Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ システム モニタリング コマンド リファレンス リリース 4.2.x
ロギング サービス コマンド
ロギング サービス コマンド
発行日;2012/12/03   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ロギング サービス コマンド

このモジュールでは、ルータでシステム モニタリングのためのシステム ロギング(syslog)を設定する Cisco IOS XR ソフトウェア コマンドについて説明します。

ロギングの概念、設定作業、および例については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Monitoring Configuration Guide』「Implementing Logging Services」モジュールを参照してください。

アラーム管理およびロギング相関のコマンドについては、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Monitoring Command Reference』の「アラーム管理およびロギング相関コマンド」モジュールを参照してください。

アラームとロギング相関の概念、設定作業、および例については、 『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router System Monitoring Configuration Guide』の「Implementing Alarm Logs and Logging Correlation」モジュールを参照してください。

archive-length

ロギング アーカイブにログが保持される期間を指定するには、ロギング アーカイブ コンフィギュレーション モードで archive-length コマンドを使用します。 デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

archive-length weeks

no archive-length

Syntax Description

weeks

ログがアーカイブに保持される期間(週単位)。 範囲は 0 ~ 4294967295 です。

Command Default

weeks:4 週間

Command Modes

ロギング アーカイブ設定

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

archive-length コマンドを使用すると、アーカイブ ログがアーカイブ内に保持される週の最大数を指定できます。 保存期間がこの週数を超えるログは、自動的にアーカイブから削除されます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、ログのアーカイブ期間を 6 週間に設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router/CPU0:router(config)# logging archive
RP/0/RSP0/CPU0:router/CPU0:router(config-logging-arch)#archive-length 6 

archive-size

デバイス上で syslog に割り当てる領域の量を指定するには、ロギング アーカイブ コンフィギュレーション モードで archive-size コマンドを使用します。 デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

archive-size size

no archive-size

Syntax Description

size

syslog に割り当てられる領域の量(MB 単位)。 範囲は 0 ~ 4294967295 です。

Command Default

size:20 MB

Command Modes

ロギング アーカイブ設定

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

archive-length コマンドを使用すると、ストレージ デバイス上の syslog アーカイブの最大合計サイズを指定できます。 このサイズを超過すると、新しいログ用の領域を確保するため、アーカイブ内の最も古いファイルが削除されます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、syslog に割り当てる領域を 50 MB に設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging archive
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-logging-arch)# archive-size 50

clear logging

システム ロギング(syslog)メッセージをロギング バッファからクリアするには、EXEC モードで clear logging コマンドを使用します。

clear logging

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

clear logging コマンドを使用すると、ロギング バッファの中身を空にできます。 ロギング バッファが一杯になると、新しいログ メッセージで古いメッセージが上書きされます。

logging buffered コマンドを使用すると、ロギング バッファを syslog メッセージの宛先として指定し、ロギング バッファのサイズを設定し、ロギング バッファに送信される syslog メッセージを重大度に基づいて制限することができます。

show logging コマンドを使用すると、ロギング バッファに保存されている syslog メッセージを表示できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

実行

Examples

次の例は、ロギング バッファの内容をクリアする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear logging

Clear logging buffer [confirm] [y/n] :y

Related Commands

コマンド

説明

logging buffered

ロギング バッファを syslog メッセージの宛先として指定し、ロギング バッファのサイズを設定し、ロギング バッファに送信される syslog メッセージを重大度に基づいて制限します。

show logging

ロギング バッファに保存されている syslog メッセージを表示します。

device

syslog のロギングに使用するデバイスを指定するには、ロギング アーカイブ コンフィギュレーション モードで device コマンドを使用します。 デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

device { disk0 | disk1 | harddisk }

no device

Syntax Description

disk0

disk0 をアーカイブ デバイスとして使用します。

disk1

disk1 をアーカイブ デバイスとして使用します。

harddisk

harddisk をアーカイブ デバイスとして使用します。

Command Default

なし

Command Modes

ロギング アーカイブ設定

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

device コマンドを使用すると、syslog のログを記録する場所を指定できます。 ログはディレクトリ <device>/var/log に作成されます。 デバイスが設定されていない場合は、他のすべてのロギング アーカイブ設定が拒否されます。 同様に、設定済みのデバイスは、他のロギング アーカイブ設定を削除しない限り削除できません。

ハードディスクにはより多くの容量があるため、syslog は harddisk にアーカイブすることを推奨します。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、syslog メッセージのログを記録するデバイスとして disk1 を指定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging archive
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-logging-arch)# device disk1

file-size

アーカイブ内のログ ファイルの最大サイズを指定するには、ロギング アーカイブ コンフィギュレーション モードで file-size コマンドを使用します。 デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

file-size size

no file-size

Syntax Description

size

ロギング アーカイブ内のログ ファイルの最大サイズ(MB 単位)。 範囲は 1 ~ 2047 です。

Command Default

size:1 MB

Command Modes

ロギング アーカイブ設定

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

file-size コマンドを使用すると、アーカイブ内の 1 つのログ ファイルが拡大できる最大限のサイズを指定できます。 この制限サイズに達すると、自動的に新しいファイルが作成され、1 つずつ順に大きいシリアル番号が付与されます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、ログ ファイルの最大サイズを 10 MB に設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging archive
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-logging-arch)# file-size 10

frequency(ロギング)

