Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ MPLS デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の MPLS TE デバッグ コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの MPLS TE デバッグ コマンド
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2009/05/19 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの MPLS TE デバッグ コマンド

debug igpte-lib

debug mpls traffic-eng

debug mpls traffic-eng ds-te

debug mpls traffic-eng link-management

debug mpls traffic-eng path

debug mpls traffic-eng pce

debug mpls traffic-eng pce dump-messages

debug mpls traffic-eng topology

debug mpls traffic-eng tunnels

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータの MPLS TE デバッグ コマンド

ここでは、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの Multiprotocol Label Switching Traffic Engineering(MPLS-TE; マルチプロトコル ラベル スイッチング トラフィック エンジニアリング)のデバッグに使用するコマンドについて説明します。

debug igpte-lib

MPLS-TE IGP ライブラリに関する情報を表示するには、EXEC モードで debug igpte-lib コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug igpte-lib

no debug igpte-lib

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、 MPLS-TE IGP ライブラリ デバッグ をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug igpte-lib
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.326 : isis[242]: IGPTE-LIB: Get data to send to TE, TE-link data queue
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.329 : isis[242]: IGPTE-LIB: The batched msg size: (408) bytes
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.332 : ospf[307]: IGPTE-LIB: Add data (tlen 392, num_tlv 1, left 523896) to the buff
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.335 : ospf[307]: IGPTE-LIB: Sending a pulse to TE-link: code: 99
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.336 : te_control[416]: IGPTE-LIB: TE Received a batched msg - num_tlv(1), len(408)
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.340 : te_control[416]: IGPTE-LIB: TE Processing TLV 0: type(Adj-announce), len(384)
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.345 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Send msg to IGP from TE-link: type(TE-flood), len(912)
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.349 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Add data (tlen 920, num_tlv 1, left 523368) to the buff
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.353 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Get data to send to IGP, TE-link data queue
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.355 : te_control[416]: IGPTE-LIB: The batched msg size: (936) bytes
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.357 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Sending 936 bytes of data to IGP
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.360 : isis[242]: IGPTE-LIB: IGP Received a batched msg - num_tlv(1), len(936)
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.364 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Get data to send to IGP, TE-link data queue
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.365 : isis[242]: IGPTE-LIB: IGP processing a tlv - type(TE-flood), len(912)
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.375 : te_control[416]: IGPTE-LIB: The batched msg size: (0) bytes
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.382 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Attempt to send zRP/0/0/CPU0:FRR1(config-if)#ero-length message to IGP, suppressed
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.388 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Send msg to IGP from TE-link: type(TE-flood), len(1508)
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.395 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Add data (tlen 1516, num_tlv 1, left 522772) to the buff
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.398 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Get data to send to IGP, TE-link data queue
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.400 : te_control[416]: IGPTE-LIB: The batched msg size: (1532) bytes
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.401 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Sending 1532 bytes of data to IGP
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.404 : te_control[416]: IGPTE-LIB: Get data to send to IGP, TE-link data queue
RP/0/0/CPU0:Mar 11 03:34:38.404 : ospf[307]: IGPTE-LIB: IGP Received a batched msg - num_tlv(1), len(1532)
 

debug mpls traffic-eng

MPLS-TE 設定に関する情報を表示するには、EXEC モードで debug mpls traffic-eng コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls traffic-eng { areas | autoroute | connections | debug-events | errors | frr | load-balancing | temib }

no debug mpls traffic-eng { areas | autoroute | connections | debug-events | errors | frr | load-balancing | temib }

 
シンタックスの説明

areas

MPLS TE がイネーブルになっている IGP を表示します。

autoroute

Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)に通知されたトンネルを表示します。

connections

サーバ イベントへの接続を表示します。

debug-events

一般的なデバッグ情報を表示します。

errors

MPLS TE エラー情報を表示します。

frr

MPLS TE Fast Reroute(FRR)イベントを表示します。

load-balancing

トンネルでの不均衡なコスト ロード バランシングを表示します。

temib

MPLS-TE MIB デバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、 TE トンネルで自動ルーティング を使用した場合の デバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng autoroute
 
