Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの NetFlow コマンド リファレンス リリース 4.2
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの NetFlow コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの NetFlow コマンド
発行日;2012/09/24   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの NetFlow コマンド

このモジュールでは、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータで NetFlow を設定するためのコマンドライン インターフェイス(CLI)コマンドについて説明します。

cache entries

モニタ マップのフロー キャッシュのエントリ数を設定するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache entries コマンドを入力します。 設定済みのエントリ数を削除し、デフォルト設定にキャッシュを戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cache entries number

no cache entries number

Syntax Description

number

フロー キャッシュ内のエントリ数。 フロー キャッシュ内で許可されるフロー エントリ数で number 引数を置き換えます。 範囲は 4096 ~ 1000000 です。

Command Default

number : 65535

Command Modes

フロー モニタ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、モニタ マップ フロー キャッシュのエントリ数を 10000 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# cache entries 10000

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

cache permanent

モニタ マップのフロー キャッシュからのエントリの削除をディセーブルにするには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache permanent コマンドを入力します。 フロー キャッシュからのエントリの削除を再度イネーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cache permanent

no cache permanent

Syntax Description

このコマンドにはキーワードまたは引数はありません。

Command Default

モニタ マップのフロー キャッシュからのエントリの削除はイネーブルです。

Command Modes

フロー モニタ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、モニタ マップのフロー キャッシュからのエントリの削除をディセーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)#flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# cache permanent

次に、モニタ マップのフロー キャッシュからのエントリの削除を再度イネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# no cache permanent

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

cache timeout

アクティブ、非アクティブ、およびアップデートのフロー キャッシュ タイムアウトを設定するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache timeout コマンドを入力します。 設定されているタイムアウト値を削除し、デフォルトのタイムアウト値にキャッシュを戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

cache timeout { active | inactive | update } timeout_value

no cache timeout { active | inactive | update } timeout_value

Syntax Description

active

アクティブ フロー タイムアウトを指定します。

inactive

非アクティブ フロー タイムアウトを指定します。

update

アップデート タイムアウトを指定します。

timeout_value

指定したキーワード(activeinactiveupdate)のタイムアウト値を秒単位で指定します。 範囲は 1 ~ 604800 です。

Command Default

アクティブ タイムアウトの場合、デフォルト値は 1800 秒です。

非アクティブ タイムアウトの場合、デフォルト値は 15 秒です。

アップデート タイムアウトの場合、デフォルト値は 1800 秒です。

Command Modes

フロー モニタ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


非アクティブ タイムアウト値はアクティブ タイムアウト値未満にします。 update キーワードは、パーマネント キャッシュでだけ使用されます。 このキーワードは、パーマネント キャッシュからエントリをエクスポートするために使用するタイムアウト値を指定します。 この場合、エントリはエクスポートされますが、キャッシュに残ります。


Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、モニタ マップ キャッシュのアクティブ タイムアウトを 200,000 秒に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# cache timeout active 200000

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

clear flow exporter

フロー エクスポータ テンプレートを収集機能にエクスポートしたり、フロー エクスポータの統計情報収集機能を再開したりするには、EXEC モードで clear flow exporter コマンドを入力します。

clear flow exporter [fem-name] { restart | statistics } location node-id

Syntax Description

fem-name

(任意)フロー エクスポータの名前。

restart

収集機能に現在のすべてのテンプレートをエクスポートします。

statistics

エクスポータの統計情報をクリアします。

location node-id

クリアするフロー エクスポータの統計情報のノード、または再起動するフロー エクスポータ統計情報収集機能のノードを識別します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

デフォルトの動作または値はありません。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

basic-services

読み取り、書き込み

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、収集機能にすべてのテンプレートをエクスポートする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear flow exporter restart location 0/0/SP
Restart exporter all locations. Continue? [confirm]

次に、特定のノードのフロー エクスポータの統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear flow exporter statistics location 0/0/CPU0
Clear statistics for all exporters on the location. Continue? [confirm]

Related Commands

Command

Description

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアするには、EXEC モードで clear flow monitor コマンドを入力します。

clear flow monitor [name] cache [ force-export | statistics ] location node-id

Syntax Description

name

(任意)クリアする特定のキャッシュを識別します。

cache

すべてのキャッシュ関連情報をクリアします。

force-export

(任意)指定されたノードのキャッシュのフラッシュ時にフロー レコードを強制的にエクスポートします。

statistics

(任意)指定したノードのキャッシュ統計情報をクリアします。

location node-id

クリアするフロー モニタのノード。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、特定のノードのキャッシュ関連フロー レコードをクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:routerclear flow monitor cache force-export location 0/0/CPU0

Clear cache entries for this monitor on this location. Continue? [confirm]

Related Commands

Command

Description

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

clear flow platform producer statistics location

NetFlow プロデューサが収集した統計情報をクリアするには、EXEC モードで clear flow platform producer statistics location コマンドを使用します。

clear flow platform producer statistics location node-id

Syntax Description

node-id

NetFlow プロデューサが収集した統計情報をクリアするノード。 node-idrack/slot/module の形式で入力します。

(注)     

ルータに取り付けられているすべてのノードのロケーションを表示するには、show platform コマンドを入力します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、NetFlow プロデューサが収集した統計情報をクリアする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# clear flow platform producer statistics location 0/0/CPU0

destination

収集機能のエクスポート先を設定するには、フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション モードで destination コマンドを入力します。 設定されているエクスポート先を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

destination hostname_or_IP_address

no destination hostname_or_IP_address

Syntax Description

hostname_or_IP_address

現在のフロー エクスポータ マップのエクスポート先。 A.B.C.D の形式でホスト名または宛先 IP アドレスを入力します。

Command Default

なし

Command Modes

フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、フロー エクスポータ マップのエクスポート先を特定の IP アドレスに設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# destination 172.18.189.38

Related Commands

Command

Description

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

dscp

エクスポート パケットの DiffServ コード ポイント(DSCP)値を設定するには、フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション モードで dscp コマンドを入力します。 設定されている DSCP 値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

dscp dscp_value

no dscp dscp_value

Syntax Description

dscp_value

エクスポート パケットの DSCP 値を指定します。 dscp_value を数値に置き換えます。 範囲は 0 ~ 63 です。

Command Default

なし

Command Modes

フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、エクスポート パケットの DSCP 値を 30 に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# dscp 30

Related Commands

Command

Description

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

exporter

現在のフロー モニタ マップとフロー エクスポータ マップを関連付けるには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで exporter コマンドを入力します。 フロー モニタ マップから関連するフロー エクスポータ マップを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

exporter map_name

no exporter map_name

Syntax Description

map_name

現在のフロー モニタ マップに関連付けるフロー エクスポータ マップ名。 エクスポータ マップ名には最大 32 文字を使用できます。

(注)     

1 つのフロー モニタ マップは 8 個のエクスポータをサポートします。 最初の 5 つだけが使用されます。

Command Default

なし

Command Modes

フロー モニタ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、現在のフロー モニタ マップと「fem_1」というフロー エクスポータ マップを関連付ける例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# exporter fem_1

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

flow

インターフェイス上のパケット用のフロー モニタ マップとサンプラ マップを指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで flow コマンドを入力します。

flow [ ipv4 | ipv6 | mpls ] monitor name sampler name { egress | ingress }

Syntax Description

ipv4

特定のインターフェイスで IPV4 NetFlow をイネーブルにします。

ipv6

特定のインターフェイスで IPV6 NetFlow をイネーブルにします。

mpls

指定したインターフェイスでマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)対応の NetFlow をイネーブルにします。

monitor name

IPv4、IPv6、または MPLS パケットに指定するフロー モニタ マップの名前を指定します。

sampler name

フロー モニタ マップに適用するサンプラ マップの名前。

egress

発信パケットにフロー モニタ マップを適用します。

ingress

着信パケットにフロー モニタ マップを適用します。

Command Default

なし

Command Modes

インターフェイス コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、GigabitEthernet インターフェイスの IPV4 NetFlow をイネーブルにし、発信 IPv4 パケットに「map1」という名前のフロー モニタ マップを適用する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface GigabitEthernet 0/4/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# flow ipv4 monitor map1 sampler smap1 egress

次に、GigabitEthernet インターフェイスの MPLS NetFlow をイネーブルにし、発信 MPLS パケットに「map_mpls1」という名前のフロー モニタ マップを適用する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface gigabit Ethernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# flow mpls monitor map_mpls1 sampler smap1 egress

Related Commands

Command

Description

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成し、フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで flow exporter-map コマンドを使用します。 設定済みフロー エクスポータ マップを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

flow exporter-map fem-name

no flow exporter-map fem-name

Syntax Description

fem-name

新しいエクスポータ マップ名を作成するか、または既存のエクスポータ マップ名を指定します。

Command Default

なし

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

グローバル コンフィギュレーション モードで flow exporter-map fem-name コマンドを発行すると、CLI プロンプトが「config fem」に変化し、フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション サブモードが開始されたことが示されます。 次の出力例では、疑問符(? )のオンライン ヘルプ機能により、フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション サブモードで使用可能なすべてのコマンドが表示されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# ?