ログの収集期間を指定するには、ロギング アーカイブ コンフィギュレーション モードで frequency コマンドを使用します。 デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

frequency { daily | weekly }

no frequency

Syntax Description

daily

ログは毎日収集されます。

weekly

ログは毎週収集されます。

Command Default

ログは毎日収集されます。

Command Modes

ロギング アーカイブ設定

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

frequency コマンドを使用すると、ログを毎日収集するか、または毎週収集するかを指定できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、ログを毎日ではなく毎週収集するように指定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging archive
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-logging-arch)# frequency weekly

logging

システム ロギング(syslog)サーバ ホストを syslog メッセージの受信者に指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging コマンドを使用します。 logging コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除して syslog サーバを syslog サーバ ホストのリストから削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging { ip-address | hostname } vrf

no logging { ip-address | hostname } vrf

Syntax Description

ip-address | hostname

syslog サーバとして使用するホストの IP アドレスまたはホスト名。

vrf vrf-name

VRF の名前。 最大 32 文字の英数字です。

Command Default

syslog メッセージの受信者として設定されている syslog サーバ ホストはありません。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.1.0

vrf キーワードが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging コマンドを使用すると、メッセージを受信する syslog サーバ ホストを識別できます。 このコマンドを複数回発行すると、メッセージを受信する syslog サーバのリストが作成されます。

syslog メッセージを syslog サーバに送信する際、Cisco IOS XR ソフトウェア の機能により syslog メッセージに数値のメッセージ識別子が含められます。 メッセージ識別子は順番に累積します。 syslog サーバに送信する syslog メッセージに含められる数値の識別子は、いずれかのメッセージが失われていないかどうかの確認に役立ちます。

logging trap コマンドを使用すると、syslog サーバに送信する syslog メッセージを重大度に基づいて制限することができます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、メッセージのログを host1 という名前のホストに記録する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging host1

Related Commands

コマンド

説明

logging trap

syslog サーバに送信する syslog メッセージを重大度に基づいて制限します。

logging archive

syslog のアーカイブの属性を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging archive コマンドを使用します。 logging archive サブモードを終了するには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging archive

no logging archive

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

なし

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging archive コマンドを使用すると、syslog のアーカイブの属性を設定できます。 このコマンドを実行すると、ロギング アーカイブ コンフィギュレーション モードに入り、表 1 のコマンドの設定が可能になります。


(注)  


ロギング アーカイブ機能を使用するには、設定の属性を明示的に設定する必要があります。


表 1 Syslog のアーカイブ用のコマンド属性の設定

コマンド

範囲

説明

推奨される設定

archive-length

<0-4294967295>

週数

4 weeks

archive-size

<1-2047>

サイズ(MB 単位)

20 MB

device

<disk0 | disk1 | harddisk>

設定されたデバイスをアーカイブ デバイスとして使用します。

harddisk

file size

<1-2047>

サイズ(MB 単位)

1 MB

frequency

<daily | weekly>

 

daily

severity

<alerts | critical | debugging | emergencies | errors | informational | notifications | warnings>

 

informational

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、ロギング アーカイブ コンフィギュレーション モードに入って syslog をロギングするデバイスを disk1 に変更する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging archive
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-logging-arch)# device disk1

logging buffered

ロギング バッファをシステム ロギング(syslog)メッセージの宛先に指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging buffered コマンドを使用します。 logging buffered コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除してバッファの使用をキャンセルするには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging buffered { size | severity }

no logging buffered { size | severity }

Syntax Description

size

バッファのサイズ(バイト)。 範囲は 307200 ~ 125000000 バイトです。 デフォルトは 307200 バイトです。

severity

コンソールに表示されるメッセージの重大度。 有効な重大度とそれに対応するシステムの状態は、「使用上のガイドライン」の表 1 に記載されています。 デフォルトは debugging です。

Command Default

size:307200 バイト

severitydebugging

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

リリース 4.0.0

size 引数の値が 4096 から 307200 に変更されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging buffered コマンドを使用すると、メッセージをロギング バッファにコピーできます。 ロギング バッファは循環バッファなので、一杯になると古いメッセージが新しいメッセージで上書きされます。 このコマンドは、show logging buffer コマンドに関連しています。つまり、logging buffered warnings コマンドを実行すると、設定されたレベルよりも下のすべてのレベルのロギング(LOG_ERR、LOG_CRIT、LOG_ALERT、LOG_EMERG、および LOG_WARNING メッセージのログを含む)がイネーブルになります。 バッファのサイズを変更するには、logging buffer size を使用します。

severity 引数に値を指定すると、その数値およびそれより小さい数値のレベルのメッセージがコンソール端末に表示されます。 severity 引数に指定できる重大度キーワードの一覧は、表 1を参照してください。

この表は、severity 引数に使用できる重大度を示したものです。



表 2 メッセージの重大度

レベル キーワード

レベル

説明

Syslog 定義

emergencies

0

システム使用不可能

LOG_EMERG

alerts

1

ただちにアクションが必要

LOG_ALERT

critical

2

クリティカル状態

LOG_CRIT

errors

3

エラー状態

LOG_ERR

warnings

4

警告状態

LOG_WARNING

notifications

5

正常だが注意を要する状態

LOG_NOTICE

informational

6

単なる情報メッセージ

LOG_INFO

debugging

7

デバッグ メッセージ

LOG_DEBUG

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、バッファに記録される syslog メッセージの重大度を notifications に設定する方法を示したものです。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging buffered notifications

