Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ IP アドレスおよびサービス コマンド リファレンス リリース 4.2
シスコ エクスプレス フォワーディング コマンド
シスコ エクスプレス フォワーディング コマンド
発行日;2013/01/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

シスコ エクスプレス フォワーディング コマンド

この章では、シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)を Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータで設定および監視するために使用されるコマンドについて説明します。

CEF の概念、設定タスク、および例の詳細については、『Cisco  ASR  9000  Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Configuration Guide』を参照してください。

clear adjacency statistics

隣接パケットおよびバイト カウンタ統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear adjacency statistics コマンドを使用します。

clear adjacency statistics [ ipv4 [ nexthop ipv4-address ] | mpls | ipv6 ] [ interface-type interface-instance | location node-id ]

Syntax Description

ipv4

(任意)IPv4 隣接パケットおよびバイト カウンタ統計情報だけをクリアします。

nexthop ipv4-address

(任意)指定された IPv4 ネクストホップに送信される隣接統計情報をクリアします。

mpls

(任意)MPLS 隣接統計情報だけをクリアします。

ipv6

(任意)IPv6 隣接統計情報だけをクリアします。

interface-type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 命名規則は、rack/slot/module/port です。値と値の間には、表記の一部としてスラッシュ マークが必須です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:ラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

location node-id

(任意)指定されたノードの詳しい隣接統計情報をクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

clear adjacency statistics コマンドは、ネットワーク接続の問題を解決し、問題を転送する場合に役立ちます。

いずれのオプション キーワードも指定しない場合、コマンドが発行されるノードのすべての隣接統計情報がクリアされます。

Task ID

タスク ID

操作

basic-services

読み取り、書き込み

cef

読み取り、書き込み

Related Commands

コマンド

説明

show adjacency

IPv4 CEF 隣接関係テーブルを表示します。

clear cef ipv4 drops

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv4 パケット ドロップ カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear cef ipv4 drops コマンドを使用します。

clear cef ipv4 drops location node-id

Syntax Description

location node-id

指定されたノードの IPv4 パケット ドロップ カウンタをクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードだけで IPv4 CEF ドロップ カウンタがクリアされます。

Task ID

タスク ID

操作

basic-services

読み取り、書き込み

cef

読み取り、書き込み

Examples

次に、IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブル パケット ドロップ カウンタの出力例、およびロケーション 0/1/CPU0 で IPv4 CEF ドロップ カウンタをクリアする例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 drops

CEF Drop Statistics
Node: 0/1/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0
Node: 0/6/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0
Node: 0/RSP0RP00/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0
Node: 0/RSP0RP00/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear cef ipv4 drops location 0/1/CPU0

   Node: 0/1/CPU0
   Clearing CEF Drop Statistics

Related Commands

コマンド

説明

show cef ipv4 drops

IPv4 パケット ドロップ カウンタを表示します。

clear cef ipv4 exceptions

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)例外パケット カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear cef ipv4 exceptions コマンドを使用します。

clear cef ipv4 exceptions location node-id

Syntax Description

location node-id

指定されたノードの IPv4 CEF 例外パケット カウンタをクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、すべてのノードの IPv4 CEF 例外パケット カウンタがクリアされます。

Task ID

タスク ID

操作

basic-services

読み取り、書き込み

cef

読み取り、書き込み

Examples

次に、IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)例外パケット カウンタの出力例、およびノード 0/1/CPU0 の IPv4 CEF 例外パケット カウンタをクリアする例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 exceptions

CEF Exception Statistics
Node: 0/1/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Unsupported packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/6/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Unsupported packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/RSP0RP00/CPU0
  Slow encap  packets :               1
  Unsupported packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :           71177
  Broadcast   packets :           23648
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/RSP0RP00/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Unsupported packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :          167314
  Broadcast   packets :           22656
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear cef ipv4 exceptions location 0/1/CPU0

Node: 0/1/CPU0
Clearing CEF Exception Statistics

Related Commands

コマンド

説明

show cef ipv4 exceptions

IPv4 CEF 例外パケット カウンタを表示します。

clear cef ipv4 interface bgp-policy-statistics

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv4 インターフェイス ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ポリシー統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear cef ipv4 interface bpg-policy-statistics コマンドを使用します。

clear cef ipv4 interface type interface-path-id bpg-policy-statistics

Syntax Description

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは ASR 9000 イーサネット ラインカードではサポートされていません。 このコマンドは、指定されたインターフェイスのボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ポリシー アカウンティング カウンタをクリアします。

Task ID

タスク ID

操作

basic-services

読み取り、書き込み

cef

読み取り、書き込み

Examples

次に、tenGigE インターフェイスで IPv4 CEF BGP ポリシー統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear cef ipv4 interface tenGigE 0/4/0/0 bgp-policy-statistics

Related Commands

コマンド

説明

show cef ipv4 interface bgp-policy-statistics

IPv4 CEF BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear cef ipv4 interface rpf-statistics

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv4 インターフェイス ユニキャスト リバース パス転送(RPF)統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear cef ipv4 interface rpf-statistics コマンドを使用します。

clear cef ipv4 interface type interface-path-id rpf-statistics [ location node-id ]

Syntax Description

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

次に示す、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv4 ユニキャスト Reverse Path Forwarding(RPF)カウンタをクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

clear cef ipv4 interface rpf-statistics コマンドは、指定されたインターフェイスのユニキャスト Reverse Path Forwarding(RPF)カウンタをクリアします。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、IPv4 CEF RPF 統計情報をクリアする例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# clear cef ipv4 interface tenGigE 0/4/0/0 rpf-statistics

clear cef ipv6 drops

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv6 パケット ドロップ カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear cef ipv6 drop コマンドを使用します。

clear cef ipv6 drops location node-id

Syntax Description

location node-id

指定されたノードの IPv6 パケット ドロップ カウンタをクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、すべてのノードの IPv6 CEF ドロップ カウンタがクリアされます。

Task ID

タスク ID

操作

basic-services

読み取り、書き込み

cef

読み取り、書き込み

Examples

次に、IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブル パケット ドロップ カウンタの出力例、およびロケーション 0/1/CPU0 で IPv6 CEF ドロップ カウンタをクリアする例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# clear cef ipv6 drops

CEF Drop Statistics
Node: 0/1/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0
Node: 0/6/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0
Node: 0/RSP0/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0
Node: 0/RSP0/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear cef ipv6 drop

Node: 0/1/CPU0
Clearing CEF Drop Statistics 

Related Commands

コマンド

説明

show cef ipv6 drops

IPv6 パケット ドロップ カウンタを表示します。

clear cef ipv6 exceptions

IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)例外パケット カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear cef ipv6 exceptions コマンドを使用します。

clear cef ipv6 exceptions location node-id

Syntax Description

location node-id

指定されたノードの IPv6 CEF 例外パケット カウンタをクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、すべてのノードの IPv6 CEF 例外パケット カウンタがクリアされます。

Task ID

タスク ID

操作

basic-services

読み取り、書き込み

cef

読み取り、書き込み

Examples

次に、IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)例外パケット カウンタの出力例、および次のロケーションの IPv6 CEF 例外パケットをクリアする例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 exceptions

CEF Exception Statistics
Node: 0/1/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Unsupported packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/6/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Unsupported packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/RSP0/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Unsupported packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/RSP0/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Unsupported packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear cef ipv6 exceptions location 0/1/CPU0

Node: 0/1/CPU0
Clearing CEF Exception Statistics

Related Commands

コマンド

説明

show cef ipv6 exceptions

IPv6 CEF 例外パケット カウンタを表示します。

clear cef ipv6 interface bgp-policy-statistics

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv6 インターフェイス ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ポリシー統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear cef ipv6 interface bpg-policy-statistics コマンドを使用します。

clear cef ipv6 interface type interface-path-id bpg-policy-statistics

Syntax Description

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

clear cef ipv6 interface bgp-policy-statistics コマンドは、指定されたインターフェイスのボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ポリシー アカウンティング カウンタをクリアします。

Task ID

タスク ID

操作

basic-services

読み取り、書き込み

cef

読み取り、書き込み

Examples

次に、IPv6 CEF BGP ポリシー統計情報をクリアする例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router# clear cef ipv6 interface MgmtEth 0/CPU0/0 bgp-policy-statistics

ipv4 bgp policy accounting

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ポリシー アカウンティングをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ipv4 bgp policy accounting コマンドを使用します。 BGP ポリシー アカウンティングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipv4 bgp policy accounting { input | output { destination-accounting [source-accounting] | source-accounting [destination-accounting] } }

no ipv4 bgp policy accounting { input | output { destination-accounting [source-accounting] | source-accounting [destination-accounting] } }

Syntax Description

input

BGP ポリシー アカウンティング ポリシーを入力 IPv4 ユニキャスト インターフェイスでイネーブルにします。

output

BGP ポリシー アカウンティング ポリシーを出力 IPv4 ユニキャスト インターフェイスでイネーブルにします。

{destination-accounting [source-accounting] | source-accounting [destination-accounting]}

入力または出力インターフェイスを指定する場合、次のいずれかのキーワードを指定する必要があります。

  • destination-accounting:宛先アドレスに基づいてアカウンティング ポリシーをイネーブルにします。
  • source-accounting:送信元アドレスに基づいてアカウンティング ポリシーをイネーブルにします。

destination-accounting を指定すると、オプションで source-accounting を指定できます。または、source-accounting を指定すると、オプションで destination-accounting を指定できます。

Command Default

BGP ポリシー アカウンティングはありません。

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドの no 形式を使用すると、アカウンティングは、送信元および宛先の両方でディセーブルになります。 宛先または送信元アドレスのいずれかでアカウンティングを変更するには、destination-accounting または source-accounting キーワードを指定して、ipv4 bgp policy accounting コマンドを再設定します。 次の例では、送信元および宛先アドレス アカウンティングを事前にイネーブルにした後で、送信元アドレスの BGP ポリシー アカウンティングをディセーブルにします。


RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 bgp policy accounting output destination-accounting

BGP ポリシーの設定については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Configuration Guide』を参照してください。 BGP アカウンティング ポリシーは、コミュニティ リスト、自律システム番号または自律システム パスに基づきます。