RP/0/RSP0/CPU0:routerNetflow-R4(config-fem)#?
  clear        Clear the uncommitted configuration
  commit       Commit the configuration changes to running
  describe     Describe a command without taking real actions
  destination  Export destination configuration
  do           Run an exec command
  dscp         Specify DSCP value for export packets
  exit         Exit from this submode
  no           Negate a command or set its defaults
  pwd          Commands used to reach current submode
  root         Exit to the global configuration mode
  show         Show contents of configuration
  source       Source interface
  transport    Specify the transport protocol for export packets
  version      Specify export version parameters

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、「map1」いうフロー エクスポータ マップを作成し、次にそのマップのフロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション サブモードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# 

Related Commands

Command

Description

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成および設定し、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション サブモードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで flow monitor-map コマンドを使用します。 設定したフロー モニタ マップを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

flow monitor-map map_name

no flow monitor-map map_name

Syntax Description

map_name

新しいモニタ マップの名前、または既存のモニタ マップの名前を指定します。 モニタ マップの名前には最大 32 文字を使用できます。

Command Default

なし

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

flow monitor-map map_name コマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで実行すると、CLI プロンプトが「config-fmm」に変化し、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション サブモードが開始されたことが示されます。 次の出力例では、疑問符(? )のオンライン ヘルプ機能により、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション サブモードで使用可能なすべてのコマンドが表示されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)#?

  cache     Specify flow cache attributes
  clear     Clear the uncommitted configuration
  commit    Commit the configuration changes to running
  describe  Describe a command without taking real actions
  do        Run an exec command
  exit      Exit from this submode
  exporter  Specify flow exporter map name
  no        Negate a command or set its defaults
  pwd       Commands used to reach current submode
  record    Specify a flow record map name
  root      Exit to the global configuration mode
  show      Show contents of configuration

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、「map1」という名前のモニタ マップのフロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)#

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow

フロー モニタ マップを指定します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

options

オプション テンプレートのテーブルをエクスポートし、エクスポート タイムアウト値を指定するには、フロー エクスポータ マップ バージョン コンフィギュレーション モードで options コマンドを入力します。 デフォルト設定値にオプション テンプレートを戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

options { interface-table | sampler-table } [ timeout seconds ]

no options { interface-table | sampler-table } [ timeout seconds ]

Syntax Description

interface-table

インターフェイス テーブルをエクスポートします。

sampler-table

サンプラ テーブルをエクスポートします。

timeout seconds

エクスポート タイムアウト値を指定します。 seconds をエクスポート タイムアウト値に置き換えます。 範囲は 1 ~ 604800 秒です。

Command Default

options コマンドを使用しないと、タイムアウトのデフォルト値は 0 秒です。つまり、テンプレート オプションはデフォルトでエクスポートされないことを意味します。 options コマンドがタイムアウトの指定なしで使用された場合、デフォルトのタイムアウトは 1800 秒です。

Command Modes

フロー エクスポータ マップ バージョンコンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、インターフェイス テーブルをエクスポートし、エクスポート タイムアウト値を設定するように設定した後の出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem-ver)# show running-config flow exporter-map f1
flow exporter-map f1
 version v9
 !
 transport udp 9321
 source FastEthernet0/4/3/0
 destination 10.64.81.237
!
		
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem-ver)# do show flow exporter-map f1

Flow Exporter Map : f1
-------------------------------------------------
Id                 : 21
DestinationIpAddr   : 10.64.81.237
SourceIfName        : FastEthernet0/4/3/0
SourceIpAddr        : 0.0.0.0
DSCP                : 0
TransportProtocol   : UDP
TransportDestPort   : 9321

Export Version: 9
  Common Template Timeout : 1800 seconds
  Options Template Timeout : 1800 seconds
  Data Template Timeout : 1800 seconds
  Interface-Table Export Timeout : 0 seconds
  Sampler-Table Export Timeout : 0 seconds

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem-ver)# do sh running-config flow exporter-map $
flow exporter-map f1
 version v9
  options interface-table
  options sampler-table
 !
 transport udp 9321
 source FastEthernet0/4/3/0
 destination 10.64.81.237
!
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem-ver)# show flow exporter-map f1

Flow Exporter Map : f1
-------------------------------------------------
Id                 : 21
DestinationIpAddr   : 10.64.81.237
SourceIfName        : FastEthernet0/4/3/0
SourceIpAddr        : 0.0.0.0
DSCP                : 0
TransportProtocol   : UDP
TransportDestPort   : 9321

Export Version: 9
  Common Template Timeout : 1800 seconds
  Options Template Timeout : 1800 seconds
  Data Template Timeout : 1800 seconds
  Interface-Table Export Timeout : 1800 seconds
  Sampler-Table Export Timeout : 1800 seconds

Related Commands

Command

Description

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

random 1 out-of

モニタ マップのパケットのサンプリング間隔を設定するには、サンプラ マップ コンフィギュレーション サブモードで random 1 out-of コマンドを使用します。 設定済みのサンプリング間隔を削除し、デフォルトのサンプリング間隔に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。 各ラインカードの方向ごとのサンプリング レート値の上限は 4 であり、各ラインカードの方向ごとの合計サンプラの制限は 16 です。

random 1 out-of number_of_packets

no random 1 out-of number_of_packets

Syntax Description

number_of_packets

パケット ユニット単位のサンプリング間隔。 number_of_packets 引数を数値に置き換えます。 範囲は 1 ~ 65535 ユニットです。

Command Default

number_of_packets にデフォルト値はありません。 ただし、最適なパフォーマンスのための number_of_packets の推奨値は 10000 です。

Command Modes

サンプラ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、ランダムに 10 パケットごとに 1 個をサンプリングするようサンプラ マップを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# sampler map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-sm)# random 1 out-of 10

record ipv4

IPv4 フロー レコードをアクティブ化するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで record ipv4 コマンドを使用します。 フロー レコードを非アクティブ化するには、このコマンドの no 形式を使用します。

record ipv4 [ peer-as ]

no record ipv4

Syntax Description

   

peer-as

ピア AS を記録します。bgp attribute download コマンドが設定されていない限り、ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)AS は収集されません。

Command Default

デフォルトでは IPv4 フロー レコードはイネーブルではありません。

Command Modes

フロー モニタ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

bgp attribute download コマンドが設定されていない限り、BGP AS は収集されません。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、IPv4 フロー レコードを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# record ipv4

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

record ipv6

IPv6 のフロー レコード マップ名を設定します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

bgp attribute download

 

record ipv6

IPv6 のフロー レコード マップ名を設定するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで record ipv6 コマンドを使用します。 設定されている名前をフロー レコードから削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

record ipv6

no record ipv6

Syntax Description

peer-as ピア AS を記録します。

Command Default

デフォルトでは、発信元 AS 番号が記録されます。

Command Modes

フロー モニタ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、IPv6 のフロー レコード マップ名を設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# record ipv6

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

record ipv4

IPv4 フロー レコードをアクティブ化します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

record mpls

MPLS のフロー レコード マップ名を設定するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで record mpls コマンドを使用します。 設定されている名前をフロー レコードから削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

record mpls [ipv4-fields] [ipv6-fields] [ipv4-ipv6-fields] [ labels number ]

no record mpls [ipv4-fields] [ipv6-fields] [ipv4-ipv6-fields] [ labels number ]

