Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ システム モニタリング デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の Embedded Event Manager 用デバッグ コマ ンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの Embedded Event Manager 用デバッグ コマンド
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2009/03/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの Embedded Event Manager 用デバッグ コマンド

debug event manager all

debug event manager api

debug event manager detector

debug event manager metricdir

debug event manager scriptdir

debug event manager server

debug event manager tcl

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの Embedded Event Manager 用デバッグ コマンド

この章では、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの Embedded Event Manager のデバッグに使用するコマンドについて説明します。


注意 デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システムが使用不可能になることがあります。そのため、debug コマンドは、特定の問題のトラブルシューティングを行う目的に限って使用するか、またはシスコのテクニカルサポート担当者とのトラブルシューティング セッションの際にのみ使用してください。また、debug コマンドは、ネットワーク トラフィックやユーザが少ない時間帯に使用することを推奨します。こうした時間帯にデバッグを実行すれば、debug コマンド処理によるオーバーヘッドの増加がシステム利用へ影響を与える可能性を減らすことができます。

debug event manager all

Embedded Event Manager のデバッグをオンにするには、EXEC モードで debug event manager all コマンドを使用します。Embedded Event Manager のデバッグをオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug event manager all

no debug event manager all

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module 」を参照してください 。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

fault-mgr

読み取り

次に、Embedded Event Manager のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug event manager all

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug event manager api

Embedded Event Manager API のデバッグをオンにします。

debug event manager detector

Event Manager の特定の 障害検出器のデバッグをオンにします。

debug event manager metricdir

Embedded Event Manager の信頼メトリック データ(fm_metric_dir)プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager scriptdir

Embedded Event Manager の fm_script_dir プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager server

Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager tcl

Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをオンにします。

undebug

デバッグ モードを入力して、複数のアクティブな debug コマンド セッションをディセーブルまたはリセットします。

debug event manager api

Embedded Event Manager アプリケーション プログラム インターフェイス(API)のデバッグをオンにするには、EXEC モードで debug event manager api コマンドを使用します。Embedded Event Manager API のデバッグをオフにするには、コマンドの no 形式を使用します。

debug event manager api { calls | errors } [ process process-name | job jobid ] [ location node-id ]

no debug event manager api { calls | errors } [ process process-name | job jobid ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

calls

Embedded Event Manager クライアント API へのコールをデバッグします。

errors

Embedded Event Manager クライアント API ライブラリのエラーをデバッグします。

process process-name

(任意)特定のプロセスに関する Embedded Event Manager API のデバッグ情報を表示します。プロセス名または PID を示します。

job jobid

(任意)特定のジョブ ID に関する Embedded Event Manager API のデバッグ情報を表示します。ジョブ ID を指定します。範囲は 0 ~ 4294967295 です。

location node-id

(任意)特定の場所における Embedded Event Manager API のデバッグ情報を表示します。 node-id 引数は、 rack/slot/module で表記されます。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module 」を参照してください 。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

fault-mgr

読み取り

次に、Embedded Event Manager API のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# describe debug event manager api calls job 2

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug event manager all

Embedded Event Manager のデバッグをオンにします。

debug event manager detector

Embedded Event Manager の特定の障害検出器のデバッグをオンにします。

debug event manager metricdir

Embedded Event Manager の信頼メトリック データ(fm_metric_dir)プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager scriptdir

Embedded Event Manager の fm_script_dir プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager server

Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager tcl

Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをオンにします。

undebug

デバッグ モードを入力して、複数のアクティブな debug コマンド セッションをディセーブルまたはリセットします。

debug event manager detector

Embedded Event Manager の特定の障害検出器のデバッグをオンにするには、EXEC モードで debug event manager detector コマンドを使用します。Embedded Event Manager の特定の障害検出器のデバッグをオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug event manager detector { none | counter | drvinfra | hardware | statistics | syslog | sysmgr [ location node-id ] | timer | wdsysmon [ location node-id ]}

no debug event manager detector { none | counter | drvinfra | hardware | statistics | syslog | sysmgr [ location node-id ] | timer | wdsysmon [ location node-id ]}

 
シンタックスの説明

none

障害検出器のデバッグ情報を表示しません。

counter

カウンタ障害検出器のデバッグ情報を表示します。

drvinfra

driver/infra 障害検出器のデバッグ情報を表示します。

hardware

ハードウェア(envmon)障害検出器のデバッグ情報を表示します。

statistics

統計障害検出器のデバッグ情報を表示します。

syslog

SYSLOG 障害検出器のデバッグ情報を表示します。

sysmgr

SYSMGR 障害検出器のデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)特定の場所における Embedded Event Manager の障害検出器のデバッグ情報を表示します。 node-id 引数は、 rack/slot/module で表記されます。

timer

タイマー障害検出器のデバッグ情報を表示します。

wdsysmon

WDSYSMON 障害検出器のデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module 」を参照してください 。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

fault-mgr

読み取り

次に、Embedded Event Manager の検出器のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug event manager detector cli

