/0/1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation ppp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ppp max-configure 4
   
次に、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードで 4 つの設定要求の制限を指定する例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp ipcp 

Related Commands

Command

Description

encapsulation ppp

PPP を使用してルータまたはブリッジと通信するためのカプセル化をイネーブルにします。  

ppp max-failure

ネゴシエーションを終了する前の、連続する CONFNAK の最大許容数を設定します。  

ppp max-terminate

LCP または NCP を閉じる前に応答なしで送信される終了要求の最大数を設定します。  

ppp max-failure

ネゴシエーションを終了する前の、連続する Configure Negative Acknowledgment(CONFNAK)の最大許容数を設定するには、適切なコンフィギュレーション モードで ppp max-failure コマンドを使用します。 CONFNAK の最大数をディセーブルにし、デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp max-failure retries

no ppp max-failure

Syntax Description

retries

ネゴシエーションを終了する前の CONFNAK の最大許容数。 範囲は 2 ~ 10 です。 デフォルトは 5 です。

Command Default

retries:5

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更内容

リリース 3.9.0

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドが、BNG の動的なテンプレート コンフィギュレーション モードでサポートされました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

動的なテンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

ppp

読み取り、書き込み

aaa

読み取り、書き込み

Examples

次の ppp max-failure コマンドでは、ネゴシエーションを終了する前に 3 つ未満の CONFNAK が許可されることが指定されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface POS 0/3/0/1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# encapsulation ppp
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ppp max-failure 3
   
次の例では、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードでネゴシエーションを終了する前に許可される CONFNAK が 3 つ未満になっています。
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp max-failure 4i

Related Commands

Command

Description

encapsulation ppp

PPP を使用してルータまたはブリッジと通信するためのカプセル化をイネーブルにします。  

ppp max-configure

(応答なしで)試行される設定要求の最大数を指定します。この数を超えると、要求は停止されます。  

ppp max-terminate

LCP または NCP を閉じる前に応答なしで送信される終了要求の最大数を設定します。  

ppp ms-chap(BNG)

ポイントツーポイント プロトコルを使用して CHAP を設定するには、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードで ppp ms-chap コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp ms-chap hostname chap_hostname

no ppp ms-chap

Syntax Description

hostname

MS-CHAP ホスト名を設定します。

chap_hostname

MS-CHAP ホスト名を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

動的なテンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り、書き込み

aaa

読み取り、書き込み

Examples

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp ms-chap hostname host1

Related Commands

コマンド

説明

ppp authentication(BNG)

PPP リンク認証方式を設定します。

ppp timeout(BNG)

PPP プロトコルのタイムアウトを設定するには、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードで ppp timeout コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ppp timeout [ absolute absolute_minutes | authentication auth_seconds | retry retry_seconds ]

no ppp timeout

Syntax Description

absolute

PPP セッションの絶対的なタイムアウトを指定します。

authentication

認証応答を受信する最大待機時間を指定します。

retry

PPP ネゴシエーション時に応答を待機する最大時間を指定します。

absolute_minutes

絶対的なタイムアウトを分単位で指定します。 値の範囲は 0 ~ 70000000 です。

auth_seconds

秒単位で認証の待機時間を指定します。 値の範囲は 3 ~ 30 です。

retry_seconds

リトライ タイムアウトを秒単位で指定します。 値の範囲は 1 ~ 10 です。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

動的なテンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、dynamic-template コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り、書き込み

aaa

読み取り、書き込み

Examples

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp timeout absolute 56 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp timeout authentication 4
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ppp timeout retry 5

Related Commands

コマンド

説明

ppp authentication(BNG)

PPP リンク認証方式を設定します。

show ppp interfaces(BNG)

PPP インターフェイスのステータス情報を表示するには、EXEC モードで show ppp interfaces コマンドを使用します。

show ppp interfaces interface-type interface-path-id

Syntax Description

type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り

Examples

次に、加入者セッションが VPDN トンネリングされた場合の show ppp interfaces の出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show ppp interfaces GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1

GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1 is up, line protocol is up
      VPDN Tunneled
      LCP: Open
         Local MRU: 4470 bytes
         Peer  MRU: 4470 bytes
      Authentication
         Of Us: None
         Of Peer:  PAP (Completed as ‘peer-user@test-domain’)
次に、PTA セッションの show ppp interfaces の出力例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router#  show ppp interface GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1

GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1 is up, line protocol is up
      LCP: Open
         Keepalives enabled (10 sec)
         Local MRU: 4470 bytes
         Peer  MRU: 4470 bytes
      Authentication
         Of Us:    None
         Of Peer:  PAP (Completed as ‘peer-user’)
      IPCP: Open
         Local IPv4 address: 55.0.0.1
         Peer IPv4 address:  55.0.0.2
         Peer IPv4 netmask:  255.255.255.0
         Peer DNS Primary:   55.0.0.254
         Peer DNS Secondary: 155.0.0.254
         Peer WINS Primary:   55.0.1.254
         Peer WINS Secondary: 155.0.1.254 

次に、デュアルスタック セッション(IPCP および IPv6CP の両方)の show ppp interfaces の出力例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router#  show ppp interface GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1

GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1 is up, line protocol is up
      LCP: Open
         Keepalives enabled (10 sec)
         Local MRU: 4470 bytes
         Peer  MRU: 4470 bytes
      Authentication
         Of Us:    None
         Of Peer:  PAP (Completed as ‘peer-user’)
      IPCP: Open
         Local IPv4 address: 55.0.0.1
         Peer IPv4 address:  55.0.0.2
         Peer IPv4 netmask:  255.255.255.0
         Peer DNS Primary:   55.0.0.254
         Peer DNS Secondary: 155.0.0.254
         Peer WINS Primary:   55.0.1.254
         Peer WINS Secondary: 155.0.1.254
      IPv6CP: Open
         Local IPv6 address: fe80::3531:35ff:fe55:5747/128
         Peer IPv6 address:  fe80::3531:35ff:fe55:4213/128

次に、LCP 遅延が実行中の場合の show ppp interfaces の出力例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router#  show ppp interface GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1

GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1 is up, line protocol is up
      LCP: Stopped (delayed)
         Keepalives enabled (10 sec)
         Local MRU: 4470 bytes
         Peer  MRU: Unknown
      IPCP: Starting

次に、IPv6CP がパッシブ モードであり、加入者が Conf-Req を送信していない場合の show ppp interfaces の出力例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router#  show ppp interface GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1

GigabitEthernet0/1/0/0.5.pppoe1 is up, line protocol is up
      LCP: Stopped (delayed)
         Keepalives enabled (10 sec)
         Local MRU: 4470 bytes
         Peer  MRU: Unknown
      IPCP: Starting

Related Commands

コマンド

説明

show ppp statistics

PPP 統計情報を表示します。

show ppp summary

PPP サマリーを表示します。

show ppp statistics

PPP インターフェイスの統計情報を表示するには、EXEC モードで show ppp statistics コマンドを使用します。

show ppp statistics { extended | { location | location } | interface | { interface-type | interface-path-id } | summary | { location | location } }

Syntax Description

extended

すべてのインターフェイスにわたる拡張 PPP 統計情報を表示します。

interface

単一のインターフェイスの PPP 統計情報を表示します。

summary

すべてのインターフェイスにわたる、集約された PPP 統計情報を表示します。

location

場所のインターフェイスの PPP 統計情報を表示します。

location

場所の詳細を指定します。

type

インターフェイス タイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータ構文の詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り

