Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ IP アドレスおよびサービス コマンド リファレンス リリース 4.2
トランスポート スタック コマンド
トランスポート スタック コマンド
発行日;2013/01/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

トランスポート スタック コマンド

この章では、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータのトランスポート スタック(ノンストップ ルーティングNSR )、TCP、ユーザ データグラム プロトコル(UDP)、RAW)に関する機能の設定とモニタに使用する Cisco IOS XR ソフトウェアコマンドを説明します。 TCP あるいは UDP 以外のすべての IP プロトコルは、RAW プロトコルと考えられています。

トランスポート スタックの概念、設定作業および例の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router IP Addresses and Services Configuration Guide』の「Configuring Transports on Cisco ASR 9000 Series Routers」設定モジュールを参照してください。

clear nsr ncd client

ノンストップ ルーティング(NSR)コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)の指定されたクライアントまたはすべてのクライアントのカウンタをクリアするには、EXEC モードで clear nsr ncd client コマンドを使用します。

clear nsr ncd client { PID value | all } [ location node-id ]

Syntax Description

PID value

カウンタをクリアする必要のあるクライアントのプロセス ID 値。 範囲は 0 ~ 4294967295 です。

all

すべての NCD クライアントのカウンタをクリアします。

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

node-id 引数のデフォルト値は、コマンドを実行している現在のノードです。 PID value 引数にはデフォルト値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

一部の NSR 対応アプリケーションのアクティブ インスタンスとスタンバイ インスタンスは、2 つのキューを使用して通信を行います。このようなアプリケーションは、このキューで多重化されます。 NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)は受信側で逆多重化サービスを提供するプロセスです。

clear nsr ncd client コマンドを使用して、トラフィック上の問題を解決できます。 既存のカウンタをクリアする場合は、差分変更の監視に役立ちます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、すべての NCD クライアントの全カウンタをクリアする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear nsr ncd client all
RP/0/RSP0/CPU0:router# show nsr ncd client all

Client PID                           : 3874979
Client Protocol                      : TCP
Client Instance                      : 1
Total packets received               : 0
Total acks received                  : 0
Total packets/acks accepted          : 0
Errors in changing packet ownership  : 0
Errors in setting application offset : 0
Errors in enqueuing to client        : 0
Time of last clear                   : Sun Jun 10 14:43:44 20

RP/0/RSP0/CPU0:router# show nsr ncd client brief

                             Total    Total   Accepted
Pid   Protocol   Instance    Packets Acks    Packets/Acks
3874979   TCP          1          0   0         0

Related Commands

コマンド

説明

clear nsr ncd queue

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)キューのカウンタをクリアします。

show nsr ncd client

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)のクライアントに関する情報を表示します。

show nsr ncd queue

ノンストップ ルーティング(NSR)コンシューマ キューおよびディスパッチ(QAD)キューに関する情報を表示します。

clear nsr ncd queue

ノンストップ ルーティング(NSR)コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)キューのカウンタをクリアするには、EXEC モードで clear nsr ncd queue コマンドを使用します。

clear nsr ncd queue { all | high | low } [ location node-id ]

Syntax Description

all

すべての NCD キューのカウンタをクリアします。

high

優先度高の NCD キューのカウンタをクリアします。

low

優先度低の NCD キューのカウンタをクリアします。

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、すべての NCD キューのカウンタをクリアする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear nsr ncd queue all
RP/0/RSP0/CPU0:router# show nsr ncd queue all

Queue Name                           : NSR_LOW
Total packets received               : 0
Total packets accepted               : 0
Errors in getting datagram offset    : 0
Errors in getting packet length      : 0
Errors in calculating checksum       : 0
Errors due to bad checksum           : 0
Errors in reading packet data        : 0
Errors due to bad NCD header         : 0
Drops due to a non-existent client   : 0
Errors in changing packet ownership  : 0
Errors in setting application offset : 0
Errors in enqueuing to client        : 0
Time of last clear                   : Sun Jun 10 14:44:38 2007


Queue Name                           : NSR_HIGH
Total packets received               : 0
Total packets accepted               : 0
Errors in getting datagram offset    : 0
Errors in getting packet length      : 0
Errors in calculating checksum       : 0
Errors due to bad checksum           : 0
Errors in reading packet data        : 0
Errors due to bad NCD header         : 0
Drops due to a non-existent client   : 0
Errors in changing packet ownership  : 0
Errors in setting application offset : 0
Errors in enqueuing to client        : 0
Time of last clear                   : Sun Jun 10 14:44:38 2007

RP/0/RSP0/CPU0:router# show nsr ncd queue brief

                          Total        Accepted
          Queue         Packets         Packets
        NSR_LOW               0               0
       NSR_HIGH               0               0

Related Commands

コマンド

説明

clear nsr ncd client

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)クライアントのカウンタをクリアします。

nsr process-failures switchover

リカバリ アクションとしてフェールオーバーを構成し、アクティブ インスタンスがスタンバイ ルート プロセッサ(RP)に切り替わるか、分散ルート プロセッサ(DRP)がノンストップ ルーティング(NSR)を維持するようにします。

show nsr ncd client

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)のクライアントに関する情報を表示します。

show nsr ncd queue

ノンストップ ルーティング(NSR)コンシューマ キューおよびディスパッチ(QAD)キューに関する情報を表示します。

clear raw statistics pcb

1 つの RAW 接続あるいはすべての RAW 接続の統計をクリアするには、EXEC モードで clear raw statistics pcb コマンドを使用します。

clear raw statistics pcb { all | pcb-address } [ location node-id ]

Syntax Description

all

すべての RAW 接続の統計をクリアします。

pcb-address

特定の RAW 接続の統計をクリアします。

location node-id

(オプション)指定されたノードの統計をクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

all キーワードを使用すると、すべての RAW 接続をクリアします。 特定の RAW 接続をクリアするには、RAW 接続の Protocol Control Block(PCB; プロトコル コントロール ブロック)アドレスを入力します。 show raw brief コマンドを使用すると、PCB アドレスを取得します。

location キーワードと node-id 引数を使用すると、指定されたノードの RAW 統計をクリアします。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、PCB アドレス 0x80553b0 を使用して、RAW 接続の統計をクリアする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear raw statistics pcb 0x80553b0
RP/0/RSP0/CPU0:router# show raw statistics pcb 0x80553b0

Statistics for PCB 0x80553b0
Send: 0 packets received from application
0 xipc pulse received from application
0 packets sent to network
0 packets failed getting queued to network
Rcvd: 0 packets received from network
0 packets queued to application
0 packets failed queued to application

次の例では、すべての RAW 接続の統計をクリアする方法を示しています。


RP/0/RSP0/CPU0:router# clear raw statistics pcb all
RP/0/RSP0/CPU0:router# show raw statistics pcb all

Statistics for PCB 0x805484c
Send: 0 packets received from application
0 xipc pulse received from application
0 packets sent to network
0 packets failed getting queued to network
Rcvd: 0 packets received from network
0 packets queued to application
0 packets failed queued to application

Statistics for PCB 0x8054f80
Send: 0 packets received from application
0 xipc pulse received from application
0 packets sent to network
0 packets failed getting queued to network
Rcvd: 0 packets received from network
0 packets queued to application
0 packets failed queued to application

Statistics for PCB 0x80553b0
Send: 0 packets received from application
0 xipc pulse received from application
0 packets sent to network
0 packets failed getting queued to network
Rcvd: 0 packets received from network
0 packets queued to application
0 packets failed queued to application

Related Commands

コマンド

説明

show raw brief

アクティブ RAW IP ソケットに関する情報を表示します。

show raw statistics pcb

1 つの RAW 接続またはすべての RAW 接続の統計を表示します。

clear tcp nsr client

指定されたクライアントが所有するすべてのセッション上のノンストップ ルーティング(NSR)を停止するには、EXEC モードで clear tcp nsr client コマンドを使用します。

clear tcp nsr client { ccb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

ccb-address

NSR クライアントの Client Control Block(CCB; クライアント コントロール ブロック)。

all

すべてのクライアントを指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードのクライアント情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

ロケーションのデフォルト値は、コマンドを実行している現在のノードに設定されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

show tcp nsr client コマンドの出力を使用すると、任意のクライアントの CCB を検索します。

clear tcp nsr client コマンドを使用すると、1 つのクライアントまたはすべてのクライアントが所有する NSR セッションを停止します。 また、セッションのアクティビティがフリーズした場合は、clear tcp nsr client コマンドを使用して、状況を回避します。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、ノンストップ ルーティング(NSR)クライアントの 0x482afacc をクリアする例を示しています 2 つのセッションですでにNSR を起動している状態で、clear tcp nsr client コマンドを実行しました。 clear tcp nsr client コマンドの実行後は、NSR は起動していません。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr client brief

CCB          Proc Name    Instance     Sets       Sessions/NSR Up Sessions
0x482c10e0   mpls_ldp          1            2          3/1    
0x482afacc   mpls_ldp          2            1          2/2 

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp nsr client 0x482afacc
RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr client brief

CCB          Proc Name    Instance     Sets       Sessions/NSR Up Sessions
0x482c10e0   mpls_ldp          1            2          3/1    
0x482afacc   mpls_ldp          2            1          2/0

Related Commands

コマンド

説明

nsr process-failures switchover

リカバリ アクションとしてフェールオーバーを構成し、アクティブ インスタンスがスタンバイ ルート プロセッサ(RP)に切り替わるか、分散ルート プロセッサ(DRP)がノンストップ ルーティング(NSR)を維持するようにします。

show tcp nsr client brief

異なるノードの TCP クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する概要情報を表示します。

clear tcp nsr pcb

指定された接続またはすべての接続でノンストップ ルーティング(NSR)を停止するには、EXEC モードで clear tcp nsr pcb コマンドを使用します。

clear tcp nsr pcb { pcb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb-address