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug event manager all

Embedded Event Manager のデバッグをオンにします。

debug event manager api

Embedded Event Manager API のデバッグをオンにします。

debug event manager metricdir

Embedded Event Manager の信頼メトリック データ(fm_metric_dir)プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager scriptdir

Embedded Event Manager の fm_script_dir プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager server

Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager tcl

Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをオンにします。

undebug

デバッグ モードを入力して、複数のアクティブな debug コマンド セッションをディセーブルまたはリセットします。

debug event manager metricdir

Embedded Event Manager の fm_metric_dir プロセスのデバッグをオンにするには、EXEC モードで debug event manager metricdir コマンドを使用します。Embedded Event Manager の fm_metric_dir プロセスのデバッグをオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug event manager metricdir

no debug event manager metricdir

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module 」を参照してください 。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

fault-mgr

読み取り

次に、Embedded Event Manager の fm_metric_dir プロセスのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug event manager metricdir

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug event manager all

Embedded Event Manager のデバッグをオンにします。

debug event manager api

Embedded Event Manager API のデバッグをオンにします。

debug event manager detector

特定の Embedded Event Manager の検出器のデバッグをオンにします。

debug event manager scriptdir

Embedded Event Manager の fm_script_dir プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager server

Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager tcl

Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをオンにします。

undebug

デバッグ モードを入力して、複数のアクティブな debug コマンド セッションをディセーブルまたはリセットします。

debug event manager scriptdir

Embedded Event Manager の fm_script_dir プロセスのデバッグをオンにするには、EXEC モードで debug event manager scriptdir コマンドを使用します。Embedded Event Manager の fm_script_dir プロセスのデバッグをオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug event manager scriptdir

no debug event manager scriptdir

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module 」を参照してください 。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

fault-mgr

読み取り

次に、Embedded Event Manager の fm_script_dir プロセスのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug event manager scriptdir

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug event manager all

Embedded Event Manager のデバッグをオンにします。

debug event manager api

Embedded Event Manager API のデバッグをオンにします。

debug event manager detector

Embedded Event Manager の特定の障害検出器のデバッグをオンにします。

debug event manager metricdir

Embedded Event Manager の信頼メトリック データ(fm_metric_dir)プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager server

Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager tcl

Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをオンにします。

undebug

デバッグ モードを入力して、複数のアクティブな debug コマンド セッションをディセーブルまたはリセットします。

debug event manager server

Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオンにするには、EXEC モードで debug event manager server コマンドを使用します。Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug event manager server { events | scheduling }

no debug event manager server { events | scheduling }

 
シンタックスの説明

events

Embedded Event Manager のサーバ イベントをデバッグします。

scheduling

Embedded Event Manager のサーバ ポリシー スケジューリングをデバッグします。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module 」を参照してください 。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオンにするには、次のコマンドを使用します。

タスク ID

タスク ID
操作

fault-mgr

読み取り

次に、Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug event manager server events

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug event manager all

Embedded Event Manager のデバッグをオンにします。

debug event manager api

Embedded Event Manager API のデバッグをオンにします。

debug event manager detector

Embedded Event Manager の特定の障害検出器のデバッグをオンにします。

debug event manager metricdir

Embedded Event Manager の信頼メトリック データ(fm_metric_dir)プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager tcl

Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをオンにします。

undebug

デバッグ モードを入力して、複数のアクティブな debug コマンド セッションをディセーブルまたはリセットします。

debug event manager tcl

Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをオンにするには、EXEC モードで debug event manager tcl コマンドを使用します。Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug event manager tcl

no debug event manager tcl

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デバッグはディセーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide Cisco ASR 9000 Series Routers module を参照してください。タスク グループの割り当てによりコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者にお問い合わせください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

fault-mgr

読み取り

次に、Embedded Event Manager の tclsh インタープリタのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug event manager tcl

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug event manager all

Embedded Event Manager のデバッグをオンにします。

debug event manager api

Embedded Event Manager API のデバッグをオンにします。

debug event manager detector

Embedded Event Manager の特定の障害検出器のデバッグをオンにします。

debug event manager metricdir

Embedded Event Manager の信頼メトリック データ(fm_metric_dir)プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager scriptdir

Embedded Event Manager の fm_script_dir プロセスのデバッグをオンにします。

debug event manager server

Embedded Event Manager のサーバ プロセスのデバッグをオンにします。

undebug

デバッグ モードを入力して、複数のアクティブな debug コマンド セッションをディセーブルまたはリセットします。