RP/0/0/CPU0:Jun 11 11:08:19.479 : te_control[376]: Adding tunnel-te15 to autoroute list
RP/0/0/CPU0:Jun 11 11:08:19.480 : te_control[376]: TE-Auto: announcement that destination 30.30.30.30 has 1 tunnels
RP/0/0/CPU0:Jun 11 11:08:19.482 : te_control[376]: tunnel-te15 (traffic share 0, nexthop 30.30.30.30)

debug mpls traffic-eng ds-te

Differentiated Services TE(DS-TE; ディファレンシエーテッド サービス TE)イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls traffic-end ds-te コマンドを使用します。デフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls traffic-end ds-te

no debug mpls traffic-end ds-te

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、MPLS-TE ディファレンシエーテッド サービスのデバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-end ds-te
RP/0/0/CPU0:Jun 11 11:09:36.716 : te_control[376]: te_verify_bandwidth: Verifying tunnel-te15 with 100 of Class type 0
RP/0/0/CPU0:Jun 11 11:09:36.719 : te_control[376]: te_apply_bandwidth: Configuring tunnel-te15 with 100 of Class type 0
 
RP/0/0/CPU0:Jun 11 11:09:36.478 : te_control[376]: tspvif_has_valid_class_type_priority: Tunnel 15: CT = 0, SetupP = 7, HoldP = 7 setup_matched = TRUE, hold_matched = TRUE

debug mpls traffic-eng link-management

MPLS-TE インターフェイスおよび Label Switch Path(LSP; ラベル スイッチ パス)アドミッション コントロールに関する情報を表示するには、EXEC モードで debug mpls traffic-eng link-management コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls traffic-eng link-management { admission-control | advertisements | bandwidth-allocation | checkpoint | errors | events | filter tunnel-ID | igp | igp-neighbors | links | routing | timers }

no debug mpls traffic-eng link-management { admission-control | advertisements | bandwidth-allocation | checkpoint | errors | events | filter tunnel-ID | igp | igp-neighbors | links | routing | timers }

 
シンタックスの説明

admission-control

TE インターフェイスでの LSP アドミッション コントロールに関する情報を表示します。

advertisements

TE インターフェイスのリソース アドバタイズを表示します。

bandwidth-allocation

TE LSP の帯域割り当てを表示します。

checkpoint

TE インターフェイスでの TE 処理チェックポイントに関連するアクティビティを表示します。

errors

TE リンク リソース管理に関連するエラーを表示します。

events

TE リンク管理機能のシステム イベントを表示します。

filter tunnel-ID

トンネル ID に基づいてフィルタ メッセージを表示します。フィルタ範囲は 0 ~ 65535 です。トンネル ID の範囲は、0 ~ 4294967295 です。

igp

IGP を使用した TE リンク管理機能のプロセスの通信を表示します。

igp-neighbors

IGP ネイバに関するリンク管理機能データベースの変更を表示します。

links

TE リンク管理機能のインターフェイス イベントを表示します。

routing

TE リンク管理機能のルーティング解決を表示します。

timers

TE リンク管理機能のタイマー情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、 debug mpls traffic-eng link-management admission-control コマンドを使用した場合のデバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng link-management admission-control
 
