Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ マルチキャスト デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ のマルチ キャスト IGMP デバッグ コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト IGMP デバッグ コマンド
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/03/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト IGMP デバッグ コマンド

debug igmp

debug igmp context

debug igmp explicit

debug igmp group

debug igmp nsf

debug igmp watchdog

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータのマルチキャスト IGMP デバッグ コマンド

このモジュールでは、Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでマルチキャスト Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)をデバッグする場合に使用するコマンドについて説明します。

debug igmp

マルチキャスト インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)のアクティビティを表示するには、EXEC モードで debug igmp コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug igmp [ vrf vrf-name ] [ interface type instance ]

no debug igmp [ vrf vrf-name ] [ interface type instance ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。

interface

(任意)インターフェイス タイプを指定します。

type

インターフェイス タイプ。詳細については、疑問符( ? )によるオンライン ヘルプ機能を使用してください。

instance

次のような物理インターフェイスまたは仮想インターフェイスのインスタンスです。

物理インターフェイスのインスタンス。名前表記は rack/slot/module/port です。値の間に表記の一部としてスラッシュが必要です。

rack :ラックのシャーシ番号。

slot :モジュラ サービス カードまたはライン カードの物理スロット番号。

module :モジュール番号。物理レイヤ インターフェイス モジュール(PLIM)は、常に 0 です。

port :インターフェイスの物理ポート番号。

例:interface MgmtEth0/RSP0/CPU0/0

仮想インターフェイスのインスタンス。番号の範囲は、インターフェイス タイプによって異なります。

ルータの構文の詳細については、疑問符( ? )によるオンライン ヘルプ機能を使用してください。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループおよびタスク ID に関する管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者に問い合わせてください。

デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システム パフォーマンスに影響します。 debug コマンドの使用時に、システム パフォーマンスへ及ぼす影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 debug igmp コマンドのサンプル出力を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:mcast-ro-1# debug igmp
 
RP/0/RSP0/CPU0:mcast-ro-1#RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:14.704 : igmp[192]: IGMP : Send v3 general Query on TenGigE0_1_0_1
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:14.704 : igmp[192]: IGMP : Received IGMP v3 Query on TenGigE0_1_0_1 from 192.168.4.1
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:14.704 : igmp[192]: IGMP : Set TenGigE0_1_0_1 General report delay timer to 5.5 seconds
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:14.704 : igmp[192]: IGMP : Sending packet, src 192.168.4.1, dest 224.0.0.1, datasize 12
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : Building v3 response to General Query on Loopback0
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : idb Loopback0, grp 224.0.0.2, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.0.2
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : idb Loopback0, grp 224.0.0.13, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.0.13
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : idb Loopback0, grp 224.0.0.22, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.0.22
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : idb Loopback0, grp 224.0.1.40, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.1.40
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.454 : igmp[192]: IGMP : Send v3 aggregate Report on Loopback0,with grp_ct 4
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : Received v3 Report for 4 groups on Loopback0 from 1.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : Group address in Recv Report is 224.0.0.2 for grp# 3, mode 2 from src: 1.1.1.1 on intf Loopback0
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : grp addr in igmp_group_find is 224.0.0.2
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : In EXCLUDE mode, report received IS_EX
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : Updating EXCLUDE group timer for 224.0.0.2
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : Group address in Recv Report is 224.0.0.13 for grp# 2, mode 2 from src: 1.1.1.1 on intf Loopback0
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : grp addr in igmp_group_find is 224.0.0.13
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : In EXCLUDE mode, report received IS_EX
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.455 : igmp[192]: IGMP : Updating EXCLUDE group timer for 224.0.0.13
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : Group address in Recv Report is 224.0.0.22 for grp# 1, mode 2 from src: 1.1.1.1 on intf Loopback0
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : grp addr in igmp_group_find is 224.0.0.22
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : In EXCLUDE mode, report received IS_EX
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : Updating EXCLUDE group timer for 224.0.0.22
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : Group address in Recv Report is 224.0.1.40 for grp# 0, mode 2 from src: 1.1.1.1 on intf Loopback0
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : grp addr in igmp_group_find is 224.0.1.40
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : In EXCLUDE mode, report received IS_EX
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : Updating EXCLUDE group timer for 224.0.1.40
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : Sending packet, src 1.1.1.1, dest 224.0.0.22, datasize 40
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:17.456 : igmp[192]: IGMP : sent2 v3 report on Loopback0 for 4 grps, num_rep 1
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : Building v3 response to General Query on TenGigE0_1_0_1
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : idb TenGigE0_1_0_1, grp 224.0.0.2, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.0.2
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : idb TenGigE0_1_0_1, grp 224.0.0.5, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.0.5
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : idb TenGigE0_1_0_1, grp 224.0.0.6, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.0.6
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : idb TenGigE0_1_0_1, grp 224.0.0.13, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.0.13
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.454 : igmp[192]: IGMP : idb TenGigE0_1_0_1, grp 224.0.0.22, calling igmp_proto_v3rep_add_grp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.455 : igmp[192]: IGMP : Group address in Send report is 224.0.0.22
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.455 : igmp[192]: IGMP : Send v3 aggregate Report on TenGigE0_1_0_1,with grp_ct 5
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.455 : igmp[192]: IGMP : Received v3 Report for 5 groups on TenGigE0_1_0_1 from 192.168.4.1
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 12 21:20:20.455 : igmp[192]: IGMP : Group address in Recv Report is 224.0.0.2 for grp# 4, mode 2 from src: 192.168.4.1 on intf TenGigE0_1_0_1

