Cisco ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ IP アドレスおよびサービス デバッグ コマンド リファレンス
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ での Local Packet Transport Services(LPTS) デバッグ コマンド
Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでの Local Packet Transport Services(LPTS)デバッグ コマンド
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/03/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでの Local Packet Transport Services(LPTS)デバッグ コマンド

debug ipv4 lpts

debug lpts clns

debug lpts ff all

debug lpts fm

debug lpts ifib

debug lpts lib

debug lpts pa

debug lpts packet

debug lpts pifib

debug lpts pifibm

debug lpts platform common

debug lpts platform lib

debug lpts platform pifib

debug lpts pre-ifib

debug lpts raw

debug lpts tcp

debug lpts udp

Cisco ASR 9000 シリーズ ルータでの Local Packet Transport Services(LPTS)デバッグ コマンド

このモジュールでは、Local Packet Transport Services(LPTS)の問題をデバッグするために使用するコマンドについて説明します。

debug ipv4 lpts

IPv4 Local Packet Transport Services(LPTS)のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug ipv4 lpts コマンドを使用します。IPv4 LPTS のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ipv4 lpts

no debug ipv4 lpts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

ipv4

読み取り

lpts

読み取り

次に、IPv4 LPTS のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug ipv4 lpts

debug lpts clns

Connectionless Network Service(CLNS; コネクションレス型ネットワーク サービス)スタックと Local Packet Transport Services(LPTS)の統合のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts clns コマンドを使用します。CLNS スタックと LPTS の統合のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts clns [ bindings | errors | interface-filter ] [ location node-id ]

no debug lpts [ bindings | errors | interface-filter ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

bindings

(任意)CLNS の LPTS バインディングのデバッグ情報を表示します。

errors

(任意)CLNS スタック LPTS エラーのデバッグ情報を表示します。

interface-filter

(任意)CLNS スタック LPTS インターフェイス フィルタリングのデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて CLNS スタックと LPTS の統合のデバッグ情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、CLNS の LPTS バインディングのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts clns bindings

debug lpts ff all

Local Packet Transport Services(LPTS)PA-Flow Forwarder Downloading ライブラリのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts ff all コマンドを使用します。LPTS PA-Flow Forwarder Downloading ライブラリのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts ff all [ location node-id ]

no debug lpts ff all [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

location node-id

(任意)指定したノードについて PA-Flow Forwarder Downloading ライブラリのデバッグ情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS PA-Flow Forwarder Downloading ライブラリのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts ff all

debug lpts fm

Local Packet Transport Services(LPTS)フロー マネージャのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts fm コマンドを使用します。LPTS フロー マネージャのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts fm { detail | edm | redundancy } [l ocation node-id ]

no debug lpts fm { detail | edm | redundancy } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

detail

LPTS フロー マネージャの詳細デバッグ情報を表示します。

edm

LPTS sysdb(External Data Manager(EDM; 外部データ マネージャ))のデバッグ情報を表示します。

redundancy

LPTS フロー マネージャの冗長性のデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS フロー マネージャのデバッグ情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS フロー マネージャの詳細デバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts fm detail

debug lpts ifib

Local Packet Transport Services(LPTS)の Internal Forwarding Information Base(IFIB)のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts ifib コマンドを使用します。LPTS IFIB のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts ifib [ location node-id ]

no debug lpts [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS IFIB のデバッグ情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS IFIB のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts ifib

debug lpts lib

Local Packet Transport Services(LPTS)の Internal Forwarding Information Base(IFIB)/Pre-IFIB 基本ライブラリ関連のコマンドのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts lib コマンドを使用します。LPTS IFIB/Pre-IFIB 基本ライブラリのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts lib all [ location node-id ]

no debug lpts lib all [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

all

IFIB/Pre-IFIB 基本ライブラリのデバッグ情報をすべてのメッセージをイネーブルにした状態で表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて IFIB/Pre-IFIB 基本ライブラリのデバッグ情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS IFIB/Pre-IFIB 基本ライブラリのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts lib all

debug lpts pa

Local Packet Transport Services(LPTS)ポート アービトレータのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts pa コマンドを使用します。LPTS ポート アービトレータのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts pa { api { calls | detail | errors } | checkpoint | client | detail | errors | fgid | fmapi [ connect | errors | ifib | slice ] | fncon | ifib | irib | pifib | port | redundancy | slice }

no debug lpts pa { api { calls | detail | errors } | checkpoint | client | detail | errors | fgid | fmapi [ connect | errors | ifib | slice ] | fncon | ifib | irib | pifib | port | redundancy | slice }