Related Commands

コマンド

説明

archive-size

ロギング バッファのメッセージをクリアします。

show logging

ロギング バッファに保存されている syslog メッセージを表示します。

logging console

重大度別にコンソールに記録されるシステム ロギング(syslog)メッセージのロギングをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging console コマンドを使用します。 コンソールのロギングをデフォルト設定に戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

logging console { severity | disable }

no logging console

Syntax Description

severity

コンソールに記録されるメッセージの重大度。これより高い重大度のイベント(数値が小さいイベント)も記録されます。 デフォルトは informational です。 重大度とそれに対応するシステムの状態の設定は、logging buffered コマンドの「使用上のガイドライン」の表 1 に記載されています。

disable

logging console コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除し、コンソール端末へのロギングをディセーブルにします。

Command Default

デフォルトでは、コンソールへのロギングはイネーブルになっています。

severityinformational

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging console コマンドを使用すると、デバッグ メッセージが画面にフラッディングするのを防止できます。

logging console コンソールはコンソール端末用です。 severity 引数に値を指定すると、その数値およびそれより小さい数値のレベル(重大度がより高いレベル)のメッセージがコンソール端末に表示されます。

logging console disable コマンドを使用すると、コンソールのロギングを完全にディセーブルにできます。

設定をデフォルトに戻すには、no logging console コマンドを使用します。

show logging コマンドを使用すると、ロギング バッファに保存されている syslog メッセージを表示できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、コンソール端末に表示されるメッセージのレベルを alerts(1)に変更する方法を示しています(この場合、alerts(1)および emergencies(0)が表示されます)。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging console alerts

次の例は、コンソールのロギングをディセーブルにする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging console disable

次の例は、コンソールのロギングをデフォルト設定(コンソールはイネーブル、severity: informational)に戻す方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# no logging console 

Related Commands

コマンド

説明

show logging

ロギング バッファに保存されている syslog メッセージを表示します。

logging disable

システム ロギング(syslog)メッセージのロギングをディセーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging disable コマンドを使用します。 ロギングをデフォルト設定に戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

logging disable

no logging disable

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

デフォルトでは、ロギングはイネーブルになっています。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging disable コマンドを使用すると、ロギングを完全にディセーブルにできます。

設定をデフォルトに戻すには、no logging disable コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、syslog メッセージをディセーブルにする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging disable

logging events link-status

論理リンクおよび物理リンクのリンクステータス システム ロギング(syslog)メッセージのロギングをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging events link-status コマンドを使用します。 リンク ステータス メッセージのロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging events link-status { disable | software-interfaces }

no logging events link-status [ disable | software-interfaces ]

Syntax Description

disable

物理リンクを含むすべてのインターフェイスのリンクステータス メッセージのロギングをディセーブルにします。

software-interfaces

論理リンクおよび物理リンクのリンクステータス メッセージのロギングをイネーブルにします。

Command Default

物理リンクについてのリンクステータス メッセージのロギングはイネーブルになります。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

リンクステータス メッセージのロギングをイネーブルにした場合、ルータで大量のリンクステータス(アップまたはダウン)のシステム ロギング メッセージが生成される場合があります。

no logging events link-status コマンドを使用すると、物理リンクのリンクステータス メッセージのロギングだけをイネーブルにできます。これはデフォルトの動作です。


(注)  


特定のインターフェイスで logging events link-status(インターフェイス) コマンドをイネーブルにすると、ここで説明する logging events link-status コマンドを使用して設定したグローバル コンフィギュレーションが上書きされます。


Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、物理および論理のリンクステータス メッセージのロギングをディセーブルにする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging events link-status disable

Related Commands

コマンド

説明

logging events link-status(インターフェイス)

仮想インターフェイスおよびサブインターフェイスで特定のインターフェイスのリンクステータス システム ロギング(syslog)メッセージのロギングをイネーブルにします。

logging events link-status(インターフェイス)

仮想インターフェイスおよびサブインターフェイスで特定のインターフェイスのリンクステータス システム ロギング(syslog)メッセージのロギングをイネーブルにするには、該当するインターフェイスまたはサブインターフェイスのモードで logging events link-status コマンドを使用します。 リンク ステータス メッセージのロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging events link-status

no logging events link-status

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

仮想インターフェイスおよびサブインターフェイスについてのリンクステータス メッセージのロギングはディセーブルになります。

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

リンクステータス メッセージのロギングをイネーブルにした場合、ルータで大量のリンクステータス(アップまたはダウン)のシステム ロギング メッセージが生成される場合があります。 logging events link-status コマンドは、仮想インターフェイスおよびサブインターフェイスについてのメッセージだけをイネーブルにします。

logging events link-status コマンドを使用すると、バンドル、トンネル、および VLAN の特定のインターフェイスでのロギングをイネーブルまたはディセーブルにできます。

no logging events link-status コマンドを使用すると、リンクステータス メッセージのロギングをディセーブルにできます。


(注)  


特定のインターフェイスで logging events link-status コマンドをイネーブルにすると、グローバル コンフィギュレーション モードで logging events link-status コマンドを使用して設定したグローバル コンフィギュレーションが上書きされます。


Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、バンドル インターフェイスのロギングを有効にした結果を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# int bundle-GigabitEthernet 1 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# logging events link-status
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit
LC/0/4/CPU0:Jun 29 12:51:26.887 : ifmgr[142]: 
%PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface GigabitEthernet0/4/0/0, changed state to Up 
LC/0/4/CPU0:Jun 29 12:51:26.897 : ifmgr[142]: 
%PKT_INFRA-LINEPROTO-6-UPDOWN : Line protocol on Interface 
GigabitEthernet0/4/0/0, changed state to Up 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit 
LC/0/4/CPU0:Jun 29 12:51:32.375 : ifmgr[142]: 
%PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface GigabitEthernet0/4/0/0, changed 
state to Down 
LC/0/4/CPU0:Jun 29 12:51:32.376 : ifmgr[142]: 
%PKT_INFRA-LINEPROTO-6-UPDOWN : Line protocol on Interface 
GigabitEthernet0/4/0/0, changed state to Down 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# 

