Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ システム管理デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の SNMP デバッグ コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの SNMP デバッグ コマンド
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/04/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの SNMP デバッグ コマンド

debug snmp bag

debug snmp config

debug snmp dll

debug snmp lib cache

debug snmp mib

debug snmp packets

debug snmp sysdb

debug snmp trap

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの SNMP デバッグ コマンド

このモジュールでは、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータで Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)をデバッグする場合に使用するコマンドについて説明します。


注意 デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システムが使用不可能になることがあります。そのため、debug コマンドは、特定の問題のトラブルシューティングを行う目的に限って使用するか、またはシスコのテクニカルサポート担当者とのトラブルシューティング セッションの際にのみ使用してください。また、debug コマンドは、ネットワーク トラフィックやユーザが少ない時間帯に使用することを推奨します。こうした時間帯にデバッグを実行すれば、debug コマンド処理によるオーバーヘッドの増加がシステム利用へ影響を与える可能性を減らすことができます。

debug snmp bag

SNMP バッグ処理のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug snmp bag コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp bag

no debug snmp bag

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細な管理情報については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。 タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

snmp

読み取り、書き込み

次に、SNMP バッグ処理のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp bag

debug snmp config

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)データベース トランザクションを設定するには、EXEC モードで debug snmp config コマンドを使用します。SNMP 設定トランザクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp config

no debug snmp config

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細な管理情報については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。 タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

snmp

読み取り、書き込み

次に、SNMP データベース トランザクションのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp config

debug snmp dll

SNMP Management Information Base(MIB; 管理情報ベース)Dynamic Link Library(DLL; ダイナミック リンク ライブラリ)をロードまたはアンロードするには、EXEC モードで debug snmp dll コマンドを使用します。SNMP 設定トランザクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp dll

no debug snmp dll

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細な管理情報については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。 タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

snmp

読み取り、書き込み

次に、SNMP MIB DLL のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp dll

debug snmp lib cache

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)ライブラリ データを表示するには、EXEC モードで debug snmp lib コマンドを使用します。SNMP ライブラリ表示をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp lib cache

no debug snmp lib cache

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細な管理情報については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。 タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

snmp

読み取り、書き込み

次に、SNMP ライブラリ データのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp lib cache
 

debug snmp mib

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)管理情報ベース(MIB)データを表示するには、EXEC モードで debug snmp mib コマンドを使用します。SNMP 設定トランザクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp mib { entitymib | all | accmib | arpmib | authmib | bgpmib | bridgemib | bulkfilemib | cbqosmib | cdpmib | ciscoassetmib | ciscobgppamib | ciscontpmib | ciscoprocessmib | ciscosensormib | ciscosonetmib | ciscosyslogmib | ciscosystemmib | civplsbgpmib | confcopymib | configmanmib | dot3admib | enhancedmempoolmib | eventmib | etherlikemib | ethernet | expressionmib | frucontrolmib | fabmcastmib | flashmib | ftpclientmib | hsrpmib | icmpmib [ location node-id ] | ietftcpmib | ietfudpmib | ifextmib | ifmib | ipmib [ location node-id ] | ipv4forward | ipv6forward | ipv6mib | ipv6rfcmib | l3vpnmib | mempoolmib | mgmd- mld- mib | mldmib | mplsldpmib | mplslsrmib | mplstemib | mroutemib | msdpmib | notiflogmib | ospfmib | ospfv3mib | pimmib | pingmib | pwenetmib | pwfrmib | pwmib | pwmplsmib | rfmib | rttmonmib | tcpmib | udpmib | vlanifrelationmib | vplsldpmib | vplsmib}

no debug snmp mib { entitymib | all | accmib | arpmib | authmib | bgpmib | bridgemib | bulkfilemib | cbqosmib | cdpmib | ciscoassetmib | ciscobgppamib | ciscontpmib | ciscoprocessmib | ciscosensormib | ciscosonetmib | ciscosyslogmib | ciscosystemmib | civplsbgpmib | confcopymib | configmanmib | dot3admib | enhancedmempoolmib | eventmib | etherlikemib | ethernet | expressionmib | frucontrolmib | fabmcastmib | flashmib | ftpclientmib | hsrpmib | icmpmib [ location node-id ] | ietftcpmib | ietfudpmib | ifextmib | ifmib | ipmib [ location node-id ] | ipv4forward | ipv6forward | ipv6mib | ipv6rfcmib | l3vpnmib | mempoolmib | mgmd- mld- mib | mldmib | mplsldpmib | mplslsrmib | mplstemib | mroutemib | msdpmib | notiflogmib | ospfmib | ospfv3mib | pimmib | pingmib | pwenetmib | pwfrmib | pwmib | pwmplsmib | rfmib | rttmonmib | tcpmib | udpmib | vlanifrelationmib | vplsldpmib | vplsmib}