 
シンタックスの説明

api

LPTS ポート アービトレータ Application Program Interface(API; アプリケーション プログラム インターフェイス)ライブラリのトレースのデバッグ情報を表示します。

calls

LPTS ポート アービトレータ API ライブラリ呼び出しのトレース情報を表示します。

detail

LPTS ポート アービトレータ API ライブラリの詳細トレース情報を表示します。

errors

LPTS ポート アービトレータ API ライブラリ エラーのトレース情報を表示します。

checkpoint

LPTS ポート アービトレータのチェックポイントのデバッグ情報を表示します。

client

LPTS ポート アービトレータのクライアント ステートのデバッグ情報を表示します。

detail

LPTS ポート アービトレータの詳細デバッグ情報を表示します。

errors

LPTS ポート アービトレータのエラーのデバッグ情報を表示します。

fgid

LPTS ポート アービトレータのファブリック グループ ID のデバッグ情報を表示します。

fmapi

LPTS ポート アービトレータ フロー マネージャ ライブラリのデバッグ情報を表示します。

connect

(任意)LPTS PA API ライブラリ接続のトレース情報を表示します。

errors

(任意)LPTS PA FM ライブラリのエラー情報を表示します。

ifib

(任意)LPTS PA API ライブラリの Internal Forwarding Information Base(IFIB)の更新情報を表示します。

slice

(任意)LPTS PA API ライブラリのスライス情報を表示します。

fncon

LPTS ポート アービトレータ フロー マネージャの接続のデバッグ情報を表示します。

ifib

LPTS ポート アービトレータ IFIB のデバッグ情報を表示します。

irib

LPTS ポート アービトレータ Internal Routing Information Base(IRIB)のデバッグ情報を表示します。

pifib

LPTS ポート アービトレータ Pre-IFIB のデバッグ情報を表示します。

port

LPTS ポート アービトレータのポート割り当てのデバッグ情報を表示します。

redundancy

LPTS ポート アービトレータの冗長性のデバッグ情報を表示します。

slice

LPTS ポート アービトレータのスライス操作のデバッグ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS ポート アービトレータの詳細デバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts pa detail

debug lpts packet

Local Packet Transport Services(LPTS)パケット処理情報のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts packet コマンドを使用します。LPTS パケット処理情報のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts packet [ detail | drops | dump | errors | forwarding-data | ipv4-acl access-list | ipv6-acl access-list | noclns | snapshot-size size ] [ location node-id ]

no debug lpts packet [ detail | drops | dump | errors | forwarding-data | ipv4-acl access-list | ipv6-acl access-list | noclns | snapshot-size size ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

detail

(任意)LPTS パケット処理のデバッグ情報を表示します。

drops

(任意)LPTS パケット ドロップのデバッグ情報を表示します。

dump

(任意)LPTS パケットの 16 進ダンプのデバッグ情報を表示します。

errors

(任意)LPTS パケット処理のエラーのデバッグ情報を表示します。

forwarding-data

(任意)LPTS 転送ドライバ データのデバッグ情報を表示します。

ipv4-acl access-list

(任意)IPv4 パケットの LPTS アクセス リストのデバッグ情報を表示します。

ipv6-acl access-list

(任意)IPv6 パケットの LPTS アクセス リストのデバッグ情報を表示します。

noclns

(任意)LPTS コネクションレス型ネットワーク サービス(CLNS)パケットを表示しないことを指定します。

snapshot-size size

(任意)表示する LPTS パケットの数を制限します。範囲は 0 ~ 4294967295 です。

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS パケットのデバッグ情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS パケット処理情報のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts packet