次の例は、ロギングを有効にする場合としない場合の、トンネル インターフェイスのコマンドのシーケンスを示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# int tunnel-te 1 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# logging events link-status 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:Jun 29 14:05:57.732 : ifmgr[176]: 
%PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface tunnel-te1, changed 
state to Administratively Down 
RP/0/RSP0/CPU0:Jun 29 14:05:57.733 : ifmgr[176]: 
%PKT_INFRA-LINEPROTO-6-UPDOWN : Line protocol on Interface 
tunnel-te1, changed state to Administratively Down 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# no shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:Jun 29 14:06:02.104 : ifmgr[176]: 
%PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface tunnel-te1, changed 
state to Down 
RP/0/RSP0/CPU0:Jun 29 14:06:02.109 : ifmgr[176]: 
%PKT_INFRA-LINEPROTO-6-UPDOWN : Line protocol on Interface 
tunnel-te1, changed state to Down 

次の例は、サブインターフェイスについての同じプロセスを示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# int gigabitEthernet 0/5/0/0.1 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# no shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# logging events link-status 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit 
LC/0/5/CPU0:Jun 29 14:06:46.710 : ifmgr[142]: 
%PKT_INFRA-LINEPROTO-6-UPDOWN : Line protocol on Interface 
GigabitEthernet0/5/0/0.1, changed state to Administratively Down 
LC/0/5/CPU0:Jun 29 14:06:46.726 : ifmgr[142]: 
%PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface 
GigabitEthernet0/5/0/0.1, changed state to Administratively Down 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# no shutdown 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# commit 
LC/0/5/CPU0:Jun 29 14:06:52.229 : ifmgr[142]: 
%PKT_INFRA-LINK-3-UPDOWN : Interface 
GigabitEthernet0/5/0/0.1, changed state to Up 
LC/0/5/CPU0:Jun 29 14:06:52.244 : ifmgr[142]: 
%PKT_INFRA-LINEPROTO-6-UPDOWN : Line protocol on Interface 
GigabitEthernet0/5/0/0.1, changed state to Down 
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-subif)# 

logging facility

システム ロギング(syslog)メッセージが syslog サーバに送信されるタイプの syslog ファシリティを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging facility コマンドを使用します。 logging facility コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除して、あらゆるファシリティ タイプへのメッセージのロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging facility [type]

no logging facility

Syntax Description

type

(任意)syslog のファシリティ タイプ。 デフォルトは local7 です。 有効な値は、「使用上のガイドライン」の表 1 に記載されています。

Command Default

typelocal7

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

この表は、type 引数に使用できるオプションを示したものです。

表 3 ファシリティ タイプの説明 

ファシリティ タイプ

説明

auth

許可システム

cron

cron/at ファシリティ

daemon

システム デーモン

kern

カーネル

local0

ローカルで定義されたメッセージ用に予約済み

local1

ローカルで定義されたメッセージ用に予約済み

local2

ローカルで定義されたメッセージ用に予約済み

local3

ローカルで定義されたメッセージ用に予約済み

local4

ローカルで定義されたメッセージ用に予約済み

local5

ローカルで定義されたメッセージ用に予約済み

local6

ローカルで定義されたメッセージ用に予約済み

local7

ローカルで定義されたメッセージ用に予約済み

lpr

ライン プリンタ システム

mail

メール システム

news

USENET ニュース

sys9

システムで使用

sys10

システムで使用

sys11

システムで使用

sys12

システムで使用

sys13

システムで使用

sys14

システムで使用

syslog

システム ログ

user

ユーザ プロセス

uucp

UNIX から UNIX へのコピー システム

logging コマンドを使用すると、syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例では、syslog ファシリティを kern ファシリティ タイプに設定する方法を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging facility kern

Related Commands

コマンド

説明

logging

syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定します。

logging history

ルータおよび簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)ネットワーク管理ステーション(NMS)の履歴テーブルに送信されるシステム ロギング(syslog)メッセージの重大度を変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging history コマンドを使用します。 logging history コマンドをコンフィギュレーションから削除して、メッセージのロギングをデフォルトのレベルに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging history severity

no logging history

Syntax Description

severity

ルータおよび SNMP NMS の履歴テーブルに送信されるメッセージの重大度。これより高い重大度のイベント(数値が小さいイベント)も記録されます。 重大度の設定とそれに対応するシステムの状態は、logging buffered コマンドの「使用上のガイドライン」の表 1 に記載されています。

Command Default

severitywarnings

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

SNMP NMS へのメッセージのロギングは、snmp-server enable traps コマンドでイネーブルにします。 SNMP トラップは本質的に信頼性がないと同時に、重要性が高く失うわけにはいかないため、少なくとも 1 つの syslog メッセージ(最新のメッセージ)がルータの履歴テーブルに保存されます。

logging history コマンドを使用すると、最後の 500 個の syslog メッセージの履歴が反映されます。 たとえば、このコマンドが発行されると、重大度が warning よりも低い、最後の 500 個の syslog メッセージが show logging history コマンドの出力に表示されます。

show logging history コマンドを使用すると、履歴テーブルを表示できます。このテーブル、テーブルのサイズ、メッセージのステータス、およびメッセージのテキスト データが表示されます。

logging history size コマンドを使用すると、履歴テーブルに保存されるメッセージの数を変更できます。

severity 引数に値を指定すると、その数値およびそれより小さい数値のレベルのメッセージが、ルータの履歴テーブルに保存され、SNMP NMS に送信されます。 重大度は 0 ~ 7 の数値で示され、1 が最も重要なメッセージ、7 が最も重要度の低いメッセージになります(つまり、数値が小さいほどメッセージの重大度が上がります)。 たとえば、critical キーワードでレベル critical を指定すると、重大度が critical(2)、alerts(1)、および emergencies(0)のメッセージが履歴テーブルに保存され、SNMP NMS に送信されます。