特定の接続情報の PCB アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482a4e20 に設定できます。

all

すべての接続を指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードの接続情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RSP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

show tcp nsr brief コマンドの出力を使用して、任意の接続のプロトコル コントロール ブロック(PCB)を検索できます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例は、TCP 接続情報をクリアする例を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr brief

PCB       Local Address  Foreign Address          NSR   RcvOnly
0x482d7470 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:14142          Up    No   
0x482d2844 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:15539          Up    No   
0x482d3bc0 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:25671          Up    No   
0x482d4f3c 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:32319          Up    No   
0x482d87ec 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:39592          Up    No   
0x482cd670 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:43447          Up    No   
0x482d14c8 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:45803          Up    No   
0x482bdee4 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:55844          Up    No   
0x482d62b8 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:60695          Up    No   
0x482d0310 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:63007          Up    No 

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp nsr pcb 0x482d7470
RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp nsr pcb 0x482d2844
RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr brief

PCB       Local Address  Foreign Address          NSR   RcvOnly
0x482d7470 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:14142          Down  No   
0x482d2844 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:15539          Down  No   
0x482d3bc0 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:25671          Up    No   
0x482d4f3c 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:32319          Up    No   
0x482d87ec 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:39592          Up    No   
0x482cd670 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:43447          Up    No   
0x482d14c8 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:45803          Up    No   
0x482bdee4 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:55844          Up    No   
0x482d62b8 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:60695          Up    No   
0x482d0310 10
.1.1.1:646     10
.1.1.2:63007          Up    No 

Related Commands

コマンド

説明

show tcp nsr brief

異なるノードの TCP 接続のキー ノンストップ ルーティング(NSR)状態を表示します。

show tcp nsr detail pcb

TCP 接続のノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細情報を表示します。

clear tcp nsr session-set

指定されたセッション セットまたはすべてのセッション セットの全セッションのノンストップ ルーティング(NSR)をクリアするには、EXEC モードで clear tcp nsr session-set コマンドを使用します。

clear tcp nsr session-set { sscb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

sscb-address

特定のセッション セット情報のセッション セット コントロール ブロック(SSCB)アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482a4e20 に設定できます。

all

すべてのセッション セットを指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードのセッション セット情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

show tcp nsr session-set brief コマンドの出力を使用すると、任意のセッション セットの SSCB を検索します。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、セッション セット情報をクリアする例を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr client brief

CCB               Proc Name         Instance  Sets       Sessions/NSR Up Sessions
0x482b5ee0        mpls_ldp             1        1           10/10

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp nsr client 0x482b5ee0
RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr client brief

CCB               Proc Name         Instance  Sets       Sessions/NSR Up Sessions
0x482b5ee0        mpls_ldp             1        1           10/0

Related Commands

コマンド

説明

show tcp nsr detail session-set

異なるノードのセッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細情報を表示します。

show tcp nsr session-set brief

異なるノードのノンストップ ルーティング(NSR)状態のセッション セットに関する概要情報を表示します。

clear tcp nsr statistics client

クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)統計をクリアするには、EXEC モードで、clear tcp nsr statistics client コマンドを使用します。

clear tcp nsr statistics client { ccb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

ccb-address

任意のクライアントのクライアント コントロール ブロック(CCB) たとえば、アドレス範囲を 0x482a4e20 に設定できます。

all

すべてのクライアントを指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードのクライアント情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、NSR クライアントの統計をクリアする例を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics client all

==============================================================
CCB: 0x482b5ee0 
Name: mpls_ldp, Job ID: 365 
Connected at: Thu Aug 16 18:20:32 2007
 
Notification Statistics :   Queued    Failed    Delivered Dropped   
Init-Sync Done          :         2          0          2          0 
Replicated Session Ready:         0          0          0          0 
Operational Down        :        12          0         12          0 
Last clear at: Never Cleared

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp nsr statistics client all

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics client all

==============================================================
CCB: 0x482b5ee0 
Name: mpls_ldp, Job ID: 365 
Connected at: Thu Aug 16 18:20:32 2007
 
Notification Statistics :   Queued    Failed    Delivered Dropped   
Init-Sync Done          :         0          0          0          0 
Replicated Session Ready:         0          0          0          0 
Operational Down        :         0          0          0          0 
Last clear at: Thu Aug 16 18:28:38 2007

Related Commands

コマンド

説明

show tcp nsr statistics client

クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

clear tcp nsr statistics pcb

TCP 接続のノンストップ ルーティング(NSR)統計をクリアするには、EXEC モードで clear tcp nsr statistics pcb コマンドを使用します。

clear tcp nsr statistics pcb { pcb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb-address

特定の接続情報の PCB アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482a4e20 に設定できます。

all

すべての接続を指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードの接続情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、TCP 接続の NSR 統計をクリアする例を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics pcb 0x482d14c8

==============================================================
PCB 0x482d14c8 
Number of times NSR went up: 1 
Number of times NSR went down: 0 
Number of times NSR was disabled: 0 
Number of times switch-over occured : 0 
IACK RX Message Statistics:
        Number of iACKs dropped because SSO is not up               : 0 
        Number of stale iACKs dropped                               : 1070 
        Number of iACKs not held because of an immediate match      : 98 
TX Messsage Statistics:
        Data transfer messages:
            Sent 317, Dropped 0, Data (Total/Avg.) 2282700/7200
            Rcvd 0
                Success           : 0
                Dropped (Trim)    : 0
        Segmentation instructions:
            Sent 1163, Dropped 0, Units (Total/Avg.) 4978/4
            Rcvd 0
                Success           : 0
                Dropped (Trim)    : 0
                Dropped (TCP)     : 0
        NACK messages:
            Sent 0, Dropped 0
            Rcvd 0
                Success           : 0
                Dropped (Data snd): 0
        Cleanup instructions      :
            Sent 8, Dropped 0
            Rcvd 0
                Success           : 0
                Dropped (Trim)    : 0
Last clear at: Never cleared

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp nsr statistics pcb 0x482d14c8
RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics pcb 0x482d14c8

==============================================================
PCB 0x482d14c8 
Number of times NSR went up: 0 
Number of times NSR went down: 0 
Number of times NSR was disabled: 0 
Number of times switch-over occured : 0 
IACK RX Message Statistics:
        Number of iACKs dropped because SSO is not up               : 0 
        Number of stale iACKs dropped                               : 0 
        Number of iACKs not held because of an immediate match      : 0 
TX Messsage Statistics:
        Data transfer messages:
            Sent 0, Dropped 0, Data (Total/Avg.) 0/0
            Rcvd 0
                Success           : 0
                Dropped (Trim)    : 0
        Segmentation instructions:
            Sent 0, Dropped 0, Units (Total/Avg.) 0/0
            Rcvd 0
                Success           : 0
                Dropped (Trim)    : 0
                Dropped (TCP)     : 0
        NACK messages:
            Sent 0, Dropped 0
            Rcvd 0
                Success           : 0
                Dropped (Data snd): 0
        Cleanup instructions      :
            Sent 0, Dropped 0
            Rcvd 0
                Success           : 0
                Dropped (Trim)    : 0
Last clear at: Thu Aug 16 18:32:12 2007

Related Commands

コマンド

説明

show tcp nsr statistics pcb

特定のプロトコル コントロール ブロック(PCB)のノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

clear tcp nsr statistics session-set

セッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)統計をクリアするには、EXEC モードで clear tcp nsr statistics session-set コマンドを使用します。

clear tcp nsr statistics session-set { sscb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

sscb-address

特定のセッション セット情報のセッション セット コントロール ブロック(SSCB)アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482a4e20 に設定できます。

all

すべてのセッション セットを指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードのセッション セット情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、セッション セットの NSR 統計をクリアする例を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics session-set all

===================Session Set Stats ===========================
SSCB 0x482b6684, Set ID: 1
Number of times init-sync was attempted  :3 
Number of times init-sync was successful :3 
Number of times init-sync failed         :0 
Number of times switch-over occured      :0 
Last clear at: Never Cleared

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp nsr statistics session-set all
RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics session-set all

===================Session Set Stats ===========================
SSCB 0x482b6684, Set ID: 1
Number of times init-sync was attempted  :0 
Number of times init-sync was successful :0 
Number of times init-sync failed         :0 
Number of times switch-over occured      :0 
Last clear at: Thu Aug 16 18:37:00 2007

Related Commands

コマンド

説明

show tcp nsr statistics session-set

セッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

clear tcp nsr statistics summary

ノンストップ ルーティング(NSR)統計サマリーをクリアするには、EXEC モードで clear tcp nsr statistics summary コマンドを使用します。

clear tcp nsr statistics summary [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(オプション)指定されたノードの統計サマリー情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てのためにコマンドを使用できない可能性がある場合は、に問い合わせてください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、サマリー統計をクリアする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp nsr statistics summary

Related Commands

コマンド

説明

show tcp nsr statistics summary

すべての TCP セッションのノンストップ ルーティング(NSR)サマリー統計を表示します。

clear tcp pcb

TCP プロトコル コントロール ブロック(PCB)接続をクリアするには、EXEC モードで clear tcp pcb コマンドを使用します。

clear tcp pcb { pcb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb-address