debug igmp context

マルチキャスト インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)のコンテキスト アクティビティを表示するには、EXEC モードで debug igmp context コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug igmp [ vrf vrf-name ] context

no debug igmp [ vrf vrf-name ] context

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループおよびタスク ID に関する管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者に問い合わせてください。

デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システム パフォーマンスに影響します。 debug コマンドの使用時に、システム パフォーマンスへ及ぼす影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 debug igmp context コマンドのサンプル出力を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug igmp context
 

debug igmp explicit

アクセス リストの明示的なホスト追跡をデバッグするには、EXEC モードで debug igmp explicit コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug igmp [ vrf vrf-name ] explicit [ access-list ]

no debug igmp [ vrf vrf-name ] explicit [ access-list ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。

access-list

(任意)英数字文字列で表現されたアクセス コントロール リスト(ACL)名。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループおよびタスク ID に関する管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者に問い合わせてください。

デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システム パフォーマンスに影響します。 debug コマンドの使用時に、システム パフォーマンスへ及ぼす影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 debug igmp explicit コマンドのサンプル出力を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug igmp explicit 100
 
RP/0/RSP0/CPU0:1h:46:14: igmp[325]: ET host 20.1.1.3 report for 239.1.1.1 (0 srcs) on POS0/2/0/2
RP/0/RSP0/CPU0:1h:46:14: igmp[325]: ET host 20.1.1.3 switch to exclude for 239.1.1.1 on POS0/2/0/2
RP/0/RSP0/CPU0:1h:46:14: igmp[325]: ET MRIB modify for (*,239.1.1.1) on POS0/2/0/2 new 100, mdf 100
RP/0/RSP0/CPU0:1h:47:12: igmp[325]: ET host 20.1.1.3 report for 239.1.1.1 (0 srcs) on POS0/2/0/2
RP/0/RSP0/CPU0:1h:48:13: igmp[325]: ET host 20.1.1.3 report for 239.1.1.1 (0 srcs) on POS0/2/0/2
deb igmp RP/0/RSP0/CPU0:1h:49:20: igmp[325]: ET host 20.1.1.3 report for 239.1.1.1 (0 srcs) on POS0/2/0/2
 

debug igmp group

アクセス リストによって定義されるインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)グループに関するデバッグ情報を表示するには、EXEC モードで debug igmp group コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug igmp [ vrf vrf-name ] group [ access-list ]

nodebug igmp [ vrf vrf-name ] group [ access-list ]

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。

access-list

(任意)英数字文字列で表現されたアクセス コントロール リスト(ACL)名。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループおよびタスク ID に関する管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者に問い合わせてください。

デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システム パフォーマンスに影響します。 debug コマンドの使用時に、システム パフォーマンスへ及ぼす影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