Syntax Description

ipv4-fields

(任意)MPLS パケット ペイロードに IPv4 フィールドがある場合に MPLS 対応の Netflow の IPv4 フィールドを収集します。 また、IPv4 ペイロードのない MPLS トラフィックも収集されますが、IPv4 フィールドはゼロに設定されます。

ipv6-fields

(任意)MPLS パケット ペイロードに IPv6 フィールドがある場合に MPLS 対応の Netflow の IPv6 フィールドを収集します。 また、IPv6 ペイロードのない MPLS トラフィックも収集されますが、IPv6 フィールドはゼロに設定されます。

ipv4-ipv6-fields

(任意)MPLS パケット ペイロードに IPv4 フィールドまたは IPv6 フィールドがある場合に MPLS 対応の Netflow の IPv4 フィールドと IPv6 フィールドを収集します。 また、IPv4 または IPv6 ペイロードのない MPLS トラフィックも収集されますが、これらのフィールドはゼロに設定されます。

labels number

(任意)ハッシュで使用するラベルの数を設定します。 number 引数は、ハッシュで使用するラベルの数です。 範囲は 1 ~ 6 です。

Command Default

デフォルトは IPv4 フィールドなしと 6 個のラベルです。

Command Modes

フロー モニタ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Cisco IOS XR ソフトウェアでは、同時に 1 つのインターフェイスで実行できる MPLS フロー モニタは 1 つだけです。 追加の MPLS フロー モニタをインターフェイスに適用すると、その新しいフロー モニタが既存のモニタを上書きします。

MPLS フロー モニタを IPv4 フィールド、IPv6 フィールド、または両方のフィールド タイプを収集するように設定できます。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次の設定により、MPLS フィールドだけを収集できます。 ペイロード情報は収集されません。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map MPLS-fmm
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# record mpls labels 3
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# cache permanent
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface Gigabit Ethernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# flow mpls monitor MPLS-fmm sampler fsm ingress

次の設定により、IPv4 フィールドがある MPLS トラフィックを収集できます。 また、IPv4 ペイロードのない MPLS トラフィックも収集されますが、IPv4 フィールドはゼロに設定されます。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map MPLS-IPv4-fmm
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# record mpls IPv4-fields labels 3
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# cache permanent
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface gigabitEthernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# flow mpls monitor MPLS-IPv4-fmm sampler fsm ingress

次の設定により、IPv6 フィールドがある MPLS トラフィックを収集できます。 また、IPv6 ペイロードのない MPLS トラフィックも収集されますが、IPv6 フィールドはゼロに設定されます。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map MPLS-IPv6-fmm
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# record mpls IPv6-fields labels 3
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# cache permanent
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface gigabitEthernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# flow mpls monitor MPLS-IPv6-fmm sampler fsm ingress

次の設定により、IPv6 および IPv4 フィールドの両方がある MPLS トラフィックを収集できます。 また、IPv4 または IPv6 ペイロードのない MPLS トラフィックも収集されますが、これらのフィールドはゼロに設定されます。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map MPLS-IPv4-IPv6-fmm
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# record mpls IPv4-IPv6-fields labels 3
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# cache permanent
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# exit
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# interface gigabitEthernet 0/0/0/0
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-if)# flow mpls monitor MPLS-IPv4-IPv6-fmm sampler fsm ingress

次に、ハッシュ用に 3 個のラベルを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow monitor-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fmm)# record mpls labels 3

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

record ipv4

IPv4 フロー レコードをアクティブ化します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示します。  

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示します。  

sampler-map

特定のモニタ マップのサンプラ マップ コンフィギュレーション サブモードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで sampler-map コマンドを使用します。

sampler-map map_name

Syntax Description

map_name

設定するサンプラ マップの名前。 サンプラ マップの名前には最大 32 文字を使用できます。

Command Default

なし

Command Modes

グローバル コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

sampler-map map_name コマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで実行すると、CLI プロンプトが「config-sm」に変化し、サンプラ マップ コンフィギュレーション サブモードが開始されたことが示されます。 次の出力例では、疑問符(? )のオンライン ヘルプ機能により、サンプラ マップ コンフィギュレーション サブモードで使用可能なすべてのコマンドが表示されています。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# sampler-map test
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-sm)# ?

  clear     Clear the uncommitted configuration
  commit    Commit the configuration changes to running
  describe  Describe a command without taking real actions
  do        Run an exec command
  exit      Exit from this submode
  no        Negate a command or set its defaults
  pwd       Commands used to reach current submode
  random    Use random mode for sampling packets
  root      Exit to the global configuration mode
  show      Show contents of configuration

次の制限は、NetFlow プロセスが、使用可能なすべての CPU を消費することを防ぎます。

  • NetFlow は個々のラインカードに対し、1 つの方向で 35,000 パケット/秒のポリサー レートをサポートします。
  • NetFlow は、サンプル NetFlow(SNF)が 1 つの方向(入力または出力)でイネーブルになっている場合は、個々のラインカードに対し、1 つの方向で 50,000 パケット/秒のポリサー レートをサポートします。 なお、この制限は、SNF が双方向でイネーブルになっている場合には適用されません。 SNF が双方向でイネーブルになっている場合、NetFlow は個々のラインカードに対し、1 つの方向で 25,000 パケット/秒をサポートします。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、sampler-map コマンドを使用して、「map1」という名前のモニタ マップのサンプラ マップ コンフィギュレーション サブモードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# sampler-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-sm)#

Related Commands

Command

Description

flow

フロー モニタ マップを指定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示するには、EXEC モードで show flow exporter コマンドを入力します。

show flow exporter [exporter_name] location node-id

Syntax Description

exporter_name

データを表示するフロー エクスポータを指定します。

location node-id

キャッシュが存在するロケーション。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

(注)     

ルータに取り付けられているすべてのノードのロケーションを表示するには、show platform コマンドを入力します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、フロー エクスポータ マップ データを表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow exporter fem1 location 0/0/CPU0

Flow Exporter: NFC 
Used by flow monitors: fmm4
 
Status: Normal
Transport   UDP
Destination 12.24.39.0      (50001)
Source      12.25.54.3      (5956)
Flows exported:                                   0 (0 bytes)
Flows dropped:                                    0 (0 bytes)
 
Templates exported:                               1 (88 bytes)
Templates dropped:                                0 (0 bytes)
 
Option data exported:                             0 (0 bytes)
Option data dropped:                              0 (0 bytes)
 
Option templates exported:                        2 (56 bytes)
Option templates dropped:                         0 (0 bytes)
 
Packets exported:                                 3 (144 bytes)
Packets dropped:                                  0 (0 bytes)
 
Total export over last interval of:
  1 hour:                                         0 pkts
                                                  0 bytes
                                                  0 flows
  1 minute:                                       3 pkts
                                                144 bytes
                                                  0 flows
  1 second:                                       0 pkts
                                                  0 bytes
                                                  0 flows
表 1 show flow exporter のフィールドの説明

フィールド

説明

Id

フロー エクスポータ マップを識別します。

Used by flow monitors

指定のフロー エクスポータ マップに関連付けられたフロー モニタの名前。

Status

エクスポータのステータス。

  • Normal:エクスポータがアクティブで、エクスポート パケットできます。
  • Disabled:エクスポータは、コレクタが到達不能であるか、または設定が不完全であるため、パケットを送信できません。

Destination

現在のフロー エクスポータ マップのエクスポート先アドレス。

Flows exported

エクスポートされるフロー(バイト単位)。

Flows dropped

ドロップされるフロー(バイト単位)。

Templates exported

エクスポートされるテンプレート(バイト単位)。

Templates dropped

ドロップされるテンプレート(バイト単位)。

Option data exported

エクスポートされるオプションのデータ(バイト単位)。

Option data dropped

ドロップされるオプションのデータ(バイト単位)。

Option templates exported

エクスポートされるオプション テンプレート(バイト単位)。

Option templates dropped

ドロップされるオプション テンプレート(バイト単位)。

Packets exported:

エクスポートされるパケット(バイト単位)。

Packets dropped

ドロップされるパケット(バイト単位)。

Average export rate over interval of last:

エクスポート平均レート(バイト/パケット単位)。 情報は、最後の 1 時間、1 分、1 秒のインターバルで表示されます。

show flow exporter-map

特定のノードのフロー エクスポータ マップ情報を表示するには、EXEC モードで show flow exporter-map コマンドを入力します。

show flow exporter-map [name]

Syntax Description

name

情報を表示するエクスポータ マップの名前。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、フロー エクスポータ マップ情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow exporter-map map1

Flow Exporter Map : map1
-------------------------------------------------
Id                 : 2
DestinationIpAddr   : 10.1.1.1
SourceIfName        : Loopback0
SourceIpAddr        : 10.1.1.1
DSCP                : 10
TransportProtocol   : UDP
TransportDestPort   : 1024