指定された PCB アドレスの TCP 接続をクリアします。

all

開いている TCP 接続をすべてクリアします。

location node-id

(任意)指定されたノードの TCP 接続をクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

ハングした TCP 接続をクリアする場合は、clear tcp pcb コマンドが便利です。 show tcp briefコマンドを使用すると、クリアする接続の PCB アドレスを検索します。

clear tcp pcb all コマンドを使用する場合は、リスニング状態の TCP 接続はクリアされません。 特定の PCB アドレスを指定する場合は、リスニング状態の接続もクリアされます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、PCB アドレス 60B75E48 で TCP 接続をクリアする例を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp pcb 60B75E48

Related Commands

コマンド

説明

show tcp brief

TCP サマリー テーブルを表示します。

clear tcp statistics

TCP 統計をクリアするには、EXEC モードで clear tcp statistics コマンドを使用します。

clear udp statistics { pcb { all | pcb-address } | summary } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb all

(オプション)すべての TCP 接続の統計をクリアします。

pcb pcb-address

(オプション)特定の TCP 接続の統計をクリアします。

summary

(オプション)特定のノードあるいは接続のサマリー統計をクリアします。

location node-id

(オプション)指定されたノードの TCP 統計をクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

clear tcp statistics コマンドを使用すると、TCP 統計をクリアします。 show tcp statisticsコマンドを使用すると、TCP 統計を表示します。 TCP 統計を表示し、TCP のデバッグを開始する前に TCP 統計をクリアできます。

オプションの location キーワードと node-id 引数を使用すると、指定されたノードの TCP 統計をクリアできます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、TCP 統計をクリアする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear tcp statistics

Related Commands

コマンド

説明

show tcp statistics

TCP 統計を表示します。

clear udp statistics

ユーザ データグラム プロトコル(UDP)統計をクリアするには、EXEC モードで clear udp statistics コマンドを使用します。

clear udp statistics { pcb { all | pcb-address } | summary } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb all

すべての UDP 接続の統計をクリアします。

pcb pcb-address

特定の UDP 接続の統計をクリアします。

summary

UDP サマリー統計をクリアします。

location node-id

(任意)指定されたノードの UDP 統計をクリアします。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

clear udp statistics コマンドを使用すると、UDP 統計をクリアします。 show udp statistics コマンドを使用すると、UDP 統計を表示します。 UDP 統計を表示し、UDP のデバッグを開始する前に、UDP 統計をクリアできます。

オプションの location キーワードと node-id 引数を使用すると、指定されたノードの UDP 統計をクリアできます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

実行

Examples

次の例では、UDP サマリー統計をクリアする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear udp statistics summary

Related Commands

コマンド

説明

show udp statistics

UDP 統計を表示します。

forward-protocol udp

ブロードキャスト パケットとして受信する任意のユーザ データグラム プロトコル(UDP)データグラムを指定されたヘルパー アドレスに転送するようにシステムを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで forward-protocol udp コマンドを使用します。 このコマンドで設定したシステム状態をデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

forward-protocol udp { port-number | disable | domain | nameserver | netbios-dgm | netbios-ns | tacacs | tftp }

no forward-protocol udp { port-number | disable | domain | nameserver | netbios-dgm | netbios-ns | tacacs | tftp }

Syntax Description

port-number

UDP ブロードキャスト パケットを指定されたポート番号に転送します。 範囲は 1 ~ 65535 です。

disable

IP 転送プロトコル UDP をディセーブルにします。

domain

UDP ブロードキャスト パケットをドメイン ネーム サービス(DNS、53)に転送します。

nameserver

UDP ブロードキャスト パケットを IEN116 ネーム サービス(obsolete、42)に転送します。

netbios-dgm

UDP ブロードキャスト パケットを NetBIOS データグラム サービス(138)に転送します。

netbios-ns

UDP ブロードキャスト パケットを NetBIOS ネーム サービス(137)に転送します。

tacacs

UDP ブロードキャスト パケットを TACACS(49)に転送します。

tftp

UDP ブロードキャスト パケットを TFTP(69)に転送します。

Command Default

ディセーブル

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

forward-protocol udp コマンドを使用すると、受信インターフェイスで受信した UDP ブロードキャスト パケットを指定されたヘルパー アドレスに転送するように指定できます。

forward-protocol udp コマンドを設定する場合は、helper-address コマンドも設定して、インターフェイスのヘルパー アドレスを指定する必要があります。 ヘルパー アドレスは UDP データグラムの転送先 IP アドレスです。 サービス処理の実行が可能なホストまたはネットワーキング デバイスの IP アドレスを使用して、helper-address コマンドを設定します。 ヘルパー アドレスはインターフェイスごとに設定されているため、転送するブロードキャストを受信する各受信インターフェイスで、ヘルパー アドレスを指定する必要があります。

各転送する UDP ポートに対して、forward-protocol udp コマンドを 1 つ設定する必要があります。 パケットのポートはポート 53(domain)、ポート 69(tftp)、あるいは指定されたポート番号のいずれかです。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、受信 MgmtEth インターフェイス 0/0/CPU0/0 で受信したポート 53 またはポート 69 を使用して、すべての UDP ブロードキャスト パケットを 172.16.0.1 に転送するように指定する方法を示しています。 UDP ブロードキャストを受信する MgmtEth インターフェイス 0/0/CPU0/0 は、ヘルパー アドレス 172.16.0.1 に設定されています。これは、UDP データグラムの転送先アドレスです。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# forward-protocol udp domain disable
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# forward-protocol udp tftp disable
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface MgmtEth 0/0/CPU0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# ipv4 helper-address 172.16.0.1

nsr process-failures switchover

リカバリ アクションとしてフェールオーバーを構成し、アクティブ インスタンスがスタンバイ ルート プロセッサ(RP)に切り替わるか、分散ルート プロセッサ(DRP)がノンストップ ルーティング(NSR)を維持するように設定するには、グローバル コンフィギュレーションで、nsr process-failures switchover コマンドを使用します。 この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

nsr process-failures switchover

no nsr process-failures switchover

Syntax Description

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

Command Default

設定していない場合は、アクティブ TCP あるいはアプリケーション(たとえば、LDP、BGP)のプロセス障害によって、セッションが停止し、NSR が提供されない可能性があります。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、nsr process-failures switchover コマンドを使用する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# nsr process-failures switchover

service tcp-small-servers

ECHO などの小規模 TCP サーバをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで service tcp-small-servers コマンドを使用します。 TCP サーバをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

service { ipv4 | ipv6 } tcp-small-servers [ max-servers number | no-limit ] [access-list-name]

no service { ipv4 | ipv6 } tcp-small-servers [ max-servers number | no-limit ] [access-list-name]

Syntax Description

ip4

IPv4 小規模サーバを指定します。

ipv6

IPv6 小規模サーバを指定します。

max-servers

(オプション)許容 TCP 小規模サーバ数を設定します。

number

(オプション)数値です。 範囲は 1 ~ 2147483647 です。

no-limit

(オプション)許容 TCP サーバ数を無制限に設定します。

access-list-name

(オプション)アクセス リスト名です。

Command Default

TCP 小規模サーバはディセーブルです。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

現在、TCP 小規模サーバは、Discard(ポート 9)、Echo(ポート 7)、Chargen(ポート 19)の 3 つのサービスから構成されています。 これらのサービスを使用して、TCP トランスポート機能をテストします。 Discard サーバはデータを受信し、廃棄します。 Echo サーバはデータを受信し、同じデータを送信ホストに返します。 Chargen サーバは一連のデータを生成し、リモート ホストに送信します。

Task ID

タスク ID

操作

ipv4

読み取り、書き込み

ip-services

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、小規模 IPv4 TCP サーバをイネーブルにします。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# service ipv4 tcp-small-servers max-servers 5 acl100

Related Commands

コマンド

説明

service udp-small-servers

ECHO などの小規模 UDP サーバをイネーブルにします。

show cinetd services

cinetd でプロセスが生成されるサービスを表示します。

service udp-small-servers

ECHO などの小規模ユーザ データグラム プロトコル(UDP)サーバをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで service udp-small-servers コマンドを使用します。 UDP サーバをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

service { ipv4 | ipv6 } udp-small-servers [ max-servers number | no-limit ] [access-list-name]

no service { ipv4 | ipv6 } udp-small-servers [ max-servers number | no-limit ] [access-list-name]

Syntax Description

ip4

IPv4 小規模サーバを指定します。

ipv6

IPv6 小規模サーバを指定します。

max-servers

(オプション)許容 UDP 小規模サーバ数を設定します。

number

(オプション)数値です。 範囲は 1 ~ 2147483647 です。

no-limit

(オプション)許容 UDP 小規模サーバ数を無制限に設定します。

access-list-name

(任意)アクセス リストの名前。

Command Default

UDP 小規模サーバはディセーブルです。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

現在、UDP 小規模サーバは、Discard(ポート 9)、Echo(ポート 7)、Chargen(ポート 19)の 3 つのサービスから構成されています。 これらのサービスを使用して、UDP トランスポート機能をテストします。 Discard サーバはデータを受信し、廃棄します。 Echo サーバはデータを受信し、同じデータを送信ホストに返します。 Chargen サーバは一連のデータを生成し、リモート ホストに送信します。

Task ID

タスク ID

操作

ipv6

読み取り、書き込み

ip-services

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、小規模 IPv6 UDP サーバをイネーブルにし、許容小規模サーバの最大数を 10 に設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# service ipv6 udp-small-servers max-servers 10

Related Commands

コマンド

説明

service tcp-small-servers

ECHO などの小規模 TCP サーバをイネーブルにします。

show nsr ncd client

クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)に関する情報を表示するには、EXEC モードで show nsr ncd client コマンドを使用します。

show nsr ncd client { PID value | all | brief } [ location node-id ]