BGP ポリシー伝達機能を使用するには、BGP をイネーブルにする必要があります。

アカウンティング ポリシーを指定するには、set traffic-index コマンドを使用して、特定の BGP 属性と一致するように、ルート ポリシーを正しく設定しなければなりません。 BGP ルータ コンフィギュレーション モードで、table-policy コマンドを使用して、IP ルーティング テーブルが BGP から学習されたルートで更新されるときのアカウンティング バケットを修正します。 アカウンティング ポリシー情報を表示するには、show cef ipv4 interface bgp-policy-statisticsshow bgp policy および show route bgp コマンドを使用します。

このコマンドは ASR 9000 イーサネット ラインカードではサポートされていません。

Task ID

タスク ID

操作

network

読み取り、書き込み

Examples

次に、BGP ポリシー アカウンティングを設定する例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface gigabitethernet pos 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 bgp policy accounting output source-accounting

Related Commands

コマンド

説明

route-policy (BGP)

ルート ポリシーを定義します。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Command Reference』 を参照してください。

show bgp policy

提示されたポリシーの元での BGP アドバタイズメントに関する情報を表示します。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Command Reference』 を参照してください。

show cef ipv4 interface bgp-policy-statistics

IPv4 CEF BGP ポリシー統計情報を表示します。

show route

RIB で BGP の現在ルートを表示します。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Command Reference』 を参照してください。

table-policy

ルーティング テーブルにインストールされるルートにルーティング ポリシーを適用します。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Command Reference』 を参照してください。

ipv4 bgp policy propagation

QoS Policy Propagation on BGP(QPPB; BGP による QoS ポリシー伝達)をインターフェイスでイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで、ipv4 bgp policy propagation コマンドを使用します。 BGP による QoS ポリシー伝達をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipv4 bgp policy propagation {input} {ip-precedence | qos-group} {destination | source}

no ipv4 bgp policy propagation {input} {ip-precedence | qos-group} {destination | source}

Syntax Description

input

QPPB を入力 IPv4 ユニキャスト インターフェイスでイネーブルにします。

ip-precedence

QoS ポリシーが IP precedence に基づいていることを指定します。

qos-group

QoS ポリシーが QoS グループ ID に基づいていることを指定します。

destination

宛先アドレス エントリの IP precedence bit または QoS グループ ID がルート テーブルで使用されることを指定します。

source

送信元アドレス エントリの IP precedence bit または QoS グループ ID がルート テーブルで使用されることを指定します。

Command Default

デフォルトではディセーブルになっています。

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

QPPB 機能を使用するには、BGP および CEF をイネーブルにする必要があります。 また、ルート マップを正しく設定して、IP precedence または QoS グループ ID(たとえば、set precedence コマンド)を指定しなければなりません。

送信元と宛先の両方をインターフェイスで指定した場合、最初に、ルーティング テーブルの送信元アドレスが参照され、送信元アドレスに基づいてパケットが分類されます。その後、ルーティング テーブルの宛先アドレスが参照され、宛先アドレスに基づいてパケットが再分類されます。

Task ID

タスク ID

操作

ipv4

読み取り、書き込み

network

読み取り、書き込み

Examples

次に、GigabitEthernet インターフェイス上で QPPB をイネーブルにする例を示します。

次に、Packet-over-SONET/SDH(POS)インターフェイス上で QPPB をイネーブルにする例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface gigabitethernet pos 0/1/1/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 address 192.3.1.1 255.255.255.252
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 bgp policy propagation input ip-precedence destination

Related Commands

コマンド

説明

route-policy (BGP)

ルート ポリシーを定義します。

show bgp policy

提示されたポリシーの元での BGP アドバタイズメントに関する情報を表示します。

show cef ipv4 interface bgp-policy-statistics

IPv4 CEF BGP ポリシー統計情報を表示します。

show route

RIB で BGP の現在ルートを表示します。

table-policy

ルーティング テーブルにインストールされるルートにルーティング ポリシーを適用します。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Routing Command Reference』 を参照してください。

ipv4 verify unicast source reachable-via

IPv4 ユニキャスト リバース パス転送(RPF)チェックをイネーブルにするには、適切なコンフィギュレーション モードで ipv4 verify unicast source reachable-via コマンドを使用します。 ユニキャスト RPF をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipv4 verify unicast source reachable-via { any | rx } [allow-default] [allow-self-ping]

no ipv4 verify unicast source reachable-via { any | rx } [allow-default] [allow-self-ping]

Syntax Description

any

ルーズ ユニキャスト RPF チェックをイネーブルにします。 ルーズ ユニキャスト RPF がイネーブルの場合、パケットは、その送信元プレフィックスがルーティング テーブルに存在しない限り転送されません。

rx

ストリクト ユニキャスト RPF チェックをイネーブルにします。 ストリクト ユニキャスト RPF がイネーブルの場合、パケットは、その送信元プレフィックスがルーティング テーブルに存在し、出力インターフェイスがパケットの受信インターフェイスと一致しない限り転送されません。

allow-default

(任意)デフォルト ルートのマッチングをイネーブルにします。 このオプションは、ルーズおよびストリクトの両方の RPF に適用されます。

allow-self-ping

(任意)ルータによるインターフェイスの PING をイネーブルにします。このオプションは、ルーズおよびストリクトの両方の RPF に適用されます。

Command Default

IPv4 ユニキャスト RPF はディセーブルです。

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

動的なテンプレート コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.2.0

このコマンドは、BNG の動的なテンプレート コンフィギュレーション モードでサポートされていました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

動的なテンプレート コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで dynamic-template コマンドを実行します。

ルータを通過する変形または偽造(スプーフィング)された IP 送信元アドレスによって発生する問題を減少させるには、ipv4 verify unicast source reachable-via インターフェイス コマンドを使用します。 変形または偽造(スプーフィング)されたソース アドレスは、ソース IP アドレスのスプーフィングに基づいたサービス拒絶(DoS)攻撃を示すことができます。

ストリクト ユニキャスト RPF がインターフェイスでイネーブルの場合、ルータは、そのインターフェイスで受信されるすべてのパケットを検証します。 ルータは、送信元アドレスがルーティング テーブルにあり、パケットが受信されるインターフェイスと一致するか確認します。

ルーズ ユニキャスト RPF がインターフェイスでイネーブルの場合、ルータは、そのインターフェイスで受信されるすべてのパケットを検証します。 ルータは、送信元アドレスが任意のルータ インターフェイスを介して送信できるか確認します。

Task ID

タスク ID

操作

ipv4

読み取り、書き込み

network

読み取り、書き込み

config-services

読み取り、書き込み

Examples

次に、gigabitethernet インターフェイス 0/1/0/0 でストリクト RPF を設定する例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface gigabitethernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 verify unicast source reachable-via rx

次に、gigabitethernet インターフェイス 0/0/0/1 でルーズ RPF を設定する例を示します


RP/0/RSP0/CPU0:routerios(config)# interface gigabitethernet 0/0/0/1
RP/0/RSP0/CPU0:routerios(config-if)# ipv4 verify unicast source reachable-via any

次に、動的なテンプレート コンフィギュレーション モードでストリクト RPF を設定する例を示します。
RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# dynamic-template type ppp p1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-dynamic-template-type)# ipv4 verify unicast source reachable-via rx

Related Commands

コマンド

説明

ipv6 verify unicast source reachable-via

ルーズ IPv6 ユニキャスト RPF チェックをイネーブルにします。

ipv6 verify unicast source reachable-via

IPv6 ユニキャスト Reverse Path Forwarding(RPF)チェックをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ipv6 verify unicast source reachable-via コマンドを使用します。 IPv6 ユニキャスト RPF をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ipv6 verify unicast source reachable-via { any | rx } [allow-default] [allow-self-ping]

no ipv6 verify unicast source reachable-via { any | rx } [allow-default] [allow-self-ping]

Syntax Description

any

ルーズ ユニキャスト RPF チェックをイネーブルにします。 ルーズ ユニキャスト RPF がイネーブルの場合、パケットは、その送信元プレフィックスがルーティング テーブルに存在しない限り転送されません。

rx

ストリクト ユニキャスト RPF チェックをイネーブルにします。 ストリクト ユニキャスト RPF がイネーブルの場合、パケットは、その送信元プレフィックスがルーティング テーブルに存在し、出力インターフェイスがパケットの受信インターフェイスと一致しない限り転送されません。

allow-default

(任意)デフォルト ルートのマッチングをイネーブルにします。 このオプションは、ルーズおよびストリクトの両方の RPF に適用されます。

allow-self-ping

(任意)ルータによるインターフェイスの PING をイネーブルにします。 このオプションは、ルーズおよびストリクトの両方の RPF に適用されます。

Command Default

ルーズ IPv6 ユニキャスト RPF はディセーブルです。

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.1.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

network

読み取り、書き込み

ipv6

読み取り、書き込み

Examples

次に、POS インターフェイス 0/1/0/0 でルーズ RPF チェックをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface pos 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv6 verify unicast source reachable-via any

次に、gigabitethernet インターフェイス 0/1/0/0 でストリクト RPF を設定する例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface gigabitethernet 0/1/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv6 verify unicast source reachable-via rx

次に、gigabitethernet インターフェイス 0/0/0/1 でルーズ RPF を設定する例を示します


RP/0/RSP0/CPU0:routerios(config)# interface gigabitethernet 0/0/0/1
RP/0/RSP0/CPU0:routerios(config-if)# ipv6 verify unicast source reachable-via any

Related Commands

コマンド

説明

ipv4 verify unicast source reachable-via

IPv4 ユニキャスト RPF チェックをイネーブルにします。

rp mgmtethernet forwarding

ラインカードからルート プロセッサ管理イーサネット インターフェイスへのスイッチングをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで rp mgmtethernet forwarding コマンドを使用します。 モジュラ サービス カードからルート プロセッサ管理イーサネット インターフェイスへのスイッチングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

rp mgmtethernet forwarding

no rp mgmtethernet forwarding

Syntax Description

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

Command Default

スイッチングはディセーブルです。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

rp mgmtethernet forwarding コマンドは LC のリロードを有効にする必要があります。


(注)  