debug lpts pifib

Local Packet Transport Services(LPTS)の Pre-Internal Forwarding Information Base(PIFIB)のトリム ライブラリ関連のコマンドのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts pifib コマンドを使用します。LPTS PIFIB トリム ライブラリ関連のコマンドのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts pifib all [ location node-id ]

no debug lpts pifib all [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

all

Pre-IFIB トリム ライブラリのデバッグ情報をすべてのメッセージをイネーブルにした状態で表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS PIFIB トリム ライブラリ関連コマンドの情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS PIFIB トリム ライブラリ関連コマンドのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts pifib all

debug lpts pifibm

Local Packet Transport Services(LPTS)の Pre-Internal Forwarding Information Base(PIFIB)Manager のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts pifibm コマンドを使用します。LPTS PIFIB Manager のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts pifibm [ bundles | detail | errors | events | reassemblyservers | redundancy ] [ location node-id ]

no debug lpts pifibm [ bundles | detail | errors | events | reassemblyservers | redundancy ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

bundles

(任意)LPTS バンドル メンテナンスのデバッグ情報を表示します。

detail

(任意)LPTS の内部的な詳細デバッグ情報を表示します。

errors

(任意)LPTS エラーのデバッグ情報を表示します。

events

(任意)LPTS イベントのデバッグ情報を表示します。

reassemblyservers

(任意)LPTS の再アセンブリ サーバ リストのデバッグ情報を表示します。

redundancy

(任意)LPTS の冗長性ロジックのデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS PIFIB Manager の情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS PIFIB Manager のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts pifibm

debug lpts platform common

Local Packet Transport Services(LPTS)のプラットフォーム固有の共通ライブラリのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts platform common コマンドを使用します。LPTS 共通ライブラリのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts platform common { ifib | netio } { all | error | event } [ location node-id ]

no debug lpts platform common { ifib | netio } { all | error | event } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

ifib

LPTS のプラットフォーム固有の Internal Forwarding Information Base(IFIB)結果ライブラリの情報を表示します。

netio

LPTS のプラットフォーム固有の netio ライブラリの情報を表示します。

all

IFIB 結果ライブラリの情報をすべてのメッセージをイネーブルにした状態で表示します。

error

LPTS のプラットフォーム固有のエラーのデバッグ情報を表示します。

event

LPTS のプラットフォーム固有のイベントのデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS 共通ライブラリ情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS のプラットフォーム固有の IFIB 共通ライブラリのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts platform common ifib all

debug lpts platform lib

Local Packet Transport Services(LPTS)のプラットフォーム固有の Internal Forwarding Information Base(IFIB)/Pre-IFIB 基本ライブラリのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts platform lib コマンドを使用します。LPTS IFIB/Pre-IFIB 基本ライブラリのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts platform lib { all | error | event } [ location node-id ]

no debug lpts platform lib { all | error | event } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

all

IFIB/pre-IFIB 基本ライブラリの情報をすべてのメッセージをイネーブルにした状態で表示します。

error

IFIB/pre-IFIB 基本ライブラリのエラーのデバッグ情報を表示します。

event

IFIB/pre-IFIB 基本ライブラリのイベントのデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて IFIB/Pre-IFIB 基本ライブラリの情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS のプラットフォーム固有の IFIB/pre-IFIB 基本ライブラリのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts platform lib all

debug lpts platform pifib

Local Packet Transport Services(LPTS)のプラットフォーム固有の Pre-Internal Forwarding Information Base(Pre-IFIB)トリム ライブラリのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts platform pifib コマンドを使用します。LPTS Pre-IFIB トリム ライブラリのデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts platform pifib { all | bundle | contents | error | event | ordering | select | shadow } [ location node-id ]

no debug lpts platform pifib { all | bundle | contents | error | event | ordering | select | shadow } [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