Syntax Description

PID v alue

特定のクライアントのプロセス ID(PID)情報です。 範囲は 0 ~ 4294967295 です。

all

すべてのクライアントに関する詳細情報を表示します。

brief

すべてのクライアントに関する概要情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、すべてのクライアントに関する詳細情報を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show nsr ncd client all

Client PID                           : 3874979
Client Protocol                      : TCP
Client Instance                      : 1
Total packets received               : 28
Total acks received                  : 0
Total packets/acks accepted          : 28
Errors in changing packet ownership  : 0
Errors in setting application offset : 0
Errors in enqueuing to client        : 0
Time of last clear                   : Never cleared

次のサンプル出力では、すべてのクライアントに関する概要情報を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show nsr ncd client brief

                             Total   Total   Accepted
Pid   Protocol   Instance    Packets Acks    Packets/Acks
3874979   TCP          1         28  0              28

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 1 show nsr ncd client コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Client PID

クライアント プロセスのプロセス ID です。

Client Protocol

クライアント プロセスのプロトコルです。 プロトコルは TCP、Open Shortest Path First(OSPF; オープン ショーテスト パス ファースト)、BGP のいずれかです。

Client Instance

クライアント プロセスのインスタンス数。 OSPF など複数のルーティング プロトコルのインスタンスを含めることができます。

Total packets received

パートナー ルート プロセッサ(RP)のパートナー スタックから受信した合計パケット数。

Total acks received

パートナー スタックに送信されるパケットのパートナー RP のパートナー スタックから受信する合計応答数。

Total packets/acks accepted

パートナー RP のパートナー スタックから受信する合計パケット数および応答数。

Errors in changing packet ownership

クライアントでのパケット キューイングの前に、NCD はパケットの所有権をクライアントの所有権に変更します。 このカウンタは所有権変更時のエラーがある場合、エラーを追跡します。

Errors in setting application offset

クライアントでのパケット キューイングの前に、NCD はパケットのアプリケーション データのオフセットを設定します。 必要に応じて、このカウンタはオフセット変更時のエラーがある場合、エラーを追跡します。

Errors in enqueuing to client

カウンタはすべてのキューイング エラーを追跡します。

Time of last clear

ユーザが前回クリアした統計。

Related Commands

コマンド

説明

clear nsr ncd client

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)クライアントのカウンタをクリアします。

clear nsr ncd queue

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)キューのカウンタをクリアします。

show nsr ncd queue

ノンストップ ルーティング(NSR)コンシューマ キューおよびディスパッチ(QAD)キューに関する情報を表示します。

show nsr ncd queue

パートナー ルート プロセッサ(RP)のパートナー スタックと通信を行うために、ノンストップ ルーティング(NSR)アプリケーションが使用するキューに関する情報を表示するには、EXEC モードで show nsr ncd queue コマンドを使用します。

show nsr ncd queue { all | brief | high | low } [ location node-id ]

Syntax Description

all

すべてのコンシューマ キューに関する詳細情報を表示します。

brief

すべてのコンシューマ キューに関する概要情報を表示します。

high

優先度高キューとディスパッチ(QAD)キューに関する情報を表示します。

low

低優先 QAD キューに関する情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、すべてのコンシューマ キューに関する概要情報を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show nsr ncd queue brief

                          Total        Accepted
          Queue         Packets         Packets
        NSR_LOW             992             992
       NSR_HIGH               0               0

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 2 show nsr ncd queue コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Total Packets

パートナー スタックから受信する合計パケット数。

Accepted Packets

一部の検証タスクの実行後に許可された受信パケット数。

Queue

キュー名。 NSR_HIGH と NSR_LOW は 2 つのキューがあります。 NSR_HIGH キューの高優先度パケット フロー。 NSR_LOW キューの低優先度パケット フロー。

Related Commands

コマンド

説明

clear nsr ncd client

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)クライアントのカウンタをクリアします。

clear nsr ncd queue

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)キューのカウンタをクリアします。

show nsr ncd client

NSR コンシューマ デマルチプレクサ(NCD)のクライアントに関する情報を表示します。

show raw brief

アクティブ RAW IP ソケットに関する情報を表示するには、EXEC モードで show raw brief コマンドを使用します。

show raw brief [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

オープン ショーテスト パス ファースト(OSPF)や Protocol Independent Multicast(PIM; プロトコル独立マルチキャスト)などのプロトコルは、長寿命 RAW IP ソケットを使用します。 ping および traceroute コマンドは短寿命 RAW IP ソケットを使用します。 これらのプロトコルのいずれかに関する問題があると思われる場合は、show raw brief コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show raw brief コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show raw brief

PCB      Recv-Q Send-Q Local Address         Foreign Address Protocol
0x805188c        0      0 0.0.0.0               0.0.0.0            2
0x8051dc8        0      0 0.0.0.0               0.0.0.0           103
0x8052250        0      0 0.0.0.0               0.0.0.0           255

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 3 show raw brief コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

PCB

プロトコル コントロール ブロック アドレス。 ローカル アドレス、外部アドレス、ローカル ポート、外部ポートなどの接続情報を含む構造に対するアドレスです。

Recv-Q

受信キューのバイト数。

Send-Q

送信キューのバイト数。

Local Address

ローカル アドレスおよびローカル ポート。

Foreign Address

外部アドレスおよび外部ポート。

Protocol

RAW IP ソケットを使用するプロトコル。 たとえば、番号 2 は IGMP、番号 103 は PIM、番号 89 は OSPF です。

show raw detail pcb

アクティブ RAW IP ソケットに関する詳細情報を表示するには、EXEC モードで show raw detail pcb コマンドを使用します。

show raw detail pcb { pcb-address | all } location node-id

Syntax Description

pcb-address

指定された RAW 接続の統計を表示します。

all

すべての RAW 接続の統計を表示します。

location node-id

指定されたノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show raw detail pcb コマンドを使用すると、RAW トランスポートを使用するすべての接続に関する詳細情報を表示します。 表示される情報には、ファミリ タイプ(たとえば、2 は IPv4 としても知られている AF_INET)、PCB アドレス、レイヤ 4(または、トランスポート)プロトコル、ローカル アドレス、外部アドレス、使用中のすべてのフィルタが含まれます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show raw detail pcb コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show raw detail pcb 0x807e89c

==============================================================
PCB is 0x807e89c, Family: 2, PROTO: 89, VRF: 0x0
 Local host: 0.0.0.0
 Foreign host: 0.0.0.0

Current send queue size: 0
Current receive queue size: 0
Paw socket: Yes

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 4 show raw detail pcb コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

JID

ソケットを作成したプロセスのジョブ ID。

Family

ネットワーク プロトコル。 IPv4 は 2、IPv6 は 26 です。

PCB

プロトコル コントロール ブロック アドレス。

L4-proto

レイヤ 4(または、トランスポート)プロトコル。

Laddr

ローカル アドレス。

Faddr

外部アドレス。

ICMP error filter mask

ICMP フィルタが設定されている場合、このフィールドにはゼロ以外の値が出力されます。

LPTS socket options

LPTS オプションが設定されている場合、このフィールドにはゼロ以外の値が出力されます。

Packet Type Filters

フィルタ タイプのパケット数をはじめとする特定の RAW ソケットに設定されているパケット フィルタ。 複数のフィルタを設定できます。

show raw extended-filters

アクティブ RAW IP ソケットに関する情報を表示するには、EXEC モードで show raw extended-filters コマンドを使用します。

show raw extended-filters { interface-filter location node-id | location node-id | paktype-filter location node-id }

Syntax Description

interface-filter

設定されたインターフェイス フィルタを使用して、プロトコル コントロール ブロック(PCB)を表示します。

location node-id

指定されたノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

paktype-filter

設定されたパケット タイプ フィルタを使用して、PCB を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

show raw extended-filters コマンドを使用すると、RAW トランスポートを使用するすべての接続に関する詳細情報を表示します。 表示される情報には、ファミリ タイプ(たとえば、2 は IPv4 としても知られている AF_INET)、PCB アドレス、レイヤ 4(または、トランスポート)プロトコル、ローカル アドレス、外部アドレス、使用中のすべてのフィルタが含まれます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show raw extended-filters コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show raw extended-filters 0/0/CPU0

Total Number of matching PCB’s in database: 1
JID: 0/0
Family: 2
PCB: 0x0803dd38
L4-proto: 1
Laddr: 0.0.0.0
Faddr: 0.0.0.0
ICMP error filter mask: 0x3ff
LPTS socket options: 0x0020
Packet Type Filters: 
0
[220 pkts in]
3
[0 pkts in]
4
[0 pkts in]

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 5 show raw extended-filters コマンドの出力フィールドの説明

フィールド

説明

JID

ソケットを作成したプロセスのジョブ ID。

Family

ネットワーク プロトコル。 IPv4 は 2、IPv6 は 26 です。

PCB

プロトコル コントロール ブロック アドレス。

L4-proto

レイヤ 4(または、トランスポート)プロトコル。

Laddr

ローカル アドレス。

Faddr

外部アドレス。

ICMP error filter mask

ICMP フィルタが設定されている場合、このフィールドにはゼロ以外の値が出力されます。

LPTS socket options

LPTS オプションが設定されている場合、このフィールドにはゼロ以外の値が出力されます。

Packet Type Filters

フィルタ タイプのパケット数をはじめとする特定の RAW ソケットに設定されているパケット フィルタ。 複数のフィルタを設定できます。

show raw statistics pcb

1 つの RAW 接続またはすべての RAW 接続の統計を表示するには、EXEC モードで show raw statistics pcb コマンドを使用します。

show raw statistics pcb { all | pcb-address } location node-id

Syntax Description

all

すべての RAW 接続の統計を表示します。

pcb-address

指定された RAW 接続の統計を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの RAW 統計情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

all キーワードを使用すると、すべての RAW 接続を表示します。 特定の RAW 接続が必要な場合は、該当する RAW 接続のプロトコル コントロール ブロック(PCB)アドレスを入力します。 show raw brief コマンドを使用すると、PCB アドレスを取得します。

location キーワードと node-id 引数を使用すると、指定されたノードの RAW 統計を表示します。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次の例では、PCB アドレス 0x80553b0 の RAW 接続統計が表示されます。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show raw statistics pcb 0x80553b0