イネーブルの場合、RP CPU がパケット転送に使用されます。これは、RP には、ラインカードのような、パケット処理エンジンがないからです。


Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り、書き込み

Examples

次に、モジュラ サービス カードから RP 管理イーサネット インターフェイスへのスイッチングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# rp mgmtethernet forwarding

show adjacency

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)隣接関係テーブル情報を表示するには、EXEC モードで show adjacency コマンドを使用します。

show adjacency [ ipv4 [ nexthop ipv4-address ] | mpls | ipv6 ] [ interface type interface-instance ] [remote] [detail] [ location node-id ]

Syntax Description

ipv4

(任意)IPv4 隣接だけを表示します。

nexthop ipv4-address

(任意)指定された IPv4 ネクストホップに送信される隣接を表示します。

mpls

(任意)MPLS 隣接だけを表示します。

ipv6

(任意)IPv6 隣接だけを表示します。

interface-type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-instance

物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスを指定します。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 命名規則は、rack/slot/module/port です。値と値の間には、表記の一部としてスラッシュ マークが必須です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:ラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

remote

(任意)リモート隣接だけを表示します。 リモート隣接は、ラインカード間のパケット転送に使用される内部隣接です。

detail

(任意)レイヤ 2 情報など、隣接の詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは、接続デバイスに隣接が存在するかどうか、その隣接が有効かどうか、MAC ヘッダー書き換えストリングが正しいかどうかの検証に使用されます。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの CEF 隣接関係テーブルが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、location キーワードを指定した show adjacency コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show adjacency location 0/0/CPU0

Interface Address Version  Refcount  Protocol
gigabitethernet0
/0/1/2(src mac only) 6 1 ipv4
gigabitethernet0
/0/1/2 point to point 7 100004
gigabitethernet0
/0/1/2                 (interface)                   3 1

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 1  show adjacency コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Interface

隣接に関連付けられている発信インターフェイス。

Address

Address は、次のいずれかのアドレスです。

  • ネクスト ホップ IPv4 または IPv6 アドレス
  • Point-to-Point アドレス

括弧内の情報は、別のタイプの隣接を示します。

Version

隣接のバージョン番号。 隣接が更新されると更新されます。

Refcount

この隣接のリファレンス番号。

Protocol

隣接が関連付けられるプロトコル。

0f000800 および 000c86f33d330800453a21c10800

レイヤ 2 カプセル化ストリング。

mtu

最大伝送ユニット(MTU)の値。

flags

内部フィールド。

packets

隣接を通過するパケット数。

bytes

隣接を通過するバイト数。

Related Commands

コマンド

説明

clear adjacency statistics

IPv4 CEF 隣接関係テーブルをクリアします。

show cef

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)により転送されるパケットの情報を表示するには、EXEC モードで show cef コマンドを使用します。

show cef [ prefix [mask] ] [ hardware { egress | ingress } | detail ] [ location { node-id | all } ]

Syntax Description

prefix

(任意)指定された IPv4 送信先プレフィックスの最長一致 CEF エントリ。

mask

(任意)指定された IPv4 プレフィックスおよびマスクの正確な CEF エントリ。

hardware

(任意)ハードウェアの詳細情報を表示します。

egress

出力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress

入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

all

(任意)すべてのロケーションを表示します。

Command Default

プレフィックスが明示的に指定されていない場合、このコマンドは、CEF に存在するすべての IPv4 プレフィックスを表示します。 指定されていない場合、location は、デフォルトでアクティブなルート プロセッサ(RP)ノードになります。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、hardware および ingress キーワードの両方を指定した show cef コマンドの load information フラグの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef 101.1.3.0/24 hardware ingress location 0/3/CPU0 
101.1.3.0/24, version 0, internal 0x40000001 (0x598491e8) [1], 0x0 (0x0),
(0x0)  
 local adjacency 10.0.101.2
 Prefix Len 24, traffic index 0, precedence routine (0)
 BGP Attribute: id: 8, Local id: 6, Origin AS: 1003, Next Hop AS: 4 
 
   via 10.0.101.2, 2 dependencies, recursive
    next hop 10.0.101.2 via 10.0.101.2/32
 

 Number of Mnodes:   2
 Mnode 0 HW Location: 0x00080404  HW Value 
[ 0x0081a600 00000000 00000000 00000000 ] 
 
 Leaf Mnode 1  HW Location: 0x040d3030
 Hardware Leaf:      PLU Leaf Value
[ 0x8000d800 028842c6 00000000 1fff2000 ] 
 
 FCR  2 TLU Address 0x00210b19 TI 0 AS 6 
 
VPN Label 1 0 
 
 ************* IGP LoadInfo *****************
 Loadinfo HW Max Index  0
 Loadinfo SW Max Index  0
 PBTS Loadinfo Attached: No
 LI Path [ 0]  HFA Info: 0x10204028   FCR: 4
 ********************************************
 
------------------------------------------------
 HW Rx Adjacency  0 Detail:
------------------------------------------------
    Rx Adj HW Address   0x02040280  (ADJ)  
    packets 0  bytes 0 
    HFA Bits 0x80 gp 16 mtu 9248 (Fabric MTU) TAG length 0 
    OI 0x409 (Tx uidb 0 PPindex 1033) 
    OutputQ 0 Output-port 0x0 local-outputq 0x8000 
 
[ 0x80181040 00002420 00000409 00008000 ]
[ 0x00000000 00000000 00000000 00000000 ]
[ 0x00000000 00000000 00000000 00000000 ] 

show cef bgp-attribute

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)のボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)属性を表示するには、EXEC モードで show cef bgp-attribute コマンドを使用します。

show cef bgp-attribute [ attribute-id index-id ] [ local-attribute-id index-id ] [ location node-id ]

Syntax Description

attribute-id index-id

(任意)FIB 属性インデックスを表示します。

local-attribute-id index-id

(任意)FIB ローカル属性インデックスを表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの BGP 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの location はアクティブ RP です。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef bgp-attribute コマンドを使用する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef bgp-attribute

Total number of entries: 75742
BGP Attribute ID: 0x2058a, Local Attribute ID: 0x1
    Origin AS:    195, Next Hop AS:        195
BGP Attribute ID: 0x20583, Local Attribute ID: 0x2
    Origin AS:    22, Next Hop AS:        22
BGP Attribute ID: 0x20582, Local Attribute ID: 0x3
    Origin AS:    21, Next Hop AS:        21
BGP Attribute ID: 0x20585, Local Attribute ID: 0x4
    Origin AS:    28, Next Hop AS:        28
BGP Attribute ID: 0x20584, Local Attribute ID: 0x5
    Origin AS:    27, Next Hop AS:        27
BGP Attribute ID: 0x2057f, Local Attribute ID: 0x6
    Origin AS:    86, Next Hop AS:        86
BGP Attribute ID: 0x2058b, Local Attribute ID: 0x7
    Origin AS:    196, Next Hop AS:        196
BGP Attribute ID: 0x20589, Local Attribute ID: 0x8
    Origin AS:    194, Next Hop AS:        194

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 2 show cef bgp-attribute コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

BGP Attribute ID

BGP により割り当てられた ID を表示します。

Local Attribute ID

FIB により割り当てられた ID を表示します。

Origin AS

この属性 ID を伝送するプレフィックスの元の AS を表示します。

Next Hop AS

このプレフィックスの BGP ネクストホップを含む AS を表示します。

Related Commands

コマンド

説明

show cef

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)により転送されるパケットの情報を表示します。

show cef external

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)外部クライアント依存関係情報を表示するには、EXEC モードで show cef external コマンドを使用します。

show cef external [ hardware { ingress | egress } ] [prefix] { ifhandle | tunnel-id | client-name } { 6vpe | 6pe-ipvpn | eos0-ldi | ip-reachability } [detail] [ location node-id ]

Syntax Description

hardware

(任意)ハードウェアの情報を表示します。

ingress

(任意)入力パケット フォワーディング ハードウェアでプログラミングされたハードウェア情報を表示します。

egress

(任意)出力パケット フォワーディング ハードウェアでプログラミングされたハードウェア情報を表示します。

prefix

(任意)特定のプレフィックスの外部クライアント情報を表示します。

ifhandle

インターフェイス ハンドルを指定します。

tunnel-id

トンネル識別子を指定します。

client-name

特定のクライアントの名前。 特定のクライアント名の依存関係情報が表示されます。

6vpe

6VPE(IPv6 VPN Provide Edge)依存関係情報を表示します。

6vpe-ipvpn

6VPE over IP-VPN 依存関係情報を表示します。

eos0-ldi

スタック 0(EOS0)ロード バランシング依存関係のマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)側の情報を表示します。

ip-reachability

インターネット プロトコル(IP)到達可能性情報を表示します。

detail

(任意)依存関係の詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの外部クライアント依存関係情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef external コマンドの出力例を示します。


RP/0/RSP0/CPU0:router#show cef external hardware egress location 0/0/CPU0 
Mon Dec 13 11:09:21.041 UTC

IPV4:
-----
Client Name       : l2fib_mgr (comp-id: 0x7e6d) (0x9f6f70fc)
Protocol          : ipv4
Prefix            : 3.3.3.3 (0x9f13d22c)
Gateway array     : 9e8fb058 (0x201500/1)
Loadinfo          : 9fbd41a8 (0x10181101/1)
Number of notifs  : 1
Interest type     : EOS0 LDI updates
Table Id          : 0xe0000000
Cookie Value      : 6c326669625f6d67720000000
State             : resolved, cached plat context
Via               : 16000/0
Added to pend list: Dec 13 11:08:37.920
    Load distribution: 0 (refcount 1)

    Hash  OK  Interface                 Address
    0     Y   GigabitEthernet0/0/0/9    10.0.9.2       


Data identical on all NPs:

---- ECD LDI platform context data ----
 Flags: 0x21
 L2VPN LDI index: 0x1 (Search Key:0x100)
 Preferred path index: 0x5002dea0
 Cached L2FIB notification data:
    l2vpn_ldi_index: 0x1 (Search Key:0x100)
    recursion_level: 1 (RECURSION_NONE), num_paths: 1

       IGP Path info #0
       is_unresolved: 0
       Primary path: is_lag: 0, sfp_or_lagid: 1, ifhandle: 0x4000440
       Bkup path: is not valid
---- End of platform context data ----