TE-LM-ADMIT: Rx-ed LspAdmitRequest downlink=GigabitEthernet0_7_0_1 uplink=NOT SET
TE-LM-ADMIT: tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)': Inserted in 'name' tree
TE-LM-ADMIT: tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)': Created [3 tunnels total]
TE-LM-ADMIT: tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)': Inserted in 'downstream link' tree (GigabitEthernet0/7/0/1, 7)
TE-LM-EVENTS: tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)': "New" -> "Admitting 2nd Path Leg"
TE-LM-RSRC: rrr_lm_rp_psc_install:817, PSC-RP install tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)'
TE-LM-RSRC: rrr_lm_rp_psc_path_out:460, Path-Out: Held downstream bw=0 on link='GigabitEthernet0/7/0/1'
TE-LM-EVENTS: tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)': "Admitting 2nd Path Leg" -> "Path Admitted"
TE-LM-ADMIT: CAC has granted RSVP Path query for tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)' on intf=GigabitEthernet0_7_0_1[reason='None']
TE-LM-ADMIT: Rx-ed LspAdmitRequest downlink=GigabitEthernet0_7_0_1 uplink=NOT SET
TE-LM-EVENTS: tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)': "Path Admitted" -> "Admitting 1st Resv Leg"
TE-LM-RSRC: rrr_lm_rp_psc_install:817, PSC-RP install tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)'
TE-LM-RSRC: rrr_lm_rp_psc_resv_in:569, Resv-In: Locked downstream bw=0 on link='GigabitEthernet0/7/0/1'
TE-LM-EVENTS: tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)': "Admitting 1st Resv Leg" -> "Resv Admitted"
TE-LM-ADMIT: CAC has granted RSVP Resv query for tunnel='10.20.20.20 1_387 (10.90.90.90)' on intf=GigabitEthernet0_7_0_1[reason='None']

次に、 debug mpls traffic-eng link-management advertisements コマンドを使用した場合のデバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng link-management advertisements
 
TE-LM-ADV: area ospf area 0: IGP announcement: link GigabitEthernet0/7/0/1: info changed
TE-LM-ADV: area ospf area 0: IGP msg: link GigabitEthernet0/7/0/1: includes subnet type (1), described nbrs (1)
TE-LM-ADV: LSA: Flooding mgr rx-ed msg: link information change (GigabitEthernet0/7/0/1)
TE-LM-ADV: area ospf area 0: *** Flooding node information ***
System Information::
Flooding Protocol: OSPF
Header Information::
IGP System ID: 10.20.20.20
MPLS TE Router ID: 10.20.20.20
Flooded Links: 1
Link ID:: 0 (GigabitEthernet0_7_0_1)
Link IP Address: 10.15.12.1
Neighbor: ID 10.90.90.90, IP 10.15.12.2
TE metric: 1
IGP metric: 1
Physical Bandwidth: 155520 kbits/sec
Max Res. Global BW: 1000000 kbits/sec
Max Res. Sub BW: 0 kbits/sec
Global Pool Sub Pool
----------- ----------
Reservable Bandwidth[0]: 1000000 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[1]: 1000000 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[2]: 1000000 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[3]: 1000000 0 kbits/sec
Reservable Bandwidth[4]: 1000000 0 kbits/sec
Attribute Flags: 0x00000000

debug mpls traffic-eng path

MPLS-TE パス計算に関する情報を表示するには、EXEC モードで debug mpls traffic-eng path コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls traffic-eng path { tunnel-id | lookup | spf | verify }

no debug mpls traffic-eng path { tunnel-id | lookup | spf | verify }

 
シンタックスの説明

tunnel-ID

ここで指定したトンネルのみのデバッグ出力を表示します。範囲は 0 ~ 4294967295 です。

lookup

パス計算のルックアップ イベントを表示します。

spf

Shortest Path First(SPF; 最短パス優先)計算イベントを表示します。

verify

パス検証イベントを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、SPF TE パス計算のデバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng path spf
 
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 07:43:20.317: te_control[114]: TE-PCALC_SPF:0000.0000.0010.00 aw 0 min_bw -1,
prev_node(NULL)
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 07:43:20.317: te_control[114]: TE-PCALC_SPF:0000.0000.0010.00
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 07:43:20.317: te_control[114]: TE-PCALC_SPF:0000.0000.0020.00 aw 10 min_bw 155000,
prev_node(0000.0000.0010.00)

debug mpls traffic-eng pce

MPLS-TE Path Computation Element(PCE; パス計算要素)に関する情報を表示するには、EXEC モードで debug mpls traffic-eng pce コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls traffic-eng pce { config | dump-messages | error | igp | keepalive | path | session | timer | tunnel }

no debug mpls traffic-eng pce { config | detail | dump-messages | error | igp | keepalive | path | session | timer | tunnel }