Statistics for PCB 0x80553b0
Send: 0 packets received from application
0 xipc pulse received from application
0 packets sent to network
0 packets failed getting queued to network
Rcvd: 0 packets received from network
0 packets queued to application
0 packets failed queued to application

この例では、すべての RAW 接続の統計が表示されます。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show raw statistics pcb all

Statistics for PCB 0x805484c, Vrfid: 0x60000000 
Send: 0 packets received from application
0 xipc pulse received from application
0 packets sent to network
0 packets failed getting queued to network
Rcvd: 0 packets received from network
0 packets queued to application
0 packets failed queued to application

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 6 show raw statistics pcb コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Send:

このセクションの統計は、アプリケーションから RAW に送信されるパケットを示しています。

Vrfid

VPN ルーティング/転送(VRF)ID(vrfid)番号。

xipc pulse received from application

アプリケーションから RAW に送信される通知数。

packets sent to network

ネットワークに送信されるパケット数。

packets failed getting queued to network

ネットワーク キューイングに失敗したパケット数。

Rcvd:

このセクションの統計は、ネットワークから受信したパケットを示しています。

packets queued to application

アプリケーション キューイングされたパケット数。

packets failed queued to application

アプリケーション キューイングに失敗したパケット数。

Related Commands

コマンド

説明

clear raw statistics pcb

1 つの RAW 接続またはすべての RAW 接続の統計をクリアします。

show raw brief

アクティブ RAW IP ソケットに関する情報を表示します。

show tcp brief

TCP 接続テーブルのサマリーを表示するには、EXEC モードで show tcp brief コマンドを使用します。

show tcp brief [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show tcp brief コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp brief

TCPCB     Recv-Q Send-Q  Local Address          Foreign Address        State
0x80572a8      0      0  0.0.0.0:513            0.0.0.0:0              LISTEN
0x8056948      0      0  0.0.0.0:23             0.0.0.0:0              LISTEN
0x8057b60      0      3  10.8.8.2:23            10.8.8.1:1025          ESTAB

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 7 show tcp brief コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

TCPCB

TCP コントロール ブロックのメモリ アドレス

Recv-Q

読み取り待機中のバイト数

Send-Q

送信待機中のバイト数

Local Address

パケットのソース アドレスとポート番号

Foreign Address

パケットの送信先アドレスとポート番号

State

TCP 接続の状態

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp pcb

TCP 接続をクリアします。

show tcp detail

TCP 接続テーブルの詳細を表示するには、EXEC モードで show tcp detail コマンドを使用します。

show tcp detail pcb [ value | all ]

Syntax Description

pcb

TCP 接続情報を表示します。

value

特定の接続情報を表示します。 範囲は 0 ~ ffffffff です。

all

すべての接続情報を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show tcp detail pcb all コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp detail pcb all

Connection state is LISTEN, I/O status: 0, socket status: 0
PCB 0x8092774, vrfid 0x0 
Local host: 0.0.0.0, Local port: 23
Foreign host: 0.0.0.0, Foreign port: 0

Current send queue size: 0 (max 16384)
Current receive queue size: 0 (max 16384)  mis-ordered: 0 bytes

Timer          Starts    Wakeups         Next(msec)
Retrans             0          0                0
SendWnd             0          0                0
TimeWait            0          0                0
AckHold             0          0                0
KeepAlive           0          0                0
PmtuAger            0          0                0
GiveUp              0          0                0
Throttle            0          0                0
iss: 0           snduna: 0           sndnxt: 0
sndmax: 0           sndwnd: 0           sndcwnd: 1073725440
   irs: 0           rcvnxt: 0           rcvwnd: 16384   rcvadv: 0

show tcp extended-filters

TCP 拡張フィルタの詳細を表示するには、EXEC モードで show tcp extended-filters コマンドを使用します。

show tcp extended-filters [ location node-id ] peer-filter [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

peer-filter

(任意)ピア フィルタが設定されている接続を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、特定のロケーション(0/0/CPU0)での、show tcp extended-filters コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp extended-filters location 0/0/CPU0

Total Number of matching PCB's in database: 3
-----------------------------------
JID: 135
Family: 2
PCB: 0x4826c5dc
L4-proto: 6
Lport: 23
Fport: 0
Laddr: 0.0.0.0
Faddr: 0.0.0.0
ICMP error filter mask: 0x12
LPTS options: 0x00000000
-----------------------------------

-----------------------------------
JID: 135
Family: 2

PCB: 0x4826dd8c
L4-proto: 6
Lport: 23
Fport: 59162
Laddr: 12.31.22.10
Faddr: 223.255.254.254
ICMP error filter mask: 0x12
LPTS options: 0x00000000
-----------------------------------

-----------------------------------
JID: 135
Family: 2
PCB: 0x4826cac0
L4-proto: 6
Lport: 23
Fport: 59307
Laddr: 12.31.22.10
Faddr: 223.255.254.254
ICMP error filter mask: 0x12
LPTS options: 0x00000000
-----------------------------------

show tcp statistics

TCP 統計を表示するには、EXEC モードで show tcp statistics コマンドを使用します。

show tcp statistics { pcb { all | pcb-address } | summary } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb pcb-address

(オプション)指定された接続の詳細統計を表示します。

pcb all

(オプション)すべての接続の詳細統計を表示します。

summary

(オプション)特定のノードあるいは接続のサマリー統計をクリアします。

location node-id

(オプション)指定されたノードの統計を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show tcp statistics コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp statistics pcb 0x08091bc8

Statistics for PCB 0x8091bc8, vrfid 0x60000000
Send:   0 bytes received from application
        0 xipc pulse received from application
        0 bytes sent to network
        0 packets failed getting queued to network 
Rcvd:   0 packets received from network
        0 packets queued to application
        0 packets failed queued to application

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 8 show tcp statistics コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

vrfid

VPN ルーティング/転送(VRF)ID(vrfid)番号。

Send

この項の統計情報は、ルータにより送信されたパケットについての情報です。

Rcvd:

この項の統計情報は、ルータにより受信されたパケットについての情報です。

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp statistics

TCP 統計をクリアします。

show tcp nsr brief

異なるノードの TCP 接続のキー ノンストップ ルーティング(NSR)状態を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr brief コマンドを使用します。

show tcp nsr brief [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(オプション)指定されたノードのすべての TCP セッションに関する情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、NSR カラムの各 TCP セッションの管理上および動作上の NSR 状態を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr brief


PCB         Local Address          Foreign Address         NSR   RcvOnly
0x482c6b8c 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:23945          Down  No   
0x482db564 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:25398          Down  No   
0x482844e0 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:25430          Down  No   
0x482c9284 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:37434          Down  No   
0x482d98c8 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:37895          Down  No   
0x482d6018 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:50616          Down  No   
0x482c7f08 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:55860          Down  No   
0x482dbab0 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:56656          Down  No   
0x482d7394 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:57365          Down  No   
0x482d854c 10
.1.1.1:646            10
.1.1.2:59927          Down  No   

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 9 show tcp nsr brief コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

PCB

プロトコル コントロール ブロック(PCB)。

Local Address

TCP 接続のローカル アドレスとポート。

Foreign Address

TCP 接続の外部アドレスとポート。

NSR

この TCP 接続の現在の動作上の NSR 状態

RevOnly

yes に設定すると、TCP 接続は受信方向の場合に限り複製されます。 一部のアプリケーションでは、受信方向に限定して TCP を複製しなければならない場合があります。

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr pcb

指定された接続またはすべての接続の NSR を停止します。

show tcp nsr client brief

異なるノードの TCP クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する概要情報を表示します。

show tcp nsr client brief

異なるノードの TCP クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する概要情報を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr client brief コマンドを使用します。

show tcp nsr client brief [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(任意)指定されたノードのクライアント概要情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show tcp nsr client brief コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr client brief location 0/1/CPU0


CCB          Proc Name     Instance Sets Sessions/NSR Up Sessions
0x482bf378   mpls_ldp  1        1             1/1    
0x482bd32c   mpls_ldp  2        1             0/0 

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 10 show tcp nsr client brief コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

CCB

クライアント コントロール ブロック(CCB)。 クライアントを特定する一意の ID。

Proc Name

クライアント プロセスの名前。

Instance

ルーティング アプリケーションには複数のインスタンスが存在する可能性があるため、インスタンスはクライアント プロセスのインスタンス数と見なされます。

Sets

セット番号はセッション セットの ID として特定されます。

Sessions/NSR Up Sessions

セット内の合計セッション数と NSR が起動しているセッション数。

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr client

ノンストップ ルーティング(NSR)クライアントに関する詳細情報をクリアします。

show tcp nsr brief

異なるノードの TCP 接続のキー ノンストップ ルーティング(NSR)状態を表示します。

show tcp nsr detail client

ノンストップ ルーティング(NSR)クライアントに関する詳細情報を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr detail client コマンドを使用します。

show tcp nsr detail client { ccb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

ccb-address

特定のクライアント情報のクライアント コントロール ブロック(CCB)アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482a4e20 に設定できます。

all

すべてのクライアントを指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードのクライアント情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力は、すべてのクライアントの詳細情報を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr detail client all