RP/0/RSP0/CPU0:router#show cef external hardware egress location 0/0/CPU0 
Mon Dec 13 11:22:47.605 UTC

IPV4:
-----
Client Name       : l2fib_mgr (comp-id: 0x7e6d) (0x9f6f70fc)
Protocol          : ipv4
Prefix            : 100.100.100.2 (0x9f13d22c)
Gateway array     : 9e8fb058 (0x201500/1)
Loadinfo          : 9fbd41a8 (0x10181101/1)
Number of notifs  : 2
Interest type     : EOS0 LDI updates
Table Id          : 0xe0000000
Cookie Value      : 6c326669625f6d67720000000
State             : resolved, cached plat context
Via               : 16006/0
Added to pend list: Dec 13 11:21:23.037

    Load distribution: 0 (refcount 1)

    Hash  OK  Interface                 Address
    0     Y   recursive                 16006/0        

Data identical on all NPs:

---- ECD LDI platform context data ----
 Flags: 0x21
 L2VPN LDI index: 0x2 (Search Key:0x200)
 Preferred path index: 0x5002dea8
 Cached L2FIB notification data:
    l2vpn_ldi_index: 0x2 (Search Key:0x200)
    recursion_level: 2 (RECURSION_ONE), num_paths: 1

       BGP Path info #0

         IGP Path info #0
         is_unresolved: 0
         Primary path: is_lag: 0, sfp_or_lagid: 1, ifhandle: 0x4000440
         Bkup path: is not valid
---- End of platform context data ----

Related Commands

コマンド

説明

show cef

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)により転送されるパケットの情報を表示します。

show cef recursive-nexthop

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)再帰的ネクストホップ情報を表示するには、EXEC モードで show cef recursive-nexthop コマンドを使用します。

show cef recursive-nexthop [hardware] [ location node-id ]

Syntax Description

hardware

(任意)再帰的ネクスト ホップに関するハードウェア情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの再帰的ネクストホップ情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Related Commands

コマンド

説明

show cef

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)により転送されるパケットの情報を表示します。

show cef summary

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルのサマリー情報を表示するには、EXEC モードで show cef summary コマンドを使用します。

show cef summary [ location { node-id | all } ]

Syntax Description

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

all

(任意)すべてのロケーションを表示します。

Command Default

show cef summary コマンドでは、IPv4 CEF テーブルおよびアクティブ RP ノードはロケーションと見なされます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef summary コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef summary location 0/1/CPU0

Router ID is 10.1.1.1

IP CEF with switching (Table Version 0) for node0_1_CPU0

  Load balancing: L3
  Tableid 0xe0000000, Vrfid 0x60000000, Vrid 0x20000000, Flags 0x301
  Vrfname default, Refcount 318
  170 routes, 0 reresolve, 0 unresolved (0 old, 0 new), 12240 bytes
  183 load sharing elements, 57292 bytes, 184 references
  19 shared load sharing elements, 7036 bytes
  164 exclusive load sharing elements, 50256 bytes
  0 CEF route update drops, 10 revisions of existing leaves
  Resolution Timer: 15s
  0 prefixes modified in place
  0 deleted stale prefixes
  21 prefixes with label imposition, 60 prefixes with label information
Adjacency Table has 49 adjacencies
  25 incomplete adjacencies

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 3  show cef summary コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Load balancing

現在のロードバランシング モード。 デフォルト値は L3 です。

Table Version

CEF テーブルのバージョン。

tableid

テーブル ID 番号。

vrfname

VRF 名。

flags

テーブルのオプション値。

routes

ルートの合計数。

reresolve

再解決されるルートの合計数。

unresolved (x old, x new)

未解決のルートの合計数。

load sharing elements

内部ロード シェアリング データ構造の合計数。

bytes

内部ロード シェアリング データ構造で使用される合計メモリ。

references

すべての内部ロード シェアリング データ構造の合計リファレンス カウント数。

CEF resets

CEF テーブル リセット数。

revisions of existing leaves

既存のプレフィックスへの更新数。

Exponential (currently xs, peak xs)

現在使用されていません。

prefixes modified in place

正しく修正されたプレフィックス。

Adjacency Table has x adjacencies

合計隣接数。

x incomplete adjacency

未完了の隣接の合計数。

Related Commands

コマンド

説明

show cef

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)により転送されるパケットの情報を表示します。

show cef ipv4

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルの情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 [ prefix [mask] | interface-type interface-instance ] [detail] [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

prefix

(任意)指定された IPv4 送信先プレフィックスの最長一致 CEF エントリ。

mask

(任意)指定された IPv4 プレフィックスおよびマスクの正確な CEF エントリ。

interface-type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-instance

物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスを指定します。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 命名規則は、rack/slot/module/port です。値と値の間には、表記の一部としてスラッシュ マークが必須です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:ラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

detail

(任意)CEF エントリの詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv4 CEF テーブルを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

location が指定されていない場合、デフォルトで RP ノードが使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの CEF テーブルが表示されます。 これらが指定されている場合、このコマンドは、location node-id キーワードおよび引数で指定されたノードで機能します。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router/CPU0:router# show cef ipv4 
Prefix              Next Hop            Interface
10.0.0.0/0          10.25.0.1           MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.0.0.0/32         broadcast
10.25.0.0/16        attached            MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.12.10/32      receive             MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.13.12/32      10.25.13.12         MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.16.11/32      10.25.16.11         MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.22.10/32      10.25.22.10         MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.26.10/32      10.25.26.10         MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.41.2/32       10.25.41.2          MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.41.5/32       10.25.41.5          MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.42.5/32       10.25.42.5          MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.44.15/32      10.25.44.15         MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.55.2/32       10.25.55.2          MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.25.255.255/32    10.25.255.255       MgmtEth0/RSP0/CPU0/0
10.0.0.0/4          0.0.0.0
10.0.0.1/32         0.0.0.0
10.255.255.255/32   broadcast

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 4  show cef ipv4 コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Prefix

IPv4 CEF テーブルのプレフィックス

Next Hop

プレフィックスのネクスト ホップ

Interface

プレフィックスに関連付けられているインターフェイス

show cef ipv4 adjacency

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv4 隣接ステータスおよび設定情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 adjacency コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 adjacency [ interface-type interface-path-id ] [ location node-id ] [detail] [discard] [glean] [null] [punt] [remote] [protected]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

interface-type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface- path-id

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 命名規則は、rack/slot/module/port です。値と値の間には、表記の一部としてスラッシュ マークが必須です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:ラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

detail

(任意)隣接の詳細情報を表示します。

discard

(任意)廃棄された隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

glean

(任意)glean 隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

null

(任意)隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

punt

(任意)パント隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

remote

(任意)リモート隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

protected

(任意)IP-Fast Reroute(FRR)保護された隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、show cef ipv4 adjacency コマンドは、コマンドが発行されるノードの CEF 隣接関係テーブルを表示します。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 adjacency コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router:# show cef ipv4 adjacency MgmtEth 0/RSP0/CPU0/0
Display protocol is ipv4
Interface    Address                                         Type    Refcount
Mg0/RSP0

/CPU0/0Prefix: 10.25.0.3/32                            local   2
             Adjacency: PT:0x782a2900 12.25.0.3/32
             Interface: Mg0/RSP0/CPU0/0
             MAC: 00.d0.02.75.ab.fd.00.11.93.ef.e3.50.08.00
             Interface Type: 0x8, Base Flags: 0x1
             Dependent adj type: remote
             Dependent adj intf: Mg0/RSP0/CPU0/0
Mg0/RSP0

/CPU0/0Prefix: 10.24.0.32/32                            remote  6
             Adjacency: PT:0x782a2b58
             Interface: Mg0/RSP0/CPU0/0
             MAC: 28.4e.4f.4e.45.29
             Interface Type: 0x8, Base Flags: 0x0

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 5  show cef ipv4 adjacency コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Interface

プレフィックスに関連付けられているインターフェイス

Address

プレフィックス アドレス情報。

Type

隣接のタイプ。ローカルまたはリモートのいずれかです。

Refcount

他のルータにより隣接が参照される回数。

show cef ipv4 adjacency hardware

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv4 隣接ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 adjacency hardware コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 adjacency hardware { egress | ingress } [ detail | discard | drop | glean | location node-id | null | punt | protected | remote ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

egress

出力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress

入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

discard

(任意)廃棄隣接情報を表示します。

drop

(任意)ドロップ隣接情報を表示します。

glean

(任意)glean 隣接情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

null

(任意)ヌル隣接情報を表示します。

punt

(任意)パント隣接情報を表示します。

protected

(任意)IP-Fast Reroute(FRR)保護された隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

remote

(任意)リモート隣接情報を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、egress キーワードを指定した show cef ipv4 adjacency hardware コマンドの load information フラグの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 adjacency hardware egress detail location 0/2/CPU0

Display protocol is ipv4
Interface    Address                                         Type    Refcount
 
tt0          Prefix: 0.0.0.0/32                              local   5
             no next-hop adj
             Interface: NULLIFHNDL
             Mac-length is 0
             tunnel interface
             Interface Type: 0x24, Base Flags: 0x2001
             Dependent adj type: remote
             Dependent adj intf: tt0
 
  TE Flags        : 0x41
  TLU3(temp)  : 0x200b801
  [HW: 0x00000001 0x20020000 0x08000000 0x00080000]
    type          : FWD
    num. entries  : 1
    uidb index    : 2
    num. labels   : 0
    label         : 0
    encapsulation : unknown (0x8000000)
    next ptr      : 0x800
  TLU4            : 0x3000800
    Entry[0]
    [HW: 0x00000080 0x0013c48f 0x880b05ea 0x00580000]
      label         : 0
      num. labels   : 0
      local         : 1
      mtu           : 1514
      default sharq : 11
      member link   : 0
 
Te0/2/0/1                                                    special 2
             Interface: Te0/2/0/1 Type:  glean
             Interface Type: 0x1e, Base Flags: 0x4400
             Dependent adj type: remote
             Dependent adj intf: Te0/2/0/1
TLU 3 Unavailable

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 6  show cef ipv4 adjacency hardware コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Interface

