Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ IP アドレスおよびサービス コマンド リファレンス リリース 4.2
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのビデオ モニタリング コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのビデオ モニタリング コマンド
発行日;2013/01/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでのビデオ モニタリング コマンド

この章では、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのビデオ モニタリング サービスを設定および監視するために使用するコマンドについて説明します。

ビデオ モニタリングの概念、設定作業、および例については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Multicast Configuration Guide』の「Implementing Video Monitoring Service on Cisco ASR 9000 Series Routers」の章を参照してください。

clear performance traffic clone profile

宛先にクローンされたすべてのパケットをクリアするには、EXEC モードで clear performance traffic clone profile コマンドを使用します。

clear performance traffic clone profile profile name

Syntax Description

profile name

パケットをクリアする必要のあるクローンのプロファイル名。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース 変更箇所
リリース 4.0.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID 操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、コマンドライン インターフェイスから clear performance traffic clone profile コマンドを実行する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routerclear performance traffic clone
 profile

clear performance traffic statistics

すべてのポリシー マップ統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear performance traffic statistics コマンドを使用します。 このコマンドは、集約統計情報を除くすべての間隔統計情報をクリアします。

clear performance traffic statistics interface type instance input

Syntax Description

interface

統計情報をクリアする必要があるすべてのインターフェイスまたは特定のインターフェイスを指定します。

input

トラフィックの方向を指定します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、コマンドライン インターフェイスから clear performance traffic statistics コマンドを実行する例を示します。

		RP/0/RSP0/CPU0:router clear performance traffic statistics interface gigabitEthernet 0/0/0/8 input
		
		
         

show performance traffic alerts

アクティブ TCA(しきい値超過アラート)を表示するには、EXEC モードで show performance traffic alerts コマンドを使用します。 TCA は、設定されたパラメータが満たされる場合に設定されます。 TCA は、設定されたパラメータが true でない場合にクリアされます。 イベントは、設定およびクリアの両方について生成されます。

show performance traffic alerts interface type instance input

Syntax Description

interface

パフォーマンス トラフィック アラートが設定される特定のインターフェイスまたはすべてのインターフェイスを指定します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

これは、show performance traffic alerts コマンドの出力例です。

		RP/0/RSP0/CPU0:router# show performance traffic alerts interface ten0/6/0/0 input
		
		Interface: TenGigE0/6/0/0 Direction: input
		
		 GROUP Alerts
		  Class: class1
		    Num Flows: 1
		    Num Grouped Alerts: 1
		    Highest Alert Severity: Warning
		    React ID         Severity                   Metric
		    --------         --------                   ------
		          4          Critical                Flow Count
		
		 FLOW Alerts
		  Flow ID: 3496  Class: class1
		    Num Alerts: 3
		    Highest Alert Severity: Warning
		    React ID         Severity                   Metric
		    --------         --------                   ------
		          1          Critical 
		          2          Critical                   Media Rate Variation
		          5          Critical                   Delay Factor
		
		

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 1 show performance traffic alerts のフィールドの説明

フィールド

説明

Group/Flow Alerts

このアラートは、グループ化されるか、または単一フローに適用されます。

Class

ポリシーで使用されるクラス マップ名。

Flow ID

フローの固有識別子。
(注)     

フロー ID 番号はアンバインドおよび再バインドごとに異なるものになります。

Num Flows

このグループ アラートで設定されたフロー数。

Num Grouped Alerts

グループ化されたアラートの合計数。

Num Alerts

フローにより設定されたアラートの合計数。

Severity

設定された重大度を示します。

Highest Alert Severity

設定されたアラートの最も高い重大度を示します。

React ID

設定された反応 ID を指定します。

Metric

設定されたアラートのタイプを示します。

show performance traffic clone profile

設定されたトラップ、クローン プロファイル、および関連付けられたクローン フローを表示するには、EXEC モードで show performance traffic clone profile コマンドを使用します。

show performance traffic clone profile profile name

Syntax Description

profile name

クローンのプロファイル名。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース 変更箇所
リリース 4.0.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID 操作