 
シンタックスの説明

config

PCE 構成情報を表示します。

error

PCE エラーを表示します。

igp

PCE IGP 相互通信を表示します。

keepalive

PCE キープアライブ メッセージを表示します。

path

PCE パス計算情報を表示します。

session

PCE セッション情報を表示します。

timer

PCE の時間情報を表示します。

tunnel

PCE トンネル情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、 debug mpls traffic-eng pce tunnel コマンドを使用した場合のデバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng pce tunnel
 
RP/0/0/CPU0:May 28 07:15:26.507 : te_control[375]: tspvif_verify_setups: tunnel-te10, 3639
RP/0/0/CPU0:May 28 07:15:26.507 : te_control[375]: tunnel-te10: popt does not have new path, flag 0
RP/0/0/CPU0:May 28 07:15:26.507 : te_control[375]: PCE primary path request: Tun tunnel-te10, LSP ID 10 po_idx = 1, pce_addr = 0.0.0.0 src = 0.0.0.0 dst = 60.60.60.60 bw = 0 affinity = 0 setup_priority = 7 hold_priority = 7
RP/0/0/CPU0:May 28 07:15:26.508 : te_control[375]: tunnel-te10: Destination 60.60.60.60 directly reachable

debug mpls traffic-eng pce dump-messages

MPLS-TE Path Computation Element(PCE; パス計算要素)ダンプ メッセージに関する情報を表示するには、EXEC モードで debug mpls traffic-eng pce dump-messages コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls traffic-eng pce dump-messages { all | close | error | keepalive | notify | open | request | response | unknown }

no debug mpls traffic-eng pce dump-messages { all | close | error | keepalive | notify | open | request | response | unknown }

 
シンタックスの説明

all

すべての PCE ダンプ メッセージを表示します。

close

PCE プロトコル(PCEP)クローズ メッセージを表示します。

error

PCE エラー メッセージを表示します。

keepalive

PCEP キープアライブ メッセージを表示します。

notify

PCE 呼出メッセージを表示します。

open

PCEP オープン メッセージを表示します。

request

PCReq メッセージを表示します。

response

PCRep メッセージを表示します。

unknown

不明な PCEP メッセージを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、 debug mpls traffic-eng pce dump-messages all コマンドを使用した場合のデバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng pce dump-messages all
 
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.552 : te_control[375]: pce_pcep_open:3911
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.553 : te_control[375]: HDR P1: 0x00001001
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.553 : te_control[375]: HDR P2: 0x00000010
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.554 : te_control[375]: OBJ_HDR: [0x00080101]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.554 : te_control[375]: OBJ_CLASS: [0x1]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.554 : te_control[375]: OBJ_TYPE: [0x1]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.555 : te_control[375]: RSRVD: [0x0]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.555 : te_control[375]: P_FLAG: [0x0]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.555 : te_control[375]: I_FLAG: [0x0]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.555 : te_control[375]: LEN: [0x08]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.555 : te_control[375]: OPEN_OBJ:[0x00F01E01]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.555 : te_control[375]: VER: [0x1]
RP/0/0/CPU0:Jan 16 23:01:11.556 : te_control[375]: FLAGS: [0x0]

debug mpls traffic-eng topology

MPLS-TE トポロジ イベントに関する情報を表示するには、EXEC モードで debug mpls traffic-eng topology コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls traffic-eng topology { change | lsa }

no debug mpls traffic-eng topology { change | lsa }

 
シンタックスの説明

change

トポロジ変更イベントを表示します。

lsa

Link State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)イベントを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、TE トポロジ変更イベントの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng topology change
 