履歴レベルをデフォルトにリセットするには、no logging history コマンドを使用します。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、履歴テーブルおよび SNMP サーバに送信されるメッセージのレベルを alerts(1)に変更する方法を示しています(この場合、alerts(1)および emergencies(0)が送信されます)。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging history alerts

Related Commands

コマンド

説明

logging history size

履歴テーブルに保存されるメッセージの数を変更します。

show logging history

syslog 履歴テーブルの状態についての情報を表示します。

snmp-server enable traps

SNMP トラップ通知をイネーブルにします。

logging history size

履歴テーブルに保存できるシステム ロギング(syslog)メッセージの数を変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging history size コマンドを使用します。 logging history size コマンドをコンフィギュレーションから削除して、メッセージの数をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging history size number

no logging history number

Syntax Description

number

履歴テーブルに保存できるメッセージの最大数を示す、1 ~ 500 の数値。 デフォルト値は 1 件です。

Command Default

number:メッセージ 1 件

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging history size コマンドを使用すると、この履歴テーブルに保存できるメッセージの数を変更できます。 履歴テーブルが一杯になると(メッセージの数がコマンドで指定した最大数に達すると)、新しいメッセージを保存できるよう、最も古いメッセージがテーブルから削除されます。

logging history コマンドを使用すると、履歴ファイルに保存されて SNMP サーバに送信される syslog メッセージの重大度を変更できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、履歴テーブルに保存されるメッセージの数を 20 に設定する方法を示したものです。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging history size 20

Related Commands

コマンド

説明

logging history

履歴ファイルに保存されて SNMP サーバに送信される syslog メッセージの重大度を変更します。

show logging history

syslog 履歴テーブルの状態についての情報を表示します。

logging hostnameprefix

syslog サーバに記録されるシステム ロギング(syslog)メッセージにホスト名のプレフィックスを付加するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging hostnameprefix コマンドを使用します。 logging hostnameprefix コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除してロギングのホスト名プレフィックス定義をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging hostnameprefix hostname

no logging hostnameprefix

Syntax Description

hostname

syslog サーバに送信されるメッセージに表示されるホスト名。

Command Default

syslog サーバに記録されるメッセージにホスト名のプレフィックスは追加されません。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging hostnameprefix コマンドを使用すると、ルータから syslog サーバに送信されるメッセージにホスト名プレフィックスを付加できます。 このプレフィックスを使用して、さまざまなネットワーキング デバイスから特定の syslog サーバに送信されるメッセージを分類することができます。

logging コマンドを使用すると、syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、ルータから syslog サーバに送信されるメッセージに host1 というホスト名プレフィックスを追加する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging hostnameprefix host1

Related Commands

コマンド

説明

hostname

ネットワーキング デバイスのネットワーク名を指定または変更します。

logging

syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定します。

logging localfilesize

ローカル ロギング ファイルのサイズを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging localfilesize コマンドを使用します。 logging localfilesize コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除して、システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging localfilesize bytes

no logging localfilesize bytes

Syntax Description

bytes

ローカル ロギング ファイルのサイズ(バイト単位)。 範囲は 0 ~ 4294967295 です。 デフォルト値は 32000 バイトです。

Command Default

bytes:32000 バイト

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging localfilesize コマンドを使用すると、ローカル ロギング ファイルのサイズを設定できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

この例は、ローカル ロギング ファイルのサイズを 90000 バイトに設定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging localfilesize 90000

Related Commands

コマンド

説明

show logging

ロギング バッファに保存されている syslog メッセージを表示します。

logging monitor

コンソール端末以外の端末回線をシステム ロギング(syslog)メッセージの宛先として指定し、端末回線に送信されるメッセージの数を重大度に基づいて制限するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging monitor コマンドを使用します。 logging monitor コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除して、コンソール回線以外の端末回線へのロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging monitor [severity]

no logging monitor

Syntax Description

severity

(任意)端末回線に記録されるメッセージの重大度。これより高い重大度のイベント(数値が小さいイベント)も記録されます。 デフォルトは debugging です。 重大度の設定とそれに対応するシステムの状態は、logging buffered コマンドの「使用上のガイドライン」の表 1 に記載されています。

Command Default

severitydebugging

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging monitor は端末モニタリング用です。 logging monitor コマンドを使用すると、コンソール回線以外の端末回線(仮想端末など)に表示されるメッセージを制限できます。 severity 引数に値を設定すると、その数値およびそれより小さい数値のレベルのメッセージがモニタに表示されます。

terminal monitor コマンドを使用すると、現在の端末セッションにおける syslog メッセージの表示をイネーブルにできます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、端末回線に記録されるメッセージの重大度を errors に設定する方法を示したものです。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging monitor errors

Related Commands

コマンド

説明

terminal monitor

現在の端末セッションにおける syslog メッセージの表示をイネーブルにします。

logging source-interface

syslog サーバに送信されるすべてのシステム ロギング(syslog)メッセージに、そのメッセージがどのインターフェイスを使用してルータを出るかにかかわらず、常に同じ IP アドレスを含めるよう設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging source-interface コマンドを使用します。 logging source-interface コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除してソース指定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging source-interface type interface-path-id

no logging source-interface

Syntax Description

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(?)オンライン ヘルプ機能を使用します。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(?)を使用してオンライン ヘルプを参照してください。