プレフィックスに関連付けられているインターフェイス

Address

プレフィックス アドレス情報。

Type

隣接のタイプ。ローカルまたはリモートのいずれかです。

Refcount

他のルータにより隣接が参照される回数。

show cef ipv4 drops

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブル パケット ドロップ カウンタを表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 drops コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 drops [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv4 CEF テーブル パケット ドロップ カウンタを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

CEF エントリが解決されていない、機能がサポートされていない、ルート情報がない、隣接情報がない、または IP チェックサム エラーが発生したために、パケットが IPv4 CEF テーブルからドロップされた可能性があります。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、すべてのノードの IPv4 CEF パケット ドロップ カウンタが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、ロケーション コマンドの show cef ipv4 drops の出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 drops 

CEF Drop Statistics
Node: 0/0/CPU0
  Unresolved drops     packets :               0
  Unsupported drops    packets :               0
  Null0 drops          packets :               0
  No route drops       packets :               0
  No Adjacency drops   packets :               0
  Checksum error drops packets :               0
  RPF drops            packets :               0
  RPF suppressed drops packets :               0
  RP destined drops    packets :               0
表 7 show cef ipv4 drop コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Unresolved drops

未解決ルートによるドロップ

Unsupported drops

サポートされていない機能によるドロップ

Null0 drops

Null0 インターフェイスへのドロップ

No route drops

宛先へのルートがなかったためにドロップされたパケット数

No Adjacency drops

隣接が確立されていなかったためにドロップされたパケット数

Checksum error drops

IPv4 チェックサム エラーによるドロップ

RPF drops

IPv4 ユニキャスト RPF によるドロップ1

RPF suppressed drops

IPv4 ユニキャスト RPF により抑制されたドロップ

RP destined drops

ルータへのドロップ

1 RPF = Reverse Path Forwarding

Related Commands

コマンド

説明

clear cef ipv4 drops

IPv4 CEF パケット ドロップ カウンタをクリアします。

show cef ipv4 exact-route

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)の正確なルートを表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 exact-route コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name] ipv4 exact-route { source-address destination-address } [ protocolprotocol-name] [ source-portsource-port] [ destination-portdestination-port] [ ingress-interfacetype interface-path-id] [policy-class-value] [ detail | location node-id]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

source-address

x.x.x.x フォーマットの IPv4 送信元アドレス。

destination-address

x.x.x.x フォーマットの IPv4 宛先アドレス。

protocol protocol name

(任意)指定したルートのプロトコルを表示します。

source-port source-port

(任意)UDP 送信元ポートを設定します。 範囲は 0 ~ 65535 です。

destination-port destination-port

(任意)UDP 宛先ポートを設定します。 範囲は 0 ~ 65535 です。

ingress-interface

(任意)入力インターフェイスを設定します。

type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

policy-class value

(任意)ポリシーベースのトンネル選択のクラスを表示します。 トンネル ポリシー クラスの値の範囲は 1 ~ 7 です。

detail

(任意)CEF エントリの詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv4 CEF テーブルを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

レイヤ 4 情報がイネーブルの場合、source-port、destination-port、protocol および ingress-interface フィールドは必須です。 これらのフィールドを指定しない場合、show cef ipv4 exact-route コマンドは、正しい結果を出力しません。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 exact-route コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 exact-route 10.1.1.1 10.1.1.2 detail

0.0.0.0/0, version 432, proxy default, internal 0x2000201[1]
 Prefix Len 0, traffic index 0, precedence routine (0)
   via MgmtEth0/RSP0RP1/CPU0/0

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 8  show cef ipv4 exact-route コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Prefix

IPv4 CEF テーブルのプレフィックス

Next Hop

プレフィックスのネクスト ホップ

Interface

プレフィックスに関連付けられているインターフェイス

Related Commands

コマンド

説明

show mpls forwarding exact-route

送信元および宛先アドレスで構成される MPLS フローが通過するパスを表示します。

show cef ipv4 exceptions

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)例外パケット カウンタを表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 exceptions コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 exceptions [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

location node-id

(任意)指定されたノードの CEF 例外パケット カウンタを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

CEF 例外パケットは、追加の処理が必要なためにハードウェアからソフトウェアに送信されたパケットです。 IPv4 CEF 例外パケットのタイプは、コマンドの出力に表示され、定義されます。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、すべてのノードの IPv4 CEF 例外パケット カウンタが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 exceptions コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 exceptions

CEF Exception Statistics
Node: 0/0/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :          306404
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/1/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/2/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Redirect    packets :               0 Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :             314
  Fragmented  packets :               0
Node: 0/3/CPU0
  Slow encap  packets :               0
  Redirect    packets :               0
  Receive     packets :               0
  Broadcast   packets :               0
  IP options  packets :               0
  TTL expired packets :               0
  Fragmented  packets :               0

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 9  show cef ipv4 exceptions コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Slow encap

カプセル化中に特殊な処理を必要とするパケット数

Redirect

ICMP の数2 送信されるリダイレクト メッセージ

Receive

ルータに送信されるパケット数

Broadcast

受信したブロードキャスト数

IP options

IP オプション パケット数

TTL expired

TTL が期限切れとなったパケット数3

Fragmented

フラグメントされたパケット数

2 ICMP = インターネット制御メッセージ プロトコル
3 TTL = 存続可能時間

Related Commands

コマンド

説明

clear cef ipv4 exceptions

IPv4 CEF 例外パケット カウンタをクリアします。

show cef ipv4 hardware

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv4 ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 hardware コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 hardware { egress | ingress [ detail | location node-id ] }

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

egress

出力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress

入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

show cef ipv4 interface

インターフェイスの IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)に関連する情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 interface コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 interface type interface-path-id [detail] [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

in terface-path-id

次に示す、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

detail

(任意)コマンドが発行されるノードのすべてのインターフェイスに関する CEF 詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)インターフェイスの IPv4 CEF 関連情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、show cef ipv4 interface rpf-statistics コマンドは、ルート プロセッサのインターフェイスの CEF 関連情報を表示します。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 interface コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 interface MgmtEth 0/RSP0RP0/CPU0/0

MgmtEth0/0/CPU0/0 is up (if_handle 0x01000100)
  Forwarding is enabled
  ICMP redirects are never sent
  IP MTU 1500, TableId 0xe0000000
  Reference count 2

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 10  show cef ipv4 interface コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

MgmtEth 0/ RSP0 RP0 /CPU0/0 is up

インターフェイスのステータス

if_handle

内部インターフェイス ハンドル

Forwarding is enabled

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)がイネーブルであることを示します。

ICMP redirects are always sent or never sent

ICMP かどうかを示します。4 リダイレクト メッセージが送信されます。 デフォルトでは、ICMP リダイレクト メッセージは必ず送信されます。

IP MTU

IPv4 MTU の値5 インターフェイスで設定されているサイズ

Reference count

内部リファレンス カウンタ

4 ICMP = インターネット制御メッセージ プロトコル
5 MTU =最大伝送ユニット

show cef ipv4 interface bgp-policy-statistics

インターフェイスの IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)に関連するボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ポリシー統計情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 interface bgp-policy-statistics コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 interface type interface-path-id bgp-policy-statistics [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

location node-id

(任意)インターフェイスの IPv4 CEF 関連情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

このコマンドは ASR 9000 イーサネット ラインカードではサポートされていません。 このコマンドは、指定されたインターフェイスに設定されているすべての BGP ポリシー カウンタを表示します。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 interface bgp-policy-statistics コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 interface TenGigE 0/2/0/4 bgp-policy-statistics

TenGigE0/2/0/4 is up
Input BGP policy accounting on src IP address enabled
buckets packets  bytes
0       184054   10157753
6       65688590 4204069760
7       65688590 4204069760
8       65688654 4204073856
9       65688656 4204073984
10      65688655 4204073920
30      32844290 1510837340
31      32844291 1510837386
32      32844294 1510837524
33      32844296 1510837616
34      32844298 1510837708
35      32844302 1510837892
36      32844302 1510837892
37      32844303 1510837938
38      32844305 1510838030
39      32844307 1510838122
Output BGP policy accounting on dst IP address enabled
buckets packets bytes
0       754     43878
Output BGP policy accounting on src IP address enabled
buckets packets bytes
0       857     51706

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 11  show cef ipv4 interface bgp-policy-statistics コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

TenGigE 0/2/0/4 is up

インターフェイスのステータス

Input BGP policy accounting on src IP address enabled

イネーブルにされている BGP ポリシー アカウンティング機能

buckets

トラフィック インデックス

packets

バケットでカウントされたパケット数

bytes

バケットでカウントされたバイト数

show cef ipv4 non-recursive

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルの IPv4 非再帰的プレフィックス エントリを表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 non-recursive コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 non-recursive [detail] [ hardware { egress | ingress } ] [ interface-type interface-instance ] [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

detail

(任意)IPv4 CEF テーブルの非再帰的プレフィックス エントリの詳細を表示します。

hardware

(任意)ハードウェアの詳細情報を表示します。

egress

(任意)出力パケット スイッチ交換(PSE)を表示します。

ingress

(任意)入力パケット スイッチ交換(PSE)を表示します。

interface-type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-instance

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 命名規則は、rack/slot/module/port です。値と値の間には、表記の一部としてスラッシュ マークが必須です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:ラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv4 CEF テーブルの IPv4 非再帰的プレフィックス エントリを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの IPv4 CEF 非再帰的ルートが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 non-recursive コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routerrouter# show cef ipv4 non-recursive                   