netflow

読み取り

Examples

次に、コマンドライン インターフェイスから show performance traffic clone profile コマンドを実行する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow performance traffic clone
 profile
-------------------------------------------------------------------------------
  Total number of trap and clone profiles: 3
-------------------------------------------------------------------------------
Profile Name: profile1                                  ID: 1         
-------------------------------------------------------------------------------
  description:                  new_profile
  egress interface:             GigabitEthernet0_0_0_8
  total number of clone flows:  2
-------------------------------------------------------------------------------
 clone  id      source             destination      
         1      2.2.2.2            229.1.1.1            
         2      2.2.2.2            229.1.1.2            
-------------------------------------------------------------------------------
Profile Name: profile2                                  ID: 2         
-------------------------------------------------------------------------------
  description:                  second profile
  egress interface:             GigabitEthernet0_0_0_19
  total number of clone flows:  5
-------------------------------------------------------------------------------
 clone  id      source             destination    
         1      1.1.1.1            229.1.1.10 
         2      1.1.1.1            229.1.1.11 
         3      1.1.1.1            229.1.1.12 
         4      1.1.1.1            229.1.1.14 
         5      1.1.1.1            229.1.1.15 
-------------------------------------------------------------------------------
Profile Name: profile3                                  ID: 3         
-------------------------------------------------------------------------------
  description:                  third profile
  egress interface:             TenGigE0_2_0_1
  total number of clone flows:  13
-------------------------------------------------------------------------------
 clone  id      source             destination
         1      12.12.12.12        233.1.1.1   
         2      12.12.12.12        233.1.1.2
         3      12.12.12.12        233.1.1.3
         4      12.12.12.12        233.1.1.4
         5      12.12.12.12        233.1.1.5
         6      12.12.12.12        233.1.1.6
         7      12.12.12.12        233.1.1.7
         8      12.12.12.12        233.1.1.8
         9      12.12.12.12        233.1.1.10
        10      12.12.12.12        233.1.1.11
        11      12.12.12.12        233.1.1.12
        12      12.12.12.12        233.1.1.16
        13      12.12.12.12        233.1.1.18

show policy-map type performance-traffic

ビデオ モニタリング機能のポリシー マップ統計情報を表示するには、EXEC モードで show policy-map type performance-traffic コマンドを使用します。 このコマンドにより、サービス プロバイダーのビデオ フローの Quality of Experience(QoE)を監視できます。

show policy-map type performance-traffic interface type instance [ aggregate | brief | cumulative | detail | input | last | match ]

Syntax Description

interface type instance

表示する特定のインターフェイスを指定します。

aggregate

(任意)フローの合計数と最終変更時刻を表示します。

brief

(任意)キー メトリックだけを表示します。

cumulative

(任意)フローのライフタイムにおける累積統計情報を表示します。

detail

(任意)詳細なメトリックを表示します。

input

(任意)入力トラフィック ポリシーを表示します。

last

(任意)最後の n 個の間隔を表示します。

match

(任意)フィルタリングする一致基準を指定します。

Command Default

コマンドのデフォルト値は 1 です。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、show policy-map type performance-traffic コマンドのさまざまな出力例を示します。

		RP/0/RSP0/CPU0:router# show policy-map type performance-traffic interface tenGigE 0/6/0/0 brief
		
		-------------------------------------------------------------------------------
		Interface:      TenGigE0/6/0/0     Direction: input
		Service-Policy: policy1
		-------------------------------------------------------------------------------
		 Total Num Flows: 2
		 FlowID   Flow Key                                             MRV(%)  DF (ms)
		 ------   --------                                             ------  -------
		   3528  6.1.1.2:4000          -> 225.0.0.1:4000        UDP     0.000    3.337
		   3496  6.1.1.2:4000          -> 225.0.0.101:4000      UDP    50.000  2502.220
		
		-------------------------------------------------------------------------------
		  Class Name                                Num-Flows
		  ----------                                ---------
		  class1                                    2
		-------------------------------------------------------------------------------
		RP/0/RSP0/CPU0:router#show policy-map type performance-traffic interface tenGigE0/6/0/0 aggregate brief
		
		
		Interface: TenGigE0/6/0/0 Direction: input
		
		  Number of flows      : 2
		  Last flow add/delete : Tue Nov  3 13:46:56 2009
		
		RP/0/RSP0/CPU0:ios#show policy-map type performance-traffic interface ten0/6/0/0 detail
		Tue Nov  3 13:52:02.046 EST
		-------------------------------------------------------------------------------
		Interface:      TenGigE0/6/0/0     Direction: input
		Service-Policy: policy1
		-------------------------------------------------------------------------------
		 Total Num Flows: 2
		