Export Version: 9
  Common Template Timeout : 1800 seconds
  Options Template Timeout : 1800 seconds
  Data Template Timeout : 600 seconds
  Interface-Table Export Timeout : 1800 seconds
  Sampler-Table Export Timeout : 0 seconds

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 2 show flow exporter-map のフィールドの説明

フィールド

説明

Id

フロー エクスポータ マップを識別します。

DestinationIpAddr

エクスポート先の設定。

SourceIfName

このエクスポータ マップの発信元インターフェイス。 flow exporter-map コマンドで発信元インターフェイスを指定できます。

SourceIpAddr

発信元インターフェイス(SourceIfName)の IP アドレス。

DSCP

エクスポート パケットの DiffServ コード ポイント(DSCP)値。

(注)     

flow exporter-map コマンドで DSCP を指定できます。

TransportProtocol

設定されている転送プロトコルを表示します。

(注)     

Cisco IOS XR ソフトウェア は、UDP 転送プロトコルだけをサポートします。

(注)     

flow exporter-map コマンドで転送プロトコルを指定できます。

TransportDestPort

UDP パケットに設定されている宛先ポートを表示します。

Export Version

設定されているエクスポート フォーマットを表示します。

(注)     

Cisco IOS XR ソフトウェア は、エクスポート フォーマット バージョン 9 だけをサポートします。

Common Template Timeout

設定されている共通テンプレート タイムアウトを表示します。

Options Template Timeout

設定されているオプション テンプレート タイムアウトを表示します。

(注)     

flow exporter-map コマンドでオプション テンプレート タイムアウトを指定できます。

Data Template Timeout

設定されているデータ テンプレート タイムアウトを表示します。

(注)     

flow exporter-map コマンドでデータ テンプレート タイムアウトを指定できます。

Interface-Table Export Timeout

インターフェイス テーブルのエクスポート タイムアウト値を表示します。

(注)     

flow exporter-map コマンドでインターフェイス テーブルのエクスポート タイムアウトを指定できます。

Sampler-Table Export Timeout

サンプラ テーブルのエクスポート タイムアウト値を表示します。

(注)     

flow exporter-map コマンドでサンプラ テーブルのエクスポート タイムアウトを指定できます。

Related Commands

Command

Description

clear flow exporter

収集機能にフロー エクスポータ テンプレートをエクスポートします。  

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

show flow monitor

さまざまな形式でフロー モニタ キャッシュ データを表示するには、EXEC モードで show flow monitor コマンドを入力します。

アクセス コントロール リスト(ACL)および 1 つ以上のフィールドとマッチングするには:

show flow monitor monitor-name cache match { ipv4 { acl name | source-address match-options | destination-address match-options | protocol match-options | tos match-options } | ipv6 { acl name | source-address match-options | destination-address match-options | protocol match-options | tc match-options } | layer4 { source-port-overloaded match-options | destination-port-overloaded match-options | tcp-flags match-flags-options } | bgp { source-as match-options | destination-as match-options } | interface { ingress match-if-options | egress match-if-options } | timestamp { first match-options | last match-options } | counters { byte match-options | packets match-options } | misc { forwarding-status match-options | direction match-dir-options } }

フロー レコード情報を特定のフィールドに従ってソートするには:

show flow monitor monitor-name cache sort { ipv4 { source-address | destination-address | tos | protocol } | ipv4 { source-address | destination-address | tc | protocol } | mpls { label-2 | label-3 | label-4 | label-5 | label-6 | label-type | prefix | top-label } | layer4 { source-port-overloaded | destination-port-overloaded } | bgp { source-as | destination-as } | timestamp { first | last } | counters { bytes | packets } | misc { forwarding-status | direction } { top | bottom } [entries] }

1 つまたは複数のフィールドを show flow monitor コマンドの出力に含めたり、出力から除外したりするには:

show flow monitor monitor-name cache { include | exclude } { ipv4 { source-address | destination-address | tos | protocol } | ipv6 { source-address | destination-address | tc | flow-label | option-headers | protocol } | mpls { label-2 | label-3 | label-4 | label-5 | label-6 | top-label } | layer4 { source-port-overloaded | destination-port-overloaded } | bgp { source-as | destination-as } | timestamp { first | last } | counters { bytes | packets } | misc { forwarding-status match-options | direction match-dir-options } }

フロー レコードの統計情報の要約を表示するには:

show flow monitor monitor-name cache summary location node-id

フロー レコードのキー フィールド、パケット、およびバイト情報だけを表示するには:

show flow monitor monitor-name cache brief location node-id

特定のノードのフロー レコード情報だけを表示するには:

show flow monitor monitor-name cache location node-id

Syntax Description

show flow monitor monitor-name cache match コマンドを指定して ACL および 1 つ以上のフィールドとマッチングする場合、次のように指定します。

monitor-name

詳細を表示するフロー モニタ マップ。

cache

フロー モニタ キャッシュに関する詳細を表示します。

match

表示用の一致基準を指定します。

match キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

ipv4

IPv4 フィールドを指定します。

ipv6

IPv6 フィールドを指定します。

acl name

アクセス リストを指定します。 name を、情報を表示するアクセスの名前に置き換えます。

source-address match-options

送信元 IP アドレスの一致オプションを指定します。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

source-address キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

destination-address

IPv4 または IPv6 宛先アドレスの一致オプションを指定します。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

destination-address キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

tos match-options

フィールドを比較し、タイプ オブ サービス値に基づいてマッチングします。 範囲は 0 ~ 255 です。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

tos キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

protocol match-options

フィールドを比較し、プロトコル値に基づいてマッチングします。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

protocol キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

layer4

レイヤ 4 フィールドを比較し、特定の基準に基づいてマッチングします。 次のレイヤ 4 フィールドのいずれかの一致基準を指定できます。

  • destination-port-overloaded
  • source-port-overloaded
  • tcp-flags
(注)     

layer4 キーワードに続けて ? コマンドを入力し、比較およびマッチング可能なレイヤ 4 フィールドの完全なリストを表示します。

destination-port-overloaded

フィールドを比較し、destination-port-overloaded 値に基づいてマッチングします。 宛先ポートは、そのポートに指定するプロトコルが TCP または UDP の場合にマッチングされます。

可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

destination-port-overloaded キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

source-port-overloaded

フィールドを比較し、source-port-overloaded 値に基づいてマッチングします。

送信元ポートは、そのポートに指定するプロトコルが次のいずれかの場合にマッチングされます。

  • TCP:範囲は 0 ~ 65535 です。
  • UDP:範囲は 0 ~ 65535 です。
  • ICMP:タイプまたはコードの範囲は 0 ~ 255 です。
  • IGMP:タイプの範囲は 0 ~ 255 です。

可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

source-port-overloaded キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

tcp-flags match-flags-options

次のように、TCP フラグを指定します。

  • all:すべてのフィールドに一致します。
  • any:任意のフィールドに一致します。
  • none:いずれのフィールドにも一致しません。
(注)     

tcp-flags キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

bgp

BGP フィールドを比較し、特定の基準に基づいてマッチングします。 次の BGP フィールドのいずれかの一致基準を指定できます。

  • destination-as:宛先 AS。
  • source-as:送信元 AS。

source-as match-options

宛先アドレスの BGP 自律システム番号を比較し、マッチングします。

可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

source-as キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

destination-as match-options

送信元アドレスの BGP 自律システム番号を比較し、マッチングします。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

destination-as キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

timestamp

指定基準を比較し、マッチングするためのタイム スタンプを指定します。 first キーワードまたは last キーワードを入力し、基準を比較するタイム スタンプを指定します。

first match-options

最初のタイム スタンプからのフィールドを比較し、match-options 値に基づいてマッチングします。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

first キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

last match-options

最後のタイム スタンプからのフィールドを比較し、match-if-options 値に基づいてマッチングします。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

last キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

counters

指定基準を比較し、マッチングするためのカウンタを指定します。 byte キーワードまたは packets キーワードを入力し、基準を比較するカウンタを指定します。

byte match-options

バイト カウンタ フィールドを比較し、match-options 値に基づいてマッチングします。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

byte キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

packets match-options

パケット カウンタ フィールドを比較し、match-options 値に基づいてマッチングします。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。
(注)     

byte キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

misc

指定基準を比較し、マッチングするための各種フィールドを指定します。 forwarding-status キーワードまたは direction キーワードを入力し、基準を比較するフィールドを指定します。

forwarding-status match-options

転送ステータス フィールドを比較し、match-options 値に基づいてマッチングします。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • gt:フィールド値を超える場合に一致します。
  • lt:フィールド値未満の場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
  • range:フィールド値の範囲内の場合に一致します。

forwarding-status キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

direction match-dir-options

フローの方向に関する情報を比較し、match-options 値に基づいてマッチングします。 可能な一致オプションは次のとおりです。

  • eq:フィールド値と等しい場合に一致します。
  • neq:フィールド値と等しくない場合に一致します。
(注)     

direction キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能な一致基準の完全なリストを表示します。