all

Pre-IFIB トリム ライブラリの情報をすべてのメッセージをイネーブルにした状態で表示します。

bundle

Pre-IFIB トリム ライブラリのバンドル インターフェイス関連コードを表示します。

contents

Pre-IFIB トリム ライブラリのエントリの内容を表示します。

error

Pre-IFIB トリム ライブラリのエラーのデバッグ情報を表示します。

event

Pre-IFIB トリム ライブラリのイベントのデバッグ情報を表示します。

ordering

Pre-IFIB トリム ライブラリのエントリの順序指定の詳細を表示します。

select

Pre-IFIB トリム ライブラリのエントリの選択および置換の詳細を表示します。

shadow

Pre-IFIB トリム ライブラリのシャドウ データ構造を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて Pre-IFIB トリム ライブラリの情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS のプラットフォーム固有の Pre-IFIB トリム ライブラリのデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts platform pifib all

debug lpts pre-ifib

Local Packet Transport Services(LPTS)の Pre-Internal Forwarding Information Base(PIFIB)のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts pre-ifib コマンドを使用します。LPTS PIFIB Manager のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts pre-ifib [ location node-id ]

no debug lpts pre-ifib [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS PIFIB の情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS PIFIB のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts pifibm

debug lpts raw

Local Packet Transport Services(LPTS)と RAW IP スタックの統合のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts raw コマンドを使用します。LPTS と RAW IP スタックの統合のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts raw [ bindings | errors | interface-filter | paktype-filter ] [ location node-id ]

no debug lpts raw [ bindings | errors | interface-filter | paktype-filter ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

bindings

(任意)RAW IP の LPTS バインディングのデバッグ情報を表示します。

errors

(任意)RAW IP スタック LPTS エラー情報を表示します。

interface-filter

(任意)RAW IP スタック LPTS インターフェイス フィルタリングのデバッグ情報を表示します。

paktype-filter

(任意)RAW IP スタック LPTS パケット タイプ フィルタリングのデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS と RAW IP スタックの統合情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS と RAW IP スタックの統合のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts raw

debug lpts tcp

Local Packet Transport Services(LPTS)と TCP IP スタックの統合のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts tcp コマンドを使用します。LPTS と TCP IP スタックの統合のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts tcp [ bindings | errors | spolicy ] [ location node-id ]

no debug lpts tcp [ bindings | errors | spolicy ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

bindings

(任意)TCP IP の LPTS バインディングのデバッグ情報を表示します。

errors

(任意)TCP IP スタック LPTS エラー情報を表示します。

spolicy

(任意)TCP スタック LPTS 静的ポリシー一致のデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS と TCP IP スタックの統合情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS と TCP IP スタックの統合のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts tcp

 

debug lpts udp

Local Packet Transport Services(LPTS)と UDP IP スタックの統合のデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug lpts udp コマンドを使用します。LPTS と UDP IP スタックの統合のデバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lpts udp [ bindings | errors | spolicy ] [ location node-id ]

no debug lpts udp [ bindings | errors | spolicy ] [ location node-id ]

 
シンタックスの説明

bindings

(任意)UDP IP の LPTS バインディングのデバッグ情報を表示します。

errors

(任意)UDP IP スタック LPTS エラー情報を表示します。

spolicy

(任意)UDP スタック LPTS 静的ポリシー一致のデバッグ情報を表示します。

location node-id

(任意)指定したノードについて LPTS と UDP IP スタックの統合情報を表示します。 node-id 引数の入力には rack/slot/module 表記を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

リリース 3.7.2

このコマンドは Cisco ASR 9000 シリーズ ルータに追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、適切なタスク ID を含むタスク グループに関連付けられているユーザ グループに属している必要があります。ユーザ グループおよびタスク ID の管理情報の詳細については、『Cisco ASR 9000 Series Aggregation Services Routers System Security Configuration Guide』の「Configuring AAA Services on Cisco ASR 9000 Series Routers 」を参照してください。 タスク グループ割り当てが原因でコマンドを使用できない場合は、AAA 管理者にお問い合せください。

デバッグ出力処理は CPU 処理における優先度が高いため、システム パフォーマンスが低下することがあります。 debug コマンド使用時のシステム パフォーマンスへの影響については、『 Using Debug Commands on Cisco ASR 9000 Series Routers 』を参照してください。

タスク ID

タスク ID
動作

lpts

読み取り、書き込み

次に、LPTS と UDP IP スタックの統合のデバッグをイネーブルにする例を示します。

RP/0/RSP0/CPU0:router# debug lpts udp