Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ システム管理デバッグ コマンド リファレンス
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/04/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

はじめに

マニュアルの変更履歴

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

『Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ システム管理デバッグ コマンド リファレンス』では、システム マネージャのデバッグに使用するデバッグ コマンドを紹介しています。

ここでは、次の内容について説明します。

「マニュアルの変更履歴」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」


注意 デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システムが使用不可能になることがあります。そのため、debug コマンドは、特定の問題のトラブルシューティングを行う目的に限って使用するか、またはシスコのテクニカルサポート担当者とのトラブルシューティング セッションの際にのみ使用してください。また、debug コマンドは、ネットワーク トラフィックやユーザが少ない時間帯に使用することを推奨します。こうした時間帯にデバッグを実行すれば、debug コマンド処理によるオーバーヘッドの増加がシステム利用へ影響を与える可能性を減らすことができます。

マニュアルの変更履歴

表 1 に、初版後、このマニュアルに加えられた技術的な変更の履歴を示します。

 

表 1 マニュアルの変更履歴

リビジョン
日付
変更点

OL-18927-01-J

2009 年 3 月

このマニュアルの最初のリリース。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。