		 Flow: 3528     Key: 6.1.1.2:4000 -> 225.0.0.1:4000 UDP
		 Class: class1                                    Total Intvls: 1
		  Intvl#  1,  Updated at: Tue Nov  3 13:51:56 2009,  Duration: 10 s
		    Metric type:       IP-CBR
		    MRV:               0.000    %         DF:             3.338 ms
		    Avg Packet Rate:   300.00  pps        Total Packets:  3000
		    Avg Bit Rate:      3158    kbps       Total Bytes:    3948000
		    Avg Packet Len:    1316.00  B
		    IPv4 TTL:          63
		
		 Flow: 3496     Key: 6.1.1.2:4000 -> 225.0.0.101:4000 UDP
		 Class: class1                                    Total Intvls: 1
		  Intvl#  1,  Updated at: Tue Nov  3 13:51:54 2009,  Duration: 10 s
		    Metric type:       IP-CBR
		    MRV:               50.000   %         DF:             2502.220 ms
		    Avg Packet Rate:   450.00  pps        Total Packets:  4500
		    Avg Bit Rate:      4737    kbps       Total Bytes:    5922000
		    Avg Packet Len:    1316.00  B
		    IPv4 TTL:          63
		
		-------------------------------------------------------------------------------
		  Class Name                                Num-Flows
		  ----------                                ---------
		  class1                                    2
		-------------------------------------------------------------------------------
		
		RP/0/RSP0/CPU0:router#show policy-map type performance-traffic interface tenGigE0/6/0/0 last 5
		
		-------------------------------------------------------------------------------
		Interface:      TenGigE0/6/0/0     Direction: input
		Service-Policy: policy1
		-------------------------------------------------------------------------------
		 Total Num Flows: 2
		
		 Flow: 3528     Key: 6.1.1.2:4000 -> 225.0.0.1:4000 UDP
		 Class: class1                                    Total Intvls: 5
		  Intvl#   Updated at                   Durn    MRV(%)    DF(ms)
		     1     Tue Nov  3 13:53:26 2009      10      0.000     3.337
		     2     Tue Nov  3 13:53:16 2009      10      0.000     3.337
		     3     Tue Nov  3 13:53:06 2009      10      0.000     3.337
		     4     Tue Nov  3 13:52:56 2009      10      0.000     3.337
		     5     Tue Nov  3 13:52:46 2009      10      0.000     3.337
		
		
		 Flow: 3496     Key: 6.1.1.2:4000 -> 225.0.0.101:4000 UDP
		 Class: class1                                    Total Intvls: 5
		  Intvl#   Updated at                   Durn    MRV(%)    DF(ms)
		     1     Tue Nov  3 13:53:24 2009      10     50.000  2502.220
		     2     Tue Nov  3 13:53:14 2009      10     50.000  2502.220
		     3     Tue Nov  3 13:53:04 2009      10     50.000  2502.220
		     4     Tue Nov  3 13:52:54 2009      10     50.000  2502.220
		     5     Tue Nov  3 13:52:44 2009      10     50.000  2502.220
		
		
		-------------------------------------------------------------------------------
		  Class Name                                Num-Flows
		  ----------                                ---------
		  class1                                    2
		-------------------------------------------------------------------------------
		
		RP/0/RSP0/CPU0:router#show policy-map type performance-traffic interface tenGigE0/6/0/0 match flow-id 3496
		
		-------------------------------------------------------------------------------
		Interface:      TenGigE0/6/0/0     Direction: input
		Service-Policy: policy1
		-------------------------------------------------------------------------------
		 Total Num Flows: 2
		 FlowID   Flow Key                                             MRV(%)  DF (ms)
		 ------   --------                                             ------  -------
		   3496  6.1.1.2:4000          -> 225.0.0.101:4000      UDP    50.000  2502.220
		-------------------------------------------------------------------------------
		  Num Flows Displayed: 1
		-------------------------------------------------------------------------------
		
		

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 2 show policy-map type performance traffic コマンドの説明

フィールド

説明

DF

遅延係数。

Mrv

メディア レート変動。

Total intvls

ユーザ定義間隔の数。

Service-policy

このフローのサービス ポリシーの名前。

Duration

間隔の長さ。

Num-flows

このポリシーに一致するフローの合計数。

Flow

一意のフロー ID。