Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ モジュラ QoS コマンド リファレンス リリース 4.2
リンク バンドル コマンド
リンク バンドル コマンド
発行日;2012/12/18   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

リンク バンドル コマンド

リンク バンドルは、1 つ以上のポートを集約したグループで、1 つのリンクとして扱われます。 この章では、リンク バンドルで QoS に使用するコマンドについて説明します。 リンク バンドル、関連する概念、および設定作業の詳細については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router Modular Quality of Service Configuration Guide』を参照してください

clear qos counters(共有ポリシー インスタンス)

特定の共有ポリシー インスタンスのカウンタをクリアするには、EXEC モードで clear qos counters(共有ポリシー インスタンス)コマンドを使用します。

clear qos counters shared-policy-instance instance-name [ input | output ] location node-id

Syntax Description

instance-name

共有ポリシー インスタンスを識別する、最大 32 文字の文字列。

input

(任意)入力インターフェイスに対応付けられた共有ポリシー インスタンスの QoS カウンタをクリアします。

output

(任意)出力インターフェイスに対応付けられた共有ポリシー インスタンスの QoS カウンタをクリアします。

location node-id

ノードの場所です。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。 バンドル インターフェイス上の共有ポリシー インスタンスの node-id としてアクティブな RSP のロケーションを指定します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 3.9.0

このコマンドが、バンドル インターフェイス上の共有ポリシー インスタンスをサポートするように更新されました。

Usage Guidelines

適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 このコマンド リファレンスには、各コマンドに必要なタスク ID が含まれます。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

qos

読み取り、書き込み

Examples

次に、特定の共有ポリシー インスタンスの QoS カウンタをクリアする方法の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear qos counters shared-policy-instance ethernet101 input location 0/1/CPU0

Related Commands

Command

Description

service-policy(インターフェイス)

入力インターフェイスまたは出力インターフェイスに、インターフェイスのサービス ポリシーとして使用されるポリシー マップを対応付けます。  

show policy-map shared-policy-instance

共有ポリシー インスタンスのすべての詳細の統計情報を表示します。  

clear qos counters interface

指定したインターフェイスの QoS カウンタをクリアするには、EXEC モードで clear qos counters interface コマンドを使用します。

clear qos counters interface type [ input | output ]

Syntax Description

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

input

(任意)指定したインターフェイスに対応付けられている入力 QoS カウンタをクリアします。

output

(任意)指定したインターフェイスに対応付けられている出力 QoS カウンタをクリアします。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 3.9.0

interface キーワードが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

input または output キーワードを指定しないと、clear qos counters interface コマンドは指定したインターフェイスに対応付けられているすべての入力および出力 QoS カウンタをクリアします。 input または output キーワードを指定すると、インターフェイスに対応付けられている指定した向きのカウンタだけがクリアされます。

Task ID

タスク ID

操作

qos

読み取り、書き込み

Examples

次に、ギガビット イーサネット インターフェイス 0/1/0/9 に対応付けられている QoS カウンタをクリアする方法の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear qos counters interface gigabitethernet 0/1/0/9

次に、POS インターフェイス 0/7/0/3 に対応付けられている出力 QoS カウンタをクリアする方法の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear qos counters interface pos 0/7/0/3 output

encap-sequence

出力方向のマルチクラス マルチリンク(MCMP)インターフェイスのトラフィックにトラフィック クラスを設定するには、クラス マップ コンフィギュレーション モードで encap-sequence コマンドを使用します。

encap-sequence [ class-id | none ]

no encap-sequence class-id

Syntax Description

class-id

(任意)カプセル化のシーケンス番号。 範囲は 1 ~ 15 です。

none

(任意)カプセル化のシーケンスなし。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

クラス マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.0

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

encap-sequence コマンドは class-default でサポートされません。

Task ID

タスク ID

操作

qos

読み取り/書き込み

Examples

次に、カプセル化のシーケンスが 1 つのポリシー マップに 3 つのクラスを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# policy-map policy1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap)# class voice
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# priority level 1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# police rate 128
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# encap-sequence none
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# class video
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# priority level 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# police 1000
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# encap-sequence 2
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# class mission-critical
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# bandwidth 1000
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-pmap-c)# encap-sequence 1

Related Commands

Command

Description

class(ポリシー マップ)

ポリシーを作成または変更するクラスの名前を指定します。  

policy-map

1 つ以上のインターフェイスに付加できるポリシー マップを作成または変更し、サービス ポリシーを指定します。  

priority(QoS)

ポリシー マップに属するトラフィックのクラスにプライオリティを割り当てます。