Command Default

ソース IP アドレスは指定されていません。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

通常、syslog メッセージにはネットワーキング デバイスを出るために使用するインターフェイスの IP アドレスが含まれます。 logging source-interface コマンドを使用すると、syslog パケットがどのインターフェイスを使用してネットワーキング デバイスを出るかにかかわらず、パケットに特定のインターフェイスの IP アドレスを含めるよう指定できます。

logging コマンドを使用すると、syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、GigabitEthernet )インターフェイス 0/1/0/1 の IP アドレスをすべてのメッセージのソース IP アドレスとして指定する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging source-interface GigabitEthernet 0/1/0/1

Related Commands

コマンド

説明

logging

syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定します。

logging suppress deprecated

コンソールへのメッセージのロギングを防止して、コマンドが後方互換されることを示すには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging suppress deprecated コマンドを使用します。 logging suppress deprecated コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging suppress deprecated

no logging suppress deprecated

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

後方互換コマンドを使用すると、コンソール メッセージが表示されます。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging suppress deprecated コマンドは、コンソールへのメッセージにだけ影響します。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、後方互換メッセージの連続したロギングを抑制する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging suppress deprecate

logging suppress duplicates

同じシステム ロギング(syslog)メッセージの複数のコピーを連続してロギングすることを防止するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging suppress duplicates コマンドを使用します。 logging suppress duplicates コマンドをコンフィギュレーション ファイルから削除してフィルタリング プロセスをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging suppress duplicates

no logging suppress duplicates

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

重複したメッセージはロギングされます。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

デバッグのセッション中に logging suppress duplicates コマンドを使用すると、繰り返しのメッセージがすべて表示されない場合があり、分離と解決を試みている問題に関する重要な情報を見落とす可能性があります。 こうした場合は、このコマンドをディセーブルにすることを考慮してください。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、重複するメッセージの連続したロギングを抑制する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging suppress duplicates

Related Commands

コマンド

説明

logging

syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定します。

logging buffered

ロギング バッファを syslog メッセージの宛先として指定し、ロギング バッファのサイズを設定し、ロギング バッファに送信される syslog メッセージを重大度に基づいて制限します。

logging monitor

コンソール端末以外の端末回線を syslog メッセージの宛先として指定し、端末回線に送信されるメッセージの数を重大度に基づいて制限します。

logging trap

システム ロギング(syslog)サーバに記録されるメッセージの重大度を指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging trap コマンドを使用します。 デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging trap [severity]

no logging trap

Syntax Description

severity

(任意)syslog サーバに記録されるメッセージの重大度。これより高い重大度のイベント(数値が小さいイベント)も記録されます。 デフォルトは informational です。 重大度の設定とそれに対応するシステムの状態は、logging buffered コマンドの「使用上のガイドライン」の表 1 に記載されています。

Command Default

severityinformational

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

logging trap コマンドを使用すると、syslog サーバに送信されるメッセージのロギングを、指定したレベルのメッセージだけに制限できます。

logging buffered コマンドの「使用上のガイドライン」の 表 1 に、デバッグ メッセージのレベルに対応する syslog 定義が記載されています。

logging コマンドを使用すると、syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、メッセージを notifications(5)およびそれ以下の数値のレベルに制限する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging trap notifications

Related Commands

コマンド

説明

logging

syslog サーバ ホストを syslog メッセージの宛先として指定します。

service timestamps

システム ロギング(syslog)メッセージおよびデバッグ メッセージのタイムスタンプの形式を変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで service timestamps コマンドを使用します。 デフォルトのタイムスタンプ形式に戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

service timestamps [ [ debug | log ] { datetime [localtime] [msec] [show-timezone] | disable | uptime } ]

no service timestamps [ [ debug | log ] { datetime [localtime] [msec] [show-timezone] | disable | uptime } ]

Syntax Description

debug

(任意)デバッグ メッセージのタイムスタンプ形式を指定します。

log

(任意)syslog メッセージのタイムスタンプ形式を指定します。

datetime

(任意)syslog メッセージに日付と時刻のタイムスタンプを付すことを指定します。

localtime

(任意)datetime キーワードと共に使用すると、タイムスタンプにローカル タイム ゾーンが含められます。

msec

(任意)datetime キーワードと共に使用すると、タイムスタンプにミリ秒が含められます。

show-timezone

(任意)datetime キーワードと共に使用すると、タイムスタンプにタイム ゾーン情報が含められます。

disable

(任意)メッセージにデフォルトの形式のタイムスタンプが付されます。

uptime

(任意)syslog メッセージに、ネットワークキング デバイスが最後に再起動されてからの経過時間のタイムスタンプが付されるよう指定します。

Command Default

デフォルトでは、メッセージに month day hh:mm:ss のタイムスタンプが付きます。

コマンドの service timestamps debug datetime 形式および service timestamps log datetime 形式に追加キーワードを指定しない場合は、デフォルトでは時刻の形式は協定世界時(UTC)となり、ミリ秒およびタイム ゾーン情報は省略されます。