============================================================
CCB 0x482b25d8, Proc Name mpls_ldp 
Instance ID 1, Job ID 360
Number of session-sets 2
Number of sessions 3
Number of NSR Synced sessions 1
Connected at: Sun Jun 10 07:05:31 2007
Registered for notifications: Yes

============================================================
CCB 0x4827fd30, Proc Name mpls_ldp 
Instance ID 2, Job ID 361
Number of session-sets 1
Number of sessions 2
Number of NSR Synced sessions 2
Connected at: Sun Jun 10 07:05:54 2007
Registered for notifications: Yes
============================================================

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr detail client all location 1 
RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr detail client all location 0/1/CPU0

============================================================
CCB 0x482bf378, Proc Name mpls_ldp 
Instance ID 1, Job ID 360
Number of session-sets 1
Number of sessions 1
Number of NSR Synced sessions 1
Connected at: Sun Jun 10 07:05:41 2007
Registered for notifications: Yes

============================================================
CCB 0x482bd32c, Proc Name mpls_ldp 
Instance ID 2, Job ID 361
Number of session-sets 1
Number of sessions 2
Number of NSR Synced sessions 2
Connected at: Sun Jun 10 07:06:01 2007
Registered for notifications: Yes

Related Commands

コマンド

説明

show tcp nsr detail pcb

TCP 接続のノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細情報を表示します。

show tcp nsr detail session-set

異なるノードのセッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細を表示します。

show tcp nsr detail pcb

TCP 接続のノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細情報を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr detail pcb コマンドを使用します。

show tcp nsr detail pcb { pcb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb-address

特定の接続情報の PCB アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482c6b8c として設定できます。

all

すべての接続を指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードの接続情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、すべてのロケーションの NSR の全詳細を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr detail pcb all location 0/0/cpu0


==============================================================
PCB 0x482b6b0c, VRF Id 0x60000000, Client PID: 2810078
Local host: 5.1.1.1, Local port: 646
Foreign host: 5.1.1.2, Foreign port: 31466
SSCB 0x482bc80c, Client PID 2810078
Node Role: Active, Protected by: 0/1/CPU0, Cookie: 0x00001000 

NSR State: Up, Rcv Path Replication only: No
Replicated to standby: Yes
Synchronized with standby: Yes
FSSN: 3005097735, FSSN Offset: 0

Sequence number of last or current initial sync: 1181461961
Initial sync started at: Sun Jun 10 07:52:41 2007
Initial sync ended   at: Sun Jun 10 07:52:41 2007

Number of incoming packets currently held: 1
         Pak#    SeqNum     Len     AckNum  
        -----  ----------  -----  ----------
            1  3005097735      0  1172387202

Number of iACKS currently held: 0

==============================================================
PCB 0x482c2920, VRF Id 0x60000000, Client PID: 2810078
Local host: 5.1.1.1, Local port: 646
Foreign host: 5.1.1.2, Foreign port: 11229
SSCB 0x482bb3bc, Client PID 2810078
Node Role: Active, Protected by: 0/1/CPU0, Cookie: 0x00001000 

NSR State: Down, Rcv Path Replication only: No
Replicated to standby: No
Synchronized with standby: No
NSR-Down Reason: Initial sync was aborted
NSR went down at: Sun Jun 10 11:55:38 2007

Initial sync in progress: No
Sequence number of last or current initial sync: 1181476338
Initial sync error, if any: 'ip-tcp' detected the 'warning' condition 'Initial sync operation timed out'
Source of initial sync error: Local TCP
Initial sync started at: Sun Jun 10 11:52:18 2007
Initial sync ended   at: Sun Jun 10 11:55:38 2007

Number of incoming packets currently held: 0

Number of iACKS currently held: 0

==============================================================
PCB 0x482baea0, VRF Id 0x60000000, Client PID: 2810078
Local host: 5.1.1.1, Local port: 646
Foreign host: 5.1.1.2, Foreign port: 41149
SSCB 0x482bb3bc, Client PID 2810078
Node Role: Active, Protected by: 0/1/CPU0, Cookie: 0x00001000 

NSR State: Down, Rcv Path Replication only: No
Replicated to standby: No
Synchronized with standby: No
NSR-Down Reason: Initial sync was aborted
NSR went down at: Sun Jun 10 11:55:38 2007

Initial sync in progress: No
Sequence number of last or current initial sync: 1181476338
Initial sync error, if any: 'ip-tcp' detected the 'warning' condition 'Initial sync operation timed out'
Source of initial sync error: Local TCP
Initial sync started at: Sun Jun 10 11:52:18 2007
Initial sync ended   at: Sun Jun 10 11:55:38 2007

Number of incoming packets currently held: 0

Number of iACKS currently held: 0

==============================================================
PCB 0x482c35ac, VRF Id 0x60000000, Client PID: 2859233
Local host: 5:1::1, Local port: 8889
Foreign host: 5:1::2, Foreign port: 14008
SSCB 0x4827fea8, Client PID 2859233
Node Role: Active, Protected by: 0/1/CPU0, Cookie: 0x0000001c 

NSR State: Up, Rcv Path Replication only: No
Replicated to standby: Yes
Synchronized with standby: Yes
FSSN: 2962722865, FSSN Offset: 0

Sequence number of last or current initial sync: 1181474373
Initial sync started at: Sun Jun 10 11:19:33 2007
Initial sync ended   at: Sun Jun 10 11:19:33 2007

Number of incoming packets currently held: 0

Number of iACKS currently held: 0

==============================================================
PCB 0x482c2f10, VRF Id 0x60000000, Client PID: 2859233
Local host: 5:1::1, Local port: 8889
Foreign host: 5:1::2, Foreign port: 40522
SSCB 0x4827fea8, Client PID 2859233
Node Role: Active, Protected by: 0/1/CPU0, Cookie: 0x0000001b 

NSR State: Up, Rcv Path Replication only: No
Replicated to standby: Yes
Synchronized with standby: Yes
FSSN: 3477316401, FSSN Offset: 0

Sequence number of last or current initial sync: 1181474373
Initial sync started at: Sun Jun 10 11:19:33 2007
Initial sync ended   at: Sun Jun 10 11:19:33 2007

Number of incoming packets currently held: 0

Number of iACKS currently held: 0

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr pcb

指定された接続またはすべての接続の NSR を停止します。

show tcp nsr detail client

ノンストップ ルーティング(NSR)クライアントに関する詳細情報を表示します。

show tcp nsr detail session-set

異なるノードのセッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細を表示します。

show tcp nsr detail session-set

異なるノードのセッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細情報を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr detail session-set コマンドを使用します。

show tcp nsr detail session-set { sscb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

sscb-address

特定のセッション セット情報のセッション セット コントロール ブロック(SSCB)アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482c6b8c として設定できます。

all

すべてのセッション セットを指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードのセッション セットの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、すべてのセッション セットを示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr detail session-set all


==============================================================
SSCB 0x482bc80c, Client PID: 2810078
Set Id: 1, Addr Family: IPv4
Role: Active, Protected by: 0/1/CPU0, Well known port: 646
Sessions: total 1, synchronized 1
Initial sync in progress: No
        Sequence number of last or current initial sync: 1181461961
        Number of sessions in the initial sync: 1
        Number of sessions already synced: 1
        Number of sessions that failed to sync: 0
        Initial sync started at: Sun Jun 10 07:52:41 2007
        Initial sync ended   at: Sun Jun 10 07:52:41 2007

==============================================================
SSCB 0x482bb3bc, Client PID: 2810078
Set Id: 2, Addr Family: IPv4
Role: Active, Protected by: 0/1/CPU0, Well known port: 646
Sessions: total 2, synchronized 0
Initial sync in progress: Yes
        Sequence number of last or current initial sync: 1181476338
        Initial sync timer expires in 438517602 msec
        Number of sessions in the initial sync: 2
        Number of sessions already synced: 0
        Number of sessions that failed to sync: 0
        Initial sync started at: Sun Jun 10 11:52:18 2007

==============================================================
SSCB 0x4827fea8, Client PID: 2859233
Set Id: 1, Addr Family: IPv6
Role: Active, Protected by: 0/1/CPU0, Well known port: 8889
Sessions: total 2, synchronized 2
Initial sync in progress: No
        Sequence number of last or current initial sync: 1181474373
        Number of sessions in the initial sync: 2
        Number of sessions already synced: 2
        Number of sessions that failed to sync: 0
        Initial sync started at: Sun Jun 10 11:19:33 2007
        Initial sync ended   at: Sun Jun 10 11:19:33 2007

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr session-set

セッション セットに関する情報をクリアします。

show tcp nsr detail client

ノンストップ ルーティング(NSR)クライアントに関する詳細情報を表示します。

show tcp nsr detail pcb

TCP 接続のノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細情報を表示します。

show tcp nsr session-set brief

異なるノードのノンストップ ルーティング(NSR)状態のセッション セットに関する概要情報を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr session-set brief コマンドを使用します。

show tcp nsr session-set brief [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(オプション)指定されたノードのセッション セットの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

セッション セットは、サブセットがただ 1 つのスタンバイ ノードによって保護されているアプリケーション セッションのサブセットから構成されます。 TCP NSR 状態のコンピュータは、これらのセッション セットに応じて動作します。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、TCP インスタンスにとって既知のすべてのセッション セットを示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr session-set brief