デバッグ出力には、すべてのグループ アクティビティが表示されます。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 debug igmp group コマンドのサンプル出力を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug igmp group 100
 
RP/0/RSP0/CPU0:26:15: igmp[325]: Group address in Recv Report is 239.1.1.1 for grp# 0 from src: 20.1.1.3
RP/0/RSP0/CPU0:26:15: igmp[325]: Updating EXCLUDE group timer for 239.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:27:11: igmp[325]: Group address in Send report is 239.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:27:11: igmp[325]: Group address in Recv Report is 239.1.1.1 for grp# 0 from src: 20.1.1.3
RP/0/RSP0/CPU0:27:11: igmp[325]: Updating EXCLUDE group timer for 239.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:28:11: igmp[325]: Group address in Send report is 239.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:28:11: igmp[325]: Group address in Recv Report is 239.1.1.1 for grp# 0 from src: 20.1.1.3
RP/0/RSP0/CPU0:28:11: igmp[325]: Updating EXCLUDE group timer for 239.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:29:17: igmp[325]: Group address in Send report is 239.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:29:17: igmp[325]: Group address in Recv Report is 239.1.1.1 for grp# 0 from src: 20.1.1.3
RP/0/RSP0/CPU0:29:17: igmp[325]: Updating EXCLUDE group timer for 239.1.1.1
RP/0/RSP0/CPU0:30:15: igmp[325]: Group address in Send report is 239.1.1.1

 

debug igmp nsf

インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)での Nonstop Forwarding(NSF; ノンストップ フォワーディング)処理のアクティビティを表示するには、EXEC モードで debug igmp nsf コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug igmp [ vrf vrf-name ] nsf

no debug igmp [ vrf vrf-name ] nsf

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループおよびタスク ID に関する管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者に問い合わせてください。

デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システム パフォーマンスに影響します。 debug コマンドの使用時に、システム パフォーマンスへ及ぼす影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 debug igmp nsf コマンドのサンプル出力を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:mcast-ro-1# debug igmp nsf
 
RP/0/RSP0/CPU0:mcast-ro-1#proc res igmp
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 13 00:45:18.030 : sysmgr_control[65784]: %OS-SYSMGR-4-PROC_RESTART_NAME : User root (con0_RSP0_CPU0) requested a restart of process igmp at 0/RSP0/CPU0
RP/0/RSP0/CPU0:mcast-ro-1#RP/0/RSP0/CPU0:Feb 13 00:45:18.539 : igmp[192]: [NSF] Multicast NSF is configured
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 13 00:45:18.674 : igmp[192]: [NSF] Registered for NSF with MRIB
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 13 00:45:18.683 : igmp[192]: [NSF] IGMP restarting (6 respawns)
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 13 00:45:18.683 : igmp[192]: [NSF] Changed to 'NSF' mode
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 13 00:45:18.683 : igmp[192]: [NSF] Started IGMP NSF timer: 60 secs
RP/0/RSP0/CPU0:Feb 13 00:45:18.696 : igmp[192]: [NSF] Added II flags for 224.0.1.40 on Loopback0
 

debug igmp watchdog

インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)のウォッチドッグ トラッキングのアクティビティを表示するには、EXEC モードで debug igmp watchdog コマンドを使用します。デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug igmp [ vrf vrf-name ] watchdog

no debug igmp [ vrf vrf-name ] watchdog

 
シンタックスの説明

vrf vrf-name

(任意)VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスを指定します。

 
コマンドのデフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。 ユーザ グループおよびタスク ID に関する管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers」モジュールを参照してください。タスク グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと思われる場合は、AAA 管理者に問い合わせてください。

デバッグ出力には CPU プロセス内で高いプライオリティが割り当てられているので、システム パフォーマンスに影響します。 debug コマンドの使用時に、システム パフォーマンスへ及ぼす影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
処理

multicast

読み取り

次に、 debug igmp watchdog コマンドのサンプル出力を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug igmp watchdog
 
RP/0/RSP0/CPU0:Jun 20 12:19:25 : igmp[395]: [WATCHDOG] Timeout pulse RP/0/RSP0/CPU0:Jun 20 12:19:25 : igmp[395]: [WATCHDOG] Timer Started