RP/0/RSP0/CPU0:Route-2#RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.831: te_control[114]: TE-PCALC_LSA: NODE_CHANGE_UP isis level-2
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.833: te_control[114]: link flags:
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.834: te_control[114]: LINK_CHANGE_UP
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.836: te_control[114]: system_id: 0000.0000.0002.00, link: 10.2.2.2
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.838: te_control[114]: nbr_system_id: 0000.0000.0001.00, link 10.2.2.1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.839: te_control[114]: TE-PCALC_LSA: NODE_CHANGE_UPDATE isis level-2
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.841: te_control[114]: link flags:
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.841: te_control[114]: LINK_CHANGE_UP
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.843: te_control[114]: system_id: 0000.0000.0002.00, link: 10.1.1.2
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.846: te_control[114]: nbr_system_id: 0000.0000.0001.00, link 10.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.848: te_control[114]: TE-PCALC_LSA: NODE_CHANGE_ROUTER_ID isis level-2
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.851: te_control[114]: link flags:
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.852: te_control[114]: LINK_CHANGE_BW
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.852: te_control[114]: LINK_CHANGE_ATTRIBUTE
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.853: te_control[114]: LINK_CHANGE_SWITCHING
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.854: te_control[114]: LINK_CHANGE_NBR
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.857: te_control[114]: system_id: 0000.0000.0002.00, link: 8.15.148.180
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.858: te_control[114]: nbr_system_id: 080f.9354.0000.00, link 10.0.0.1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.859: te_control[114]: Loc topology changed for 10.20.20.20
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.861: te_control[114]: Sending..local topology:
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.864: te_control[114]: loc intfc addr = 10.2.2.2 rem intfc addr = 10.2.2.1 rem rtr id = 10.0.0.0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:20:41.864: te_control[114]: loc intfc addr = 10.1.1.2 rem intfc addr = 10.1.1.1 rem rtr id = 10.0.0.0
 

次に、TE トポロジ LSA イベントの出力例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng topology lsa
 
RP/0/RSP0/CPU0:Route-2(config)#RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.457: te_control[114]: te_igp_lsa_dump: Dumping received LSA
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.457: te_control[114]: igp_area_id:
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.458: te_control[114]: area = 2, handle = 0x1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.460: te_control[114]: system_id/node_id:
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.461: te_control[114]: protocol = 1, node type = 1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.493: te_control[114]: system id = 0000.0000.0002
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.494: te_control[114]: rrr_lsa_valid_flags = 0x1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.495: te_control[114]: rrr_router_id = 20.20.20.20
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.496: te_control[114]: num_links = 1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.499: te_control[114]: rrr_fragment_id = 0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.500: te_control[114]: rrr_node_lsa_flag = 0x0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.503: te_control[114]: Dumping information for link = 0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.504: te_control[114]: rrr_fragment_id = 0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.513: te_control[114]: rrr_link_valid_flags = 0x1D7F
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.514: te_control[114]: rrr_link_subnet_type = 1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.516: te_control[114]: my_ip_address = 7.2.2.2
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.516: te_control[114]: nbr_ip_address = 7.2.2.1
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.519: te_control[114]: rrr_metric_te = 10
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.520: te_control[114]: admin_weight = 0
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.521: te_control[114]: rrr_metric_igp = 10
RP/0/RSP0/CPU0:Aug 20 08:22:18.529: te_control[114]: max_link_bw = 1284788416

debug mpls traffic-eng tunnels

MPLS-TE トンネル イベントに関する情報を表示するには、EXEC モードで debug mpls traffic-eng tunnels コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls traffic-eng tunnels {chkpt | events | filter tunnel-ID | reoptimize | signaling | state | timers}

no debug mpls traffic-eng tunnels {chkpt | events | filter tunnel-ID | reoptimize | signaling | state | timers}