フロー レコード情報を特定のフィールドに従ってソートするには:

monitor-name

詳細を表示するフロー モニタ マップ。

cache

フロー モニタ キャッシュに関する詳細を表示します。

sort

show flow monitor コマンド出力のソート基準を決定します。

ipv4

次のいずれかの IPv4 フィールドのソート基準を指定します。

  • destination-address
  • source-address
  • protocol
  • tos
(注)     

ipv4 キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

ipv6

次のいずれかの IPv6 フィールドのソート基準を指定します。

  • destination-address
  • source-address
  • protocol
  • tos
(注)     

ipv6 キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

source-address

指定されたソート基準に従って送信元アドレスの IPv4 または IPv6 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

source-address キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

destination-address

指定されたソート基準に従って宛先アドレスの IPv4 または IPv6 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

destination-address キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

tos

指定されたソート基準に従って IPv4 タイプ オブ サービス情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

tos キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

tc

指定されたソート基準に従って IPv6 トラフィック クラス情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

tc キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

protocol

指定されたソート基準に従って IPv4 または IPv6 プロトコル情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

tos キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

mpls

次のいずれかの MPLS フィールドのソート基準を指定します。

  • label-2
  • label-3
  • label-4
  • label-5
  • label-6
  • label-type
  • prefix
  • top-label
(注)     

mpls キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

label-2

MPLS ラベル スタックの 2 番めのラベルの MPLS 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

label-3

MPLS ラベル スタックの 3 番めのラベルの MPLS 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

label-4

MPLS ラベル スタックの 4 番めのラベルの MPLS 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

label-5

MPLS ラベル スタックの 5 番めのラベルの MPLS 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

label-6

MPLS ラベル スタックの 6 番めのラベルの MPLS 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

label-type

MPLS ラベル スタックの指定されたタイプのラベルの MPLS 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

prefix

宛先アドレスの MPLS 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

top-label

MPLS ラベル スタックの最上位ラベルの MPLS 情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

layer4

次のレイヤ 4 フィールドのいずれかのソート基準を指定します。

  • source-port-overloaded
  • destination-port-overloaded
(注)     

layer4 キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

source-port-overloaded

指定されたソート基準に従って送信元ポートの過負荷情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

source-port-overloaded キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

destination-port-overloaded

指定されたソート基準に従って宛先ポートの過負荷情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

destination-port-overloaded キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

bgp

次のいずれかの BGP フィールドのソート基準を指定します。

  • source-as
  • destination-as
(注)     

layer4 キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

source-as

指定されたソート基準に従って BGP の送信元アドレスの自律システム番号についての情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。
  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

source-as キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

destination-as

指定されたソート基準に従って BGP の宛先アドレスの自律システム番号についての情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

destination-as キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

timestamp

最初または最後のタイム スタンプのソート基準を指定します。 first キーワードまたは last キーワードを入力し、基準を指定するタイム スタンプを指定します。

(注)     

timestamp キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

first

指定されたソート基準に従って最初のタイム スタンプの情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

first キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

last

指定されたソート基準に従って最後のタイム スタンプの情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

last キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

counters

バイトまたはパケット カウンタのソート基準を指定します。 counters キーワードに続けて byte キーワードまたは packets キーワードを使用し、基準を比較するカウンタを指定します。

bytes

指定されたソート基準に従ってバイト カウンタ情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

bytes キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

packets

指定されたソート基準に従ってパケット カウンタ情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

packets キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

misc

各種フィールドのソート基準を指定します。 misc キーワードに続けて forwarding-status キーワードまたは direction キーワードを使用し、基準を比較するカウンタを指定します。

forwarding-status

指定されたソート基準に従って転送ステータス情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

forwarding-status キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

direction

指定されたソート基準に従ってフローの方向に関する情報を表示します。 可能なソート オプションは次のとおりです。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。
(注)     

direction キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

top

上位のキャッシュ エントリを表示します。 records を、表示するレコード数に置き換えます。

(注)     

top キーワードに続けて任意の entries 引数を使用し、表示するレコード数を指定できます。

bottom

下位のキャッシュ エントリを表示します。 records を、表示するレコード数に置き換えます。

(注)     

bottom キーワードに続けて任意の entries 引数を使用し、表示するレコード数を指定できます。

entries

表示するレコード数。 範囲は 1 ~ 1000 です。

1 つまたは複数のフィールドを show flow monitor コマンドの出力に含めたり、出力から除外したりするには:

monitor-name

詳細を表示するフロー モニタ マップ。

cache

フロー モニタ キャッシュに関する詳細を表示します。

include

指定したフィールドをコマンド出力に含めます。 include キーワードに続けて、含めるフィールドを指定するキーワード(複数可)を入力します。

(注)     

含めることができるフィールドのリストを表示するには、include キーワードに続けて ? コマンドを入力します。

exclude

指定したフィールドをコマンド出力から除外します。 exclude キーワードに続けて、除外するフィールドを指定するキーワード(複数可)を入力します。

(注)     

除外できるフィールドのリストを表示するには、exclude キーワードに続けて ? コマンドを入力します。

ipv4

次のいずれかの IPv4 フィールドをコマンド出力に含めたり、コマンド出力から除外したりします。

  • destination-address
  • source-address
  • protocol
  • tos
(注)     

ipv4 キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

ipv6

次のいずれかの IPv6 フィールドをコマンド出力に含めたり、コマンド出力から除外したりします。

  • destination-address
  • flow-label
  • option-headers
  • source-address
  • protocol
  • tos
(注)     

ipv6 キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

source-address

送信元アドレスの IPV4 または IPV6 情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

destination-address

宛先アドレスの IPV4 または IPV6 情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

flow-label

IPv6 フロー ラベルについての情報をコマンド出力に含めるか、除外します。 フロー ラベルは、各 IPv6 パケット ヘッダー内にある 20 ビット フロー ラベル ID です。

option-headers

オプション ヘッダーの IPV6 情報をコマンド出力に含めるか、除外します。 オプション ヘッダーは、IPv6 ヘッダーにどのオプション ヘッダーがあるかを示すビット マスクです。

tos

IPv4 タイプ オブ サービス情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

tc

IPv6 トラフィック クラス情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

protocol

IPV4 または IPV6 プロトコル情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

mpls

次のいずれかの MPLS フィールドをコマンド出力に含めるか、除外します。

  • label-2
  • label-3
  • label-4
  • label-5
  • label-6
  • top-label
(注)     

mpls キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

label-2

MPLS ラベル スタックの 2 番めのラベルの MPLS 情報を含めるか、除外します。

label-3

MPLS ラベル スタックの 3 番めのラベルの MPLS 情報を含めるか、除外します。

label-4

MPLS ラベル スタックの 4 番めのラベルの MPLS 情報を含めるか、除外します。

label-5

MPLS ラベル スタックの 5 番めのラベルの MPLS 情報を含めるか、除外します。

label-6

MPLS ラベル スタックの 6 番めのラベルの MPLS 情報を含めるか、除外します。

top-label

MPLS ラベル スタックの最上位ラベルの MPLS 情報を含めるか、除外します。

layer4

次のいずれかのレイヤ 4 フィールドをコマンド出力に含めるか、除外します。

  • source-port-overloaded
  • destination-port-overloaded
(注)     

layer4 キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

source-port-overloaded

送信元ポートの過負荷情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

destination-port-overloaded

宛先ポートの過負荷情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

  • top:上位のキャッシュ エントリを表示します。
  • bottom:下位のキャッシュ エントリを表示します。

bgp

次の BGP フィールドをコマンド出力に含めるか、除外します。

  • source-as
  • destination-as
(注)     

bgp キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

source-as

BGP の送信元アドレスの自律システム番号についての情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

destination-as

BGP 宛先アドレスの自律システム番号についての情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

timestamp

最初または最後のタイム スタンプからの情報をコマンド出力に含めるか、除外します。 first キーワードまたは last キーワードを入力し、特定のタイム スタンプに関する情報を含めるか、除外します。