SSCB       Client   LocalAPP Set-Id   Family    Role      Protect-Node Total/Synced
0x482bc80c 2810078  mpls_ldp#1    1     IPv4    Active     0/1/CPU0      1/1    
0x482bb3bc 2810078  mpls_ldp#1    2     IPv4    Active     0/1/CPU0      2/0    
0x4827fea8 2859233  mpls_ldp#2    1     IPv6    Active     0/1/CPU0      2/2 

次のサンプル出力では、ロケーション 0/1/CPU0 のセッション セットに関する概要情報を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr session-set brief location 0/1/CPU0


SSCB           Client   LocalAPP  Set-Id      Family   Role   Protect-Node  Total/Synced
0x4827ff74     602319   mpls_ldp#1     1       IPv4    Stdby  0/0/CPU0      1/1    
0x482b8f54     602320   mpls_ldp#2     1       IPv6    Stdby  0/0/CPU0      2/2

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 11 show tcp nsr session-set brief コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

SSCB

クライアントのセッション セットを特定するセッション セット コントロール ブロック(SSCB)の一意の ID。

Client

クライアント プロセスの PID。

LocalAPP

クライアント プロセス名とインスタンス数。

Set-Id

セッション セットの ID。

Family

IPv4 または IPv6 のセッション セットに追加されたセッションのアドレス ファミリ。

Role

アクティブまたはスタンバイの TCP スタックのロール。

Protect-Node

パートナー ノードなどの保護を提供しているノード。

Total/Synced

セットの合計セッション数と同期化されたセッション数。

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr session-set

セッション セットに関する情報をクリアします。

show tcp nsr detail session-set

異なるノードのセッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)状態に関する詳細を表示します。

show tcp nsr statistics client

クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr statistics client コマンドを使用します。

show tcp nsr statistics client { ccb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

ccb-address

クライアントの特定の統計情報のクライアント コントロール ブロック(CCB)アドレス。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482c6b8c として設定できます。

all

クライアントのすべての統計を指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードのクライアントの統計を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、クライアントのすべての統計を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics client all


============================================================
CCB: 0x482b25d8 
Name: mpls_ldp, Job ID: 360 
Connected at: Thu Jan  1 00:00:00 1970
 
Notification Stats      : Queued  Failed  Delivered  Dropped
Init-Sync Done          :      0       0          0       0 
Replicated Session Ready:      0       0          0       0 
Operational Down        :      0       0          0       0 
Last clear at: Sun Jun 10 12:19:12 2007
 

============================================================
CCB: 0x4827fd30 
Name: mpls_ldp, Job ID: 361 
Connected at: Sun Jun 10 07:05:54 2007
 
Notification Stats      : Queued  Failed  Delivered  Dropped
Init-Sync Done          :      1       0          1       0 
Replicated Session Ready:      0       0          0       0 
Operational Down        :      0       0          0       0 
Last clear at: Never Cleared

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr statistics client

クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)統計をクリアします。

show tcp nsr statistics pcb

特定のプロトコル コントロール ブロック(PCB)のノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show tcp nsr statistics session-set

セッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show tcp nsr statistics summary

すべての TCP セッションのノンストップ ルーティング(NSR)サマリー統計を表示します。

show tcp nsr statistics pcb

特定のプロトコル コントロール ブロック(PCB)のノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr statistics pcb コマンドを使用します。

show tcp nsr statistics pcb { pcb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb-address

特定の接続情報の PCB アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482c6b8c として設定できます。

all

すべての接続統計を指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードの接続統計を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、すべての NSR 統計を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics pcb all


==============================================================
PCB 0x482b6b0c 
Number of times NSR went up: 0 
Number of times NSR went down: 0 
Number of times NSR was disabled: 0 
Number of times fail-over occured : 0 
Last clear at: Sun Jun 10 13:55:35 2007
 

==============================================================
PCB 0x482c2920 
Number of times NSR went up: 2 
Number of times NSR went down: 2 
Number of times NSR was disabled: 0 
Number of times fail-over occured : 0 
Last clear at: Never Cleared 

==============================================================
PCB 0x482baea0 
Number of times NSR went up: 2 
Number of times NSR went down: 2 
Number of times NSR was disabled: 0 
Number of times fail-over occured : 0 
Last clear at: Never Cleared 

==============================================================
PCB 0x482c35ac 
Number of times NSR went up: 4 
Number of times NSR went down: 2 
Number of times NSR was disabled: 1 
Number of times fail-over occured : 0 
Last clear at: Never Cleared 

==============================================================
PCB 0x482c2f10 
Number of times NSR went up: 4 
Number of times NSR went down: 2 
Number of times NSR was disabled: 1 
Number of times fail-over occured : 0 
Last clear at: Never Cleared

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr statistics pcb

TCP 接続のノンストップ ルーティング(NSR)統計をクリアします。

show tcp nsr statistics client

クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show tcp nsr statistics session-set

セッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show tcp nsr statistics summary

すべての TCP セッションのノンストップ ルーティング(NSR)サマリー統計を表示します。

show tcp nsr statistics session-set

セッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr statistics session-set コマンドを使用します。

show tcp nsr statistics session-set { sscb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

sscb-address

特定の統計のセッション セット情報のセッション セット コントロール ブロック(SSCB)アドレス範囲。 0 ~ ffffffff。 たとえば、アドレス範囲を 0x482b3444 に設定できます。

all

統計のすべてのセッション セットを指定します。

location node-id

(オプション)指定されたノードの統計のセッション セット情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、統計のすべてのセッション セット情報を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics session-set all


===================Session Set Stats ===========================
SSCB 0x482bc80c, Set ID: 1
Number of times init-sync was attempted  :1 
Number of times init-sync was successful :1 
Number of times init-sync failed         :0 
Number of times switch-over occured      :0 
Last clear at: Never Cleared 

===================Session Set Stats ===========================
SSCB 0x482bb3bc, Set ID: 2
Number of times init-sync was attempted  :1 
Number of times init-sync was successful :0 
Number of times init-sync failed         :1 
Number of times switch-over occured      :0 
Last clear at: Never Cleared 

===================Session Set Stats ===========================
SSCB 0x4827fea8, Set ID: 1
Number of times init-sync was attempted  :0 
Number of times init-sync was successful :0 
Number of times init-sync failed         :0 
Number of times switch-over occured      :0 
Last clear at: Sun Jun 10 13:36:51 2007

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr statistics session-set

セッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)統計をクリアします。

show tcp nsr statistics client

クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show tcp nsr statistics pcb

特定のプロトコル コントロール ブロック(PCB)のノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show tcp nsr statistics summary

すべての TCP セッションのノンストップ ルーティング(NSR)サマリー統計を表示します。

show tcp nsr statistics summary

すべての TCP セッションのノンストップ ルーティング(NSR)サマリー統計を表示するには、EXEC モードで show tcp nsr statistics summary コマンドを使用します。

show tcp nsr statistics summary [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(オプション)指定されたノードのサマリー統計情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

値が指定されていない場合、コマンドを実行している現在の RP がロケーションとして使用されます。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

location キーワードを使用すると、アクティブおよびスタンバイ TCP インスタンスを個別に問い合わせることができます。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次のサンプル出力では、すべての TCP セッションのサマリー統計を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show tcp nsr statistics summary


=====================Summary Stats======================== 
The last clear at Thu Jan  1 00:00:00 1970
 
Notif Statistic:
                         Queued  Failed  Delivered  Dropped    
Init-sync Done          :      3       0          3        0 
Replicated Session Ready:      0       0          0        0 
Operational Down        :      8       0          8        0 
QAD Msg Statistic:
Number of dropped messages from partner TCP stack(s)        : 0 
Number of unknown messages from partner TCP stack(s)        : 0 
Number of messages accepted from partner TCP stack(s)       : 31 
Number of messages sent to partner TCP stack(s)             : 0 
Number of messages failed to be sent to partner TCP stack(s): 0 
IACK RX Msg Statistic:
Number of iACKs dropped because there is no PCB             : 0 
Number of iACKs dropped because there is no datapath SCB    : 0 
Number of iACKs dropped because SSO is not up               : 0 
Number of stale iACKs dropped                               : 6 
Number of iACKs not held because of an immediate match      : 0 
Number of held packets dropped because of errors            : 0

Related Commands

コマンド

説明

clear tcp nsr statistics summary

統計サマリーをクリアします。

show tcp nsr statistics client

クライアントのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show tcp nsr statistics pcb

特定のプロトコル コントロール ブロック(PCB)のノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show tcp nsr statistics session-set

セッション セットのノンストップ ルーティング(NSR)統計を表示します。

show udp brief

ユーザ データグラム プロトコル(UDP)接続テーブルのサマリーを表示するには、EXEC モードで show udp brief コマンドを使用します。

show udp brief [ location node-id ]

Syntax Description

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show udp brief コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show udp brief

PCB        Recv-Q Send-Q  Local Address          Foreign Address
0x8040c4c      0      0  0.0.0.0:7              0.0.0.0:0             
0x805a120      0      0  0.0.0.0:9              0.0.0.0:0             
0x805a430      0      0  0.0.0.0:19             0.0.0.0:0             
0x805a740      0      0  0.0.0.0:67             0.0.0.0:0             
0x804fcb0      0      0  0.0.0.0:123            0.0.0.0:0

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 12 show udp brief コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