Examples

RP/0/RSP0/CPU0:router# show ppp statistics summary location 0/RSP0/CPU0

Thu Sep  6 06:38:17.668 DST
LCP
Packets                          Sent             Received
Conf-Req                            0                    0
Conf-Ack                            0                    0
Conf-Nak                            0                    0
Conf-Rej                            0                    0
Term-Req                            0                    0
Term-Ack                            0                    0
Code-Rej                            0                    0
Proto-Rej                           0                    0
Echo-Req                            0                    0
Echo-Rep                            0                    0
Disc-Req                            0                    0
Line state brought up: 0
Keepalive Link Failures: 0
Authentication
Packets                          Sent             Received
PAP
Request                           0                    0
Ack                               0                    0
Nak                               0                    0
(MS-)CHAP
Challenge                         0                    0
Response                          0                    0
Rep Success                       0                    0
Rep Fail                          0                    0
AAA authentication timeouts: 0
CDPCP
Packets                          Sent             Received
Conf-Req                            0                    0
Conf-Ack                            0                    0
Conf-Nak                            0                    0
Conf-Rej                            0                    0
Term-Req                            0                    0
Term-Ack                            0                    0
Proto-Rej                           0                    0
IPCP
Packets                          Sent             Received
Conf-Req                            0                    0
Conf-Ack                            0                    0
Conf-Nak                            0                    0
Conf-Rej                            0                    0
Term-Req                            0                    0
Term-Ack                            0                    0
Proto-Rej                           0                    0
IPCPIW
Packets                          Sent             Received
Conf-Req                            0                    0
Conf-Ack                            0                    0
Conf-Nak                            0                    0
Conf-Rej                            0                    0
Term-Req                            0                    0
Term-Ack                            0                    0
Proto-Rej                           0                    0
IPv6CP
Packets                          Sent             Received
Conf-Req                            0                    0
Conf-Ack                            0                    0
Conf-Nak                            0                    0
Conf-Rej                            0                    0
Term-Req                            0                    0
Term-Ack                            0                    0
Proto-Rej                           0                    0
MPLSCP
Packets                          Sent             Received
Conf-Req                            0                    0
Conf-Ack                            0                    0
Conf-Nak                            0                    0
Conf-Rej                            0                    0
Term-Req                            0                    0
Term-Ack                            0                    0
Proto-Rej                           0                    0
OSICP
Packets                          Sent             Received
Conf-Req                            0                    0
Conf-Ack                            0                    0
Conf-Nak                            0                    0
Conf-Rej                            0                    0
Term-Req                            0                    0
Term-Ack                            0                    0
Proto-Rej                           0                    0

Related Commands

コマンド

説明

show ppp interfaces(BNG)

PPP インターフェイスを表示します。

show ppp summary

PPP サマリーを表示します。

show ppp summary

PPP インターフェイスのサマリー情報を表示するには、EXEC モードで show ppp summary コマンドを使用します。

show ppp summary location location

Syntax Description

location

場所のインターフェイスの PPP のサマリーを表示します。

location

場所の詳細を指定します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース 変更内容

リリース 4.2.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID 操作

ppp

読み取り

Examples

RP/0/RSP0/CPU0:router# show ppp summary location 0/5/CPU0

====================================
 Interfaces running PPP
====================================
 POS                    0
 Serial                 200
 PPPoE                  10000
 Multilink Bundles      100
 ----------------------------
 Total                  10300

====================================
 CP FSM States
====================================
                    ACK   ACK   REQ   Stop- Clos- Stop- Clos- Start-
 Name   Total Open  sent  rcvd  sent  ping  ing   ped   ed    ing  Initial
 ------ ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- ----- -----
 LCP    10300 10300     0     0     0     0     0     0     0     0     0
 CDPCP    100     0     0     0   100     0     0     0     0     0     0
 IPCP   10000 10000     0     0     0     0     0     0     0     0     0
 IPv6CP     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
 MPLSCP     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0
 OSICP      0     0     0     0     0     0     0     0     0     0     0

====================================
 LCP/Authentication Phases
====================================
 LCP Not Negotiated             100
 Authenticating                   0
 Line held down                   0
 Line Up (Local Termination)  10200
 Line Up (L2 Forwarded)           0
 Line UP (VPDN Tunneled)        100

Related Commands

コマンド

説明

show ppp statistics

PPP 統計情報を表示します。

show ppp interfaces(BNG)

PPP インターフェイスを表示します。