(注)     

timestamp キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

first

最初のタイム スタンプの情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

last

最後のタイム スタンプの情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

counters

バイト カウンタをまたはパケット カウンタをコマンド出力に含めるか、除外します。 counters キーワードに続けて byte キーワードまたは packets キーワードを使用し、特定のカウンタを含めるか、除外します。

(注)     

counters キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

bytes

バイト カウンタ情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

packets

パケット カウンタ情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

misc

各種フィールドの情報をコマンド出力に含めるか、除外します。 misc キーワードに続けて forwarding-status キーワードまたは direction キーワードを使用し、含めるか除外するフィールドを指定します。

(注)     

misc キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

forwarding-status

転送ステータス情報をコマンド出力に追加するか、除外します。

direction

フローの方向に関する情報をコマンド出力に含めるか、除外します。

top

上位のキャッシュ エントリをコマンド出力に含めるか、除外します。 records を、表示するレコード数に置き換えます。

bottom

下位のキャッシュ エントリを含めるか、除外します。 records を、表示するレコード数に置き換えます。

entries

表示するレコード数。 範囲は 1 ~ 1000 です。

フロー レコードの統計情報の要約を表示するには:

monitor-name

詳細を表示するフロー モニタ マップ。

cache

フロー モニタ キャッシュに関する詳細を表示します。

summary

フロー モニタ情報の要約だけを表示します。

monitor-name

詳細を表示するフロー モニタ マップ。

cache

フロー モニタ キャッシュに関する詳細を表示します。

brief

show flow monitor コマンドの出力を省略します。

特定のノードのフロー レコード情報だけを表示するには:

monitor-name

詳細を表示するフロー モニタ マップ。

cache

フロー モニタ キャッシュに関する詳細を表示します。

location node-id

クリアするフロー エクスポータの統計情報のノード、または再起動するフロー エクスポータ統計情報収集機能のノードを識別します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

(注)     

location キーワードに続けて ? コマンドを入力し、可能なソート基準の完全なリストを表示します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.0.0

interface キーワード オプションが削除されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。


(注)  


送信元および宛先 AS 情報を収集するには、関連する BGP AFI/SAFI で BGP をイネーブルにする必要があります。 この作業を行わない限り、フロー レコード内のすべての AS 番号は 0 と表示されます。


show flow monitor コマンドを使用する場合は、次の点に注意してください。

  • show flow monitor コマンドでは、次のオプションの組み合わせを指定できます。
    • format
    • match
    • include
    • exclude
    • sort
    • summary
    • location
  • summary オプションを sort および format オプションとともに含めることは推奨しません。
  • 相互に排他的なオプションは summarybriefinclude、および exclude です。
  • キーワードの後に組み込むことができるフィールドのリストを表示するには、? コマンドを入力します(次の例を参照)。
    RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow monitor map1 cache summary ?
    
      brief     Show just the key fields
      exclude   Exclude field
      format    Display format
      include   Include field
      location  Specify a location
      match     Match criteria
      sort      Sorting criteria
    

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、ロケーション 0/0/CPU0 の特定のモニタ マップ キャッシュのフロー モニタ データを表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow monitor fmm2 cache loc 0/0/CPU0

Cache summary for Flow Monitor fmm2:
Cache size:                          65535
Current entries:                         4
High Watermark:                      62258
Flows added:                             4
Flows not added:                         0
Ager Polls:                             60
  - Active timeout                       0
  - Inactive timeout                     0
  - TCP FIN flag                         0
  - Watermark aged                       0
  - Emergency aged                       0
  - Counter wrap aged                    0
  - Total                                0
Periodic export:
  - Counter wrap                         0
  - TCP FIN flag                         0
Flows exported                           0
Matching entries:                        4

IPV4SrcAddr      IPV4DstAddr      L4SrcPort  L4DestPort BGPDstOrigAS BGPSrcOrigAS IPV4DstPrfxLen
IPV4SrcPrfxLen  IPV4Prot IPV4TOS  InputInterface  OutputInterface L4TCPFlags   ForwardStatus
ForwardReason FirstSwitched   LastSwitched    ByteCount    PacketCount  Dir Sampler ID
17.17.17.2       18.18.18.2       0          0          0            0            24              24        $
61       normal   PO0/0/0/8       PO0/0/0/12      0            Fwd           0             00
00:02:43:800 00 00:02:49:980 37200        620           In 0
18.18.18.2       17.17.17.2       0          0          0            0            24              24        $
61       normal   PO0/0/0/12      PO0/0/0/8       0            Fwd           0             00
00:02:43:791 00 00:02:49:980 37200        620           In 0
17.17.17.2       18.18.18.2       0          0          0            0            24              0         $
61       normal   PO0/0/0/8       PO0/0/0/12      0            Fwd           0             00   
00:02:43:798 00 00:02:49:980 34720        620          Out 0
18.18.18.2       17.17.17.2       0          0          0            0            24              0         $
61       normal   PO0/0/0/12      PO0/0/0/8       0            Fwd           0             00
00:02:43:797 00 00:02:49:980 34720        620          Out 0
L4SrcPort  L4DestPort BGPDstOrigAS BGPSrcOrigAS IPV4DstPrfxLen

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 3 show flow monitor のフィールドの説明

フィールド

説明

Cache summary for Flow Monitor fmm2

指定されたフロー モニタのキャッシュの一般情報を表示します。 次の情報が表示されます。

  • 指定されたフロー モニタ マップのキャッシュ サイズ
  • キャッシュ内の現在のエントリ数
  • このキャッシュの上限
  • キャッシュに追加されたフロー数
  • キャッシュに追加されなかったフロー数

Ager Polls

次のエージャ統計情報を表示します。

  • Active timeout
  • Inactive timeout
  • TCP FIN flag
  • Watermark aged
  • Emergency aged
  • Counter wrap aged
  • Total

Periodic export

  • Counter wrap
  • TCP FIN flag

Cache summary for Flow Monitor fmm2

指定されたフロー モニタのキャッシュの一般情報を表示します。 次の情報が表示されます。

  • 指定されたフロー モニタ マップのキャッシュ サイズ
  • キャッシュ内の現在のエントリ数
  • このキャッシュの上限
  • キャッシュに追加されたフロー数
  • キャッシュに追加されなかったフロー数

show flow monitor-map

フロー モニタ マップ データを表示するには、EXEC モードで show flow monitor-map コマンドを入力します。

show flow monitor-map map-name

Syntax Description

map-name

データを表示するモニタ マップの名前。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.4.1

ipv4-raw レコード マップ名は ipv4 で置き換えられました。

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、特定のフローのモニタ マップ データを表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow monitor-map fmm1

Flow Monitor Map : fmm1
-------------------------------------------------
Id:                1
RecordMapName:     ipv4
ExportMapName:     NFC
CacheAgingMode:    Permanent
CacheMaxEntries:   10000
CacheActiveTout:   N/A
CacheInactiveTout: N/A
CacheUpdateTout:   60 seconds

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 4 show flow monitor-map のフィールドの説明

フィールド

説明

Flow Monitor Map

情報が show flow monitor-map コマンド出力に表示されるフロー モニタ マップの名前。

Id

フロー モニタ マップを識別する番号。

RecordMapName

このモニタ マップに関連付けられたフロー レコード マップの名前。 RecordMapName は、パケットがルータを出るときに NetFlow によってキャプチャされるパケット タイプを示します。

ExportMapName

このモニタ マップに関連付けられているエクスポート マップの名前。

CacheAgingMode

このキャッシュに設定されている現在のエージング モード。「Permanent」は、モニタ マップのフロー キャッシュからのエントリの削除がディセーブルであることを示します。

(注)     

モニタ マップのフロー キャッシュで許可されるエントリ数を設定するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache entries コマンドを入力します。 モニタ マップのフロー キャッシュからのエントリの削除をディセーブルにするには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache permanent コマンドを入力します。

CacheMaxEntries

最も古いエントリが削除される前にフロー キャッシュに現在入れることが可能なフロー エントリ数。

(注)     

モニタ マップのフロー キャッシュのエントリ数を変更するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache entries コマンドを入力します。

CacheActiveTout

このキャッシュに設定されているアクティブ フロー タイムアウト(秒単位)。

(注)     

設定されているアクティブ フロー タイムアウトを変更するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache timeout コマンドを使用します。

CacheInactiveTout

このキャッシュに設定されている非アクティブ フロー タイムアウト(秒単位)。

(注)     