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

タイム スタンプは、デバッグ メッセージまたは syslog メッセージに個別に追加できます。 uptime キーワードを使用すると、タイム スタンプは hhhh:mm:ss の形式で追加され、ネットワーキング デバイスが最後に再起動してからの経過時間が時:分:秒の形式で示されます。 datetime キーワードを使用すると、タイム スタンプは mmm dd hh:mm:ss の形式で追加され、システム クロックによる日付と時刻が示されます。 システム クロックが設定されていない場合、日付と時刻の前にアスタリスク(*)が付き、日時が設定されておらず確認が必要であることが示されます。

service timestamps コマンドの no 形式を使用すると、メッセージにデフォルト形式のタイムスタンプが付されます。

このコマンドの service timestamps 形式を、キーワードも引数も使用せずに入力した場合は、このコマンドの service timestamps debug uptime 形式を発行するのと同じになります。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、デバッグ メッセージのタイム スタンプをイネーブルにし、ネットワーキング デバイスが最後に再起動されてからの経過時間を表示する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# service timestamps debug uptime

次の例は、syslog メッセージのタイム スタンプをイネーブルにし、ローカル タイム ゾーンでの現在の日付と時刻をタイム ゾーン名とともに表示する方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# service timestamps log datetime localtime show-timezone

severity

ログのフィルタ レベルを指定するには、ロギング アーカイブ コンフィギュレーション モードで severity コマンドを使用します。 デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

severity { severity }

no severity

Syntax Description

severity

アーカイブにどのメッセージを記録するかを決める重大度。 有効な重大度とそれに対応するシステムの状態は、「使用上のガイドライン」の表 1 に記載されています。 デフォルトは informational です。

Command Default

informational

Command Modes

ロギング アーカイブ設定

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

severity コマンドを使用すると、syslog メッセージのフィルタ レベルを指定できます。 重大度が設定した値と同じかそれ以上のレベルの syslog メッセージは、すべてアーカイブに記録されます。

表 1 は、severity 引数に使用できる重大度を示したものです。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り、書き込み

Examples

次の例は、警告状態およびそれ以上の重大度のメッセージをアーカイブに記録するよう指定する方法を示したものです。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# logging archive
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-logging-arch)# severity warnings

show logging

ロギング バッファの内容を表示するには、EXEC モードで show logging コマンドを使用します。

show logging [ local location node-id | [ location node-id ] [ start month day hh : mm : ss ] [ process name ] [ string string ] [ end month day hh : mm :ss ] ]

Syntax Description

local location node-id

(任意)指定したローカル バッファからシステム ロギング(syslog)メッセージを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

location node-id

(任意)指定したノードから syslog メッセージを表示します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

start month day hh : mm : ss

(任意)month day mm : hh : ss 引数で指定されたタイム スタンプ以降のタイム スタンプを持つ syslog メッセージを表示します。

month day hh : mm : ss 引数の範囲は次のとおりです。

  • month:月。 month 引数の値は次のとおりです。
    • january
    • february
    • march
    • april
    • may
    • june
    • july
    • august
    • september
    • october
    • november
    • december
  • day:日。 範囲は 01 ~ 31 です。
  • hh ::時。 範囲は 00 ~ 23 です。 hh 引数の後ろには、コロンを挿入する必要があります。
  • mm ::分。 範囲は 00 ~ 59 です。 mm 引数の後ろには、コロンを挿入する必要があります。
  • ss:秒。 範囲は 00 ~ 59 です。

process name

(任意)指定したプロセスに関連する syslog メッセージを表示します。

string string

(任意)指定したストリングを含む syslog メッセージを表示します。

end month day hh : mm : ss

(任意)monthday hh : mm : ss 引数で指定されたタイム スタンプ以前のタイム スタンプを持つ syslog メッセージを表示します。

month day hh : mm : ss 引数の範囲は次のとおりです。

  • month:月。 month 引数の値は次のとおりです。
    • january
    • february
    • march
    • april
    • may
    • june
    • july
    • august
    • september
    • october
    • november
    • december
  • day:日。 範囲は 01 ~ 31 です。
  • hh ::時。 範囲は 00 ~ 23 です。 hh 引数の後ろには、コロンを挿入する必要があります。
  • mm ::分。 範囲は 00 ~ 59 です。 mm 引数の後ろには、コロンを挿入する必要があります。
  • ss:秒。 範囲は 00 ~ 59 です。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show logging コマンドを使用すると、プロセッサ コンソール上の syslog エラーおよびイベント ロギングの状態を表示できます。 コマンドからの情報には、イネーブルになっているロギングのタイプおよびバッファのサイズが含まれます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り

Examples

次に、show logging コマンドに process キーワードと name 引数を指定した場合の出力例を示します。 出力例には、init プロセスに関連する syslog メッセージが表示されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show logging process init

Syslog logging: enabled (24 messages dropped, 0 flushes, 0 overruns)
    Console logging: level informational , 59 messages logged
    Monitor logging: level debugging, 0 messages logged
    Trap logging: level informational, 0 messages logged
    Buffer logging: level debugging, 75 messages logged


Log Buffer (16384 bytes):


LC/0/1/CPU0:May 24 22:20:13.043 : init[65540]: %INIT-7-INSTALL_READY : total time 47.522 seconds 
SP/0/1/SP:May 24 22:18:54.925 : init[65541]: %INIT-7-MBI_STARTED : total time 7.159 seconds 
SP/0/1/SP:May 24 22:20:16.737 : init[65541]: %INIT-7-INSTALL_READY : total time 88.984 seconds 
SP/0/SM1/SP:May 24 22:18:40.993 : init[65541]: %INIT-7-MBI_STARTED : total time 7.194 seconds 
SP/0/SM1/SP:May 24 22:20:17.195 : init[65541]: %INIT-7-INSTALL_READY : total time 103.415 seconds 
SP/0/2/SP:May 24 22:18:55.946 : init[65541]: %INIT-7-MBI_STARTED : total time 7.152 seconds 
SP/0/2/SP:May 24 22:20:18.252 : init[65541]: %INIT-7-INSTALL_READY : total time 89.473 seconds 

