Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ MPLS デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の MPLS OAM デバッグ コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の MPLS OAM デバッグ コマンド
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2009/05/19 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の MPLS OAM デバッグ コマンド

debug mpls oam api

debug mpls oam config

debug mpls oam database

debug mpls oam edm

debug mpls oam errors

debug mpls oam event

debug mpls oam extra-detail

debug mpls oam fsm

debug mpls oam handle

debug mpls oam hash-agent

debug mpls oam im

debug mpls oam lib

debug mpls oam multipath

debug mpls oam packet

debug mpls oam path-discovery

debug mpls oam process

debug mpls oam rib

debug mpls oam tlv

debug mpls oam workt

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ の MPLS OAM デバッグ コマンド

ここでは、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの MPLS OAM のデバッグに使用するコマンドについて説明します。

MPLS OAM を設定、クリア、表示するコマンドの詳細については、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ の MPLS OAM コマンド を参照してください。

debug mpls oam api

クライアント API イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam api コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam api

no debug mpls oam api

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、クライアント API イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam api

debug mpls oam config

OAM 設定イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam config コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam api

no debug mpls oam api

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、OAM 設定イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam config

debug mpls oam database

OAM データベース イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam database コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam database

no debug mpls oam database

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、OAM データベース イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam database

debug mpls oam edm

External Data Manage(EDM; 外部データ マネージャ)イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam edm コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam edm

no debug mpls oam edm

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

debug mpls oam edm コマンドは MPLS OAM show および clear コマンドに関連付けられています。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、EDM イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam edm

debug mpls oam errors

さまざまな OAM デバッグ エラーをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam errors コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam errors [ api | config | database | edm | fsm | handle | hash-agent | im | multipath | packet | path-discovery | process | rib | tlv ]

no debug mpls oam errors [ api | config | database | edm | fsm | handle | hash-agent | im | multipath | packet | path-discovery | process | rib | tlv ]

 
シンタックスの説明

api

OAM クライアント API エラーを表示します。

config

設定エラーを表示します。

database

OAM データベース エラーを表示します。

edm

OAM EDM エラーを表示します。

fsm

OAM FSM エラーを表示します。

handle

OAM ハンドル エラーを表示します。

hash-agent

OAM ハッシュ エージェント エラーを表示します。

im

OAM IM エラーを表示します。

multipath

OAM マルチパス エラーを表示します。

packet

OAM パケット エラーを表示します。

path-discovery

OAM traceroute パス ディスカバリ エラーを表示します。

process

OAM プロセスおよびシステム データベース(SysDB)エラーを表示します。

rib

OAM RIB エラーを表示します。

tlv

OAM TLV エラーを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、OAM クライアント API エラーのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam errors

debug mpls oam event

全般的な OAM 設定イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam event コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam event

no debug mpls oam event

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、全般的な OAM イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam event

debug mpls oam extra-detail

デバッグ メッセージの詳細をデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam extra-detail コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam extra-detail

no debug mpls oam extra-detail

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、特定のデバッグ メッセージで詳細をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam extra-detail

debug mpls oam fsm

有限状態マシンをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam fsm コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam fsm

no debug mpls oam fsm

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、FSM イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam fsm

debug mpls oam handle

ハンドル イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam handle コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam handle

no debug mpls oam handle

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

ハンドルはデータ構造を追跡するために割り当てられた内部インデックスです。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、ハンドル イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam handle

debug mpls oam hash-agent

ハッシュ エージェント イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam hash-agent コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam hash-agent location node-id

no debug mpls oam hash-agent

 
シンタックスの説明

location node-id

指定されたノードのハードウェア リソース カウンタを表示します。node-id 引数はラック/スロット/モジュールの形式で入力します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、指定したノードのハッシュ エージェント イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam hash-agent location 0/1/CPU0

debug mpls oam im

IM イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam im コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam api im

no debug mpls oam api im

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、IM イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam im

debug mpls oam lib

OAM クライアント ライブラリをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam lib errors コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam lib [errors]

no debug mpls oam lib [errors]

 
シンタックスの説明

errors

(任意)OAM クライアント ライブラリ エラーを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、OAM クライアント ライブラリのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam lib

debug mpls oam multipath

マルチパス イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam multipath コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam multipath

no debug mpls oam multipath

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、マルチパス イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam multipath

debug mpls oam packet

OAM パケット デバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug mpls oam packet コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam packet

no debug mpls oam packet

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、OAM パケット デバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam packet

debug mpls oam path-discovery

traceroute パス ディスカバリ イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam path-discovery コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam path-discovery

no debug mpls oam path-discovery

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、traceroute パス ディスカバリ イベントをデバッグする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam path-discovery

debug mpls oam process

プロセスおよび SysDB イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam process コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam process

no debug mpls oam process

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、プロセスおよび SysDB イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam process

debug mpls oam rib

OAM Routing Information Base(RIB; ルーティング情報ベース)イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam rib コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam rib

no debug mpls oam rib

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、プロセスおよび SysDB イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam rib

debug mpls oam tlv

タイプ、長さ、値のイベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam tlv コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam tlv

no debug mpls oam tlv

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、OAM TLV イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam tlv

debug mpls oam workt

OAM 処理スレッド イベントをデバッグするには、EXEC モードで debug mpls oam workt コマンドを使用します。 デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug mpls oam workt

no debug mpls oam workt

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、次の「 Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」モジュールを参照してください。『 Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide 』 ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU 処理において優先度が高いため、システム パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。 デバッグ コマンド使用中のシステムへの影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

mpls-te

読み取り

mpls-ldp

読み取り

mpls-static

読み取り

次に、処理スレッド イベントのデバッグ出力をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug mpls oam workt