PCB

プロトコル コントロール ブロック アドレス。 ローカル アドレス、外部アドレス、ローカル ポート、外部ポートなどの接続情報を含む構造に対するアドレスです。

Recv-Q

受信キューのバイト数。

Send-Q

送信キューのバイト数。

Local Address

ローカル アドレスおよびローカル ポート。

Foreign Address

外部アドレスおよび外部ポート。

Related Commands

コマンド

説明

show tcp brief

TCP 接続の詳細を表示します。

show udp detail pcb

ユーザ データグラム プロトコル(UDP)接続テーブルの詳細情報を表示するには、EXEC モードで show udp detail pcb コマンドを使用します。

show udp detail pcb { pcb-address | all } [ location node-id ]

Syntax Description

pcb-address

指定された UDP 接続のアドレス。

all

すべての UDP 接続の統計を提供します。

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show udp detail pcb all コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show udp detail pcb all location 0/3/CPU0

===============================================
PCB is 0x4822fea0, Family: 2, VRF: 0x60000000
 Local host: 0.0.0.0:3784
 Foreign host: 0.0.0.0:0

Current send queue size: 0
Current receive queue size: 0
===============================================
PCB is 0x4822d0e0, Family: 2, VRF: 0x60000000
 Local host: 0.0.0.0:3785
 Foreign host: 0.0.0.0:0

Current send queue size: 0
Current receive queue size: 0

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 13 show raw pcb コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

PCB

プロトコル コントロール ブロック アドレス。

Family

ネットワーク プロトコル。 IPv4 は 2、IPv6 は 26 です。

VRF

VPN ルーティング/転送(VRF)インスタンス名。

Local host

ローカル ホスト アドレス。

Foreign host

外部ホスト アドレス。

Current send queue size

送信キューのサイズ(バイト単位)。

Current receive queue size

受信キューのサイズ(バイト単位)。

show udp extended-filters

UDP 拡張フィルタの詳細を表示するには、EXEC モードで show udp extended-filters コマンドを使用します。

show udp extended-filters { location node-id | peer-filter { location node-id} }

Syntax Description

location node-id

指定されたノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

peer-filter

ピア フィルタが設定されている接続を表示します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、特定のロケーション(0/0/CPU0)での、show udp extended-filters コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show udp extended-filters location 0/0/CPU0

Total Number of matching PCB's in database: 1
-----------------------------------
JID: 248
Family: 2
PCB: 0x48247e94
L4-proto: 17
Lport: 646
Fport: 0
Laddr: 0.0.0.0
Faddr: 0.0.0.0
ICMP error filter mask: 0x0
LPTS options: 0x00000000
-----------------------------------

show udp statistics

ユーザ データグラム プロトコル(UDP)統計を表示するには、EXEC モードで show udp statistics コマンドを使用します。

show udp statistics { summary | pcb { pcb-address | all } } [ location node-id ]

Syntax Description

summary

サマリー統計を表示します。

pcb pcb-address

各接続の詳細統計を表示します。

pcb all

すべての接続の詳細統計を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードの情報を表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

パケット受信に関係する複数のマルチキャスト アプリケーションがある場合は、UDP は受信パケットをクローンします。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り

Examples

次は、show udp statistics summary コマンドによるサンプル出力です。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show udp statistics summary

UDP statistics:
Rcvd: 0 Total, 0 drop, 0 no port
      0 checksum error, 0 too short
Sent: 0 Total, 0 error
0 Total forwarding broadcast packets
0 Cloned packets, 0 failed cloningication

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 14 show udp コマンドのフィールドの説明

フィールド

説明

Rcvd: Total

受信されたパケットの合計数。

Rcvd: drop

削除された受信パケットの合計数

Rcvd: no port

ポートのない受信パケットの合計数

Rcvd: checksum error

チェックサム エラーを含む受信パケットの合計数

Rcvd: too short

短すぎる UDP パケットの受信パケットの合計数

Sent: Total

正常送信されたパケットの合計数

Sent: error

エラーにより送信できないパケットの合計数

Total forwarding broadcast packets

ヘルパー アドレスに転送されるパケットの合計数

Cloned packets

正常クローンされたパケットの合計数

failed cloning

クローンに失敗したパケットの合計数

Related Commands

コマンド

説明

clear udp statistics

UDP 統計をクリアします。

tcp mss

データ送信で TCP が使用するパケットのサイズを決定する TCP 最大セグメント サイズを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで tcp mss コマンドを使用します。

tcp mss segment-size

Syntax Description

segment-size

データ送信で TCP が使用するパケットのサイズ(バイト単位)。 範囲は 68 ~ 10000 バイトです。

Command Default

このコンフィギュレーションが存在しない場合、TCP はアプリケーション プロセス、インターフェイス Maximum Transfer Unit(MTU; 最大転送ユニット)、パス MTU ディスカバリから受信した MTU のいずれかによって指定された設定に基づいて最大セグメント サイズを決定します。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り、書き込み

Examples

この例では、TCP 最大セグメント サイズを設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# tcp mss 1460
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# exit

Uncommitted changes found, commit them? [yes]:
RP/0/RSP0/CPU0:router:Sep  8 18:29:51.084 : config[65700]: %LIBTARCFG-6-COMMIT : 

Configuration committed by user 'lab'.   Use 'show commit changes 1000000596' to view the changes.
RP/0/RSP0/CPU0:routerSep  8 18:29:51.209 : config[65700]: %SYS-5-CONFIG_I : Configured from console by lab

tcp path-mtu-discovery

TCP による接続に対する最大共通最大転送ユニット(MTU)の自動検出を許可するには、グローバル コンフィギュレーション モードで tcp path-mtu-discovery を使用します。 デフォルト値をリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

tcp path-mtu-discovery [ age-timer minutes | infinite ]

no tcp path-mtu-discovery

Syntax Description

age-timer minutes

(オプション)値を指定します(分単位)。 範囲は 10 ~ 30 です。

infinite

(任意)エージング タイマーをオフにします。

Command Default

ディセーブル

age-timer のデフォルト値は 10 分です。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

tcp path-mtu-discovery コマンドを使用すると、TCP による接続に対する最大共通 MTU の検出を許可し、パケットが送信ホストと受信ホストの間を通過するときに、パケットのフラグメント化と再構成を避けることができます。

時間タイマー値は分単位で設定します。デフォルト値は 10 分です。 TCP は時間タイマーを使用して、自動的に特定の接続の MTU が増加したかどうかを検出します。 infinite キーワードが指定されている場合、時間タイマーはオフになります。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、時間タイマーを 20 分に設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# tcp path-mtu-discovery age-timer 20

tcp selective-ack

TCP 選択応答(ACK)を有効化し、リモート TCP が受信した TCP パケット内のセグメントを特定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで tcp selective-ack コマンドを使用します。 デフォルト値をリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

tcp selective-ack

no tcp selective-ack

Syntax Description

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

Command Default

TCP 選択 ACK エクスポートはディセーブルです。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

TCP 選択 ACK がイネーブルになっている場合、各パケットにはリモート TCP が受信したセグメントを特定する情報が含まれています。 これによって、送信側は失われたセグメントだけを再送信できます。 選択 ACK がディセーブルになっている場合、送信側は失われたセグメントに関する情報は受信せず、応答が返されていない最初のパケットを自動的に送信して、他の TCP がデータ ストリームから失われた内容に応答するまで待機します。 大規模な帯域 * 遅延製品で、価値のある帯域が再送信の待機で浪費されるような高速衛星リンクなどの Long Fat Network(LFN; 高帯域遅延ネットワーク)の場合は、この方法は不十分です。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、選択 ACK がイネーブルです。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# tcp selective-ack

Related Commands

コマンド

説明

tcp timestamp

パケットの往復時間を測定します。

tcp synwait-time

TCP 接続の確立を試みながら、タイムアウトまで待機する時間を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで tcp synwait-time コマンドを使用します。 デフォルトの時間に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

tcp synwait-time seconds

no tcp synwait-time seconds

Syntax Description

seconds

TCP 接続の確立を試みながら待機する時間(秒数)。 範囲は 5 ~ 30 秒です。

Command Default

synwait-time のデフォルト値は 30 秒です。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、18 秒間 TCP 接続の確立を試み続けるようにソフトウェアを設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# tcp synwait-time 18

tcp timestamp

より正確にパケットの往復時間を測定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで tcp timestamp コマンドを使用します。 デフォルト値をリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

tcp timestamp

no tcp timestamp

Syntax Description

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

Command Default

TCP タイムスタンプは使用しません。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

tcp timestamp コマンドを使用すると、より正確にパケットの往復時間を測定します。 タイムスタンプを使用しない場合、TCP 送信側はパケットの応答が受信されるときに、往復時間を減少させます。応答の遅延、重複、消滅などの発生が考えられるため、これは非常に正確な方法です。 タイムスタンプを使用する場合、各パケットには、応答が受信されるときに、パケットを特定するタイムスタンプと、該当パケットの往復時間が含まれます。

この機能は、大規模な帯域 * 遅延製品である高帯域遅延ネットワーク(LFN)で最も有効です。

Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、タイムスタンプ オプションをイネーブルにする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# tcp timestamp

Related Commands

コマンド

説明

tcp selective-ack

TCP 選択応答機能をイネーブルにします。

tcp window-size

TCP ウィンドウ サイズを変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで tcp window-size コマンドを使用します。 デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

tcp window-size bytes

no tcp window-size

Syntax Description

bytes

ウィンドウズ サイズ(バイト数)。 範囲は 2048 ~ 65535 バイトです。

Command Default

ウィンドウズ サイズのデフォルト値は 16k です。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


デフォルト値を変更する明らかな理由がない場合は、このコマンドを使用しないでください。


Task ID

タスク ID

操作

transport

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、TCP ウィンドウズ サイズを 3000 バイトに設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# tcp window-size 3000