 
シンタックスの説明

entitymib

エンティティ MIB のデバッグをイネーブルにします。

all

すべての MIB のデバッグをイネーブルまたはディセーブルにします。

accmib

accmib のデバッグをイネーブルにします。

arpmib

ARP MIB のデバッグをイネーブルにします。

authmib

authmib のデバッグをイネーブルにします。

bgpmib

BGP MIB のデバッグをイネーブルにします。

bridgemib

ブリッジ MIB のデバッグをイネーブルにします。

bulkfilemib

bulkfilemib のデバッグをイネーブルにします。

cbqosmib

CBQoS MIB のデバッグをイネーブルにします。

cdpmib

CDP のデバッグをイネーブルにします。

ciscoassetmib

Cisco アセット MIB のデバッグをイネーブルにします。

ciscobgppamib

Cisco BGP PA MIB のデバッグをイネーブルにします。

ciscontpmib

Cisco NTP MIB のデバッグをイネーブルにします。

ciscoprocessmib

Cisco プロセス MIB のデバッグをイネーブルにします。

ciscosensormib

Cisco センサー MIB のデバッグをイネーブルにします。

ciscosonetmib

Cisco SONET MIB のデバッグをイネーブルにします。

ciscosyslogmib

Cisco システム ログ MIB のデバッグをイネーブルにします。

ciscosystemmib

Cisco システム MIB のデバッグをイネーブルにします。

civplsbgpmib

VPLS BGP MIB のデバッグをイネーブルにします。

confcopymib

設定コピー MIB のデバッグをイネーブルにします。

configmanmib

設定管理 MIB のデバッグをイネーブルにします。

dot3admib

dot3 管理 MIB のデバッグをイネーブルにします。

enhancedmempoolmib

拡張メモリ プール MIB のデバッグをイネーブルにします。

enhimagemib

拡張イメージ MIB のデバッグをイネーブルにします。

etherlikemib

Ether-like MIB のデバッグをイネーブルにします。

ethernet

イーサネットのデバッグをイネーブルにします。

eventmib

イベント MIB のデバッグをイネーブルにします。

expressionmib

表現 MIB のデバッグをイネーブルにします。

fabmcastmib

ファブリック マルチキャスト MIB のデバッグをイネーブルにします。

flashmib

フラッシュ MIB のデバッグをイネーブルにします。

frucontrolmib

FRU 制御 MIB のデバッグをイネーブルにします。

ftpclientmib

FTP クライアント MIB のデバッグをイネーブルにします。

hsrpmib

HSRP MIB のデバッグをイネーブルにします。

icmpmib

ICMP MIB のデバッグをイネーブルにします。

location node-id

指定した場所の ICMP MIB デバッグ情報を表示します。 node-id 引数は、 rack/slot/module という表記で入力します。

ietftcpmib

IETF TCP MIB のデバッグをイネーブルにします。

ietfudpmib

IET UDP MIB のデバッグをイネーブルにします。

ifextmib

インターフェイス拡張 MIB のデバッグをイネーブルにします。

ifmib

インターフェイス MIB のデバッグをイネーブルにします。

ipmib

IP MIB のデバッグをイネーブルにします。

location node-id

指定した場所の IP MIB デバッグ情報を表示します。 node-id 引数は、 rack/slot/module という表記で入力します。

ipv4forward

IPv4 転送 MIB のデバッグをイネーブルにします。

ipv6forward

IPv6 転送 MIB のデバッグをイネーブルにします。

ipv6mib

IPv6 MIB のデバッグをイネーブルにします。

ipv6rfcmib

IPv6 RFC MIB のデバッグをイネーブルにします。

l3vpnmib

レイヤ 3 VPN MIB のデバッグをイネーブルにします。

mempoolmib

メモリ プール MIB のデバッグをイネーブルにします。

mgmd- mld- mib

MGMD MLD MIB のデバッグをイネーブルにします。

mldmib

MLD MIB のデバッグをイネーブルにします。

mplsldpmib

MPLS LDP MIB のデバッグをイネーブルにします。

mplslsrmib

MPLS LSRMIB のデバッグをイネーブルにします。

mplstemib

MPLS TE MIB のデバッグをイネーブルにします。

mroutemib

MRoute MIB のデバッグをイネーブルにします。

msdpmib

MSDP MIB のデバッグをイネーブルにします。

notiflogmib

通知ログ MIB のデバッグをイネーブルにします。

ospfmib

OSPF MIB のデバッグをイネーブルにします。

ospfv3mib

OSPFv3 MIB のデバッグをイネーブルにします。

pimmib

PIM MIB のデバッグをイネーブルにします。

pingmib

PING MIB のデバッグをイネーブルにします。

pwenetmib

pwenet MIB のデバッグをイネーブルにします。

pwfrmib

pwfr MIB のデバッグをイネーブルにします。

pwmib

MIB パスワードのデバッグをイネーブルにします。

pwmplsmib

MPLS MIB パスワードのデバッグをイネーブルにします。

rfmib

RF MIB のデバッグをイネーブルにします。

rttmonmib

RTTMON MIB のデバッグをイネーブルにします。

tcpmib

TCP MIB のデバッグをイネーブルにします。

udpmib

UPD MIB のデバッグをイネーブルにします。

vlanifrelationmib

VLAN インターフェイス関連 MIB のデバッグをイネーブルにします。

vplsldpmib

VPLS LDP MIB のデバッグをイネーブルにします。

vplsmib

VPLS MIB のデバッグをイネーブルにします。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細な管理情報については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。 タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

snmp

読み取り、書き込み

次に、SNMP MIB データのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp mib all

debug snmp packets

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)の着信または発信データ パケットを表示するには、EXEC モードで debug snmp packets コマンドを使用します。SNMP 設定トランザクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp packets

no debug snmp packets

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細な管理情報については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。 タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

snmp

読み取り、書き込み

次に、SNMP データ パケットのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp packets

debug snmp sysdb

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)データベース トランザクションを表示するには、EXEC モードで debug snmp sysdb コマンドを使用します。SNMP 設定トランザクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp sysdb

no debug snmp sysdb

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細な管理情報については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。 タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

snmp

読み取り、書き込み

次に、SNMP データベース トランザクションのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp sysdb

debug snmp trap

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)管理情報ベース(MIB)のロギング情報を表示するには、EXEC モードで debug snmp trap コマンドを使用します。SNMP MIB ロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp trap

no debug snmp trap

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細な管理情報については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。 タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

snmp

読み取り、書き込み

次に、SNMP データベース MIB のロギングをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp trap