 
シンタックスの説明

chkpt

MPLS-TE トンネル chkpt イベントを表示します。

events

MPLS-TE トンネル イベントを表示します。

filter tunnel-ID

トンネル ID に基づいてフィルタ メッセージを表示します。フィルタ範囲は 0 ~ 65535 です。トンネル ID の範囲は、0 ~ 4294967295 です。

reoptimize

MPLS-TE トンネル再最適化イベントを表示します。

signaling

MPLS-TE トンネル シグナリング イベントを表示します。

state

MPLS-TE トンネル ステート イベントを表示します。

timers

MPLS-TE トンネル タイマー イベントを表示します。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

次に、TE トンネルのデバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng tunnels events
 
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.540:te_control[338]: LSP-TUNNEL: posting action(s) to all-tunnels:
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.540:te_control[338]: perform full reevaluation
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.541:te_control[338]: LSP-TUNNEL: scheduling pending actions on all-tunnels
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.542:te_control[338]: LSP-TUNNEL: actions processor credits: old 99998, new 3600300 [36003 msecs], updated 100000
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.543:te_control[338]: LSP-TUNNEL: actions processor scheduling delayed 0 msecs [100000 credits]
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.544:te_control[338]: LSP-TUNNEL: processing actions list...
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.544:te_control[338]: LSP-TUNNEL: applying actions to all-tunnels, as follows:
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.544:te_control[338]: perform full reevaluation
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:25:01.544:te_control[338]: LSP-TUNNEL: done COMPLETE processing of actions list
 

次に、TE シグナリングのデバッグ出力の例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls traffic-eng tunnels signaling
 
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.762:te_control[338]: LSP-TUNNEL-SIG: tunnel tunnel-te15 [1]: RSVP head-end open
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.763:te_control[338]: Hop 0 set to 10.10.10.10
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.763:te_control[338]: Info for hop=1
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.764:te_control[338]: iftype = num
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.765:te_control[338]: ip_addr = 7.1.1.2
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.765:te_control[338]: Info for hop=2
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.766:te_control[338]: iftype = num
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.766:te_control[338]: ip_addr = 20.20.20.20
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.767:te_control[338]: Returning 0x800 as GPID. tunnel-te15 is not optical
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.786:te_control[338]: tspts_install_tags
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.788:te_control[338]: determine_out_nbr_addr: NextHop 7.1.1.2, SrcPrt: 1, DstPrt: 15; NbrRtrID 20.20.20.20
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.789:te_control[338]: update_tspec: Received tspec for tunnel Burst = 1000; Rate = 0; MinUnit = 40 MaxUnit = 500; Peak = 0;
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.790:te_control[338]: update_class_type: No class type object found for tunnel router_t15 CT = 0
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.793:te_control[338]: Received Path Admission Response 0 for source 10.10.10.10, Dest 20.20.20.20, DstPrt 15, SrcPrt 1, ExtID 0xa0a0a0a
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.854:te_control[338]: Rcvd EV_PATH_CREATE for src a0a0a0a srcprt 1 dstprt 15 hdl 4b100007
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.910:te_control[338]: RSVP_API_EV_PATH_MATCH_RESV_CREATE Client Cookie 485cef2c
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.910:te_control[338]: Working LSP: is_connected = 0, ps_out_ifh = 0x0
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.911:te_control[338]: tspts_handle_rsvp_midpoint_resv_event: Valid midpoint resv event: Midpoint Match RESV Create;Dest: 20.20.20.20; Src: 10.10.10.10; PrevHop: 7.1.1.2; InputIF: 0x3000900
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.912:te_control[338]: update_resv_rro: rsvp_api_argblock_get_rro: 'rsvp_api' detected the 'fatal' condition 'no such state/object'
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.913:te_control[338]: update_fspec: Received fspec for tunnel router_t15 QOS = 5; Burst = 1000; Rate = 0; MinUnit = 0 MaxUnit = 500; Peak = 0; Requested = 0; Slack = 0
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.924:te_control[338]: Received Resv Admission Response 0 for source 10.10.10.10, Dest 20.20.20.20, DstPrt 15, SrcPrt 1, ExtID 0xa0a0a0a
RP/0/0/CPU0:Aug 19 11:26:22.926:te_control[338]: mpls_te_resv_admitted_head HEAD RESV