次に、show logging コマンドに processname キーワード/引数ペアと location node-id キーワード/引数ペアの両方を指定した場合の出力例を示します。 出力例には、ノード 0/1/CPU0 から発行された「init」プロセスに関連する syslog メッセージが表示されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show logging process init location 0/1/CPU0

Syslog logging: enabled (24 messages dropped, 0 flushes, 0 overruns)
    Console logging: level informational , 59 messages logged
    Monitor logging: level debugging, 0 messages logged
    Trap logging: level informational, 0 messages logged
    Buffer logging: level debugging, 75 messages logged


Log Buffer (16384 bytes):


LC/0/1/CPU0:May 24 22:20:13.043 : init[65540]: %INIT-7-INSTALL_READY : total time 47.522 seconds 

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。



表 4 show logging のフィールドの説明

フィールド

説明

Syslog logging

イネーブルの場合、システム ロギング メッセージは syslog サーバの役割を果たす UNIX ホストに送信されます。つまり、このホストがメッセージをキャプチャして保存します。

Console logging

イネーブルの場合は、コンソールに記録されたメッセージのレベルおよび数が示されます。そうでない場合は、このフィールドには「disabled」と表示されます。

Monitor logging

イネーブルの場合は、ログ メッセージをモニタ端末(コンソールではなく)に送信する基準となる重大度の最低レベル、およびモニタ端末に記録されたメッセージの数が表示されます。そうでない場合は、このフィールドには「disabled」と表示されます。

Trap logging

イネーブルの場合は、ログ メッセージを syslog サーバに送信する基準となる重大度の最低レベル、および syslog サーバに記録されたメッセージの数が表示されます。そうでない場合は、このフィールドには「disabled」と表示されます。

Buffer logging

イネーブルの場合は、バッファに記録されたメッセージのレベルおよび数が表示されます。そうでない場合は、このフィールドには「disabled」と表示されます。

Related Commands

コマンド

説明

clear logging

ロギング バッファのメッセージをクリアします。

show logging history

システム ロギング(syslog)履歴テーブルの状態に関する情報を表示するには、EXEC モードで show logging history コマンドを使用します。

show logging history

Syntax Description

このコマンドには、キーワードや引数はありません。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

show logging history コマンドを使用すると、syslog 履歴テーブルに関する情報(このテーブルのサイズ、メッセージのステータス、テーブルに保存されているメッセージのテキストなど)を表示できます。 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)設定パラメータおよびプロトコル アクティビティも表示されます。

logging history コマンドを使用すると、履歴ファイルに保存されて SNMP サーバに送信される syslog メッセージの重大度を変更できます。

logging history size を使用すると、履歴テーブルに保存できる syslog メッセージの数を変更できます。

Task ID

タスク ID

操作

logging

読み取り

Examples

show logging history コマンドの出力例は、次のとおりです。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show logging history

Syslog History Table: '1' maximum table entries
saving level 'warnings' or higher
137 messages ignored, 0 dropped, 29 table entries flushed
SNMP notifications disabled

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。



表 5 show logging history のフィールドの説明

フィールド

説明

maximum table entries

履歴テーブルに保存できるメッセージの数。 logging history size コマンドで設定します。

saving level

履歴テーブルに保存されて SNMP サーバに送信されるメッセージのレベル(SNMP 通知がイネーブルの場合)。 logging history コマンドで設定します。

messages ignored

重大度が logging history コマンドで指定されたレベルよりも高いため、履歴テーブルに保存されないメッセージの数。

SNMP notifications

適切なレベルの syslog トラップが SNMP サーバに送信されるかどうかのステータス。 syslog トラップをイネーブルまたはディセーブルにするには、snmp-server enable コマンドを使用します。

Related Commands

コマンド

説明

logging history

履歴ファイルに保存されて SNMP サーバに送信される syslog メッセージの重大度を変更します。

logging history size

履歴テーブルに保存できる syslog メッセージの数を変更します。

terminal monitor

現在の端末セッションにおけるデバッグ コマンド出力とシステム ロギング(syslog)メッセージの表示をイネーブルにするには、EXEC モードで terminal monitor コマンドを使用します。

terminal monitor [disable]

Syntax Description

disable

(任意)現在の端末セッションにおける syslog メッセージの表示をディセーブルにします。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.7.2

このコマンドが追加されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者に連絡してください。

terminal monitor コマンドを使用すると、現在の端末セッションにおける syslog メッセージの表示をイネーブルにできます。


(注)  


logging monitor をイネーブルにしない限り、syslog メッセージは端末回線に送信されません。


terminal monitor disable コマンドを使用すると、現在の端末セッションにおけるロギング メッセージの表示をディセーブルにできます。 ロギング メッセージの表示がディセーブルになっている場合は、terminal monitor コマンドを使用して、現在の端末セッションにおけるロギング メッセージの表示を再度イネーブルにします。

terminal monitor コマンドはローカルで設定されるものであり、端末セッションの終了後は無効になります。そのため、端末セッションを監視する場合は、そのたびに terminal monitor コマンドを明示的にイネーブルまたはディセーブルにする必要があります。

Task ID

タスク ID

操作

logging

実行

Examples

次の例は、現在の端末セッションにおける syslog メッセージの表示をイネーブルにする方法を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# terminal monitor

Related Commands

コマンド

説明

logging monitor

コンソール端末以外の端末回線を syslog メッセージの宛先として指定し、端末回線に送信されるメッセージの数を重大度に基づいて制限します。