Prefix              Next Hop            Interface
0.0.0.0/0           1012.8.0.1
0.0.0.0/32          broadcast
10.8.0.0/16         attached            MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.0.0/32         broadcast           MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.0.1/32         12.8.0.1            MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.0.2/32         12.8.0.2            MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.0.3/32         12.8.0.3            MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.16.10/32       12.8.16.10          MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.16.30/32       12.8.16.30          MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.16.40/32       12.8.16.40          MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.28.8/32        12.8.28.8           MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.28.101/32      12.8.28.101         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.28.103/32      12.8.28.103         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.28.104/32      12.8.28.104         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.28.106/32      receive             MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.29.113/32      12.8.29.113         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.29.118/32      12.8.29.118         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.29.140/32      12.8.29.140         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.33.101/32      12.8.33.101         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.33.103/32      12.8.33.103         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.33.105/32      12.8.33.105         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.33.110/32      12.8.33.110         MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.57.1/32        12.8.57.1           MgmtEth0/0/CPU0/0
10.8.255.255/32     broadcast           MgmtEth0/0/CPU0/0
10.29.31.2/32       12.29.31.2          MgmtEth0/0/CPU0/0
10.255.0.0/16            attached        MgmtEth0/0/CPU0/0
10.255.254.254/32   10223.255.254.254     MgmtEth0/0/CPU0/0
10.0.0.0/4            0.0.0.0
10.0.0.0/24         receive
255.255.255.255/32   broadcast

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 12  show cef ipv4 non-recursive コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Prefix

ノードで検出された非再帰的プレフィックス

Next Hop

ルーティング ネクスト ホップ

Interface

非再帰的プレフィックスに関連付けられているインターフェイス

show cef ipv4 resource

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルの IPv4 非再帰的プレフィックス エントリを表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 resource コマンドを使用します。

show cef ipv4 resource [detail] [ hardware { egress | ingress } ] [ location node-id ]

Syntax Description

detail

(任意)IPv4 CEF テーブルにリストされているリソースの詳細情報を表示します。

hardware

(任意)ハードウェアの詳細情報を表示します。

egress

(任意)出力パケット スイッチ交換(PSE)を表示します。

ingress

(任意)入力パケット スイッチ交換(PSE)を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv4 CEF テーブルの IPv4 リソース エントリを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの IPv4 CEF 非再帰的ルートが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 resource コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow cef ipv4 resource detail

CEF resource availability summary state: GREEN
  ipv4 shared memory resource:
        CurrMode GREEN, CurrUtil 0%
        CurrAvail 1874526208 bytes, MaxAvail 1875693568 bytes
  ipv6 shared memory resource:
        CurrMode GREEN, CurrUtil 0%
        CurrAvail 1874591744 bytes, MaxAvail 1875365888 bytes
  mpls shared memory resource:
        CurrMode GREEN, CurrUtil 0%
        CurrAvail 1874407424 bytes, MaxAvail 1875038208 bytes
  common shared memory resource:
        CurrMode GREEN, CurrUtil 0%
        CurrAvail 1873215488 bytes, MaxAvail 1874972672 bytes
  TABLE hardware resource: GREEN
  LEAF hardware resource: GREEN
  LOADINFO hardware resource: GREEN
  NHINFO hardware resource: GREEN
  LABEL_INFO hardware resource: GREEN
  IDB hardware resource: GREEN
  FRR_NHINFO hardware resource: GREEN
  LDSH_ARRAY hardware resource: GREEN
  RSRC_MON hardware resource: GREEN

show cef ipv4 summary

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルのサマリー情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 summary コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 summary [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv4 CEF テーブルのサマリー情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの IPv4 CEF テーブルのサマリー情報が表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv4 summary コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 summary 
Router ID is 
10
0
.0.0.0

IP CEF with switching (Table Version 0)

  Load balancing: L3
  Tableid 0xe0000000, Vrfid 0x60000000, Vrid 0x20000000, Flags 0x301
  Vrfname default, Refcount 367
  193 routes, 0 reresolve, 0 unresolved (0 old, 0 new), 13896 bytes
  204 load sharing elements, 51904 bytes, 154 references
  17 shared load sharing elements, 5536 bytes
  187 exclusive load sharing elements, 46368 bytes
  0 CEF route update drops, 175 revisions of existing leaves
  Resolution Timer: 15s
  0 prefixes modified in place
  0 deleted stale prefixes
  16 prefixes with label imposition, 51 prefixes with label information
Adjacency Table has 44 adjacencies
  1 incomplete adjacency

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 13  show cef ipv4 summary コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Load balancing

現在のロードバランシング モード。 デフォルト値は L3 です。

Table Version

CEF テーブルのバージョン。

tableid

テーブル ID 番号。

vrfid

VPN ルーティング/転送(VRF)ID(vrfid)番号。

vrfname

VRF 名。

vrid

Virtual router identification(vrid; 仮想ルータ ID)番号。

flags

テーブルのオプション値。

routes

ルートの合計数。

reresolve

再解決されるルートの合計数。

unresolved (x old, x new)

未解決のルートの合計数。

load sharing elements

内部ロード シェアリング データ構造の合計数。

bytes

内部ロード シェアリング データ構造で使用される合計メモリ。

references

すべての内部ロード シェアリング データ構造の合計リファレンス カウント数。

CEF resets

CEF テーブル リセット数。

revisions of existing leaves

既存のプレフィックスへの更新数。

Exponential (currently xs, peak xs)

現在使用されていません。

prefixes modified in place

正しく修正されたプレフィックス。

Adjacency Table has x adjacencies

合計隣接数。

x incomplete adjacency

未完了の隣接の合計数。

Related Commands

コマンド

説明

bundle-hash

送信元および宛先アドレスで構成されるバンドル フローが通過するパスを表示します。

show cef ipv4 unresolved

IPv4 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルの未解決ルートを表示するには、EXEC モードで show cef ipv4 unresolved コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv4 unresolved [detail] [ hardware { egress | ingress } ] [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

detail

(任意)IPv4 CEF テーブルにリストされている未解決ルートの詳細情報を表示します。

hardware

(任意)ハードウェアの詳細情報を表示します。

egress

(任意)出力パケット スイッチ交換(PSE)を表示します。

ingress

(任意)入力パケット スイッチ交換(PSE)を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv4 CEF テーブルの未解決ルートを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの未解決ルートが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、未解決ルートが検出されるときの show cef ipv4 unresolved コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv4 unresolved

Prefix              Next Hop            Interface
10.3.3.3              102.2.2.2                ?

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 14  show cef ipv4 unresolved コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Prefix

未解決 CEF のプレフィックス。

Next Hop

未解決 CEF のネクスト ホップ。

Interface

ネクスト ホップ インターフェイス。 疑問符(?)は、インターフェイスが解決されていないことを示します。

show cef ipv6

IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルの情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 コマンドを使用します。

show cef [ vrfvrf-name] ipv6[ interface-type interface-number | ipv6-prefix/ prefix-length] [ detail] [ locationnode-id]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

interface-type interface-number

(任意)指定されたネクスト ホップ インターフェイスを通過する IPv6 プレフィックス。

ipv6-prefix/prefix-length

(任意)指定された IPv6 プレフィックスおよびプレフィックス長と一致する CEF テーブルの最長プレフィックス エントリ。

detail

(任意)IPv6 CEF テーブルの詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv6 CEF テーブルを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの IPv6 CEF テーブルが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6

::/0

::/128
  drop
::1/128
  loopback
66::4/128
  receive    Loopback0
2222::/64
  connected  gigabitethernet0/4/0/0
2222::1/128
  receive    gigabitethernet0/4/0/0
3333::/64
  connected  gigabitethernet0/3/0/0
3333::2/128
  receive    gigabitethernet0/3/0/0
5656::2/128
  recursive  fe80::3031:48ff:fe53:5533, gigabitethernet0/3/0/0
7777::/64
  connected  gigabitethernet0/0/0/0
7777::2/128
  receive    gigabitethernet0/0/0/0
9999::1/128
  recursive  fe80::205:5fff:fe1d:7600, gigabitethernet0/4/0/0
ff00::/8
  drop
ff02::1/128
  receive    
ff02::2/128
  receive    
ff02::5/128
  receive    
ff02::6/128
  receive    
ff02::1:ff00:0/104
  receive 

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 15  show cef ipv6 コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

drop

送信先プレフィックスに送信されるパケットがドロップされることを示します。

loopback

プレフィックスはループバック アドレスを示します。 ループバック アドレスに送信されるパケットはドロップされます。

receive

プレフィックスがルータ インターフェイスのいずれかで設定されていることを示します。 これらのプレフィックスに送信されるパケットは、ルータにより受信されます。

connected

プレフィックスは、直接接続されているネクストホップ インターフェイスを示します。

recursive

プレフィックスが直接接続されていないが、表示されているネクストホップ プレフィックスから到達可能であることを示します。

次に、detail キーワードを持つ show cef ipv6 の出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 detail


::/0
  flags: source_rib
  Loadinfo owner: <this route>
  fast adj: glean
  path 1:
    flags     : 
    next hop  : ::
    interface : 
gigabitethernet0

/0/0/0

::/128
  flags: drop, source_fib
  Loadinfo owner: <this route>
  fast adj: drop
  path 1:
    flags     : 
    next hop  : ::
    interface : <not specified>

::1/128
  flags: loopback, source_fib
  Loadinfo owner: <this route>
  fast adj: loopback
  path 1:
    flags     : 
    next hop  : ::
    interface : <not specified>

66::4/128
  flags: receive, source_rib
  Loadinfo owner: <this route>
  fast adj: receive
  path 1:
    flags     : point-to-point
    next hop  : ::
    interface : Loopback0

次の表に、この出力で表示される重要な出力フィールドについて説明します。



表 16  show cef ipv6 detail コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

flags:

示されたプレフィックスのプロパティ。

Loadinfo owner:

転送のためにプレフィックスにより使用される Loadinfo のオーナー。 Loadinfo オーナーは、隣接を示すポインタの配列を所有するプレフィックスです。

fast adj:

転送のために使用される、キャッシュに入った隣接。

path 1:

次の 3 つの項目は、path 1: の下に表示されます。

  • flags:パスのプロパティ。
  • next hop:ネクスト ホップ プレフィックス(パケットが転送される場合)。
  • interface:ネクストホップ インターフェイス(パケットが転送される場合)。

show cef ipv6 adjacency

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv6 隣接ステータスおよび設定情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 adjacency コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 adjacency [ interface-type interface-path-id ] [ location node-id ] [detail] [discard] [glean] [null] [punt] [remote]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

interface-type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface- path-id

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 命名規則は、rack/slot/module/port です。値と値の間には、表記の一部としてスラッシュ マークが必須です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:ラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

detail

(任意)隣接の詳細情報を表示します。

discard

(任意)廃棄された隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

glean

(任意)glean 隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

null

(任意)ヌル隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

punt

(任意)パント隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

remote

(任意)リモート隣接情報だけをフィルタリングして表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの CEF 隣接関係テーブルが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 adjacency コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 adjacency

show cef ipv6 adjacency hardware

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv6 隣接ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 adjacency hardware コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 adjacency hardware { egress | ingress } [ detail | discard | drop | glean | location node-id | null | punt | remote ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

egress

出力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress

入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

discard

(任意)廃棄隣接情報を表示します。

drop

(任意)ドロップ隣接情報を表示します。

glean

(任意)glean 隣接情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

null

(任意)ヌル隣接情報を表示します。

punt

(任意)パント隣接情報を表示します。

remote

(任意)リモート隣接情報を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 adjacency hardware コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 adjacency hardware

show cef ipv6 drops

IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブル パケット ドロップ カウンタを表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 drops コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 drops [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv6 CEF テーブル パケット ドロップ カウンタを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

CEF エントリが解決されていない、機能がサポートされていない、ルート情報がない、隣接情報がない、または IP チェックサム エラーが発生したために、パケットが IPv6 CEF テーブルによりドロップされた可能性があります。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、すべてのノードのパケット ドロップが表示されます。


(注)  


ハードウェア転送がルート プロセッサ(RP)で発生していないため、そのノードのパケット ドロップ情報は表示されません。


Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 drops コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 drops location 0/2/CPU0 

 IPv6 CEF Drop Statistics 
  Line status down      ingress :               0 egress :  Not Applicable 
  Packet sanity fail    ingress :               0 egress :               0 
  PLU set to drop       ingress :               0 egress :               0 
  Unknown type,plu drop ingress :               0 egress :               0 
  Packet length err     ingress :               0 egress :               0 
  TCAM src-comp err     ingress :               0 egress :               0 

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 17  show cef ipv6 drop コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Line status down

着信インターフェイスの回線プロトコルがダウンしているため、パケットはドロップされます。

Packet sanity fail

プレフィックスが IPv6 健全性テストに失敗したため、パケットはドロップされます。 健全性テストは、IPv6 パケットが有効かどうか検証されます。

PLU set to drop

IPv6 送信先プレフィックスがドロップするよう設定されているため、パケットはドロップされます。

Unknown type, plu drop

プレフィックスのタイプが不明なため、パケットはドロップされます。

Packet length errs

ヘッダーに指定されている長さが、受信されたパケットの実際の長さと一致しません。

TCAM src-comp err

ハードウェアで発生した送信元圧縮エラーのため、パケットはドロップされます。


RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 drops location 0/RSP0/CPU0

CEF Drop Statistics
Node: 0/RSP0/CPU0
Unresolved drops     packets :               0
Unsupported drops    packets :               0
Null0 drops          packets :               0
No route drops       packets :               0
No Adjacency drops   packets :               0
Checksum error drops packets :               0
RPF drops            packets :               0
RPF suppressed drops packets :               0
RP destined drops    packets :               0
Discard drops        packets :               0
GRE lookup drops     packets :               0
GRE processing drops packets :  
表 18 show cef ipv6 drops コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Unresolved drops

未解決ルートによるドロップ

Unsupported drops

サポートされていない機能によるドロップ

Null0 drops

Null0 インターフェイスへのドロップ

No route drops

宛先へのルートがなかったためにドロップされたパケット数

No Adjacency drops

隣接が確立されていなかったためにドロップされたパケット数

Checksum error drops

IPv6 チェックサム エラーによるドロップ

RPF drops

IPv6 ユニキャスト RPF によるドロップ6

RPF suppressed drops

IPv4 ユニキャスト RPF により抑制されたドロップ

RP destined drops

ルータへのドロップ

Discard drops

廃棄されたドロップ

GRE lookup drops

GRE processing drops

6 RPF = Reverse Path Forwarding

Related Commands

コマンド

説明

clear cef ipv6 drops

IPv6 CEF パケット ドロップ カウンタをクリアします。

show cef ipv6 exact-route

送信元および宛先アドレスで構成される IPv6 フローが通過するパスを表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 exact-route コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ]ipv6 exact-route { source-address destination-address } [protocol name][ source-port] [destination-port] [ingress-interface type interface-path-id ][ policy-class value][detail | location node-id]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

source-address

x:x::x フォーマットの IPv6 送信元アドレス。

destination-address

x:x::x フォーマットの IPv6 宛先アドレス。

protocol protocol name

(任意)指定したルートのプロトコルを表示します。

source-port source-port

(任意)UDP 送信元ポートを設定します。 範囲は 0 ~ 65535 です。

destination-port destination-port

(任意)UDP 宛先ポートを設定します。 範囲は 0 ~ 65535 です。

ingress-interface

(任意)入力インターフェイスを設定します。

type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

policy-class value

(任意)ポリシーベースのトンネル選択のクラスを表示します。 トンネル ポリシー クラスの値の範囲は 1 ~ 7 です。

detail

(任意)CEF エントリの詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv6 CEF テーブルを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

レイヤ 4 情報がイネーブルの場合、source-port、destination-port、protocol および ingress-interface フィールドは必須です。 これらのフィールドを指定しない場合、show cef ipv6 exact-route コマンドは、正しい結果を出力しません。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 exact-route コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 exact-route 222::2 9999::6751 location

0/3/CPU0 source address: 222::2 destination address: 9999::6751
interface : TenGigE0/3/0/3 non local interface

show cef ipv6 exceptions

IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)例外パケット カウンタを表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 exceptions コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 exceptions [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv6 CEF 例外パケット カウンタを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

CEF 例外パケットは、追加の処理が必要なためにハードウェアからソフトウェアに送信されたパケットです。 IPv6 CEF 例外パケットのタイプは、show cef ipv6 exceptions の出力に表示されます。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、すべてのノードの IPv6 CEF 例外パケット カウンタが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 exceptions コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 exceptions location 0/3/CPU0

IPv6 CEF Exception Statistics
Node: 0/3/CPU0
  TTL err               ingress :               0 egress :  Not Applicable
  Link-local dst addr   ingress :               0 egress :               0
  Hop-by-Hop header     ingress :               0 egress :               0
  PLU entry set to punt ingress :               0 egress :               0
  Packet too big        ingress :  Not Applicable egress :               0
  Med priority punt     ingress :               0 egress :  Not Applicable

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 19  show cef ipv6 exceptions コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

TTL err

IPv6 プレフィックスのパケット ヘッダーで TTL エラーが発生したため、ソフトウェアに送信され処理されるパケット。★セグメント分割★7 ★セグメント分割★

Link-local dst addr

IPv6 プレフィックスの宛先アドレスがリンクローカルのため、ソフトウェアに送信され処理されるパケット。

Hop-by-Hop header

IPv6 パケットにホップバイホップ ヘッダーがあるため、ソフトウェアに送信され処理されるパケット。

PLU entry set to punt

IPv6 プレフィックスがパントに設定されているため、ソフトウェアに送信され処理されるパケット。

Packet too big

パケット サイズが MTU を超えていたため、ソフトウェアに送信され処理されるパケット。8

Med priority punt

トラブルシューティングのために内部的に使用されるフィールド。

7 TTL = 存続可能時間
8 MTU =最大伝送ユニット

Related Commands

コマンド

説明

clear cef ipv6 exceptions

IPv6 CEF 例外パケット カウンタをクリアします。

show cef ipv6 hardware

シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv6 ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 hardware コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 hardware { egress | ingress [ detail | location node-id ] }

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

egress

出力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress

入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 hardware コマンドから詳細情報を表示した出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 hardware egress detail

::/0, version 0, proxy default, default route handler, drop adjacency, internal 
 Prefix Len 0, traffic index 0, precedence routine (0)
  gateway array (0x0) reference count 1, flags 0x4000, source 4, 
                [0 type 3 flags 0x109000 (0x7895114c) ext 0x0 (0x0)]
  LW-LDI[type=3, refc=1, ptr=0x78a7d0dc, sh-ldi=0x7895114c]
   via point2point, 0 dependencies, weight 0, class 0
    next hop point2point
     drop adjacency


    Load distribution: 0 (refcount 0)

    Hash  OK  Interface                 Address
    0     Y   Unknown                   drop           
ff02::/16, version 0, receive
  Prefix Len 16
ff02::2/128, version 0, receive
  Prefix Len 128
ff02::1:ff00:0/104, version 0, receive
  Prefix Len 104

show cef ipv6 interface

インターフェイスの IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)の関連情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 interface コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 interface type interface-path-id [detail] location node-id] [rpf-drop]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

detail

(任意)コマンドが発行されるノードのすべてのインターフェイスに関する CEF 詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)インターフェイスの IPv4 CEF 関連情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

rpf-drop

(任意)IPv6 ユニキャスト RPF によるドロップに関する情報を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

リリース 4.1.1

rpf-drop キーワードが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、show cef ipv6 interface コマンドは、ルート プロセッサのインターフェイスの CEF 関連情報を表示します。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 interface コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 interface

show cef ipv6 non-recursive

IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルの IPv6 非再帰的プレフィックス エントリを表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 non-recursive コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 non-recursive [ hardware { egress | ingress } ] [detail] [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

hardware

(任意)シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv6 ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示します。

egress

(任意)出力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress

(任意)入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv6 CEF テーブルの非再帰的プレフィックス エントリを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの非再帰的ルートが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 non-recursive コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 non-recursive 

::/0

::/128
  drop
::1/128
  loopback
66::4/128
  receive    Loopback0
2222::/64
  connected  gigabitethernet0/4/0/0
2222::1/128
  receive    gigabitethernet0/4/0/0
3333::/64
  connected  gigabitethernet0/3/0/0
3333::2/128
  receive    gigabitethernet0/3/0/0
7777::/64
  connected  gigabitethernet0/0/0/0
7777::2/128
  receive    gigabitethernet0/0/0/0
ff00::/8
  drop
ff02::1/128
  receive    
ff02::2/128
  receive    
ff02::5/128
  receive    
ff02::6/128
  receive    
ff02::1:ff00:0/104
  receive 

