Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ システム モニタリング デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の Performance Management 用デバッグ コマ ンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの Performance Management 用デバッグ コマンド
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2009/03/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの Performance Management 用デバッグ コマンド

debug performance-mgmt pm-collector

debug performance-mgmt pm-server

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの Performance Management 用デバッグ コマンド

この章では、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの Performance Management モジュールのデバッグに使用するコマンドについて説明します。

debug performance-mgmt pm-collector

パフォーマンス管理プロセスに関する情報を表示するには、EXEC モードで debug performance-mgmt pm-collector コマンドを使用します。パフォーマンス管理のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug performance-mgmt pm-collector [ checkpoint | messaging | scheduler | server-restart ]

no debug performance-mgmt pm-collector [ checkpoint | messaging | scheduler | server-restart ]

 
シンタックスの説明

checkpoint

PM Collector のチェックポイント診断を表示します。

messaging

PM Collector が送受信したレポート メッセージを表示します。

scheduler

PM Collector のタスク スケジューリング診断を表示します。

server-restart

PM Server の再起動に関する診断を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module を参照してください。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

Monitor

読み取り

次の例は、ルータで debug performance-mgmt pm-collector コマンドを実行した場合のスケジューラの出力を示しています。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug performance-mgmt pm-collector scheduler
 
RP/0/RSP0/CPU0:Jan 14 14:53:28.635 : pm_collector[390]: [ReqID 20] Data collection start (status:DATA_COLLECT SP=0)
RP/0/RSP0/CPU0:Jan 14 14:53:28.708 : pm_collector[390]: [ReqID 20] Data collection complete
RP/0/RSP0/CPU0:Jan 14 14:53:28.708 : pm_collector[390]: [ReqID 20] *** Sampling task complete *** (status: IDLE)

debug performance-mgmt pm-server

サーバのパフォーマンス に関する情報 を表示するには、EXEC モードで debug performance-mgmt pm-server コマンドを使用します。パフォーマンス管理のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug performance-mgmt pm-server [ checkpoint | collector-restart | messaging ]

no debug performance-mgmt pm-server [ checkpoint | collector-restart | messaging ]

 
シンタックスの説明

checkpoint

PM サーバの再起動性のチェックポイント診断を表示します。

collector-restart

PM コレクタの再起動性に関するレポート診断を表示します。

レポート診断には、次のイベントとメッセージが含まれます。

GSP 通知イベント(pm_collector の参加またはグループからの脱退)

pm_collector から送信された再起動メッセージ

messaging

PM サーバから送信されたメッセージの内容を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module を参照してください。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

Monitor

読み取り

次に、ルータで debug performance-mgmt pm-server コマンドを使用した場合のメッセージング アクティビティの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug performance-mgmt pm-server messaging
 
RP/0/RSP0/CPU0:Jan 14 15:13:55.041 : pm_server[391]: PM Server sending :PM_START_COLLECTION message of length: 32
RP/0/RSP0/CPU0:Jan 14 15:13:55.042 : pm_server[391]: Header: req_code: 1, req_id: 8, entity_type:8, attr_count:2, memory max_limit:51200, usage:180160,min-reserved:10240
RP/0/RSP0/CPU0:Jan 14 15:13:55.042 : pm_server[391]: Content: attr_id1:1, attr_val1:15, attr_id2:2, attr_val2:2
RP/0/RSP0/CPU0:Jan 14 15:13:55.049 : pm_server[391]: Message response. Retcode:No error, Mem reqd:80488
RP/0/RSP0/CPU0:Jan 14 15:13:55.049 : pm_server[391]: New memory usage:260648