設定されている非アクティブ フロー タイムアウトを変更するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache timeout コマンドを使用します。

CacheUpdateTout

このキャッシュに設定されているアップデート タイムアウト(秒単位)。

(注)     

設定されているアップデート タイムアウトを変更するには、フロー モニタ マップ コンフィギュレーション モードで cache timeout コマンドを使用します。

Related Commands

Command

Description

clear flow monitor

フロー モニタ データをクリアします。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

flow

フロー モニタ マップを指定します。  

record ipv4

IPv4 フロー レコードをアクティブ化します。  

record ipv6

IPv6 のフロー レコード マップ名を設定します。  

record mpls

MPLS のフロー レコード マップ名を設定します。  

show flow platform producer statistics location

NetFlow プロデューサが収集した統計情報を表示するには、EXEC モードで show flow platform producer statistics location コマンドを使用します。

show flow platform producer statistics location node-id

Syntax Description

node-id

NetFlow プロデューサの統計情報を表示するノードのロケーション。 node-id rack/slot/module の形式で入力します。

(注)     

ルータに取り付けられているすべてのノードのロケーションを表示するには、show platform コマンドを入力します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、スロット 0 の CPU カードについて NetFlow プロデューサが収集した統計情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform producer statistics location 0/0/CPU0
Thu Oct 29 09:49:35.771 UTC
Netflow Platform Producer Counters:
IPv4 Ingress Packets:                41447246
IPv4 Egress Packets:                 41447242
IPv6 Ingress Packets:                       0
IPv6 Egress Packets:                        0
MPLS Ingress Packets:                       0
MPLS Egress Packets:                        0
Drops (no space):                           0
Drops (other):                              0
Unknown Ingress Packets:                    0
Unknown Egress Packets:                     0
Worker waiting:                          4677
SPP Packets:                          2032602
Flow Packets:                        82894488
Flow Packets per SPP Frame:                40

次の表に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。



表 5 show flow platform producer statistics location のフィールドの説明

フィールド

説明

IPv4 Ingress Packets

リモート エンドから受信した IPV4 パケットの数。

IPv4 Egress Packets

送信 IPV4 パケットの数。

MPLS Ingress Packets

リモート エンドから受信した MPLS パケットの数。

MPLS Egress Packets

送信 MPLS パケットの数。

Drops (no space)

サーバの入力リングがいっぱいだったためプロデューサが NetFlow サーバのキューに入れることができなかったパケットの数。

Drops (other)

サーバの入力リングがいっぱいになっている以外のエラーにより、プロデューサが NetFlow サーバのキューに入れることができなかったパケットの数。

Unknown Ingress Packets

リモート エンドから受信した認識不能なパケットのうちで廃棄されたパケットの数。

Unknown Egress Packets

リモート エンドに送信されたパケットのうちで、リモート エンドで認識されなかったために廃棄されたパケットの数。

Worker waiting

プロデューサがサーバの使用を必要とした回数。

(注)     

このフィールドは単に情報を提供するものであり、エラーを示しているわけではありません。

show flow platform nfea sampler

サンプラ マップの情報を表示するには、EXEC モードで show sampler-map コマンドを入力します。

show flow platform nfea sampler [ detail | location ]

Syntax Description

detail

flow platform nfea sampler の詳細情報を表示します。

location

ノード番号を表示します。

Command Default

なし

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、flow platform nfea sampler の詳細を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform nfea samp
RP/0/RSP0/CPU0:router#show flow pla nfea  samp detail loc 0/1/cpu0
Fri Sep 18 16:30:08.435 UTC 
Sampler Name:    nf_samp 
id: 1,  sp_id: 0,   interval: 1, ref_count: 2
Attached Interface List Info
Interface Name: GigabitEthernet0/1/0/1,   Direction:  Ingress,    NP ID: 3
Flow Type(s) Configured: IPv4,
Checkpoint Record ID: 12184
Interface Name: GigabitEthernet0/1/0/31,   Direction:  Ingress,    NP ID: 0
Flow Type(s) Configured: IPv4,
Checkpoint Record ID: 12088
Sampler Name:    nf_samp1 
id: 2,  sp_id: 1,   interval: 2, ref_count: 1
Attached Interface List Info
Interface Name: GigabitEthernet0/1/0/1,   Direction:  Egress,    NP ID: 3
Flow Type(s) Configured: IPv4,
Checkpoint Record ID: 12248

show flow platform nfea interface

フロー マップ プラットフォーム情報を表示するには、EXEC モードで show flow platform nfea interface コマンドを入力します。

show flow platform nfea interface type interface-path-id { ingress | egress } location location node id

Syntax Description

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

egress

出方向

ingress

入方向

location

ロケーションを指定します。

Command Default

なし

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、フロー マップ プラットフォーム情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform nfea interface bundle-ether1 ingress location 0/1/CPU0

show flow platform nfea sp location

サンプリング プロファイル情報を表示するには、EXEC モードで show flow platform nfea sp location コマンドを入力します。

show flow platform nfea sp location node-id

Syntax Description

location node-id

ロケーション ノード番号を指定します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

モニタが設定されていないときの出力例のデフォルト値は、すべてゼロです。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、サンプリング プロファイル情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform nfea sp location 0/1/CPU0

show flow platform nfea policer np

ポリサー レート情報を表示するには、EXEC モードで show flow platform nfea policer np コマンドを入力します。

show flow platfrom nfea polcer np node-id

Syntax Description

node-id

ロケーション ノード番号を識別します。

Command Default

デフォルト値は netflow でプログラムされている NP の数によって異なります。たとえば、netflow で 1 台の NP だけでインターフェイスが設定されている場合、出力は 100,000 になります。より多くの NP が設定されている場合、出力は NP の数で分割されます。netflow が特定の NP で設定されていない場合、出力は 0 になります。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、ルータのサンプラ マップの情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform nfea policer np 3 location 0/0/CPU0

show flow platform nfea bundle

バンドルのイーサネット インターフェイスのロケーション情報を表示するには、EXEC モードで show flow platform nfea bundle コマンドを入力します。

show flow platform nfea bundle bundle-ether 100 location node-id

Syntax Description

location node-id

node-id は rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

The following example shows how to display bundle ether interface location information:
RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform nfea bundle bundle-ether 100 location 0/$

show flow platform nfea chkp

チェックポイント情報を表示するには、EXEC モードで show flow platform nfea chkp コマンドを入力します。

show flow platform nfea chkp [ checkpoint table number | intf | policer | sp ] [ checkpoint record number | all ] location node-id

Syntax Description

<0-2>

チェックポイント テーブル番号を表示します。

intf

インターフェイスのチェックポイント テーブルを表示します。

policer

ポリサーのチェックポイント テーブルを表示します。

sp

sp のチェックポイント テーブルを表示します。

<1-4294967295>

チェックポイント レコード番号を表示します。

Command Default

そのロケーションでインターフェイスにモニタが設定されていない場合、デフォルト値はすべてゼロの必要があります。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、チェックポイント情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform nfea chkpt policer all location 0/0/CPU0
RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform nfea chkpt intf all location 0/0/CPU0
RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform nfea chkpt sp all location 0/0/CPU0

show flow platform pal-cpp chkpt object

Netflow CPP プラットフォーム チェックポイント情報を表示するには、EXEC モードで show flow platform pal-cpp chkpt object コマンドを使用します。

show flow platform pal-cpp chkpt object [number] location node-id

Syntax Description

number

チェックポイント レコード番号を表示します。 範囲は 1 ~ 4294967295 です。

location node-id

ロケーション ノード番号を指定します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.0.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、0/1/CPU0 のチェックポイント情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform pal-cpp chkpt object location 0/1/CPU0

show flow platform pal-cpp object

Netflow CPP プラットフォーム レイヤ オブジェクト情報を表示するには、EXEC モードで show flow platform pal-cpp object コマンドを使用します。

show flow platform pal-cpp object { all | fmm name | fem name | fsm name } location node-id

Syntax Description

all

すべてのフロー オブジェクト情報を表示します。

fmm

フロー モニタ情報を表示します。

fem

フロー エクスポータ情報を表示します。

fsm

フロー サンプラ情報を表示します。

name

フローの名前。

location node-id

ロケーション ノード番号を指定します。 node-id 引数は、rack/slot/module の形式で入力します。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.0.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、ロケーション 0/1/CPU0 のすべてのフロー オブジェクト情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow platform pal-cpp object all location 0/1/CPU0

show controllers pse qfp feature fnf datapath

インターフェイスの QFP Netflow データパス情報を表示するには、EXEC モードで show controllers pse qfp feature fnf datapath コマンドを使用します。

show controllers pse qfp feature fnf datapath { all | all-detail | builder-program | cache | cache-state | exporter | monitor | monitor-state | sampler | sampler-state } type interface-path-id

