Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ モジュラ Quality of Service デバッグ コマ ンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ 上の Quality of Service(QoS)のデバッグ コマ ンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ 上の Quality of Service(QoS)のデバッグ コマンド
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 774KB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ 上の Quality of Service(QoS)のデバッグ コマンド

debug ancp

debug snmp mib cbqosmib

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ 上の Quality of Service(QoS)のデバッグ コマンド

このモジュールでは、Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ 上で Quality of Service(Qos)ソフトウェアをデバッグする場合に使用するコマンドを説明します。

debug ancp

ANCP のデバッグをオンにするには、EXEC モードで debug ancp コマンドを使用します。ANCP のデバッグをオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ancp {all | an-port | checkpoint | cli | comm | init | interface | neighbor | tcp | timer} [error | event | trace disable]

no debug ancp {all | an-port | checkpoint | cli | comm | init | interface | neighbor | tcp | timer}
[error | event | trace disable]

 
シンタックスの説明

all

タイマー イベントを除き、すべての ANCP のデバッグをイネーブルにします。

an-port

ANCP ポートのデバッグをイネーブルにします。

checkpoint

ANCP チェックポイントのデバッグをイネーブルにします。

cli

ANCP CLI のデバッグをイネーブルにします。

comm

ANCP クライアント通信のデバッグをイネーブルにします。

disable

すべての ANCP イベントおよびエラーのトレースをディセーブルにします。このキーワードは trace オプションと併せて使用します。

error

debug ancp の引数のエラーをフィルタリングするオプションです。

event

debug ancp の引数のイベントをフィルタリングするオプションです。

init

ANCP の初期化のデバッグをイネーブルにします。

interface

ANCP インターフェイスのデバッグをイネーブルにします。

neighbor

ANCP ネイバのデバッグをイネーブルにします。

tcp

ANCP TCP のデバッグをイネーブルにします。

timer

ANCP 隣接タイマー関係のデバッグをイネーブルにします。

trace

すべての ANCP イベントおよびエラーのトレースをディセーブルにするオプションです。キーワード disable と併せて使用します。トレースはデフォルトでイネーブルです。

 
デフォルト

トレースはすべての ANCP イベントおよびエラーに対してイネーブルです。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドはCisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 』モジュールを参照してください ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU プロセスにおいて高い優先順位を割り当てられるため、システム パフォーマンスに影響します。デバッグ コマンドの使用時にシステム パフォーマンスに及ぶ影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

ancp

read

次に、debug ancp コマンドをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ancp all

debug snmp mib cbqosmib

Quality of Service(QoS) cbqosmib のデバッグ機能をオンにするには、EXEC モードで debug snmp mib cbqosmib コマンドを使用します。QoS qosmib のデバッグ機能をオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug snmp mib cbqosmib

no debug snmp mib cbqosmib

 
シンタックスの説明

このコマンドではキーワードや引数を使用しません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドはCisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループとタスク ID の詳細については、 Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 』モジュールを参照してください ユーザ グループの割り当てが原因でコマンドを使用できないと考えられる場合、AAA 管理者に連絡してください。

出力のデバッグは CPU プロセスにおいて高い優先順位を割り当てられるため、システム パフォーマンスに影響します。デバッグ コマンドの使用時にシステム パフォーマンスに及ぶ影響の詳細については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Router 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
操作

snmp

read, write

sysmgr

read

次に、QoS データ プレーンのデバッグ関数をイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug snmp mib cbqosmib