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 20  show cef ipv6 non-recursive コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

drop

送信先プレフィックスに送信されるパケットがドロップされることを示します。

loopback

プレフィックスはループバック アドレスを示します。 ループバック アドレスに送信されるパケットはドロップされます。

receive

プレフィックスがルータ インターフェイスのいずれかで設定されていることを示します。 これらのプレフィックスに送信されるパケットは、ルータにより受信されます。

connected

プレフィックスは、直接接続されているネクストホップ インターフェイスを示します。

show cef ipv6 resource

IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルの IPv6 非再帰的プレフィックス エントリを表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 resource コマンドを使用します。

show cef ipv6 resource [detail] [ hardware { egress | ingress } ] [ location node-id ]

Syntax Description

detail

(任意)IPv6 CEF テーブルにリストされているリソースの詳細情報を表示します。

hardware

(任意)シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv6 ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示します。

egress

(任意)出力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress

(任意)入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv6 CEF テーブルの IPv6 リソース エントリを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの IPv6 CEF 非再帰的ルートが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 resource コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routershow cef ipv6 resource

CEF resource availability summary state: GREEN
  ipv4 shared memory resource: GREEN
  ipv6 shared memory resource: GREEN
  mpls shared memory resource: GREEN
  common shared memory resource: GREEN
  TABLE hardware resource: GREEN
  LEAF hardware resource: GREEN
  LOADINFO hardware resource: GREEN
  NHINFO hardware resource: GREEN
  LABEL_INFO hardware resource: GREEN
  IDB hardware resource: GREEN
  FRR_NHINFO hardware resource: GREEN
  LDSH_ARRAY hardware resource: GREEN
  RSRC_MON hardware resource: GREEN

show cef ipv6 summary

IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルのサマリー情報を表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 summary コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 summary [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv6 CEF テーブルのサマリー情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの IPv6 CEF テーブルのサマリー情報が表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef ipv6 summary コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 summary

IP CEF with switching (Table Version 0)

  Load balancing: L3
  Tableid 0xe0800000, Vrfid 0x60000000, Vrid 0x20000000, Flags 0x301
  Vrfname default, Refcount 12
  4 routes, 0 reresolve, 0 unresolved (0 old, 0 new), 288 bytes
  0 load sharing elements, 0 bytes, 0 references
  0 shared load sharing elements, 0 bytes
  0 exclusive load sharing elements, 0 bytes
  0 CEF route update drops, 0 revisions of existing leaves
  Resolution Timer: 15s
  0 prefixes modified in place
  0 deleted stale prefixes
  0 prefixes with label imposition, 0 prefixes with label information
Adjacency Table has 44 adjacencies
  1 incomplete adjacency

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 21  show cef ipv6 summary コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Load balancing

現在のロードバランシング モード。 デフォルト値は L3 です。

Table Version

CEF テーブルのバージョン。

routes

ルートの合計数。

unresolved (x old, x new)

未解決のルートの合計数。

load sharing elements

内部ロード シェアリング データ構造の合計数。

bytes

内部ロード シェアリング データ構造で使用される合計メモリ。

references

すべての内部ロード シェアリング データ構造の合計リファレンス カウント数。

CEF resets

CEF テーブル リセット数。

revisions of existing leaves

既存のプレフィックスへの更新数。

Exponential (currently xs, peak xs)

現在使用されていません。

prefixes modified in place

正しく修正されたプレフィックス。

Router ID

ルータ ID。

Adjacency Table has x adjacencies

合計隣接数。

x incomplete adjacency

未完了の隣接の合計数。

Related Commands

コマンド

説明

bundle-hash

送信元および宛先アドレスで構成されるバンドル フローが通過するパスを表示します。 詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Interface and Hardware Component Command Reference』 を参照してください。

show cef ipv6 unresolved

IPv6 シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テーブルの未解決ルートを表示するには、EXEC モードで show cef ipv6 unresolved コマンドを使用します。

show cef [ vrf vrf-name ] ipv6 unresolved [detail] [ hardware { egress | ingress } ] [ location node-id ]

Syntax Description

vrf

(任意)VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報を表示します。

vrf-name

(任意)VRF の名前。

detail hardware

(任意)詳細情報を表示します。

(任意)シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)IPv6 ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示します。

hardware egress

(任意)出力パケット スイッチ交換CEF PSEIPv6 ハードウェア ステータスおよび設定ファイルからシスコ エクスプレス フォワーディング情報を表示します

egress ingress

(任意)出力入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress detail

(任意)入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイル詳細情報から情報を表示します。

location node-id

(任意)指定されたノードの IPv6 CEF テーブルの未解決ルートを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、コマンドが発行されるノードの未解決ルートが表示されます。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、未解決ルートが検出されるときの show cef ipv6 unresolved コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef ipv6 unresolved

9999::/64
  unresolved

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 22  show cef ipv6 unresolved コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

xxxx::/xx

検出された未解決ルート

show cef mpls adjacency

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)隣接関係テーブルを表示するには、EXEC モードで show cef mpls adjacency コマンドを使用します。

show cef mpls adjacency [ interface-type interface-path-id ] [ detail | discard | drop | glean | null | punt | remote ] [ location node-id ]

Syntax Description

interface-type

(任意)インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface- path-id

(任意)物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 命名規則は、rack/slot/module/port です。値と値の間には、表記の一部としてスラッシュ マークが必須です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:ラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

discard

(任意)廃棄隣接情報を表示します。

drop

(任意)ドロップ隣接情報を表示します。

glean

(任意)glean 隣接情報を表示します。

null

(任意)ヌル隣接情報を表示します。

punt

(任意)パント隣接情報を表示します。

remote

(任意)リモート隣接情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、show cef mpls adjacency コマンドは、コマンドが発行されるノードの MPLS 隣接関係テーブルを表示します。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef mpls adjacency コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef mpls adjacency

Related Commands

コマンド

説明

show cef mpls adjacency hardware

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)隣接ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示します。

show cef mpls interface

インターフェイスのマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)の関連情報を表示します。

show cef mpls unresolved

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)未解決ルートを表示します。

show cef mpls adjacency hardware

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)隣接ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示するには、EXEC モードで show cef mpls adjacency hardware コマンドを使用します。

show cef mpls adjacency hardware { egress | ingress } [ detail | discard | drop | glean | location node-id | null | punt | remote ]

Syntax Description

egress

出力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

ingress

入力パケット スイッチ交換(PSE)ファイルから情報を表示します。

detail

(任意)詳細情報を表示します。

discard

(任意)廃棄隣接情報を表示します。

drop

(任意)ドロップ隣接情報を表示します。

glean

(任意)glean 隣接情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

null

(任意)ヌル隣接情報を表示します。

punt

(任意)パント隣接情報を表示します。

remote

(任意)リモート隣接情報を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef mpls adjacency hardware コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef mpls adjacency hardware

Related Commands

コマンド

説明

show cef mpls adjacency

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)隣接関係テーブルを表示します。

show cef mpls interface

インターフェイスのマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)の関連情報を表示します。

show cef mpls unresolved

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)未解決ルートを表示します。

show cef mpls interface

インターフェイスのマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)の関連情報を表示するには、EXEC モードで show cef mpls interface コマンドを使用します。

show cef mpls interface type interface-path-id [detail] [ location node-id ]

Syntax Description

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用してください。

in terface-path-id

次に示す、物理インターフェイス インスタンスまたは仮想インターフェイス インスタンスのいずれかです。

  • 物理インターフェイス インスタンス。 名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。
    • port:インターフェイスの物理ポート番号。
    (注)     

    ルート プロセッサ カード上に管理イーサネット インターフェイスがある場合、物理スロット番号は英数字(RSP0 RP0 または RP1)で、モジュールは CPU0 です。 例:インターフェイス MgmtEth0/RSP0 RP1/CPU0/0

  • 仮想インターフェイス インスタンス。 数字の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

detail

(任意)コマンドが発行されるノードのすべてのインターフェイスに関する CEF 詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)インターフェイスの IPv4 CEF 関連情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードおよび node-id 引数でノードを指定しない場合、show cef mpls interface コマンドは、ルート プロセッサのインターフェイスの CEF 関連情報を表示します。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef mpls interface コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef mpls interface

Related Commands

コマンド

説明

show cef mpls adjacency

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)隣接関係テーブルを表示します。

show cef mpls adjacency hardware

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)隣接ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示します。

show cef mpls unresolved

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)未解決ルートを表示します。

show cef mpls unresolved

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)未解決ルートを表示するには、EXEC モードで show cef mpls unresolved コマンドを使用します。

show cef mpls unresolved [detail] [ location node-id ]

Syntax Description

detail

(任意)レイヤ 2 情報など、隣接の詳細情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの詳細な CEF 情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、show cef mpls unresolved コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef mpls unresolved

Label/EOS           Next Hop            Interface
20001/0
20001/1

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 23 show cef mpls unresolved コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Label/EOS

MPLS 転送ラベル/End of Stack(EOS)ビット

Next Hop

プレフィックスのネクスト ホップ

Interface

プレフィックスに関連付けられているインターフェイス

Related Commands

コマンド

説明

show cef mpls adjacency

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)隣接関係テーブルを表示します。

show cef mpls adjacency hardware

マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)隣接ハードウェア ステータスおよび設定情報を表示します。

show cef mpls interface

インターフェイスのマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)の関連情報を表示します。

show cef vrf

VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンスのコンテンツを表示するには、EXEC モードで show cef vrf コマンドを使用します。

show cef vrf [vrf-name]

Syntax Description

vrf-name

VRF インスタンスの名前。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

未解決ルートを表示するには、unresolved キーワードを明示的に使用する必要があります。

Task ID

タスク ID

操作

cef

読み取り

Examples

次に、未解決ルートが検出されるときの show cef vrf コマンドの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show cef vrf 0

Prefix              Next Hop            Interface
0.0.0.0/0           drop                default handler
0.0.0.0/32          broadcast
224.0.0.0/4         0.0.0.0
224.0.0.0/24        receive
255.255.255.255/32  broadcast

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

表 24  show cef vrf コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Prefix

IPv4 CEF テーブルのプレフィックス

Next Hop

プレフィックスのネクスト ホップ

Interface

プレフィックスに関連付けられているインターフェイス