Syntax Description

all

netflow 情報を表示します。

all-detail

詳細な netflow 情報を表示します。

builder-program

ビルダー プログラムを表示します。

cache

キャッシュの構造を表示します。

cache-state

cache_state の構造を表示します。

exporter

エクスポータを表示します。

monitor

モニタの構造を表示します。

monitor-state

monitor_state の構造を表示します。

sampler

サンプラの構造を表示します。

sampler-state

sampler_state の構造を表示します。

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(? )オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(? )オンライン ヘルプ機能を使用してください。

Command Default

なし

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 4.0.0

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、すべてのインターフェイスのデータパス情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show controllers pse qfp feature fnf datapath all ?
  ATM              ATM Network Interface(s)
  Bundle-Ether     Aggregated Ethernet interface(s)
  Bundle-POS       Aggregated POS interface(s)
  GigabitEthernet  GigabitEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
  Loopback         Loopback interface(s)
  MgmtEth          Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
  Multilink        Multilink network interface(s)
  Null             Null interface
  POS              Packet over SONET/SDH network interface(s)
  Serial           Serial network interface(s)
  TenGigE          TenGigabitEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
  WORD             Other interface
  tunnel-gte       MPLS Traffic Engineering GMPLS Tunnel interface
  tunnel-ip        GRE/IPinIP Tunnel Interface(s)
  tunnel-ipsec     IPSec Tunnel interface(s)
  tunnel-mte       MPLS Traffic Engineering P2MP Tunnel interface(s)
  tunnel-te        MPLS Traffic Engineering Tunnel interface(s)

show flow trace platform producer location

すべてまたは指定したロケーションでのすべてまたは指定した netflow プロセスの情報をトレースします。

show flow trace platform producer location-id

Syntax Description

location-id

ロケーションを表示します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、ルータのサンプラ マップの情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow trace platform producer location 0/0/CPU0

show flow trace ea location

show flow trace platform producer location node-id

Syntax Description

node-id

node-id rack/slot/module の形式で入力します。

Command Modes

EXEC

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り

Examples

次に、ルータのサンプラ マップの情報を表示する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# show flow trace ea location 0/0/CPU0

source(NetFlow)

現在の収集機能の発信元インターフェイスを設定するには、フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション モードで source コマンドを使用します。 設定されている発信元インターフェイスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

source type interface-path-id

no source type interface-path-id

Syntax Description

type

インターフェイスのタイプ。 詳細については、疑問符(? )オンライン ヘルプ機能を使用してください。

interface-path-id

物理インターフェイスまたは仮想インターフェイス。

(注)     

ルータに現在設定されているすべてのインターフェイスのリストを表示するには、show interfaces コマンドを使用します。

ルータの構文の詳細については、疑問符(? )オンライン ヘルプ機能を使用してください。

Command Default

なし

Command Modes

フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

interface-path-id 引数の場合、次のガイドラインを使用します。

  • T1/E1/DS0 物理インターフェイスを指定する場合、命名の表記法は rack/slot/module/port/t1-num です。
  • channel-group-number。 他の物理インターフェイス タイプを指定する場合、命名の表記法は rack/slot/module/port です。 値を区切るスラッシュ(/)は、表記の一部として必須です。 命名の表記法の各構成要素の説明は次のとおりです。
    • rack:ラックのシャーシ番号。
    • slot:モジュラ サービス カードまたはラインカードの物理スロット番号。
    • module:モジュール番号。 物理層インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。 共有ポート アダプタ(SPA)は、そのサブスロット番号から参照されます。
    • port:T3 コントローラの物理ポート番号。
    • t1-num:T1 または E1 チャネル番号。 T1 チャネルの範囲は 1 ~ 24、E1 チャネルの範囲は 1 ~ 31 です。
    • channel-group-number:タイムスロット番号。 T1 タイムスロットの範囲は 1 ~ 24、E1 タイムスロットの範囲は 1 ~ 31 です。 channel-group-number の前には、スラッシュではなくコロンを付けます。
  • 仮想インターフェイスを指定する場合、番号の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、物理インターフェイスを現在の収集機能のソースとして設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# source Gigabit Ethernet 0/1/0/0

次に、仮想インターフェイスを現在の収集機能のソースとして設定する例を示します。 この例では、ソースはイーサネット バンドルです。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# source Bundle-Ether 1

Related Commands

Command

Description

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

show flow exporter-map

特定のノードのフロー エクスポータ マップ情報を表示します。  

template(NetFlow)

データやオプション テンプレートのエクスポート タイムアウト値を設定するには、フロー エクスポータ マップ バージョン コンフィギュレーション モードで template コマンドを入力します。 設定されているテンプレートのエクスポート タイムアウト値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

template [ data | options ] timeout seconds

no template [ data | options ] timeout seconds

Syntax Description

data

(任意)データ テンプレートを指定します。

options

(任意)オプション テンプレートを指定します。

timeout seconds

指定したテンプレート、またはデータとオプション テンプレートの両方のタイムアウト値を設定します。 seconds をエクスポート タイムアウト値に置き換えます。 範囲は 1 ~ 604800 秒です。

Command Default

データやオプション テンプレートのデフォルトのタイムアウト値は 1800 秒です。

Command Modes

フロー エクスポータ マップ バージョンコンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、データ テンプレートのエクスポート タイムアウト値を 300 秒に設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map fem1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# version v9
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem-ver)# template data timeout 300

Related Commands

Command

Description

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

show flow exporter-map

特定のノードのフロー エクスポータ マップ情報を表示します。  

transport udp

ユーザ データグラム プロトコル(UDP)パケットの宛先ポートを設定するには、フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション モードで transport udp コマンドを入力します。 設定されている宛先ポートを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

transport udp port

no transport udp port

Syntax Description

port

UDP パケットの宛先ポート。 port を宛先ポート値に置き換えます。 範囲は 1024 ~ 65535 です。

Command Default

なし

Command Modes

フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、UDP パケットの宛先ポートを設定する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# transport udp 1030

Related Commands

Command

Description

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

show flow exporter-map

特定のノードのフロー エクスポータ マップ情報を表示します。  

version v9

エクスポート バージョン パラメータを設定できるように、フロー エクスポータ マップ バージョン コンフィギュレーション サブモードを開始するには、フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション モードで version v9 コマンドを入力します。 エクスポート バージョンの現在の設定を削除し、デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

version v9

no version v9

Syntax Description

このコマンドにはキーワードまたは引数はありません。

Command Default

なし

Command Modes

フロー エクスポータ マップ コンフィギュレーション

Command History

リリース

変更箇所

リリース 3.9.1

このコマンドが導入されました。

Usage Guidelines

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

version v9 コマンドを発行すると、CLI プロンプトが「config-fem-ver」に変換し、フロー エクスポータ マップ バージョン コンフィギュレーション サブモードが開始されたことを示します。 次の出力例では、疑問符(? )のオンライン ヘルプ機能により、フロー エクスポータ マップ バージョン コンフィギュレーション サブモードで使用可能なすべてのコマンドが表示されます。

RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# version v9
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem-ver)#?

  clear     Clear the uncommitted configuration
  commit    Commit the configuration changes to running
  describe  Describe a command without taking real actions
  do        Run an exec command
  exit      Exit from this submode
  no        Negate a command or set its defaults
  options   Specify export of options template
  pwd       Commands used to reach current submode
  root      Exit to the global configuration mode
  show      Show contents of configuration
  template  Specify template export parameters

Task ID

タスク ID

操作

netflow

読み取り、書き込み

Examples

次に、フロー エクスポータ マップ バージョン コンフィギュレーション サブモードを開始する例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# configure
RP/0/RSP0/CPU0:router(config)# flow exporter-map map1
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem)# version v9
RP/0/RSP0/CPU0:router(config-fem-ver)# 

Related Commands

Command

Description

flow exporter-map

フロー エクスポータ マップを作成します。  

flow monitor-map

フロー モニタ マップを作成し、設定します。  

show flow exporter

フロー エクスポータ データを表示します。  

show flow exporter-map

特定のノードのフロー エクスポータ マップ情報を表示します。